MOULTON DOUBLE PYLON を組む 10【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 10

IMG_1007

リヤ変速は何とかなったが、何で何とかなったのが分からないのは気持ち悪い物です。そもそも SRAM RED のリヤディレーラーのチェーンテンション方向のスイングがホイールの面と一致しない理由が未だ分かりません。しかし問題は、フロントにも。


IMG_1008
アウターローでクランクを逆回転するとチェーンがインナーへと外れてしまう。



IMG_1009
BB または、クランクが SRAM じゃないなら分かるがオール SRAM だかんね。小径車故にリヤセンターが短いからチェーンラインがきついのか? いやいやモールトンは、114リンクじゃ足りないくらいでチェーンラインは、700c フルサイズより有利なはず。



IMG_1011
チェーンが外れ出すところにマーキングしてみた。毎回ではないが必ずこの位置から外れ出す。



IMG_1012
確かにマーキングした歯がインナーリンクに乗っかっている。



IMG_1013
では何故毎回ではないのか?アウターリングは、奇数の53T。チェーンはどんな長さでもリンク数は偶数なので、


IMG_1014
先ずはアウターリンクのところに刺さり、

IMG_1015
そこから1回転するとインナーリンク、

IMG_1016
また1回転するとアウターリンクと交互に入れ替わる。ちなみに54T の偶数だと変わらない。



IMG_1017
今問題の歯が、幅の広いアウターリンクに刺さっています。



IMG_1018
もう1回転するとインナーリンクに来る。なので外れるのは2回転に1回と規則的になる。これはもしやチェーンリングの加工不良か?



fa0349b0[1]
DURA-ACE のカセットだって加工不良が見つかったくらいだからな。高い物は確かだって神話は崩れてっかんね。



IMG_1006
でもって新品のチェーンリングをもう一枚取り寄せた。ここでも改善を夢見てほくそえんではいけない。




IMG_1020
右の青いテープを張った方が新たに取り寄せた53T。



IMG_1021
表側を A 面とした。



IMG_1022
画像に撮って拡大してみたが違いが分からない。



IMG_1023
B 面も然り。全く同じにしか見えない。目に見えない違いなのだろうか?



IMG_1024
新たに取り寄せた53T を取り付けてみる。



IMG_1025
大変残念ながら結果は、同じだった。

寸分違わず全く同じ位置で外れる。しかも新たに取り寄せた方がインナーリンクに乗っかるどころか外に出てくる始末。てことは、2枚のチェーンリングは、ほぼ正確に同じ形に加工されているってことだ。

オール SRAM RED だぜ! どーする?



MOULTON DOUBLE PYLON を組む 9【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 9

IMG_0878

9/2 の MOULTON DOUBLE PYLON を組む 8 からかなりの時間を費やした。実は、SRAM RED e-Tap の調整が上手く行っていない。今まで、特にリヤディレーラーの調整に関してはマニュアル通りに進めば何の問題も(別に大きな問題もあったが)なくすんなり組めたのに今回はかなりの難航ぶりであります。

IMG_0899
勿論、足りなかったチェーンも2リンク足した。それでも格ギヤで同期してくれない。



IMG_0879
先ず疑ったのが新品フレームのリヤディレーラーハンガー。



IMG_0880
IMG_0881
上下でこんなにもずれていた。この辺もちゃんとチェックしなければいけないんですね。



IMG_0884
リヤディレーラーハンガーを修正した。が、最近はこれで直ると安心しないことにしている。案の定改善はされなかった。


IMG_0894
取付ボルトに厚みの異なるスペーサーを入れてみる。


IMG_0891
これは、1.03mm だが様々な厚みを試した。これは何を意味するかと言うとロー側、中間、トップ側と個々に作動量の調整は出来ないので次のことを試してみた。



IMG_0895
これは、トップの位置。1っ対のパンタグラフは左に傾いている。



IMG_0896
今度は、8速目でほぼ平行。同じ1ストロークなら平行の時が一番移動量が多いはず。



IMG_0897
次にロー。右一杯に傾いているのでストローク小。

スペーサーを入れることによってトップ時のパンタグラフのスタート位置を変えればストロークに変化が出ると推測。どうやったら治ったのか分からなくなるほどいじり過ぎて全くデータは残せなかったが、何とか納得行く仕上がりまで漕ぎつけた。ところが問題はフロントにも。


