ホイールハブのチューニング 2

DSC_9966

クイックを力強く締めると回転が重くなる原因は、シャフトの段付き長さが0.25mm 足りないことにあった。これは長すぎるより短い方がラッキーである。もし長すぎていたら足し算は出来ても引き算が出来ない橋輪には、旋盤のお助けが必要となる。足し算による微調整には、極薄のシムがいる。リヤ用10mm シャフト(内径Φ10シムリング)は、モノタロウで購入可能だが、フロント用9mm シャフトの内径Φ9シムリングは無い。規格で10mm の下は8mm なのだ。そこでかなりマニアックなMiSUMi-VONA で検索すると、1mm 単位でオーダーが掛けられる。だが汎用規格の10mm は1枚90円で購入可能だが9mm は、1枚480円と大変高価だった。

DSC_9946
フロントシャフトなので9mmである。



DSC_9947
ダブルパイロンのピポット修理に使う12-16mm の2枚を含む9mm、10mm、を42枚購入したが、これで約1万円也。



DSC_9948
今回は内径9mm の厚さ0.1mm と0.05mm を組み合わせて使う。



DSC_9949
0.05mm のシム。強く握れば壊れてしまう程に薄い。これ1枚で480円とは!



DSC_9950
片側に0.1mm を1枚、反対側に0.1と0.05の0.15mm の2枚を入れる。段付きの長さが0.25mm 伸びる計算。



DSC_9967
だが正確に0.25mm となるとは限らない。この部分の削り方にもよる。



DSC_9972
いらな紙の裏に書いているので文字が写り貧乏くさい絵だが、加工工程の差でシムリングの座りが変わってくるからだ。このへんは組んでみなけりゃ分からない。


DSC_9952
せっかくなので、ベアリングもNTNに交換。No.609JX2LLU/1X。



DSC_9953
シムリングを失くさぬようマスキングテープで留めておこう。



DSC_9954
再度ヒートガンでハブボディーを温めます。



DSC_9956
圧入するでも叩き込むにせよインナーレースのみに力が掛るのは避け、アウターレースで挿入しよう。さもないとボールの打痕がレースに付く。



DSC_9955
17のディープソケットがピッタリだった。



DSC_9958
挿入完了!



DSC_9959
まてよ!ちょっと重いな。接触型のラバーシールの抵抗かな?



DSC_9960
両手でシャフトを掴んで回すとバルブの重さで逆回転が始まるときに指が持ってかれる感じがする。



DSC_9957
触れ台に乗せて回すとやはり回転が重い。シムリングが多すぎたのか?普通ならここで0.05mm を1枚抜いて0.2mm とするところだが、ここが究極のセッティング。


DSC_9973
左の足りなくてボールに下向きのストレスが掛っていたのに対して、今度は右のように多すぎて上向きのストレスが掛ってきた。これ狙い通り!


DSC_9970
クイックを締めると互いが打ち消しあい最高の回転を得た。



DSC_9963
クイックを締めないと重く、締めた時ストレスのない最高の回転が得られる。



DSC_9962

最後にクイックを締めた状態で両側カラーのイモネジを締めて終了。このイモネジ、以前にJKホイールの説明で「非常に良いシステム」と書いたが、後にイモネジ一か所では、その効果が得られないばかりか、クイックの締め付けが均等に掛らないことが分かった。最低120°離れた3ヶ所ないと意味がない。なのでこのイモネジは、回り止め程度に締めておけば良い。 色々とやった結果、最高の回転が得られましたが普通はここまでやりませんよ。

T さんに見せたかっただけです