2018 DAHON SPEED Falco【橋輪Blog】

2018 DAHON SPEED Falco

DSC_3268
SPEED Falco(スピード・ファルコ)

2018 DAHON  
SPEED Falco  88.560円(税込)
橋輪プライス      79.700円(税込)    
8 Speed   12.0kg

ベースとなるのは、クロモリフレームで長年に渡り人気を博したSPEED P8。ホイールサイズを451にアップするため新設計され進化を遂げたのが SPEED Falco です。2018ではNEW カラーの4色展開。


DSC_3271
DSC_3272
パウダーブルー



DSC_3284
DSC_3285
カッパーゴールド



DSC_3286
DSC_3287
カーディナルレッド



DSC_3269
DSC_3270
マットブラック



DSC_3274
リムはDahon BlacFoot 451 でリムハイト30mm。



DSC_3275
タイヤサイズは、20×1 1/8(23-451)



DSC_3277
ガード付チェーンリングは53T



DSC_3278
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。



DSC_3279
リヤディレーラー: Shimano Altus 8 Speed



DSC_3280
カセット:11-32T。



DSC_3288
シフター:Shimano Altus。



DSC_3289
センタースタンド標準装備。



DSC_3296
2018より新採用となった Super Light シートポストは、スタンダードアルミポストと比べて160g 軽量化されています。Dove Plis / Visc EVO / Speed Falco に標準装備。


DSC_3297
何時ものサドルポジションを見つけ出せる目盛りが便利。



DSC_3300
表面加工は、tern のシートポストのようなヘアライン加工が施されておりキズが付きにくくなっています。



DSC_3299
クロモリサドルレールを掴むヤグラは、2ボルトタイプとなり無段階の角度調整が可能に。



DSC_6942
フォールディングペダル付属。



DSC_3292
ハンドルポストは300mm ワンピースで外折れタイプ。



DSC_3293
フレームヒンジはバイスグリップテクノロジーを採用。シンプルな構造ながら確実なクランプシステムだ。



DSC_3294
Folding SizeW82×H66×D36cm



DSC_3290





DSC_3291





DSC_6944

試乗車をご用意してお待ちしております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



2017 SPEED Falco を SALE!

DSC_6932
シャンパン ラスト1台



DSC_6934
シャドウブルー 完売しました



DSC_6922
アメジスト 完売しました



DSC_6930
マットブラック ラスト2台


2018 SPEED Falco  入荷に伴い 2017 年モデルをSALE します!
2017 DAHON  SPEED Falco 88.560円(税込)

20% OFF の 70.800円(税込)です!



他にも2016/7年モデルのSALE!実施中!
こちらからチェック ⇒ 橋輪 SALE



2018 DAHON Horize Disc【橋輪Blog】

2018 DAHON Horize Disc

DSC_3205
DSC_3206
Horize Disc(ホライズ・ディスク)

2018 DAHON  オーソライズドディラー限定モデル
Horize Disc      97.20
0円(税込)
橋輪プライス 87.400円(税込)
8 SPEED    12.4kg

ホライズのディスクブレーキバージョンが、オーソライズドディラー限定モデルとして登場です。Vブレーキアームやキャリパーブレーキのないスッキリとしたストレートフォークと切り立ったシートステーが、ホライズのハイマウントフレームのフォルムを引き立てます。

DSC_3207
カラーは、マットシルバー。



DSC_3210
ホイールサイズは20インチの406で、ストレートフォークを採用。



DSC_3211
タイヤは、KENDA K-90 20 × 1.95(406)。リムブレーキ面のないディスク専用リムを採用。



IMG_2529
20mm ハイトのリムは、ホライズスタンダードの30mm ハイトに比べ、ディスクローター分の重量を相殺する軽量なもの。ディスク化による重量増しを400g に抑えている。



