CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その8)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その8)

IMG_0171

さて新たに作り替えたカーボンリーフスプリングは如何に。チポリーニさんそろそろ勘弁願えますか。彼方は、ライダーだったからここまで凝った自転車作らせたんじゃないですかね。こりゃ〜メカニック泣かせでやんすよ〜!

IMG_0136
取付は、リンクを M 字型に曲げて突っ込み、



IMG_0137
片側ブレーキシューを取り付け、


IMG_0138
ピポットをフォークに固定。そして反対側。



IMG_0174
お〜、いい感じですね。調子に乗ってブレーキレバーを数十回握っていると・・・・あらら、段々戻りが悪くなって来たぞ?

IMG_0172
こんなとこにリターンスプリング追加してみましたが芳しくないです。


IMG_0155
もう一度バラしてみると、


IMG_0157
何かスプリング弱くなってる。



IMG_0159
これまた折れたな。



IMG_0160
はいはい、ここに応力が集中しちゃうのね。CNC で削り出してんだから最後まで責任持ちなさいよ!


IMG_0162
せっかく製作した3プライは使い物になりません。今度は4プライで再度製作しました。



IMG_0168
こいつが悪さしてんのね。



IMG_0167
ヤスリで削り落としましょう。ごめんなさい。でも取り付けてしまえば見えないところですから。



IMG_0170
これで均等にしなってこれるでしょう。



IMG_0175
流石に取付取外しも馴れてきました。ブレーキシュー両方付けたままで行っちゃいます。名付けて段違平行棒方式。


IMG_0178
「いい」「いい」いいんだけれど「キコ、キコ、キコ」って鳴いてます。



IMG_0176 1
スプリングの力強くなったからカーボンフォークと擦れあってキコキコ行ってたんだ。だから最初グリスが塗ってあったのね。綺麗に拭き取っちゃたよ。先端少し仕上げておきましょう。


IMG_0177
フォーク内側にグリスを塗ってっと。



IMG_0178
ちょっと引き重いけどフォークに当たるまでパチンパチンと戻るようになった。

もしかしてリーフスプリングのイモネジアジャスター締め込めば直接フォークに触らなくなるからキコキコ音しなくなったかもね。でももう一度4プライリーフの点検も兼ねたってことで。ああ、何回バラしたことやら。やはりリーフは、耐久性も考慮してカーボンではなく鋼にしてほしかったな。そうそうホイールレスの状態では、カーボンリーフ保護のためにブレーキレバーは半分までしか引いてはダメですぞ!

IMG_0179

ん〜、こうでなければ!


CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その7)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その7)

IMG_0103

劣化でひびが入ったカーボン製リーフスプリング。こんなパーツあるわけないので製作することにする。それでは、早速ラジコン工作室へ!

IMG_0134
在庫で持っているのはオリジナルの0.7mm より全然薄い0.3mm 中国製カーボンシート。


IMG_0115
0.3mm の良い所はハサミで簡単に切り出せるところ。先ずは、オリジナルと同じ形に切り出す。これを6枚作り片側3プライ(3枚重ね)とし、ばね力の様子を見る。強すぎればブレーキレバーの引きが重くなるので減らして弱ければ増やす。ようするにバネレートの調整が出来るってこと。


IMG_0117
アール部分は、爪切りがベスト。


IMG_0118
2枚を結合する前にサンドペーパーで接着面を荒らしておく。



IMG_0120
瞬間接着剤を垂らしたあと慌てないようマスキングテープで張り付けておく。



IMG_0122
その後、鯵の開きにして瞬間接着剤を2〜3滴。



IMG_0123
すかさず目玉クリップで圧着。これを3枚重ねて3プライ。



IMG_0124
取付の4mm 穴。



IMG_0125
中国製だが劣化したオリジナルよりカーボン繊維の網目が細かいのが分かる。



IMG_0128
3プライカーボンリーフスプリングの完成で〜す!



