2017 tern Link D16

DSC_0142
DSC_0143
LINK D16

2017 tern
Link D16        97.200円
(税込)
橋輪プライス  87.400円(税込)  
16 Speed  12.0kg(トローリーラックが取り付け可能)

ターンラインナップの中で一番のコストパフォーマーLink D16。
フロントダブル仕様でこの価格は他にはない。価格は、2015に比べ8.000円ほど上がったが、それに見合う嬉しいアップグレードがある。


DSC_0144
カラー:ブラック / グリーン



DSC_2349
「アジサシ」もいます。



DSC_0147
ブラックのホイールが全体を引き締めます。



DSC_0148
タイヤは、SCHWALBE KOJAK 20×1.35のスリック。



DSC_0145
フロントダブルのチェーンリングは53-39T で、フロントディレーラーは、マイクロシフト。



DSC_2342
リヤディレーラー:Shimano Claris
カセットスプロケ:Shimano 11-30T 8 Speed。


DSC_0161
センタースタンドは標準装備。フォールディングペダルが付属。



DSC_0165
ヒンジ部には、アッパークラス同様のOCLジョイントを採用。



DSC_0166
Folding SizeW79×H72×D38cm


それでは2015からの変更点を見てみよう

DSC_0149
ハンドルポストが格段に短くなりました。390mm ⇒350mm とより日本人の体形に合ったサイズに。



DSC_0160
手前が、2015で、奥2016。これほどの差です。



DSC_0164
DSC_0150
新型のアンドロスステム搭載。オフセット量は、650mm。



DSC_0155
ダブルロックシステムで一体ではありません。



DSC_0156
すぐさま自由なポジションに変更できます、



DSC_0157
景色を見ながらアップライトに。



DSC_0158
向い風や、高速走行時の強い前傾姿勢。



DSC_0159
クランプの締め付け力はキャップボルトで調整可能。



DSC_0162
DSC_0152
上の2015からグリップ形状も変更になりました。



DSC_0153
しかもロックオンタイプ。



DSC_0163
2015のShimano Altus SL-M310 シフターとブレーキレバー。


DSC_0151
DSC_0154
これらがシフター、ブレーキレバー、一体型の新型ST-M310となりハンドル回りがスッキリとした。

ハンドルポストが40mm 短くなり、650mm のオフセットで、相当にフロント荷重が増しています。フレームから変わったのではと思わせる安定感が売りです。

tern Link D16 試乗出来ます

※試乗には身分証明書の提示を頂いております