ボトルケージあれこれ

DSC_2080
   EXUSTAR カーボンルック    980円

「なるほど、あれを付けるとお水が積めるんだ」でボトルケージ買って取り付けたが?

DSC_2083

 出先のコンビニで買ったペットボトルがガバガバ・・・

DSC_3243

まして、折り畳み車の真横にしか付かないパターンは、ブレーキ掛けただけですっ飛んで行く!

そうなんです。普通ボトルケージとして販売されている物は、レースボトル(よくロードバイクの人が付けてるキャップを外さなくとも走りながら飲めるボトル)専用でボトルの太さが74mm。それに対しペットボトルは63mmしかありません。

   「どっちも使えるのないの?」 「あります」

DSC_2084
左から
  TOPEAK  モジュラーケージ 供    1.180円
  TOPEAK  モジュラーケージ EX             800円
  TOPEAK  モジュラージャバケージ   1.500円


DSC_2097
      TOPEAK  モジュラーケージ EX          
  
DSC_2095
 こちらは74mmボトルから53mmの缶コーヒーまで対応

DSC_2087
      黄色のノブを緩めて調整します




DSC_2088
      TOPEAK モジュラーケージ 供  

02570a34-s[1]
  底にあるボタンを押して伸び縮み(63mm〜74mm)


              お詫び

02570a34-s[1]
以前これを販売した何人かの人に、「このダイヤルを回して幅が調整できます」って嘘教えちゃいました。

           すいませんでした



DSC_2096
     TOPEAK  モジュラージャバケージ   
  太さと高さも変えられてタンブラーにも対応します


  「そうなんだ、でももう買って付けちゃったし」

    「オレ、ペットボトルしか付けねーし」


      明日は、そんな人のために