先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード 3【橋輪Blog】

カーボンホイールにKIMORI ロゴを入れる

DSC_2843

GOKISO クライマーハブにチタンスポークで組んだ HR 2号機のカーボンホイールに KIMORI のロゴを入れる。先生のリクエストは「KIMORI」「KIMORI」だ。

DSC_2916
複雑な形状のクライマーバフもきっちりクリーニング。



DSC_2915
球面ワッシャーのメンテナンスもやっておきましょう。



DSC_2845
球面ワッシャーとOリングに少量のグリスを塗布します。



DSC_2842
KIMORI ラウンドステッカー(8枚セット) 24.000円(税別)



DSC_2846
アプリケーションシートとセンターマーク付きガイドラインが付いてます。



DSC_2887
予め8枚に切り分けておきます。



DSC_2862
中心線のマーキングには、センターゲージを使いました。



DSC_2882
マーキングにガイドラインのセンターを合わせます。



DSC_2883
台紙を半分めくりカットしてブレーキ面からの距離を見ます。失敗は許されませんから緊張です。



DSC_2884
アプリケーションシートを剥がします。



DSC_2885
この調子であと7枚。電話も受けず真剣に集中!



DSC_2886
この後ヒートガンで温めて定着させれば完成です。



DSC_2888

明日は、Di2 を組んで行きます

先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード 2【橋輪Blog】

反応乳化型洗浄剤 Vipros Cherkin α

DSC_2914
Vipros Cherkin α(1ℓ) 1.600円(税別)

先生の KIMORI COLOSSAS HR 2号機のフレームがキモリファクトリーに行っている間にやれることをやっておきましょう。今夜は、カセットやチェーンの洗浄に絶大な効果を発揮するクリーナーをご紹介。ムオン、ケイテンなどの高性能チェーンルーブをリリースするヴィブロスが販売するグゥーキンアルファです。油性洗剤の溶解力と水性洗剤の分解力を併せ持つハイブリット洗浄剤です。一般には、油性成分が油汚れに浸透し溶かしますが、その後はスプレー式のパーツクリナーを大量に使いますよね。これは水性洗剤成分により水洗いが可能なのです。

DSC_2554
組み込んでから一度もクリーニングしていないとみられる DURA-ACE カセット。



DSC_2896
かなり油汚れがひどいですね。チェーンは、走行距離から交換してしまいますが、洗浄する際は一晩漬け置きが有効でしょう。


DSC_2667
1リッターのペットボトルを用意。



DSC_2668
側面をカッターナイフで切り出しトレイを作ります。



DSC_2900
カセットとチェーンが入る丁度良い容量です。



DSC_2902
カセットが浸るまでグゥーキンアルファを入れます。



DSC_2904
1分もしないうちに液体が油汚れで黒くなりました。



DSC_2905
5分経過後ブラシで撫でてみると油汚れが完全に溶けだしています。



DSC_2906
その後は、水洗いすればこのようにピッカピカであります。



DSC_2551
どぶ漬け出来ないチェーンリングは、歯先にこびり付いた油汚れに予めブラシでグゥーキンアルファを浸しておいてから擦れば、あっという間に汚れが取れます。



DSC_2909
DSC_2910
DSC_2911
DSC_2912

凄いでしょう。クランクアームからチェーンリングを分離していなくともインナーリンクの内側までピッカピカです。洗浄を終えたグゥーキンアルファは、30分も放置すれば汚れが沈殿しますので上ばみだけを別の容器に取っておけば再使用ができます。ℓ / 1.600円と高価ですが、こうすればコスパは高いです。ペットボトルで作ったトレイも水洗いの際、一緒に洗ってしまえば再使用できますよ。

これはお勧めです!

先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード【橋輪Blog】

先生の KIMORI COLOSUS HR メンテ&Di2 アップグレード

先生の KIMORI COLOSUS HR 2号機のメンテナンスと 機械式DURA-ACE からDi2 へのアップグレード依頼です。先生初めは、「電動はチョット」なんて言ってましたが、モールトン SUPER SPEED にDi2 組んでからは電動の楽ちんさに嵌りましたね!

