DAHON Mu SLX ”The French Connection” 2

先ずは、最高速アタックマシンを作るために451ホイールを組む。重量では、オリジナルのキネプロ406に勝るホイールはないが、大外径と慣性モーメントでの高速化を目指す。

DSC_0677
使用するリムは、Q2 SUPER HEIGHT RIM 451   8.400円(以下税別)フロント20 / リヤ24H のポリッシュ。勿論ニップルはレッド。


DSC_0683
フロントハブに選択したのは、RIDEA High Performance Hub 74mm 20H のレッドで目方は69g。9.240円 



DSC_0684
リヤハブは、金輪 カプレオ互換ハブの24H レッド 13.800円。



DSC_0682
トップスピードを上げるため、敢えて9速のカプレオハブを選択。シマノオリジナルのカプレオに比べ90g 軽量で、回転は、比較にならない。スポーク穴は、エアロスポーク対応のスリットタイプ。


DSC_0687
RIDEA チタンクイック レッド  7.240円
RIDEA のハブには、クイックが付属しないので、こちらを前後セットで使います。非常に軽量で高品質です。


DSC_0698
こちらオリジナルのキネプロクイックリヤは、55.5g。



DSC_0699
流石はチタンシャフト、半分以下の24.0gだ。



DSC_0678
スポーク長を算出してカット。ネジ山を作っていきます。



DSC_0689
フロントは、ラジアルで組みますかね。



DSC_0690
リム組は、結構精度を追及してますよ。後でもう一回やらねばなりませんが。



DSC_0694
ラジアルで組み上がったフロントホイール。



DSC_0695
このステッカーの色はフランス国旗にないですね。



DSC_0696
剥がしてしまいましょう。



DSC_0697
糊も残らず綺麗に剥がれますよ。



DSC_0701
ん、スッキリした。



DSC_0703
DSC_0704
フロントは、ラジアル組み。



DSC_0702
DSC_0706
リヤは、フリー側がクロス組みで、反フリー側をラジアルで組んでみました。

何だか楽しみになってきましたね!

次回につづく、