ROTOR Q-Rings 無数に開いたチェーンリングボルト穴を考える その2

DSC_3545
5アームの場合は、A の位置に各ポジションをセットしろとある。

付属する簡単な説明書を読んでみたが、初めはポジションで、10時間走行しろとある。その後の症状により各ポジションに移行するらしい。


DSC_3541
前回の説明通りにポジションは1 から反対側(正確には180°ではない)2〜5 と続く。これがQ-Rings の素晴らしい発想で、隣のポジション(例えば1 と3 )までは、10°離れているが、チェーンリングボルトの穴に制限があるので、これ以上狭くは出来ない。従って反対側に2を持ってくる(チェーンリングをひっくり返す)ことで、1〜2間を5°と微調整出来ることだ。


もう、訳分からんようになってきた? そうだ先生がいたな!

IMG_0257
この間、アルフィーネ11速内装ハブで、ちょっとヤラカシてしまったT氏だ。カーボンロードから小径、ママチャリまで、こよなく愛すが、



IMG_1421
時には、危険な井手達で走行している。



DSC_2257
T氏のDAHON Vecter X20。早くからROTOR Q-Rings に目を付けている。



DSC_2259
T 氏は、どのポジションで乗られてるのですか? と聞くと
「ぼくは、ポジション(6)です」



DSC_3541
え? てことは、5の反対側に仮想した(6)?



DSC_3549
「これ、参考になれば、どうぞ」と何やら座標を頂いた。

理解しよう、とここに書いてある言葉をネットで検索してみたが、全くヒットしない。聞くと「当時、資料が全くなかったもんで、ぼくが作りました」だって。出てこないわけだ。

明日は、T氏によるQ-Rings の小径車に置ける設定理念を




現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/