先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード

先生の KIMORI COLOSUS HR 2号機のメンテナンスと 機械式DURA-ACE からDi2 へのアップグレード依頼です。先生初めは、「電動はチョット」なんて言ってましたが、モールトン SUPER SPEED にDi2 組んでからは電動の楽ちんさに嵌りましたね!

DSC_2504
DSC_2505
DSC_2506
9000 DURA から R9150 Di2 へ交換です。


DSC_2509
車体関係では、フロントディレーラーブラケットをDi2 用に変えなければなりません。



DSC_0136
木森さんから届いた Di2 フロントディレーラーブラケット。



DSC_0137
関東じゃ買えねーだろーぐらいにカールを緩衝材に詰めてきた。



DSC_0139
2ヶのDi2 フロントディレーラーは、最新アルテとデュラでブラケット製作に当たり前もって送っていたもの。



DSC_2549
最新Di2 対応で価格もびっくり値上げの37.600円(税別)。これ木森さんにしても製作するのが非常に大変なんだそうです。



DSC_2670
先ずはクリーニングから。先生あまりお掃除しない方。待てよ、フレーム全体的にガタガタではないですか。



DSC_2705
リヤアームばらしてみましょうか。



DSC_2708
あら0.15mm が入っちゃった?ピポットブッシュ減ってるな。



DSC_2704
タイロッドも外してみましょう。工具は、キモリ特製スライディングハンマー。



DSC_2706
シャフト側もダメかな?



DSC_2710
シャフトも減ってますね。



DSC_2814
これはシャフトの交換とブッシュの打ち換えが必要です。



DSC_2508
フロントにもガタが出ています。通常のフレームでいうヘッドパーツのロアーベアリングに当たるピロボールが摩耗しているようです。


DSC_2711
それでフォークが寄れてたのか。フロントフォークもばらしてみよう。



DSC_2712
今、抜けてきているのが KS ブッシュ。



DSC_2817
大きいピロボールは交換です。両腕にある小さい方のピロボールには摩耗が見えませんが、こちらも交換時期でしょう。右の腕に(R)のマーキングをしておきます。


DSC_2818
木森さんが HR 2号機のフレームを製作した時のデータが残っています。ピロボールのネジの出し代が記載されていますので左右を入れ替えてしまうとアライメントが狂ってしまうからです。


メンテナンス改めフルオーバーホールに変更

DSC_2763
リヤのMAEDユニットのエラストマーの分解。これは試験管ブラシを使い中性洗剤で洗浄します。


DSC_2822
エラストマーに劣化は見られませんので、そのまま再使用しますが、手前のパーツに圧入されているDUブッシュ2ヶは交換になっるかもしれません。


DSC_2771
ここは、MAED 軸が通る穴です。普段はお掃除出来ませんからね。



DSC_2770
BB を残してメインフレームだけとなった先生のHR 2号機。



DSC_2823
これがDU ブッシュで、テフロン加工の乾式ベアリングです。



DSC_2826
白色のタイロッドに圧入されるのがこのKSブッシュ。先端2/3が、DUブッシュに入り込み回転する仕組み。右に向かって先細り加工になっているのがみそ。溝はグリス溜り。


DSC_2827
KSブッシュを入れてみましょう。



DSC_2829
先細りのため先端が顔を出すまでは指で入ってしまいます。


DSC_2832
では先細り加工がなかったどうでしょう。このように真に合わせられれば問題ないですが、



DSC_2833
少しでもずれていた状態で圧入してしまうとブッシュが潰れてしまいますね。



DSC_2834
先端がガイドとなり、



DSC_2835
真に圧入開始できるわけです。これが誰がやっても間違いなく分解組立ができるキモリの技です。



DSC_2764

ここまで意外と短時間で分解できるんですよ。リヤアームピボットブッシュの製作は木森さんに依頼しますのでこのまま KIMORI ファクトリーに送ります。KS / DUブッシュ関係の摩耗の判断は木森さんにお任せです。

HR 3号機の”オッサン”は緩〜く乗ってますし走行距離も短いです。HR 1号機の船長は、年を通して殆ど海上におりますからそれ程走ってないはずです。先生によりますとHEDホイールで1000km。GOKISO カーボンホイールで5100km。GAMIN の計測忘れを加味して6100〜6500km 走ってるそうです。とするとガシガシ乗るライダーだと5000km がオーバーホールの目安かなと。


KIMORI は決してメンテナンスフリーな乗り物ではありませんから