モールトン博士が発明したラバーコーンの秘密

DSC_7803

以前にも書きましたがイギリスの大衆車モーリスミニに採用されたラバーコーンサスペンションは、アレックスモールトン博士が発明したって話は有名です。では何が凄いかってお話しです。

DSC_8655
ハイドラスティックユニット 32.000円(税別)
モールトンのリヤサスには、ソリッドラバーコーンと、こちらの液体を封入させたタイプがあります。


DSC_8656
下側にはフレームにねじ込むネジ山。



DSC_8657
168g とヘビー級な部品。



DSC_8658
交換は至って簡単。



DSC_8659
アルミナットを外し、



DSC_8663
本体を緩めるだけ。



DSC_8664
外したハイドラスティックユニットを見てみる。何やらファイバーワッシャーが付くネジが。ここからオイルを入れるのか?


DSC_8665
オイルが噴き出すと期待してポンプで圧を掛けてみたが、



DSC_8666
何も起らない。やはり壊れているのか? 真っ二つにカットして内部構造を見てみたいものだ。JCL日本切断研究所なる会社があって何でも綺麗に切断してくれるらしい。ワインボトル相当で1カット1万円だって。(後に先生に聞いたところ転倒した際にゴムが剥離してオイルが出たそうな)



DSC_8682
こちらハイドラスティックだが内部構造がどうなっているやら知るすべがない。二つの部屋があって流体が行き来しているらしい。フレンチバルブからエアーを入れるが、エアーサスペンションではないので固さの調整は出来ないらしい。むしろ流体の移動を促す目的のようだ。よってコーン状のソリットラバーだけの動きをぼくなりに説明してみたい。

be4103fe[1]
ただのゴムブロックに力を加えると黄色の曲線を描くゴムの弾性。これをコーン状にすることにより青の直線となるモールトン博士のラバーコーン。体重50kg の人と100kg の人が乗っても弾性が変わらない秘密がここにある。この直線に近づけるものは、近未来には出てこないだろうと工業界は言っている。


DSC_8683
今、50kg の人が乗車して1G が掛かっているとする。黄色線で囲まれラバーの底の部分が下のアルミの皿と接触している。この状態から衝撃を受けると更にラバーが圧縮される。


DSC_8683 - コピー
次に100kg の人が乗車。赤線の部分までラバーが潰れる。アルミの皿の半分ぐらいまで接触面積が広がっている。


DSC_8683 - コピー - コピー

もうお分かりだと思おうが、50kg の人と100kg の人では、最初の接触面積に違いが現れるということ。お相撲さんのへそは、小さな子供の指1本でも凹むが、腹全体を凹ませるには大人が体当たりしてもしんどいのと同じメカニズムだ。


DSC_8678
能書きを垂れたところでアッセンブリーに移ろう。



DSC_8677

あら!DURA 11速のチェーンが在庫切れ!