”MASI 俊樹”流学12日目(俊樹ビールにありつく)

林の中で寝たのは初めてじゃないか。
IMGP0274

自転車旅を初めて、いろいろなところで寝てきたが、テントを手にした今、寝る場所の選択肢はかなり広がったように思える。
と言っても、日本に帰ったらどうせまた道の駅に泊まるから結局今しか使わないんだろうけど(笑)


今日は楽しみが一つある日だった。
目指すはOxford.
ここからあと60kmくらいだ。

天気も良く、太陽までもがオレを祝福しているかのようだった。

そう、酒が飲めるのだ!!!!

                いいね!

Oxfordには冬に草加であった「大学のテスト終了記念飲み会!」的なところで友達になったオバラが留学してきている。

寮に住んでいるから泊められないけど酒くらいは奢ると言われ、尻尾を振って走ってきたのだ。

一回しか会ったことないのになんていいヤツなんだ☆

と、いつもより休憩回数もぐっと減らし、走りに走って14時前に到着。

まずは宿探しだ!と街に繰り出すが、週末ということで安宿はどこも満室。

最初にいったバックパッカー宿に教わったホステルを訪れた時は、「あのー、今日部屋あります?」と訊くと、「んーと、えーっと、すいません、ここ女性専用なんです」
と言われだいぶ恥ずかしい思いをした。どうりで回りに女しかいないわけですよ!


結局街に戻り、マックの前でWIFI乞食をしてオバラと連絡を取る。
金がものすごくとられそうだが、だんだんイライラしてきたので電話を掛けるも出ない。

もう酒とかどうでもいいから先いこうかな。と思ったが、かれこれ二週間近くも酒を接種していないのでこのチャンスを逃したくはなかった。

大学までの道のりを通行人に聞き、大学を目指す。
が、ラストチャンスで電話を掛けるとようやくつながった。
とりあえずマックまで迎えに来てもらい、約半年ぶりの再会を果たした。


が、頭の中はとにかくビール、ビールで何を話したかは今となっては全く思い出せない(笑)


寮につくと、とりあえずシャワーを浴びさせてもらい、一張羅に着替えてコインランドリーに洗濯物を突っ込んでほかの仲間が待つところへ。

なんでも日本人をはじめとするアジア人チームで週に一回くらいのペースで食卓を囲んでいるそうだ。
久しぶりに大勢と日本語で話せる!しかもビールのお供はすきやきですって!


浮かれながら入室、そしてとりあえず自己紹介して、軽く話をしながらビールとすき焼きを待つ。
みんないいヤツばかりでとくに緊張とか気をつかったりされることもなかった。

居心地もいいけどビールまだぁ〜?


30分ほどしてついにすき焼きも完成、待ちに待ったビールを一気に飲み干す!
ひゃーっ!たまんねぇ!!
Oxford univ

肉とビールがあるだなんてなんて幸せなんだろう。

みんな話をしながらゆっくりと食ってる中ひたすら飲むオレ。
ひさしぶりのすき焼きもちゃんと日本の味がしてうまい。

結局、5本ほど飲ませてもらい、片づけをして一同公園へ。

星を見る会と称し、芝生に寝転ぶ。
oxford univ 2
946208_399757776796439_975284080_n[1]

夜風が火照った頬に心地好い。
1484_398612116911005_923899575_n[1]

なんて素敵な夜なんだろうか・・・・。

(流学12日目 〜Oxford 走行距離76km)

       明日は、遂にロンドン到着