IMG_0127

作ったリーフスプリングを取り付けてみるとおそらくオリジナル新品のばね力同等もしくはそれ以上かもしれない。0.7mm 2枚使いの1.4mm より0.3mm 接着3プライ0.9mm の方が強いのね。

リヤ用も作っておくか


CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その6)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その6)

IMG_0129

片効きの原因を突き止め修正できたリヤブレーキ。フロントにも同じキャリパーを使ってるが取付方法が異なる。お願いだからリヤとは違う不具合を誘発させ、ぼくを楽しませてくれ!(なんちゃって)

IMG_0130
取り回しを大きく変更したフロント及びリヤブレーキケーブル。



IMG_0086
やっぱな、やっぱな、安定の不具合発生!右側(写真向かって左側)のブレーキアームが戻らない。やっぱフロントブレーキも方腕の上がらない操り人形キャリパーであった。


IMG_0088
フロントも分解してみよう。片側ブレーキアームは、この2本のボルトで止まってるみたい。



IMG_0089
片側のアームが外れました。なにやらまたアジャストシム入ってるみたいなんで、このままそろっとね。



IMG_0090
両方のアームを外したが狭いフォークの中ブレーキシューが邪魔で出てこない。片側のブレーキシューを外してみる。


IMG_0091
ようやく操り人形が顔を出す。


IMG_0092
インナーケーブルを止めるセンター部分が異なるがリヤと同じダイレクトマウントキャリパーブレーキ。


IMG_0093
だがダイレクトマウントの方式が違う。



IMG_0131
凝ってんだな〜またこれが。



IMG_0132
この部品が入り込むようになっててさー!



IMG_0133
ボルト2本でフォークに取り付けるってわけ。よ〜こんなパーツこさえるよな!



IMG_0100
あれ! 戻りが悪い原因分かっちゃったかも?


IMG_0101
リターンスプリングの代わりをするカーボンのリーフスプリング。厚さ0.7mm が片側2枚重ねでセットされている。


IMG_0103
これ割れてね?

あ〜、こんな部品絶対ないよ〜!

明日につづく、




CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その5)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その5)

IMG_0045

極限まで空気抵抗を減らすべくカーボンフレーム内に収められた TT ブレーキ。素晴らしく高度な機械加工で製作されたキャリパーブレーキだが、リヤにあっては、組み付けに全然注意を払っていない様だ。ブレーキワイヤーを止める部品が欠品していたが、取りあえずラジコンパーツで代用。(フロント用は斜めカットされたものなので代品不可)ブレーキレバーで引いてみると何か片腕が上がらない操り人形みたい。

IMG_0046
仕方なく分解してみることに。



IMG_0048
ダイレクトマウント的なピポットボルトには、厚めのウェーブワッシャーと薄いアジャストシムが入っていた。



IMG_0049
センターピポットには、だらしなくはみ出したアジャストシムが3枚。



IMG_0050 1
やはり内径が全然大きいアジャストシムであった。これは内径が合った適当な厚さのプレーンワッシャーに交換。


IMG_0051
ピポット用アジャストシムが増えた。



IMG_0052
右側アームの動きが悪い原因は、クリアランスの狭い中に無理やり厚いウェーブワッシャーを入れ込んであったから。カーボンフレームだもんね左右同じ穴にならないのは当たり前。右のみ平らなプレーンワッシャーに変えガタの分を隙間ゲージで測定。


IMG_0054
余ったアジャストシムで調整。中央に見えるカーボンの板は、リターンスプリングの代わりになるリーフスプリング。下に見えるイモネジが左右バランスのアジャストネジ。


IMG_0055
IMG_0059
やっと左右のアームが均等に動くようになった。


IMG_0069
ブレーキアウターの長さを決める。


IMG_0070
ブレーキレバー側は、20mm 奥まった長さにカット。キャリパー側共々見えないのが難儀。



IMG_0085
何とかセットできたリヤブレーキ。



IMG_0084
カーボンディスクホイールを借組してブレーキ調整&作動確認。

ブレーキシューの取付位置確認と取付ボルト締め付けは、一人では絶対に不可能。レースメカニックは、一人で行うのだろうか? こりゃ〜フロントもまともではなさそ。

明日につづく、





DAHON K3 限定カラー BLUE / BLACK 入荷!【橋輪Blog】

DAHON K3 限定カラー BLUE / BLACK 入荷!

