SRAM  RED で常識外れのフロント60 / 42T を変速する

フロントアウターギヤを55から60Tへと変更したtern Verge X20
60T のどデカいギヤの頂点から落下したチェーンは42T のインナーギヤにかするもシフトダウンの度に落ちてしまう。
「現行REDのチェーンスポッター付ならな」 絶対絶命かと思いきやいいのがあるじゃん。

         前回の記事は⇒こちら


IMG_2260
         TOKEN   Chain Drop Catcher       2.100円
                  カラー:ゴールド / レッド / ブラック   


IMG_2261
  重量僅か6g ながら頼もしいヤツ。質感もいい。




IMG_2262
取付方法はデレィラー取り付けボルトに共締めするだけ


       こいつは、いい仕事します

IMG_2269
シフトダウンの度に90%チェーン落ちしていたのが100%落ちなくなった

良かった、チェーン落ちの問題はあっさり解決。だがもう一つ大きな問題が。アウターへの変速がまず良くない。どんなに調整しても、たまにサッと上がる時もあれば殆んどがガサガサいいながら5秒以上かかってやっと上がる始末。一般的にアウターとインナーの歯数差は16までと言われている。ま〜18もの差があり、元々無理な話ではあるが、これではシフトアップの度にストレスが溜りまくりだ。



トリム機構をシフトアップ側にフルに使った究極のセッティング

IMG_2267
           フロントはアウター



IMG_2264
             リヤはトップ



IMG_2265
          リヤをローにシフト



IMG_2270
フロントをインナーへ。デバイスのお蔭で何の心配もなく。



ここからは、ディレーラーのインナーケージを、より多く外へ動かすセッティングです

IMG_2273
インナー、ローの状態でシフトケーブルは緩めておきます。この状態でロー側のアジャストスクリュウを調整し、チェーンとインナーケージの隙間を0mmとします。(若干触っている感じ)この位置でシフトケーブルを固定。



IMG_2275
次にクランキングしながらシフター側のアジャストスクリュウを緩めケーブルにテンションを掛けていきます。



IMG_2276
どんどんケーブルを張って行くとチェーンとインナーケージの競り合い音が大きくなります。そこから元のサラサラ音のところまで、今度はアジャストスクリュウを締め込みます。これでシフターの遊びは0となります。


          さてアウターへ

IMG_2268
インナーケージに、より強く押し付けられたチェーンは、なんのストレスもなくサクッと上がってくれました。



         ここでトリムの出番!

IMG_2271
だがインナーケージは変速が終了しているというのにザラザラとチェーンに押し付けられたままです。

IMG_2272
ここでダブルタップレバーのトリム(レバーの小操作で、ちょとだけ動かせる機構)をパチリ。インナーケージがチェーンから離れます。



IMG_2262
       最後にフロントアウターのまま



IMG_2264
            トップに入れ




IMG_2274
  トップ側のアジャストスクリュウを調整しますが




IMG_2263
アウターケージとチェーンの隙間が1mm以内であれば、あえて制御せず、締め込んでボルトの先端がディレーラーのボディーに当たるか当たらないくらいで、止めときます。ここでセオリー通りに詰めてしまうとシフターの操作感が重いものになってしまいます。

           出来ちゃったかな!

アウターへの変速の後、トリム操作が必要となりますが、
                     それはそれでマニアックか?



※ tern から重要なお知らせ⇒http://www.ternbicycles.com/jp/