”オッサン”のコロッサスがピンチ

「ハンドルを切ると音がすんだよねー」と”オッサン”がやってきた

IMG_3068

元々、ロックナットのスパナの掛かる面をピロ側で調整して水平にしないと当たってしまう位のクリアランスでしたが、今では、エアーを目一杯入れてサスが全部伸びた状態ですと完全に干渉してる

アッパーアーム側のインナーチューブクランプの位置を下げればロアーアームが上を向いて、クリアランスは大きくなりますが、インナーチューブに位置決めのサークリップが有るということは、調整不可か?

となると、フォークの伸び側の限度を決めているのは、シリンダーの中身だな。


IMG_2479
確かにギコギコいってる。



IMG_2453
フロントサスアウターチューブ底と、ピロロックナットが干渉している。



それではコロッサスのフロントサスペンションオペを行う

IMG_2480
ハンドルバーはステムに付いたまま外し、フロントブレーキキャリパーのみ外して何処かへヨッコしておきます。



IMG_2481
まずは、フロントフォークとダンパー下側の分解。貫通しているボルトナットを外し圧入されているブッシングをスライドハンマーで引き抜きます。
スライドハンマーは木森さんお手製で、M6の長ボルトに削りだしたウェイトを通しただけの簡単なもの。
だがこの作業が実に楽しい。往復運動でウェイトをボルトの頭に向け何回か叩くと気持ち良く抜けてきます。
実に気持ちいい。ここ暫く往復運動をしてないもんで・・・。
やべ!早くも木森さん口調になってきてる。



IMG_2483
ピロボール下のボルトを抜けばダンパーとリヤアームは分離します。



IMG_2489
これがダンパー下で、いつも多大な仕事をしてるピロボールさんです。



IMG_2484
次に、アッパーアーム側のチューブクランプ(すいません木森さん、勝手に部品の名前付けて。ですがパーツリストもマニュアルもないもんですから。以下同じ)を外しますが、これ注意アレンキーが撓るとアッパーアームを傷つけます。実は、ぼくもやってしまいました。
”オッサン”に見つからないよう速攻タッチアップです。



IMG_2485
これでチューブクランプとカラーが抜けてきます。



IMG_2978
一体型に見えて実は二分割。三つの穴が後でいい仕事するんです。



IMG_2492
外れたダンパーユニットはインナーチューブを引っ張っただけで分離してしまいました。
これでは伸び側の制御が出来てないことになります。
アウターチューブは手でネジ回しただけでここまでばれたんですが、複雑そうな内部構造が全く把握できません。

多分、特殊工具(どうせ木森さんの手作りで売ってるはずもない)も多用しそうだし、やってみたかったが、木森さんに委託することとしました。

内部構造が知りたかったのと、作業工程を見てみたかったのもあり、木森さんに写真と解説をメールで送ってもらうようお願いしました。


IMG_2976
そしてこれが、リビルトされてきたダンパーユニット。インナーチューブには特殊コーティングが施されている。



IMG_2977
傷が付いていたダンパー下部もマシニングで綺麗に削り取ってくれてました。
分割出来るダンパー下部はロアーアームとフォークを支持するためのムクな部品なので構造的には何の問もありません。



IMG_2981
下が位置決めの為にインナーチューブに切った溝に嵌っているサークリップ。
上はベアリングユニット(またも命名してしまった)内のCリングに密着するスペーサー。
スペーサー下側にはサークリップが嵌まり込む加工が施されてサークリップを包み込み外れ防止になっている。流石は木森さん、抜け目ない。



IMG_2980
これがベアリングユニット。Cリングの奥に特殊なベアリングが2ヶ収まっている。これが普通の自転車のヘット小物で言うところのアッパーベアリングで、ロアーがピロボールとなる。



IMG_2982
インナーチューブをベアリングユニットに挿入。
しっとり、ぬるっと入って行く感触に性度の高さを感じる。
精度だろう、また木森さん口調になってしまった。



IMG_2993
スペーサーを入れます。これは下のベアリングユニット内のベアリングインナーレースに密着する。



IMG_2991
ロアーアームを取り付けます。ここは、フレームサイズSの場合、ボルトの頭とタイヤのクリアランスが少ないのでスプリングワッシャーは使えないので、ボルトにはネジロック剤を塗布します。
セッティングが変わったのか、アウターチューブのキモリマークが横を向いてしまっています。



IMG_2992
ちゃんと張り替え用ステッカーも送ってくれてました。
HAND   MADE   BY   T.KIMORI



IMG_3069
次にアッパーアームを取り付けますが、もう一度チューブクランプをご覧下さい。
例の三つの穴はイモネジだったのです。



IMG_3070
イモネジを締めこむと下に突き出てきます。



IMG_3071
チューブクランプをインナーチューブに挿入しようとするが、トップキャップとの精度が良すぎてかじりそうです。解っている木森さんなら「えいやっ」と入れてしまうんでしょうけど、ここは慎重に。



IMG_3072
ここで裏技、ステムにドロップバーを通すときに編み出した技です。
左から入っていたボルトを抜き、右から入れます。右には雌ネジが切ってあり、左はバカ穴です。



IMG_3074
スリットの隙間にバカ穴をふさぐための薄口スパナを入れ



IMG_3073
ボルトを締めて行くと開くわけです。



IMG_3083
ベアリングユニットとスペーサー、チューブクランプを手で密着させます。
この時ユニット内のサークリップやCリングを所定に位置に落ち着かせるためダンパー下部をゴム八マーなどでコずくと良いでしょう。
後にチューブクランプボルトを締めます。フォークは、「誰か持っててー」て感じです。


ここがみそ!

IMG_3084
Bのクランプボルトを締めるとAのインナーチューブとCのチューブクランプが一体化します。
D、Eは手で押し付けただけなので接触はしていますが一体化はしていません。
ここで3本のイモネジを締めて行くとカラーDを押し、カラーはベアリングユニット内のベアリングインナーレースを押し、インナーレースがスペーサー、サークリップを押し、Eのユニット本体以外のパーツが一体化されるのです。
3ッのイモネジはスターファングルナットを締めるトップップキャップボルトとなり、ベアリングにもプリロードを掛けていたんですね。KIMORI 恐るべし!



IMG_3087
ダンパーにフォークをセットしますが、特殊工具は5mmのボルトナットだけ。



IMG_3085
ブッシングにグリスを塗布します。



IMG_3086
これも以前に書いたが、素晴らしいアイデアで、先細りの先端により正確な位置合わせをしなくとも、指で半分まで入ってしまいます。これがストレートだったら2ヶ入れるのに半日掛かるでしょう。



IMG_3088
特工ボルトで圧入していきます。



IMG_3089
奇麗に入りました。実に気持ちいい・・・あっもうやめとこ
中に見える雌ネジはスライディングハンマーをセットするM6。
本来のM5ボルトナットをナイロンワッシャーを挟んで取り付けます。
可動部なので締めすぎ注意です。故にナイロンナットを使っています。



IMG_3090
組付け終了。



IMG_3091
エアサスポンプでエアーを注入して行くと、いきなりズボーっとサスが伸び、ターミネーターが復活したようでカッコいいです。



IMG_3093

”オッサン”のコロッサスも復活!

明日火曜は定休日、明後日の【橋輪Blog】は、「コロッサスのダンパーユニットを分解する」です。木森さんの爆笑解説でお届けします