”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” その2【橋輪Blog】

先ずは外見から眺めてみましょうかね

DSC_8850
Moulton TSR-9 FX  220.000円(税別) 完成車

先ずは外見から眺めてみましょう。カラーはモスグリーンって色です。そうそうKIMORI も同じですがスペースフレームは、真横から撮ってはいけません。若干傾けてトラスを見せねば。

モールトンのカラーサンプルは、⇒ こちら

DSC_8857
スペースフレームを表現するベストショット。



DSC_8853
マテリアルはクロモリでパイプメーカーは、レイノルズ。お城製のステンレスフレームとの違いはトラスに取ったギザギザ補強がパイプではなく細い棒だ。



DSC_8858
DSC_8860
DSC_8859
細身の鋼管パイプをヘットチューブ並びにシートチューブに巻き付けているのが特徴。



DSC_8819
ヘットパイプ上下付近に付くボルトは、フロントキャリア取付用。



DSC_8845
MOULTON BICYCLE のヘッドバッチ。



DSC_8834
Made in England が効いてますな。



DSC_8820
シートチューブ前側にボトルケージ取付ボルト。



DSC_8821
ダウンチューブ下にも。



DSC_8824
リヤサスは、ハイドラスティックではなくソリッドラバーコーン。



DSC_8841
ピボットをシートチューブに置きBBシェルごとリヤ三角がスイングするタイプ。



DSC_8842
こちらピボット部のアップ。ピポットボルトは、お城製の皿ネジではなくキャップボルトとなっている。どちらが良いのかは、分解してみないと分からない。


DSC_8843
流石は、実用車を製造するパシュレイ社、グリースニップルが付いている。(お城製では分解しないと給油出来ない)


DSC_8847
リーディングリンク式フロントサスペンション。



DSC_8837
ヘットパーツは、TANGE Tecnoglide。



DSC_8846
ステンレス製サブフォークと違いブロックを返して取り付くブレーキキャリパー。



DSC_8818
基本構造使用部品は、お城製と同じだ。



DSC_8814
ホイールサイズは、20インチ(406)。



DSC_8817
タイヤは、SCHWALBE DURANO 20×1.10(28-406).



DSC_8816
QUANDO KT-TECH のハブは、カップアンドコーンタイプ。



DSC_8815
ブレーキキャリパーはテクトロ。



DSC_8812
サドル:SELLE ROYAL VIPER



DSC_8813
シートポストサイズは、Φ31.8。



DSC_8809
ハンドルバーは、フラットバーが標準。



DSC_8810
アヘットタイプの可変ステム。



DSC_8827
ブレーキレバーもテクトロ製。



DSC_8839
DSC_8838
SRAM デュアルドライブシフター。



DSC_8822
STURMEY ARCHER のクランクセットは、ガード付チェーンリング54T。



DSC_8840
BB はスクエアーテーパータイプ。



DSC_8823
スイングアームに フロントディレーラー台座を用意。



DSC_8825
リヤディレーラー: SRAM DD3  9 SPEED。



DSC_8826
SRAM カセットは、11-32T。

ざっと外観の説明はこんなものか

明日は、粗捜しと行きましょうか



”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” 【橋輪Blog】

アレックス・モールトンはじめました

DSC_8845

”アレックス・モールトンはじめました” と書いてしまうと冷やし中華みたいになってしまいますが、モールトンバイシクル駆け出しのぼくには十分な覚悟のフレーズあります。毎度のことですがメーカーサイトを見る限り悪いことは一切出ていません。DAHON / tern の良い所悪い所を包み隠さず書いてきて(悪い所を書けない人は、その自転車と真剣に向き合っていないのだとぼくは思う)お店の信頼を掴んだようにモールトンも辛口で行こうかと思います。

