試乗車放出!2017 DAHON HORIZE【橋輪Blog】

試乗車放出!2017 DAHON HORIZE

DSC_4184
2017 DAHON Horize   85.320円(税込)

2017年モデルホライズの試乗車です。新たに2018年モデルの試乗車をご用意しましたので放出致します。

2017 DAHON Horize の詳細は、⇒ こちら
  

DSC_4185




DSC_4186




DSC_4187




DSC_4189




DSC_4188




DSC_4190




DSC_4191



キズ申告します!

IMG_3286
リムブレーキ面若干擦れ後あり。



IMG_3287
タイヤは、殆ど摩耗していません。




IMG_3289
IMG_3290
フレーム右側から行きますよ。メインフレームヒンジ後半小傷多数。



IMG_3292
ヒンジ部上面に傷あり。




IMG_3295
ヒンジ部からBBへ向かうチューブ右側に傷あり。




IMG_3297
チェーンステー右に小傷多数あり。




IMG_3298
右クランクアーム先端に傷大。



IMG_3302
メインフレーム前方左側に小傷あり。



IMG_3304
ヒンジ部からBBへ向かうチューブ左側に傷あり。




IMG_3300
左フォーク下保護シールの少し下に小傷あり、ディスク台座付け根に傷あり。



IMG_3306
左リヤエンドに傷あり。ディスク台座に傷あり。




IMG_3307
キックスタンドにクランクと干渉した傷あり。




DSC_4192

2017ホライズ試乗車オブシディアンブラック。小傷多いですが走行少なく綺麗です。

54.800円(税込)でお願いします!


先生の MOULTON APB その14【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その14

DSC_4161

本日は、ハンドル回りの組み付けと行きましょう。
定番のNITTO をチョイスしました。


DSC_4162
NITTO テクノミックステム 150  80mm Φ25.4  5.250円(税別)




DSC_4165
ヘッド調整には、薄口スパナが重宝しますね。Shinano PRO ヘッドセットアジャスターツール32mm を使っています。特にカンパでは必要不可欠ですね。



DSC_4164
フォークコラム内にはグリスを塗布しておきます。




DSC_4166
しかしこの臼考えた人凄いな。



DSC_4168
Technomic の刻印が入ります。やはりクラシカルを演出するにはスレッドが一番です。



DSC_4160
NITTO B2520AA  W520  Φ25.4   3.200円(税別)



DSC_4169
スィープは、5°です。




DSC_4170
microSHIFT SL-10 サムシフター左右セット 14.600円(税別)



DSC_4171
残念ながら片側しか使いませんが。



DSC_4163
DIA-COMPE SS-6 左右セット 3.000円(税別)




DSC_4173
ダイヤコンペのキャリパー、カンチ対応のブレーキレバーです。




DSC_4174
グリップは、元々付いていたバーテープ巻き風のロックオングリップです。


おっと本日はここまで。今日は、千葉県商店連合会第46回通常総会に柏市商店連合会副会長として出席します。開催場所は、TKPガーデンシティー千葉。13:55分の電車に乗らねば!なので本日かなり早目のアップです。


DSC_4176




DSC_4179




DSC_4180

フラットバーのモールトンもいいね!


指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!完成編【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!完成編

最後の望みを託して FD-R9150 をもう一度良く観察してみた。するとアクチェーターアームの付け根にボルトの先のようなものが見えた。勿論シマノディーラーマニュアルでも触れていない。Lo アジャストボルトが排除されたが何か調整が効くのだろうか?

