モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 2 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 2

DSC_9291

ダブルパイロンのフロントサスペンション Flexitor(フレクシター)の分解は、喉から手が出るほどに楽しみだが、本題のリヤサスペンションピポットの修理に入ろう。

DSC_9309
ダブルパイロンは分割式なので、作業がやりやすいようにフロントセクションを外してしまいましょう。先ずはカプラー(間違わないようにOリングで色分けされている)を緩めて3本のワイヤーを外しておきましょう。


DSC_9310
ロックリングを緩めます。



DSC_9312
連結部をアレーンキーで緩めます。



DSC_9313
するとパイプが抜けて、



DSC_9314
分割できます。



DSC_9316
大分コンパクトになりましたね。



DSC_9323
リヤアーム分割のためにワイヤーケーブルはこのように纏めておきましょう。



DSC_9317
問題のリヤピポットですが、



DSC_9318
時計の針で10分ほど緩めただけでガタガタになります。



DSC_9320
ピポットシャフトを抜いてみます。



DSC_9321
皿ビスは、AM-GT と同じですが、ダブルパイロンはこれ用に作ったボルトのようです。



IMG_0526
先生の AM-GT Mk-兇鯤解した際、全ネジのピポットボルトが出てきたときには、ビックリしたが。



DSC_9322
これでハイドラスティックの取付を外せば後方に分離できました。出てきた油はグリスではなくオイルのよう。



IMG_1281
更にコンパクトになりました。ターミネーターの部品みたい。



IMG_1255
右側のブッシュです。スピンドルがいい塩梅で僅かに飛び出ていますね。



IMG_1253
左側はひどいです。ブッシュよりスピンドルの方が引っ込んでます。これでフルトルクで締め付けたらリヤアームは動かなくなりますね。


IMG_1254
真ん中に見える芋ねじは何でしょう?



IMG_1256
外してみましょう。



IMG_1259
どうやら給油口のようです。どうせ加工するならTSR のようにグリスニップルを付ければいいのに。これは最後のグリスの充填で苦労しそうですね。



IMG_1265
例によってスピンドルが出てきませんので引き出します。(本来であれば指で押せば出てくるはず)



IMG_1266
IMG_1267
IMG_1269
IMG_1270
IMG_1271
IMG_1273
IMG_1274
ようやく抜けました。これで本当に動いていたのかな?



IMG_1278
長さを測ると73.18mm。



IMG_1279
今度は勝手が分かってますからね。ピポットボルトを入れてっと。ボルトは締めてはいけません。



IMG_1280

スラスト(左右)方向にガタがありすぎですね。スピンドルが減ってしまっているか初めから短かったかのどちらかですね。ラジアル(上下)方向のガタはスピンドルシャフト内径とピポットボルトの太さが合ってない証拠です。取りあえずピポットリペアーキットの発注であります。

次回につづく、




モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス

DSC_9289

ダブルパイロンのメンテナンス依頼を受けました。オーナーは、AM-SPEED にカラーオーダーのGOKISO ハブを装着した I さんです。修理内容はリヤアームピポットボルトが100Km ほどの走行ですぐに緩んでしまうこと。さてTSR のように解決できるのか?

DSC_9291
100Km ほどの走行ですぐに緩んでしまうというピポットボルト。



作業前に三つほど・・・ フォークの直撃に注意!

DSC_9298
モールトン博士が開発し、NEW SERIES から採用された Flexitor(フレクシター)。スプリングを使わずゴムのトーション(ねじれ)を応用したサスペンションです。こちらの解析を始めてしまうと修理が終わりませんので又の機会に。(後に触ることになる”オッサン”のお陰で)


DSC_9299
DSC_9300
DSC_9301
よくバーテープを巻いていないドロップバーのピストなどでハンドルがくるっと回ってしまい、トップチューブを直撃。みたいなことがこのフレームでもありそうです。



DSC_9302
この部分がヒットすそうです。普段は気を付けていても転倒などでは必ずいくでしょう。



DSC_9305
メインフレームは、ステンレスでフォークは塗装ですので、このような貼ってしまうと半透明になるシリコンの保護テープなどで予防することをお勧めします。ばくは作業前にやっつけそうだったので貼っておきました。



ダブルパイロンのここが嫌い!