DSC_6956
IMG_3291
K3(ケイ・スリー) (画像は、2019年モデルで撮影)

2020 DAHON  オーソライズドディラー限定
K3           91.300円(税込)
橋輪プライス    82.100円(税込)
3 Speed   7.8kg

2020 DAHON K3 のカラーラインナップは、新色のガンメタ / ブラックに、レッド / マットブラックとライム / ブラックの3色展開ですが、今年春に登場しすぐに完売となったブルー / ブラックが、オーソライズドディーラー限定で復活です。

DAHON K3 の詳細は、⇒ こちら

DSC_6960
DSC_6957
DSC_6961
DSC_6962




DSC_6963




DSC_6964




2019年モデルのブルー / ブラックもまだあります!

さて2019と2020何処が違うのか?


IMG_5274
2019モデルのチェーンリング。

IMG_5272
2020年モデル。クランクアームも微妙にストレートなデザインに。



DSC_4653
2019年モデルのブレーキレバー

DSC_8466
2020年モデル。Avid のブレーキレバーが DAHON のロゴに変わっています。



DSC_6967

2019 DAHON
K3           90.200円(税込)
橋輪プライス    81.100円(税込)
3 Speed   7.8kg

2019のチェーンリングデザインの方が好きって方

値段も1.000円安いです。    ラスト1台!









2020 DAHON K3【橋輪Blog】

2020 DAHON K3

DSC_9103
DSC_8093
K3(ケイ・スリー)

2020 DAHON
K3           91.300円(税込)
橋輪プライス 82.100円(税込)
3 Speed   7.8kg

DAHON 14インチシリーズ K3 に NEW カラー、ガンメタ / ブラックが登場。レッド / マットブラックとライム / ブラックの3色展開で限定のブルー / ブラックが加わりました。昨今の超小径フォールディングバイクブームに3速ミッションを組み込んだハイスピードモデルです。

DSC_9106
DSC_9107
ライム / ブラック



DSC_8083
DSC_9104
NEW  ガンメタル / ブラック



DSC_8465
DSC_5876
レッド / マットブラック



DSC_9108
タイヤサイズは、14×1.35(32-254)で KENDA KOAST。



DSC_9110
特大チェーンリングは、ガード一体型の53T で軽量。クランクアームとテーパースクエアーBB を交換すれば、更なる軽量化が望めます。



DSC_9132
フォールディングペダルが付属。




DSC_9113
リヤディレーラー:DAHON Custom 3 Speed。




DSC_9114
DAHON オリジナルのハブ。




DSC_9115
カセットは、9-13-17T と3速ながらのワイドレシオ。




DSC_9116
シフターは、DAHON カスタムシフター3 Speed。グリップは、KCNC 風スポンジグリップ。ブレーキレバーホルダーに DAHON のロゴが入りました。



DSC_9118
フォークへの繋がりを持つ塗り分けが Good。




DSC_9124
シートポストは、軽量な DAHON SL を装備。




DSC_4656
DAHON オリジナルのサドルは、クロモリレール。




DSC_9119
ヘッドチューブ後方からBB に向かっているのは、ロッドではなく「Deltec」という新たなテクノロジーで、展張時に特殊ワイヤーが張られトライアングルを形成しフレーム剛性を上げている。



DSC_5898
特殊ワイヤーは、Jagwire 製。



DSC_9120
フレームを折るとワイヤーであることが分かる。BB ハンンガー側の取付け部にテンションアジャスターが付きます。


DSC_9123
フレームヒンジには、バイスグリップテクノロジーを採用。




DSC_9125
ワンピースタイプのハンドルポストは、内折れ式。3 アクションで素早く畳めます。



DSC_9122
フォールディングサイズ、W65×H59×D28。



DSC_9117




DSC_9126




DSC_9127





DSC_9128
DSC_9129
DSC_9131

BIG APPLE な K3 試乗出来ます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております

BIG APPLE な K3 【橋輪Blog】

BIG APPLE を履くとなぜ安定感が増すのか?【橋輪Blog】



K3 BIG APPLE photograph

DSC_7881
DSC_6992
DSC_8396
DSC_8471

あら? ガンメタル撮影すんの忘れた〜!