IMG_1007

明日につづく、


tern Link C8 をプチカスタムする【橋輪Blog】

tern Link C8 をプチカスタムする

IMG_0972
昨日ご紹介した2019 tern Link C8 Modern line を早速、プチカスタムしてみましょう。



IMG_0990
ビックフットがカッコいい Link C8 モダンラインですが、ここだけはちょっと変えたい部品があります。


IMG_0992
クイックリリースハブではないのでナット止めなんですね。



IMG_0994
しかも鉄のユニクロメッキ。



IMG_1003
一応、プラのキャップは付属しますが、



IMG_0991
完全にママチャリルックですよね。



IMG_0967
これでやんす!



DSC_5776

ピストクルーのみなさんお待たせしました。橋輪オリジナル M9 / M10 アルミナット製作しました。材質は7075で、シンプルにシルバーとブラックのみでの発売です。日本製なのでお値段ちょっと張りますが高品質です。ピスト用ですから M9 / M10 ですが、こちらの M10 を使います。

DSC_5773
アルミナット M9   シルバー 2ヶセット 1.800円(税別)
アルミナット M10 シルバー 2ヶセット 1.800円(税別)  
アルミナット M9   ブラック   2ヶセット 1.800円(税別)
アルミナット M10 ブラック   2ヶセット 1.800円(税別)


  
DSC_5774
M9  6.0g



DSC_5775
M10  5.5g



DSC_5772
今回400個製作しました。



IMG_1004
オリジナルの鉄製が10.5g ですから1台分4ヶで、20g の軽量化。



IMG_0998
IMG_0995

どうです、高級感が出たでしょう! DAHON でも Presto のリヤや、Curve D7 / route / Boardwalk D7 / Ciao に取り付けできます。

あ、プチすぎてすいません


2019 tern Link C8 Modern line【橋輪Blog】

2019 tern Link C8 Modern line

DSC_5949
IMG_0970
Link C8 Modern line(リンク・モダンライン)

2019 tern 
Link C8            71.280円
(税込)    
橋輪プライス 64.100円(税込) 
8 Speed       12.8kg

2019 tern Link C8 は、クラシックラインと新たに加わるモダンラインの2本立て! クラシカルなクラシックラインとは、真逆な路線に突っ走ったモダンラインの誕生です。軽快さを醸し出すシルバーパーツを全て取っ払ったブラックアウトが、やんちゃな心を掻き立てます。発表時点では、セーフティーイエロー / シルバーのみがグロス仕上げでしたが、ミッドナイト / グレーもグロスとなりその他のカラーが全てマット仕上げの6色展開。決してハイグレードなパーツをおごる訳でもありませんが、ポップな雰囲気が何とも楽しい 2019 tern 一押しモデルです。

