2017 DAHON Curve D7 【橋輪Blog】

2017 DAHON Curve D7

DSC_6484
DSC_6486
Curve D7(カーブ)

2017 DAHON   

Curve D7            73.440円(税込)
橋輪プライス    66.000円(税込)
7Speed   11.6kg

16インチシリーズで、一番キュートなカーブD7。2017年モデルは、縦ストライプのアクセントを持たせたスリーカラーでのラインナップです。

DSC_6479
DSC_6565
マットブラック



DSC_6481
DSC_6562
クラウドホワイト



DSC_6484
DSC_6485
レガッタブルー



DSC_6500
16インチのキュートさが魅力。マットガードが標準装備。




DSC_6491
タイヤは16×1.50で、チューブは英式採用で身近な普通のポンプが使えます。




DSC_6487
2015モデルからチェーンリング48T から52T と4T アップ。これに伴いフレームも再設計されています。



DSC_6489
リヤディレーラー、Shimano Tourney 7 Speed。カセットは11-28T。



DSC_6493
グリップが、Route と同じデザインに変更になりました。シフターは、簡単操作のツイストグリップシフターShimano Revo shift 採用。



DSC_6497
センタースタンド標準装備。



DSC_6483
フォールディングペダル付属。



DSC_6494
サドルは、コンフォートなものに変更。低めの着座姿勢でもお尻が痛くなりにくい。



DSC_6492
Valet トラスが装着でき、バックやバスケットが取付られます。



DSC_6499
フレームヒンジは、上級グレードモデルに採用されるV-Clampテクノロジーを搭載。



DSC_6488
V-Clamp がアクセントとなりフレームに高級感が出ています。



DSC_6498

Folding Size (cm) W73 × H61 × D34



DSC_6495




DSC_6496




DSC_6192



第一印象「カワいい」のカーブですが、走りもいいんです! 
是非、試乗してみて下さいね!


試乗車も新たにクラウドホワイトでご用意しました
※試乗には身分証明書の提示を頂いております


2017 DAHON Boardwalk D7 【橋輪Blog】

2017 DAHON Boardwalk D7

DSC_6443
DSC_6444
Boardwalk D7(ボードウォーク)

2017 DAHON 
BoardWalk D7      64.800円(税込)
橋輪プライス     58.300円(税込)
7 Speed            12.4kg

クロモリフレーム採用のシャープなデザインで人気のロングセラー”ボードウォーク”の2017モデル全5カラー入荷しました。2016からのスペック変更はありませんが、一部のパーツがアップグレードしています。

DSC_6457
DSC_6458
プラム



DSC_6462
DSC_6463
フォギーブルー



DSC_6460
DSC_6461
グラファイトグレー



DSC_6464
DSC_6465
クラウドホワイト



DSC_6443
DSC_6444
グリーングラス



DSC_6449
飾り鋲が付いたサドルでお洒落度アップ。




DSC_6445
グリップもゴールドリングのロックオンタイプになりました。




DSC_6447
クロモリスチールの細身のフレームが、しなやかな乗り心地を生む。




DSC_6475
フレームヒンジはバイスグリップテクノロジーを採用。シンプルな構造ながら確実なクランプシステムだ。




DSC_6446
メインフレームに取り付けられる誇らしげなDAHON バッチはCNC加工品。




DSC_6450
ホワイトサイドウォールは、クラシカルな雰囲気を演出。




DSC_6451
タイヤサイズ20×1.5で、チューブは英式採用で身近な普通のポンプが使えます。




DSC_6448
裾の汚れを防ぐチェーンリングガード付のフロントギヤは52T




DSC_6452
リヤディレーラーは、Shimano Tourney。



DSC_6472
7Speedカセットは、12-28T。ローギヤが飛びぬけて大きくなっていますので、坂も楽々登れますよ。



DSC_6473
見やすいインジケーター付きのshimano シフターは操作も易しい。




DSC_6453
センタースタンドは標準装備となっています。




DSC_6459
フォールディングペダル付属。



DSC_6456

Folding Size (cm) W78 × H65 × D34




DSC_6454




DSC_6455




DSC_6466

試乗車も新たにプラムをご用意しました
※試乗には身分証明書の提示を頂いております


2017 DAHON Route 【橋輪Blog】

2017 DAHON route

DSC_6426
DSC_6427 - コピー
Route(ルート)