2020 DAHON Mu D9【橋輪Blog】

2020 DAHON Mu D9

DSC_9075
DSC_9082
Mu D9(ミュー)

2020 DAHON 
Mu D9                   95.700(税込)
橋輪プライス         86.100円(税込)

9 SPEED    11.8kg

2016 でラインナップから消えたダホンスタンダードのミューが P9 から D9 と名を変え2019モデルで復活。2020では、オールシルバーパーツに戻り NEW グラフィックの3色展開となります。

DSC_9080
DSC_9081
エメラルド



DSC_9076
DSC_9077
チタニウム


DSC_9078
DSC_9079
ステラブラック



DSC_9092
DSC_9091
NEW グラフィック



DSC_9093
DSC_9094
シフト、リヤブレーキケーブルは、インナールーティングされる。



DSC_9083
ホイールサイズは、20インチの406.



DSC_9084
一瞬シュワルベ・マラソンに見えるタイヤは、KENDA K1172 でサイズ 20×1.75(44-406)と太め。



DSC_9085
ガード付きチェーンリングは、53T。



DSC_9097
フォールディングペダルが付属。



DSC_9086
リヤディレーラー:SRAM X5



DSC_9087
カセットスプロケ:Sanrace CSM969 11-32T 9 Speed



DSC_9090
シフター:SRAM X5 トリガーシフター



DSC_9090
ブレーキレバーホルダーに DAHON のロゴが入りました。




DSC_9089
アジャスタブルハンドルポスト採用。



DSC_9088
Valet トラスが装着でき、バックやバスケットが取付られます。



DSC_9098
センタースタンド標準装備。



DSC_9102
フレームヒンジは、上級グレードモデルに採用されるV-Clampテクノロジーを搭載。



DSC_9100
内装されたケーブルは、エキスパンダスプリングにより保護される。



DSC_9101
コンパクトに纏まる内折れタイプのハンドルポスト。



DSC_9099
Folding Size (cm) W78 × H66 × D35

やっぱ Mu にはシルバーパーツが似合います。

DAHON Mu D9 試乗出来ます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



 

2020 DAHON Dove Plus 限定カラー入荷!【橋輪Blog】

2020 DAHON Dove Plus 限定カラー入荷!

DSC_9065
DSC_9066
Dove Plus(ダヴ・プラス)

2020 DAHON  
Dove Plus       79.200円(税込)
橋輪プライス      71.200円(税込)

1 Speed       6.97kg

DAHON 最軽量を誇る Dove Plus にオーソライズド S ディーラー限定で発売されるライトグリーンが追加になりました。

DSC_9067
NEW カラー、ライトグリーンは正に青りんごって感じです。



DSC_9072
ブレーキレバーホルダーには、DAHON のロゴ。



DSC_9068




DSC_9064




DSC_9069





DSC_9070

2020 DAHON Dove Plus ライトブルー 限定3台!



DSC_9073
DSC_9074

SCHWALBE BIG APPLE Dove Plus 試乗出来ます!
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



【2020 DAHON 入荷情報】

Mu P9 チタニウム
Mu P9 エメラルド
Mu P9 ステラブラック

K3 ガンメタル / ブラック 再入荷




CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その4)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その4)

DSC_8781

取りあえずBBは収まったとして次に難儀なのがブレーキワイヤーの取り回しです。

IMG_5709
TT ハンドルここまで組んで気が付きました。



IMG_0005
ステムから伸びるフロントブレーキバナナにアウター付けると自然に左ブレーキレバーに行ってしまうのです。


IMG_0002
アメリカ仕様になってるみたいだからもう一度ステム外してバナナを右に差し替えればいいんだな。



IMG_0009 1
側面にスリットが入るパイプを反対向けに差し替えれば、



IMG_0011
あら差し替えできない構造なのね。



IMG_0012
しかも左にしか穴ないし。完全に左レバーがフロントブレーキ専用のステムだ。



IMG_0013
もうこうなったら真上から突っ込むしかない。てかこれもありの想定のような。



IMG_0014
ステムをセットするのに10mm のアレ−ンキー使うなんて DAHON だけかと思ってた。



IMG_0007
右だが後ろブレーキを想定して取回してみたが、シマノのアウターじゃ固すぎてハンドル左に切れっぱなしになる。この特殊なステムとTT バーの相性が非常に良くない。曲りがきつすぎてインナーケーブルの抵抗が大きすぎる。