DSC_9306
フレクシターのトーションを発生させるゴムが横パイプ内に巻かれていますが、どうもアッセンブリーしてから塗装しているようで、ゴムが見えている部分にも塗装が乗っています。



DSC_9308
しかもひび割れてきていて、自分で塗ったみたい。1.800.000円の自転車がこれかよって思ってしまう。



何故にこんな塗り分けなのか?

DSC_9289
AM & NEW シリーズは、ビビットなカラーからシックな色合いまで12色の中からオーダー可能だが、ステンレスフレームにおいて何故一部だけ塗装なのか?もしかして塗装部分は鉄なのかもしれない。磁石を近づけてみた。

モールトンカラーサンプルは、⇒ こちら


DSC_9292
フォークは、鉄だった。画像に写っている部分は、上部が細いテーパードフォークでこの下がストレートパイプ。2017年モデルでは、上下でテーパードになる可能性が高い。



DSC_9294
ステアリングコラムより舵取りの役目をするクランプアームにも磁石は付いたが、それにクランプされるトーションゴムが入る横パイプ(モールトンのステッカーが貼られている部分)には付かなかった。



DSC_9295
ロアー側もしかり。



DSC_9290
BB シェルも鉄だが、その上のパイロン(やぐら)が集中するピポット部分には張り付かなかった。




DSC_9296
DSC_9297

意外だったのがモールトン・ウイッシュボーンステムで、クイル、ウイッシュボーンアーム共に鉄にクロームメッキと思われる。

明日は、本題に入る




DURA-ACE WH-R9100-C60 【橋輪Blog】

DURA-ACE WH-R9100-C60

DSC_9242
DURA-ACE WH-R9100-C60-CL フロント 95.718円(税別)
DURA-ACE WH-R9100-C60-CL リヤ 112.084円(税別)

最新デュラのクリンチャーカーボンアルミハイブリッドホイールです。

DSC_9246
ロゴデザインは、今までの中で一番良いですね。



DSC_9245
クリンチャーカーボンアルミハイブリッド。



DSC_9247
ハブのカラーはグラデーション。



DSC_9244
ストレートプルのブレードスポーク。エクストラワイドフランジ。



DSC_9243
左右のスポーク本数を変えて7:14の割合にしてるんだって。



DSC_9241
クイック、バルブエクステンダー、スポークレンチが付属。



DSC_9240
ホイールバックも2ヶ付いてきます。

何か700c のホイールの紹介って気合が入らないんだよね〜。やっぱ小径好きなのかな。



ちょっと内容物足りなかったのでおまけを付けておきましょうかね。この人マジ危いんであります。


DAHON ANNIVERSARY に垂直尾翼を!【橋輪Blog】

DAHON ANNIVERSARY に垂直尾翼を!

DSC_9253
Bontrager Drafut Box 2

ボントレガーのツールボックスですが、これが海外でtern などの小径車に取り付けるのが流行ってるみたい。んで、Sさん、「ぼくのアニバーサリーに取り付けて下さい」と持ってきた。何時も「お客さんの工作技術が半端ない件」でお世話になっているので、ぼくの手作業で取り付け出来るならと・・・・

DSC_9250
DAHON のロゴは、Sさんが貼ってきました。



DSC_9251
蓋には、DAHON マーク。



DSC_9252
スペアチューブや色々入りそう。



DSC_9249
スライド式ワンタッチで外せる仕組み。



DSC_9286
リクセンとか色々試しましたが、結局シートポストが下がらなくなるので却下。



DSC_9287
かといってクイック取付のMINOURA のこれでは、ちとゴッツい感が、



DSC_9254
あったあった、船長がいくつか送ってきた100均的「どこでもボトルケージ」 何とも船長らしからぬチープなグッズですが、これだね! 船長これ頂きです!


