Dynavctor DV-1 2号機を組む(その3)【橋輪Blog】

ラバーコーンの取付

IMG_1322

モールトンでソリッドタイプのラバーコーンでは、シートチューブにあるカップの穴に合わせてラバーコーンにネジ穴を開けなければならない。何故にこの工程を省いてくるのか? スーパースムースな動きをするフロントサスペンションに合わせるべく硬度を調整し、日本で製作された DV-1 のラバーコーンでも同じだ。ここは一つ神経質位に慎重に進めたい。

IMG_1321
モールトンでも長年そうであるが DV-1 もこれに習い取付にはタッピングビスを使用している。(モールトンは、4本止めで DV-1 は、2本止め)ところがこの作業が一番嫌いで、勿論セルフタッピングなのでタッピングのネジを立てるタップなんてのも見たことない。よってギリギリの下穴を開けてタッピングビスをドライバーでねじ込んでいくのだが、相手が木材ならともかくアルミなもんでとにかく固い。そのうちドライバーが滑って指に刺さり流血する始末。ねじ込みを容易にするために大きめな下穴を開け、ドライバーを押し付ける力を抜いてしまうとアルミがズルッと舐めラバーコーンがパーになる。


IMG_1323
フレームの穴は、3.15mm なので、



IMG_1319
M3 のキャップボルトで取り付けてみたい。M3 では、極細ピッチの0.5となるが、圧縮方向には力が掛らず、要は荷重が抜ける際ラバーコーンが離れなければ良いわけで事足りると思われる。上は、付属するマイナス頭のタッピングビス。とてもじゃないがマイナスドライバーではねじ込めない。


IMG_1324
ロストワックス製法で作られたフロントディレーラーブラケット。



IMG_1325
今回は、フロントシングルで行くのでリヤアームを取り付ける前に外してしまいます。



IMG_1329
先ずは、カップとラバーコーンを密着させるためにラチエット式のタイダウンロープで締め上げます。



IMG_1331
完全に密着しました。



IMG_1332
マジックインキでマーキング。



IMG_1333
直径2mm ほどのマーキング黒点の真中心にポンチマークを打つのは難しく、小さなキリ、1mm ピンバイス、極細ポンチの順で進めた。ハズキルーペが欲しくなった。


IMG_1334
穴を開ける前にもう一度確認のためタイダウンを締め上げた。



IMG_1336
右側を見ると、おおピッタリ中心。このまま1mm ドリルで貫通させた。



IMG_1338
1mm のキリを差して直角度を見る。いい塩梅かな。ところが反対の左側を見ると微妙にずれている。これはいかん。そしてポンチマークを打たなくともドンピシャセンターに穴を開ける方法を思いついた。


IMG_1339
それは全行程をタイダウンで締め上げて一体にした状態で全ての作業をするやり方で、先ずカップの3.15mm 穴をガイドとし、3mm ドリルでラバーコーンのアルミ側に僅かなすり鉢状の谷を作る。


IMG_1340
今度はその谷に1.5mm ドリルで穴を開ける方法。



IMG_1341
これなら老眼のぼくでも確実にセンターに穴が開く。



IMG_1342
垂直度を確認して斜めだったら修正。



IMG_1343
2.5mm の下穴まで広げる。



IMG_1344
そこにM3 のタップを立てる。



IMG_1345
綺麗なネジが立ちました。



IMG_1346
オーバートルクは禁物。



IMG_1347
出来たけど・・・



IMG_1358
カッコ付けたキャップボルトを選んだのでちょっと引っ掛かるな。



IMG_1360
怪我の原因となるので普通のステンM3キャップボルトに交換しました。



IMG_1362

色々とやってみるべきだね、勉強になりました。


Dynavctor DV-1 2号機を組む(その2)【橋輪Blog】

ヘッドバッチ & ラバーコーン

ヘッドバッチ & ラバーコーンの取付だが両方とも位置決めが難しい部品。思いっきり横着したのと慎重すぎる作業工程を見て頂こう。

IMG_1314
オーダーを受けた時の希望によりヘッドバッチをプロトタイプのものに交換する。リベット止めされたヘッドバッチを外すのは難儀かと思われたが、


IMG_1315
フォークを組む前なのでヘッドパイプの内側から抉ったらあっさりと外れてくれた。



IMG_1317
外れたヘッドバッチとリベット。パーカー鋲と呼ばれるものでスクリュー釘のようなもの。プロトタイプのバッチとは厚みが全然違うので長めのパーカー鋲を入手しなければならない。モノタロウなどで簡単に入手可能で値段も1.490円ぐらいと安価だが最低パックで1000個入り。


