SRAM Red eTap Road Groupset

DSC_3051
SRAM Red eTap Road Groupset short cage  207.000円
SRAM Red eTap Road Groupset wiFLi Max3  210.000円

(税別)
 
遅まきながら橋輪もスラム無線電動変速機イータップに手を出しました。2セット入荷しましたが、どちらもお客様からの注文でロードバイクフレームに組込みます。

ロードグループというセット内容は、クランクセットやブレーキキャリパーなどを除く変速に必要な機器のみの構成です。右の箱は初めに発売されたリヤディレーラーがショートケージのもので、左が後に追加となったミドルケージ付きでお値段も3.000円ほど高くなっています。

納品書をみて青ざめたのが、ショートケージ×1、ミドルケージ×1と書かれていれば納得出来たのですが、ミドルケージの方は、 wiFLi Max3 となっています。「ゲゲゲ!ショートケージのお客さんの方は、Wi-Fi が使えないのか?なんだ悪いことしちゃったな」などと勝手に思い込み慌てましたが、”ワイフライ”と読むらしくスラムではミドルケージをさす言葉だそうです。セットはリヤディレーラー以外全く同じものだそうです。マジ焦りました。

余談ですが、うちの奥さんがFBに動画をアップする際に「うちはワイファイが薄いのよね」などと言っていおりましたので「それは濃い薄いではなく強い弱いと言うんだよ」と教えておきました。ま、ぼくらこんなレベルです。


DSC_3054
これがセット内容。


DSC_3113
SRAM Red eTap Shifters




DSC_3055
DSC_3056
DSC_3057
いやこれ本当に素晴らしい箱に入ってくるんですよ。これは取って置いてお正月のおせちに使えますね!


DSC_3058
ダブルタップの流れを汲むシフトスイッチレバーは左右それぞれ一つずつで、レーシングカーのパドルシフトよろしく右のレバーでリヤ変速のシフトアップ、左でダウン、左右同時に押すとフロントがチェンジします。


DSC_3061
ペアで、266g ですから機械式に比べて遥かに軽いですね。



DSC_3062
電気的スイッチではありますが確かなクリック感があります。



DSC_3063
あらもう電池入ってんのね。LEDは電池残量も示してくれる。その脇にあるのが機能ボタン。



DSC_3111
ここでリーチアジャストが可能。



DSC_3112
このハッチの下にボタン電池のCR2032を内蔵。電池の持ちは使用頻度にもよりますが、6ヶ月〜24か月と消費電力が少ない。赤いダミープラグは、Blips ポートでブリップス(シマノでいうサテライトシフトユニット)を繋ぐ。


DSC_3115
DSC_3116
こちらの薄い箱は、ブレーキワイヤーのセット。



DSC_3105
SRAM Red eTap Front Derailleur



DSC_3106
機械式RED と同じくYAW テクノロジー搭載のフロントディレーラー。左は電池パックで使用可能時間は、22〜90時間。


DSC_3114
ウエッジと呼ばれる形の異なる3種類のピースが付属。シマノのアシストボルトのようなもので、フロントディレーラーブラケットの補強となる。


DSC_3107
赤いパーツはそれぞれ電池カバー、電池ブロック。



DSC_3118
DSC_3119
DSC_3120
DSC_3121
オンオフスイッチはありませんので長期使わないときは電池を外しておきます。




DSC_3108
SRAM Red eTap Rear Derailleur



DSC_3109
カーボンケージとセラミックプーリーで機械式REDと比べて重量増しを94g に抑えています。使用可能時間は、15〜60時間。ショートケージは、28Tまでのカセットスプロケに対応し、ミドルケージのワイフライは、32Tまで対応する。



DSC_3110
4種類のコンセントが付属するチャージャー。



DSC_3123
さて電池も入っていることだし動くかな?



DSC_3117
やはりこれと同じでペアリングしないと動かないのね。



DSC_3124
DSC_3125
DSC_3127
それぞれの機器の機能ボタンでペアリング完了。



DSC_3129
DSC_3131
うわ〜、ラジコン、ラジコン!



DSC_3135
シフターを使わずフロント、リヤのディレーラーを動かすことも可能。単体で機能ボタンを押せば。



DSC_3133
DSC_3134
ご覧のとおり。



DSC_3067
SRAM Red eTap Firmware Update Dongle

最後にこのドングルはバージョンアップの際、USBポートに繋げるだけでアップデートデータをAIREA(アエリア)ネットワークという通信システムで送信するもの。近くに置いたバイクのeTap 電源が入っていれば、自動的に受信、バージョンアップするらしい。ただ最初のバージョン1.1から今のところアップデートがないので誰もやったことないそうです。

取りあえず Wi-Fi は出てこなくて良かったね。ややこし!



【2018 DAHON 入荷情報】
以下のモデルが入荷しました

SPEED Falco パウダーブルー
SPEED Falco マットブラック
SPEED Falco カッパーゴールド
SPEED Falco カーディナルレッド

Boardwalk D7 ドレスブラック(入荷済)
Boardwalk D7 パープルブルー(入荷済)
Boardwalk D7 ボルドー(入荷済)
Boardwalk D7 チャコールグレー
Boardwalk D7 ライトグリーン

Horize ドレスブラック
Horize キャメル
Horize サンセットクラウド

Horize Disc マットシルバー