形見のボクサー SAITO FA60T(その2)【橋輪Blog】

形見のボクサー SAITO FA60T(その2)

本日、スタッフ一人が BOSCH 電動アシストユニットの認定講習会出席のためお休み。これで橋輪は BOSCH 認定メカニックが二人になった。そんなこって今夜は社長室よりお届けする。

IMG_0339
このエンジンが似合う機体を探すもなかなか見つからない。



FALCON
これは、ネットの画像検索から拝借した古(いにしえ)の機体の写真だが、ぼくが求めるのはこんな雰囲気。まだラジオコントロールがまともに制御できないころのオールドタイマースタイル。奇麗な着陸など到底無理だったころの策でタイヤがプロペラより遥か前方に張り出しているところが何ともカッコいい。ぼくの年齢ではちと早い(と言ってもこの2月で57になった)カテゴリーだが昔から興味はあった。大きく反りあがった主翼や図太い胴体など実機にはない姿かたちだが、質全的にこのような構造となったのは、機体自体が自立安定を生むフリーフライト(ラジオコントロールなし)時代からの流れだ。カラーリングのセンスも時代を表している。


IMG_0503
行きつけのラジコンショップ RC DEPOT で見つけたのがこれ。ラジコンショップだけは浮気しない質でして。


IMG_0504
100歩譲っても絶対ぼくが手を出さないジャンルのモデル。トレーニング専用のモデル以外は、実機にないような物には全く興味がないが、これはオールドタイマースタイルに改造するには打って付けかも。


IMG_0510
キットの中身は、オールモスト・レディートゥ・フライで半完成済。



IMG_0512
胴体を持ってみると決して軽くはない。



IMG_0513
付属するエンジンカウリングやホイールパンツは今回出番がない。



IMG_0514

仮組してみたが翼長は丁度2メートルだ。流石は大型ラジコン専門ショップ小さい機体でこれだけある。あの小さなエンジンで滑走路を加速し飛び立つことが出来るだろうか。模型に良くあるオーバーパワーでビュンビュン飛ぶより、当時の非力なエンジンを目いっぱい回しヤットこさ飛ぶスタイルまでも再現しようか。それには大幅な軽量化が必要だ。

次回につづく、





買ってちょうだい Dead Stocker 10【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 10

ピストパーツウィーク最後は、グランコンペの60周年記念ホイールであります!

DSC_9443
Gran Comre 60th Anniversary ホイール前後セット 49.800円



DSC_9444
フロント 100mm



DSC_9447
シールドベアリング、ラージハブ。



DSC_9449
60th Anniversary のロゴ。



DSC_9448
エアロブレードスポーク。



DSC_9451
アイレットリム。



DSC_9455
リヤ 120mm



DSC_9457
DSC_9458
リヤハブは、ダブルスレッド。



DSC_9459


セット価格定価49.800円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

15.000円(税別)でお願いします!



買ってちょうだい Dead Stocker 9【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 9

MASI のピストアイテム BREV M 第三段は、ホイール。これ結構場所も取ってるんで超々特価でお出しします!

DSC_9429
BREV Fixie Wheel リヤ 36H   16.500円 
リヤのみ3本あります。


DSC_9430
リムハイトは、40mm。ホワイトスポークにブラックニップルです。



DSC_9431
こちら固定ギヤネジ。



DSC_9432
フリップフロップで反対側にフリーホイールが装着出来ます。


定価16.500円を現金、Pay Pay、m Pay 超々特価

3.000円(税別)でお願いします!



もう少し BREV 行きますか!

DSC_9414
BREV Headset spacer Kit (1 1/8) 1.200円
オレンジ、グリーン、ピンクの各1です。


DSC_9415
5 / 20 / 20mm のヘッドスペーサーとキャップのセットです。普通のオーバーサイズなのでピストでなくとも使えます。

定価1.200円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

500円(税別)でお願いします!