IMG_1363
これがプロトタイプのヘッドバッジで今後の入手は不可能。量産タイプのアルミ製(0.66mm 厚)ではなくメダルのような厚み(0.95mm)のある真鍮製だ。寸法的には同じなので2枚重ねてマーキングすれば60mm ピッチの穴が開けられる。だが二度と入手できないバッジに穴を開けるには勇気がいる。


IMG_1365
なわけで横着させて頂きます。鈑金塗装屋さんが使うエンブレム装着用の極薄強力両面テープであります。


IMG_1368
あれ、セラコートってステッカーが貼れないんじゃなかったっけ?意外と付くんですねこれが。hasirin ステッカーもこの通り。


IMG_1367

実はこのバッチ薄手の両面テープでは貼り付けできなかった。長手方向に微妙に反っていて厚手の 3M の両面テープを中央部分だけ除いて何とか張り付けた。1mm 近い厚みの真鍮のバッチは非常に硬く、この反りを直しヘットパイプに密着させて正規にリベットで止めたいなら徽章(きしょう・優勝カップなどの製作)屋さんに依頼するしかないだろう。それも年老いた職人さんがいるようなところで。


IMG_1322

明日は、ラバーコーンの取付を

Dynavctor DV-1 2号機を組む【橋輪Blog】

ほろ酔いの妄想

DSC_6491

Dynavctor DV-1 の2号機の組み立てに入る。カラーは、サンドグレーで仕様はお任せコースであります。任せられるとこれまた楽しみの一つで、どんな感じに仕上げようかと考える。晩酌中零時を回る頃か、グッドアイディアが浮かんだ「これはカッコいいぞ〜!」

371b3c67
”オッサン”の1号機ネイビーのフレーム。テンションスポークに被せられたピンクのシュリンクチューブに合わせたサドルとバーテープ。


b7cb143c
これは、ベストマッチが得られた。



IMG_0756
ASTVTE(アスチュート)SKYLITE VT 3.0 FLUO 30.500円(税別)



IMG_0757
ASTVTE EXTREME TAPS LUXURY BLACK 3.200円(税別)



IMG_0824
同じ色違いのパーツをイエローのダブルパイロンに合わせようとしたが、色が違い過ぎて断念。



IMG_1240
ストックとなった高額サドルを押し売りしようという気持ちも少しは(本当は大分)あったがサンドグレーには、蛍光イエローがドンピシャだと思った。このパターンを作り出すには何としてでもブラックのシュリンクチューブを蛍光イエローに変える必要がある。


IMG_1357
随分と調べたが、艶消し黄色はあるが、蛍光イエローの収縮チューブは見つからなかった。もうここまで来たら「収縮チューブ蛍光イエロー」ではなく「蛍光イエロー」で画像検索してみた。目がチカチカするなかスクロールを続けるとストローのようなパイプを発見!



a3205c2213
「スポークスキン」と言う商品でモタードなどのバイクのスポークに付けるのが流行っているみたい。カラーバリエーションも多く、70本入りで1.270円と格安!



IMG_1230
早速 Amazon で取り寄せてみた。



IMG_1232
これがスポークスキン。



IMG_1233
スリットが入っているのでそのまま巻きつける事が出来て簡単装着。だが半透明なので先端に突っ込んだ黒いハサミの先が透けてしまっている。



IMG_1237
別のスポークで試作したが、予め白の収縮チューブに被せてあげると鮮やかな蛍光イエローに発色することが分かった。これはいいぞ〜!


IMG_1239
取りあえず今の黒い収縮チューブに被せてみる。



IMG_1238
片側やってみたが〜? あれれれれ・・・・・・



IMG_1236
何だかまるで”おもちゃ”だこれ!



