A さんのデルタなひと時(ポタ編)【橋輪Blog】

A さんのデルタなひと時(ポタ編)

A さんからレポートが届きました。tern SURGE DELTA Di2 は、どこまで進んだでしょうか。今回は、DAHON Mu Elite でのポタリングの様子とともに。

橋輪様、こんばんわ。船長さんのフレームすごいですね。でもちょうど同じようなところで悩んでいるので、興味深く読ませていただきました。レポート第二弾をお送りします。半分がエリートの話題ですけど(汗)

elite

今日、初走りしてきました。ボクの住んでいる地域は京阪神から少し山側に入った住宅地域です。何でも日本一の里山と言ってるそうですが、自転車には迷惑この上ない地域です。なんせ、どの方向に走り出してもアップダウンがあります。楽しくポタリングしても必ず自宅周辺で登らんとあかんし、北の方向は山ばかりなので、登りが多いです。平地の多い地域に引っ越したいですわ。

ロードの頃、よく走ったコースを50kmほど走ってきました。写真は大阪府と兵庫県の府県境の峠。カテゴリーで言うと10級山岳ぐらいでしょうか(大汗)ローディにバンバン抜かされました。

elite 2
それでも去年開通した新名神高速の周りにはこんなステキな自転車道も出来てます。



1
i2非対応のフレームにエレクトリックケーブルを通すのは、ホンマに大変でした。橋輪様が特別に送ってくれはった図面がなければ自分では無理でした。自分なりのオリジナリティーとして、ジャンクションAにEW−RS910をハンドルバーに仕込む事がありました。このあたりは橋輪様の図面とちょっと違うので、動くかどうか不安でした。この点に関しては次回にレポートします。


2
シートポストの下のシートチューブにジャンクションB(SM−JC41)とワイヤレスユニット(EW−WU101)を押し込んでいます。WU−101はアニバーサリーをDi2化した時に、意識朦朧として間違って買ったものです。シマノの推奨通りRDの近くにつけようかとも思ったのですが、できるだけシンプルにしたいので、ジャンクションBとRDの間に入れました。シートチューブの中はゴチャゴチャで、断線したら大変なことになります(大汗)


3
SM−EWC2というDi2用の配線シール…とても綺麗に仕上がりますが、粘着力が弱すぎます。1回貼り直すともうダメです。私は強力両面テープをかましています。シマノにはいろいろと要望があるのですが、私のような末端のユーザーが吠えても届かないと思うので、プロショップの橋輪様にお願いしようかな(笑) それではまたご報告します。

新名神高速付近の写真、影の長さからして16:00位でしょうか。凄く綺麗な自転車レーンですね。

バンバン抜かれないようにハンドル幅を広げましょうか?(笑)


船長のチタンフレーム PASSONI(13)【橋輪Blog】

手磨きで仕上げられるチタンフレーム

IMG_1563

何故にオーダーから3年もの歳月を待たされたのか?それを知る動画を見つけたのでご覧いただきたい。チタンパイプは溶接の後、その溶接ビードをエアリューターで形成され、その後の仕上げはというとサンドペーパーを使いあの固いチタンを手で磨き上げているようです。磨きに要する時間は、20日間だそうです。気の遠くなるような作業です。


昨日のPASSONI GOKISO GD2 コラボホイールの件ですが、ぼくを船長だと思ってホイールの入手方法を海外から聞いてきたって方、韓国の人で本日ばったり橋輪に来店。(ビックリ) ゼンティスリムの凸凹デザインが好きではなく、どうしてもこの仕様のホイールが欲しかったそうです。「パッソーニはイタリアで、ゼンティスは、オーストリアでしょう何の関係なのかね」などと少しはなし GOKISO ではこのホイールは2度と作れないことを伝えると大変残念そうでした。「この目で現物を見れただけで幸せです」と肩を落として帰って行きました。

