指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その2【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その2

DSC_3738

DURA-ACE 9070 Di2 のコンポーネントを最新の R9150 に変更するにあたり、シンプルで軽量なエレクトリックワイヤーの取り回しの指令が出ております。シマノDi2 関連の新しいパーツで分岐タイプジャンクションが発売になりました。言うならば三俣配線のようなものです。今回はボックスタイプのジャンクションは使用せずに分岐タイプジャンクションコードを駆使して配線してみようと思います。

P-EW-JC130_14032_1_310_310[1]
EW-JC130 SS / SM / MM 分岐タイプジャンクション。

99f6031e
          (A)    (B)   (C)
SS 250mm  350mm  50mm
SM 450mm  350mm  50mm
MM 550mm  550mm  50mm

とまあ3種類の異なる長さのケーブルなんですが、全部取り寄せて現物合わせで、と思っていたら何と1本6.000円もする代物でして、こらちと高いなってのと今すぐ合わせたいってのもあって取りあえずダミーワイヤーを作ることに。


DSC_3734
用意したのは緑色の紐と、お得意ラジコン燃料チューブ、シュリンクチューブ。



DSC_3737
3種類製作しました。



DSC_3781
それぞれSS / SM / MM です。分岐コネクター部分は、白いシュリンクチューブで20mm あります。



DSC_3736
カプラー部分は、燃料チューブで再現。



DSC_3741
先ずはリヤディレーラーからフロントディレーラーの間。MM の550mm は長すぎて使い物になりませんでしたので SM を選択。


DSC_3776
R9150 のリヤディレーラーは、エレクトリックワイヤーの差し位置が9070に比べ後方にありますので、少し余裕を持たせます。


DSC_3742
SM の(A)450mm 部分を使ってリヤディレーラーから前方へ。



DSC_3743
分岐からの(C)50mm がフロントディレーラーにピッタリです。



DSC_3746
元々使っていたジャンクションB は、外してしまいます。



DSC_3765
分岐からの(B)350mm はフレーム前方へ。



DSC_3749
ヒンジの下まで来ました。



DSC_3750
ここにSS の(C)50mm 部分を結合します。



DSC_3751
ジョイントには。2ポートの EW-JC200。こちらも新製品でスマートに繋ぐことが出来ます。



DSC_3752
2ポートの EW-JC200での接続。



DSC_3771
その先の分岐からの(B)350mm は、折り返してバッテリーへ。



DSC_3754
ビルトインタイプのバッテリーをポンプホルダーで取り付ける寸法。



DSC_3755
残った(A)250mm を前方へ。



DSC_3756

ここに2ポートの EW-JC200をもう一つ追加し、ジャンクションBからリヤディレーラーを繋いでいた600mm のエレクトリックワイヤーを使いインフォメーションディスプレーに導けば完了。

大分シンプルになったでしょう!



船長通信

DSC_0009

DSC_0012

DSC_0013

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0017
.春の、"しまなみ海道"及び、"ゆめしま海道"..。



DSC_0018
朝から、"ゆめしま海道"へ、久しぶりにサイクリングへ(木森さんHR)出かけてきました。...



最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修16!【橋輪Blog】

金色に輝く暗黒の砲弾届く!

DSC_3024

暗黒さんにお願いしていた”ぶつ”が出来上がって来ました。ヤボな物ですが作って頂けますかと相談しましたところ快く製作を引き受けて頂きました。今夜は、社長室より。

29243703_1633154973427880_2974396441688014848_n[1]
29214930_1633155060094538_2769679561418342400_n[1]
29197219_1633155213427856_4147079494550683648_n[1]
こちら製作過程。



DSC_3713
本日届きました。



DSC_3714
箱を開けてみると丁寧な養生をされていました。



DSC_3715
これは、オリジナルだな。



DSC_3716
こちらはずっしりと重いです。持つ指のしなりで重さが伝わるでしょう。



DSC_3722
黄金に輝く砲弾です。バフ仕上げで鏡面に仕上げて頂いたみたいです。



DSC_3717
左がオリジナルのアルミ製砲弾で、右が特注の真鍮製。比重は3倍以上ですから破壊力も3倍以上。



DSC_3718
オリジナルは肉抜きがされていますが、特注製はなるたけ抜かないでとリクエスト。



DSC_3719
砲弾の長さも10mm 延長で段差もなくしたストレート形状。



DSC_3720
火薬リテーナーも含めたオリジナルの重量106.0gに対して、



DSC_3721
659.0g と553.0g 増しのスーパーヘビー級。


それでは一発ぶちかましてみましょう!