IMG_2530
全天候で安定するストッピングパワーもさることながらリムのアナダイズドブラックが剥げないのもディスクブレーキの魅力。



DSC_3218
DSC_3219
ディスクローターは前後ともAvid の160mm。



DSC_3220
メカニカルディスクキャリパーは、Avid BB5。



DSC_3208
ガード付のチェーンリングは53T。



DSC_3209
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。



DSC_3214
ディレーラーはShimano Altus 8 Speed。



DSC_3215
Shimano カセット11-32T 。



DSC_3216
シフターは、トリガーシフターの Shimano Altus 。



DSC_3217
センタースタンド標準装備。



DSC_3213
ハンドルポストは、スタンダードの360mm より30mm 短い330mm でよりスポーティーなポジションとなる。


DSC_3222
スタンダードの内折れタイプのハンドルポストに対し、外折れタイプを採用することでハンドルバーのカスタマイズにも対応。




DSC_3223
Foiding Size W85 × H68 × D43cm



DSC_3262




DSC_3263

オーソライズドディラー限定としてのリリースですが、12月1日現在、既にメーカー在庫は完売しており希少なモデルとなりそうです。橋輪ではそれなりのスットク数を確保しておりますが早期完売の可能性もありますので早めのご予約をお待ちしております。


DSC_3264

最近お気に入りの”Mariko”アングルにて

2018 DAHON Horize 【橋輪Blog】

2018 DAHON Horize

DSC_3191
DSC_3193
Horize(ホライズ)

2018 DAHON 
Horize              85.32
0円(税込)
橋輪プライス 76.700円(税込)
8 SPEED    12.0kg

2017年モデルより極太タイヤを履くホライズ。高い位置に配したストレートなメインフレームが特徴で完全ホリゾンタルでありながら若干前スローピングに見えるのが何ともカッコいいです。

DSC_3192
DSC_3194
キャメル



DSC_3196
DSC_3197
サンセットクラウド




DSC_3227
ホイールサイズは20インチの406で、ストレートフォークを採用。




DSC_3228
超ワイドタイヤは、KENDA K-90 20 × 1.95(406)。




DSC_3243
複雑なパイプワークで組まれるリヤエンドにはディスク台座を用意。ディスクハブに対応すべく、リヤエンド幅は、135mm となっている。



DSC_3244
フロントフォークにもディスク台座。




DSC_3244
フロントエンド幅は100mm。




DSC_3229
ガード付のチェーンリングは53T。




DSC_3260
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。
注意)ホライズは、内折れハンドルポストを採用していますので、左シフターを取り付けるとフォークと干渉して完全に折り畳むことが出来なくなります。ダブル化には、外折れハンドルポストに交換することをお勧めします。



DSC_3230
ディレーラーはShimano Altus 8 Speed。



DSC_3231
Shimano カセット11-32T 。




DSC_3236
ハンドルポストは、360mm 。




DSC_3235
シフターは、ツイストグリップ式からトリガーシフターの Shimano Altus に変更になりました。




DSC_3242
センタースタンド標準装備。




DSC_3247
ヒンジにはVクランプを採用。




DSC_3241
見た目も美しい。




DSC_3234
確かにメインフレームはホリゾンタル。




DSC_3245
ハンドルポストは、内折れタイプでコンパクトに畳めます。




DSC_3246
Folding Size
 W85 × H68 × D39cm




DSC_3239





DSC_3240





DSC_3237
試乗車もご用意しています。




NIGHT FRY DRESS BLACK EDITION

DSC_3198
DSC_3200
ドレスブラック

2018 DAHON は、マットブラックのフレームに全てのパーツをブラックアウトしたドレスブラックエディションを Horize / Mu SLX / Dash Altena / Boardwalk D7 の4モデルで展開する。


DSC_3251




DSC_3252




DSC_3253
DSC_3254
DSC_3249
DSC_3255




DSC_3257

Horize DRESS BLACK EDITION では、マットブラックのボディーにチタニウムフラッシュのロゴを散りばめています。暗黒のホライズ如何ですか。


DSC_3220

明日は、Horize Disc を


2017 Horize を SALE!

DSC_6998
シトロンイエロー ラスト1台



DSC_6996
クラウドホワイト 完売しました



DSC_6994
ファイヤーレッド ラスト1台



DSC_7002
オブシディアンブラック ラスト1台


2018 Horize 入荷に伴い 2017 年モデルをSALE します!
2017 DAHON Horize 85.320円(税込)
20% OFF の 68.200円(税込)です!



他にも2016/7年モデルのSALE!実施中!
こちらからチェック ⇒ 橋輪 SALE


Boardwalk D7 NEW カラー2色が入荷!【橋輪Blog】

Boardwalk D7 NEW カラー2色が入荷!