DSC_8850
Moulton TSR-9 FX  220.000円(税別) 完成車

アレックス・モールトン博士のスモールホイールバイク構想は1956年に始まる。1962年には、お城の敷地内にアッセンブリー工場を建設。1983年にAMシリーズのスペースフレームが誕生し、1992年イングランド、ストラットフォードにある老舗自転車メーカー Pashley(パシュレイ社)がAPBモデルのライセンス生産を開始。このAPBが現行モデルのTSR へと進化した。

モールトンバイシクルのラインナップは、フラッグシップモデルのダブルパイロンをはじめとするNEWシリーズが3機種、AMシリーズが5機種で、これらが俗に言う”お城製”。そして写真のTSR-9 FX とこれの分割フレーム構造を持つ TSR-9 SP(どちらも完成車)がパシュレイ社でライセンス生産されるものだ。

良く耳にするのが、「おー!モールトンですね! あっ、これお城で作ってないやつですね」って言われちゃうパターン。1.800.000万円もするダブルパイロンからすれば、220.000円のTSR は安いかもしれないが、220.000円の自転車は高級車の部類に入るはずだ。これではあまりに可愛そうである。

でもって、ぼくのようなモールトン入門者にはピッタリのTSR-9 FX を研究用に買ってみたわけです。今後、”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” をシリーズ化してパシュレイライセンスモデルを詳しく検証して行きたいと思います。


実は、パシュレイ橋輪でも売っています!

DSC_2651
歴史は80年とあるが橋輪も80年あまりやってますからね。



DSC_2645
Pashley PARA BIKE   105.000円(税別)



DSC_2648
曲線を描くダブルパイプが特徴的なクラシックバイク。



DSC_2650
テールの外まで回り込んだ泥除けステーがミリタリーっぽい。



DSC_2649
DSC_2647
Sturmey Archer XRD5 の内装5段。



DSC_2655
ブレーキは前後スタミのドラムブレーキ。



DSC_2646
BROOKS B67 が標準装備する。



DSC_2653
何だかTSR と同じ匂いがしません?



DSC_2654
現在このパシュレイ・パラバイクは、あのQ-RINGS プロフェッサー T 氏がカスタムして乗っています。(こちらも面白いので何かの機会にご紹介したいと思います)



そしてぼくが、しばらく前から気になっているこれ

(画像クリックで拡大)


speed5-l1[1]
Pashley SPEED 5   220.000円(税別)



speed5-l2[1]
speed5-l3[1]
speed5-l4[1]

価格もTSR とぴったり同じだ!


S さんのガレージセール 2016 DAHON Mu P9 が売れて【橋輪Blog】

S さんのガレージセール 2016 DAHON Mu P9 が売れて

DSC_8732

S さんのガレージセール 2016 DAHON Mu P9 が売れました。遠方の方でしたので梱包して送りました。Sさんの委託でしたので売れても1円の利益も出ませんが、こんなご返事頂くと嬉しくなってしまいますね。

IMG_7033

【以下、購入者Hさんからのメール】

橋輪さま

本日、無事商品を受け取りました。先ず、驚いたのが、梱包がすごく丁寧な事でした。何台も宅配便で自転車を取り寄せていますが、橋輪さんの梱包は群を抜いていて、素晴らしいの言葉しか出ません。きっと、これが橋輪さんのスタンダードだと思いますが、流石だと思いました。
次に、早々と荷解きしてみましたが、新車同様の素晴らしいコンディションで、更に驚きました。

実は、Mu P9は2台目で、今、奥さんがオレンジを乗っています。
子供用のDAHONを探していた時に、Sさんのホワイトが目に留まり、ハンドルやカゴが奥さんのお買い物仕様にぴったり!という事で、譲って頂く運びになりました。ですので、子供にはオレンジの方を乗せようと思います。

