2022 FUJI TRACK ARCV 突然の入荷!【橋輪Blog】

2022 FUJI TRACK ARCV 突然の入荷!

IMG_8085

こんあことがあるのでしょうか?2022年モデルの TRACK ARCV の入荷遅延の情報が入り FUJI のページを入荷予定「6月⇒8月上旬」と更新した直後に配送便のトラックが到着。下ろされた荷物は、TRACK ARCV でした。

【FUJI】
TRACK ARCV  マットブラック 49 入荷1台 予約完売
TRACK ARCV  マットブラック 52 入荷1台 次回入荷予定なし
TRACK ARCV  マットブラック 54 入荷1台 次回入荷8月2台
TRACK ARCV  マットブラック 56                入荷未定

TRACK ARCV  ナイトクローム 49 入荷2台 次回入荷予定なし
TRACK ARCV  ナイトクローム 52 入荷1台 次回入荷8月2台
TRACK ARCV  ナイトクローム 54 入荷1台 次回入荷8月1台
TRACK ARCV  ナイトクローム 56 入荷1台 次回入荷予定なし

TRACK ARCV  ラスティーネイル 49     完売
TRACK ARCV  ラスティーネイル 52 入荷1台 次回入荷予定なし
TRACK ARCV  ラスティーネイル 54     完売
TRACK ARCV  ラスティーネイル 56     完売

TRACK ARCV  ブリアン     49     完売
TRACK ARCV  ブリアン     52 入荷1台 次回入荷予定なし
TRACK ARCV  ブリアン     54     完売
TRACK ARCV  ブリアン     56     完売

現在、納車整備ラッシュです。ご予約頂いているお客様には、順次ご案内しております。

もう少々お待ちください





本日の入荷【橋輪Blog】

本日の入荷

IMG_8083

本日、15台ほどの入荷がありました。組み立て次第写真撮影して順次アップいたします。

【FUJI】
Helion R        ガンメタル

【tern】
CREST          マットブラック
AMP F1         ギャラクシー
AMP F1    バーントアンバー
AMP F1    アイアン
AMP F1    カーキ

本日、地元商店会の通常総会がありますので早めに失礼いたします。

只今、絶賛総会シナリオ製作中!



買ってちょうだい Dead Stocker 【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 

MASI のピストアイテム BREV M ホイール。これ結構売ったんですがフロントのみ1本残ってます。

IMG_8078
BREV Fixie Wheel フロント 36H   16.500円 



IMG_8079
リムハイトは、40mm。ホワイトスポークにブラックニップルです。



IMG_8080
ピンクのラージハブです。



IMG_8081

フロント1本のみ!

3.000円の税別でお願いします



”オッサン”のガレージセール 700c 手組ファッションホイールポリッシュ【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール 700c 手組ファッションホイールポリッシュ

IMG_3725

”オッサン”自らファッションホイールと呼ぶそれは、季節ごとに組み替えて楽しむスペアーホイールの事です。


IMG_3726
リムは、H PLUS SUPER LITE。ニップルはレッドで組んであります。



IMG_3727
ハブは、前後ともアメリカンクラシック。フロントエンド幅100mm。



IMG_3728
タイヤは、SCHWALBE ULTREMO ZX。



IMG_3729
殆ど摩耗有りません。



IMG_3730
フリーは、シマノ11 Speed 対応にアップグレードしています。リヤエンド幅130mm。



IMG_3740
ポリッシュリムなので多少の擦りキズあります。


”オッサン”のファッションホイールポリッシュ

現金特価 19.800円でお願いします。
”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません

と、2021年1月18日に売り出しましたが、本日売れ残っているの発見!再出品いたします。

現金特価 10.000でお願いします。
”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません


初のエンジン水上機 Muscle Coupe(その4)【橋輪Blog】

初のエンジン水上機 Muscle Coupe(その4)

IMG_7848

K3 の納車整備&納車ラッシュで今夜も社長室で Blog 書いてます。フロート&テールフィンの取り付けは OK となったところで陸上機仕様に戻しエンジンマウントを考える。

IMG_7886
元々の機体が電動モーター仕様で設計されているのでモーターマウントがそのまま搭載できるように作られています。


IMG_7969
エンジンマウントは、全然合わないし付いたとしても前過ぎる。しかも19cc の重たいガソリンエンジンを保持する強度も持ち合わせてはいないだろう。


IMG_7970
出来れば防火壁の位置まで下げたい。



IMG_7887
この機体構造がまた曲者でフレームが前に向かってテーパードとなっている。これでは何時もの方法が取れない。


IMG_7971
5〜6時間は眺めただろうか。どう頑張っても良い案が浮かばない。このままでは一歩も前に進めない。「よーし」後先考えずぶった切ることに。


IMG_7972
ああ・・あ、やっちゃった!


