「再放送」BIG APPLE を履くとなぜ安定感が増すのか?【橋輪Blog】

「再放送」BIG APPLE を履くとなぜ安定感が増すのか?

いや〜毎日毎日雨で雨が止むと風が吹く。なもんで写真も撮れないので今夜は再放送でお届けする。半沢直樹も再放送だかんね。




BIG APPLE を履くとなぜ安定感が増すのか?

DSC_4676
DSC_2992
DSC_3711
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254) 2.600円(税別)

14インチ小径フォールディングバイクにビックアップルは、全国的なブームへと発展しました。SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254)は当初、日本国内では橋輪オリジナルでしたが、現在では他の販売店でも入手可能になっています。ビックアップルに交換された方の殆どが見た目のカッコ良さ以上に「安定感が良くなった」と言われます。これは”やりだしっぺ”として、なぜ安定感が増すのかを説明したいと思います。

52b95867
フレームヘッドパイプの角度をヘッドアングルと言います。その延長線と地面が交わる角度がキャスター角です。

52b95867 - コピー
そしてフォークは、前方に反っている形になります。これはキャスター角とは全く別物で、オフセットと言います。

52b95867 - コピー - コピー
キャスターが地面に到達する場所(赤線)。車軸から垂直に下ろした線(黄色)が地面に到着する場所。この2点間の距離をトレールと言います。このトレールが直進安定性を生み長いほど高まります。


mono34737245-100528-02
キャスターと言うと台車に付いたこれを想像しますね。進行方向右にキャスター角(ゼロですが)それに続く黄色い線で長いトレールが出来ています。よってタイヤがあちこち向くことなく押し手に追従して走るわけです。でも自転車と違ってオフセットが後ろ向きですね。トレールが長くとれるのなら自転車もこうで良いんじゃん?

IMG_2869
tern オーナーは、畳む度にこうしてますよね。これでもいいってこと?実際にやってみると分かりますがハンドルを180°切ると車体が持ち上がるのが分かると思います。これヘッドアングル(正確にはオフセットも含めた)のお蔭でフレームが持ち上げられている状態で非常に不安定です。

IMG_2871
ハンドルから手を放すと元の位置に戻ろうとします。

IMG_2872
IMG_2873
乗車して更に荷重が加われば一番低いこの位置まで戻ろうとする。これ自動車工学ではキングピンアングルと言う言葉を使いますが、自動車のハンドルを切る(回す)と車体を持ち上げる効果が生まれます。切ったハンドルから手を放すと勝手に戻るのは、車重が元の高さまで下げる力が働いているからです。正確に言うとこれも直進安定性に関与しますが、今回は無視。


IMG_2860 - コピー
では先ほどの台車のキャスターと自転車は、本当に逆なのか?キャスター角が押しているのは矢印の場所です。

IMG_2860 - コピー - コピー
タイヤ接地面との関係を見るとやはり同じく後ろになっているのです。引っ張っている(トレイル)わけです。


08c0eca3
話が複雑になるのでオフセットは無いものとし、この角度をキャスター角とします。


08c0eca3 - コピー
違いを明確にするためノーマルタイヤの外周を極端に小さく青で書きました。


08c0eca3 - コピー - コピー
地面も書き込んでトレールを記入。次に写真のビックアップルを紫で囲いました。



08c0eca3 - コピー - コピー - コピー
一目瞭然で、ビックアップルの方がトレールが長くなっています。


IMG_2875
それでは、なぜトレールが長くなると直進安定性が増すのかは、これを縦から(キャスター角の上から)見ると分かりやすいです。進行方向前方の赤点が、ハンドルを切るコラム中心線です。それに引っ張られているのが黄色の地面とタイヤの接点です。(この図書くの大変だった!)

IMG_2875 - コピー
ハンドルが切れ込むと路面との抵抗が発生し、黄色点は、赤点を軸に元の位置に戻ろうとします。これがトレールです。2点の距離が長いほど復元力が増加するわけです。

KIMORI COLOSSUS HR 計画で20インチから17インチに変更する際、「トレールが減るのだからその分キャスター角を寝かして直進安定性を増す方が良いのでは?」とのクエスチョンに木森先生の回答は、「それは逆でキャスターを立たせるのです」でした。

