SRAM RED GXP クランクへの誤解(その5)【橋輪Blog】

SRAM RED GXP クランクへの誤解(その5)

DSC_3460
Bianchi OLTRE XR4

SRAM Red eTap Road Groupset を組付けるもう1台目は、「頭はガーミン」のカテゴリーで、橋輪Blog に参加する tern を持って海外へ〜編で、インドから行方不明になっている Yubo 持ち込みのビアンキカーボンフレームです。こフレーム410.000円(税別)だって。


DSC_3461
DSC_3462
フレーム・フォークで1420g。



DSC_3456
SRAM Red eTap Road Groupset wiFLi Max3  210.000円
(税別)



DSC_3457
リヤディレーラーは最大スプロケット32Tまで対応するワイフライ(ミドルケージ)。



DSC_3458
こちらもペアリングは済ませておきましょう。



DSC_3464
こちら全て持ち込みパーツです。



DSC_3511
装着するクランクは、SRAM DED 22 Quarq POWER METER GXP で、お値段151.800円(税別)。




DSC_3512
パワーメーターの機能を司る Quarq(クオ−ク)は現在 SRAM の傘下。(Q)は、バッテリーケースでCR2032のボタン電池が入っている。パワー計測は、クランクを回し始めるとON となり10分以上静止するとOFFで、約300時間稼働する。サイコン、スマホへの通信は、ANT+& Bluetooth。パワーメーターに関しては、yubo に任せたいと思います。こちらもインターマックスウェブサイトではBB30版の画像になっていますが、GXP版ではこちが最新モデルです。(その2)でも書いたようにSRAM RED 22  クランクセットには 「GXP」「BB30」の2機種がありますが、ここで言うスラムの「BB30」は、ボトムブラケットの規格ではなく、30mm アクスルを指し、「GXP」は、24mm アクスルを意味するニュアンスのようです。



DSC_3513
スパイダーアームには、パワーメーターが内臓されていますが、基本構造は、S さんのクランクと同じ、24mm アクスルの「GXP」です。



DSC_3463
二つ持ち込まれたBB。フレームの規格は、プレスフィットのBB86。



DSC_3537
Sugino SHPF(BB86)ビアンキがスギノに作らせたのか?



DSC_3538
こちらシェル幅86.5mm 内径Φ41mm のBB86規格でフレームには、フィットできますが、SRAM GXP クランクには適合しません。


DSC_3539
一般的な左右同じサイズのベアリングですから二つともスルスルとアクスルへ。これですよ、これ、何故はじめにこのことに気が付かなかったんだろう!



DSC_3514
WISHBONE BB86-GXP CERAMIC ボトムブラケット



DSC_3516

BB86規格のBBシェルにSRAM GXP 24mm アクスルクランクを組付けるGXP専用のボトムブラケット。台湾のメーカーらしいが、TOKEN の NINJA BB のような構造で、締め込むだけで圧入出来る。BB シェルにアッセンブルした仮想が作れることが GXP クランクの思想を理解する上で役に立った。

明日は、その画期的で素晴らしいシステムを!

SRAM RED GXP クランクへの誤解(その4)【橋輪Blog】

ボール紙で70mm シェルを作ってみる

DSC_3328
70mm の位置にマーキング。



DSC_3329
紙でもかっきり約?70mm。



DSC_3330
なんだか中に入っている真ん中のカラーの収まりが悪いですね。



DSC_3326
どういう事なんでしょう?



DSC_3354
良く見ると左側は段付きになっていてそこでストップ。右は動けるようになってます。



DSC_3355
左側を段付きまで入れてしまうと、



DSC_3356
カラーの長さが足りないよ。紙の70mm シェル幅では、右側のOリングに触りません。



DSC_3357
対策方法としては、段付きまで入れず、どちら側も何となく寄り添い最後は、両方のOリングが押され合うみたいな。せこいなSRAM。68mm BSA のカラーを兼用して使ってやがる。


DSC_3331
さて、お手製の70mm シェルに組んだイタリアンBB を組んでみましょう。



DSC_3332
フィキシングボルトを規定トルクで締めます。



DSC_3341
DSC_3342
上下の画像を良くご覧ください。紙シェルを上下に動かすとBBの間に隙間が出ますね。紙だといえ0.5mm はありますよ。これでは締めきれてないってことですね。


