Moulton SST-22 フレームセット その5【橋輪Blog】

リヤスイングアームピポット

DSC_9732

モールトンを扱い始めての浅い経験からして一番ヤバそうなリヤスイングアームピポットから見てみよう。その3で「SST は、一部のパーツがお城で作っているので括りは”お城製”だそうですよ」と書いたが、多分ステンレスのエンドぐらいだろう。殆どがパシュレーで作っているとしたら良い結果が出るかもしれない。なんて期待を持ちながら今日の作業スタート。

IMG_1395
ピポットボルトは、TSR のような1本の貫通ボルトではなく、SUPER SPEED タイプの左右から2本のボルトが刺さる方式。緩み止めは、2枚1セットのノルトロックワッシャー。先ずは2本のピポットボルトを緩めてみた。寸法が出ていなければ少し緩めた時点でリヤアームはガタガタになるはずだが、全然ガタがない。流石パシュレー前回のTSR のように優秀なのか?


IMG_1397
ところが後ろから見てガックリきた。ブラスブッシュに沿うフランジの上方が開き気味なのが分かる。



IMG_1398
左側はもっと酷い。今のところブッシュのつばが厚いのかスピンドルが長すぎるのか分からないが、無理くり叩き込んでフランジが開いてしまったんだろう。


IMG_1400
ボルトを抜いてもリヤアームは落ちる気配がない。



IMG_1401
ブラスブッシュ内のスピンドルは、本来指で押せばぬるっと出てくるはずであるがビクともしない。



IMG_1402
ボルトを返して叩いてみたが全然だ。これはプーラーで引き抜くしかない。



IMG_1403
ボルトは、M10 のピッチ1.5。



IMG_1404
ここに良いプーラーがある。フレーム連結ボルトは、M8 のピッチ1.25。こいつを拝借する。



IMG_1405
スピンドル内径にピッタリだし、キャップボルトの頭はブラスブッシュの内径をスルー出来る。



IMG_1406
ディープソケットで即席のプーラーの出来上がり。M8 のナットはそこら辺に幾らでもある。もう引けないところまで来てもまだ堅い。そうそうディープソケットってナットが掛かる部分が深いんじゃなくてソケットが長いだけなんだよね。


IMG_1407
3分の1ぐらい出たろうか。



IMG_1413
プラグソケットに入れ替えて更に引っ張る。



IMG_1414
半分以上出てるのにまだ抜けない。



IMG_1415
ボックスソケットを追加して更に引く。



IMG_1416

ようやくスピンドルが抜けた。こりゃ〜嫌な予感であります。

明日につづく、




Moulton SST-22 フレームセット その4 【橋輪Blog】

売れる気配のない Moulton SST-22 フレームセット

IMG_1386

モールトンコーナーにぶら下がる SST-22 フレームセット。これが全く売れる気配がない。ぼくの好みで仕入れたのが2017年2月14日だから丁度3年経ったわけだ。何かアピールする方法はないかとある筋に聞いたところ「半組」って手があるそうだ。どうしてもフレームセットだけではイメージが湧きにくいので半分組んだ状態で展示するって方法みたい。当初 SST-22 の記事もシリーズ化しようとブログカテゴリーまで作ってあったのでボチボチ手を付けてみようかな。売れるの前提で準備開始!

IMG_1391
保証書&付属品。書き込まれたフレームナンバーは「197148」。他のモールトンのように年式と数字が重ならないようだ。同時期に仕入れた TSR は「202723」だったから同じ六ケタ。


IMG_1392
フォークリンクのボルトナット。これはダイナベクターが独自に用意したもの。



IMG_1393
分割フレームなのでケーブルジョイントとラバーコーンの取付タッピングスクリュー。



IMG_1394
左上がボトルケージボルトでその下の大きな平ワッシャーは不明。右上の特殊ナット付きボルトも不明。その下は、リヤアームピポットのグリースニップル。


DSC_9727
クロモリ製分割フレームでカラーは、Flight Grey。



DSC_9728
価格は、当時の旧価格で265.000円(税別)



DSC_9731
BB のネジ切りはどうだろう?



DSC_9732
ピポットは適切か?