IMG_2874

方眼紙に書いてみると納得できますよ。

興味がある方は、こちらも ↴


RIXEN のフロントバック、ショッパーアリンゴ【橋輪Bloig】

RIXEN のフロントバック、ショッパーアリンゴ

DSC_0108
RIXEN KAUL ショッパーアリンゴ 11.000円(税別)
38×26×24cm  17ℓ 820g

ちょっとお買い物に便利なリクセンのバック、ショッパーアリンゴです。ワンプッシュでアタッチメントから外してそのままショッピングってスマートなアイテムです。

DSC_0105
レッド / クリーム



DSC_0104
グレー



DSC_0103
ブラック



DSC_0101
TERADA オリジナルRIXEN KAUL アタッチメント 10.800円(税別)



DSC_0100
RIXEN KAUL フロントアタッチメント KF810 2.500円(税別)
取付け寸法Φ22〜26mm


DSC_0106
フレームマウントなので荷物を積んでもハンドリングに影響しません。



DSC_0107
赤いボタンをワンプッシュでアタッチメントから外せます。



DSC_0109
コードロック付きの巾着カバー。



DSC_0102

ミニラタンバスケットを取り付けた Moulton TSR-9FX

試乗できます!
※試乗には、身分証明書の提示を頂いております




橋輪ホームページ更新しました【橋輪Blog】

橋輪ホームページ更新しました

IMG_2109

毎日毎日雨、止めば風の日々が続く中、橋輪ホームページをリニューアル致しました。

こちらから ⇒ 橋輪ホームページ



形見のボクサー SAITO FA60T(その6)【橋輪Blog】

橋輪働き方改革

IMG_2102

橋輪働き方改革で「2020年6月より毎週火曜日から毎週火曜日+第一水曜日がお休みとなります」と書きましたが、どうも表現が悪かったらしく「解りづらい」との指摘を受けましたので改定したいと思います。

正しくは、毎週火曜日、第一火曜日につづく水曜が連休です。なので7月の連休は、7日(火)8日(水)となります。


営業日カレンダーで確認下さい ⇒ こちら




形見のボクサー SAITO FA60T(その6)

てなわけで今夜は社長室よりお送りします。しばらく止まっていた作業をフィルム貼替えからスタート。

IMG_2080
せっかく奇麗に貼られていたフィルムですが、非常にオモチャっぽいのでバリバリと剥がしてしまいます。


IMG_2089
IMG_2090
IMG_2101
こういうのって生地完成状態って言うんです。



IMG_2103
フィルムは、モノコーテでブラックとピンクを用意。



IMG_1411
下面を造作してファット化した胴体から貼って行きます。



IMG_1653
ブラック、ピンクのツートーンで仕上げます。



IMG_1654
先ずは、下方のピンクから。



IMG_1655
胴体の幅に合わせて切り出します。



IMG_1656
これをアイロンを使って貼っていくわけです。



IMG_1734
IMG_1735
IMG_1765
IMG_1766
これシワが出来ないように貼るの結構難しいんですよ。

はい今夜はここまで。あれ前回(その5)から1ケ月経つのに進行が遅くね?毎晩20分でも30分でもいいから工作室にこもるんじゃなかったっけ?



IMG_2104

フライトシュミレーター買っちゃったんです!





2020 DAHON SPEED Falco 少数再入荷!【橋輪Blog】

2020 DAHON SPEED Falco 少数再入荷!

IMG_2105

全色欠品が続いてました SPEED Falco が少数再入荷しました。入荷したのは、ホワイトシルバー、マットガンメタルを除いた5台でほぼ予約完売となっています。

DSC_8709
DSC_8719
SPEED Falco(スピード・ファルコ)

2020 DAHON  
SPEED Falco  91.300円(税込)
橋輪プライス     82.100円(税込) 
  
8 Speed   12.0kg

2020 SPEED Falco


DSC_8717
DSC_8718
セルリアン 入荷3台中予約2台でラスト1台



DSC_8710
DSC_8711
ホワイトシルバー 7月中旬入荷予定で予約完売




DSC_8715
DSC_8716
チェリーレッド 入荷2台中予約2台で完売



DSC_8774
DSC_8775
マットガンメタル 7月中旬入荷予定で予約受付中

ご予約頂いていたお客様、大変お待たせ致しました。納車整備整い次第順次ご連絡致します。入荷はあったものの販売できるのは、セルリアン1台のみとなっております。

マットガンメタルのご予約もお待ちしております!



買ってちょうだい Dead Stocker 11【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker 11

IMG_2093

ASTUTE SKILITE 3.0 FLUO 30.500円
(税別)
カーボンレール(ブラック / イエロー)

生産を中止してしまったアスチュート社の最高峰モデル、アスチュート・スカイライト 3.0 フローです。カラーは、ブラック / イエローオンリーの一品限りです。

IMG_2094
IMG_2095
IMG_2096
IMG_2097
IMG_2098
IMG_2100
重量僅か195.5g ですぞ!