DSC_3173
Boardwalk D7(ボードウォーク)

2018 DAHON 
BoardWalk D7      64.800円
(税込)
橋輪プライス   58.300円(税込)
7 Speed            12.4kg

遅れていた 2018 DAHON Boardwalk D7 の2色が入荷しました。これで全5カラーのラインナップが揃いました。

他のカラーは、⇒ こちら

DSC_3176
DSC_3177
ライトグリーン



DSC_3182




DSC_3183




DSC_3178
DSC_3185
チャコールグレー



DSC_3180




DSC_3181




DSC_3184

どちらも素敵な色ですよ。是非ご来店頂き見て下さいね!

2017 DAHON Boardwalk D7 SALE 中!

DSC_6457
DSC_6458
プラム ラスト3台



DSC_6462
DSC_6463
フォギーブルー 完売しました



DSC_6460
DSC_6461
グラファイトグレー ラスト1台



DSC_6464
DSC_6465
クラウドホワイト ラスト1台



DSC_6443
DSC_6444
グリーングラス 完売しました

2017 DAHON 
BoardWalk D7      64.800円(税込)

30% OFF45.300円(税込)です!

SRAM Red eTap Road Groupset 【橋輪Blog】

SRAM Red eTap Road Groupset

DSC_3051
SRAM Red eTap Road Groupset short cage  207.000円
SRAM Red eTap Road Groupset wiFLi Max3  210.000円

(税別)
 
遅まきながら橋輪もスラム無線電動変速機イータップに手を出しました。2セット入荷しましたが、どちらもお客様からの注文でロードバイクフレームに組込みます。

ロードグループというセット内容は、クランクセットやブレーキキャリパーなどを除く変速に必要な機器のみの構成です。右の箱は初めに発売されたリヤディレーラーがショートケージのもので、左が後に追加となったミドルケージ付きでお値段も3.000円ほど高くなっています。

納品書をみて青ざめたのが、ショートケージ×1、ミドルケージ×1と書かれていれば納得出来たのですが、ミドルケージの方は、 wiFLi Max3 となっています。「ゲゲゲ!ショートケージのお客さんの方は、Wi-Fi が使えないのか?なんだ悪いことしちゃったな」などと勝手に思い込み慌てましたが、”ワイフライ”と読むらしくスラムではミドルケージをさす言葉だそうです。セットはリヤディレーラー以外全く同じものだそうです。マジ焦りました。

余談ですが、うちの奥さんがFBに動画をアップする際に「うちはワイファイが薄いのよね」などと言っていおりましたので「それは濃い薄いではなく強い弱いと言うんだよ」と教えておきました。ま、ぼくらこんなレベルです。


DSC_3054
これがセット内容。


DSC_3113
SRAM Red eTap Shifters




DSC_3055
DSC_3056
DSC_3057
いやこれ本当に素晴らしい箱に入ってくるんですよ。これは取って置いてお正月のおせちに使えますね!


DSC_3058
ダブルタップの流れを汲むシフトスイッチレバーは左右それぞれ一つずつで、レーシングカーのパドルシフトよろしく右のレバーでリヤ変速のシフトアップ、左でダウン、左右同時に押すとフロントがチェンジします。


DSC_3061
ペアで、266g ですから機械式に比べて遥かに軽いですね。



DSC_3062
電気的スイッチではありますが確かなクリック感があります。



DSC_3063
あらもう電池入ってんのね。LEDは電池残量も示してくれる。その脇にあるのが機能ボタン。



DSC_3111
ここでリーチアジャストが可能。



DSC_3112
このハッチの下にボタン電池のCR2032を内蔵。電池の持ちは使用頻度にもよりますが、6ヶ月〜24か月と消費電力が少ない。赤いダミープラグは、Blips ポートでブリップス(シマノでいうサテライトシフトユニット)を繋ぐ。


