指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その4【橋輪Blog】

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その4

外に飛び出したフロントディレーラーが大変なことになってますが、ここは慎重に行くとして別の指令を先に。SLX 406 ビックシングル用スペアーホイールの製作です。今回は、初の gan well カーボンリムを採用します。

DSC_4541
gan well カーボンクリンチャーリム 406 41.000円(税別)
サイズ:406 / 451  ホール数:20 / 24 / 28H 


DSC_4542
リム幅23mm のクリンチャーフルカーボンリム。リムハイトは、38mm。



DSC_4544
カタログ重量は、285g でしたが実測は、267.5g でした。



DSC_4543
スポークは、チタンスポーク。600円(税別)/ 本



DSC_4546
DSC_4547
ハブは、船長御用達 GOKISO。



DSC_4549
フロント:クライマーハブ 74mm  104.000円(税別)



DSC_4548
リヤ:クライマーハブ 100mm S-spec  161.400円(税別)



DSC_4597
GOKISO gan well ホイール組み上がりました。



DSC_4598
タイヤ:SCHWALBE ONE 20×1.1(28-406)7.200円(税別)
チューブ:SCHWALBE 6ASV  1.400円(税別)


DSC_4599
Panaracer バルブエクステンダー2ヶ入り 1.467円(税別)
20mm 延長できバルブコアツール付属。


DSC_4601
カセット:Shimano CS-9000 11-23T  24.052円(税別)



DSC_4602

船長、SLX 406 スペアーホイール本日発送します!

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その3【橋輪Blog】

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その3

DSC_4537

さて、エレクトリックワイヤーが入荷するまで、出来るところをやっておきましょう。リヤディレーラーは、調整済なので一番心配なフロントディレーラー行ってみましょう。上写真のSW-R600 サテライトシフターは最終的には外してしまいますが、フロントディレーラーの調整に為だけに最後の仕事をして頂きましょう。

DSC_4576
E-Tube に接続します。リヤディレーラーのみ最新のファームウエアーの用意があるようです。



DSC_4577
リヤディレーラー更新中。



DSC_4578
全て最新となりました。



DSC_4537
そしてリヤ変速用に使っていたSW-R600 をカスタマイズします。



DSC_4579
カスタマイズの画面から、



DSC_4581
SW-R600 を選択。右スイッチをフロント変速のシフトアップに設定変更。



DSC_4582
左をダウンに設定です。これでフロントの変速調整が出来ます。



DSC_4585
フロントシフトアプのボタンを押しますと、いきなりチェーンが外に押し出されました。



DSC_4583
勿論 Hi アジャストスクリューは、外れるほど緩めてあります。機械式であればワイヤーの遊びをふんだんに取ってやれば、ストロークは少なくなりますが、Di2 は遠慮なくフルストロークしますからね。


DSC_4587
これはまた、しこたまBBシェルを削り込んでクランクを外に出すしかなさそうです。



DSC_4591

ゲゲゲゲゲー! 3mm のスペーサーが楽勝で入ってしまいますよ!

明日につづく、



船長通信

DSC_0024-1
おはようございます。・6/12日、梅雨の晴れ間に、"しまなみ" 隣の島の穴場スポットで、...


DSC_0020-1
この木なんの木、気になる、きになる、チョット木になる木?...ヒント!...ただの木?..でし
た!..(笑)。

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その2【橋輪Blog】

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ! その2

さて「フロント変速どうすんの?」って問題ですが、最新TT レバーの ST-R9160 は、シンクロシフトオンリーの設計のようです。シンクロシフトに設定しておけばフロント変速タイミングが来たら勝手にインナー、アウターへと変速しますが、フロント変速スイッチが無ければフロントディレーラーの電気ポジション調整が出来ないのでは? ところがこれ出来るんですね。

IMG_0065
そのへんのところが分かったのでフロントインナーギヤを組んで行きましょう。



IMG_0067
ROTOR Q-Rings のアウターリングのポジションは、5に設定してあります。



IMG_0068
こちら取り寄せた Q-Rings インナー42T。



IMG_0070
同じくポジション5に合わせます。ところがこれ内側(左側)なので、



IMG_0069
右側にもマーキングしておくと分かりやすいですね。



IMG_0071
一度クランクを抜かないと入んねーよと思うでしょう?