DSC_9734
サスペンションスプリングは?



DSC_9733
ボトムリンクは?



DSC_9729
TANGE TG32RDC 1”(ITA)3.800円(税別)

ヘッドセットは付属しないが、ヘッドチューブの下処理をした際セットしました。ブラックとシルバーがあるがブラックをチョイスしたのには意味がある。

次回につづく、

ヘッドチューブの下処理↴
MOULTON SUPER SPEED(その7)【橋輪Blog】

SST 今までの記事↴
Moulton SST-22 フレームセット 【橋輪Blog】
Moulton SST-22 フレームセット その2 【橋輪Blog】
Moulton SST-22 フレームセット その3 【橋輪Blog】




S さんのガレージセール ZIPP 808【橋輪Blog】

S さんのガレージセール ZIPP 808

DSC_9693
ZIPP 808 FIRECREST(チューブラー)331.650円(税込)
フロント 18H 830g / リヤ 24H 1.000g

ど派手なデローザを組んだ S さんのガレージセールです。複数所有の ZIPP コレクションから808チューブラーを放出します。

DSC_9696
リム幅は、26mm でハイト 82mm。ABLC ディンプルテクノロジー。



DSC_9695
77/117 新型ハブ。



DSC_9701
フリーは、shimano / SRAM 11 Speed 対応。



DSC_9697
チューブラータイヤ Continental COMPETITION 付いてます。



DSC_9698
フロントタイヤトレッドの状態。



DSC_9699
リヤ。



DSC_9694

ZIPP 808 前後セット。走行距離は、約500km。

180.000円でお願いします!

S さんの個人売買なので消費税は掛かりません


小径フリーク津田さんの tern BYB レポート【橋輪Blog】

小径フリーク津田さんの tern BYB レポート

IMG_1089

オーナーズレポート RALEIGH CRF で登場頂いた小径フリーク津田さんより tern BYB のインプレを頂きました。やはり自転車選びは、輸入元や販売店以外に一般の方からの客観的な意見も聞いてみたいところですよね。それではどうぞ!

DSC03023[1]

【試乗レポ】Tern BYBはクネクネでドッシリな折りたたみ自転車

ありがとうございました。またのレポートお待ちしております




tern BYB POPCOVER プレゼントキャンペーン【橋輪Blog】

 tern BYB POPCOVER プレゼントキャンペーン

DSC_9704

橋輪独自の輪行バックキャンペーン開始です。今 tern BYB ご成約の方に BYB 専用の輪行バック、ポップカバーをプレゼント! 更に店頭にてスペシャルダブルキャンペーン実施です。

DSC_8364
BYB P8(ビーワイビー)      
NEW
2020 tern
BYB P8      151.800円(税込)
橋輪プライス  136.600円(税込)

8 Speed  14.3kg   
BYB の詳細は、⇒ こちら

DSC_9724
tern POPCOVER  6.500円(税別)



DSC_9703
裏側には、リヤキャリアに装着できるストラップが付いています。



DSC_9705
このストラップで3点止め。



DSC_9706
リヤキャリア左側に装着。



DSC_9709
ファスナーを開けると折り畳まれたポップカバーが出てきます。



DSC_9712
畳まれていたポップカバーは手を離すと撮影に使うレフ板のように一瞬で広がります。



DSC_9710
こんな感じで立体デザインです。



DSC_9711
側面にあるファスナーを開け、



DSC_9713
BYB に被せて、



DSC_9714
ファスナーを締めるとご覧の通りフィット感抜群です。



DSC_9716
DSC_9717
更に上部に小窓があり、



DSC_9718
ハンドルポストを出すことが出来ます。



DSC_9719
これで転がして行けます。


ポップカバーは、展開収納それぞれ僅か10秒とスピーディーに行えますよ!

詳しくは動画で↴

 





柏さかさい保育園 STRIDER 納品の巻【橋輪Blog】

柏さかさい保育園 STRIDER 納品の巻

IMG_1375

毎度〜! 柏さかさい保育園に STRIDER 10台納品してきました。いつもありがとうございます。

IMG_1361
STRIDER Sport 13.500円(税別)



IMG_1369
室内から新車のストライダーに興奮気味のキッズたち。「ぼくは、青」「私はピンク」ともう大変。



IMG_1368
手前は廃棄するストライダー。



IMG_1362
良くま〜ここまで乗り倒してくれたな子供たち。



IMG_1363
一見まだ乗れそうに思えるが、



IMG_1365
IMG_1366
ベリングが逝ってるどころかベアリングが無い!