DSC_3115
DSC_3116
こちらの薄い箱は、ブレーキワイヤーのセット。



DSC_3105
SRAM Red eTap Front Derailleur



DSC_3106
機械式RED と同じくYAW テクノロジー搭載のフロントディレーラー。左は電池パックで使用可能時間は、22〜90時間。


DSC_3114
ウエッジと呼ばれる形の異なる3種類のピースが付属。シマノのアシストボルトのようなもので、フロントディレーラーブラケットの補強となる。


DSC_3107
赤いパーツはそれぞれ電池カバー、電池ブロック。



DSC_3118
DSC_3119
DSC_3120
DSC_3121
オンオフスイッチはありませんので長期使わないときは電池を外しておきます。




DSC_3108
SRAM Red eTap Rear Derailleur



DSC_3109
カーボンケージとセラミックプーリーで機械式REDと比べて重量増しを94g に抑えています。使用可能時間は、15〜60時間。ショートケージは、28Tまでのカセットスプロケに対応し、ミドルケージのワイフライは、32Tまで対応する。



DSC_3110
4種類のコンセントが付属するチャージャー。



DSC_3123
さて電池も入っていることだし動くかな?



DSC_3117
やはりこれと同じでペアリングしないと動かないのね。



DSC_3124
DSC_3125
DSC_3127
それぞれの機器の機能ボタンでペアリング完了。



DSC_3129
DSC_3131
うわ〜、ラジコン、ラジコン!



DSC_3135
シフターを使わずフロント、リヤのディレーラーを動かすことも可能。単体で機能ボタンを押せば。



DSC_3133
DSC_3134
ご覧のとおり。



DSC_3067
SRAM Red eTap Firmware Update Dongle

最後にこのドングルはバージョンアップの際、USBポートに繋げるだけでアップデートデータをAIREA(アエリア)ネットワークという通信システムで送信するもの。近くに置いたバイクのeTap 電源が入っていれば、自動的に受信、バージョンアップするらしい。ただ最初のバージョン1.1から今のところアップデートがないので誰もやったことないそうです。

取りあえず Wi-Fi は出てこなくて良かったね。ややこし!



【2018 DAHON 入荷情報】
以下のモデルが入荷しました

SPEED Falco パウダーブルー
SPEED Falco マットブラック
SPEED Falco カッパーゴールド
SPEED Falco カーディナルレッド

Boardwalk D7 ドレスブラック(入荷済)
Boardwalk D7 パープルブルー(入荷済)
Boardwalk D7 ボルドー(入荷済)
Boardwalk D7 チャコールグレー
Boardwalk D7 ライトグリーン

Horize ドレスブラック
Horize キャメル
Horize サンセットクラウド

Horize Disc マットシルバー





”オッサン”のガレージセール 2015 DAHON Mu SLX【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール 2015 DAHON Mu SLX

DSC_3073

”オッサン”のガレージセール 2015 DAHON Mu SLX。オリジナルのキネプロホイールは、ガレージセールで売ってますから451ホイールを新たに組んで装着しています。パーツはシルバーに拘り結構お金掛かってまっせ〜!

DSC_3078
406サイズから451へサイズアップしています。スポークはブレードを使用。



DSC_3079
ハブはRIDEAで組みました。クイックも別途装着してあります。



DSC_3080
タイヤは、SCHWALBE 1。



DSC_3081
DSC_3082
451に合わせたVブレーキは、RIDEA CLV。




DSC_3083
Sugino クランクセット(53-39)&BBに、MKS TOURING-LITE Ezy Superior。



DSC_3084
フロントディレーラー:mIcroSHIFT CENTOS 11



DSC_3085
リヤディレーラー:mIcroSHIFT CENTOS 11



DSC_3074
2015で標準装備だったコントロールテックカーボンフラットバー。



DSC_3076
グリップは、ERGON GS2。



DSC_3077
シフター:Shimano SL-BSR1 11 Speed 2×11 Speed



DSC_3101
ステムは、tern の Syntace ステムのブルーを装着。



DSC_3088
ダブルレックスタンド付いてます。



DSC_3093
DSC_3094
DSC_3092
DSC_3091




キズ申告します。画像拡大でよく見てくださいね!

DSC_3086
DSC_3087
DSC_3089
DSC_3090
リヤキャリアを取り付けていたことからダボ穴4ヶ所にキズあり。とエンドにも。



DSC_3095
ステム取付け部に塗装の剥がれあり。各部はタッチアップを行いますので多少分かりづらくなると思います。




DSC_3096

走行500km 弱の2015 DAHON Mu SLX 451

現金特価129.800円でお願いします!