IMG_0072
これ知恵の輪のように回して行くと、



IMG_0074

入っちゃうんですねーこれが。



IMG_0075
はいフロントダブルになりました。



IMG_0077
Sugino の FDアジャストマウントMT-OX を取り付けます。



IMG_0078
フロントディレーラーに付属する座金の代わりにROTOR チェーンキャッチャーを入れましたが、付くには付くのですがかなり不安です。


IMG_0080
チェーンキャッチャーの厚みがありネジ山が一山半程しか掛りません。



IMG_0082
DURA 純正の座金ですとこれだけ出ます。



IMG_0084
今回は、チェーンキャッチャーは諦めた方が良さそうです。前回(2014 Mu SLX)は付けられたのに不思議です。


IMG_0085
これは現行モデル(2018)Mu SLX のフロントディレーラー台座です。今やってる船長の2015年モデルのものと殆ど変りません。


IMG_0086
こちらDASH Altena。



IMG_0087
Visc EVO。



IMG_0088
HORIZE Disc です。半円だけのフロントディレーラー取付チップを取り付けるには溶接代の分だけ余計に外に出てしまうので、J 型にして後方で溶接されています。ま、DAHON なりには考えているようですが、フレームによって個体差があるんでしょうね。


DSC_4554
二股ジャンクション EW-JC130SM でフロント、リヤディレーラーを繋ぎます。



DSC_4556
さて、フロントアジャストモードに切り替える方法ですが、先ずインナー / ローのにシフトして下さい。それからインフォメーションディスプレーのモード切替ボタンを長押し、



DSC_4562
「R」が点滅しリヤの電気位置アジャストモードに入りました。現在リヤは、−8です。調整は右のTT レバーのリヤアップダウンボタンで行います。



DSC_4563
リヤアジャストモードから更にダブルクリックすると、



DSC_4565
「F」が点滅しフロントアジャストモードに変わります。先ほどと同じ右のTT レバーのアップダウンボタンで今度はフロントの電気位置アジャストが出来るんですよ。



DSC_4566
今、−18まで動きました。

DSC_4567
−8。



DSC_4569
+18です。



DSC_4570
極太シートチューブのDAHON は、当然−18ですね。



DSC_4571
このようにシフトスイッチが一つしかなくともフロント、リヤそれぞれの電気位置アジャストが出来るわけです。それでは、ST-R9160 を直接インフォメーションディスプレーに繋げて同じくテストしてみましょう。


DSC_4572

と思ったら「メスやんけ〜!」なんでこれだけ? エレクトリックワイヤーの200mm と400mm を1本ずつシマノに注文です。今日は、我々商店会の総会がございますので本日ここまで。

次回につづく、

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ!【橋輪Blog】

指令 SLX ブルホーンをダブル化せよ!

DSC_4131

「指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!」は、14回に渡り無事完成し、休暇となった船長の元へ。例のBTB輪行箱は、次の指令を受けた DAHON Mu SLX ブルホーンが入って送り返されて来る。

DSC_4361
IMG_0060
到着したBTB。



IMG_0062
中身は、既にDi2 化されたDAHON Mu SLX ブルホーン。




DSC_4502
DSC_4503
しまなみ縦断完走証とタオルも。お菓子ごちそうさまでした。




DSC_4532
現状のDAHON Mu SLX ブルホーンの仕様はこうだ。



DSC_4533
コントロールテックのΦ31.8 ブルホーンバー。



DSC_4535
フロントシングルで、ROTOR Q-Rings は、56T。



DSC_4531
DURA-ACE リヤディレーラーは、RD-9070 から RD-R9150 に変更済。



DSC_4540
ビルトイン用バッテリーは、ボトルケージ台座にマウント。



DSC_4536
XTR Di2 インフォメーションディスプレー。




DSC_4538
右TTレバーは、リヤ変速用のST-9071。



DSC_4534
左は、ブレーキレバーのみの BL-TT78。



DSC_4537
上ハン握り時に親指変速ができる SW-R600 サテライトスイッチ。



DSC_4504
今回のメニューは、こちら。




DSC_4505
ROTOR Q-RINGS PCD110 インナー42T  10.500円(税別)
Sugino FDアジャストマウントMT-OX  6.800円(税別)



DSC_4506
Shimano FD-R9150  38.439円(税別)
これに ROTOR チェーンキャチャー


DSC_4509
バーテープ:Lizaed Skins 2.5  3.880円(税別)



DSC_4508
KCNC チタンブレーキワイヤー(インナー2本) 14.000円(税別)



DSC_4507
分岐ケーブル EW-JC130SM  5.873円(税別)




DSC_4510
TTレバー:Simano ST-R9160  38.782円(税別)



DSC_4511
DURA-ACE Di2 最新のTT レバーです。おっと、シングルボタンになってるぞ!まさか SRAM eTap よろしく右ボタンを押すとリヤのシフトアップ、左ボタンを押すとリヤシフトダウン、両方一緒に押すとフロント変速なんてことはないよな?