Sさんの大切な愛車を譲って頂けて、本当によかったです。よろしくお伝えくださいませ。


てな、心温まる内容でした


IMG_7033 - コピー
バレンシアオレンジのMu P9 は、2015年モデルですね。見なれないホイールが付いていますが、


2015-dahon-folding-bikes-mu-d8-feature[1]
インターナショナルモデルのMu D8 用のようです。お次のパーツは、クランクセット、Vブレーキ、シートクランプと完全なるブラックアウトを目指して下さい。


他にもMu をお持ちだったようで

IMG_7066
何とMu が4台。ラインナップも素晴らしいが、ガレージも素晴らしい。(ガレージの中も覗いてみたい)Mu の流れるようなボディーラインがお気に入りだとかで、「特に斜め後ろから見た姿なんてサイコーで、それだけでウイスキー3杯いけます」とのことです。


IMG_7066 - コピー

Mu Elite レーシーレッドは、7900 DURA-ACE 組んでますね。ハンドルバーも変えているようなので解りませんが、コントロールテックのシートポストからして2014年モデルのようです。2016 Mu SLX チタンカラーは、これからカスタム予定でパーツ物色中とか。

家族で楽しむ DAHON 素晴らしいです!


最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修7!【橋輪Blog】

クランクケースブリーザーの製作

IMG_0930

クランクケース内に溜まったオイルを排出するブリーザーパイプだが、そのまま大気解放で外に出しても構わないのだが、機体がオイルでべっとべととなる。これを集合マフラーの出口に導き排気の圧力で拡散してやろうとの狙い。

IMG_0935
ホースバンドに真鍮パイプをロウ付する治具をスポークで作った。スポークの接地面が2ヶ所あるのがミソで、



IMG_0936
左右でロウが溜まるような角度に設置できる。



IMG_0937
最近得意となったロウ付。



IMG_0938
奇麗ではないが外れない程度に付けられるようになった。



IMG_0939
滑り止めの高温シールテープを巻いてセット。



IMG_0940
なかなかスマートではないか。



IMG_0952
カウルからちょこんと出た集合マフラーの出口。



IMG_0951
よさげでしょ。



IMG_0941
ラジアル3気筒と一目で解るレイアウト。



IMG_0943
穴から覗く冷却フィンがリアル。



IMG_0944
ここまで来るのに大変だった。



IMG_0945
古典機に合いそうなクラシカルな木製23インチペラを入手。



IMG_0946
金属カバーを鋲で打ったような塗装が施してある。



IMG_0948
そしてアルミむくのヘビーウエイトなスピンナーナット。



IMG_0949
凛々しい顔になってきたぞ。やはり大径ペラはカッコいい。



IMG_9837
仮組が出来るようになった昨日の火曜日にラジコンショップRC DEPOT に持ち込み見て頂いた。大型アクロ機から古典機まで何でも熟すデポNo.1 メカニックのMさん曰く、もうちょっと前重心でないとダメらしい。これだけ大きなエンジンを積んだのにまだダメか?


IMG_0955
図面からも解るように古典機の殆どが主翼より前が異常に短い。前重だと頭から突っ込んで来るがエレベーターアップで何とか対処できる。しかし後重だとコントロール出来ない。これは初フライトで終わるパターン。水平尾翼のエレベーターもサーボダイレクトで動かそうと思っていたが、より一層のテールヘビーになりそうなので実機通りワイヤリンケージで操縦席あたりから引かねばならないだろう。こりゃ〜また頭使うな。



IMG_0954

この写真には、エンジン(右端)と機銃(上)を繋いだケーブルが写っている。100年程前の工業界には、今の様なスピードメーターケーブルは無く、アウターケーブルの中身は鎖と思われる。その年代のモーターサイクル(インディアン)をいじったことがあるが、メーターに繋がる図太いアウターケーブルの中からグリスに塗れた鎖が出て来た。で、何でエンジンと機銃が鎖で繋がれてるかって話だが、翼端から発射するよりパイロットの正面に銃口があった方が狙いが付けやすいのと翼端では引き金に手が届かない。ここで問題となるのがプロペラで、一発撃った弾がまぐれでプロペラの間をかすめたとしよう。これが連射ではプロペラは木端微塵。そこでエンジンの回転と機銃のタイミングを合わせ、通過したプロペラと次に来るプロペラの間から発射したって訳であります。ダダダダダダ・・・・・・・・

IMG_9820

やっぱ、ここからBB弾発射できるまで頑張るか。いったい何時飛べるんだ?