次回につづく、


船長のチタンフレーム PASSONI(12)【橋輪Blog】

幻のホイール PASSONI GOKISO GD2

IMG_2336
Panaracer GRAVELKING 700×26C  4.858円(税別)
Panaracer R’AIR 700×22-28C  1.581円(税別)

船長の指令によりタイヤは、パナレーサーグラベルキング。

IMG_2338 - コピー
非常に刻印が小さくて分かり辛いですが、735 KPa(7.4 bar 105 p.s.i.)と表記。



IMG_2338
ローテーション(タイヤの回転方向)の指定は有りませんでしたが、このパターンに沿って組みました。



DSC_6682
PASSONI GOKISO コラボ GD2 ホイール SET 969.000円(税別)
フロントハブ:チタンスーパークライマー20H
リヤハブ:チタンスーパークライマー24H(Shimano 11S)
リム;GOKISO GD2 ハイト24mm クリンチャー
スポーク:SAPIM CX-RAY


DSC_6683
DSC_6684
DSC_6685
DSC_6686

3年間の空白が、幻のホイール PASSONI GOKISO GD2 を生んだ。以下は、船長に送ったメールである。

船長

GOKISO PASSONI コラボホイールの件ですが、当初ゼンティスのリムって話でしたが、最終的に GOKISO GD2 になりましたよね。

これ世界でただ1本のホイールセットとなったようです。

PASSONI は、ゼンティスと契約があるようで、GOKISO コラボホイールは全てゼンティスリムとしているそうです。

他のリムを使った場合クライマーハブにパッソーニのロゴを入れる事を許さないそうです。

橋輪ブログが検索でピックアップされ海外からもGOKISO に問い合わせが来ているそうです。

うちにも海外から問い合わせがあって、ぼくを船長だと思っているらしく「DG2 リムのコラボホイールは、どうやって入手したか」と聞かれました。海外のパッソーニ代理店でもゼンティスでしか注文出来ないと言われたそうです。

GOKISO からの連絡で、ブラックロゴのGD2 リムとのコラボホイールは、製作できなくなったそうです。

橋輪



パッソーニの国内販売をある総代理店が再開させたのが昨年の8月。そこからさかのぼること3年間パッソーニの国内総代理店は存在しなかった。船長のトップエボリューションを発注したのが3年前。まだゴキソとパッソーニの間で細かい決まり事がなかったころの話。船長が24mm ハイトのリムをリクエストしたので結果的に GOKISO GD2 のブラックロゴリムで組むこととなった。そして昨年12月にフレームが到着。この後【橋輪Blog】にてPASSONI GOKISOコラボホイールを紹介した。現在では、パッソーニ総代理店があり取扱店も全国に散らばった。その取扱店が、「あのホイールなんだよ!」ってこととなりそれがパッソーニへとたどり着いた。当然パッソーニは GOKISO にクレームを入れる事となった。

故に世界中でたった1セットの幻のホイールとなったのであります。


船長のチタンフレーム PASSONI(11)【橋輪Blog】

エレクトリックワイヤーのトンネル工事

IMG_2177

さて、ダミー分岐ジャンクションエレクトリックワイヤーを用いて製作した配線図を基に配線していきます。

IMG_2250
先ず右リヤエンドからは、EW-SD50 の600mm を挿入。



IMG_2252
次にダウンチューブのヘッドパイプ側から同じくEW-SD50 の700mm を挿入。



IMG_2251
両方とも BB シェルから出てきました。



IMG_2253
そしてシートチューブ内に位置してビルトインバッテリーとフロントディレーラーを繋ぐ分岐ジャンクションタイプのエレクトリックワイヤー EW-JC130-SM を通しますが、フロントディレーラーへの穴は、外から入れるのは用意ですが中から出すのは無理です。


IMG_2254
そこでこんなものを作りました。樹脂パイプに1.5mm の穴を開け糸を通しただけです。



IMG_2255
製作は簡単ですがハズキルーペが欲しかった。



IMG_2256
これを穴に入れて行きます。



IMG_2258
はい BB シェルから出てきました。



IMG_2259
これは糸が逃げれれないようにと付けています。



IMG_2260
コネクター内に入る寸法で更に内部の突起を交わすパイプなので奥まで入り込みテープの貼り代もあります。



IMG_2261
さあ糸を引き上げてみましょう。



IMG_2263
おおお来た来た!