IMG_2099

30% OFF の 21.350円(税別)でお願いします!





トーキョーバイクのキックバイク tokyobike paddle【橋輪Blog】

キョーバイクのキックバイク tokyobike paddle

DSC_0095
tokyobike paddle(トーキョーバイク・パドル)

tokyobike paddle 18.000円(税別)
適応身長:80〜115cm
車体重量:3.8kg

トーキョーバイクへ入門するためのファーストバイク tokyobike paddle です。パドルとは、カヌーのパドルやペンギンのヒレなどの意味。キックバイクでありながらチューブ入りのゴムタイヤ装備で、公園などの芝生や土でも走破性に優れています。カラーは、豊富な8色展開となっています。

DSC_0096
タイヤサイズは12×1.50で、チューブは英式バルブとなっています。



DSC_0098
ハンドルパイプは、バッテットされ小さな手でも握りやすいグリップです。



DSC_0097
こちらのカラーは、ピーコックで、他のカラーは以下、


masuta-do
マスタード

アイボリー
アイボリー

シダーグリーン
シダーグリーン

スプラウト
スプラウト

トマト
トマト

ブルージェイド
ブルージェイド

モモ
モモ



DSC_0099

君も tokyobike にデビューしよう!








Gaciron ディスプレー【橋輪Blog】

Gaciron ディスプレー

IMG_2088

ライトコーナーにガシロンのディスプレイを設けてみました。

IMG_2086
IMG_2084
IMG_2083
IMG_2087
IMG_2085

ご来店の際はいじくり回して下さい。

Gaciron の取扱説明書は、こちらからダウンロード。
https://www.gaciron.jp/manual/

Gaciron V6C400

Gaciron W10-BS







通勤仕様のリーズナブルな 20”タイヤ【橋輪Blog】

通勤仕様のリーズナブルな 20”タイヤ

DSC_0091
GIZA PRODUCTS Sensamo 20×1.50(40-406)2.400円(税別)

リーズナブルな20インチタイヤ Sensamo(センサモ)をご紹介します。価格は、なんと2.400円の税別で毎日乗る通勤仕様にピッタリのタイヤです。しかもルックスがシュワルベ・マラソンレーサーにそっくりでしょ。

         Sensamo 20×1.50  MARATHON RACER 20×1.50

価格            2.400円        3.500円
重量             505g                    340g

DSC_0094
パターンは、シュワルベマラソンレーサーにそっくり!



DSC_0093
しかもリフレクトラインまで。



DSC_0092

ライトの光を当てるとこの通り。物凄く反射します。

夜の通勤も安全ですね!







British Racing Green がやって来た!【橋輪Blog】

British Racing Green がやって来た!

DSC_0074
Pashley SPEED 5  189.000円(税別)
フレームサイズ:20.5(520) 22.5(571)
カラー:ブリティッシュグリーン
5 Speed 

以前ご紹介したイギリスパシュレイ社のスピード5です。2台入荷したうち昨日571サイズが売れましたので、520サイズを倉庫から出してきて組み立てました。なにせ大きな自転車なので狭い橋輪には2台も展示できませんので・・・なわけで本日イングリッシュウエザーの中撮影しましたのでご覧ください。

Pashley SPEED 5 の詳細は、⇒ こちら

DSC_0076




DSC_0079




DSC_0083




DSC_0082




DSC_0084




DSC_0085




DSC_0086




DSC_0087




DSC_0080




DSC_0089




DSC_0090




DSC_0088




IMG_2079

たまたま撮影した公園付近に TOYOTA FJ クルーザーが止まっていたので写真を撮らせて頂きました。571サイズを購入頂いた T さんが乗ってきたのがこの車でした。これほど大きな車でも積み込みは大変なほど大きな自転車です。橋輪では、納車整備後に必ず試運転をしてお渡しとなるのですが、Tさんのお陰で念願の SPEED 5 に乗ることが出来ました。重たい車体とホイールのお陰で漕ぎ出し決して軽いものではありませんが、ある程度の速度が出るとそれを維持する慣性力でどこまででも走っていけそうな気がします。スタミの5速ミッションは、変速後の漕ぎ出しに少しのタイムラグがあってメカニカルな味わいです。気分でハンドルバーをひっくり返すのも楽しそうです。

IMG_7920[1]

THE GREAT ESCAPE      Jamrs Coburn



記事検索
Archives
  • ライブドアブログ