DSC_3723
手前は、先に進まぬフォッカーに浮気して製作中のアクロ機。羽と尻尾を付ければ完成。



DSC_3724
パイロットもスタンばってます。



IMG_2685
さて前回の行で、デットウエイトをどれだけ積まないといけないかってとこ。タオルの中身は工具で、



IMG_2690
588.0g。これでも足りないとはプロの弁。



DSC_3727
これだけウエイトを60cc 3気筒エンジンの周りに搭載するスペースもなく、



DSC_3728
思いついたのは先端に行くほどウエイトは効くってこと。



DSC_3729
最先端とは、



DSC_3733
プロペラナットのこと。これはガッツリ効くはず。



DSC_3731
真鍮の鈍い輝きがクラシカルな雰囲気満点です。



DSC_3732

これで前後バランスが取れると思われる。エンジンは、7000 rpm 近く回るが暗黒さんが精密に削ってくれたので振動の発生はないだろう。むしろ重量物を置いたことでアイドリングが安定して下げられるフライホイール効果を望めるかも。これでやっと前に進める、いや飛べる気がしてきた。

暗黒さん、ありがとう!




14インチ超ワイドホイール装着 OX PECO【橋輪Blog】

14インチ超ワイドホイール装着 OX PECO

DSC_3655

昨日ご紹介したエコラン用超ワイドリムに SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 を組み合わせたOX PECO です。あまりのド迫力に他の追従を許しません。フロントは、Shimano ALFINE DH-S501 ダイナモディスクハブ、リヤは、Shimano ALFINE SG-S7001-11 内装11速ディスクハブです。今回橋輪では、ホイール本体組み(なんと2回目)のみやらせて頂きましたが、その他にも凄い装備がなされています。ペコの改造では、おそらく日本一、いや世界一ではないでしょうか。それでは、超引っ張りビックアップル装着の大変態マシン(失礼!)をとくとご覧あれ!

DSC_3656




DSC_3659




DSC_3657




DSC_3660




DSC_3666




DSC_3665




DSC_3667




DSC_3668




DSC_3661




DSC_3664




DSC_3662




DSC_3663




DSC_3673




DSC_3671




DSC_3669




DSC_3670




DSC_3674




DSC_3679




DSC_3680




DSC_3686




DSC_3685




DSC_3683




DSC_3682




DSC_3687




番外編 PECO を積んで出かけよう!

DSC_3694
番外編 「PECO を積んで出かけよう!」は、トヨタクラウンでございます。



DSC_3695
クラウンって意外とトランク小さいのね。



DSC_3693
あら余裕で寝転んでおります。



DSC_3688

いつも無茶な依頼を押し付けて下さるオーナーのK さん。現在は、お仕事もリタイヤされて日々、変態自転車製作(またまた失礼!)に没頭しております。

さてお次は?


超ワイドな14インチリム【橋輪Blog】

超ワイドな14インチリム

DSC_3476

こんなリムを持ち込まれたお客さんがいまして、JP50 と言うエコカー用の14インチリムだそうです。中国製で価格は、5.832円と格安。この他 IRC から EC-R 14×2.10 超軽量スリックタイヤも出ているようです。エコカーレースにもワイドリム化の波が来ているようです。

DSC_3477
リム幅は、50mm で、外々で測ると56mm もある。



DSC_3478
ご覧の通りであります。



DSC_3479
目方は、377.5g。



DSC_3480
DSC_3481
このリムに昨日ご紹介した SCHWALBE BIG APPL を組みたいってリクエスト。タイヤ側面とリムがほぼ面一まで膨れています。これにアルフィーネのハブを組み込んだのですが、スポーク張りは相当な難儀でした。


最近に見るワイドリム、ワイドタイヤ化

IMG_2883
細いタイヤでの接地面は、縦長であるのに対して、



IMG_2885
ワイドリム、ワイドタイヤ化した接地面は、円に近くなります。常に述べているようにタイヤの転がり抵抗は、接地面の変形(凹んで戻ってまた次が凹むの繰り返し)によるものなので接地面積が広いほどタイヤの変形が少なくなるので、転がり抵抗が軽減される。これ最近のロードバイクにもこの傾向が出ていますね。