DSC_2504
DSC_2505
DSC_2506
9000 DURA から R9150 Di2 へ交換です。


DSC_2509
車体関係では、フロントディレーラーブラケットをDi2 用に変えなければなりません。



DSC_0136
木森さんから届いた Di2 フロントディレーラーブラケット。



DSC_0137
関東じゃ買えねーだろーぐらいにカールを緩衝材に詰めてきた。



DSC_0139
2ヶのDi2 フロントディレーラーは、最新アルテとデュラでブラケット製作に当たり前もって送っていたもの。



DSC_2549
最新Di2 対応で価格もびっくり値上げの37.600円(税別)。これ木森さんにしても製作するのが非常に大変なんだそうです。



DSC_2670
先ずはクリーニングから。先生あまりお掃除しない方。待てよ、フレーム全体的にガタガタではないですか。



DSC_2705
リヤアームばらしてみましょうか。



DSC_2708
あら0.15mm が入っちゃった?ピポットブッシュ減ってるな。



DSC_2704
タイロッドも外してみましょう。工具は、キモリ特製スライディングハンマー。



DSC_2706
シャフト側もダメかな?



DSC_2710
シャフトも減ってますね。



DSC_2814
これはシャフトの交換とブッシュの打ち換えが必要です。



DSC_2508
フロントにもガタが出ています。通常のフレームでいうヘッドパーツのロアーベアリングに当たるピロボールが摩耗しているようです。


DSC_2711
それでフォークが寄れてたのか。フロントフォークもばらしてみよう。



DSC_2712
今、抜けてきているのが KS ブッシュ。



DSC_2817
大きいピロボールは交換です。両腕にある小さい方のピロボールには摩耗が見えませんが、こちらも交換時期でしょう。右の腕に(R)のマーキングをしておきます。


DSC_2818
木森さんが HR 2号機のフレームを製作した時のデータが残っています。ピロボールのネジの出し代が記載されていますので左右を入れ替えてしまうとアライメントが狂ってしまうからです。


メンテナンス改めフルオーバーホールに変更

DSC_2763
リヤのMAEDユニットのエラストマーの分解。これは試験管ブラシを使い中性洗剤で洗浄します。


DSC_2822
エラストマーに劣化は見られませんので、そのまま再使用しますが、手前のパーツに圧入されているDUブッシュ2ヶは交換になっるかもしれません。


DSC_2771
ここは、MAED 軸が通る穴です。普段はお掃除出来ませんからね。



DSC_2770
BB を残してメインフレームだけとなった先生のHR 2号機。



DSC_2823
これがDU ブッシュで、テフロン加工の乾式ベアリングです。



DSC_2826
白色のタイロッドに圧入されるのがこのKSブッシュ。先端2/3が、DUブッシュに入り込み回転する仕組み。右に向かって先細り加工になっているのがみそ。溝はグリス溜り。


DSC_2827
KSブッシュを入れてみましょう。



DSC_2829
先細りのため先端が顔を出すまでは指で入ってしまいます。


DSC_2832
では先細り加工がなかったどうでしょう。このように真に合わせられれば問題ないですが、



DSC_2833
少しでもずれていた状態で圧入してしまうとブッシュが潰れてしまいますね。



DSC_2834
先端がガイドとなり、



DSC_2835
真に圧入開始できるわけです。これが誰がやっても間違いなく分解組立ができるキモリの技です。



DSC_2764

ここまで意外と短時間で分解できるんですよ。リヤアームピボットブッシュの製作は木森さんに依頼しますのでこのまま KIMORI ファクトリーに送ります。KS / DUブッシュ関係の摩耗の判断は木森さんにお任せです。

HR 3号機の”オッサン”は緩〜く乗ってますし走行距離も短いです。HR 1号機の船長は、年を通して殆ど海上におりますからそれ程走ってないはずです。先生によりますとHEDホイールで1000km。GOKISO カーボンホイールで5100km。GAMIN の計測忘れを加味して6100〜6500km 走ってるそうです。とするとガシガシ乗るライダーだと5000km がオーバーホールの目安かなと。