DSC_9417
BREV  TOECLIP STRAP  ブラウン       2.000円
レザーダブルストラップです。

定価2.000円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

500円(税別)でお願いします!

 


買ってちょうだい Dead Stocker 8【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 8

MASI のピストアイテム BREV M 第二段です!今夜はハンドルバーを!

DSC_9425
BREV  Track Bar Φ25.4 430mm  6.200円
クランプ部にアクセントを置いた BREV のトラックバーです。


DSC_9426
ブルー



DSC_9427
レッド



DSC_9428
ピンク

定価6.200円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

2.000円(税別)でお願いします!



DSC_9419
BREV Riser Bar Φ25.4 540mm  ライズ30mm  3.000円
トラックバー同色のライザーバーです。ブルーは完売しました。


DSC_9420
レッド



DSC_9421
ピンク

定価3.000円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

1.000円(税別)でお願いします!



これもいっちゃいましょう!

DSC_9422
Rino ドロップバー Φ25.4 400mm  7.800円



DSC_9423
カラーは、アナダイズドグリーンが1本のみ。



DSC_9424

定価7.800円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

1.000円(税別)でお願いします!



買ってちょうだい Dead Stocker 7【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 7

第二次ピストブームに一世を風靡した MASI のシングルスピードアイテム BREV M のデットストックです。

DSC_9409
BREV Messenger Ring  PCD130mm  44T       3.000円



DSC_9410
 ブルー 44T

DSC_9411
 オレンジ 44T

DSC_9412
 グリーン 44T

DSC_9413
 シルバー 44T

定価3.000円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

900円(税別)でお願いします!




DSC_9418
BREV Fixie Crankarms      PCD130mm     8.000円
BREV Messenger Ring  PCD130mm  44T       3.000円
フィキシークランクとメッセンジャーリングをセットにしたシングルクランクです。レッドのみで、テーパースクエアーBBに対応。

セット価格定価11.000円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

3.000円(税別)でお願いします!



DSC_9416
BREV Chainring Bolt   オレンジ  1.900円


定価1.900円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

500円(税別)でお願いします!




買ってちょうだい Dead Stocker 6【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 6

どうしてこうもピンクのパーツばかりあるのかねうちは?

DSC_9403
DIA-COMPE Gran Comre Track Bar パウダーピンク
Φ25.4 380mm    6.800円(税別)
これダイアコンペ現役ラインナップのトラックバーです。


DSC_9404
DSC_9405

定価6.800を現金、Pay Pay、m Pay 特価

2.000円(税別)でお願いします!



DSC_9406
SOMA Oppy X 4ゲートトークリップ ピンク 
S /M  50mm / 110mm    2.900円(税別)

定価2.9000円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

1.000円(税別)でお願いします!



DSC_9407
SOMA クラシック W トーストラップ ブラウン
Oppy X 4ゲートトークリップにベストフィット  5.600円(税別)

定価5.600円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

1.500円(税別)でお願いします!







買ってちょうだい Dead Stocker 5【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 5

久々の「買ってちょうだい Dead Stocker」です。今週は、ピストパーツのデットストックを超格安にて大放出!



DSC_9399
Sugino RD クランク オリジナル A カラー ネオンピンク
165cm  PCD 130mm 11.600円(税別)
Sugino メッセンジャーチェーンリング A カラー ネオンピンク
46T  PCD130mm    7.000円(税別)


DSC_9400
スギノ RD クランクとメッセンジャーチェーンリングを BREV のチェーンリングボルトでセットにしたシングル用クランクセットです。

セット価格定価18.600円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

6.000円(税別)でお願いします!



DSC_9402
Sugino Fixie Cog Set  16 / 17 / 18T セット 7.800円
ピスト用シングルハブ専用コグセットです。ハブにクラスターをセットしスプライン勘合のコグを容易に入れ替えることが出来ます。ロックリング付属。

セット価格定価7.800円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

2.000円(税別)でいお願いします!