余談でモーターサイクル用スポーツタイヤの話

タイヤ
昨今は、ストリート用でもレーシングタイヤのような形状をしてますね。


タイヤ - コピー
これが18インチのタイヤだとしますと端っこは、16インチぐらいになってるんですよ。どうゆうことかと言いますと・・・・



タイヤ - コピー (2)
赤い部分が地面だとしますと、今フルバンクでコーナリング中で、16インチの旋回性のいい小径部分で走っています。コーナーの出口が見えてきて加速しながら車体を起こして行きます。すると17インチになり、

タイヤ - コピー - コピー
ストレートでは、18インチに戻るわけです。パワーの掛けたい立ち上がりは、高トルクの小径で、ストレートに向かいながらスピードに乗せる外径が大きくなる中央へとオートマチック変速しているんですね。これ自転車には関係ない話でしたね。


明日は、そんな格好になってしまったこいつをご紹介!

DSC_3682

凄いよ!

SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 大量入荷!【橋輪Blog】

SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00 大量入荷!

DSC_3711
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254) 2.600円(税別)
限定24本!

シュワルベの14インチ小径ファットタイヤが大量入荷です。シュワルベの国内ビックアップル小径タイヤのラインナップは、12×2.00から始まり16×2.00、18×2.00、20×2.00で、ビックアップルプラスが20×2.15と14インチがありません。14インチモデルの DAHON Dove Plus に装着したくて本国取り寄せした商品です。2.00の太さで14インチですから迫力満点ですぞ!

DSC_2982
DSC_2983
DSC_2984
DSC_2987
画像は、2018 DAHON Dove Plus への装着例です。
詳しくは、⇒ こちら



DSC_3481

明日は、こんなにリムに引っ張られた 14”BIG APPLE を

インドのスラム街からSRAMへの旅〜blips編【橋輪blog】

みなさま、こんにちは。Yuboです。


今回はちゃんと SRAM Red eTap 関連のお話しに戻ります。


tasuki


シマノの電動シフト Di2 にDURA-ACE と Ultegra があり、最新のシリーズでは Ultegra が DURA-ACE 化しつつあるのに対し、2018年3月現在 SRAM では電動シフトが Red eTap しかありません。なので SRAM 内に限って言えば他と比べようがないのですが、シマノのスプリンタースイッチ(SW)に近いものとして、eTap には blips があります。以下、開封の儀です。

DSC_2525

もはや Red ではお約束の”お重”に入っています
DSC_2526
中味は至ってシンプル
DSC_2527
2本セットです
DSC_2528
左右まったく同じものではなく、スイッチの部分のコードの取り付け位置が左右で異なっています
DSC_2529
ハンドルバーに取り付けることを想定して内側は円形に凹んでいます
DSC_2530
白いのはシールではなく金属です
DSC_2531
これは eTap のシフタから取り外したフタです


SW と blips はいずれもシフターのレバーではなく、別途取り付けるボタンでディレイラーを操作する、という点では共通している一方で、大きな違いとしては、SW ではリアディレイラーの操作のみが行える(シンクロシフトを利用した場合を除く)のに対して、blips ではレバーと全く同じ操作を行えることが挙げられます。

具体的には、片方のボタンでリアディレイラーのシフトアップ、もう片方のボタンでリアディレイラーのシフトダウンを操作できるばかりでなく、両方のボタンを押すことでフロントディレイラーを操作して、アウターとインナーを切り替えることが可能です。

DURA-ACE Di2 および最新の Ultegra R8050 の STI の上部に特別なコントロールスイッチが取り付けられており、また別途サテライトスイッチなるものを利用すると、サイコンの画面を切り替えたりすることもできたりする(Ultegra R6870 にはないので、別途 Garmin Edge Remote などが必要)わけですが、DURA-ACEは使ったことがないのでよくわかりません。

ただ、シマノの場合、シフターの内側に3つのポートが設けられており、たとえば複数のスプリンタースイッチを取り付けることもできるようです。

一方で、SRAM のシフターの内側には、blips 用のコードを差し込む口が左右それぞれ2つずつ設けられており、これらは blips 専用なのでサイコンを操作したりすることはできません。DSC_2571

Di2 と eTap の大きな違いは、もちろん eTap が無線でディレイラーを操作することなのですが、blips に限っては有線で配線します。

DSC_2568
上下どちらのポートを使っても同じ機能だと思います。つまり、機能としては左右それぞれのシフタの役割をボタンでするだけのことです。

ここで課題となるは、配線の取り回しです。Di2 のジャンクションやバッテリーの配線に比べたら eTap は実にシンプルなものなので、できれば配線も内蔵化したいものです。