IMG_5707
NISSEN 5mm ウルトラライトブレーキケーブル 6.600円(税別)
軽量化したかった訳ではないですが、とにかく柔らかいもんでこちらを使用してみましたが上と同じ取り回しではやはりダメでした。


IMG_0006
やっぱフロントはこれだな。



IMG_5717
PPパイプをBBシェルから挿入し、



IMG_5716
トップチューブに導く。



IMG_5718
これにインナーを通して、



IMG_5719
今度はアウターを添わせれば開通です。



IMG_0072
リヤはやっぱりこのルートね。トップチューブメンテナンスハッチからステムを通らずハンドルバーへ。


IMG_0074
丁度良さげなグロメットがあったのでセットしたいと思います。



IMG_0080
こんな感じ。穴は、一番曲りの少なくなるこの位置に開けました。

これでブレーキケーブルの取り回しは何とか解決かと思いきやエアロキャリパーブレーキに問題が発生するのです。

次回につづく、



【2020 DAHON 入荷情報】

Mu P9 チタニウム
Mu P9 エメラルド
Mu P9 ステラブラック

K3 ガンメタル / ブラック 再入荷

Dove Plus ライトグリーン  NEW カラー




CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その3)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その3)

DSC_8903

圧入式BBなのに手で押しただけでパチンと入ってしまったROTOR UBB 4630 386(CERAMIC)。BBの外径にバラつきがあるとは思えないのでBBシェルに問題がある。これを解決するには、強強度ロックタイトで固めてしまうって方法があるが、後のメンテナンスに支障が出る。もう一つその術(すべ)を知っているが、「それってどうなの」 「絶対上手くセット出来ないだろう」 などの考えから一度も手を出さなかった商品である。今回は敢えてそれを試みる。

IMG_5573
BB の外径を測ると45.96mm。



IMG_5569
BBシェルも同じ寸法なら絶対に手では入らないはずである。



IMG_0071
Sugino 圧入式BB用アルミシムテープ 1.400円(税別)



DSC_8894
灰色と黒の2種類2枚づつのパッケージ。



DSC_8895
黒が厚み0.3mm で、灰が0.05mm。



DSC_8904
先ずは、0.3mm の黒を貼ってみた。説明書には、写真の様に端を折り曲げろとある。



DSC_8902
それでは圧入開始!



DSC_8906
何か光ったもんが出てきたぞ!



DSC_8907
やっぱね。0.3mm じゃ厚すぎたみたい。でもこれめくれるよなどーやっても。



DSC_8904
やっぱり端を折り曲げるとしわが寄り厚みが出ちゃうよな。



DSC_8908
このBB何故だか真ん中がへこんでいます。これを逆手にとって・・・・



IMG_5658
今度は、0.05mm 灰色を幅半分にカットして貼ってみた。これなら引っ掛かりがなかろうかと。



IMG_5659
ここまではスポスポであります。



DSC_8902
シムテープに差し掛かったところから圧入開始。締め込むレンチにもある程度の抵抗が掛かってきました。



IMG_5660
寸止めでチェックすると捲れもありません。



IMG_5661
圧入完了!

圧入公差がどれだけ取れたは分かりませんが、取りあえずBB セット完了。後は実際にフルパワーでペダリングしてみないと分かりませんが、ま〜、異音が出ればまたやり直せますので。

次の関門は、ブレーキケーブルの取り回しであります!


【2020 DAHON 入荷情報】

Mu P9 チタニウム
Mu P9 エメラルド
Mu P9 ステラブラック

K3 ガンメタル / ブラック 再入荷

Dove Plus ライトグリーン  NEW カラー






記事検索
Archives
  • ライブドアブログ