※オッサンのガレージセールなので消費税は掛かりません


RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム【橋輪Blog】

RIDEA から DAHON 用 NEW アイテム

DSC_3043
RIDEA DHHCQ1 Frame Hinge Clamp GR Lever 5.140円(税別)

先日テストを行ったRIDEAのDAHON用フレームヒンジレバーが全色入荷しました。 現行のDAHON では、Vice Grip を採用するVisc / Presto / Helios / Duve などに装着可能です。

DSC_3044
アナダイズドカラーの4色展開。



DSC_3048
シルバー



DSC_3047
ゴールド



DSC_3046
レッド



DSC_3045
ブラック

取付方法は ⇒ こちら

DSC_2756

さて、どの色選ぼうか?

「オーナーズレポート」第8回 KIMORI COLOSSU HR 5号機 【橋輪Blog】

NEW カテゴリーズ「オーナーズレポート」第8回

KIMORI COLOSSUS HR 5号機

Mr.koba 以来、久々の「オーナーズリポート」は、【橋輪Blog】26回に及んだ長い連載を経て完成した I さんの KIMORI COLOSSUS HR 5号機のリポートです。それではどうぞ!

「オーナーズレポート」



お世話になっております。
Colossus HR5号機の受領連絡が遅くなり申し訳ありません。モールトンの箱に入ってくるとはサプライズでした。丁寧に仕上げて下さいましてありがとうございます。


DSC08478-1
仕事の関係で先日までライドはおあずけとなっておりましたが、なんとか走行可能状態にしてまずは撮影(笑)



DSC08505-1
それから、コロッサスWRのムービーなどで登場されている三和英樹さんがオーナーのお店「Roti」まで走ってみました。
https://www.facebook.com/Roti.PRIME.BEEF/



DSC08568-1
京都から大津にぬけてびわ湖沿いを走り、キモリさんの工房前を通り過ぎて、近江富士と呼ばれる三上山のふもとまで往復80キロ足らずのサイクリングでした。



DSC08577-1
三上山を前に。「Roti」はこの反対側を少し登ったところにあります。




roti01-1
プレミアム近江牛料理専門店だけあって旨みたっぷりの近江牛ハンバーグを堪能しました。
三和さんもバイクを見るなりとても驚いて下さり、ここで出会えるとは思わなかったと喜んで下さいました。

乗ってみてのインプレッションですが、踏めばそのまま前に出るという感じが面白くどんどん漕いでしまってバテてしまうことがあり、セーブすることを憶えなければと思いました。
とくに北山の峠にアタックしたときには、これまでのバイクよりも疲れてしまうと感じてタイムを見たら新記録!なんてことがありました。

これから、少しずつ自分のものにしてゆきたいと思っています。
素晴らしいバイクに出会わせていただいて感謝しています。


IMG_5836b-1
あと、FSAのクランクが通らなかった無印セラミックBBですが、うちのGAAPに付けてみました。



IMG_5845b-1
確かにベアリング大丈夫かという固さでしたが、硬いのは最初の20ミリほどであとはスッと入っていく感じで、回転もスムーズだったので壊さずにすみました。

ではまた乗り込んでからレポートします。



レポートに出てきた「Roti」のオーナーは、元競輪選手の三和英樹さんです。KIMORIのテストライダーでもある三輪さん初めてキモリに乗ったときスタートでホイールスピンするほどの脚力の持ち主だそうです。この動画は以前にも紹介しましたが、三和さんがKIMORI COLOSSUS VRを駆り現役の競輪選手と一緒にバンクを走る貴重なシーンが収録されています。バイク先導のシーンでは70km/h出ているそうですが、本人80km/hは行けると言っていたそうです。また三和さんは、キモリの走行性能やパワーの伝達効率を一番に理解されている方でもあります。




DAHON を積んで出かけよう TOYOTA VOXY【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう TOYOTA VOXY + SPEED Falco + Boardwalk D7 + Dove Plus×2

DSC_3034

DSC_3005



DSC_2855

久々の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のトヨタボクシー。以前に購入頂いた SPEED Falco と Boardwalk D7 をメンテナンスを含めたチョイモディファイであります。