なので、とりあえずはハンドルバーの穴を使ってできるだけ、内蔵化してみました。ハンドルの左右に流れているラインが blips のラインです。

DSC_2583
手前に垂れている細い紐は blips の配線ではなく、サイコンのストラップです。

DSC_2582
このように、ある程度内蔵化することができましたが、今回はバーテープがもったいないので、新たに巻き直したりしていないのですが、本当はもっと内蔵化できるでしょう。

DSC_2578
配線が決まったところで次に問題となるのはスイッチの取り付け位置です。バーテープを巻き直さないということは、別の見方をするといくらでもやり直しが利くということなので、今回はシフターのラバーの内側に忍ばせてみました。

DSC_2581
なかなかいい感じです。シマノの SW よりも blips はストロークが深いので押しにくくなるではないかと思いきや、むしろ素のまま押すよりもラバーを介して押す方が押しやすいくらいです。もしかするともっと円形に近い何かを足して、厚みを持たせて凸に近い形状にした方が押しやすくなるかも知れません。

DSC_2580
私のハンドルバーは 400 mm のものですが、blips はこの取り付け方ですと、450 mmでぴったりというか、この位置が限界でした。左右の内側にラインが見えますが、バーテープを巻き直せば隠せる程度の余裕があります。

今度テープを巻き直すときは、もう一つの blips ポートを利用して、下ハンを持ったときでも押せるような blips を足すことも検討しています。ボタンの形状のせいで、シマノの SW と異なり、上から押さえた場合でも、下ハンを持ったときでも違和感なく使える位置にすることは難しいと思います。

ラバーの内部に挟み込むだけでは心配なので、両面テープで固定。最近は、用途に応じて結構いろいろな両面テープが販売されていることに感心。

DSC_2565
DSC_2566
DSC_2567
私のオススメは、防水タイプの両面テープです。

DSC_2576
色が黒であるばかりでなく、厚みがあります

DSC_2575
そのため多少凸凹した場所に取り付けてもしっくりくるのです。

ここで、ふと疑問に思われたかたもいらっしゃるかも知れません。「左右逆じゃね?」と突っ込まれても、その通りです!としか答えられませんが、実はそれこそがこの blips を使って私がやりたかったことでした。

言うまでもなく、SRAM Red eTap のシフターは、右でリアのシフトアップ、左でリアのシフトダウン、両方でフロントのインナー/アウター切り替えですが、Di2 のスプリンタースイッチになれてしまった私にとっては、これらだけでは物足りなかったのです。

また、筑波山の下りでガードレールに激突事故を起こして以来、ブレーキのレスポンスや操作感、効き具合、耐久性など、あらゆる制動力に関する要素に関心がありました。

色々考えた末に、私が思いついたことは、もっともレスポンスよく危険を回避するには、ブレーキレバーからいっさい指を離さないことでした。私は車の運転でも、左足ブレーキにしているのですが、これに慣れるとブレーキのレスポンスは格段に良くなります。

STI という神器を知って以来、ずっと似たようなことを考えてきましたが、たぶん E-TUBE を使っても同じようなことができるような気がします。仮に現在のファームウェアのバージョンでできなかったとしても将来のアップデートで実現できるようになるかも知れません。

SRAM の場合、方法は至って簡単で、左右の blips をたすき掛けにすれば良いのです。この場合、右手はブレーキに特化させる一方で、左手はリアのシフト操作に特化させることができます。このように、機能別に特化させることが最もシンプル、ひいては eTap のシンプルというコンセプトに合致するのではないかと思われたのでした。

それでは肝心の使い勝手はどうかというと、まあ普通です(笑)

結局好みの問題でもあるわけですが、ただ明確に言えることは、blips をラバーの内側に忍ばせたことで、グリップが握りやすくなったという副次的な効果があったことでしょう。ただ、右手の内側に取り付けたシフトダウン用の blips は単体ではほとんど使いません。

一方で、気持ちいいのは、2つのボタンを同時に押したときに、フロントが切り替わることです。レバーだけを使った場合、フロントシフトのアップとダウンはまったく同じ操作になりますが、blips を併用することにより、たとえばシフトダウンにはレバーを使い、シフトアップには blips を使うといった使いわけができます。

むろん、人ぞれぞれ自転車の楽しみ方は異なりますので、今回は blips の私なりの使い方をご紹介させて頂いたにすぎません。とはいえ、あくまでも趣味の範囲でのお話しですので、こちらの記事を参考に何かを試されようとする方がいらっしゃいましたら、自己責任でお願いします。