IMG_3280
Hi アジャストボルトの上にボルトの先のようなものが見える。



IMG_3281
後ろから見てみると確かにネジ山がある。中にはイモネジが入っているようだ。今回ばかりは、シマノ相談窓口に聞いてみた。「それは分かりませんが調整には関係ありません」と言われたが「少々お待ちください」と待たされた後「イモネジを抜いてみましたが何も変わりませんね」と実際に電話の向こうで現物で試してくれたようだ。親切にして頂いたが調整ボルトではなかった。


IMG_3283
DAHON の太いアルミフレームで FD-R9150 を使うんであれば左側のBBハンガーシェルを削り込んで クランクを外に出すしかなさそうです。でもこのチェーンラインを見るとこれ以上出したらクランク逆転でチェーン落ちしそうです。

IMG_3284
船長、これは更にチェーンとインナープレートが接触しアウターロー(4速ぐらいから)チャラチャラ音が出ると思いますが、Hi アジャストボルトを締めこんでストロークを確保するしかありません。


IMG_3271
これで決まりなのでテスト用から新品のミッシングリンクに交換です。



DSC_4130
ペダル:Shimano PD-R9100 SPD-SL  24.039円 (税別)
PD-9000 より20g 軽くなった新型 DURA ペダルです。



DSC_4131




DSC_4132




DSC_4133




DSC_4134




DSC_4135




DSC_4136




DSC_4138




DSC_4140




DSC_4137




DSC_4143




DSC_4139




DSC_4141




DSC_4142

Hi アジャストボルトでストロークを稼いだお蔭でケイデンスが低い状態でもフロントの変速ミスは皆無となりました。だが”しまなみ”のヒルクライムでは、船長の GoPro がチャラチャラ音を録音することになるでしょう。あと対策としては、好きな音楽を大音量で聞きながらのライドですかね。もしかして完璧なる14 Speed シンクロモードのシフティングに感動して異音など気にならないかもしれませんよ。(言い訳)

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!は、総額328.021円也




 

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その13【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その13

DSC_4075

「次は、ペダルを付けて完成か?」バイクスタンドでマニュアルモード、シンクロモードで変速を繰り返し作動を確認。シンクロモードの素晴らしさを見て頂こうと動画を撮ったが、ただシフトチェンジが上手い人がやってるだけに見えてしまい全く持って表現できないのYou tube のアップは止めた。だが動画を撮影している場合ではなかった。仮のペダルを取り付けて実際にテストライドをしてみるとなんだこれ!フロント変速が全くダメだ。今日近場をフロント変速を多用して1日乗ったが、特にケイデンスが低い状態でインナーからアウターに登れない。もたもたシフトアップしている間にオートトリムでインナーに戻されてしまうのだ。圧倒的にストロークが足りない。9150フロントディレーラーDAHON との相性最悪なり。

IMG_3272
ラジコン飛行機の動翼を動かすサーボモーター。サーボホーン(金色のアーム)勿論ふり幅は決まっています。



IMG_3278
タイロッドで繋がる右側の動翼に付いたエレベーターホーン。サーボホーンとエレベーターホーンの距離がDAHON の太いシートチューブにマッチしないんだな。


IMG_3273
フルアップ。

IMG_3275
フルダウン。

IMG_3276
このときサーボの最大ふり幅を使い切っていなければいけない。これを極端に長いホーンを用いて少ないストロークで行ってしまうとトルクの減少と分解能の低下が出てしまう。現在舵角は、このようなレバー比を考えるリンケージと送信機の機能で設定するのだが、海外製品で凄いのが出るらしい。

IMG_3274
IMG_3275

このように舵面を持ってアップはここまで、ダウンはここまでとしてあげるとサーボモーターが記憶し送信機へと信号を送り返してくるらしい。しかもサーボモーターのふり幅は、360°で無限大。そのうちの40°しか使わなくとも分解能は変わらないらしい。

是非ともシマノに提案したところだ

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その12【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その12

船長のシフトマップを作りインナーにシフトした際、大きくチェーンが弛んでしまう小さなカセットギヤをなるたけ使わないシフトパターンを選びシンクロシフトを形成できたことから最終調整に入ります。シンクロシフトのみの操作であれば問題なかったのですが、ある盲点が出てきました。シンクロモードであってもアウタートップで走行中に誤って左シフトスイッチを操作してしまうとワンプッシュでトップから2速ダウンし、次のプッシュでフロントがインナーに移動してしまうことです。

