KIMORI COLOSSUS ”Single Speed”(組立編 5)

それでは、今までのキモリコロッサスとは全く違ったフォルムを魅せるKIMORI COLOSSUS ”Single Speed”をご覧ください


DSC_0027
(画像クリックで拡大)

何でしょう、この高次元でバランスする佇まい。700Cフルサイズピストであればフレームサイズ580は有りそうな縦横比。今まで見てきたコロッサスの中で一番理想的な形に見える。しかもホイールサイズが451になった感覚すらある。


DSC_0028
DSC_0030
何か、ジョン・ブリッテンに匹敵するものが。(何んじゃそれ)



DSC_0035
DSC_0027
もちろんステムの角度でもホイールベースが変わって見える。


でも、それだけじゃ無いはず

DSC_1475
では、同じフレームサイズのぼくのコロッサスと何処が違うのだろう。



IMG_4108
やはりトラックエンドのシングルリヤアームの方が若干長かった。(メッキリヤアームが極端に短く見えるのは、ロードのエンド幅130mmとトラックハブ120mmのはさみ角の違いによるもの)



IMG_4110
プッシュロット(シートステイ)の長さは同じ。ただブレーキキャリパー取付のブリッジが、より低い位置となっている。

DSC_0034
DSC_0033
ショートリーチのキャリパーがセット出来る高さに変更されているんだ。「木森さん黙って進化させてますね」 しかし、プッシュロッドが同じで、リヤアームが長いということは、リヤセンターが長くなり、BBが下がる。そして全体的に後ろ下がりに。ん〜解らん? 木森さん、何故このフォルムになるのか教えて下さい!


DSC_0036

法が許すならば、ノーブレーキにバーテープも巻かず、このまま乗りたいと強く思う

やっぱりKIMORI は楽し!