ラジコン趣味は、実際の作業時間より「あーだこーだ」と考えてる時間の方が100倍長いのであります。

次回につづく、






初のエンジン水上機 Muscle Coupe(その3)【橋輪Blog】

初のエンジン水上機 Muscle Coupe(その3)

IMG_7779

本日は、雷が鳴り大雨が降ったので社長室からお送りする。陸上機仕様のメインランディングギヤとテールギヤを取り付けたので、フロート装着も考えておこう。水上機仕様では、テールギヤを外したところにテールフィンを装着するようになっている。大きな船を2個ぶら下げるため直進安定性を増す効果を出すのだろうか。

IMG_7789
尾翼の取外式に改造するために開けたメンテナンスホールにベニヤでハッチを製作。



IMG_7807
赤のフィルムを貼れば、見れるでしょ。テールギヤも装着。



IMG_7791
でもってテールフィンだが、どう見ても接着で取り付けになっている。接着してしまうと陸上機に戻れなくなってしまうので、ハッチをもう一枚作ってこれに接着。


IMG_7792
テールフィン付きのハッチをビス止めすれば水上機仕様。



IMG_7797
上が水上機で下が陸上機のリバーシブル。



IMG_7798
フロートを仮組してみる。なかなか立派なフロートセットは、税込25.190円也。



IMG_7800
機体への取り付けは、前側の支柱が陸上機用ランディングギヤの取付部にセット。そして後ろの支柱取り付けも用意がある。



IMG_7793
おなかのフィルムをカットすると、



IMG_7794
後ろ支柱取り付け部が現れた。



IMG_7876
これ陸上機のときカッコ悪いんでカバーを製作。



IMG_7877
こんな塩梅。



IMG_7881
竹串を使い、



IMG_7880
機体内部から、



IMG_7878
予めセットされているブラインドナットから突き刺します。



IMG_7879
するとハッチにマーキング。



IMG_7882
IMG_7883
穴を開けた後、同じ赤のフィルムを貼っておきましょう。



IMG_7885
これで飛んでるときは見えないでしょう。



IMG_7799
フロートを装着するとミドルクラスの機体でも結構大きくなります。



IMG_7803
フロート装備の機体で、ぼくのラジコンカーに積めるのはこのサイズが限界かな。



IMG_7802

3気筒のラジアルエンジンで水上をスルスル走る姿を想像するだけでわくわくする。

次回につづく、



SUZUKI EVERY DA64V 4WD 初スタック【橋輪Blog】

SUZUKI EVERY DA64V 4WD 初スタック

IMG_3810

昨日の水曜日、天気は晴れで微風の絶好のラジコン日和。喜び勇んで飛行場へと向かいました。土手沿いの砂利道から飛行場へのアクセス道路は、今だかつてない悪路。1km 程進んだところで、いきなりスタック。四駆でオフロードタイヤを装着していますが、今回は轍が深すぎました。4WD であろうがデフや腹が付いてしまえば亀の子であります。

IMG_8066
ビカビカだったのに一瞬でドロドロ。



IMG_8067
前方のフックに牽引ロープを掛けるのに手彫りで泥をかき分けました。



IMG_8068
何時も積んでる牽引ロープは、フックのみオリジナルでロープ(6t まで行ける)を結んで使ってます。市販の伸びる牽引ロープは、たいがい5年位で劣化するのでブチ切れます。


IMG_8069
それでは、ロープの結び方をレクチャー。



IMG_8070
フック(フックを使わなくとも牽引フックに直で結んでも OK)にロープを通します。



IMG_8071
長手方向(右)のロープが上になる輪っかを作ります。



IMG_8072
左ロープを上から輪っかの中へ。



IMG_8073
下からでたロープを右ロープの上へ。



IMG_8074
それを輪っかの下からくぐらせ。



IMG_8075
これで完了。硬結びで牽引すると結び目がきつく締まりほどけなくなります。これなら確実ですぐにほどけますよ。



IMG_E8065

最高の天気でしたが脱出に多くの時間を取られ 85” EDGE 540 のメイデンフライトは、1フライトで終了。大変だったけど初飛行が出来て良かったです。

まあ、こんな事件もラジコンです。


2022 tern Verge N8 ブルー / シルバー入荷!【橋輪Blog】

2022 tern Verge N8 ブルー / シルバー入荷!

IMG_6689

2022 tern 
Verge N8           109.780円(税込)
橋輪プライス     98.800円(税込)  
8 Speed  11.0kg

2022 モデルで一色だけ遅れていた tern Verge N8 のブルー / シルバーが入荷しました。これで6色オールカラーが揃いました。各モデル球数少ない中 Verge N8 は今のところ多少は供給が追い付いています。

IMG_6682
ペイルゴールド / シルバー ストック5台あり 次回入荷7月



IMG_6687
ガンメタル / ダークシルバー ストック5台あり 次回入荷7月



DSC_8317
マットレッド / ダークシルバー ストック4台あり 次回入荷7月



IMG_6685
グリーン / ホワイト ストック8台あり 次回入荷7月



IMG_6689
ブルー / シルバー ストック6台あり 次回入荷7月



IMG_6693
マットブラック / レッド ストック9台あり 次回入荷7月



2022 tern Verge N8 売れてます!

