MOULTON TSR-9 SP バーガンディー(その2)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP バーガンディー(その2)

IMG_8797
MOULTON TSR-9 SP 分割フレーム(完成車)385.000円(税込)

こちらご予約頂いてましたお客様が、幾つかパーツをカスタムしたいってことなので、納車整備に取り掛かる前のオリジナルな状態で撮影してみました。TSR にマイナーチェンジ等はありませんが若干の変更点があるようなので見ていきましょう。

IMG_8798
新色バーガンディーのマットカラー。



IMG_8799
クランクアームとチェーンリングガードがスタミから変わってますね。メーカーは不明。



IMG_8800
SRAM X7 リヤディレーラー、シフター、カセットは変更なし。



IMG_8801
フロントディレイラー台座は、直接溶接から SST タイプに変更になってますね。
(※2018年モデルからこのタイプに変更になってました。2021.12.26訂正)


IMG_8802
シートポスト変更で角度調整が無段階に。



IMG_8803
タイヤは、シュワルベワンが付いてきてます。



IMG_8804
ラバーコーン取り付けビスは、ポジドライブのプラス頭からトルクスへ。



IMG_8809




IMG_8810

以上、変更点でした。本日、ご予約のお客様が来店されました。当初フォレストグリーンをご希望でしたが、バーガンディーが先に入るってことでこちらに変更となりました。バーガンディーを実際に見て頂き気に入って頂いたので一安心です。

明日は、カスタム相談のお話を




MOULTON TSR-9 SP バーガンディー【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP バーガンディー

IMG_6573

MOULTON TSR-9 SP が入荷しました。モールトンも非常に品薄で入荷までにかなりの期間を待つこととなりました。

IMG_6582
IMG_6583
早速、開封していきましょう。



IMG_6584
取り合えず形にします。



IMG_6585
MOULTON TSR-9 SP 分割フレーム(完成車)385.000円(税込)

初めて見るカラーのバーガンディーは、エンジの艶消し(正確に言うと半艶)で、モールトンにマッチする落ち着いた色合いでした。

IMG_6586

さて、ゆっくりと納車整備を始めますかね



KIMORI COLOSSUS HR 6号機フレームセット完成【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS HR 6号機フレームセット完成

IMG_8753

KIMORI COLOSSUS HR フレームセットの6号機目が出来上がってきました。

IMG_8754
KIMORI COLOSSUS HR フレームセット 

 標準仕様フレームセット:659.000円(税別)


・フレームサイズM
・フロントシングル
・カラーHRホワイト
・前後サスペンションアームメッキ
・オフセットBB(シェル幅 65mm + 3mmスペーサー)
・FD 取付用逆雌ねじあり
・アウターカップなし

 

オプション
・FD台座メッキ機械式   23.600円(以下税別)
・FD台座メッキDi2          37.600円
・アウターカップ      2.000円 / 1か所
・後付けアウターカップ   3.000円 / 1ヶ
・カラーオーダー       相談

KIMORI COLOSSUS HR 



IMG_8758
オプション:FD台座メッキ機械式



IMG_8759
オプション:ボトルケージ台座  6.000円(税別)



IMG_8760
オプション:アウターカップ5個



IMG_8762
標準装備のモーションレスエンド。(特許取得)



IMG_8756




IMG_8761




IMG_8757




IMG_6568
付属の3mm スペーサーは、ドライブサイドに入れてくださいとコーションラベルを張り付けた。



IMG_6569
フロントディレーラー取付ボルトは、逆ネジですよ!



IMG_8755

KIMORI COLOSSUS HR が海外に出るのは、2機目であります。

今回は、ベトナムへと行ってらっしゃい!




橋輪 hp を更新しました!【橋輪Blog】

橋輪 hp を更新しました!

スクリーンショット (22)

橋輪 hp の DAHON / tern / FUJI のページを2022年モデルの入荷予定を織り込み更新しました。

スクリーンショット (23)

スクリーンショット (24)

スクリーンショット (25)

                            hasirin.com

珍しく1か月も入荷が早まったモデルもある中、21モデルを買っておかないと22モデルの入荷が9か月先なんてモデルもあります。

気になるモデルがありましたらチェックしてね!


tern の NEW アイテム Market Basket【橋輪Blog】

tern の NEW アイテム Market Basket

IMG_6565
tern Market Basket  13.200円(税込)

ターンの NEW アイテム Market Basket です。リヤキャリアからワンタッチで着脱可能で、そのままお買い物に行けます。

IMG_6566
容量は、余裕の23リッター。




IMG_6567
中央の二つのレバーで簡単に着脱できます。ブラケットを付け替えることで縦にも横にも搭載可能。



IMG_8726
ベース車両は、2022 tern Link D8 でカラーは、セメントです。



IMG_8728
tern Loader Rack   9.680円(税込)



IMG_8727




IMG_8730

セメントカラーと相まって良い雰囲気出てますね!