DSC_9255
このまま取付可能ですが、SRAM RED リヤブレーキキャリパーの上にギリで取り付けたいので、何時もの樹脂製10mm 角棒で取り付けます。


DSC_9259
取り付けたいのはここ。



DSC_9258
底の部分をリヤタイヤのアールに添わせるのがトレンドみたい。



DSC_9261
4ツの穴あけ位置を決める。



DSC_9263
こんな感じか、



DSC_9266
ボール盤で4.5mm の穴を開けて、



DSC_9267
M 5 のネジを立てます。



IMG_1247
交互に5mm ボルトが入るように。



IMG_1248
ツールボックス側はこう



DSC_9284
コントロールテックのカーボンシートポストにはベルクロ止めです。



DSC_9280
DSC_9283
カッチっと取付完了!



DSC_9271




DSC_9272




DSC_9273




DSC_9275




DSC_9274




DSC_9278




DSC_9279




DSC_9276

はいツールボックス付きました。でもS さん何にも入れるもん無いんだって。

最高速時の整流版ですよ!


船長通信

DSC_0554
・5/4日、北緯42°付近になると、日の出時刻も早いですね。..04:30頃の北海道幌泉郡えりも町襟裳岬側から昇る朝日で、今日も穏やかな一日になりそうですね。


STRIDER PRO 10周年記念モデル登場! 【橋輪Blog】

STRIDER PRO 10周年記念モデル登場!

DSC_9233
DSC_9234
STRIDER PRO 10th ANNIVERSARY Ltd  22.140円(税込)

ストライダー10周年を記念する限定モデルです。アルミフレーム / ハンドルバーを採用した軽量バージョンのSTRIDER PRO をベースに記念カラーのシャンパンゴールドです。

DSC_9237
10th ANNIVERSARY のゼッケンプレート付き。



DSC_9236
ホワイトホイール。



DSC_9235
パフォーマンスフットレスト付き。



DSC_9238

10年経つのか、うち千葉県で一番最初にストライダーの販売店始めたんだよね。

てことは、初期型で育った子は、中学生になったんだ!


Cinelli Fixie Bike 取り扱い開始!【橋輪Blog】

Cinelli Fixie Bike 取り扱い開始!

イタリア伝統のチネり Fixd Bike の取り扱いを開始しました。ピストオンリーで、ロードフレームの取り扱いはありません。

DSC_9222
DSC_9223
2017 Cinelli MASH BOLT 2.0 フレームセット 125.000円(税別)
(トラック競技用。公道走行にはブレーキの取付けが必要です)
カラー:フェイド・トゥ・グレー
フレームサイズ:52 / 54 / 57 / 59 / 62 / 64cm


IMG_1239
ヘッドパーツとシートクランプが付属。



DSC_9228
フォークは、カーボンブレードにアルミコラム。



DSC_9229
フォークにブレーキ穴の準備はありますが、



DSC_9230
キャリパー取り付けの際は、ブレーキ穴を貫通させて下さい。



DSC_9231
ロングブレーキナット付属。



DSC_9224
リヤブリッジにブレーキ穴がありませんのでキャリパー取り付けには、DIA-COMPE TRAC BRAKE SET が必要になります。



DSC_9227
DSC_9232
DSC_9225


ラインナップとチネりパーツは、⇒ こちら


Moulton SST-22 フレームセット その2 【橋輪Blog】

Moulton SST-22 フレームセット その2

DSC_9199

BS モールトンには、あまり興味はなかったが、下の写真が目に入って来たとき断然強い興味が湧いてきた。どうやらBSからデザイン依頼を受けた博士が、F型と呼ばれるモールトン初期モデルを忠実に再現した自転車だったようだ。

DSC_9200
航空機のサスペンションの写真。



DSC_9220
博士はブリヂストンモールトンのアイデアを広げる意味で一冊の本を取り出した。H.Gコンウェイ氏の「LANDING GEAR DESIGN」だった。とある。是非見てみたい資料だ。戦時中、英国空軍技術将校に志願した経歴のある博士は航空機にも精通していたのである。

DSC_9201
初期モデルF 型では、フォークの回り止めにセレーションを使っていたがBS モールトンではリンク機構を採用。



DSC_9215
これならぼくも持ってる。



DSC_9216
ラジコン用だが。


さて、ゴールデンウィーク突入で、ちと忙しかったので、この後は少し関連する記事ってことで再放送でお届けする。


2014年1月の記事より

IMG_2637
6日の月曜日、天気が良いので趣味のラジコンを飛ばそうと我らがクラブ飛行場へ。到着すると6〜7mの風で吹き流しは真横に固定されているかのようです。ラジコン機にしたら強風どころか暴風です。


1002041_277731929041609_1498490798_n[1]
せっかく出かけたのに帰る気にもなれず、30km程離れた成田空港に来てみました。なんで着陸してくる方向が分かったかって?


