DAHON / tern 用超軽量アルミホイールの SALE【橋輪Blog】

DAHON / tern 用超軽量アルミホイールの SALE!

カーボンホイールより軽い DAHON PRO / Kinetix PRO 10 Speed ホイールの SALE です。なお最新の DAHON PRO ホイールは、11速対応のブラックとシルバーのラインナップ、Kinetix PRO ホイールについては、現在生産中止となっており入手困難となっております。

IMG_1428
Kinetix PRO(キネティックス・プロ)アルミホイール前後セット
20”(406) 74 / 130mm  Shimano 10 Speed レッド
(DAHON / tern 用)

IMG_1430
IMG_1431
フロントエンド幅 74mm。ハブは、american classic。

IMG_1432
IMG_1433
リヤエンド幅 130mm。フリーは、Shimano 10 Speed。

IMG_1444
スキュアー付属。

IMG_1446
ロゴは、Kinetix PRO です。




IMG_1435
DAHON PRO(ダホン・プロ)アルミホイール前後セット
20”(406) 74 / 130mm  Shimano 10 Speed ブラック
(DAHON / tern 用)

IMG_1440
IMG_1437
フロントエンド幅 74mm。ハブは、ハブは、american classic。

IMG_1439
IMG_1438
リヤエンド幅 130mm。フリーは、Shimano 10 Speed。

IMG_1444
スキュアー付属。

IMG_1436
ロゴは、DAHON PRO です。


各1セットの限定となります。

20% OFF の 37.520円(税別)でお願いします!


20インチ(406)フルカーボンホイールの SALE!【橋輪Blog】

20インチ(406)フルカーボンホイールの SALE!

高性能ハブを搭載するJOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)20インチフルカーボンホイールセットの SALE です。

IMG_1416
JOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)フルカーボンホイールセット
20”(406) 74 / 130mm  Shimano 10 Speed ブラックロゴ
(DAHON / tern 用)

IMG_1418
リムハイトは38mm。

IMG_1419
クリンチャーのフルカーボンリム。

IMG_1427
クイックセット、、カーボン用ブレーキシュー付属。

IMG_1417
フロントエンド幅 74mm。

IMG_1420
リヤエンド幅 130mm。フリーは、Shimano 10 Speed。




IMG_1422
JOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)フルカーボンホイールセット
20”(406) 100 / 130mm  Shimano 10 Speed ブラックロゴ

IMG_1423
フロントエンド幅 100mm。

IMG_1420
リヤエンド幅 130mm。フリーは、Shimano 10 Speed。




IMG_1422
JOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)フルカーボンホイールセット
20”(406) 100  / 130mm  Shimano Capreo ブラックロゴ

IMG_1423
フロントエンド幅 100mm。

IMG_1425
リヤエンド幅 130mm。フリーは、Shimano Capreo。




IMG_1424
JOSEPH KUOSAC(ジョゼフ・クゼ)フルカーボンホイールセット
20”(406) 74  / 130mm  Shimano Capreo ブラックロゴ
(DAHON / tern 用)

IMG_1417
フロントエンド幅 74mm。

IMG_1425
リヤエンド幅 130mm。フリーは、Shimano Capreo。



以上、4バリエーション各1セットの限定です

80.000円(税別)でお願いします!



DSC_6139

20”(451)モデルは、⇒ こちら


tern SURGE PRO に最高のハブを【橋輪Blog】

tern SURGE PRO に最高のハブを


IMG_1399
GOKISO クライマーハブ S-spec 269.000円(税別)
ホール数指定アップチャージ 20.000円(税別)

GOKISO に16ホールで特注していたクライマーハブ S-spec が出来上がってきました。こちらを tern SURGE PRO に組み込みます。

IMG_1401
スポーク長を算出し、安価なシルバースポークを製作。仮組して OK だったら本ちゃんスポークを製作します。


DSC_6553
装着するのは、以前紹介した Shimano 9100 DURA-ACE フルコンポーネントにアップグレードした SURGE PRO です。


DSC_6555
DSC_6556
DSC_6557

魅力は、アップグレードしたパーツが全てブラックで、さり気ないんですけど凄いってところか。改造費は、DURA-ACE アップグレードで約320.000円。今回の GOISO アップグレードも約320.000円だから総額810.000円の SURGE PRO となりました。