やべ!今日は工作室こもる時間が無くなった。


”オッサン”のガレージセール XeNTiS SQUAD 5.8【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール XeNTiS SQUAD 5.8

DSC_8797

今日の”オッサン”のガレージセールは、オーストリア発のエアロダイナミクスを追求したカーボンホイールXeNTiS(ゼンティス)SQUAD 5.8 前後セットであります。当時価格は、290.000円、現在では380.000円の大変高価なホイールセットです。

DSC_8801
フロント



DSC_8800
 XeNTiS のホワイトロゴ。



DSC_8799
波型形状のクリンチャーりムハイトは、58mm で、ノーマルブレーキシューも使用可。



DSC_8802
タイヤは、SCHWALBE ULTREMO ZX。



DSC_8804
サイズ700×23。



DSC_8803
殆ど摩耗していません。



DSC_8798
クイックリリースは、前後とも付属しません。



DSC_8805
リヤ。



DSC_8806
発売当時は、10 Speed でしたが11速対応フリーに交換してあります。(フリー交換後未使用)



DSC_8796
ホイールバックも付いてます。

現金特価120.000円でお願いします!
※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません



先生のモールトン SUPER SPEED Di2 完成編 【橋輪Blog】

先生のモールトン SUPER SPEED Di2 完成編

昨年7月 KIMORI COLOSSUS HR の納車の際お預かりしたモールトン2台。その2台目の完成には半年以上の期間を頂いてしまいました。今日はようやくお披露目が出来そうです。

DSC_8760
仕上げのバーテープは、先生のリクエストでLizard Skins のレッドを選択。カーボンコンパウンドのブレーキシューも交換しておきましょうか。


DSC_8769
DURA のチェーンを装着。55T のチェーンリングでは、116リンクでめいっぱい。リヤセンターが460mm もあるモールトンは、700C フルサイズの自転車よりも50mm ほど長い。


DSC_8768
最新バージョンにアップグレードしましょう。



DSC_8765
SM-PCE1 からのケーブルは、



DSC_8767
STI の2番目のポートに繋ぎます。



DSC_8761
DSC_8762
各機器のアップグレードが完了。



DSC_8771
GOKISO ハブとBB に合わせた赤のバーテープでアクセントを付けて完成です。



先生、モールトン SUPER SPEED Di2 完成しました

DSC_8783




DSC_8772




DSC_8773




DSC_8774




DSC_8787




DSC_8788




DSC_8782




DSC_8781




DSC_8778




DSC_8779




DSC_8780




DSC_8776




DSC_8775




DSC_8777




DSC_8785




DSC_8786




DSC_8784

先生のモールトンのメンテナンス受けたことから何となく修理依頼が増えてきた。これは先生がアレックスモールトンとぼくを結びつけたのか。今年3月より橋輪は、アレックスモールトン販売店となった。

アレックスモールトン販売店一覧

DSC_8795
Moulton TSR-9 FX  220.000円(税別) 完成車

モールトンをより詳しく知るためにTSR-9 FX ってモデルを研究用に買ってみた。こちらはラインナップ中最も価格の安いモデル。俗にいう”お城製”ではなく英国パシュレー社でライセンス生産されるもの。研究を始めるに当たって素敵な Blog タイトルを思いついた。

”お城で作っていないモールトンはダメなのか?” 乞うご期待!


