モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 5

mono21007157-160113-02
前の記事で探した部材。これを外径12mm 内径6mm 長さ74mm で注文すれば、ベースが手に入る。ピポットボルト外径7.81mm に合わせ加工するためのドリルの刃は、0.1mm 刻みであるようなので7.9mm を選択。長さは114mm ある。(ボール盤に咥える刃と旋盤に咥える刃の違いが分からないが)あとは、ブッシュをスピンドル外径12mm に合わせるためのリーマーだ。

IMG_1364
次にブッシュとフランジのクリアランスを測る。隙間に入ったシックネスゲージは0.20mm。



DSC_9769
実際に測っているのはここ。



IMG_1308
ブッシュが当たっていた部分を避けるために小さめのシムリングを探す。



IMG_1334
この寸法だけあれば事が足りるので、



IMG_1332
外径16mm 内径12mm で厚さ0.10mm を左右に1枚ずつ入れれば計算が合う。

シムリング内径12


DSC_9773

ここまで揃えれてモールトン研究室に相談しよう。6月3、4日で行われたモールトンサミットも無事終わったようだし。そうそう今年のモールトンサミットのメインイベント 【DV-1 】をスクープ!



18920177_1910892375792600_9201144259138654046_n

Dynavectoe DV-1