2018 DAHON 35周年記念モデル Curl i8

DSC_3584
DSC_3585
Curl(カール)i8

2018 DAHON
Curl i8         216.000円(税込)
橋輪プライス 194.400円(税込)
8 Speed   13.6kg    限定40台

2018で、35周年を迎えるDAHON。35th Anniversary モデルとしてリリースされる Curl は、世界限定500台で生産され、日本には40台のみの入荷です。16インチホイールを採用するカールは、3ポイントフォールディングと言われるダホン史上にない折り畳み方式で、58×54×27cm に収まるコンパクトな設計となっています。

DSC_3586
今までの DAHON には無かった斬新なフォルムを持つデザイン。メインフレームが湾曲しているのには意味があり、フォールディング時にリヤホイールを収納するスペースとなる。


DSC_3585
カラーは、フレイミングレッド。



DSC_3587
ホイールサイズは、16インチでマットガード標準装備。



DSC_3601
フロントハブは、DAHON スタンダードの74mm より遥かに狭い。



DSC_3588
タイヤは、SCHWALBE MARATHON 16×1.35(35-349)



DSC_3594
6061 DAHON Inverted fork の名からも BD-1 のようなアップサイドダウン方式のフォークを採用。



DSC_3599
35th Anniversary のヘッドバッチ。



DSC_3595
ハンドル幅は、かなり切り詰めた490mm。



DSC_3596
シフターは。Shimano Nexus SL-C600-8 Revo シフター。



DSC_3590
ガード付きのチェーンリングは、46T。



DSC_3591
変速は、Shimano 内装ハブの Nexus SG-C6001-8V 8 Speed。



DSC_3592
ダブルローラーのチェーンテンショナーは、フォールディング時に威力を発揮。



DSC_3593
リヤキャリア標準装備。



DSC_3597
キャリア上部には四つのローラーホイール。



DSC_3602
二重になったシートポスト。



DSC_3603
下側は、こちらのシートクランプで固定。



DSC_3604
さあ〜、カールをカールしてみよう!



DSC_3605
リヤセクションを分離するボタンはここ。



DSC_3609
フロントセクションのヒンジレバーを解放。



DSC_3612
勢い良く車体を持ち上げれば、クルンとリヤセクションがこの通り。



DSC_3613
これがフロントフォークの受け。



DSC_3614
ホイールは進行方向に向けたままフロントセクションを折ります。



DSC_3616
こんな風にフォークをサポート。



DSC_3617
DSC_3618
DSC_3619
DSC_3620
下側シートチューブを下げクランプすることでリヤセクションの展開がロックされます。



DSC_3621
この状態でサドルを掴めば転がして行けます。



DSC_3622
更に上側のシートポストを抜いてフォークエンドにあるホルダーに差せば最小に。




DSC_3623
左の張り出したペダルは、クランク裏側のロックを外すと、



DSC_3624
パチンと飛び出してきます。



DSC_3625
外したペダルはホルダーへ。



DSC_3626
Folding Size (cm) 58×54×27cm



DSC_3627
Helios と比べるとこんなにコンパクト。コンパクトで密度が濃い。



DSC_3612
スタンドは取付不可ですがワンアクション0.5秒でこ形になりますので自立可能です。正に〇ロ〇プ〇ンみたい。


DSC_3598
DAHON 35th Anniversary Curl 限定40台






難しそうですが動画で見るとあら簡単。これは人前でやりたくなりますね!

住職、こちらの動画で予習しておくこと