DSC_9401
Sugino Fixie Cog Set  19 / 21T セット 7.000円
クランクカラーとお揃いのネオンピンク 19 / 21T 2枚セットもあります。勿論クラスター&ロックリング付属。

セット価格定価7.000円を現金、Pay Pay、m Pay 特価

1.000円(税別)でお願いします!





A さんのデルタなひと時(Elite編)【橋輪Blog】

A さんのデルタなひと時(Elite編)

橋輪様

こんばんは。今回は故郷をeliteで走ってきました。生まれ育った地域も50年近く経つと変わりますね。特に25年前の阪神淡路大震災ですっかり地元も変わってしまい、知らない道もたくさんありました。

1
地元西宮には武庫川サイクリングロードがあります。自転車に乗れるようになったのもここ、少年サッカー、中高時代のマラソン大会もここでありました。


2

4

5
起伏もなく、とても走りやすい自転車道です。走っているのは8割がロードかママチャリですが、時折りカスタマイズされた小径車とすれ違うたびに、声をかけてみたい衝動に駆られました。(気が弱いのでできませんが)

6
さて、2つほどご相談があります。カマキリハンドルからミサイルハンドルに変更し、乗る時も手を置けるので、とても楽になったのですが、RIDEAのステムが緩みます。今日は歩道橋でダンシングして登ろうとした瞬間、グニャと動きました。トルクレンチでいっぱいまで締めつけているので、緩みはないはずです。ポジション的にかなり前に出ているので、ハンドルの先端を握ると、確かに負荷はかかるとは思うのですが…前回の旧道ウォッチの時は歩道の段差でグニャと前に落ちてとても怖かったです。
全部外して脱脂して、最後はダメ元でネジの緩みどめを薄く塗ってみたのですが…カーボンシートポストの緩み止めも試してみようかと思いましたが、わざわざ買うのももったいないかと思って試せていません。何か良い方法はないでしょうか?

RIDEA のステムが緩むってのはあまり聞きませんね。締め付けトルクはどのくらいでしょう。

IMG_0764
一般的なステムは、どのくらい締めればよいか。



IMG_0765
MAX-10N.m となっていますね。



IMG_0761
tern の VOR ステムはどのくらい締めるか。



IMG_0762
10Nm と表記があります。



IMG_0763
いやこんなに締めないな。



IMG_0768
DAHON tern どちらのものでもネジ部以外はバテットになてるからボルトがよれてるだけなんだよね。10も締めたら怖いわ。


IMG_0760
いつも使ってる三又レンチで締めたあとトルクレンチ当てたら6Nm ぐらいかな。



IMG_0766
やっぱりボルトの長さが違うんだよね。



IMG_0767
RIDEA は短いから10Nm 目いっぱい締めて良いと思うよ。でもドロップよりもブルホーンの方が断然条件きついからね。あんな遠いところを煽られるんだから。それでも動くようだったらTバーのクランプ部を400番ぐらいのサンドペーパーで荒らしてみては。



IMG_0765
これ新車ですが下側の反対側から刺さってるボルトの頭にたっぷりのグリスが見えるね。これ絶対有効で締め付けトルクが上がりますから試してみて下さい。

結局ぼくらは、常に手の感触だけで締めてますから。ボルトのサイズが分からなくてねじ切ってしまうぐらいならメカニック辞めたほうが良いし、最近やたらとトルク表記があるのってメーカーのクレーム対策でしかないからね。


7
2つ目は通勤用にカスタムして頂いたHORIZEです。この2年ほど、ほとんど手入れもせず乗っていました。とても快調でしたが、職場で自動二輪の人に軽く当てられてディレーラーが曲がってしまいました。これを機に全部パーツを外して洗車してフロントシングルにしようとしています。小径車は大抵、フロントギアを大きくする方が多いようですが、逆にMTBのように小さくしてスプロケをワイド化するのはどんなもんでしょう?現在、中国からの船便を待っていますが、邪道でしょうかね?^_^;こんな時、首都圏在住なら橋輪様に駆け込めるのに…

こちらは、既にパーツを手配されてる様子なので敢えてノーコメント!