〔インドの旅を振り返る〕


次の動画をご覧ください。

これは私が同僚とランチに赴いた際に撮影したものですが、なにかお気づきでしょうか。カレーの種類が2種類ある、はい確かに。主食としてクレープのようなものを食べている、これはチャパティというもので北インドの多くの地域で食べられているようです。


彼はランチの間、ほとんどこのスタイルをほとんど崩さないのですが、右手だけを使って食べていますね。なぜ右手だけを使って左手を使わないのか、という疑問についてはさておき、彼らがスプーンやフォークを使って食べることもできるのにも拘わらず、素手を使うのは、「その日一日がよい一日でありますように」といった祈りを込めるからだそうです。


本題はここからです。ここで、もし左手を使って食材をつまんだら、スマホを触るのにその都度手を拭かなければならないですね。もちろん、そんな面倒なことはしないので、彼らは片手でスマホをしながら右手で食事をします。それぞれの手に別々の役割を持たせて、機能を特化させているわけです。


器用にも片手でチャパティを切り分けていますね。このようなスタイルにより右手だけで食事をするインド人はごくありふれていますが、インド人一般に限って言えば、同時に左手でスマホをいじるインド人はそれほど多くはないかも知れません。ただし、会社の同僚を含め、少なくとも日本に在住するインド人には結構な割合でこのスタイルで食事をする人がいます。


この振る舞いを見て今回の「eTap 襷掛け」の着想を得たと言ったらかなり無理がありますが、機能別に左右の手を使い分ける、という別の例にはなるでしょう。他の例としては、たとえば私の場合、仕事柄右手でメモを取りながらパソコンを操作することが多くなったため、右手でマウスを同時に操作できるわけもなく、ある時期から左手用のトラックボールマウスを使うようになりました。

このときも特別何か大きな効果があったわけではないのですが、Ctrlキーを併用するショートカットが使いにくくなったりしたことで、「ああこの操作は左手で操作することを想定したショートカット」なんだなとか、これまで当たり前だったことから気がつくことが色々とありました。

シマノの SW や SRAM の blips については、ネットで調べてみると DIY でスイッチを自作したり、ケーブルを長さを調整したりする記事も見受けられるのですが、それらの発想の起点は概ね使い勝手よりも、パーツの値段の高さです。メーカー保証外になってしまうことは避けたいものですが、Di2 にしろ blips にしろ、メーカーには仕様を公開してもらい、サードパーティに対する互換性認定などのライセンスビジネスに切り替えて、ユーザにはもっと選択の自由を与えてほしいものです。

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!

DSC_3696

DSC_3697

船長の DAHON Mu SLX Di2 が送られてきました。今回の指令は、DURA-ACE 9070 Di2 のコンポーネントを最新の R9150 に変更。ジャンクションやバッテリーも変更し、シンプルで軽量なエレクトリックケーブルの取り回しを目指します。

DSC_3698
DAHON / CONTROLTECH の451カーボンホイールにカーボンフォーク。



DSC_3699
ハブは、当然の GOKISO。



DSC_3700
CONTROLTECH カーボンクランクに、ROTOR Q-RINGS QARBON チェーンリング。



今回の指令!

DSC_3701
CONTROLTECH のサドルですが、カーボンレールが新しくなった物に変更。(こちら品番さえもまだ掴めていませんが)



DSC_3702
DSC_3705
9070 Di2 フロント / リヤディレーラーを最新の R9150 へ変更。




DSC_3703
XTR Di2 フアイヤーボールシフター(オフロードシフターで誤作動を防止するためクリック感を強めにしてあり電動スイッチ感がスポイルされる)を SW-R600 に変更。



DSC_3704
XTR インフォメーションディスプレイを最新のワイヤレス通信可能なSC-M9051に変更。ステムもtern VRO 47mm に変更。



船長プレゼント

DSC_3706

Bluetooth に対応していないため交換したバッテリーホルダーとワイヤレスユニットです。勿論、スマホやタブレットからの操作をしないのであれば普通に使えるものです。価格もお安い物ではありませんが船長にとっては不要なものとなりました。


DSC_3707
バッテリーホルダーショート SM-BMR2-S  10.861円が3ヶ



DSC_3708
ワイヤレスユニット SM-EWW01  7.888円が4ヶ



DSC_3709
取付けバンド&ボルトも付いています。

船長の太っ腹、総額64.000円ですからね
電動化を考えている方へ、こちら差し上げます!