IMG_2264
これはフロントディレーラーへと向かいます。



IMG_2265
それぞれの配線が揃いました。



IMG_2266
ここでみんなを繋ぐSM-JC41 ジャンクションB 4ポートを分岐ジャンクションの 50mm へ。



IMG_2267
そしてEW-SD50 エレクトリックワイヤー 600 / 700mm も繋ぎます。


 
IMG_2268
これらをシートチューブへ。



IMG_2272
分岐ジャンクションを引っ張り上げれば、




IMG_2269
BB シェル内は、配線2本だけとなります。



IMG_2302
こちらは、ビルドインバッテリー。





IMG_2274
リヤディレーラー。



IMG_2275
フロントディレーラーに付属するプラグカバーをエレクトリックワイヤーに取り付け、



IMG_2277
フロントディレーラーへ押し込みます。



IMG_2282
最後は、SM-GM01 グロメット Φ6mm。



IMG_2283
IMG_2284
IMG_2287

グロメットがプロっぽく収まったところで今夜はこれまで。

次回につづく、


船長のチタンフレーム PASSONI(10)【橋輪Blog】

配線機器が到着

IMG_2242
EW-JC130-SM 分岐タイプジャンクション   6.167円(税別)
EW-SD50 エレクトリックワイヤー 600mm   2.389円(税別)
EW-SD50 エレクトリックワイヤー 700mm   2.415円(税別)
SM-JC41 ジャンクションB 4ポート   2.958円(税別)
EW-JC200 ジャンクションA 2ポート   1.961円(税別)
SM-GM01 グロメット Φ6mm   467円(税別)
-------------------------------------------------------------------------
合計16.357円(税別)

ROTOR のクランクを待っている間にエレクトリックワイヤーの配線をやっておきましょう。しかしエレクトリックワイヤーの値段もばかになりません。配線機器だけで R8000 ULTEGRA のフロント、リヤディレーラー買えちゃいますからね。

IMG_2243
RITCHEY Di2 シートポストバッテリーマウントΦ31.6 1.380円(税別)



IMG_2244
2 ピースのラバーでビルドインバッテリーをホールドします。



IMG_2245
断面は、Di2 バッテリーの形に成型されています。



IMG_2246
あとはこのままシートピラーに押し込むだけで簡単に装着できてとても便利です。



IMG_2289
押し込むだけで・・・・・ええええ、ずれちゃったよ!ところがこれ引き抜くのが大変。ラバーの耳を引っ張るもちぎれそうで一向に出てきてくれません。



IMG_2295
ヤグラ上部に穴発見!



IMG_2291
長いドライバーで何とか押し出せました。



IMG_2292
今度はずれないようタイラップで固定しました。



IMG_2293
引き出しやすいようグリスを塗っておきます。



IMG_2294
今度は、綺麗に収まりましたね。



IMG_2304
IMG_2305
こんなことしてたから気が付きましたが、パッソーニのシートポスト物凄く凝ってんのよ。



IMG_2306
部品点数は、全部で7点。



IMG_2307
ヤグラボルトは、スチール、ステン、アルミから製作してますね。



IMG_2308
IMG_2311
IMG_2312
IMG_2296
IMG_2300
IMG_2301

ボールジョイントですよ。こんなに凝ったシートポスト見たこと無い!