IMG_1241
危ない危ない!エスカレートして HED のロゴまでカッティングするところだった。

絶対カッコいいと思ったんだけどな〜? やっぱ酔った時の考えは、ろくなもんじゃーありませんね。改め真面目に組みまーす。高級車ですもんね。遊び過ぎてスイマセン。



このサドル、ピッタリ合う自転車ありますよ〜!

IMG_1356
2019 tern SURGE PRO デルタグリーン

押し売りしてら〜!

2019 FIJI Helion R & Kitt design TRI-SPOKE【橋輪Blog】

2019 FIJI Helion R & Kitt design TRI-SPOKE

昨日ご紹介した2019年モデル FUJI のミニベロ Helion R に、Kitt カーボンバトンホイールを組み合わせてみました。極細のクロモリフレームに対照的な面積を持つカーボンバトンが一際迫力を増しますね。ミントとのカラーマッチも抜群です!

DSC_6543




DSC_6544




DSC_6545




DSC_6546




DSC_6550




DSC_6547




DSC_6548




DSC_6549

やっぱカッコいいや!


2019 FUJI Helion R 【橋輪Blog】

2019 FUJI Helion R

DSC_6494

DSC_6495
Helion R(ヘリオン)

2019 FUJI 
Helion R            96.120円
(税込)
橋輪プライス   86.500円(税込)
フレームサイズ:44 / 50 / 55cm
16 Speed     10.2kg

FUJI のミニベロ、ヘリオンシリーズ。カラーは、写真のミントの他マット
ブラック、シルバーの3色展開。クロモリのコンパクトなフレームワークが遊び心を擽ります。

オールカラーは、⇒ こちら

DSC_6496
451サイズの小径ホイール採用。



DSC_6497
タイヤサイズ:28-451(20×1 1/8)



DSC_6498
Suginoのクランクに52 / 39T のチェーンリング。



DSC_6499
フロントディレーラーは、新型のShimano CLARIS となりました。



DSC_6500

リヤディレーラーも新型Shimano CLARIS。



DSC_6501
カセットは、11-28T のトータル16 Speed。



DSC_6502
スレッドステムに、なで肩のトラックバーを装着。



DSC_6504
カラーを合わせたケーブルがお洒落です。



DSC_6503
デュアルコントロールレバー:Shimano CLARIS STI 。



DSC_6505




DSC_6506



2018 FUJI Helion R を SALE!

DSC_2379
DSC_2380
ブラック 55 ラスト1台



DSC_2377
DSC_2378
シャンパンゴールド 50 ラスト1台



DSC_2510
DSC_2512
ブリリアントシルバー 50 ラスト1台 55 ラスト1台

2018 FUJI 
Helion R            96.120円
(税込)

20% OFF76.800円(税込)です!




明日は、こんなことしてみたり!

DSC_6550

試乗車放出!2018 DAHON DASH Altena【橋輪Blog】

試乗車放出!2018 DAHON DASH Altena

DSC_6507
2019 DAHON 
DASH Altena   138.240円(税込)
橋輪プライス    124.400円(税込)
16 Speed    (M)10.8kg  (L)10.9kg
適用身長:(M)157〜172cm (L)170〜193cm


DSC_6508

2019 DAHON ダッシュ・アルテナ入荷に伴い新たに試乗車もメタリックグレーのMサイズでご用意致しました。よって、2018年モデルの試乗車アクア M を放出します。

DSC_6509
2018 DAHON 
DASH Altena   138.240円(税込)



DSC_6510
DSC_6511
DSC_6512
DSC_6513
DSC_6523
DSC_6524
DSC_6525



キズ申告します!

DSC_6514
リムブレーキ面全くと言っていいほどキズありません。



DSC_6515
DSC_6516
タイヤは、前後とも殆ど摩耗ありません。



DSC_6519
シートピラーにキズあり。



DSC_6520
左チェーンステーに小キズあり。



DSC_6521
ダウンチューブ下のアウター受けにキズあり。



DSC_6522
シフトアウターケーブルにひっかっきキズあり。



DSC_6517

走行極少ない2018 DASH Altena M アクア試乗車。新車と変わらない輝きを放っています。マジ綺麗です。

89.800円(税込)でお願いします!