DSC_2851
DSC_2853
こちらご主人の SPEED Falco。大分走ったようでチョイくたびれ気味。



DSC_2847
DSC_2848
DSC_2849
DSC_2850
奥様の Boardwalk D7 は、ご主人の Falco に追い付けるようにとのリクエスト。




DSC_3001
メインメニューは、ブルホーンバーへの変更をリクエスト。



DSC_3002
ブルホーンは、NITTO RB-021(6.260円以下税込)。シフター:Shimano SL-BS64(6.486円)。ブレーキレバー:DIA-COMPE 287V(7.230円)。(他 etc)



DSC_3003
山に備えてSugino インナーリング(6.370円)を軍手シフターにて装着。今回のモディファイは、41.780円也。



DSC_2995
Boardwalk D7 は、走行性能を上げるべくホイールチェンジと9速化。



DSC_2997
DAHON Comp ホイールセット(25.920円)



DSC_2996
シフター:Shimano SLM-2000(1.779円)グリップ:ERGON GHP3(6.370円)



DSC_2999
クランク&ボトムブラケット交換でこちらも Sugino インナーギヤを軍手シフターで装着。



DSC_3000
リヤディレーラー:Shimano RD-M370 9 Speed(2.661円)カセット:Shimano CS-HG201(2.097円)チェーン:Shimano CN-HG53(1.613円)(他 etc)で総額63.320円也。


「完成しましたよ」で 引き取りに来て目に入っちゃたのがこれ

DSC_2592
2018 DAHON Dove Plus



DSC_3007
「これ可愛いね!」なんつって2台衝動買いであります。



DSC_3008
早速試走であります。



DSC_3009
「では、チョット行ってきます」



DSC_3010
「これ見た目よりしっかり走るんですね」「びっくりしました」



DSC_3004
さてボクシー、2台の予定が4台になりましたが大丈夫?



DSC_3011
ポジションチェンジした Falco と走りが1ランク上がった Boardwalk にご満悦の T 夫妻。



DSC_3029
ブルホーンに変わりましたが外折れポストですから問題ないですね。



DSC_3031
奥様の方も手慣れた手つきで折り畳みです。


DSC_3032
「今日は、Dove に乗るからこいつらを奥に積んで・・・」とか言いながら積み込みます。



DSC_3020
よっぽど嬉しかったのか、なかなか陽気ですなこのご夫妻!



DSC_3021
DSC_3022
DSC_3024
DSC_3025
こちらも2台正しく畳めました。



DSC_3026
思わず出ることば「ちっちゃ!」



DSC_3033
正にダホンのごろ寝ですな。



DSC_3035

ありがとうございました。お楽しみ下さ〜い!


DAHON 14インチにビックアップルを【橋輪Blog】

DAHON 14インチにビックアップルを

DSC_2904
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254)

どうしても取り付けてみたくなってこのタイヤを取り寄せた。
26インチMTB にピッタリサイズの2.00だが14インチ2.00となれば半端ではない。


DSC_2905
サイドのリフレクトラインが要。



DSC_2906
14インチの径にこの太さはたまらない。



DSC_2907
シュワルベでは、14インチチューブにアメリカンバルブのラインナップしかないのでパナサイクルチューブを使う。サイズは一番近い14×1.50〜1.75。


DSC_2908
装着するのはこれ!2018 DAHON Dove Plus



DSC_2910
オリジナルのタイヤは、KENDA KOAST 14×1.35(32-254)



DSC_2911
どうすかこの迫力!



DSC_2912
タイヤチューブで重量増しは、1本あたり200g。



DSC_2913
リムの狭さ故あまり膨らまずに済みましたが全然違いますね。



DSC_2915
これだけ外径も変わるとギヤ比も上がります。



DSC_2982
DSC_2983
フォーク、Vブレーキも楽々クリア。



DSC_2984
DSC_2987
リヤブレーキそしてチェーンも余裕でした。


それではご覧ください

DSC_2988




DSC_2989




DSC_2990




DSC_2993




DSC_2994




DSC_2991




DSC_2992

どうです、カッコいいでしょう! 
あらキックスタンドに下駄噛ましてるのがばれましたね。
スタンド立たないほど「太いがカッコいい」!


DSC_3042

DAHON Dove BIG APPLE Plus 試乗出来ます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております

記事検索
  • ライブドアブログ