DSC_5956
IMG_7015
セーフティーイエロー / シルバー



DSC_5962
DSC_5964
マットレッド / シルバー



DSC_5954
DSC_5955
ミッドナイト / グレー



DSC_5951
DSC_5952
マットブルー / シルバー



DSC_5958
DSC_5959
マットシェール / マンゴー



DSC_5960
DSC_5961
マットブラック / レッド



IMG_0976
一番のインパクトはこのタイヤホイール。



IMG_0977
シングルウォールリムにぶち込まれた極太タイヤは、IMPAC Bigpac 20×2.00(50-406) 。



IMG_0978
トレッドパターンは、SCHWALBE 旧型 BIG APPLE と全く同じ。IMPAC は、SCHWALBE のサブブランド。


IMG_0979
ガード付きのチェーンリングは、52T。



IMG_0980
リヤディレーラーは、Shimano RD-TX800 Touny TX。



IMG_0981
カセットは、Shimano CS-HG31  11-30T  8 Speed。



IMG_0983
シフターは、Shimano SL-RS45-8R ツイストグリップシフター。



IMG_0975
ライン、ロゴは、リフレクトデカールとなっている。



IMG_0987
センタースタンド標準装備。



IMG_0982
フォールディングペダルが付属。



IMG_0988
Folding Size: W80 x H73 x D39 cm



DSC_5965




DSC_5966




IMG_0985




IMG_0986

2009年までのシュワルベ 406 ビックアップルを組んでいた頃の DAHON SPEED P8 を思い出しますね! その後とある販売店の提案「SPEED って名前なんだからもっとスピード出そうな細いタイヤにしたら」から翌年の2010年モデルよりマラソンレーサーになって細くなっちゃったんだよね。分かってね〜な! やっぱ太いがカッコいい!

IMG_0989

試乗車をご用意してお待ちしております!
※試乗には身分証明の提示を頂いております

明日は、早速 2019 tern Link C8 Modern line のプチカスタムを!


水曜日は、展示会2社訪問でエ〜もんみっけ!【橋輪Blog】

水曜日は、展示会2社訪問でエ〜もんみっけ!

昨日の水曜日は、SRAM / ZIPP / KUOTA などを扱うインターマックスと TOPEAK / TIOGA / SCHWINN 等の MARUI の展示会に行ってきました。先ずは、北の丸公園科学技術館で行われたインターマックスから。

IMG_0940
昨年も名刺交換したカーボンドライジャパンのビックプーリーキット。



IMG_0941
新製品の樹脂プーリーは、プラスチックでありながらカーボンファイバーを30%含有し軽量化と耐摩耗性、静音性、摺動抵抗の軽減がアップ。いや〜ビックプーリーには以前から興味がありましたが、小径車には、地面とのクリアランスの問題やらで躊躇していましたが、今年は是非トライしてみたいと思います。お値段結構するんでそれなりの説明が出来るようにしないとね。


IMG_0943
さてお次は、竹橋から浜松町に出て東京モノレールで流通センター駅へ。



TOC で行われた MARUI の展示会でお宝発見!

IMG_0946
新製品 SR-CNC1 オフセットブレーキシュー。



IMG_0947
しかも2.500円と格安!



IMG_0948
デザインも Good でブラック、シルバーあり。当然ながらブレーキパット付きです。



IMG_0949
しかもオフセット量が10mm。これでロングリーチキャリパーが付いてくる DAHON / tern の完成車に Shimano が取り付けられます。


IMG_0950
一番ナイスなのは、ここなんです。シュー取付部を良く見て下さいね!



IMG_0958
今まで散々使ってきたオフセットブレーキシュー。3.200円でパットは付属しない。



IMG_0959
問題は、この形状なんです。



IMG_0960
HED の17インチで検証してみましょう。何故か後ろに E.YAZAWA のファーストアルバムが?



IMG_0963
オフセット量は、7mm。全く問題なく使えるのですが、一つ落ちがありまして。



IMG_0961
例えば、この KOJAK 17×1 1/4(32-369)などの太めのタイヤを使う場合。



IMG_0962
パットが摩耗してくるとシューホルダーとタイヤが干渉し始め最悪の場合バーストします。



IMG_0950
この形状に注目!



IMG_0950 - コピー
正にオフセット&オフセットブレーキシューであります。分かってんなー! 気になる入荷予定は、12月から1月。


IMG_0955

2社の展示会を見終え遅めのランチは、そのままモノレールで羽田空港第一ターミナル展望デッキへ。お決まりのスカイエールとスカイドックのセットを頂きながら「今日は、エ〜もん見っけたな!」。そして飛行機の方は?

みんな着陸上手過ぎてつまんねーや!