DSC_3359
ウェーブワッシャーやシムで例の作戦に出るしかないみたいですね。



DSC_3351
もう一つ気になる点は、普通のクランクでしたら左右のBBが乗る場所を太い部分から仕上げてありますが、これは右側(チェーンリング側)のみしか仕上げてませんね。



DSC_3352
右側は、ある程度の抵抗がありながら入って行きガタがありません。



DSC_3351
左側と言うとこのスプラインの切ってあるところに入りますので、



DSC_3353
ガタが出てしまいます。



DSC_3361
実際の70mm シェルで試してみましょう。イタリアンBBですから左右共に正ネジです。



DSC_3362
ウェーブワッシャーやシムを入れないで組めば0.5mm の遊びが出ると想定。



DSC_3363
シャフトを挿入します。


DSC_3364
若干の抵抗がありながらもストンと入りました。



DSC_3365
ここで一気に締め込まないのがポイント。



DSC_3366
ガタがあるうちに一端締めるのを止めて、



DSC_3369
BB にロードが掛っていな状態でどれくらい回るのか確認。



DSC_3370
さらに規定トルクまで締めこんでみると。あららガタが無くなったぞ!



DSC_3374
回転も最高だ! またもや偶然が起きたのか?


それは偶然ではなかった。シャフトと左クランクを結合するフィキシングボルトを規定トルクで締めさえすれば、全く構造を把握してない誰が締めたのであろうともガタが止まり、BB ベアリングには一切のストレスが掛ることのない適切な位置をもたらす素晴らしい機構が備わっていることを次に組むロードバイクフレームに搭載する SRAM RED POWER METER クランクとWISHBON BB86-GXP ボトムブラケットが教えてくれたのです。

DSC_3474

明日につづく、

SRAM RED GXP クランクへの誤解(その3)【橋輪Blog】

取りあえず組んでみっかと

DSC_3165
SRAM GXP BB CUPS CERAMIC ITALIAN

「GXP クランクにこのBB 使えますか?」「勿論使えますよ」で S さん色見で同時購入したのだと思われます。ま、うちが取り寄せた部品ではないので気軽に仮組と行きますか。

DSC_3166
とは言えBBとクランクの位置関係だけはちゃんと見とかねば。



DSC_3167
こちらドライブサイド。(右クランク側)



DSC_3168
そしてノンドライブサイド。こっちの方が穴小さいような?



DSC_3169
シールリップの逃げもある。



DSC_3170
こちらはいい感じ。さて左側はと、



DSC_3320
何だ?コツンと止まったぞ!



DSC_3172
そんなに公差がきついのか? これはハンマーで叩いても無理なような。



DSC_3321
シャフト径を測ってみると23.82mm。



DSC_3324
BB 内径は、22.01mm。これはどうしたって入る訳がない。



DSC_3317
これでいいのか? BB は本当に適合しているのか? カラーを組付けて入れてみると、



DSC_3318
こんなに隙間が開いちゃいます。増々不吉な予感。



DSC_3314
DSC_3325
おっと忘れてました。このフレームはイタリアンBB だから何時も見慣れたBSAより2mm 広がるってこと。でも2mm なんて隙間じゃなかったよね。何このクランク?


DSC_3327

ようは70mm シェルに組んだBB 幅が左右のクランク間に収まるのか余るかは、左クランクアームのフィキシングボルトを規定トルクで締めこんだ時、どれだけ勘合部が深く刺さるのかに掛ってきます。幅が狭ければガタが出るし、広ければ回転が重くなります。本当にこのクランクと BB 適合してんだろうか?

明日につづく、


SRAM RED GXP クランクへの誤解(その2)【橋輪Blog】

SRAM のクランク組むの初めてかも

DSC_3160
SRAM RED 22 GXP クランクセット 60.000円(税別)

スラムのクランクって、ピスト用の Omnium ぐらいしか組んだこと無かったかも。本当に SRAM 無知なもんですから GXP クランク持ち込んだ S さんに対して、「これヤフオクか何かで売っちゃってさー、最新のREDクランク買った方がいいですよ」 「最新のRED は凄いですよ ROTOR みたいなプリロード調整が出来るんですから」なんて言ってる始末。だが品番からこれが、SRAM RED 22 GXP 最新クランクセットであることが判明する。