2022 tern の NEW モデル Link B8 入荷!【橋輪Blog】

2022 tern の NEW モデル Link B8 入荷!

IMG_8763
IMG_6574

Link B8(リンク B8)

2022 tern
Link B8        71.280円(税込)
橋輪プライス  64.100円(税込)
8 Speed   13.6kg

Link シリーズにディスクブレーキ装着モデル Link B8 が登場です。カラーバリエーションは、サテンブラック、サテンミッドナイト、スカイブルーの3色展開。

IMG_8767
IMG_8768
サテンミッドナイト



IMG_8769
IMG_8770
スカイブルー



IMG_8764
IMG_8765
サテンブラック



IMG_8771
ホイールサイズは、20インチ(406)で、ディスク専用リム。



IMG_8772
タイヤサイズは、20×1.75となっています。



IMG_8789
IMG_8790
リンクシリーズ初のディスクブレーキを採用。



IMG_8792
ワイヤーで操作するメカニカルタイプのディスクブレーキです。



IMG_8773
IMG_8774
前後マットガードが標準装備。



IMG_8775
ガード付きチェーンリングは、52T。



IMG_8776
フォールディングペダルが付属。



IMG_8777
リヤディレーラーは、Shimano Tourney TX。



IMG_8778
カセットスプロケは、11-32T 8 Speed。



IMG_8780
シフターは、ツイストグリップ式の Shimano レボシフター。



IMG_8786
センタースタンドが標準装備。



IMG_8779
シートポストは、メモリ付きで何時でも自分のポジションを探せます。



IMG_8781
アジャスタブルハンドルポストもメモリ付き。



IMG_8796
Folding Size:38×80×68cm



IMG_8784




IMG_8785

10月9日の予告記事で「リンクシリーズ初のディスクブレーキモデル Link B8。気になる発売時期は、今年12月を予定」と書きましたが、遅れもせずにピッタリ12月入荷でした。でもスカイブルーの色合いがちょっと違ってました。

こちらの方がいい色です!




2022 FUJI Helion 入荷!【橋輪Blog】

2022 FUJI Helion 入荷!

IMG_8731
IMG_6753
Helion (ヘリオン)

2022 FUJI 
Helion             79.200円(税込)
橋輪プライス     71.200円(税込)

フレームサイズ:44 / 50 / 55cm
8 Speed     10.0kg

2022年モデルの Helion が入荷しました。フラットバー仕様のヘリオンは、シティーライドも似合うお洒落系ミニベロです。ブラックパーツで固めたドロップバー仕様のヘリオン R とは違う路線を向き、シルバーパーツでクラシカルな演出を醸し出します。カラーは、ネイビーに、ミモザ、ブリティッシュグリーンの3色展開です。

IMG_8733
IMG_8734
ブリディッシュグリーン (画像は、フレームサイズ50で撮影)



IMG_8737
IMG_8738
ミモザ (画像は、フレームサイズ55で撮影)



IMG_8735
IMG_8736
ネイビー (画像は、フレームサイズ50で撮影)



IMG_8744
フラットバー仕様のヘリオン。クイルステムは拘り。



IMG_8747
ガード付きシングルチェーンリングは、52T。



IMG_8732
weiigo のペダルが付属。



IMG_8748
リヤディレーラーは、Shimano ALTUS。



IMG_8749
カセット:12-32T  8 Speed



IMG_8750
シフター:Shimano ALTUS



IMG_8745
IMG_8746
ブラウンコーディネイトとのグリップ&サドル。



IMG_8741
ホイールサイズは、451。



IMG_8743
タイヤサイズは、20×1 1/8(28-451)。2021のアメサイドからオールブラックに変わりました。



IMG_8742
ハイポリッシュリムがクラシカルな演出。



IMG_8739
IMG_8740
前後キャリパーブレーキ仕様です。



IMG_8751





IMG_8752

こちらのミモザは一番大きいフレームサイズ55で撮影。敢えてステムを低く構えてみました。

毎日のパートナーとして最良の1台です!





Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その6)【橋輪Blog】

Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その6)

正確かつサクサクと削れるようになったフェイシングツール。何か作業が楽しくなってきたぞ。今日は、フロントを仕上げます。

IMG_6527
フロントもリヤ同じく TRP のフラットマウントキャリパーにフラットマウントフォークです。



IMG_6528
回転できるメンテナンススタンドは便利。



IMG_6532
さてどっちが高いか低いか見極めましょう。


IMG_6533
左のネジ穴に治具をセット。



IMG_6534
IMG_6535
こちらスルー出来ちゃうんで右の方が低いですね。



IMG_6529
次に右のネジ穴に治具をセット。



IMG_6530
IMG_6531
こちらから削って行きましょう。



IMG_6537
こちらは、M5 のネジ付きチップをセット。



IMG_6538
カッターをセット。



IMG_6540
あれれれ・・・



IMG_6541
IMG_6542
これじゃ切れないよね。M5 のネジ穴に5mm のパイロットピンのままだった。



IMG_6543
カッター取付ボルトを4mm パイロットにかえました。



IMG_6544
IMG_6545
こうでなければ。何やってんだか。



IMG_6546
IMG_6547
IMG_6548
左側完了。



IMG_6549
右に移行。



IMG_6550
左に合わせたストッパーに紙が挟まれば終了。



IMG_6562
フェイシング完了。



IMG_6563
キャリパー調整して、



IMG_6564
バッチリ!



IMG_6546

うちのディスクマウントフェイシングは、この方法で決まりだな!

皆さんお騒がせしました!そして暗黒さんありがとうございました。




Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その5)【橋輪Blog】

Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その5)

IMG_6504

7.5kg もある重りをぶら下げてるのに全く削れない。これは地球がどうかしちゃったのか?

IMG_6506
失礼!ブロックに乗っかってました。これでは削れるはずがない。



IMG_6507
再度正しくセット。



IMG_6508
ハンドルを軽く回すだけで、


IMG_6509
薄皮が剝けてきました。



IMG_6510
これは調子いいぞ!



IMG_6511
先ずは、カセットスプロケで、



IMG_6512
ヘッドワンツール。



IMG_6515
万力。



IMG_6513
重量が増えるにつれ多く切粉が出るのがわかる。



IMG_6514
中央が凹んでたようですね。


IMG_6516
一掃のことここでいいんじゃん。



IMG_6518
やっぱじゃ〜初めのこれでいいんじゃん。



IMG_6519
これやっぱ最強!



IMG_6520
奇麗に削れてりゃー!しかも早い!



IMG_6522
反対側もストッパーまで削れば OK!



IMG_6524
フェイシング完了!



IMG_6525
キャリパー調整して、



IMG_6526

最高!

明日は、フロントを





Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その4)【橋輪Blog】

Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その4)

IMG_6473

重力コンプレッサー方式を試してみる。題材となるのは、DAHON NEW モデルの Mako 試乗車。普段通常のディスクブレーキセッティングで調整出来てる個体に関しては、台座のフェイシングは行っていないが、敢えてこれでテストしてみます。

IMG_6477 - コピー
今回、テストする重力コンプレッサー方式。重りが紐を引っ張ってんだから重力トラクタ方式が正解か?


IMG_6521
ただ重量物を真下にぶら下げるので360°回転できるメンテナンススタンドが不可欠となるが。



IMG_6484
先ずはリヤから。



IMG_6485
キャリパーは、TRP のダブルアクションメカニカル。キャリパー、バックフレーム共にフラットマウント方式。


IMG_6487
一応フェイシングしてあるようなしてないような?



IMG_6486
キャリパー側の接地面が狭いですね。



IMG_6488
IMG_6489
何時ものようにマッキーで。



IMG_6490
O リング付きのチップをセット。



IMG_6491
キッチリとセットします。白い紙を置くと見やすいですね。



IMG_6492
IMG_6493
スライダーは、気持ちよくスルスル動くようになりました。



IMG_6494
先ずは、後ろ側から。



IMG_6495
改造ハンドルはクリアランス大で絶好調。



IMG_6496
ハンドルを回してみる。



IMG_6497
やはり押し付けてないと全く削れません。



IMG_6499
今回テストなのでボルトと紐の代わりにこの S 形フックを使います。



IMG_6500
丁度先端のボール部分がキャップボルトに刺さります。結果下に入れたボルトから引っ張っても同じ。



IMG_6501
始めにぶら下げたのは、自転車屋にはありそうもない32 / 36 のメガネレンチで重量860g。



IMG_6502
全然削れません。人の手の力ってそんなに凄いのかな?



IMG_6503
次、極端にこれ。およそ7.5kg ある。



IMG_6504
刃が食い込むかな?




IMG_6505

ええええ・・・全然切れてない?なんだこれ!

明日につづく、




営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