大量に届いたシムリングを見てほくそ笑む

DSC_9029

誤発注で100枚も届いたシムリング。まさかの10枚パックで850円だったとは。でも850円のシムリングが100枚届かなくて本当に良かった。やはりモールトン取扱店としては、厚さの異なるシムリングを100枚ぐらいは常に在庫してないとね!当然 (笑)

DSC_9037
プロショップ宜しくジプロックに小分けにし、タグにサイズと厚みを記載した。



DSC_9039
内径13mm 外径19mm 厚さ0.3mm のシムリングはこんな感じ。



DSC_9041
内径は13mm でピッタリ。でも外径が合ってませんね? いやいやここが今夜の”みそ”ですから。



DSC_9042
ブッシュの外径は、25.29mm。



DSC_9021
でもご覧のように全面当たってるわけではありませんので。



DSC_9043
フランジ内側にシムリングを置いてみるとこんな感じです。ブッシュの当たり面をマーキングした付近は、外から見えてしまうので、リューターで削っていないので好都合です。


DSC_9044

左がパシュレーでライセンス生産されるTSR のクロモリフレームに装着されてくるブッシュです。右は”お城製”のステンレスフレーム用のブッシュで、どちらもスピンドル径は13mm。ですが”お城製”は外径が19mm しかありません。パシュレーのツバが広いブッシュの方が接触面積が広く、捻じれ剛性には断然有利ですね。ここはパシュレーに軍配が上がります。でも外径19mm のシムリングを入れてしまうと条件は同じになってしまいますね。

DSC_9045

敢えて外径19mm のシムリングを使うことで ”お城製”と肩を並べて勝負するのだ!