アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2(完成編)

DSC_7699

長らく欠品となっていましたSRAM RED の フロントディレーラーが入荷してきました。変速不良を起こしたまま使っていますとアウターに上げる時のチェーンがケージに押し当てられる時間が長くなりますのでケージが減ってしまうのです。

IMG_0566
これモールトンのあまり良くない部分ですね。 フロントディレーラーコントロールワイヤーのアウター受けの位置が良くない。 フロントディレーラーのアームから出たインナーケーブルがかなり斜めになっているでしょう。これではアームを引く力より フロントディレーラーを捩じる力のほうが勝ってしまいます。フロント変速の操作力の重さはここにあると思いますね。



せっかくなのでフレームを分割してみよっと!

IMG_0547
モールトン分割フレーム初めての試み。



IMG_0563
フレーム上に配置される色を変えたOリングが付く筒は、左からリヤブレーキ、 フロントディレーラー、リヤディレーラー操作用のケーブルを繋ぐカプラーで、末端で外さなくともここで分離できるギミック。


IMG_0549
ここどうやって繋がってんだろう?



IMG_0551
ナットを緩めて行くと、



IMG_0552
ナットが移動するだけ。



DSC_7694
DSC_7696
なるほど〜、こうなっていたのね。フックを引っ掛けて引っ張る。良く出来てんな〜。


IMG_0550
上側は、右側のナットを緩めて?



IMG_0553
するとスリーブが出て来たぞ!



DSC_7692
こうゆうことか!凄いな。



DSC_7693
これで下側に見えるスポークのような存在が分かった。スリーブが抜け落ちないようになってんだ。



DSC_7691
分離されたフロントセクション。

ここで興味深いモールトンのフロントサスペンションを分解してみたいところですが、大変スムースな動きで全く問題ないことから次回に持ち越します。構造的なことはコイルバネによる衝撃吸収とボトムリンクのフリクションによるダンパー効果だと思われます。見た所30mm 弱のストロークしかありませんが、アスファルトの粒粒や1mm ほどのタイルの段差までも良く吸収してくれます。KIMORI のエアサス&オイルダンパーは、20cm ほどある歩道から飛び降りても全く衝撃無く着地できますが、アスファルトの表面までは読み取ることが出来ません。オフロードではなくオンロードと考えた場合、シリンダーまでも削り出しで製作される複雑な機構を持つKIMORI のフロントサスは、ばねと摩擦だけの単純構造なモールトンのリーディングリンクサスペンションに及ばないことは事実です。ああ、KIMORI にもこのフェザーベットな乗り心地が欲しい。

DSC_7790
DSC_7791
DSC_7792
DSC_7793
DSC_7794
DSC_7795
DSC_7796

先生お待たせしました。モールトン生まれ変わりましたよ!