K さん組み上がりました! 静かなラチェット音とサスペンションが付いたようなシルキーな乗り心地をお楽しみください。

tern SURGE PRO 2018年モデルの SALE は、⇒ こちら


”オッサン”のガレージセール【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール

DSC_6559
2013 LAPIERRE CROSS CARBON  336.000円
(アルテグラコンプリート完成車)

”オッサン”のガレージセールは、2013年モデルのラピエール、カーボンシクロ、アルテグラコンプリート完成車です。

DSC_6560
DSC_6561
DSC_6562
DSC_6563

車体の詳細は、⇒ こちら



DSC_6565
DSC_6566
DSC_6567
オリジナルのカンチブレーキからディスクブレーキに変更しています。



DSC_6564
完組ホイールは、Shimano WH-RX31。



DSC_6568
TIOGA カーボンドロップ装着してあります。



DSC_6570
スペアホイール Shimano WR-RX010 も付けちゃいます。(どちらのホイールも11速対応のディスク仕様)



DSC_6571
DSC_6572




DSC_6569

フレームサイズは、51cm。ほぼキズなしのクリーニング済です。

198.000円でお願いします!


Dynavctor DV-1 2号機を組む(その5)【橋輪Blog】

ホイールは、HED JET 17 に決定!

IMG_1415
HED JET 17

17インチ仕様の DV-1 には、HED JET 17 を装着します。普段は、20インチを多く扱っていますが、17インチですとギヤ比を更に大きく取らなければなりません。最終決定は、ライダーの脚力によりますが、タイヤサイズが変わるとどれくらいの違いが出て来るのか? タイヤサイズは変えなくともクランクセットを含むコンポーネントを変えたいがチェーンリングは何 T まで上げられるか? などと考えておられる方にも参考になるあの記事を振り返ってみましょう。


よってチェーンリングは、62T のビックシングルとします。さて、パーツの発注だ!

次回につづく、

Dynavctor DV-1 2号機を組む(その4)【橋輪Blog】

サスペンションフォークを組む

フォークを組む前に以下(写真3点)の下準備をしなくてはならないが、こちらはダイナベクターモールトン研究室で DV-1 組立講習を受けた際、作業済みであります。

DSC_3330
フォーククラウンレースカット。



DSC_4478
BB シェルのネジ山再修正。



DSC_4480
ヘッドパイプのフェイシング&リーミング。



IMG_1366
TANGESEIKI FL250C イタリアン SL  3.800円(税別)



IMG_1369
上ワンの組み付け。



IMG_1371
下ワンの組み付け。



IMG_1395
カートリッジベアリングとスレッドフォークを組むと上玉押しとロックナット隙間が4mm 開いてしまう。タンゲヘッドセット付属の回り止め付きワッシャーは使えないし厚さもない。1インチのヘッドスペーサーなんてある?


IMG_1373
これが在庫あるんだな〜!



IMG_1404
DIA-COMPE A ヘッドスペーサー 1” 2mm  230円(税別)
1インチのアルミ製ヘッドスペーサーで、2 / 5 / 10mm のバリエーションでブラックとシルバーが選べる。今回は、2mm のスペーサーを2枚使用。

IMG_1408
ほらね綺麗に収まったでしょ。



IMG_1409
フォークスプリングのプリロード調整は最後に回して、



IMG_1410

これでフォークの組み付けは完了!

明日は、パーツのチョイスを

Dynavctor DV-1 2号機を組む(その3)【橋輪Blog】

ラバーコーンの取付

IMG_1322

モールトンでソリッドタイプのラバーコーンでは、シートチューブにあるカップの穴に合わせてラバーコーンにネジ穴を開けなければならない。何故にこの工程を省いてくるのか? スーパースムースな動きをするフロントサスペンションに合わせるべく硬度を調整し、日本で製作された DV-1 のラバーコーンでも同じだ。ここは一つ神経質位に慎重に進めたい。

IMG_1321
モールトンでも長年そうであるが DV-1 もこれに習い取付にはタッピングビスを使用している。(モールトンは、4本止めで DV-1 は、2本止め)ところがこの作業が一番嫌いで、勿論セルフタッピングなのでタッピングのネジを立てるタップなんてのも見たことない。よってギリギリの下穴を開けてタッピングビスをドライバーでねじ込んでいくのだが、相手が木材ならともかくアルミなもんでとにかく固い。そのうちドライバーが滑って指に刺さり流血する始末。ねじ込みを容易にするために大きめな下穴を開け、ドライバーを押し付ける力を抜いてしまうとアルミがズルッと舐めラバーコーンがパーになる。


