2018 DAHON 最新情報 3

2018 DAHON 最新情報最終日は、ロックジョーシステムのダッシュシリーズから。今回DAHON 最新情報1〜3で紹介したモデルは、殆どがカラーリングチェンジとマイナーチェンジです。詳しいスペックは、橋輪ホームページよりご覧になれます。

橋輪 DAHON のページ

IMG_2018
2018 DAHON DASH P8  87.000円(税別)
ダッシュP8 は、ツイストグリップシフターからラピッドファイヤー SL-M310 に変更のマイナーチェンジとフルカラーチェンジの3色展開。
入荷予定12月

DSC_1326
DSC_1327
ローズレッド


DSC_1332
DSC_1333
デザートベージュ


DSC_1329
DSC_1331
シルキーブラック


DSC_1328
シフターが、ラピッドファイヤー SL-M310 に変更。



DSC_1338
2018 DAHON DASH Altena  128.000円(税別)MLサイズあり
アルテナもコンポーネントのClaris が新型になった他スペック変更なしのカラーリングチェンジで、ドレスブラックエディションも登場。
入荷予定12月

DSC_1335
DSC_1337
アクア


DSC_1336
写真の展示車のコンポーネントは、Simano Claris 2400 が装着されていますが、新型のR2000 が搭載されます。


DSC_1339
DSC_1340
ドレスブラックエディション


DSC_1342
DSC_1343
DSC_1344
こちらもボードウォークと同じく新たにアルテナ用にブラックパーツを製作しています。


DSC_1341
ブルーのロゴにダークナイトを感じます。



DSC_1354
2018 DAHON Visc EVO  123.000円(税別)
ビスク・エボは、DAHON Super Light シートポスト採用で、約160g の軽量化。その他スペック変更なしのフルカラーチェンジの3色展開。
入荷予定12月

DSC_1346
DSC_1349
マンゴーオレンジ


DSC_1352
DSC_1353
パールホワイト


DSC_1350
DSC_1351
チタン


DSC_1347
DAHON Super Light シートポスト。


DSC_1348
スムージングが加速してます。



DSC_1394
2018 DAHON Mu SLX  192.000円(税別)
20インチ最軽量モデルのMu SLX は、スパーキーレッドが2017から継続で、チタンに変わりドレスブラックエディションが登場。

DSC_1389
DSC_1390
スパーキーレッド
入荷済

DSC_1391
DSC_1393
ドレスブラックエディション
入荷予定11月

DSC_1392
ドレスブラックエディションのみブレーキレバーが、Shimano BL-4700 Tiagra となります。



35th Anniversary  日本限定40台

DSC_1396
DSC_1397
2018 DAHON 35th CURL  200.000円(税別)
2018で、35周年を迎えるDAHON。35th Anniversary モデルとしてリリースされるカールは、世界限定500台で生産され、日本には40台のみの入荷します。その40台にはシリアルナンバーが入り成約されたお客様のネームプレート(9月25日までのご成約に限り)が付く正にアニバーサリーなモデルとなります。
入荷予定11月

DSC_1398
今までの DAHON には無かった斬新なフォルムを持つデザイン。メインフレームが湾曲しているのには意味があり、フォールディング時にリヤホイールを収納するスペースとなる。


DSC_1400
35th Anniversary のヘッドバッチ。



DSC_1401
これがユーザー名が刻まれるバッチ。このシリアルNo.001 は、Dr. David Hon 所有のようだ。



DSC_1402
DSC_1403




DSC_1404
このフォークは、6061 DAHON Inverted fork の名からも BD-1 のようなアップサイドダウン方式だ。



DSC_1405
ホイールサイズは、16インチを採用。チューブに米式バルブを使っているのは不明。



DSC_1406
タイヤは、SCHWALBE MARATHON 16×1.35(35-349)



DSC_1409
変速は、Shimano 内装ハブの Nexus SG-C6001-8V 8 Speed。



DSC_1408
ダブルローラーのチェーンテンショナー。



DSC_1410
四つのスモールホイールが付くリヤキャリア。



DSC_1407
このリヤセクションを縦に畳む。



DSC_1429
3ポイントフォールディングと言われるダホン史上今までにない折り畳み方式で58×54×27cm に収まるコンパクトな設計となっています。


それでは、営業Y君に畳んで頂こう!

DSC_1411
それではお願いします。

DSC_1412
左クランクアームは、この位置に、

DSC_1415
フロントセクションのフレームラッチを解放、

DSC_1416
シートチューブの後ろにあるボタン(人差し指)を押してリヤセクションのロックを解除、

DSC_1417
そのまま勢い良く持ち上げると、

DSC_1418
リヤセクションがメインフレームの下へ、

DSC_1419
次にハンドルポストを持ち、tern の N ホールディングの要領でフレームを右に折ります。

DSC_1420
フロントホイールは前を向いたままリヤセクションに重ね、

DSC_1421
後にフォークの受けに差し込み、

DSC_1422
次にハンドルポストを、

DSC_1423
倒します。

DSC_1424
シートクランプを解放、

DSC_1425
シートポストを下げクランプし直します。

DSC_1426
下げたシートポストから上部だけを抜き取り、

DSC_1427
中央のホルダーに納めます。

DSC_1428
折り畳み完了! 「ちょっとまてよ、英国のブ〇ン〇ト〇の畳み方と似てね」とお思いの方もおられると思いますが、ネジ回しの手間が無い分こちらの方が確実にスピーディーに畳めますよ。

DSC_1430
移動の際は、サドルを取り付けたまま、

DSC_1433
はい、行ってらっしゃい!



難しそうですが動画で見るとあら簡単。これは人前でやりたくなりますね!


6回に亘った 2018 FUJI / DAHON / tern 最新情報。最後までご覧いただきましてありがとうございます。今回の車両価格は、税別定価で表記させて頂きました。橋輪プライスは、税込定価よりの10%OFF(FUJI のキッズバイク除く)の設定となっております。

それでは皆様ご予約お待ちしております


※2018年は継続モデルが多数あります。橋輪では、2018年モデルの入荷を待つことなく2017年モデルでの試乗が可能です。決める前に一度試乗してみたいって方、是非ともご来店下さいませ。

【橋輪2017年モデル試乗車一覧】

FUJI
PALETTE
FEATHER

tern
Link N8
Verge N8
Verge D9
Verge P10
Verge X10
Verge X18
Verge X11
Clitch

DAHON
Route
Boardwalk D7
Horize
SPEED Falco
Visc EVO
Helios 105
Mu SLX
DASH P8
DASH Altena
EEZZ
Presto