KIMORI は決してメンテナンスフリーな乗り物ではありませんから


Moulton TSR-9 FX 試乗インプレッション【橋輪Blog】

Moulton TSR-9 FX 試乗インプレッション

DSC_0252

昨年モールトンを扱い始め TSR-9 の試乗車も用意しましたが、乗りに来てくれた方は数えるほど。そこで今回、小径車マニアのお客さん T 氏にお願いして(半ば強制的(笑))客観的なレポートをして頂きました。数々のフォールディングバイク&ミニベロを乗り込んできた T 氏の感想は如何に。

【試乗レポート】いつかは Alex Moulton



ぼくのTSR 試乗できます。
※試乗には身分証明書の提示をお願いしております。

Alex Moulton



最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修13!【橋輪Blog】

ようやくパイロットが搭乗する

IMG_2594

SAITO 60cc 3気筒エンジンを搭載し、リンケージを済ませやっと飛べる状態になった。最後にパイロットに搭乗して頂くが、オープンコクピットのためインバーテットフライト時には、機外に放り出されてしまう。そうだシートベルトしよう!

IMG_2741
パイロットフィギアを乗せるか乗せないかは二分します。1g でも軽くしたいって方とぼくみたいに絶対乗せる派です。こんな板ッペラみたいな機体にも乗せてますよ。これは絵に描いたパイロットを切り抜いて半透明のフィルム越しに見せています。


IMG_2603
おばちゃんのホームセンター Sanki。



IMG_2599
ありとあらゆる柄のシートベルトを在庫している素敵なショップだ。



IMG_2600
これがいいね!



IMG_2601
こちらバックル売り場。



IMG_2602
この半丸型が使えそうだ。



IMG_2616
シートベルト1m とバックルを購入。



IMG_2618
機能はしないが、このようにベルトに通すと雰囲気が出る。



IMG_2608
この座席では低いので座席の足をこさえる。



IMG_2609
このくらいの高さでどうでしょうか?



IMG_2610
「いいですね」「ラダーペダルも踏みやすそう」



IMG_2611
搭載してしまえば見えないが一応表面仕上げを施す。



IMG_2612
座席と接着。



IMG_2617
シートベルトで体を座席に固定するが、座席と機体はこのベルクロテープで留める。これが剥がれると命取りなので慎重に。


IMG_2615
シートベルトは本来複雑で、先ずパラーシュートのハーネスを体に付けて折り畳んだ傘は尻の下に敷くことになる。それから座席に固定するハーネスと2セット必要になるが、ここでは省略。


IMG_2620
エイジングされたバックルが WW-1 の雰囲気。



IMG_2625
下半身は見えないのでバッテンして縛りましょう。



IMG_2626
どうでしょうか?



IMG_2627
「中々いいフィッテイングです」



IMG_2629
実機ではパイロットがもっとコクピットに潜る形になるが、このくらい肩が出ている方がリアルに見える。



IMG_2628

これで安心ですね。待てよ、これでは爆風とエンジンの排気で目がしょぼしょぼになるだろう。上空ではかなり寒いだろうし。

ゴーグルと白いスカーフも必要だな!


試乗車放出!2016 DAHON EEZZ D3 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 DAHON EEZZ D3

DSC_2847
2016 DAHON EEZZ D3  140.400円(税込)

先日、2018年モデルの EEZZ D3 が入荷しました。2016年モデルの試乗車ですが、2017年でスペック変更がありましたので、ここで新しくしたいと思います。よって2016年モデル試乗車を放出いたします。

DSC_2848
DSC_2849
DSC_2850
DSC_2852
DSC_2853
DSC_2854
DSC_2855
DSC_2856
DSC_2858
DSC_2859



キズ申告します!

DSC_2851
タイヤの摩耗も殆どありません。リムブレーキ面とても綺麗です。



DSC_2857
ヘットチューブ左側に写真には写らないキズあり。



DSC_2860
マグネットキャッチに擦れ痕&錆びあり。



DSC_2861

2016 DAHON EEZZ D3 カラー、グリッター試乗車、走行極少ない美車です。

79.800円(税込)でお願いします!


最後の HED JET 17 生産中止!【橋輪Blog】

最後の HED JET 17 生産中止!