DSC_4513
ユーザーマニュアルを見ると、右ボタンでリヤのシフトアップ、左でダウンとしか出ていない。

え〜、フロント変速どうすんの? SLX ブルホーンをダブル化せよ!って指令なのに

明日につづく、


tern SURGE に CAMPAGNOLO の組み合わせ【橋輪Blog】

tern SURGE に CAMPAGNOLO の組み合わせ

DSC_4514

tern SURGE に CAMPAGNOLO CHORUS の珍しい組み合わせであります。その他、EASTON のステム、FSA カーボンドロップバー、Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク、カーボンホイールを組み込んでいますが、全てブラックパーツのため違和感なく収まっちゃってますね。ですがオリジナルで残ったのはフレームだけですが。

DSC_4518

DSC_4515

DSC_4516

DSC_4517

DSC_4519

DSC_4520

DSC_4521

DSC_4522

DSC_4523

DSC_4524

DSC_4525

DSC_4526




DSC_4528

こちらオーナーの T さん。他にもピナレロ、タイレルを所有。最近は、小径車に興味津々なんだって。KIMORI COLOSSUS HR にも触手が動いていました。

馴れないカンパに苦労しましたよ

5 LINKS 2 165 から 1611 へ?【橋輪Blog】

5 LINKS 2 165 から 1611 へ?

DSC_4352
5 LINKS 2 165  113.400円(税込)

ファイブリンクス 2 の名前ですが、165 / 169 とありまして、16は、16インチホイールを意味し、末尾の5が内装5速モデルで、9が外装9速モデルとなります。この5 LINKS 2 165 に ALFINE 内装11速ハブをぶち込んでみました。

DSC_4353
コグは、18T を選択。オリジナルの Nexus INTER-5 ですと(1)が 2.83(5)が 5.866 と言うギヤ比ですが、ALFINE 11 Speed に18T コグの組み合わせで、(1)が 1.56(11)が 6.329 と全てをカバーしウルトラワイドになった訳です。


DSC_4356
Shimano ALFINE SG-S 700  45.284円(税込)



DSC_4357
シフター:Shimano SL-S 700 ブラック 7.327円(税込)



DSC_4358
ツイストグリップシフターだったのでグリップをB-Witch のショーとグリップ(540円税込)に交換。インジケーターの干渉を避けるために右ハンドルを市販のΦ22.0パイプに変えました。


DSC_4359
大幅に走りが変わった 5 LINKS 2 1611 の完成です。



DSC_4413
「11速化完了しました」との連絡を受け引き取りに来たオーナーさん、何故かキャリーミーで来店。



DSC_4414
DSC_4415
BURLEY Travoy なるトレーラーを持参。



DSC_4416
これに積んで帰るのね。



DSC_4417
ドッキング完了!



DSC_4418
ALFINE 11 Speed の走りに大満足なオーナー N さん。



DSC_4422
DSC_4423
DSC_4424
DSC_4425
DSC_4427
DSC_4428

内輪差を考慮して(大げさ)左車線に U ターンし帰って行く N さん。しかし5 LINKS を購入されてから何時もこの走行スタイルしか見たことない。5 LINKS がパンクしたらキャリーミーに乗り換えるのだろうか。トレーラーがパンクしたら? と心配は絶えない。

不思議な方だ!ありがとうございました

tern の eBike Vektron S10 が入荷です!【橋輪Blog】

tern の eBike Vektron S10 が入荷です!

DSC_4488
DSC_2918
Vektron(べクトロン)S10

2018 tern
Vektron S10   321.840円
(税込)
橋輪プライス  321.840円(税込)
19.8kg  10 Speed

tern の eBike Vektron S10 が入荷しました。今夜の【橋輪Blog】は、昨年11月にご紹介したプロトタイプとの違いを8点ほどご説明したいと思います。

DSC_4490
ブレーキマスターシリンダーは、Shimano から Magra MT4へ。



DSC_4491
ERGON のグリップが、GP10 のブラックに変更。



DSC_4499
ブレーキキャリパー、ローターも Magra に変更。



DSC_4489
DSC_4500
ブレーキ変更に伴いハブが NOVATEC に。



DSC_4497
ペダルが、MKS の新型 UX-D に変更になり右のみ着脱式。



DSC_4498
リヤディレーラーは、新型 Tiagra RD-4700 となっています。



DSC_4492
テールライトが標準装備となりシートチューブに設けられたステーに取り付けられています。




DSC_4496
DSC_4493
テールライトは、Herrmans(ヘルマンズ)H-Trace Mini で、ヘッドライト同様ディスプレーのスイッチで点灯。


DSC_4501

ご予約頂いておりましたお客様、大変お待たせ致しました。セカンドロットの入荷は、9月となります。  Vektron S10



T 氏の Blog より DAHON K3 について【橋輪Blog】

T 氏の Blog より DAHON K3 について

今夜の【橋輪Blog】は、何度かライドインプレを書いて頂いている T 氏が最新情報 DAHON K3 について記事を書いているのでご紹介したいと思います。

v2-ac67606d8818aecc5e642b1183dd20ae_r

折りたたみ自転車DAHON K3が緊急発表!