GXP
SRAM のロードコンポーネント輸入元は、ダートフリークからインターマックへと変わった。これはそのインターマックスのウェブサイトからの画像だが、どこが違うかお分かりだろうか? S さん持込の右クランクには、中空シャフトが見えていますが、こちらはフィキシングボルトがありますね。


b1a03dcf
てことは、この画像のものは SRAM の展示会で見た ROTAR のような左クランクアームにプリロード調整機構が付いているやつです。おのずと左クランクアームとシャフトは一体ですから右クランクアームを繋ぐフィキシングボルトは右側に来るわけです。


DSC_3166
こちらは右クランクアームとシャフトが一体となるオーソドックスなタイプで、あのFSA と同じ”お〇カ”方式。しかもぼくの大嫌いなごまかしウェーブワッシャーも付属しない。


そこでインターマックスに確認したところこんな返事が返って来た。「SRAM RED 22 GXP クランクセットには2種類あって「GXP」と「BB30」です」 「BB30 には新機構のプリロード調整が付いています」とのこと。画像には、BB30 のものを載せているんだそうだ。なのでこちらのGXPクランクセットは、プリロード機構がない最新モデルのSRAM RED 22 GXP クランクセットということみたい。

なんだSRAM も進化したなと思っていたのに残念だ。I さんの KIMORI COLOSSUS HR 5号機に組み付けた FSA SLK の時のようにまぐれでピッタリと納まるだろうか? 偶然とは、そうはめったにある事ではない。


DSC_1935

明日につづく、


SRAM RED GXP クランクへの誤解【橋輪Blog】

SRAM RED GXP クランクへの誤解

DSC_3138
DE ROSA NUOVO CLASSICO

先日ご紹介した SRAM Red eTap Road Groupset。このコンポーネントを組付ける先ず1台目は、「お客さんの工作技術が半端ない件」でお馴染みの S さん持込のデローザであります。これ総額結構いいお値段になりそう。

DSC_3141
DSC_3143
DSC_3142
DSC_3144
DSC_3145
DSC_3146
DSC_3147
このフレームセット328.000円(税別)もすんのね。たまげた。



DSC_3148
DSC_3149
フレーム、フォークで2.44kg。



DSC_3151
こちら SRAM のクランク、BB その他全て持込のパーツであります。



DSC_3154
カーボンホイールは、CAMPAGNOLO BORA ULTRA 80。
これ416.000円(税別)しますかんね。



DSC_3155
リムハイト80mm のチューブラー。ブレーキ掛けるのもったいないほど綺麗にクリアー掛ってます。と思ったら特殊表面仕上げでクリヤーは吹いてないんでって。凄い!



DSC_3156
タイヤは、MICHELIN PRO 4 をチョイス。



DSC_3158
カセットは勿論 SRAM RED 22。良く考えてみると面白いのが、カンパの部品なのに Shimano / SRAM フリーが選択できるってこと。DURA-ACE のホイールにカンパ用なんて無いもんね。



DSC_3160
そして問題のSRAM RED GXP クランク。



そして今年もこれで早退します!

yazawa

矢沢永吉 「TRAVELING BUS 2017」日本武道会

明日につづく、

”オッサン”のガレージセール FUJI YAIBA 再び!【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール FUJI YAIBA 再び!

DSC_8610

今回の”オッサン”のガレージセール は、FUJI 111周年記念モデル YAIBAであります。前回売れなかったので価格を下げての再出品であります。


DSC_8611
シフターは、ダウンチューブのダブルレバーから105 STI に変更しています。



DSC_8617
フレームサイズは500。



DSC_8612
DSC_8613
DSC_8614
DSC_8615
DSC_8618
DSC_8619
DSC_8620





こちらも付けますよ!

DSC_3452
フラットバーセット。



DSC_3453
ステム:NITTO NTC 80mm



DSC_3454
グリップ:ERGON GP3 バイオコルク



DSC_3455
ブレーキレバー:DIA-COMPE DC135
シフター:Shimano SL-7900  2×10 Speed



こちらも付けちゃいます!