2017 DAHON  
Route        52.920
(税込)
橋輪プライス  47.600円(税込)
7 Speed       12.2kg

2017モデルのルートが全色入荷しました。2016から継続となる4カラープラス新色2カラーの全6色展開。スペックは、2016からの変更なし。ポタライドから買い物まで、常に身近に置きたいエントリーモデルです。


DSC_6438
DSC_6435
コバルトブルー



DSC_6432
DSC_6433
ルビーレッド



DSC_6436
DSC_6437
オブシディアンブラック



DSC_6428
DSC_6429
クラウドホワイト
    


DSC_6430
DSC_6431
NEW ピュアシルバー



DSC_6426
DSC_6427
NEW キャロットオレンジ



DSC_6406
バックフレームにはポップなロゴ。チェーンによる汚れを防ぐダブルチェーンガード付のチェーンリングは52T。(2017カタログには、53T のミスプリ)



DSC_6407
リヤディレーラーShimano Tourney。




DSC_6478
7 Speed カセットは、14-28T。ローギヤが飛びぬけて大きくなっていますので、坂も楽々登れますよ。




DSC_6404
シティーユースにも配慮しマッドガードを標準装備する。



DSC_6404
タイヤサイズ20×1.5で、チューブは英式採用で身近な普通のポンプが使えます。




DSC_6409
操作の簡単なマイクロシフト製グリップシフター。




DSC_6405
Valet トラスが装着でき、バックやバスケットが取付られます。




DSC_6469
フレームヒンジはバイスグリップテクノロジーを採用。シンプルな構造ながら確実なクランプシステムだ。



DSC_6403
コンフォートサドル採用で、低めの着座姿勢でもお尻が痛くなりにくい。




DSC_6402
小さな力でも確実なクランプ&リリースが出来るよう幅を広げたクイックレバーを採用。



DSC_6419
フォールディングペダル。



DSC_6410
センタースタンド標準装備。



DSC_6439




DSC_6440




DSC_6420

試乗車をご用意してお待ちしてます

※試乗には身分証明書の提示を頂いております




1部を除く、2015年以降のモデルのハンドルポストに新採用されたレバーキーパー。
※写真は2016年モデル

IMG_4922
ダホンユーザーであれば、この煩わしさは体験済と思われるが、「レバーキーパー」なる新機構が採用された。

IMG_4924
倒したレバーをホールド出来るデバイス。

IMG_4925
何が良いかと言うと、折り畳んだハンドルポストを起していくと、

IMG_4927
レバーも一緒に起き上がって来てしまう。

IMG_4928
レバーが起きた状態はロックが出たままなので、ここで一度レバーを下げてあげないと展張できない。

IMG_4930
「レバーキーパー」は、この間ずっと押さえていてくれるのだ。

IMG_4931
なかなか偉いぞ「レバーキーパー」



今更だが、ここでDAHON の基本的な畳み方を説明しよう

DSC_0722
基本中の基本、まずは左ペダルを前にする。

DSC_0723
シートクランプを開いて、

DSC_0724
下げたところでクランプします。

DSC_0725
この時少しだけ進行方向左に傾けておきます。

DSC_0712
説明書にあるイラストでは、ハンドルバークランプを開き、ブレーキレバーが上を向く形にしなさいとなっていますが、ここはいじらなくても畳めますよ。

DSC_0713
高さ調整用のクランプを開き伸ばしていくと、

DSC_0699
赤い点が出て来ます。この位置でクランプ。

DSC_0717
セーフティーロックを解除しながらレバーを倒します。

DSC_0740
倒したレバーはレバーキーパーにセット。

DSC_0718
ハンドルポストを畳んで行くと、

DSC_0719
ここまで下がります。これでマグネットとセンタースタンドをかわせる訳です。

DSC_0727
続いてフレームを畳んでいきます。

DSC_0728
セーフティーロックを解除。

DSC_0729
レバーを引きます。

DSC_0734