DSC_3806
HED JET 17 フロントリヤ Set  280.100円(税別)

ホイールサイズ:17インチ(369) クリンチャー
 リムハイト:50mm
重量:フロント600g / リヤ778g(クイック含む実測)
エンド幅:フロント100mm / リヤ130mm
仕様:Shimano(10.11) / CAMPAGNOLO

小径車ファンの皆様、大変です!
アメリカ HED CYCLING 社がリリースする JET シリーズカーボンホイールの17インチ、JET 17 が生産中止となりました。本日バックーダーで入荷したシマノフリー1Set、カンパフリー1Set でラストとなります。密かに狙いを付けていた方これがラストチャンスです。


DSC_3807
2017年モデルのブラックロゴ。ホワイトロゴの2016年モデルは完売しました。



DSC_3808
アルミ、カーボンハイブリッドのクリンチャー。



DSC_3809
エアロブレードスポーク。



DSC_3810
シマノフリー。



DSC_3813
1.8 / 2.8mm のシムが付属して9・10速も取付可能。




DSC_3811
カンパフリー。



DSC_3812
クイックとバルブエクステンダー、コア回しが付属。



DSC_1462
装着例:Dynavector DV-1+HED JET17



20インチもラスト1Set あります!

DSC_3814
HED JET 20 フロントリヤ Set  280.100円(税別)

ホイールサイズ:20インチ(406) クリンチャー
 リムハイト:50mm
重量:フロント671g / リヤ817g(クイック含む実測)
エンド幅:フロント100mm / リヤ130mm
仕様:Shimano(10.11)


DSC_9098
装着例:Moulton TSR-9+HED JET20


特にモールトニア、それから将来的にモールトンを組んでみたいと思っている方、これは大きな選択肢が削除されることとなります。何とも悲しい事件であります。

こちらも思いっきり痛い!

DSC_0253

KIMORI COLOSSUS HR




試乗車放出!2016 DAHON Mu Elite 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 DAHON Mu Elite

DSC_3737
2016 DAHON Mu Elite  319.680円(税別)

2014年ブルホーンバーを纏いデビューした Mu Elite。2016でブルホーンからドロップバーに変更&22 Speed へとアップグレード。4年間に渡り DAHON のフラッグシップとして君臨して来ましたが、惜しくも2017年モデルを持ちまして終了となりました。よって2016年モデル Mu Elite レーシーレッド試乗車を放出します。

2016 DAHON Mu Elite の詳細は、⇒ こちら

DSC_3728
DSC_3732
DSC_3734
DSC_3735
DSC_3736
DSC_3738
DSC_3739
DSC_3740




キズ申告します!

DSC_3730
タイヤの摩耗も殆どありません。



DSC_3729
リムブレーキ面とても綺麗です。



DSC_3731
2017年モデルでは、ホワイトとレッドの境目のブラックストライプが無くなっています。



DSC_3726

キズ申告しようとしましたが、僕の目では発見出来ませんでした。2016 DAHON Mu Elite レーシーレッド試乗車、走行極少ない美車です。

189.800円(税込)でお願いします!
(ペダルは付属しません)



最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修12!& 2017 DAHON Visc EVO の SALE!【橋輪Blog】

2017 DAHON Visc EVO の SALE!

DSC_6967
2017 DAHON  Visc EVO  132.840円(税込)
20 Speed       11.1kg

1月8日の記事で2018モデル Visc EVO の入荷をお伝えしましたが、2017年モデルのマンゴーオレンジがラスト1台残っていたことを忘れてました。よってこれを SALE します。

2017 DAHON  Visc EVO マンゴーオレンジ ラスト1台!

20% OFF の 106.200円
(税込)でお願いします



最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修12!

