こんばんは。

火曜日担当藤井です!


実は今日、社長の計らいでこんなところに連れてっていただきました。

ohtonerunway

↑ ランウェイです!滑走路です!

そう、ここは利根川の河川敷にある「大利根飛行場」というところであります。

ohtone

ゴルフ場を突っ切ると、軽飛行機がズラリとならんでいるのが見えてきます。

こちらは敷地内にあるクラブハウス。川の水位が上がったときの対策として、床が高く作られていました。

ohtonehouse

ご存じない方も多いかと思われますが、実は橋輪の橋本社長は無類の航空機好き。(たびたびブログに飛行機ネタが登場することもありますが・・・。)

また、藤井は幼稚園の頃からずっと戦闘機パイロットになるのが夢だったこともあり、初めて社長にお会いしたときは自転車のことではなく飛行機のお話で盛り上がったものでした。

そして橋輪のサポートライダーとして乗らせていただくようになったからも、社長に会えば毎回のように飛行機のお話を聞かせてもらっています。

そんな中、「明日午後は久々飛行機乗りに行っか!」とお声かけいただき、自分はもちろん「是非連れてってください!」と即答・・・。

そして今日、念願の実機を前にした社長との飛行機談義が実現したというわけなのです。笑

DSC03834

大利根飛行場に着き、ずらっと並べられた軽飛行機を前に、一機一機、社長の詳しい解説を聞きながら食い入るように見入っていました。(蒸し暑さなんかも忘れていたw)

その中でも特に、僕が惚れ込んだ2機の機体の写真を載せさせてもらいます。↓

husky2

↓のセスナは社長もかなりの思い入れがあるらしい。。。

a150l

何かを「食い入るように見る」とはこういうことであります↓笑

DSC03880

左のドアには灰皿が内装されていて、年季の入った機体であるのが伺えますね。

DSC03883

しかしコックピットは肩と肩がぶつかるほど狭いのです。

DSC03885

チェック柄のシートがツボでした。

DSC03882

これら↑はすべてセスナの中の写真です。あー、説明不足だ・・・汗


また、師匠↓は飛行機の「脚フェチ」ということで、車輪についても相当詳しいお話しが聞けました。

huskywheel

気付けばSDの中は車輪の写真ばっかり・・・。

DSC03865

これ自転車屋のブログに張り付けてどーすんだ?と思われますが、バイクのサスと比べるとなかなか面白い仕組みになっているのです・・・。

150

と、全機見終わったところで夕方に。

今日実は当初の目的だった「飛行機に乗る」というのは出来ずに終わってしまった・・・!泣


またの機会には是非乗りたい!


ということで、荒っぽくも今日社長と過ごした「リアル橋輪定休日ブログ」でした。

あー。。。

オレのレポートじゃ社長は満足しないだろうなーw


(と、振っておく。)


ではまた来週!