まだセンタースタンドが出ていますので自立しています。

DSC_0731
ここで初めてスタンドを収納します。

DSC_0732
フレームを折っていくと、

DSC_0696
マグネットが待ってます。

DSC_0735
サドルを傾けたのはハンドルポストと干渉しないためでした。

DSC_0695
BB から後方へとオフセットしたシートポストが下まで突き抜け、スタンドとして立っているわけです。

Folding SizeW89×H64×D34cm



何十年ぶりに集合管買った!【橋輪Blog】

  何十年ぶりに集合管買った!

DSC_6311

先日、撮影用に取付けて頂いた巨大ロールスクリーンには最大の欠点があった。風速3m 程で大きくたなびいてしまうのだ。じゃなきゃヨット走らないよね!


DSC_6394
必死に考えた策がこれ。キャップボルトを突っ込んで重りを載せる。あんまスマートじゃないが、ま、これでいっか。


DSC_6391




DSC_6392

そんなことをしていたもんですから辺りはすっかり暗くなり、今日の撮影は断念。なわけで今夜は社長室からお届けする。

IMG_0088
飛行機が大きくなってくると工作室がどんどん狭くなる。



IMG_0086
増してエンジンが重くなってくると重力を無くして欲しくなるのです。



IMG_0213
エンジンの搭載位置を決めるのに飛行機をこうやって上に向けて合わせたいのです。ですが出来上がった飛行機を立たせるのは無理。



IMG_0210
防火壁を一旦壊して作り直すわけですが、これが難儀であります。



IMG_0211
キャブレターは調整できる位置にしなければならないし。



IMG_0214
IMG_0215
色々計算していると頭が痛くなる。



IMG_0228
しかもこの純正マフラーの取回しも考えねばいけないし。第一このマフラーは、洗濯機を思い出させる。


難関現実逃避して集合マフラー買う!

IMG_0222
来たー!



IMG_0223
軽すぎて中身入ってないかと思った。3気筒の集合管買ったのは、37年ぶりですかね。Kawasaki KH 400 SUGAYA ショート管。



IMG_0224
SAITO FG-60R3 専用チタンリングマフラー 20.000円。



IMG_0225
チタンの溶接ですね。



IMG_0227
ノーマルマフラーが、110.5g



IMG_0226
チタンマフラー87.5g




IMG_0229
IMG_0230
ん、すっきりしてカッコいい。


久々、日曜日の飛行場です。みんなと会えました。


IMG_0103
ぼくのボヨヨ〜ン CUB も初飛行。



IMG_0102
おっさんパイロットも緊張ぎみです。



IMG_0107
フライト前に空気ぱんぱんに入れまひょ!



IMG_0101
初飛行は大成功!


(画像クリックで拡大)
IMG_0104
クラブメイトのT氏です。何時も色々な話題と情報頂いております。



IMG_0105
お!このパイロット、日本軍機を6機撃墜したようですな。


IMG_0090

T氏の機体は、F4U コルセア。年期の入った機体に見えますが実は新造機です。ウエザリングと言って、わざと使い古したように汚す塗装を施しています。凄いでしょ! このコルセアにぼくが買ったのと同じ60cc 三気筒のエンジンが載ってるんです。

初めて YouTube にアップしてみました。迫力のサウンドをお楽しみ下さい。そうそう「ピューーーー」って言ってるのはエンジンではなく、デスホイッスル(死の口笛)って笛だそうです。おちゃめですな。





2017 DAHON フラッグシップ Mu Elite 【橋輪Blog】

2017 DAHON フラッグシップ Mu Elite

DSC_6364
DSC_6387
Mu Elite(ミューエリート)

2017 DAHON
Mu Elitte     313.200円
(税込)
橋輪プライス   281.800円(税込)
22 Speed    10.0kg  (ペダルは付属しません)

2014年にブルホーンバーでデビューしたDAHON フラッグシップのエリートは、2016で、ドロップバー&11速コンポ搭載でマイナーチェンジ。2017では、車体色のライン変更とクランク回りのアップグレードが施されました。