「あら、やらかしちゃったの」ってのも楽しみだからね





ロールス先生のダブルパイロン(テストライド編)【橋輪Blog】

ロールス先生のダブルパイロン(テストライド編)

DSC_9386

そして何時もの撮影スポット呼塚防災公園にて。普段は平日ばかり来ているが、土曜日となると散歩の人や大堀川ルートを走るライダーが大勢いました。

DSC_9375
中空クランクから向こうが覗く完全真横のショット。こう見ると必要最低限のトラスが巡る。



DSC_9379
ANDOZA ホイールの美しさを映す斜めショット。ニッケルのクールな輝きとリム山のなだらかなアールが織りなす優美さの融合だ。



DSC_9374
たまたま同じ井出達のウエアーで行きかうライダーにピントが合う。彼らはこの骨骨自転車には興味がないようだ。



DSC_9381
角度を変えるだけでこんなに姿を変えるダブルパイロンフレーム。



DSC_9383
撮影中何処からともなくお散歩中のモールトンマニアが集結。モールトン談義が始まる。



DSC_9384
今回のお気に入りのショット。さながら冬季ロンドンのケンジントンパークか。

撮影後少し試乗してみた。ギヤ、チェーンに施した「チタンの鎧」だが、流石オーナーでなければフリクションロスが低減されたかは体感できなかったが、確かに変速性能は上がったと思われる。特に大きな力が掛かるフロントチェンジのインナーからアウターへと登るシフトではトリプルギヤの1 UP ぐらいにスムースになっている。

それとこのダブルパイロン乗り心地が格段に良い。路面の細かな凸凹を良く吸収してくれるフロントサスペンションを持つモールトンでは、その次にくるリヤタイヤで軽い突き上げを感じる。これはフロントサスよりリヤのラバーコーンサスが固い為だ。だがこの2013 ダブルパイロンはそれがないのだ。2014年以降のダブルパイロンしか試乗したことがなかったので分からなかったが、これはすごい発見だ。

NEW シリーズの特徴であるフレクシターフロントサスペンションは、内筒と外筒の隙間にラバーを充填させそのトーション(捻じれ)をバネとしている。
その4で書いたように2013以前のダブルパイロンは、オールフレクシターでリヤスイングアームピポットもフレクシターとなっている。ピポットボルトを締めると内筒のみがメインフレームと一体となるが、ラバーをかえしたリヤスイングアームは、一切金属接触していないフルフローティングだ。これはラバーコーンにプラスしたもう一つのサスペンションと言える。


では何故2014年以降この素晴らしい乗り心地を生むオールフレクシターを止めたのか。DV 富成次郎氏によるとピポット穴を真円にする面倒なリーマー加工をお城のメカニックが省きたかったからだそうだ。フロントには、フレクシターを圧入するパイプに割が入っているが、フィックスのリヤは、ストレートリーマーを巧みに使い真円加工しなければ正確に圧入できないからであろう。


ダブルパイロンは、2017年にフロントサスペンションにアップグレードがあったが、ここで2013年以前モデルの価値観が上がった気がする。








ロールス先生のダブルパイロン(完成編)【橋輪Blog】

ロールス先生のダブルパイロン(完成編)

DSC_9387

ロールス先生ダブルパイロンのホーバーホール完了です。トマトケチャップでビカビカにしたステンレスフレームとニッケル仕上げの ANDOZA ホイールの相性が抜群です。今夜はノーコメントで!

DSC_9389




DSC_9391




DSC_9392




DSC_9393




DSC_9390




DSC_9388




DSC_9394




DSC_9395




DSC_9396




DSC_9397

このタイミングでロールス先生1925年製 ロールスロイス・スポーツファントムで来店。先生ダブルパイロンのオーバーホール完了です。

ROLLS-ROYSE SPORT FANTOM 1925

明日は、テストライド編を








記事検索
Archives
  • ライブドアブログ