「手元でも変速したい」に答えて REMOTE SATELLITE

DSC_3504

ボトルケージマウントタイプのバッテリー搭載が完了。
バッテリー、リヤディレーラー間の長さを1000mm と決めたエレクトリックワイヤーと、手元変速が出来るリモート・サテライト・シフターが入荷した。
が、何か頼み忘れているような?


DSC_3505
EW-SD50 エレクトリックワイヤー1000mm  2.292円



DSC_3506
SW-R600 リモート・サテライト・シフター  9.806円



DSC_3507
幅40mm と想像してたより遥かに小さい。ステムクランプ部の脇あたり、ドロップバーであれば上ハン握った時、親指でリヤメカのみ操作できるサブシフターで、右ボタンでシフトダウン、左で、アップ。説明書には、デュアルコントロールレバーとは異なり、多段変速などの解説はなく、ワンプッシュ1段ずつの変速のようだ。


DSC_3508
取付けはタイラップで簡単。黄矢印のラバーパットを貼り、赤線にタイラップを通して止める。これならエアロバーにも対応するな。


初めは、こちらを使おうと思っていた。小さそうだし。

DSC_3515
SW-R610 マルチポジション・スプリンタースイッチ 12.247円(ペア)


(画像クリックで拡大)
DSC_3514
図のように左右のSTI レバー脇に設置し、親指で操作出来るスイッチだが、フロントメカ、リヤメカをそれぞれ操作するものではなく、リヤ変速のみの。左のスイッチを1回押すと1段ダウン、右を押すと1段アップ。ゴール手前のスプリントで、下ハン握りながら使うのでスプリンタースイッチと言うらしい。船長が今治に今、ゴールせんって時に使うか?


DSC_3511
だがこのスイッチ、他の機器と違って何処のポートにも接続出来るってものではないらしい。



DSC_3517
他の機器に使われているE-tybe コネクターと異なる形状のリモートスプリンターシフター用コネクターなのだ。



DSC_3512
そのコネクターの接続先があるのがSTI レバー。てことは、STI に内蔵されているファームウエアー(チップ)を反さなければ作動しないことになる。となるとただのスイッチ? じゃ、ペアと言えども何でこんなに高けーの? それとシマノさん、同じものなのにディーラーマニュアルには、「リモートスプリンターシフター」で、ユーザーマニュアルには、「スプリンタースイッチ」、バイクギヤーカタログには、「マルチポジションスプリンタースイッチ」って書いてある。統一して欲しいわ! 何処がマルチなんだ? マルチ商法か?


よし! 役者は揃った!

DSC_3509
さてと、念願のリヤディレーラーの作動確認だ!



DSC_3359
5ポートだから4ッの機器をここに全部繋げば、



DSC_3510
あれ、役者が一人余った。

クソ!俺としたことが(俺だからだろ)テスト用にインフォメーションディスプレー接続用に一番短いエレクトリックワイヤー注文するの忘れてたー! 

なんだよー、今見たいのに!


IMG_6665

ここじゃ、売ってないよな?



現在、販売しておりますDAHON / Tern / FUJI / ROCK BIKES 各メーカーの価格が3月21日より変更となっております。
新価格はこちらから↴
取扱い4メーカー価格変更のお知らせ【橋輪Blog】

スプリングキャンペーン実施中!
各モデルのカラーの後に付いている SC マークがキャンペーン対象モデルになります。
橋輪ホームページでチェック↴
          http://hasirin.jimdo.com/