DSC_6383
リキッドブラック。2016とカラーは同じだが、塗り分けにあったラインを無くしたデザイン。(レーシーレッドも同じ)


img02[1]
レーシーレッド



DSC_6365
デュアルコントロールレバーは、Shimano 105 ST-5800 11Speed。




DSC_6366
VRO ハンドルポストは、ラインナップ最短の280mm 。




DSC_6375
カーボンより軽い KCNC ライトウイングシートポストが標準装備。




DSC_6370
ハイパフォーマンスホイール、スマート1.0 は451サイズ。ブレードスポーク採用。




DSC_6371
タイヤは、SCHWALBE DURANO 20×1 1/8(28-451)




DSC_6384
ブレーキは、前後キャリパー仕様。




DSC_6386
Tektro R-539。




DSC_6372
NEW タイプとなったFSA クランク Gossamer Pro。チェーンリングは、53/39T。




DSC_6376
FSA ボトムブラケットも MEGAEXO BB-6200 から BB386 EVOに変更。




DSC_6373
フロントディレーラー、Shimano 105 FD-5800




DSC_6374
リヤディレーラー、Shimano 105 RD-5800




DSC_6377
カセットスプロケ、Shimano 105 CS-5800 11/28T 11Speed




DSC_6389
Folding Size (cm) W80 × H66 × D39




DSC_6378





DSC_6379





DSC_6380

DAHON フラッグシップが乗れます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



2016 Elite もまだあります SALE!

DSC_6381
2016 DAHON Mu Elitte    319.680円(税込)
22 Speed    9.8kg  (ペダルは付属しません)


DSC_6382
レーシーレッド(リキッドブラックは完売しました)

2016 レーシーレッドがラスト3台!⇒ こちら

20%OFF で、255.700円(税込)です!

ANNIVERSARY 001 は、どう生まれ変わる?完成編 【橋輪Blog】

ANNIVERSARY 001 は、どう生まれ変わる?完成編

DSC_0660

S さんの3台目 DAHON は、船長が”レッコ”したアニバーサリーフレームを譲り受け、これまたハイスピードバージョンで組み上げたスプリント仕様。62T のビックギヤに、トップ 9 T のカプレオ 9 Speed カセットをDURA-ACE のディレーラーでドライブ。今夜はノーコメントでどうぞ!


DSC_2069
DAHON SPEED Falco



DSC_3926
DAHON Mu SLX



DSC_6351
DAHON ANNIVERSARY LIMITED EDITION 001



DSC_6341




DSC_6344




DSC_6346




DSC_6345




DSC_6348




DSC_6352




DSC_6343




DSC_6354




DSC_6347




DSC_6339




DSC_6340




DSC_6342




DSC_6355




DSC_6357

こりゃ〜、玄人受けしますわ!

カスタムギャラリーに乗せました↴
Custom Bike Gallery


船長のKIMORI COLOSSUS HR 13 【橋輪Blog】

船長のKIMORI COLOSSUS HR 13

製作を依頼したリムに貼るラウンドステッカーが出来上がった。て言うか張り付けまでお願いしてしまったのだが。でもって製作過程の画像を送って頂きました。

14996549_1173805276034339_1607891329_n[1]
は〜、こうやって作るのね。



15045609_1173805392700994_747586775_n[1]
センターの位置決めが難しそうです。



15046225_1173805309367669_1560120969_n[1]
こちらは、HR。ちゃんとラウンドしてますな。



15032416_1173805452700988_172715884_n[1]
おおー! カッコいいじゃないですか。



14997180_1173881506026716_2143402057_n[1]
はい1台分完成!


I さん、ありがとうございました。流石プロ! でもこの仕事、決して安くないですよ!


DSC_6319
そして届きました。この箱、宅配便で送るの怖かったですが。



DSC_6320

DSC_6321

DSC_6322

DSC_6324

DSC_6325

DSC_6328

DSC_6329

DSC_6330




DSC_6327
DSC_6326

完璧イメージ通り! と思ったが「KOJAK」の「J」が、「L」で書いていた。書いてて何か変だなと思ったんだよな?