6月1日にアップした画像の鮮明写真が入手できたので添付します。折り畳んだ画像を見ると「Deltec」テクノロジーが特殊ワイヤであることが分かります。T 氏の記事によると軽量ホイールは、ライトプロ製との推測ですが、画像を拡大するとDAHON Pro のようなステッカーが見えます。4色カラーバリエーションの中の黄色は、Speed PRO TT のマンゴーではなく SURGE PRO のようなマットイエロー / マットブラックの可能性もあります。このイエロー、後にオーソライズドディーラー限定なんて形で発売されたりして?



RED_BLACK
色 (3)
白色 (3)


初期ロット6月16日(土)入荷!

先生の MOULTON APB 完成編【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB 完成編

DSC_3194

20回にも及んだ「先生の MOULTON APB」も遂に完成の時を迎えた。完成車の状態から一度どこかでカスタマイズされていたAPBだが、コンセプト不明のモディファイをぼくなりのイメージでがらりと変えてみました。「お任せしますので好きにやって下さい」との先生のお言葉に甘え、好き放題やらせて頂きオールドモールトンとの楽しい時が過ごせました。感謝です。13.22kg(ペダル含まず)あった重量も11.77kg と 現在のTSRに迫る1.45kg の軽量化を果たせました。それでは、その変貌ぶりをご覧いただきましょう。今夜はノーコメントで!


DSC_4458




DSC_4460




DSC_4468




DSC_4461




DSC_4462




DSC_4464




DSC_4465




DSC_4466




DSC_4467




DSC_4463




DSC_4469




DSC_4470




DSC_4477




DSC_4472




DSC_4471

一生懸命働いてきた古(いにしえ)の英国機関車からアストンマーチン・オールドスポーツカーぐらいになったのでは。

先生、これはまた楽しめますぞ!

先生の MOULTON APB その19【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その19

DSC_4388
さて大詰めです。分割フレームを合体させる下側にロックリングをハイトルクリングに変えたい。




DSC_4389
この接手がどうなっているかと言うとフロントセクションにフックがあり嵌り込んだところをロックリングで締め付けるって方法。



以下は、”その8” で挫折したくだりです

DSC_4363
ハイトルクロックリング 3.500円(税別)
オプションパーツで、「APB、TSR、AM-7、AM-14、AM-GT、New Series等の分割フレームに装着できフレーム剛性が向上します」とある。


DSC_3645
オリジナルにくらべ大きいので手で締めただけでもトルクが多く掛ります。穴にアレーンキーなどを差して締め込めば更に固定力が高まります。


DSC_3646
ところがこれ入んねース!



DSC_3648
左側のテーパー部分を旋盤で落としてあげないと無理ですね。APB にも使えるって書いてあんのに?



これって交換するだけでフレーム剛性が格段に上がるチュ−ニングパーツなので是非とも付けたいと願っていたのですが、旋盤加工が必要だと諦めていました。これもダイナベクター富成次郎氏に教わったんですが、ロックリングを削るのではなくフレームから出ているフックの角を僅かに削るだけで装着できるそうです。

DSC_4392
フレームを削るってちょっと怖い気もしますがやってみましょう。



DSC_4396
ここで当たってストップなんですが、



DSC_4398
この部分の角を少しだけ落とすんだそうです。




DSC_4399
さぞかし固いんだろうなと思いベルトサンダーを用意。



DSC_4402
角をさっと撫でるだけで入っちゃいました。




DSC_4401
ベルトサンダーなんていりませんね。丸棒ヤスリで十分でした。




DSC_4364
5mm のアレーンキー等が差せます。




DSC_4403
上のクロスメンバーに貫通するボルトは、6mm アレーンキーで、



DSC_4404

手で締め込んだところから時計の針で5分ほど締められますので、フレーム剛性が格段に上がります。安価な割には、ハイパフォーマンスを発揮しますのでお勧めのパーツです。しかも取付け簡単。

DSC_4457

明日は、完成お披露目編を


記事検索
  • ライブドアブログ