DSC_4068
その状態がこれ。全くチェーンテンションが掛っていません。



DSC_4067
エンドアジャストボルトを調整し、



DSC_4069
チェーンを張ることは出来ますが、



DSC_4070
この状態でアウター / ローのチェーンが一番短くなる掛け方をしますと、



DSC_4071
カセットとガイドプーリーがこんなに離れてしまいます。これでは変速性能は低下するでしょう。



DSC_4072
理想はこの距離なので、エンドアジャストボルトで張らずに、



DSC_4073
チェーンをもう1リンクカットします。



DSC_4074
丁度良いチェーンテンションになりました。


お次はフロントディレーラー。これまた新型の9150は、シートチューブの太いDAHONにとっては非常に厳しいユニットとなっています。9070時代では、Lo アジャストスクリューも Hi アジャストスクリューに影響すると書きましたが、遂に9150では、Lo アジャストスクリューが無くなっています。

DSC_4075
あるのはHi アジャストスクリューだけ。


DSC_4076
太いシートチューブに取り付けたフロントディレーラーは、その時点で外側に張り出しています。勿論 Hi アジャストスクリューを緩めて行けばケージが内側に寄ってきますが、ある程度でストップ。後はスクリューが外れるまで緩めても反応しません。


DSC_4077
本来チェーンとケージ外側の隙間は0.5〜1mm 程度にしたいところですが、こんなに空いています。これではチェーンが外側に外れるのを防止できませんね。



IMG_3228
対策としては、「チェーンに対してケージが平行」を無視してフロントディレーラーを斜めに取り付けるしかありません。下の方では、0.5mm に来てますよね。逆にケージ内側では逃げが生まれます。


IMG_3229
それでもローへのシフトでは、ケージ内側がチャラチャラ擦ります。Lo アジャストは、電気的調整しかできず、37段階調整の内、最大の−18です。(リヤのアジャストモードは、−6)このフレームでは致し方ありません。


チェーンの長さの決定は、シマノ推奨歯数以外の場合マニュアル通りとは行きません。やはり長めで初めて塩梅を見ながらカットして行くしかないようです。テスト用のミッシングリンクを使ってて良かった。

次は、ペダルを付けて完成か!

先生の MOULTON APB その13【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その13

DSC_4107

モールトンは、様々なシーピラーサイズを採用しています。パイロン系は27.2mm、スーパースピードが34.9mm、スポルティーフが35.0mm、SST-22 が31.6mm と多彩であります。

DSC_4109
こちら APB は、スチールパイプにメッキの重くてダサいシートピラーが標準です。



DSC_4115
寸法を測ると35.0mm に当たると思います。となるとスポルティーフ用のアルミピラーが使えると思われますが非常に高価です。


DSC_4108
シムレスのため他のピラーは使えません。ダイナベクターに問い合わせたところ APB のスチールピラーは絶版でもう手に入らないとのこと。


DSC_4110
MILLION 瞬間サビトリ自転車用 40g  460円(税別)
だったら磨いて使いましょうかオリジナリティーを生かして。


DSC_4111
サドルクランプがまたダサくて一般車に使ってるいわいる”やぐら”ってやつ。



DSC_4112
サドルクランプ(ヤグラ)黒 440円(税別)
テンプラメッキは頂けませんので責めてブラックの新品を取り寄せました。


DSC_4116
サドルは、先生持込のブルックス。くたびれ具合が良い雰囲気を醸し出しています。



DSC_4117
錆びた鋲も綺麗にしてあげましょう。



DSC_4126
敢えてスチールメッキがクラシカルで良かったかも。



DSC_4113
ようやくフロントセクションと合体です。



DSC_4114
取り寄せたハイトルクリングが使えなかったのは残念ですが何かの際に加工しておきます。



DSC_4122
オーバーホール済のフロントサスペンションを装着。やっと形になってきた。



DSC_4124




DSC_4125




DSC_4129




DSC_4128

最後の写真は、トリミングすらしていませんがお気に入りのショット。旧車は、旧車なりの仕上感覚が何となく分かってきた。クラシックでありながらモダンニズムを加え、エレガントを目指すのだ!


DSC_4127

本日、雨ん中撮影!