IMG_1323
フレームの穴は、3.15mm なので、



IMG_1319
M3 のキャップボルトで取り付けてみたい。M3 では、極細ピッチの0.5となるが、圧縮方向には力が掛らず、要は荷重が抜ける際ラバーコーンが離れなければ良いわけで事足りると思われる。上は、付属するマイナス頭のタッピングビス。とてもじゃないがマイナスドライバーではねじ込めない。


IMG_1324
ロストワックス製法で作られたフロントディレーラーブラケット。



IMG_1325
今回は、フロントシングルで行くのでリヤアームを取り付ける前に外してしまいます。



IMG_1329
先ずは、カップとラバーコーンを密着させるためにラチエット式のタイダウンロープで締め上げます。



IMG_1331
完全に密着しました。



IMG_1332
マジックインキでマーキング。



IMG_1333
直径2mm ほどのマーキング黒点の真中心にポンチマークを打つのは難しく、小さなキリ、1mm ピンバイス、極細ポンチの順で進めた。ハズキルーペが欲しくなった。


IMG_1334
穴を開ける前にもう一度確認のためタイダウンを締め上げた。



IMG_1336
右側を見ると、おおピッタリ中心。このまま1mm ドリルで貫通させた。



IMG_1338
1mm のキリを差して直角度を見る。いい塩梅かな。ところが反対の左側を見ると微妙にずれている。これはいかん。そしてポンチマークを打たなくともドンピシャセンターに穴を開ける方法を思いついた。


IMG_1339
それは全行程をタイダウンで締め上げて一体にした状態で全ての作業をするやり方で、先ずカップの3.15mm 穴をガイドとし、3mm ドリルでラバーコーンのアルミ側に僅かなすり鉢状の谷を作る。


IMG_1340
今度はその谷に1.5mm ドリルで穴を開ける方法。



IMG_1341
これなら老眼のぼくでも確実にセンターに穴が開く。



IMG_1342
垂直度を確認して斜めだったら修正。



IMG_1343
2.5mm の下穴まで広げる。



IMG_1344
そこにM3 のタップを立てる。



IMG_1345
綺麗なネジが立ちました。



IMG_1346
オーバートルクは禁物。



IMG_1347
出来たけど・・・



IMG_1358
カッコ付けたキャップボルトを選んだのでちょっと引っ掛かるな。



IMG_1360
怪我の原因となるので普通のステンM3キャップボルトに交換しました。



IMG_1362

色々とやってみるべきだね、勉強になりました。


Dynavctor DV-1 2号機を組む(その2)【橋輪Blog】

ヘッドバッチ & ラバーコーン

ヘッドバッチ & ラバーコーンの取付だが両方とも位置決めが難しい部品。思いっきり横着したのと慎重すぎる作業工程を見て頂こう。

IMG_1314
オーダーを受けた時の希望によりヘッドバッチをプロトタイプのものに交換する。リベット止めされたヘッドバッチを外すのは難儀かと思われたが、


IMG_1315
フォークを組む前なのでヘッドパイプの内側から抉ったらあっさりと外れてくれた。



IMG_1317
外れたヘッドバッチとリベット。パーカー鋲と呼ばれるものでスクリュー釘のようなもの。プロトタイプのバッチとは厚みが全然違うので長めのパーカー鋲を入手しなければならない。モノタロウなどで簡単に入手可能で値段も1.490円ぐらいと安価だが最低パックで1000個入り。


IMG_1363
これがプロトタイプのヘッドバッジで今後の入手は不可能。量産タイプのアルミ製(0.66mm 厚)ではなくメダルのような厚み(0.95mm)のある真鍮製だ。寸法的には同じなので2枚重ねてマーキングすれば60mm ピッチの穴が開けられる。だが二度と入手できないバッジに穴を開けるには勇気がいる。