こちらもラスト2台

2018年モデルの DASH Altena を SALE!

DSC_3541
2018 DAHON  オーソライズドディーラー限定モデル
DASH Altena   138.240円(税込)
16 Speed     10.8kg 

2018 DAHON DASH Altena 

2018 DAHON オーソライズドディーラー限定モデルDASH Altena キャナルイエロー!

20% OFF 110.500円(税込)でお願いします!



DAHON を積んで出かけよう MINI COOPER + DAHON Curve D7【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう MINI COOPER + DAHON Curve D7

DSC_6540

DSC_6541

今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、最多出場のミニクーパーです。「この車にギリギリ積める折畳自転車ありますか?」こちらは実績がありますから「カーブがピッタリですね」とタブレットを開きました。

DSC_3152
DSC_3158
この時は、カーブD7 ではなく D3 でしたがギリで乗りましたよ。リヤワイパーモーターの出っ張りがギリギリだったのを覚えてますよ。



DSC_6527
「それではこれ買います」と即決のキムタクさん。え〜、積めれば性能はええんかい? ま、走りは、橋輪が保証しますが・・・・・・ そういえば、カーブ D3 の人もそうだったな〜。



DSC_6526
さて積んで頂きましょうか。



DSC_6529
勿論リヤシートはそのままです。




DSC_6530
DSC_6531
DSC_6532
折畳完了。



DSC_6533
DSC_6534
余りにも素早過ぎてピンボケごめんなさい。



DSC_6537
リヤウインドウから覗く DAHON の文字が良いですね。



DSC_6542

ピッタリの折畳自転車が見つかって良かったですね

ありがとうございました!

2019 tern SURGE PRO DELTA シュミレーション【橋輪Blog】

2019 tern SURGE PRO DELTA シュミレーション

SURGE ウイークの最後は、発売になったばかりのデルタカラーにも Kitt カーボンバトンホイールが似合うかシュミレーションしてみました。ロゴは、マットカラーに合わせてブラックロゴを選択。オリジナルのキネプロホイールの軽快感とは異なる重厚な迫力を発しています。

DSC_5325
DSC_6445




DSC_6447




DSC_6448




DSC_6449




DSC_6454




DSC_6450




DSC_6456

どストライクであります!



Kinetix Pro Deep Dish 451 Wheel の出物!【橋輪Blog】

Kinetix Pro Deep Dish 451 Wheel の出物!

DSC_6439

SURGE PRO 完成車に付属するKinetix Pro Deep Dish 451 Wheel 前後セット新車取り外し品です。クリンチャー、リムブレーキタイプで、キネプロロゴは、ホワイトとなります。


IMG_1301
Kinetix Pro Deep Dish 451 Wheel 前後セット定価54.000円(税込)




IMG_1302
フロントエンド幅は、100mm。



IMG_1303
リヤエンド幅は、130mm です。



IMG_1304
フリーは、11速対応で、10.9.8速用のスペーサーが付属。



DSC_6444

1セットのみ 44.000円(税込)でお願いします。



明日は、これを!


DSC_6446



2018 SURGE PRO & Kitt design TRI-SPOKE【橋輪Blog】

2018 SURGE PRO & Kitt design TRI-SPOKE

DSC_6431
2018 SURGE PRO & Kitt design TRI-SPOKE(フレームサイズ47)

SURGE PRO 購入で、デルタレッド、デルタグリーン、マットイエロー/ブラック、ホワイト/ブラックで悩み結果、現在 SALE 中の2018 ホワイト/ブラックに決定。安く購入できたことから気になっていたフルカーボンバトンホイールの装着に踏み切りました。

2018 SURGE PRO の SALE は、⇒ こちら

DSC_6432
DSC_6433
フレームカラーのホワイト/ブラックに合わせたホワイトロゴを選択。



DSC_6434
ステムは、アップサイドダウンで楽なポジションに設定。



DSC_6435
誰かさんが大好きな TAIOGA スパイダーサドル。



DSC_6436
サドルに合わせた同じくスパイダーペダル。



DSC_6440




DSC_6442




DSC_6443




IMG_1299

”オッサン”今月に入ってから tern 2台目であります!



DSC_6439

明日は、これを


記事検索
  • ライブドアブログ