IMG_1367
IMG_1364
サドルも hasirin ステッカーもボロボロ。



IMG_1372
園庭にある特設ストライダーダートトラック。



IMG_1373
木を回る高速コーナーが腕の見せ所。



IMG_1374
テーブルトップジャンプもあり。



IMG_1370
IMG_1371

大きい子用にロングシートポスト仕様、小さい子用にレギュラーシートポスト仕様にしといたからね。仲良く遊んでね!

こんなこともやったっけ↴
バイシクルトライアル世界チャンピオンのSTRIDER スクール【橋輪Blog】



DE ROSA PROTOS Revo(完成編)【橋輪Blog】

DE ROSA PROTOS Revo(完成編)

DSC_9669

DE ROSA PROTOS Revo スペシャルカラー組みあがりました。オリジナルのマットブラックと共に本日午前中の風のないタイミングでツーショット撮影しました。それでは今世界中で一番「バエる」ロードバイクを今夜はノーコメントで!

DSC_9670




DSC_9672




DSC_9673




DSC_9671




DSC_9675




DSC_9677




DSC_9676




DSC_9678




DSC_9687




DSC_9679




DSC_9684




DSC_9680




DSC_9681




DSC_9689




DSC_9690




DSC_9682




DSC_9691




DSC_9683




DSC_9685




DSC_9686

そして本日 S さんに無事引き渡しとなりました。今週末シェイクダウンだそうです。

みんなの視線がうるさそう!


DE ROSA PROTOS Revo(その9)【橋輪Blog】

DE ROSA PROTOS Revo(その9)

IMG_1349

BB のトラブルも解消しクランクの取り付けが可能になった。それでは最終仕上げに取り掛かろう。

IMG_1357
SRAM のニュアンスとはちょっと違う CABON DRY JAPAN のビックプーリーキットの説明書に従ってチェーンの長さを決めていきます。


IMG_1341
説明書によると「Bテンションボルトを最大まで緩めた状態でRDを取り付ける」とある。



IMG_1338
次に「自転車を地面に置きアウター×トップのギヤ位置の時にガイド、テンションのプーリー中心が地面と垂直」と指示。(わかりやすいようマスキングテープを張った)もうちょっとかな。


IMG_1339
もう一コマ詰めると垂直になった。これが適切なチェーンの長さというのだが。



IMG_1352
その後「インナー×トップでチェーンのたるみが無くなるまでBテンションボルトを締めなさい」



IMG_1350
次に「インナー×ローで、スプロケットにプーリーが干渉する場合はさらに締めろ」とある。



IMG_1344
だがBテンションボルトを全て開放したこの状態では変速できない。



IMG_1343
なので始めからBテンションボルトを締め込みある程度テンションが掛かった位置から始めた。



IMG_1351
最終的にインナー、ローでチェーン詰りがないかとインナー、トップ時のチェーンのたるみを確認。



IMG_1345
IMG_1346
IMG_1347
結局写真に撮って検証した結果、黄色のラインで示したガイド、テンション両プーリー中心を結んだ線は、テンションを張ろうが緩めようが変わらないことが分かった。ようはこのビックプーリーは、一世代前のシマノ方式ので良いみたい。


IMG_1353
これでドライブトレーンも完成。



IMG_1252
最後のバーテープ巻きだが此奴が厄介。



IMG_1254
途中から色が変わるタイプ。普通は短い方の色を下ハンからスタートなのだが、



IMG_1251
反対のリクエスト。



IMG_1256
スタート地点を定めるのが難しい。何度かシュミレーションを繰り返した。



IMG_1258 1
IMG_1259
IMG_1260

何とかリクエストに答えることが出来た。これにてオールコンプリート。

明日風が吹かなければ撮影して完成編を






DE ROSA PROTOS Revo(その8)【橋輪Blog】

DE ROSA PROTOS Revo(その8)

IMG_1292

やはり塗装を保護するより正確に組むことを考えるとカッターで落とすのが一番かと。オーナーS さんに見てもらい「最悪塗装がバッキっといたらごめんなさい」と承諾を頂き30万円掛かったスペシャルペイントに刃を入れることと相成りました。怖え〜!