(画像クリックで拡大)
DSC_6331

船長ちょっとこれ、カッコ良すぎでしょう!


”オッサン”のガレージセール HED JET 4 【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール HED JET 4

今回の”オッサン”のガレージセールは、アルミカーボンハイブリットの軽量高性能ホイール HED JET 4 です。

DSC_6313
HED JET 4 フロント 720g



DSC_6314
クリンチャーで、リムハイト46mm



DSC_6315
Panaracer Closer Plus 700×23c 付です。



DSC_6316
HED JET 4 リヤ 920g



DSC_6317
フリー:Shimano 10 Speed



DSC_6318

走行少ない HED JET 4 前後セット(パナレーサー付)!

現金特価 98.000円で如何でしょう!

※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません

軒先にフォトスタジオを作る 【橋輪Blog】

軒先にフォトスタジオを作る

撮影場所に散々苦労した末、一大決心して特大ロールスクリーンをオーダーした。サイズは、縦3m 幅2m のフルサイズ。納期は一週間から10日。カラーは邪魔しなくって汚れが目立たないグレーをチョイス。でもって金額が思っていたよりメチャメチャ安くて定価から30%OFF の44.800円(税込)。もっと早く作れば良かった。

DSC_0416
ウッディーな感じが気に入っていた牛タンスタジオは、



IMG_7999
今は、使えません。ちなみに試乗車放出で撮影しているのがこの柵。



DSC_1188
ホームセンターの材料で作ったこれもマジ貧乏くさいし設置が面倒。



IMG_0158
そこでこの軒先からロールスクリーンを下げようって計画。(黄色で囲った部分)



14872505_728215183993279_348844345_n
フルサイズでオーダーしたロールスクリーンは、5.3kg。



14914848_728215197326611_959502958_n
天板は、石膏ボードなので心もとない。



14996377_1186437308117234_296509346_n
そこで取付は、プロにお任せ。先ずは点検口を開けて中の強度部材を確認して取付金具をセット。



14971800_1186437171450581_1661078153_n
本体は、パチンと嵌め込み式。



IMG_0216
施工をお願いしたN さん。こう見えてレコードデビューしているミュージシャンである。そうそう大きなラジコン飛行機が家から出せなくなって、手摺を切断してもらったのもN さんです。



DSC_6300
取付完了! 開けた穴は、点検ハッチにして頂きました。こうゆう所がプロの仕事ですね。



DSC_6301
上げ下げは、チェーンドライブシステムを選択。プルアップタイプより耐久性が高いそうです。



DSC_6303
DSC_6304
DSC_6305
スルスルスルーってこんな感じです。とてもスマート。



DSC_6307
高さ2.6m に3m ですからこんな余白も。

 

DSC_6306
何故かgan well 号が。邪魔なのでどいて貰いましょう。



DSC_6311
どうですかカッコ良いでしょう。このままディスプレーしておきたいくらい。ただ問題なのはカメラマンが車に引かれないように気を付けること。そしてKIMORI はもう見えない。



DSC_6310
2017 FUJI TRACK ARCV

画像をトリミングすればこの通り。まるでスタジオ撮影したみたいでしょ!

後は、カメラの腕だな?


CONTROLTECH 406 Vブレーキ カーボンフォーク再入荷です!  【橋輪Blog】

CONTROLTECH 406 Vブレーキ カーボンフォーク再入荷です!

DSC_6294
CONTROLTECH 406 Vブレーキ カーボンフォーク 65.000円(税別)

CONTROLTECH のカーボンフォークが再入荷しました。ホイールサイズ406用で、Vブレーキ仕様です。エンド幅74mm のコラム長はDAHON 専用品となっています。

詳細は、⇒ こちらから


DSC_3318
DSC_3316
DSC_3315
DSC_3322

ロング V に変更すれば、451サイズもOK ですよ!

記事検索
  • ライブドアブログ