明日につづく、



買ってちょうだい Dead Stocker 4【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 4

IMG_2229

買ってちょうだい Dead Stocker 第4弾は、タフ&ビューティーが大人気のアメリカンエクストリームライドブランドDeity から2点を SALE!ダートジャンプや本気のトリックライドに最適なハイグレードアイテムです。


IMG_2230
IMG_2231
IMG_2232
IMG_2233
deity FANTOM ステム Φ25.4 50mm

ディティーのブロックステムです。クランプ径は25.4mm、ステム長50mm、重量は210g です。

定価8.000円(税別)

半額の4.000円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com




IMG_2235
IMG_2237
IMG_2236
IMG_2234
deity COMPOUND ペダル  6.260円(税込)

ディティーのフラットペダルです。マテリアルはナイロンファイバー、重量は339g(ペア) です。


定価5.790円(税別)

半額の2.890円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com




もう一丁!

IMG_2238
IMG_2239
VILLAIN3  7.350円 Φ25.4

ハンドル幅710mm、ステムクランプ径25.4mm、ライズ75mm、べンド9°スウィープ、5°アップスウィープ、材質は、2014 T6アルミニウムで、平均重量329gです。


定価7.000円(税別)

70% OFFの2.100円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com

買ってちょうだい Dead Stocker 3【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 3

IMG_2223

買ってちょうだい Dead Stocker 第3弾は、KCNC であります。

IMG_2224
KCNC SMART MOUNT Φ31.8 / 26.0 / 25.4 90mm



IMG_2225
Φ31.8 / 26.0 / 25.4 のハンドルバーに対応するサイコン、ライトマウント。



IMG_2226
エクステンションは、90mm。Φ31.6 と Φ26.0mm のパイプが付属。



IMG_2227
重量は僅か31.5g。搭載重量は、300g 以内。



IMG_2228
KCNC SMART MOUNT Φ31.8 / 26.0 / 25.4 90mm

ハンドル回り渋滞しちゃってる方この機会に是非どうぞ!


定価4.800円(税別)

半額の2.400円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com

買ってちょうだい Dead Stocker 2【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 2

IMG_2211

Dead Stocker 第2弾は、Sugino ピストクランクセットであります。

IMG_2212
IMG_2214
パッケージにはこんな注意書きが。そういやあったな。



IMG_2216
Sugino COOL MESSENGER  クランクセット
チェーンリング44T / クランク超165mm / PCD 130
(フィキシングボルト付属)


IMG_2218
今はもうラインナップにないチェーンリングボルトもブラックの組み合わせ。



IMG_2221
IMG_2222
チェーンリングは、リバーシブルになっています。



IMG_2220
Sugino COOL MESSENGER  クランクセット

定番クールメッセンジャー現在価格では、27.000円(税別)となっています。

定価20.000円(税別)

半額の10.000円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com


買ってちょうだい Dead Stocker 【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker

こんなカテゴリー作っちゃいました「Dead Stocker」。誤発注で届いてしまったパーツや、もう何年売れてないんだこのパーツなど基本定価の半額で販売します。通信販売も可能なので、どしどし連絡お待ちしています。それでは今夜の第1弾!

IMG_2206
DURA-ACE であります。


IMG_2207
ブレーキキャリパーであります。



IMG_2208
フロントのみであります。



IMG_2210
長さの異なる取付ナットが4個付属。



IMG_2209
Shimano DURA-ACE BR-9000-F(フロントのみ)

KIMORI フレームを組む際ブレーキキャリパーは、リヤ用を前後に装着するのですが、間違って前後セットを注文してしまった残りです。なのでフロントがデットストックとなりました。

定価15.809円(税別)

半額の8.536円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com


今週は、Dead Stocker Week!