DSC_8530
ディープリムスペアホイール1セット。



DSC_8533
ハブは、前後ともアメリカンクラシック。フロントエンド幅100mm。



DSC_8534
フリーは、シマノ10 Speed に対応。リヤエンド幅130mm。



DSC_8537
リムは、H PLUS SUPER LITE。ブレーキ面も殆ど擦れていません。



DSC_8535
タイヤ:SCHWALBE ULTREMO ZX



DSC_3261


FUJI 111周年記念モデルYAIBA の詳細は、⇒ こちら

定価577.750円 走行距離約2.500km

現金特価160.000円でお願いします!
※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません

明日、火曜日は定休日です。ご興味のある方はメールにて
shop@hasirin.com

ターンのミニベロ 2018 tern SURGE 【橋輪Blog】

ターンのミニベロ 2018 tern SURGE

DSC_3437
DSC_3422
(サージュ)

2018 tern
SURGE          96.120円(税込)
橋輪プライス    86.500円(税込)
カラー:マットブラック / マットレッド

SURGE          99.360円(税込)
橋輪プライス    89.400円(税込)
カラー:シルクポリッシュ


46 / 150 to 165cm
50 / 165 to 180cm

16 Speed 10.0kg

オ−ルカラーは、⇒ こちら

2017 ROJI BIKES カテゴリーから投入されたターンのミニベロ SURGE。2018では、マットブラック、マットレッドに加え NEW カラーのシルクポリッシュ(3.000円高)が登場で、3色展開のラインナップです。スペックでは、Shimano Claris のコンポーネントが、2400 から新型の R2000 へとアップグレードしています。


DSC_3424
ホイールは、Kitt Custom Crow 3.0 Plus 20(451)で、アルミストレートエアロブレードフォークを採用。



DSC_3425
タイヤ:HENG SHIN 20×1 1/8(28-451)



DSC_3432
特徴的な大面積幅広ダウンチューブ。鋭く尖ったエッジがご覧いただけるだろうか。



DSC_3435
クランクセット:Kitt Custom 53/39T



DSC_3427
フロントディレーラー:Shimano Claris



DSC_3436
リヤディレーラー:Shimano Claris



DSC_3429
カセットスプロケ:Shimano 11-28T 8 Speed



DSC_3430
Kitt Custom のドロップバー及びステムは、フレームサイズ460が、380 / 80mm。500が、400 / 90mm。クランプ径は、Φ31.8mm。


DSC_3431
デュアルコントロールレバー:Shimano Claris 2 x 8 Speed



DSC_3439




DSC_3434

久々にマットブラックの車体が上手く撮影できたと思う。この時丁度、西濃さんのトラックが店の前に止まってて、アルミの荷台がレフ板の代わりをしたのかも。しかしこのミニベロ、カスタム魂に火が入りますな。

ぼくなら迷わずこれ行きます!

DSC_9906

Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel


最後の tern Verge X10 は、マットホワイトで!【橋輪Blog】

最後の tern Verge X10 は、マットホワイトで!

DSC_2810

tern Verge X10 ラストの1台は、お客様のリクエストでフレーム上部のオレンジをマットホワイトでペイントです。

ec80fe55
オレンジの部分をマットホワイト。グロスホワイトの tern ロゴは、そのまま残す。



x10
塗装作業中の画像。緑のロゴは、マスキング用ステッカー。



DSC_3295
で、届きました。



DSC_3303
全然雰囲気変わりましたね。



DSC_3306
角度によってはロゴが見えない。



DSC_3312
これは渋い選択ですね!



DSC_3407




DSC_3408




DSC_3412





DSC_3415




DSC_3418




DSC_3416




DSC_3448

こちらオーナーの M さん。実は、M さん初め 2017年モデルの DAHON Boardwalk D7 のクラウドホワイトを買いに来たのですが、(ボードウォークはその日に納車)その時に見た tern Verge X10 が気に入ってしまいオリジナルペイントをオーダーし、本日納車と相成りました。

どんだけ白好きなんだ?(失礼)

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修11!【橋輪Blog】

エレベーター(昇降舵)サーボの取付

IMG_2466

いや〜、仕掛仕事が中途半端なのと撮影待ちでBlogになりません。二晩連続でおじゃまします。エレベーターとは尾翼に付く動翼で、飛行機の上下方向の制御をする。

IMG_2467
エレベーターのリンケージは、この機体作った人がやってあったんですが、実機通りのPUL PUL(引き引き)ワイヤーリンケージがどうにも渋くて。(動きが悪いって意味で)


IMG_2468
機内からの出口が曲がってるような感じ。



IMG_2491
エレベーター、ラダーのリンケージが操縦席のすぐ後ろまで来ていて、どうやら操縦桿までも動かそうと目論んでいたみたい。せっかくの工作だが操縦に影響が出るのは間違いないので渋々キャンセルします。