先生のモールトン SUPER SPEED Di2 その6 【橋輪Blog】

ハイドラスティックユニット解説

DSC_8787

ダイナベクターの富成次郎さんよりハイドラスティックユニットの断面図の画像を頂きました。これを元に作動を解説してみたいと思います。

ハイドロ
ラバーコーンの中にeの部屋があり、ここに液体(ラジエーターに入れる冷却水のクーラントらしい)が入っていている。ゴムが圧縮されるとdの壁に開いた穴からcの部屋に液体が移動する。aの部屋は上部のフレンチバルブから加圧されたエアーが入っています。この指定空気圧は、1〜2kg/cm でこれ以上入れると破裂するらしい。この圧力は、bのダイヤフラムを押し下げてcの部屋に流入した液体を速やかにeの部屋に戻す働きをしているようだ。液体の移動の際、dに開けられた小さな穴(ラビリンス)を通過することでダンパー効果を狙っているみたい。取りあえず1万円掛けて切断せずに済んだわ。

とまー、凝った構造だが、ぼくには、ソリッドラバーとハイドラスティックの違いが全く体感出来ないと言う感想であります。あのオースチンミニもハイドラスティックを採用していたようだが後期型では、コスト面でソリッドラバーに戻したとか。よ〜解りませんな!

明日は、完成編を!

本日、お通夜の受付を頼まれてますのでお先に失礼します。

S さんのガレージセール 2016 DAHON Mu P9 【橋輪Blog】

S さんのガレージセール 2016 DAHON Mu P9

DSC_8715

「お客さんの工作技術が半端ない件」でおなじみ、DAHON Mu SLX とアニバーサリーをカスタムして楽しんでいるS さんのコレクション 2016 DAHON Mu P9 コンフォート仕様です。買い物用として購入したものの走行距離は家まで乗って帰った数百メートルのみ。それからずーっと室内保管です。これだけ乗らないと一生乗らないなと判断し売りに出します。


DSC_8718
完全なる街乗りハンドル。ママチャリ感覚で乗れますよ。



DSC_8719
DSC_8720
グリップ、サドルをブラウンのものに変更。




DSC_8722
TRELOCK のライトも付いてます。



DSC_8724
DSC_8725
タイヤもSCHWALBE KOJAK 20×1.35 に変えてます。



DSC_8726
新品同様です。



DSC_8730
ペダルは、MKS シルバンツーリングのシルバーを装着。



DSC_8721
リクセンのラタンバスケットから後ににSさんが装着したフロントバスケット。



DSC_8723
ワイヤーロックも付けちゃいます。(キーは、1ヶだけど)



DSC_8727
DSC_8728
DSC_8729
DSC_8736
DSC_8731
DSC_8734
DSC_8733
DSC_8735
傷も殆どなくとても綺麗ですよ。




DSC_8713
きわどいですが畳めます。



DSC_8714
ハンドルのカーブが絶妙。


絶妙な折りたたみ方は、⇒ こちら


DSC_8732
2016 DAHON Mu P9 オーロラホワイト 新車価格98.280(税込)

2016まででラインナップから消えてしまったDAHON 永遠のスタンダード Mu P9。このカーブドフォルムフレームが好きだった方、殆ど新車に近いコンディションで手に入れるチャンスです。

S さんの2016 DAHON Mu P9 コンフォート

現金特価 46.000円でお願いします!

※S さんの個人売買なので消費税は掛かりません

試乗車放出! 2016 FUJI PALETTE マットブラック【橋輪Blog】

試乗車放出! 2016 FUJI PALETTE マットブラック

DSC_8745

FIJI の定番クロスバイク、パレット。1年間使っていたマットブラックの試乗車を新にオーロラホワイトに入れ替えました。どちらも2016年モデルですが、2017と違いアルミフォーク仕様です。


DSC_8738
オーロラホワイトは、タイヤ、サドル、グリップの全てが真っ白仕様ですが、試乗車ってことでブラックパーツに入れ替えてみました。


DSC_8743
DSC_8744
DSC_8741
DSC_8742

2016 FUJI PALETTE まだラスト1台在庫ありです⇒橋輪SALE!



試乗車放出! 2016 FUJI PALETTE マットブラック

DSC_8747
カラーは、マットブラック。



DSC_8748
フレームサイズは17”です。



DSC_8755
フォーク左側に傷タッチアップの痕あり。



DSC_8750
DSC_8751
DSC_8752
DSC_8753
DSC_8754
DSC_8756




DSC_8757

試乗車放出!
2016 FUJI PALETTE マットブラック 定価73.440円
(税込)

現金特価 29.800円(税込)でお願いします!