台風24号の影響ではなく整備不良にて墜落【橋輪Blog】

台風24号の影響ではなく整備不良にて墜落

本日は、展示会2社訪問で出社が遅くなりましたので久々、社長室より昨日火曜日の柏ラジコンクラブ飛行場レポートをお伝えする。台風24号の影響でどんどん増水していた利根川だが火曜日朝6時から水が引き始めたとの情報から茨城県は取手市の河川敷にある我クラブ飛行場へと向かった。

利根川
この写真は、前日の月曜日夕方、自転車通勤している N さんが利根大橋から撮影してくれたもの。ゴルフ場のギリまで水が来ているのが分かる。


IMG_0957

これは、国土交通省が出している川の防災情報で河川の水位が把握できる。



IMG_0957 - コピー
左にそびえ立っているのが堤防で、矢印で示す場所が我クラブ飛行場。朝5時の時点では結構ギリまで来ていた。今は現地でもスマホでこの情報が得られるが、昔はひやひやもんだった。


IMG_0930
大利根橋から見た利根川。川幅が凄い!



IMG_0932
国交省の情報を信じ、川の際の道を進んで飛行場へ。途中道の際まで水が来ていた形跡が残っていた1m ほど高くなっている我クラブ飛行場は無事だった。流石にこんな日に来るのはぼくぐらいで独りぼっちだったが。


IMG_0933
2週間ほど草刈りが出来なかったので、草の足が長いとみてバルーンタイヤのブッシュプレーンを持ち込んだのは正解だった。小さな飛行機では滑走出来ないほど草が伸びていた。



IMG_0934
更に空気圧を上げバルーンタイヤを膨らませテイクオフ。無風の素晴らしいコンディションのなか8分間の気持ち良いフライトを終えランディング。お世辞にも綺麗と言えないラフな着陸だったため、もう一度やり直そうと再び滑走して離陸。機は滑走路を離れ少し高度を取ったところで突然エンジン回転が落ちて、次の瞬間エンジンがストール。失速させないように穏やかかつ迅速にターンし機首を下げて滑空させ滑走路へと導いたが1m 足りずブッシュの中へ「バッサーン!」あ〜終わった!



IMG_0935
これは滑走路末端から撮った写真。本当に後1m だった。向こうに見える青空の方からアプローチしてきたのに反対を向いている。どうやら夏の間に逞しく育った草の幹がバンジージャンプのごとく機体を支えたようだ。


IMG_0936
引っ張り出してみるとなんと奇跡の無傷。こんなことある?



FullSizeRender 1
小さな飛行機ならあらずもこれぐらいのサイズの飛行機がブッシュに突っ込んだら大概壊れるのが普通。奇跡が起きた瞬間だった。



IMG_0937
ガス欠ではなかった。ガソリンを抜いてみると吸入チューブの錘が見えない。おそらく逆立ちさせて保管しているので、チューブがキンクしていたのかもしれない。



FullSizeRender

原因究明は、工作室に帰ってからゆっくりやるとして、こんなんもラジコンの楽しみなのです。


【2019年モデル入荷情報】

DAHON
DASH P8 フロスティホワイト
DASH P8 ナイトブラック



DAHON
K3 イエロー / ブラック
K3 レッド / マットブラック

K3 ホワイト / ブラック



tern
LINK C8 Modern line セーフティーイエロー / シルバー
LINK C8 Modern line マットレッド / シルバー
LINK C8 Modern line ミッドナイト / グレー
LINK C8 Modern line マットブルー / シルバー
LINK C8 Modern line マットシェール / マンゴー
LINK C8 Modern line マットブラック / レッド



tern
Verge N8 ペイルゴールド / シルバー

FUJI
BALLAD OMEGA マットブラック

DAHON
Dove Plus スパーキーレッド
Mu D9 クイックシルバー
Mu D9 アイスホワイト



tern
SURGE シルクポリッシュ

FUJI
Helion ブリリアントレッド

DAHON
Ciao マッドブラック
Ciao マルーン
Curve D7 スティールグレー
Dove i3 パールホワイト
Mu SLX ドレスブラック
Visc EVO ブライトシルバー
Visc EVO ミッドナイト
Visc EVO エナメルブルー
Horize Disc ドレスブラック

2018〜2019クリアランスセール中 ⇒ 橋輪SALE!