IMG_1303
ガイドには、例の樹脂ワッシャー0.5mm で塗装を保護。



IMG_1286
失敗してもクランクを付けてしまえば見えなくなるドライブサイドから行います。



IMG_1293
フェイスカッターをセット。



IMG_1294
さー行くぞと意気込みながらも手が震えます。



IMG_1295
サラサラと小さな音を立てながら薄皮が剝けてきました。



IMG_1296
おっかなびっくり様子を見ますが、まだ透明なクリアーが削れただけです。



IMG_1297
先に進みます。怖いながらも感触が気持ちいい。



IMG_1298
時計の針で10時から3時の部分がもう少し削りたいです。



IMG_1299
更に進むと削れる音が変わりアルミの切粉が出てきました。




IMG_1301
奇麗にカット出来たんじゃないでしょうか。銀の部分がアルミのBB ネジパイプでその外側の黒がフレームのカーボンです。塗装は、白に緑をのせているが分かりますね。


IMG_1313
BB をねじ込んでみます。殆ど削った個所が見えませんね。大成功じゃないですか。ちょっと安心。



IMG_1306
続きましてノンドライブサイド。



IMG_1307
左も慎重に進みますが、



IMG_1308
何か削れる範囲が広いような気がします。



IMG_1309
これが左側の仕上がり。右に比べて大分歪ですね。アルミのネジ切りパイプよりカーボンの方が高かった証拠です。厚い塗膜もそうですが地のフェイスカットも必要だったってことですね。


IMG_1312
左はカット面が少し見えてしまいました。左右逆だとよかったですね。



IMG_1314
今度は気兼ねなく締め付け出来ます。



IMG_1315
右からクランクを挿入。



IMG_1316
左クランクアームを取り付けフィキシングボルトを目いっぱい締め付けます。



IMG_1319

ま、回ってくれました! ひ汗出たわ!

次回につづく、





DE ROSA PROTOS Revo(その7)【橋輪Blog】

DE ROSA PROTOS Revo(その7)

IMG_1286

もう一度BB シェルを良く見直してみよう。昨日の方法も間違いではないと思うが、ベストな解決を探る。

IMG_1193
試しに0.5mm 樹脂ワッシャーを入れずに組んでみようか。塗装が割れるのが怖いのでレンチを使わず手締めで行う。


IMG_1278
今度は回るが、ゴロゴロと当たってる感覚が響く。



IMG_1291
やはり塗膜は相当に厚いようだ。確かに白より緑が高いのが指先の感覚でもわかる。



IMG_1285
塗膜の厚みを測ってみると。



IMG_1283
0.37mm もあった。両側で0.74mm である。



DSC_3556
NUOVO CLASSICO の時もイタリアンBB で同じ GXP だった。



DSC_3314
BB シェル幅を測ったら70.05mm。.0以下が限界なのだろうか。



DSC_6637
DSC_6643
PROTOS オリジナルマットブラックも全く同じ組み合わせだ。これはもう塗装のいたずらに他ならない。



IMG_1292

遂にこいつ使うか? 30万円の塗装だぞ!

くわばら、くわばら、




お客さんの工作技術が半端ない件

IMG_1320

今この DE ROSA の組み立て依頼を受けている S さんからオモチャのプレゼントがあった。なんと3D プリンターで作ったんだって。

IMG_1321
こちらモンキースパナ。3つの部品から出来ている。



IMG_1323
こちらプラネタリギヤの指輪。



IMG_1324
8個の遊星ギヤを含む11の部品構成。どちらも組み立てることも分解することも出来ない。



DSC_9667 - コピー
A と B の材料でプリントされたパーツ。



DSC_9667
特殊な溶液に浸すと B が溶けてなくなりA が出来上がる。これが製作方の秘密らしい。

凄いね!












記事検索
Archives
  • ライブドアブログ