IMG_2673
YUPITERU  VT-225
常に秘密兵器を持っているからです。これで事前にパイロットの無線交信を傍受します。118.20に周波数を合わせれば、成田空港に着陸しようとする便の会話が効けます。パイロトが「ランウェイ34レフト」と復唱すれば柴山側から、「16ライト」ならさくらの山公園側てな具合です。


R/W 34 L なら成田航空科学博物館へ

IMG_2667
屋外にも沢山の航空機が展示されています。中でもお気に入りなのがこのエアロコマンダー。コクピットに座ることが出来ますが、強風時には良く揺れてくれ、臨場感一杯です。背後に777(ボーイング、トリプルセブン)を捕らえました。(iPonにて撮影)



IMG_2668
FUJI  FA-200
一方通行入口ゲートに展示されている富士重工製のエアロスバルです。



IMG_2669
MITUBISHI  MU-2
こちらも純国産機です。子供のころ大好きだった機体です。新聞社などで使われていました。国産機は、この他にも木村秀政先生のYS-11が展示されています。現役を退いた機体ばかりが展示されていますが、ぼくらにとっては嬉しいかぎりです。


IMG_2671
先端にチョコンと付いたノーズギヤが好きです。



IMG_2672
メインギヤのタイヤはレザーワックスでビカビカ。館長さんの愛が伝わります。



IMG_2670
ぼくと同い年だったんだ。知らなんだ。


入場券500円払って館内へ

IMG_2657
5階が360°のコントロールタワーに見立てた展望台。3階の屋外展望台よりパチリ。流石に奴ら強風の中、ビクともしないや。(風に完全に正対しているので殆ど揺れない。つまらん!)



いつ出来たんだろう、こんな展示があった。BOENG 747の頭。

IMG_2660
飛行機足フェチのぼくとしては、ここはじっくりと。





2
現在飛んでいる多くの旅客機が、オレオ脚と呼ばれるこのタイプのノーズギヤ(緩衝装置)を採用しています。



IMG_2661
二つのタイヤは、1本の軸で結ばれショックアブソーバーのインナーチューブに取り付けられています。インナーチューブはシリンダー内を自由にクルクル回ってしまいますので、何処に行ってしまうか解りません。パイロットがフットペダルを左右に踏むとワイヤリインケージによりアクチュエーターに伝わり、大きな力で”く”の字に連結されたパーツを動かします。このパーツがショックアブソーバーの収縮に屈伸運動しながら追従しつつ、ハンドルを切る重要な役割をしている訳です。これはDAHON の一部サスペンションモデルにも採用されました。


一度このヒンジ部分を見てみたかった

3
殆どの航空機はバックできません。ボーディングブリッジから搭乗を終えた後、平べったい大きな車が飛行機を押している姿を良く見かけますね。その際ハンドルを切るのは飛行機を押すトーイングトラクターが主導権えを取ります。従って、ステアリング系統に影響を与えないために、一度ここを外します。グランドスタッフが道具も使わずクイックリリース出来るようになってるんですね。向かって右側のキャッスルナット状になった部分に刺さる回り止めに注目。



IMG_2662
親指でボタンを押すと先端のチェックボールが引っ込み抜ける仕組み。



IMG_2663
反対側はネジになっていて、手で左に回せば(実際にぼくも道具は持ち合わせていない)簡単に抜けるようだ。(完全に抜いてしまって”ガターン”と落ちたら”こらーっ”となりそうだったので途中で止めといたが)



IMG_2664
この部分が下に下がりトーイングバーと連結するのだ。でも本当にこんな簡単でいいのかな?