IMG_1365
なわけで横着させて頂きます。鈑金塗装屋さんが使うエンブレム装着用の極薄強力両面テープであります。


IMG_1368
あれ、セラコートってステッカーが貼れないんじゃなかったっけ?意外と付くんですねこれが。hasirin ステッカーもこの通り。


IMG_1367

実はこのバッチ薄手の両面テープでは貼り付けできなかった。長手方向に微妙に反っていて厚手の 3M の両面テープを中央部分だけ除いて何とか張り付けた。1mm 近い厚みの真鍮のバッチは非常に硬く、この反りを直しヘットパイプに密着させて正規にリベットで止めたいなら徽章(きしょう・優勝カップなどの製作)屋さんに依頼するしかないだろう。それも年老いた職人さんがいるようなところで。


IMG_1322

明日は、ラバーコーンの取付を

Dynavctor DV-1 2号機を組む【橋輪Blog】

ほろ酔いの妄想

DSC_6491

Dynavctor DV-1 の2号機の組み立てに入る。カラーは、サンドグレーで仕様はお任せコースであります。任せられるとこれまた楽しみの一つで、どんな感じに仕上げようかと考える。晩酌中零時を回る頃か、グッドアイディアが浮かんだ「これはカッコいいぞ〜!」

371b3c67
”オッサン”の1号機ネイビーのフレーム。テンションスポークに被せられたピンクのシュリンクチューブに合わせたサドルとバーテープ。


b7cb143c
これは、ベストマッチが得られた。



IMG_0756
ASTVTE(アスチュート)SKYLITE VT 3.0 FLUO 30.500円(税別)



IMG_0757
ASTVTE EXTREME TAPS LUXURY BLACK 3.200円(税別)



IMG_0824
同じ色違いのパーツをイエローのダブルパイロンに合わせようとしたが、色が違い過ぎて断念。



IMG_1240
ストックとなった高額サドルを押し売りしようという気持ちも少しは(本当は大分)あったがサンドグレーには、蛍光イエローがドンピシャだと思った。このパターンを作り出すには何としてでもブラックのシュリンクチューブを蛍光イエローに変える必要がある。


IMG_1357
随分と調べたが、艶消し黄色はあるが、蛍光イエローの収縮チューブは見つからなかった。もうここまで来たら「収縮チューブ蛍光イエロー」ではなく「蛍光イエロー」で画像検索してみた。目がチカチカするなかスクロールを続けるとストローのようなパイプを発見!



a3205c2213
「スポークスキン」と言う商品でモタードなどのバイクのスポークに付けるのが流行っているみたい。カラーバリエーションも多く、70本入りで1.270円と格安!



IMG_1230
早速 Amazon で取り寄せてみた。



IMG_1232
これがスポークスキン。



IMG_1233
スリットが入っているのでそのまま巻きつける事が出来て簡単装着。だが半透明なので先端に突っ込んだ黒いハサミの先が透けてしまっている。



IMG_1237
別のスポークで試作したが、予め白の収縮チューブに被せてあげると鮮やかな蛍光イエローに発色することが分かった。これはいいぞ〜!


IMG_1239
取りあえず今の黒い収縮チューブに被せてみる。



IMG_1238
片側やってみたが〜? あれれれれ・・・・・・



IMG_1236
何だかまるで”おもちゃ”だこれ!



IMG_1241
危ない危ない!エスカレートして HED のロゴまでカッティングするところだった。

絶対カッコいいと思ったんだけどな〜? やっぱ酔った時の考えは、ろくなもんじゃーありませんね。改め真面目に組みまーす。高級車ですもんね。遊び過ぎてスイマセン。



このサドル、ピッタリ合う自転車ありますよ〜!

IMG_1356
2019 tern SURGE PRO デルタグリーン

押し売りしてら〜!

2019 FIJI Helion R & Kitt design TRI-SPOKE【橋輪Blog】

2019 FIJI Helion R & Kitt design TRI-SPOKE

昨日ご紹介した2019年モデル FUJI のミニベロ Helion R に、Kitt カーボンバトンホイールを組み合わせてみました。極細のクロモリフレームに対照的な面積を持つカーボンバトンが一際迫力を増しますね。ミントとのカラーマッチも抜群です!

DSC_6543




DSC_6544




DSC_6545




DSC_6546




DSC_6550




DSC_6547




DSC_6548




DSC_6549

やっぱカッコいいや!


記事検索
  • ライブドアブログ