DAHON Mu SLX 2015年モデルをフロントダブル化する(その2)

使用パーツはこうだ

IMG_6012
フロントディレーラーは、当然 Shimano NEW 105(5800)のブラック。



IMG_6013
シフターは、初めて見るshimano SL-RS700 ラピットファイヤーブラック。シマノのホームページの写真では、バンドがシルバーだったが、来たのはリヤ用と同じブラック。ま、こっちの方が良いが。

   
IMG_6024
はい、やっぱり楽勝でしたね。



IMG_6045
チェーンリングは、55から53T と小さくしたので、 フロントディレーラー取付位置を下げましたが、目一杯上でも大丈夫です。



IMG_6032
ここでチェーンラインを見てみましょう。現在アウター × トップ。



IMG_6033
アウター × ロー。かなりきついですね。



IMG_6034
チェーンリングのすぐ後ろでは、こんなに曲がっています。



IMG_6037
テンションプーリーの歯がバリバリ弾けてます。
11速化に伴いDAHON PRO ホイールのハブもアメリカンクラシックの11速ハブが組まれていますが、1.85mm 追い込まれてるだけで、これほど影響が出るんですね。



IMG_6038
BB の両側に入っているシムを右から1枚抜いて左側を2枚とすることで、チェーンラインを調整します。橋輪では、フロントシングルのノーマルでも納車整備時には、このセッティングで出してます。


IMG_6042
ランディングギヤーは後日、ご自分で取り付けるとの事だったので、BB 外したついでに、ネジ山にタップ通しておきましたよ。塗料が乗ってて全然入りませんから。


IMG_6018
見て下さいこの余裕。あ〜、ビスクの悪夢を思い出すな。



IMG_6021
それでは調整して行きます。チェーンをインナー × ローに掛けます。この状態で フロントディレーラーのケージ内側とチェーンの隙間を調整します。シマノの推奨ですと、隙間は0〜0.5mm ですので、チャラチャラ(て言うかサラサラ)触っている感触です。


IMG_6022
あれ! クランク回んないぞ!



IMG_6028

ゴツン!当たる!当たる!当たる!

何だよ〜! ロングアームでも余裕のフレームなのに。
どうやら フロントディレーラー台座の取り付けが外側過ぎてるようです。残念ながら今回も惨敗です。こうやって不良在庫が増えてくんだよな橋輪。


IMG_6036
てな訳で、アームが短くて内側にオフセットしている従来型、5700に変更です。



IMG_6035
5700 でもこのクリアランスですから。はい。
群馬のI さん。ご希望には添えませんでしたが、確実に作動してます。全ての納車整備とフロントダブル化が終了しましたので、本日ヤマト便にて送ります。ありがとうございました。

2015 Mu SLX オーナー諸君、
慌ててNEW 105 買ってはいけません!



SLX と言えば、3で止まっていた船長の DAHON Mu SLX Di2

例の部品”テクトロVブレーキローラー”が何処にも無いって件。本日、輸入元のアキコーポレーションさんの営業が突然来店。新規お取引をお願いした次第。

IMG_6048
たかが、600円の部品一つ問い合わせしたのに、わざわざ大阪から来てくれんだ。凄い会社だね。



IMG_6050
頂いたAKI ワールドのカタログ。TRP のブレーキなんかも扱えるようになる。



IMG_6051

期待の”テクトロVブレーキローラー”在庫有りだそうだ!

船長〜! 少し進路が見えて来ました〜!