船長のDAHON Mu SLX Di2 ブルホーンメンテナンス 4

月曜日は、失礼致しました。商店街の通常総会は無事終了したことをご報告申し上げます。さてナイスなクランクを装着した後はROTOR楕円チェーンリング56T のセッティングであります。以前にも書きました小径車の場合、ROTORのマニュアル通りのセッティングでは足がディーゼルノック並みのノッキングを食らってしまいますよ。

DSC_9862
マニュアルは、700Cフルサイズのロードバイクを想定していますので、駆動するチェーンとクランク中心から直角に交わる場所が真上(時計でいうところの12時)になります。


DSC_9861
小径車ではBB位置が、かなり高い位置になりますので、駆動するチェーンが後ろ下がりになります。クランク中心から直角に交わる場所を見ると11時になります。これは大きな違いです。


DSC_9863
ちょっと見ずらいですが11時のところにマーキングしました。これで一番オーバル率の高いところを探します。(44)の上の刃が一番高そうです。ここで一番パワーを掛けやすいクランクアーム位置を探って行きます。まだチェーンリングボルトは付けていません。この状態のままチェーンリングを押さえておいてクランクを回して行きます。

DSC_9863
DSC_9867
上がポジション5でクランクアームの位置は3時30分です。パワーライド的なセッティングです。ここからポジションを4、3、と落として行くとクランクアームは、3時、2時30分と上がって行きますので、足はノッキングぎみとなるでしょう。下はチェーンリングを180°ひっくり返した状態。これだと4時って感じですかね。優しく踏める感じですね。


DSC_9865

クランク交換前は、POWER TOOLS の62T を使っていた船長。楕円56Tといってもオーバル率は、60Tに満たないと思われますので、ポジション5の3時30分パワーライドのセッティングで行こうと思います。

明日につづく、