2022 tern Verge N8 



DAHON K3 海外仕様限定モデル入荷!【橋輪Blog】

DAHON K3 海外仕様限定モデル入荷!

DSC_5868
DSC_4649
K3(ケイ・スリー)

2022 DAHON  海外仕様限定モデル
K3           95.480円(税込)
橋輪プライス    85.900円(税込)
3 Speed   7.8kg

DAHON 人気 No.1 の K3 現在全色欠品中(通常ラインナップの K3 レッド / マットブラック、ガンメタ / ブラック、シャンパン / ブラックの入荷は、5月を予定していましたが8月に遅延しています)の中、海外仕様限定モデルが各色限定5台で入荷しました。カラーは、現行モデルのレッド / マットブラックに過去の復刻カラー3色を加えた4色展開。通常ラインナップとの違いは、ラゲッジトラス台座がなくヘッドバッチ仕様とチューブが、米式となっています。価格も4.400円お安くお買い求めいただけます。

DSC_5869
イエロー / マットブラック ラスト4



DSC_5875
レッド / マットブラック 予約完売



IMG_9316
ホワイト / ブラック ラスト2台



DSC_6956
ブルー / マットブラック ラスト2台



通常ラインナップとの違い

IMG_9318
ラゲッジトラスの台座がなくヘッドバッチ(プリント)となります。



IMG_9317
チューブが、仏式から米式。



IMG_9323
フォールディングではない wellgo のペダルが付属。



IMG_9322
便利な長さ調整可能な DAHON 純正アジャスタブルスタンドがプレゼント。



IMG_9319




IMG_9320

K3 海外仕様をご予約頂いておりますお客様へ

大変お待たせ致しました。こちらの海外仕様、通常の納車整備に加えリヤディレーラー、ディレイラーハンガー、シフターの交換、フリーラチェットスプリングの点検、コーションラベルの貼替など日本仕様に準じた作業がプラスされるため大変な時間を要しています。ご予約頂いた順でご案内させておりますが、もう少々お待ちくださいますようお願いします。




2022 tern SURGE PRO DELTA 入荷【橋輪Blog】

2022 tern SURGE PRO DELTA 入荷

DSC_8095
DSC_8108
SURGE PRO DELTA(サージュ・プロ・デルタ)

2022 tern    
SURGE PRO DELTA    217.800円
(税込)
橋輪プライス      196.000円(税込)
20 Speed  8.9kg(ペダルは付属しません)
470 / 160 to 170cm 
520 / 170 to 180cm


tern 最強ミニベロ、サージュプロ。マットブラックをベースにデルタグリーンとデルタレッド、デルタブルーの3色展開ですが、今年はデルタグリーンの47サイズとデルタレッドの52が各1台のみの入荷となりました。その他のサイズ、デルタブルーは既に完売となっています。


DSC_8105
DSC_8106
デルタブルー 47 完売
デルタブルー 52 完売


DSC_5336
DSC_5330
デルタグリーン 47 ラスト1台
デルタグリーン 52 完売


DSC_5325
DSC_5326
デルタレッド 47 完売
デルタレッド 52 ラスト1台


DSC_8107
この▽ラインがデルタの由来。デルタトライアングル付近の溶接は、PRO のスムースウエルドより仕上げの美しいスーパースムースウエルドとなっている。


IMG_5382
IMG_5381
IMG_5386
エアロフォルムを強調させるためブレーキ、シフトケーブルは、全てインナールーティングされる。




DSC_8113
クランクセット:FSA Gossamer Pro 53/39T  Mega EVO BB386



DSC_8133
ボトムブラケット:FSA Mega EVO BB386 インテグラル



DSC_8114
フロントディレーラー:Shimano FD-4700 Tiagra



DSC_8115
リヤディレーラー:Shimano RD-4700 Tiagra



DSC_8116
カセットスプロケ:Shinano CS-HG500-10 11/25T 10 Speed



DSC_8120
シフター:Shimano SL-4700 Tiagra 2×10



DSC_8121
ステムは、バークランプ径31.8Φで、フレームサイズ470が、80mm、520が、90mm。



DSC_8122
ハンドルバーはそれぞれ380mm / 400mm。



DSC_8119
アナダイズド仕上げのヘッドバッチ。



DSC_8111
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォークが標準装備でショートリーチブレーキキャリパーにも対応。軽量だけではなくエアロブレードデザインで空力的にも有利。


DSC_8110
451サイズのホイールは、サージュ・プロ用に新設計したキネプロX。フロントエンド幅100mm / リヤ130mm。リムハイトは、40mm。スポークは、エアロブレードタイプを採用。


DSC_8112
タイヤ:SCHWALBE ONE 20×1 1/8(28-451)



DSC_8131
DSC_8117
ブレーキもショートリーチキャリパー対応となっています。



DSC_5327
DSC_5331
DSC_8110
デルタグリーン、デルタレッドに合わせたキネプロディープディッシュ451ホイール。



DSC_8123



DSC_8126

僅か2台のみの入荷です。これを逃すと2023年モデルを来年5月まで待たなくてはなりません。

tern SURGE PRO DELTA 試乗できます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