フィキシングボルトで締め切るタイプの2ピースクランクについて(最終回)

DSC_5996

3mm ライン寸止めまで削り込んだBB シェル。一発で決まるとは思っていないが削り過ぎたら元へは戻れない。

DSC_6068
よし、クランク組んでみよ。



DSC_6069
赤と黒のシムは、2枚で5mm。



DSC_6073
ここまでは、スルスルと回っています。更に左クランクを規定トルクまで締め上げると、



DSC_6071
重い。



DSC_6074
スタンドとのクリアランスはまだありますね。



DSC_6075
やはり3mm ラインまで行きそうです。



DSC_6076
再度クランク、BB 外します。ここからは寸法では測れませんからね。



DSC_6077
赤のシムは、けばけばしいので、止めておきます。



DSC_6078
またこいつの出番。



DSC_6081
そこまで行っちゃいますよ〜!



DSC_6082
あああ、こんなに削って良いものか?



DSC_6090
切粉もタップり出てますよ。



DSC_6086
何だか凄く短いBB シェルになっちまったな。



DSC_6087
寸法は、どうだ? アッセンブリーしたクランクを当てがってみると・・・・あら!入ちゃったぞ!ヤッベ削り過ぎたか?


DSC_6093
フレームナンバーまでギリだ。63mm ハンガーシェル。新規格?



DSC_6095
右に2.5mm シム2枚。サーどうだ?



DSC_6099
回る回るビンビン回る。



DSC_6105
最後の一締め。これで少し回転が落ちなければBB に密着していないってこと。



DSC_6102
さっきと比べて、ほんの僅かベアリングに負荷が掛かったのが解る。2ピースクランクの確実な勘合とベアリングへのプリロードが的確に保持された瞬間。2回で決まるとは何とも偶然!


DSC_6106
スタンドとのクリアランスも、



DSC_6108
ギリ、セーフ!



DSC_6111
これで走りは、以前よりも格段に良くなったはず。



DSC_6112
さて問題のDi2  フロントディレーラーはどうだ?



DSC_6114
 フロントディレーラーの高さを合わせる。相変わらずHi Lo アジャストスクリューは未装着。



DSC_6116
オートトリムが働いてもチェーンを外に押し出さなくなった。ケージをもう少し内側に入れたいが、これが限界。チェーンラインは、ほぼトップ側に移っているので外外れは無いだろう。


DSC_6117
何とかなりましたよ船長!



DSC_6120

フロントディレーラートップ側電気位置調整はプラマイ0。



DSC_6118

ただ、アウター / ローでの逆回転は禁止です!


船長通信

DSC_0407 - コピー
・10/24日、昨日金沢港を出港し、関門海峡を抜け瀬戸内海向けですが、山口県の三島沖日本海側です。..朝06:30頃の島根県益田市側から中国山脈を越えて昇る朝日ですが、雲がオレンジ色に綺麗な朝焼けで日本海側は曇ってますが、雨を降らせる雲では無く、今日も良く晴れそうですね。..航海中の風は東北東の風約10m/sで、波は船尾から約2m程ですね、..では、また良い画像が有ればmsilします。


【2017 DAHON 入荷情報】
Route / BoardWalk 全色入荷しました。