最後の26インチモデル Eclipse D22?【橋輪Blog】

最後の26インチモデル Eclipse D22?

DSC_4082
2018 tern Eclipse D16 120.000円(税別)

高い走破性を持つターンの26インチフォールディングバイクシリーズは、Node C8 を残しスポーツ志向の強い Eclipse D16、ハイエンドの X22 が、2018をもってラインナップから消える事となります。今夜はそのD16 を外装8段から内装11段にコンバートした最後の1台をご紹介します。

DSC_4085
メンテナンスフリー(オイル交換は必要だが)となったリヤ変速。



DSC_4098
内装ハブ:Shimano SG-S7001 INTER 11  41.930円(税別)
(シマノ製品5/1より価格が変更となっています)



DSC_4086
チェーンテンショナー:Shimano CT-S500  2.130円(税別)



DSC_4089
右シフター:Shimano SL-S700  11s  6.785円(税別)



DSC_4083
オリジナルの Eclipse D16 は、フロントダブル、リヤ外装 8 Speed の16 Speed。アルフィーネの内装11速ではその殆どをカバーできるが、せっかくフロントダブルなのだからそのままでも面白いのではとの提案にて、22 Speed となったのでした。アウターギヤ要らないほどですが。


DSC_4087
マットガード:tern SKS 26  6.800円(税別)



DSC_4104
今では入手困難となったラックタイムのフォールドイットフィックスリヤキャリア。



DSC_4088
20インチ用を装着すると無駄なスペースが無くなります。



DSC_4090
物凄い登坂応力と26インチタイヤ&ディスクブレーキをフルに使った高速ダウンヒルが楽しめます。



DSC_4096

S さん今日は納車後に一日手賀沼周辺を楽しんだようです。アルフィーネ化の費用は約67.000円也。とても個性的な1台に仕上がりました。

ありがとうございました。


先生の MOULTON APB その12【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その12

DSC_4061
カセット:Shimano 105 CS-5700 10 Speed  4.954円 (税別)

前回の”その11”で間違えて取り寄せてしまった105 11速カセットを5700で再度調達しました。

DSC_4078
今度はちゃんと装着できました。



DSC_4062
やっぱこのリムとタイヤのマッチングいいですね。



DSC_4079
リヤアームエンドに嵌めてみましょう。



DSC_4081
例のスプリングピンのお蔭でスキュアーも問題なく取り付けられました。



DSC_4064
チェーンも同時に取り寄せましたが、モールトンて2本いるのかな? 

ここでモールトンのチェーンに関する恥ずかしい話題をもう一つ。「お城で作ってないモールトンはダメなのか?」シリーズを熱心にご覧いただいた yohoo さんからメールを頂きました。ご自身でモールトンのフロントサスペンションのオーバーホールをしたそうです。以下、yohoo さんからのメールの一コマ。


橋輪 社長 様

こんにちわ。おかげさまで、私のモールトンEarl Grey(フロントサスのグリース洟垂れ),TSR(フロントサスの異音がして動作不良)は”締め上げの技。”を使い、”橋輪方式でナットは内側”で組み付け、毎日シルキーライドしています。どうもありがとうございました。

mo1805_1

mo1805_2

蛇足ですが、conneXリンクって手で外せるみたいですよ。
ご本職に失礼しました。


えええええ〜?

DSC_9048
これは、「お城で作ってないモールトンはダメなのか?」シリーズの”その10”からの写真で、TSR-9FX のチェーンを外しているときの写真。

ジョイントは、チェーン上側で外していますので方向は、間違っていなかったようですが、取り外し取付方法が全く違っていたようです。チェーンのメーカーは、Wippermann(ウィッパーマン)でコネックスリンクと言うらしいです。方法を見てみると納得しますが、リンクの寿命はチェーン本体と同じで何度も着脱可能だそうです。9.10.11速用のラインナップがあり値段もそこそこ。ジョイントだけでも2.500円ほどしますが、11速用なんかシマノもKMCも一回こっきりしか使えないことを考えるとメンテナンスの度にチェーンを外して洗浄したい人にとっては打って付だと思います。

