JKカーボンホイールを100mmから74mmにコンバートする

IMG_4190

JK カーボンホイールのフロントオーバーロックナット寸法100mm をDAHON / tern 用74mm に変換してみる。今のところ部品としての設定がないので、手持ちの74mm セットから入替。JK の取説によると「ハブは精密部品の為、分解・加工はしないでください」とある。何故だろう。


IMG_4191
Joseph Kuosac (ジョゼフ クゼ)  102.800円(セット)
Rim Size:20”(406)
Front Hub O.L.D.:74
Rear Hub O.L.D.:130
Rear Hub Type:Shimano / SRAM  8,9,10 Speed


Joseph Kuosac (ジョゼフ クゼ)  102.800円(セット)
Rim Size:20”(406)
Front Hub O.L.D.:74
Rear Hub O.L.D.:130
Rear Hub Type:Shimano Capreo

Joseph Kuosac (ジョゼフ クゼ)  102.800円(セット)
Rim Size:20”(406)
Front Hub O.L.D.:100
Rear Hub O.L.D.:130
Rear Hub Type:
Shimano Capreo


IMG_4192
ハブベアリングの分解は特に難しいことはないが、スポークを張ったままなので5mm 全ネジボルトをプーラー代わりにして引き抜く。ハブボディーは74 / 100mm ともに同じようだ。



IMG_4193
構成部品はご覧の通りで、シャフト両端とカラーの長さが違うだけ。




IMG_4195
         上は74mm で下が100mm



IMG_4196
シール部に EZO  6000RU  JAPAN と刻印。日本のベアリングが使われていた。EZO を調べると「北日本精機」と、知らなんだ。(勉強不足)



IMG_4197
この辺りを見る上で重要なのは、どの部品が一体となっているかであって、先ずベアリングのインナーレース、シャフト、カラー、フォーク、クイックシャフトが一体となり固定。ベアリング内で回転するボールの外側アウターレース、ハブボディーが一体となって回転しています。



さて組付けですが、非常に回転の良いハブなので、ここでも気を使わなければなりません。

IMG_4200
ベアリングを正確に圧入するためにシャフトとカラーをジグとして使いたいのだが、これではカラーの段差(これが無いとアウターレースも一体になってしまう)が、インナーレースを押してしまうことになります。嵌め合いがきついのは寧ろアウターレースの方なので出来れば平らな面で同時に圧入したい。


旋盤加工が出来る人であれば、すぐにピッタリサイズの物を製作してしまうのですが、旋盤などうちには有るわけでもなく、それを使う技術もないわけで、そこらのものを探すのです。

            偶然のドンピシャ!

IMG_4198
   ピスト用のBAZOOKAのチェーン引き発見!



IMG_4199
a' はシャフトを微妙にスルー出来る大きさの穴。b' はカラー外径とほぼ同じ」で、



IMG_4203
ハブボディーにストンと入る大きさ。こんな事ってある?



IMG_4202
  完璧です。こうゆう事がメチャ嬉しいのであります。




IMG_4204
5mm ボルトにナットを締めこんで行けば正確な圧入が出来ます。



IMG_4205
左右のベアリングは、収まるべくところまで確実に圧入出来ましたが、矢印方向に指で僅かに感じる、ダイヤルゲージでないと測れない微量なガタがあります。まー、シールドベアリングには元々ガタはあるが。


         おっと、見えてきたぞJK!

IMG_4206
最後にカラーをセットして完成だが、位置決めの芋ネジが付いています。



IMG_4207
この芋ネジを締める前に一度フォークにセットし、何時もより軽い感じでクイックを締めます。



IMG_4208
この状態で芋ネジを締める。これでベアリングに軽いプリロードが掛かったわけです。



IMG_4210
ガタは完全に消えました。インナーレースを挟みこんだカラーは芋ネジにより固定されてますから、クイックの締め付け加減でプリロードが変化しないわけです。



IMG_4211

      最高の回転。JK なかなかやるなー!

           角さん、出来たぜ!