ビックリ仰天!段階を踏まないライダー

DSC_8589
2017 FUJI
NORCOM STRAGHT 1.1 フレームセット 324.000円(以下税込)
橋輪プライス                   291.600円

FIJI のラインナップでは、ROAD の括りではなく、SPECIALITY のコンペモデルに属する最新のTTバイクフレームです。

DSC_8591
OVAL の専用シートポストとステムが付属。



DSC_8593
最新のエアロフォルムデザインのフルカーボンフォーク。



DSC_8595
ブレーキは、TRP のTTV ブレーキが標準装備。



DSC_8597
リヤはチェーンステー下に装着。



DSC_8599
DSC_8600
リヤアクスルアジャストシステム。



DSC_8585
Shinmano DURA-ACE Di2  9070 フルコンポ 330.757円



DSC_8586
Shimano PRO MISSILE EVO  129.600円



DSC_8605
gan well GW-W880FMT / RMT  129.600円



DSC_8607
フルカーボンチューブラーでリムハイトは、88mm。



DSC_8608
ハブは、ミケ PRIMATO。



DSC_8609
シマノ11 Speed 対応。



DSC_8592
Vittoria MONDIALE 5.400円。



DSC_8689




DSC_8693
DSC_8694
DSC_8695
DSC_8697
DSC_8698
DSC_8699
DSC_8700
DSC_8701
DSC_8702
DSC_8706
DSC_8703
DSC_8704
DSC_8705




DSC_8708
完成したノーコムストレート1.1 とオーナーの F さん。



DSC_8712
片手で軽々と持ち上げてポーズを取るF さんだが、このノーコムストレート1.1 の前のバイクは・・・・



DSC_8688
なんと55.080円で買えるtern のクロスバイク CLUTH だ。CR ではロードバイクに抜かれっぱなし。 フラットバーは極低く構えるがペダルはプラのフラットペダル。しかもこれ買うまではママチャリだった。



DSC_8696
それが行きなりフルカーボンのTTバイクにDURA Di2、ビンディング、フルカーボンチューブラーですからね。今ではロードを抜きまくってるとか。総額930.000円となったFUJI NORCOM STRAGHT 1.1。スピードの差は、875.000円分増加したわけだ。


やっぱ自転車っていい趣味だよな。これだけの超急激なステップアップがあっても乗り出せちゃう(乗りこなすかはこれからのトレーニング次第だが)んだからね。ぼくの趣味とは大違い。

DSC_8758
初めて単独飛行できたムサシノ模型飛行機研究所のモスキートモス号は未だ健在。バルサキットから製作した小さな15エンジンを搭載した入門機だが飛ぶまでには6〜7万円が掛かるか。こんな練習機でも独学で初飛行に挑めば80%は墜落で残りの20%が遭難。成功率0%は間違いない。先生に教わってやっとのことで離着陸できるようになる。


maxresdefault[1]
これが飛ばせるようになったからと、いきなりジェットエンジン搭載のビックスケールモデルに移行するようなもの。

初飛行などもっての外で、ビビッてしまって滑走路上を真っ直ぐに走らすことすら出来ないであろう。400万円からする機体が一瞬で藻くずとなるのだから。

やな趣味だね〜!