2019 DAHON Mu SLX【橋輪Blog】

2019 DAHON Mu SLX

DSC_3075
DSC_3123
Mu SLX(ミュー)

2019  DAHON
Mu SLX       210.600円(税込)

橋輪プライス    189.500円
(税込)

11 Speed     8.6kg  


20インチ最軽量を誇る 2019 DAHON Mu SLX は、ドレスブラック、プレミアムゴールドの2色で展開するが、ここで展示会情報よりスペックの変更を伝えねばならない。2019では、リヤディレーラーを Shimano 105 RD-5800 から新型 105 RD-R7000 にアップグレードとあったが、現状は RD-5800 に留まることなった。それと現車を見て気付いたのがリヤハブが、american classic から rotaz に変更になっている。american classic の経営が傾き入手困難となったことから同じラージフランジハブの rotaz を選択したと思われる。結果的には、3.000円アップするも最高の走りは、2018と変わらずといったところか。


IMG_7201
IMG_6935

プレミアムゴールドは、10月20ごろの入荷予定。



DSC_3130
マットブラックの闇から放つチタニウムフラッシュのロゴ。




DSC_3077
SAPIM のバッテットスポークで組まれた DAHON Pro 超 軽量ホイールは、フロント・リヤーSet でわずか990gしかない。


DSC_3078
タイヤは、パナレーサーミニッツライト、20×1.25(406)ブラック。



DSC_3082
FSA のチェーンリングは55T。




DSC_3083
将来的なフロントダブル化に備え、フロントディレーラー台座とアウター受けを設けた嬉しい装備。



DSC_3125
リヤディレーラー:Shimano 105 RD-5800 11 Speed



DSC_3085
カセット:Shimano 105 CS-5800 11-28T



IMG_0916 - コピー
リヤのフリーハブは、american dlassic から rotaz に変更になった。



DSC_3086
シフターは、Shimano SL-RS700-R。ブレーキレバーは、Shimano Bl-4700 Tiagra 。


DSC_3079
ハンドルポストは、2017よりワンピースタイプの330mm 12°




DSC_3080
シートポストには、カーボンより軽い高価なKCNC ライトウイング(マーク入りDAHONオリジナル)を採用。




DSC_3081
何時ものサドルポジションを見つけ出せる目盛りが便利。




DSC_2966
MKSのプロムナードEZY クイックレリーズペダルが付属。



DSC_3126
溶接部分は、とても奇麗にスムージングされています。



DSC_3089
ヒンジにはVクランプを採用。



DSC_3090

Folding SizeW77×H65×D35cm



DSC_3087





DSC_3088




DSC_5866




IMG_0929

DAHON ハイエンド スーパーライトモデル Mu SLX が試乗出来ます

注)これに乗ってしまうと、ミドルクラスには戻れなくなりますので、お気を付け下さい
※試乗には身分証明書の提示を頂いております




2019年モデル入荷情報】


DAHON
DASH P8 フロスティホワイト
DASH P8 ナイトブラック



DAHON
K3 イエロー / ブラック
K3 レッド / マットブラック

K3 ホワイト / ブラック



tern
LINK C8 Modern line セーフティーイエロー / シルバー
LINK C8 Modern line マットレッド / シルバー
LINK C8 Modern line ミッドナイト / グレー
LINK C8 Modern line マットブルー / シルバー
LINK C8 Modern line マットシェール / マンゴー
LINK C8 Modern line マットブラック / レッド



tern
Verge N8 ペイルゴールド / シルバー

FUJI
BALLAD OMEGA マットブラック

DAHON
Dove Plus スパーキーレッド
Mu D9 クイックシルバー
Mu D9 アイスホワイト



tern
SURGE シルクポリッシュ

FUJI
Helion ブリリアントレッド

DAHON
Ciao マッドブラック
Ciao マルーン
Curve D7 スティールグレー
Dove i3 パールホワイト
Mu SLX ドレスブラック
Visc EVO ブライトシルバー
Visc EVO ミッドナイト
Visc EVO エナメルブルー
Horize Disc ドレスブラック

2018〜2019クリアランスセール中 ⇒ 橋輪SALE!

試乗車放出!2018 DAHON Dove Plus【橋輪Blog】

試乗車放出!2018 DAHON Dove Plus

DSC_5910

2019年モデルの DAHON Dove Plus 新色スパーキーレッドを新たに試乗車にしました。またシュワルベ ビックアップル付けちゃったもんね!