いいものを見せてもらった500円は安かった

IMG_2665
退館し外から全体写真を一枚。すると建物から係員のおっさん1名と一家族が、どうやらオプショナルツアーの解説らしい。おっさん「このタイヤは25回ほど再生され1本100万円もします」などと得意げにレクチャー。ぼくは賺さずフェンスの外から手を上げて、「質問、このオレオは・・・・」と言ったら、「きみね、今お客さんに説明してるから、明日来て500円払ってこっちに来なさいよ、そしたら教えてあげるから」だって。

おっさん、本当は知らねーんじゃん!

職業柄、折り畳み構造には、うるさいもんで、失礼!


Moulton SST-22 フレームセット 【橋輪Blog】

Moulton SST-22 フレームセット

DSC_9195
Moulton SST-22 フレームセット  265.000円(税別)

分解ができるクロモリフレームセットです。こちらもTSR-9 FX に続きシリーズ化で観察してみたいと思います。このSST-22 の22ですが、22 Speed の意味で、本国ではフロントダブル11速カセット22 Speed の完成車で販売しているためこの名が付いているようです。

先日、ある病院の口腔外科部長Y先生に誘われ、お酒の席をご一緒させて頂いたのですが、こちらの先生も筋金入りのモールトンマニアでありまして、クラシックモデルなどの詳しいお話を聞かせて頂きました。ぼくがモールトン初心者ですと言うと貴重な書籍を頂けるということになりまして、後日さっそうとベスパ(イタリア製クラシックスクーター)に乗り持参頂いた本がこちらです。

DSC_9196
that's Moulton 魅惑の小径車アレックスモールトン講談社
これヤフオクでは最低1万円以上のプレミアが付いていて大変貴重な本のようです。Y先生ありがとうございました。これから読み込むのが楽しみです。「モールトン城を訪問する」の行から始まる中身をペラペラと捲ってみると・・・・・


モールトンサスペンションメンテナンス

DSC_9197
おっとメンテナンス講座も載っているではないか。TSR をバラす前に読みたかったな。



DSC_9198
ラバーコーンの分解にはポジドライブと言う規格の専用ドライバーが必要とある。



IMG_1096
どうりで#2 のプラスドライバーが合わなかった訳だ。



004[1]
英国旧車エンジンのクランクケースカバーなどにもポジドライブ規格のネジが使われていたのを思い出した。



DSC_9217
これは普通のプラスドライバーだが当時、富成次郎氏から教わったポジドライブに対応させる方法を伝授しよう。



DSC_9218
先端を少しグラインダーで削る。これだけでピッタリフィットしますよ。


ブリヂストンモールトンを作った男たち

DSC_9199

BS モールトンには、あまり興味はなかったが、下の写真が目に入って来たとき断然強い興味が湧いてきちゃった。


DSC_9200

明日につづく、





住職の tern SURGE Ltd 9100 DURA-ACE フルコンポーネント【橋輪Blog】

住職の tern SURGE Ltd 9100 DURA-ACE フルコンポーネント

DSC_9168
DSC_9169
DSC_9170
DSC_9171

オリジナルの105から 9100 DURA-ACE にアップグレードした住職の tern SURGE Ltd。ただブレーキキャリパーだけは、ロングアーチ仕様のため取り付けることができなかった。でもどうしても DURA-ACE フルコンポにしたい。

DSC_9172
DSC_9173
スペックには、Alloy forged calliper と書かれた無名のロングアーチキャリパー。



IMG_1242
Shimano DURA-ACE BR-R9100 リヤ 19.100円(税込)×2
何度も言いますがリヤ2ヶですよ。


IMG_1241
オフセットブレーキシューホルダー 3.450円(税込 1キャリパー分)橋輪でも買えます。7mm オフセットできるシューホルダーでブラックとシルバーがあり。ブレーキシューは付属しません。


DSC_9178
とりあえずそのまま取付てみます。



DSC_9180
9000のときはもっとギリギリでしたが、これはアルミリムであれば行けますね。もしかしてリーチサイズが49mm から105クラスの51mm に変更になったのかも。Shimano 2016 BIKEGEAR CATALOG まではリーチサイズの記載があったが、2017 Web 版ではない。