大恥をかきましたが、こういう事親切に教えてくれるお客さんがいるんですよ。yohoo さんこの場を借りしてお礼申し上げます。

yohoo さんからのリンクはこちら↴
https://chan-bike.com/wippermann-connex-link


DAHON マニア A さんからのお便り”その7”【橋輪Blog】

DAHON マニア A さんからのお便り”その7”

完成したアニバーサリーDi2 のポタ写真を楽しみにしていたのですが、どうやらせっかくのゴールデンウィーク、体調を崩して寝たきりだったようです。

橋輪様

お世話になっております。アニバーサリーのDi2化が終わり、ガッカリするんちゃうというご指摘でしたが、折れたのは心だけでなく身体もでした。あのピンぼけ写真の撮影の夜から発熱し、GW前に球菌肺炎で救急搬送され、即刻入院を勧告されました。「お願いやからパンツだけ履き替えに帰らせてくれ」と駄々をこね、翌日の朝、かろうじて薬が効いて自宅静養となり、ずっと寝たきりのGWでした。そんなわけでポタリング写真はしばらく後になりそうです。

次の目標は通勤仕様のホライズのdi2です。これはかなり作業的に大変そうなんで、橋輪様にメンテナンスも兼ねてお願いしようかなと思っています。今はアニバーサリーにインフォメーションディスプレイをつけていますが、ジャンクションAに交換してこちらをホライズに回そうかなと思っています。
エリートはクランクがFSAですので、まだ発売されてない?FSAの電動コンポを待ちたいと思います。
病気で寝てても妄想ばかりです(笑)


image1

私の写真がピンぼけばかりのわけをお伝えしましょう(笑)ニコンのダブルズームキットを買ったのですが、直前に見た「腕を上げたければ単焦点レンズを買え」という記事に突っ走り、標準レンズを売り飛ばしてしまいました(汗)単焦点レンズはとてもピントを合わせるのが難しく、撮った写真のほとんどがポケています。かろうじて手元のマクロ撮影だけはうまくいくようですが。結局シグマの高倍率ズーム付きのレンズを買い直しました。何やってんでしょうね(ーー;) また動きがあればご報告します。

そうそう、あのシマノのクリップ、ホンマに入手困難になりましたね。どこにオーダーしても断られます。船長さんのオーダーの影響ですね(笑)


それは確かに船長の影響でしょうね。初めに50セットオーダーして入って来たのが5セット。それからぼちぼち入荷してますが、シマノさん勘弁して下さいな。

DSC_4056
こうして立派な箱がぽろぽろとゆうパックで届くんですが、



DSC_4057
中身はスカスカで、



DSC_4058
入ってるのは、3セットとか5セットとか。これ何時まで続くんですかね。



DSC_4060

本日またひと箱届きました。大分たまって来ましたよ。出荷履歴が47セットで、発注残が3セット。

同じ箱が複数揃うと捨てられなくなるたちであります

DAHON Horize Disc のセカンドロッドが入荷です【橋輪Blog】

DAHON Horize Disc のセカンドロッドが入荷です

DSC_4045
DSC_4047
Horize Disc(ホライズ・ディスク)

2018 DAHON  オーソライズドディラー限定モデル
Horize Disc      97.20
0円(税込)
橋輪プライス 87.400円(税込)
8 SPEED    12.4kg

昨年12月に登場し即完売したホライズのディスクブレーキバージョン Horize Disc のセカンドロッドが入荷です。

DSC_4048
ファーストロッドとの相違点が2点。タイヤの KENDA ロゴがホワイトレターになりました。(何故か右側だけ)


DSC_4055
マグネットの取付が改善されています。



DSC_3218
ファーストロッド

DSC_4054
セカンドロッド



DSC_4050




DSC_4053

ご予約頂いておりましたお客様大変お待たせ致しました。ファーストロッドでチャンスを逃したって方、早めのご予約お待ちしております。

Horize Disc の詳細は、⇒ こちら


記事検索
  • ライブドアブログ