IMG_2455
テールヘビー覚悟でダイレクトにサーボ2ヶ後ろに積んじゃいます。



IMG_2456
これは先生に教わったマッチ箱外箱方式。



IMG_2457
IMG_2459
IMG_2458
IMG_2460
IMG_2461
IMG_2462
IMG_2465
これでマッチBOX完成。



IMG_2481
リンケージパーツを含めた重量は、143.5g。せっかくデッカイエンジン積んでバランス取ろうとしてるのに。


IMG_2470
絹張りされた尾部は、かろうじてここまで堅木。



IMG_2473
搭載できるのは最後部の僅かなスペース。



IMG_2476
尻つぼみの尾部に平行な箱を差し込むのは難しいので型紙を作ります。



IMG_2478
これで胴体の尻つぼみと水平尾翼後端の角度が出ます。



IMG_2484
この角度を貰って来ればマッチBOX の型紙が作れます。



IMG_2485
正方形プラス尻つぼみの角度付きの型紙。



IMG_2487
これで角度はピッタリ。



IMG_2489
前後位置を決めて下の型紙にもマーキング。



IMG_2490

この型紙2枚をひっくり返せば反対側の穴あけ治具として使えるってわけ。



IMG_2493
大胆に行きました。



IMG_2494
反対側もね。



IMG_2495
さてどうか?



IMG_2496
ドンぴしゃで反対側まで貫通!



IMG_2497
このまま接着した方が強度的に良いのですが、メンテナスハッチとして使おうと思います。



IMG_2498
なのでフランジを付けて片持ちとします。



IMG_2507
ここはがっちり接着。



IMG_2499
ちょっと大げさだが強度的に安心。



IMG_2509
実機は鋼管フレームだけど木製の雰囲気でごまかすためにライトブラウンで塗りました。



IMG_2510
フランジ付き片持ちマッチBOXの完成!



IMG_2511
穴から覗く丸パイプはカレンダーを巻いて作ったもの。



IMG_2513
サーボ配線のトンネルです。



IMG_2516
DUBRO のごっついエレベーターホーンをボールリンクでダイレクトドライブ。



IMG_2517


4本止めのホーンビスが3本しか止まってないのは、そこに堅木が無いから。しかしアクロ機みたいなごっついリンケージになっちゃったけど水平尾翼の下だから見えないね。



IMG_2518
ところがホーンの反対になる上側のパーツは丸見えだ。



IMG_2519
少し目立たなくしておくか。



IMG_2520
IMG_2521
IMG_2522
IMG_2523
上出来、上出来!



IMG_2514
エレベーターアップ!



IMG_2515
エレベーターダウン!



IMG_2549

エンジンコントロール、エルロン、エレベータのリンケージが完了して残すはこの方向舵だけだな。

ガンバンベー!

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修10!【橋輪Blog】

エルロン(補助翼)サーボの取付

IMG_1205

DAHON の2018年モデル連続で紹介しネタが尽きたので今夜は社長室よりお送りする。エルロンとは主翼翼端に付く補助翼で飛行機のロール方向の制御をする動翼である。

IMG_1213
ここまでちゃんと作ってあったんですよ。



IMG_1212
中身は空っぽだけど。



IMG_1206
市販の木製サーボベットを組み立てます。


IMG_1215
エルロンに使うサーボは、JR DS588 HV。トルクは、5.2kg・cm しかないがこの飛行機には十分。



IMG_1216
下側の当たるところカットね。



IMG_1217
こんな具合。



IMG_1218
ロッドはエルロンホーンに真っ直ぐね。



IMG_1219
この裏に取り付けです。



IMG_1229
左右間違えないように。



IMG_1220
エポキシ接着剤でがっちり接着します。



IMG_1230
サーボホーンが顔を出すスリット位置をマーキング。



IMG_1231
穴を開けます。



IMG_2537
ロッドの長さを決めてクレビスをはんだ付けすれば完成。



IMG_2541
長い翼の中に延長コード通すの大変だった。



IMG_2538
エルロンリンケージの完成で〜す!



IMG_2543
作動点検。エルロン左! 



IMG_2544
エルロン右!

自分で乗る飛行機は、自分自ら点検する。

これ基本であります。

記事検索
  • ライブドアブログ