2017 FUJI NORCOM STRAGHT 1.1 【橋輪Blog】

ビックリ仰天!段階を踏まないライダー

DSC_8589
2017 FUJI
NORCOM STRAGHT 1.1 フレームセット 324.000円(以下税込)
橋輪プライス                   291.600円

FIJI のラインナップでは、ROAD の括りではなく、SPECIALITY のコンペモデルに属する最新のTTバイクフレームです。

DSC_8591
OVAL の専用シートポストとステムが付属。



DSC_8593
最新のエアロフォルムデザインのフルカーボンフォーク。



DSC_8595
ブレーキは、TRP のTTV ブレーキが標準装備。



DSC_8597
リヤはチェーンステー下に装着。



DSC_8599
DSC_8600
リヤアクスルアジャストシステム。



DSC_8585
Shinmano DURA-ACE Di2  9070 フルコンポ 330.757円



DSC_8586
Shimano PRO MISSILE EVO  129.600円



DSC_8605
gan well GW-W880FMT / RMT  129.600円



DSC_8607
フルカーボンチューブラーでリムハイトは、88mm。



DSC_8608
ハブは、ミケ PRIMATO。



DSC_8609
シマノ11 Speed 対応。



DSC_8592
Vittoria MONDIALE 5.400円。



DSC_8689




DSC_8693
DSC_8694
DSC_8695
DSC_8697
DSC_8698
DSC_8699
DSC_8700
DSC_8701
DSC_8702
DSC_8706
DSC_8703
DSC_8704
DSC_8705




DSC_8708
完成したノーコムストレート1.1 とオーナーの F さん。



DSC_8712
片手で軽々と持ち上げてポーズを取るF さんだが、このノーコムストレート1.1 の前のバイクは・・・・



DSC_8688
なんと55.080円で買えるtern のクロスバイク CLUTH だ。CR ではロードバイクに抜かれっぱなし。 フラットバーは極低く構えるがペダルはプラのフラットペダル。しかもこれ買うまではママチャリだった。



DSC_8696
それが行きなりフルカーボンのTTバイクにDURA Di2、ビンディング、フルカーボンチューブラーですからね。今ではロードを抜きまくってるとか。総額930.000円となったFUJI NORCOM STRAGHT 1.1。スピードの差は、875.000円分増加したわけだ。


やっぱ自転車っていい趣味だよな。これだけの超急激なステップアップがあっても乗り出せちゃう(乗りこなすかはこれからのトレーニング次第だが)んだからね。ぼくの趣味とは大違い。

DSC_8758
初めて単独飛行できたムサシノ模型飛行機研究所のモスキートモス号は未だ健在。バルサキットから製作した小さな15エンジンを搭載した入門機だが飛ぶまでには6〜7万円が掛かるか。こんな練習機でも独学で初飛行に挑めば80%は墜落で残りの20%が遭難。成功率0%は間違いない。先生に教わってやっとのことで離着陸できるようになる。


maxresdefault[1]
これが飛ばせるようになったからと、いきなりジェットエンジン搭載のビックスケールモデルに移行するようなもの。

初飛行などもっての外で、ビビッてしまって滑走路上を真っ直ぐに走らすことすら出来ないであろう。400万円からする機体が一瞬で藻くずとなるのだから。

やな趣味だね〜!

記事検索
  • ライブドアブログ