奥が深かった新型フロントディレーラー

FD-R9100 DURA-ACE、FD-R8000 ULTEGRA、FD-5801 105 シリーズ新型フロントディレーラーは、かなり奥が深かった。それでは、ちょこっとだけリヤディレーラーの調整に触れてから新型フロントディレーラーを見て行きましょう。これから新型コンポ組もうって方は必見ですぞ!

DSC_2318
シャドーとなった新型RD-R8000 リヤディレーラーですが調整方法は従来型と変わりません。



DSC_2318
トップとローの位置はチェーンを取り付ける前に設定していますので大幅な調整はいらないと思います。先ずは、トップ位置からシフターをダウン方向へ1クリック。


DSC_2319
クランキングしながら次のギヤに登るまでケーブル調整ボルトを緩めて行きます。



DSC_2320
まれに最大スプロケットへの変速が固く感じられる場合があります。



DSC_2327
チェーンを装着する前の調整では、ロー側スプロケとガイドプーリーの刃先同士を一直線に合わせていますので、シフターが最後の1クリックまで行かない状態になる場合があります。この時はLO アジャストスクリューを時計の針で10分ほど緩めて若干のオーバーストロークを作ってあげましょう。勿論作りすぎるとスポークの間に落ちてしまいます。

細かな解説はこちらで ⇒ こちら


DSC_2221
さて新型フロントディレーラーを見て行きましょう。



DSC_2244
リンクカバーに付いては、「もやい結びなフロントディレーラー」の行で説明しましたので、インナーケーブの張調整が出来るアジャストバレルを分解してみましょう。


DSC_2245
奥の黒い部品がアジャストバレルで手前がワイヤー取付ボルト。この二つは、ボルトを締め付けることで一体になる。


DSC_2247
右から刺さる六角レンチでワイヤー調整ボルトを締めこむとアジャストバレルを押す仕組み。



DSC_2248
DSC_2249
アジャストバレルに締めこまれたワイヤーが回転し張を調整。



DSC_2250
外す必要もありませんが、ボルトも抜いてみます。



DSC_2252
雌ねじ部分に白いグリスが付いているように見えますが?



DSC_2253
何かポロッとプラスチック片が出てきました。



DSC_2251
グリスではなく部品だったのですね。ピンセットで元に戻します。




DSC_2258

緩み止めのナイロンナットの働きをさせていたんですね。テーブルの上で良かったです。バイクスタンドだったら完全に無くすどころかその存在すら知らないままでした。ま、ここまで外す人もいないと思いますが・・・・・

明日につづく、


【2018 FUJI 入荷情報】
本日、以下のモデルが入荷しました
BALLAD R ブリティッシュグリーン
BALLAD R シャンパンゴールド
HELION R ブラック
HELION R シャンパンゴールド