Tiger moth 買いました!(その8)【橋輪Blog】

SCHWALBE BIG APPLE 14インチ入荷遅延のお知らせ

DSC_3711
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254) 2.600円(税別)

大人気のシュワルベビックアップル14インチですが、サードロットの入荷予定が1月とお伝えしておりましたが、2ヶ月以上に渡る大幅な遅れが出るとの報告を受けました。ご予約されていたお客様には大変ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

IMG_2190
14インチビックアップル用チューブ(FV)は、この倍の50本ほどご用意しましたが!(残念)


Tiger moth 買いました!(その8)

IMG_0685

ぼちぼち「ビックアップル14入荷!」的な報告をしたかったのですが残念です。なので今夜は社長室よりお伝えする。下側の翼左右に付くエルロン(補助翼といいロール(横方向)方向の制御をする舵面)の取付ですが、これまたお粗末キットは楽しませてくれます。

IMG_1971
当然舵面は、上下に動きますから棒状のヒンジで4本で取り付けます。


IMG_1972
昔のキットは、自分で穴を開けてヒンジを取り付けましたが、今では親切に接着するだけの状態で出荷されます。


IMG_1973
ところが穴とヒンジの位置が合ってね〜ッス!こういうの有難迷惑と言います。



IMG_1974
先ずは、穴を修復するためにフィルムを切ります。



IMG_1988
バルサブロックから切り出した部材を合わせます。



IMG_1989
木工ボンドを塗布して、



IMG_1990
ハンマーで叩き込みます。



IMG_1991
レザーソーで、



IMG_1992
余った部分をカット。



IMG_1993
綺麗に修復できました。



IMG_1994
正しい穴位置をマーキング。



IMG_1996
棒ヒンジに合った穴を開けます。ヒンジは正確な位置に移動できましたが、フィルムが剥げちゃいました。


IMG_1997
この切れっぱしでカバーリングします。



6af1372c-s
ここの工作で切り取ったフィルムです。こういうのをとちゃんと取っておくのがぼくの性格。



IMG_1998
ピッタリサイズです。


IMG_1999
アイロンで張り付ければこの通り。


IMG_2001
あとは、開け直した穴めがけてはんだ小手でジュ!



IMG_2002
綺麗なヒンジ穴が再生出来ました。



IMG_2003
工場で開けてきた穴は、酷いもんです。これで左エルロン修正完了。



IMG_2007
お粗末キットエルロン編第二弾!今度は右側のエルロンですが見て下さい。左側の根元を翼に合わせてみると翼端に向かって捩じり下げが付いてしまってます。


IMG_2008
真横から見るとエルロンが下がっている状態。これでは機体がどんどん左に傾き最後は、スパイラルに入るでしょう。


IMG_2015
確認するため縦方向から見てみます。翼端から根元付近を見て行くと、



IMG_2016
大分反り返っていますね。



IMG_2017
こんなにもです。これは無視できるレベルではありません。



IMG_2065
これを修復するには一度フィルムを全て剥がして母材に修正を掛けるしかありませんが、ここで裏ワザ!


IMG_2066
この裏ワザをやるにには、腕が3本必要となりますが、足4の字固めなどを駆使して行います。足で翼端側を固定しながら左手で根本側を抉り維持します。フィルムにしわが寄っているのが分かりますね。


IMG_2068
この状態を維持しつつ、加熱しておいたアイロンを表裏に当てます。フィルムは、熱で収縮する性格を持っていますから母材を捩じり込みホールドします。


IMG_2069
しわが無くなっています。



IMG_2062
さてどうだ?



IMG_2063
ピッタリ来てますね!これでようやく左右のエルロンが接着できる準備が整いました。



IMG_2070
棒ヒンジの接着部分は、サンドペーパーで荒らしておきます。


IMG_2071
可動部にはオイルを塗布。


IMG_2072
オイルを塗布するのは潤滑のためではありません。取付の際、必ず接着剤が可動部に付いてしまいますから硬化後、「あら!エルロン動かない」となってしまいます。


IMG_2073
あとはエポキシ接着剤をたっぷり塗りぶち込めば完成。



IMG_2009

2枚のエルロン取り付けるのに3日掛った。ピッツ(複葉のアクロバット機)みたいに上下翼に4枚のエルロンを持つ機体だったとするとぞっとする。

技術力を向上させてくれる優れたキットであります

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