Dove Plus は、⇒ こちら

DSC_5912



でもって、試乗車放出!

DSC_5913
2018 DAHON Dove Plus    84.240(税込)



DSC_5917
DSC_5918
DSC_5919
DSC_5920
DSC_5921
DSC_5922



キズ申告します!

IMG_0918 - コピー
IMG_0919-1 - コピー
前後リムブレーキ面殆どキズありません。



IMG_0920 - コピー
タイヤの摩耗もありません。



DSC_5927

老眼鏡を掛けて見ても大きなキズは見つかりませんでした。走行極少ない美車です。

2018 2018 DAHON Dove Plus 試乗車オブシディアンブラック

現金特価 53.800円(税込)でお願いします!




2019年モデル入荷情報】


DAHON
DASH P8 フロスティホワイト
DASH P8 ナイトブラック



DAHON
K3 イエロー / ブラック
K3 レッド / マットブラック

K3 ホワイト / ブラック



tern
LINK C8 Modern line セーフティーイエロー / シルバー
LINK C8 Modern line マットレッド / シルバー
LINK C8 Modern line ミッドナイト / グレー
LINK C8 Modern line マットブルー / シルバー
LINK C8 Modern line マットシェール / マンゴー
LINK C8 Modern line マットブラック / レッド



tern
Verge N8 ペイルゴールド / シルバー

FUJI
BALLAD OMEGA マットブラック

DAHON
Dove Plus スパーキーレッド
Mu D9 クイックシルバー
Mu D9 アイスホワイト



tern
SURGE シルクポリッシュ

FUJI
Helion ブリリアントレッド

DAHON
Ciao マッドブラック
Ciao マルーン
Curve D7 スティールグレー
Dove i3 パールホワイト
Mu SLX ドレスブラック
Visc EVO ブライトシルバー
Visc EVO ミッドナイト
Visc EVO エナメルブルー
Horize Disc ドレスブラック

2018〜2019クリアランスセール中 ⇒ 橋輪SALE!



DAHON Dove Plus をプチカスタムする【橋輪Blog】

DAHON Dove Plus をプチカスタムする

DSC_5901

DAHON Dove Plus プチカスタム完成しました。O さん明日、西濃運輸カンガルー便にて発送いたします。そちらは台風24号の影響がぼちぼち来ているんではないでしょうか。お気を付けください。

DSC_5902
RIDEA PRECISION ヘッドセット  4.500円(税別)



DSC_4702
RIDEA PRECISION UPGRADED BARING 




DSC_5905
RIDEA  DAHON フレームヒンジレバー 5.140円(税別)




DSC_3044
RIDEA DHHCQ1 Frame Hinge Clamp GR Lever
取付方は、⇒ こちら




DSC_5907
DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41 5.250円(税別)




DSC_4097
DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41 




DSC_5906
MKS Compact Ezy  10.500円(税別)




DSC_5908

これからもどんどん金が増えますように!

明日も Dove Plus



【本日の入荷】

IMG_0924 - コピー

DAHON
DASH P8 フロスティホワイト
DASH P8 ナイトブラック



【2019年モデル入荷情報】

DAHON
K3 イエロー / ブラック
K3 レッド / マットブラック

K3 ホワイト / ブラック



tern
LINK C8 Modern line セーフティーイエロー / シルバー
LINK C8 Modern line マットレッド / シルバー
LINK C8 Modern line ミッドナイト / グレー
LINK C8 Modern line マットブルー / シルバー
LINK C8 Modern line マットシェール / マンゴー
LINK C8 Modern line マットブラック / レッド



tern
Verge N8 ペイルゴールド / シルバー

FUJI
BALLAD OMEGA マットブラック

DAHON
Dove Plus スパーキーレッド
Mu D9 クイックシルバー
Mu D9 アイスホワイト



tern
SURGE シルクポリッシュ

FUJI
Helion ブリリアントレッド

DAHON
Ciao マッドブラック
Ciao マルーン
Curve D7 スティールグレー
Dove i3 パールホワイト
Mu SLX ドレスブラック
Visc EVO ブライトシルバー
Visc EVO ミッドナイト
Visc EVO エナメルブルー
Horize Disc ドレスブラック

2018〜2019クリアランスセール中 ⇒ 橋輪SALE!