ラダー(方向舵)サーボの取付

最後に残ったラダーのリンケージを終えれば、機体制御系の装置は全て完了する。

IMG_2323
「これは私が搭乗するコクピットの床でもありラダーサーボベットでもあるんです」とコマーシャルまでかます名パイロットであります。

IMG_2524
ラダーサーボと方向舵は、ワイヤーによる PULL PULL で繋ぎますから直線になるように高さを決めます。

IMG_2525
深さを測って平行を出します。


IMG_2527
レイアウトはこんな感じか。左からレシバー電源のリポ電池、ラダーサーボ、受信機。


IMG_2533
一度トレイを外して各機器を搭載。


IMG_2534
そしてトレイを定位置にエポキシで接着。


IMG_2553
サーボホーンにワイヤーを通してカシメで留めます。


IMG_2554
ぼくの拘りは、左に赤のマーキング。


IMG_2555
しっぽから出したワイヤーは、クレビスに繋ぎます。下にはアクロ機のようなごついエレベーターリンケージが見える。


IMG_2556
これでラダーリンケージが完了。



IMG_2560
ラダーサーボには、JR DS8411HV(トルク17.2kg.cm)を搭載。


IMG_2565
元々リンケージされていたケブラーコードは、ランディングギヤの補強に使います。三つ穴の開いたステーは、ホームセンター見つけたものを加工。


IMG_2572
ワイヤーのカシメ金具の在庫がなくなったので真鍮パイプから切り出します。ニッパーで切ってしまうと潰れてしまいますので、カッターの刃を長めに出してコロコロすると綺麗にカット出来ます。


IMG_2573
車軸の取付部分にステーをセット。この部分も翼形になっていて浮力を発生します。



IMG_2576
こちらもクレビスで張りを調整。



IMG_2575
これでバッテン補強が完了。実機の資料でもこのような張線が張られていました。



IMG_2535
久しぶりに主翼を取り付けて、



IMG_2545
全ての舵の動きを再確認します。



IMG_2547
スイッチ ON!



IMG_2558
はいラダーニュートラル。


IMG_2557
ライトターン!



IMG_2559
レフトターン!



IMG_2549
よしよし OK!



IMG_2585
またもやユニットエンジンの搭載であります。


IMG_2587
って言ってもボルト4本だけですけど。我ながらに良くできている。



IMG_2592
配線の取り回しをきちんとしたら終了。ん〜性格が出るな?



IMG_2588

これでやることはやったぞ!長かったな。

次回は、完成編か?


2018 DAHON EEZZ D3【橋輪Blog】

2018 DAHON EEZZ D3

DSC_3776
DSC_3777
EEZZ D3(イージー)

2017 DAHON  
EEZZ D3         140.400円
(税込)
橋輪プライス   126.300円(税込)
3 Speed       9.8kg

バーチカルテクノロジーという特異なフォールディングギミック持つ EEZZ。通常 DAHON の横折りに対して縦に折れるとで非常にコンパクトに畳めます。2018年モデルは、クラウドホワイトで登場。

DSC_3780
スペシャルナローハブで組まれたホイールサイズは16インチ(305)。




DSC_3781
タイヤは、Primo Comet 16×1.35で、フレンチバルブ。




DSC_3783
DSC_3784
前後にハーフタイプのマットガードが標準装備。




DSC_3779
ブレーキは、DAHON オリジナルのスーパーミニダブルピボットキャリパー。




DSC_3785
ガード付のチェーンリングは39T。




DSC_3786
リヤディレーラー:DAHON Custom 3 Speed。




DSC_3787
DAHON オリジナルのハブに組まれた3速カセットは、9-11-13T。




DSC_3778
フラットバーは、短めの500mm。




DSC_3791
インナールーティングのリヤブレーキ&シフトケーブル。




DSC_3794
これがバーチカルヒンジテクノロジー。




DSC_3795
最後にシートポストを下げれば折り畳み完了。




DSC_3788
ペダルは着脱式を採用。クランクアーム裏側のクリップを握れば、




DSC_3789
パチンと外れます。




DSC_3797
外したペダルは、リヤリフレクター部に設けられたホルダーに。




DSC_3798
Folding SizeW62×H64×D27cm




DSC_3799
20インチ(451)サイズの Visc EVO と比べるとそのコンパクトさが分かりますね。




DSC_3792




DSC_3793




DSC_3805

バーチカルヒンジテクノロジー体験できます試乗出来ます
※試乗には身分証明書の提示を頂いております

折り畳み方法や試乗インプレッションは2015の記事より
Vertical Hinge Technology とライドインプレッション 【橋輪Blog】
DAHON EEZZ D3 に乗ってみた 【橋輪Blog】
DAHON EEZZ D3 の検証 【橋輪Blog】


記事検索
  • ライブドアブログ