暗黒さんに製作してもらったスルーアクスルをいじくり回す

DSC_3132

暗黒さんに製作してもらったスルーアクスルをいじくり回してみる。一生懸命製作して頂いたものは、そのままポン付してしまうのではなく、一生懸命観察しなければ失礼である。


DSC_3124
改造RIDEA 10mm スルーアクスルハブ。



DSC_3125
非常にシンプルな部品構成である。



DSC_3126
六角頭に仕込んだ6mm キャップボルト。回り止めはロックタイトだ。



DSC_3127
製作したエンドキャップは15の薄口スパナが掛かるようになっている。



DSC_3128
両側にスパナを掛ければ分解できる。



DSC_3129
フリーまで外す必要はないが、一応。



DSC_3130
シャフトの内側が六角になっているで、反対側を外す際は、こうやって。



DSC_3131
しかしこんなん良く作れるよな〜! 黒いエンドキャップはRIDEA ハブオリジナルで、何時でも元に戻せる。



DSC_3133
RIDEA のシャフト内径がたまたま10mm であったのが良かった。内部は、3mm クイックシャフトが貫通出来れば良いので特に仕上げられていなかった。ここにM さんは10mm ストレートリーマを使ったんだな。


DSC_3136
これがオリジナルに戻した状態。



DSC_3137
ぼくが書いた図面のアルミキャップも作ってくれていた。これもイレギュラーなRIDEA 9mm アクスルハブでなければ成し得なかった代物。これもテストしてみる。


DSC_3138
チェーンステーのワイヤーループに引っかけた1ℓペットボトルスタンドが調子良い。リヤタイヤ回ってますから。



DSC_3139
エンドにセットしてみる。



DSC_3140
ぴったりだ!



DSC_3141
ディレーラーハンガーよりアルミキャップが引っ込んでなければ固定できない。



DSC_3142
丁度の寸法だ。



DSC_3143
クイックシャフトもこれだけ出ていればOK!



DSC_3144
DSC_3146




DSC_3147
RIDEA の130mm を通してみる。



DSC_3148
これは135mm でも届かないな。



DSC_3149
そしてスルーアクスル装着。



DSC_3150
シャフトを緩めて、



DSC_3151
引っこ抜けは、



DSC_3152
DSC_3153
そのまま下にストンと落ちる。暗黒のMさん、やっぱ凄げーや!

完璧だ! よしリヤホイール組もう



※ゴールデンウィーク営業日のお知らせ

営業日カレンダー

2016年4月




1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



が定休日です。5月2〜3日は連休となります。


橋輪 [hasirin]

〒277-0005

千葉県柏市柏3-1-12

TEL 04-7164-2255

FAX  04-7164-2310

定休日:火曜

営業時間:9:00〜19:00