コロッサスなサスペンション

DSC_1441
今日は、フロントサスペンションの作動を検証する。



DSC_1438
フロントまわりに特殊な測定器具を装着されたコロッサス。



DSC_1431
どの部品が一体化していて、どの部分が動いて、どの部分で支持してるかを見極める事が大事。
今、ハンドルが真っ直ぐな状態で赤いラインを引く。



DSC_1433
ショックアブソーバーのボトムの部分に付くピロボールと取付ボルトにもライン。


ハンドルを左にきると


DSC_1435
Aのパーツと下のピロボールで支持しているのが解る。
それ以外のパーツは一体になって回っている。


DSC_1436
Aの部品にはベアリングが仕込まれていて、フレームに支持されるも、インナーチューブ(黒く見えるシャフト)とは回転できるようになっていて、かつ上のアッパーアームの取り付く部品とも上下に首振りは、しつつも一体になっている。

「だんだん難しくなってきたっぞー」 「皆さんちゃんと付いて来て下さいねー」

「てーか、説明のしかたが悪いんじゃねー」

ハンドルを切るとどうなるか、ハンドルバーはステムに止まってて、ステムはインナーチューブを摑んでる。

アッパーアームの取り付く部品もインナーチューブを噛んでいるのでハンドルの切れ角と同じに動くアッパーアームがフォークを曲げることになります。

航空機に使われるオレオサスペンションと同じです。



次にストロークです

コロッサスはエアースプリング(コイルスプリングは重いがエアはタダ)と減衰装置にオイルダンパーを使用しています。

エアサスなのでバルブからエアーを抜いてしまえば簡単にストロークしちゃいますので作動確認ができます。

下の2枚の写真を見比べればアッパーアームとロアーアームが作動してストロークするのが一目瞭然で解りますが、実は、Aの部品も上下に動いてるんです。

スポークみたいに見える(いやスポークだ)特殊なデバイスで実験してみましょう。

(画像クリックで拡大)
DSC_1439
サスペンションが伸びきった状態で測定っすると105mmあります。

DSC_1440
フルボトムさせると95mm、と言うことはAの部品が若干上を向く、即ちサスペンションが後ろに倒れる。
したがってAの部品とフレームの接合部も稼動部分であることが解ります。


DSC_1442
実際にBBからクイック中心までの距離を測ってみましょう

サスペンション伸び:475mm

サスペンション縮み:458mm

フルストロークした時の方が短いと言う事はキャスターが立ってる。おかしいぞ!

さっき言った、「即ちサスペンションが後ろに倒れる」だとキャスターは寝るはず?

次回につづく

※木森さん なんか間違ってたら恥かないようメールでこっそり教えといて。