2019 DAHON K3【橋輪Blog】

2019 DAHON K3

DSC_5868
DSC_4649
K3(ケイ・スリー)

2019 DAHON
K3           88.560円(税込)
橋輪プライス 79.700円(税込)
3 Speed   7.8kg

DAHON 14インチ超軽量フォールディングシリーズに加わった K3 に NEW カラー、イエロー / ブラックが登場。レッド / マットブラックとホワイト / ブラックの3色展開となりました。昨今の超小径フォールディングバイクブームに3速ミッションを組み込んだハイスピードモデルです。

DSC_5869
DSC_5871
NEW イエロー / ブラック



DSC_5875
DSC_5876
レッド / マットブラック



DSC_5877
DSC_4627
ホワイト / ブラック
(こちらは、SCHWALBE BIG APLLE 14×2.00 仕様で撮影)

BIG APLLE 14×2.00 仕様は、⇒ こちら



DSC_5883
タイヤサイズは、14×1.35(32-254)で KENDA KOAST。



DSC_5886
特大チェーンリングは、ガード一体型の53T で軽量。クランクアームとテーパースクエアーBB を交換すれば、更なる軽量化が望めます。



DSC_5909
フォールディングペダルが付属。




IMG_0921 - コピー
リヤディレーラー:DAHON Custom 3 Speed。




IMG_0922 - コピー
DAHON オリジナルのハブ。




IMG_0923 - コピー
カセットは、9-13-17T と3速ながらのワイドレシオ。




DSC_4653
シフターは、DAHON カスタムシフター3 Speed。グリップは、KCNC 風スポンジグリップ。




DSC_5885
フォークへの繋がりを持つ塗り分けが Good。




DSC_5889
シートポストは、軽量な DAHON SL を装備。




DSC_4656
DAHON オリジナルのサドルは、クロモリレール。




DSC_5896
ヘッドチューブ後方からBB に向かっているのは、ロッドではなく「Deltec」という新たなテクノロジーで、展張時に特殊ワイヤーが張られトライアングルを形成しフレーム剛性を上げている。



DSC_5898
特殊ワイヤーは、Jagwire 製。



DSC_5899
フレームを折るとワイヤーであることが分かる。BB ハンンガー側の取付け部にテンションアジャスターが付きます。


DSC_4672
フレームヒンジには、バイスグリップテクノロジーを採用。




DSC_5895
ワンピースタイプのハンドルポストは、内折れ式。3 アクションで素早く畳めます。



DSC_5900
フォールディングサイズ、W65×H59×D28。



DSC_5893




DSC_5894




DSC_5882

早速、試乗車をご用意いたしました!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



【2019年モデル入荷情報】

DAHON
K3 イエロー / ブラック
K3 レッド / マットブラック

K3 ホワイト / ブラック



tern
LINK C8 Modern line セーフティーイエロー / シルバー
LINK C8 Modern line マットレッド / シルバー
LINK C8 Modern line ミッドナイト / グレー
LINK C8 Modern line マットブルー / シルバー
LINK C8 Modern line マットシェール / マンゴー
LINK C8 Modern line マットブラック / レッド



tern
Verge N8 ペイルゴールド / シルバー

FUJI
BALLAD OMEGA マットブラック

DAHON
Dove Plus スパーキーレッド
Mu D9 クイックシルバー
Mu D9 アイスホワイト



tern
SURGE シルクポリッシュ

FUJI
Helion ブリリアントレッド

DAHON
Ciao マッドブラック
Ciao マルーン
Curve D7 スティールグレー
Dove i3 パールホワイト
Mu SLX ドレスブラック
Visc EVO ブライトシルバー
Visc EVO ミッドナイト
Visc EVO エナメルブルー
Horize Disc ドレスブラック

2018〜2019クリアランスセール中 ⇒ 橋輪SALE!

記事検索
  • ライブドアブログ