BR9000 でのテストは、⇒ こちら


IMG_1243
オリジナルに付属したカーボンコンパウンドのシューと入れ替えておきましょう。



DSC_9185
やっぱ見た目も全然違いますね。


オフセットブレーキシューの調整

DSC_9187
オフセットブレーキシューの調整で厄介なのがこれです。普通シューの高さを決めたらブレーキレバーを握りながらパットの当たりを出してボルトを締めますよね。オフセットしているから故に力を掛けるとシューがズッコケちゃううです。これでは腕がもう一本必要ですね。


DSC_9190
これ裏ワザで、SCHWALBE のタイヤレバーが厚さピッタリ。



DSC_9193
DSC_9192
これで大体当たりが出ます。完璧とは行きませんがパットが少し減ればOKでしょう。


住職のDURA-ACE ブレーキインプレッション

DSC_9205

「いいですね」 「オリジナルより全然ストッピングパワー出てますし、かつコントローラブルになりました」

今回のブレーキアップグレード47.100円也!

2017 tern Link B7 【橋輪Blog】

2017 tern Link B7

DSC_9125
DSC_9124
Link B7(リンク)

2017 tern 
Link B7            49.680円
(税込)    
橋輪プライス   44.700円(税込) 
7 Speed       12.1kg

ターンのフォールディングバイクのラインナップで一番低価格なのがこのリンクB7 です。DAHON ブランドで言うところのrouteクラスですかね。タウンユースであればピッタリのモデルで、コストパフォーマンスも高いと言えます。カラーは全4色展開。

オールカラーは、⇒ こちら

DSC_9126
チェーンリングガードが付属。



DSC_9127
カセットは、Shimano メガレンジの14-28T 7 Speed。



DSC_9130
シフターは、操作の簡単なツイストグリップ式レボシフター。



DSC_9128
マットガードが標準装備。



DSC_9129
タイヤは、20×1.75サイズで、英式バルブ採用。



DSC_9135
ちょっと曲者のBB は、納車整備時に調整が必須。



DSC_9133
DSC_9145
FBL ジョイントは部品点数が少ないながら確実な固定が可能。



DSC_9132
Q-Lock ハンドルポスト採用。



DSC_9131
ハンドルポストは、上下に100mm の調整幅を持つ。



DSC_9134
センタースタンドとフォールディングペダルが付属。


これ他のターンと畳み方が違います

DSC_9137
最大の違いは、ハンドルポストが内折れで、N フォールディングではありません。



DSC_9138
左クランクを前にして、



DSC_9139
シートポストを下げてクランプ。



DSC_9154
この時サドルは左に傾けて下さい。



DSC_9140
フラットバーの向きを変えます。



DSC_9141
ブレーキレバーが上を向くように。



DSC_9155
次にハンドルポスト。



DSC_9156
セーフティーロックを上に押し上げつつ、



DSC_9157
レバーを倒すと、



DSC_9158
ロックが外れて、



DSC_9159
ポストが倒れます。



DSC_9160
注意:この状態でレバーを戻しセーフティーロックを掛けたままレバーを強く引いてはいけません。



DSC_9161
リターンスプリングが伸びてしまいロックが掛らなくなってしまいます。



DSC_9151
ここがポイントでハンドルポストの長さを調整。



DSC_9152
マグネットの受けのすぐ上あたりにブレーキレバーが来るように、




DSC_9153
ハンドルポストの長さを調整。



DSC_9148
そしてフレームヒンジ。



DSC_9149
セーフティーロックを開いて、



DSC_9150
レバーを開きます。



DSC_9147
N ホールディングではなく、DAHON と同じくそのままフレームを折ります。



DSC_9146
マグネットが待ち構えていて、



DSC_9143
Folding Size:D39.5 x W80 x H73 cm



DSC_9144
サドルを曲げたのは、ハンドルポストと干渉するから。

内折れハンドルポストのお蔭でコンパクトに畳めますよ。




記事検索
  • ライブドアブログ