DAHON を積んで出かけよう Volkswagen POLO 【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう Volkswagen POLO + DASH P8 × 2

DSC_3637

今回の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場 Volkswagen POLO であります。しかもロックジョーシステムで折り畳む DASH P8 の2台積みを試みます。入荷したての2018 DAHON DASH P8 を購入頂いたMさんとAさん、お揃いでデザートベージュのカラーを選択されましたが、Aさんは男っぽく、Mさんは女っぽいパーツでチョイカスタムです。

DSC_3615
2018 DAHON DASH P8


DSC_3616
こちらAさんのDASH P8。何となく男っぽいでしょ。



DSC_3620
タイヤ:SCHWALBE BIG APLLE PLUS 20×2.15 3.600円(以下税別)



DSC_3617
サドル:SERFAS E-GEL メンズ 3.400円



DSC_3618
ボトルケージ:MINOURA Dura-Cage 4.5 926円



DSC_3619
グリップ:ERGON GP1  3.700円
ミラー:bm 901/3  2.500円


DSC_3621
そしてMさんのDASH P8。エレガントな高級レザーパーツでまとめてみました。



DSC_3624
サドル:BROOKS B17 Standard  14.600円



DSC_3625
ボトルケージ:Zefal Vintage  1.000円



DSC_3626
DSC_3627
グリップ:BROOKS GP1 Leather Grips  12.400円



DSC_3629
ブルックスの触れ心地にご満悦のMさん。



DSC_3640
さてとポロは、決して大きな車ではありませんが?



DSC_3646
後部座席を倒しフラットにしましたが、高さがあまりありませんね。



DSC_3647
おっと男気たっぷりのAさん、縦積みに挑みます。ですが男気たっぷりの割にシャイなため顔出しNGであります。


DSC_3648
縦積み成功!フラットバーは、横に向けずそのままがコツですね。



DSC_3649
そして2台目!決め手は、後部座席用シートベルトでホールド。



DSC_3652

あらピッタリ積めちゃいましたね!お出かけ先でのサイクリングお楽しみ下さい。

ありがとうございました

このシリーズも60台を超えました⇒DAHON を積んで出かけよう

55年生きて来ての初入院【橋輪Blog】

55年生きて来ての初入院

IMG_2853

7日水曜日仕事から帰り何時ものように晩酌していると突然意識を失った。正確に言うと失ったことすら覚えていない。気が付いたのは、救急隊員が来たときだ「オレ何してたんだろう」って感じで全く覚えていない。そこから救急搬送され CT MRI etc の検査の後入院。この2月で55歳の誕生日を迎えたが人生初めての入院だ。

IMG_2852
みな入院するとこの手のショットとなるが納得する。



IMG_2854
しかも個室。



IMG_2856
洗面台に、



IMG_2855
バス、トイレ付とこの上ない。



IMG_2862
ただテレビの角度が変わるのは分かったが、どうしても首が疲れるので殆ど見なかった。後で知ったがアームが伸びて寝ていても目の前まで来るのだそうだ。損した。


IMG_2857
でもお蔭でUSBターミナルを発見しスマホの充電ができた。今時常識か?電力は、確保したがスマホで【橋輪Blog】を再放送でアップするには往生した。



IMG_2860
ベットの名札は、深夜の入院だったので、あっけない入院日と名前だけ。



IMG_2861
なのでその他は自分で書きこんだ。



IMG_2858
実質2泊1日の入院だったが、時間がこれほど長く感じたことが無い。普段は絶対に食べることのないグミなるものを食してみた。


IMG_2859
ゲーム等で時間が潰せないぼくには、ダイナベクター富成次郎氏から借りていた「中島飛行機エンジン史」が過給的に時間を加速させてくれた。


IMG_2864
朝礼じゃなくて回診か?朝先生が病室を回るやつで、「橋本さん退院していいですよ」とあっさり。脱水からの色々なのが重なっただけのようで、脳や心臓は関係ないみたい。



IMG_2863

病院並びのローソンへ走りタバコとライターを買い SMOKE ON。久々の喫煙に頭がくらくら来た。懲りないオヤジにはバチが当たるな!

皆さまご心配お掛けしました


chip-hyde-

主治医の名前は、この方にしました Mr. Chip Hyde

ちょっとピンチで救急搬送【橋輪Blog】

ちょっとピンチで救急搬送

image



image


橋本さん、これはもう NO smoking ですね」と先生。なので今夜は再放送でお送りします。⤵︎

http://hashirin.com/archives/1667753.html
記事検索
  • ライブドアブログ