MOULTON TSR 9-SP オールペイント(その3)【橋輪Blog】

MOULTON TSR 9-SP オールペイント(その3)

IMG_4315

それでは、モールトン肝心要のリヤスイングアームピポットを見てみましょう。ピポットボルトの反対側にナットが掛かってますね。TSR だと右フランジ自体が雌ねじになってるんですがナットのタイプは初めて見ました。すでにこの時点でリヤアームにはガタがあります。

IMG_4316
ナットは、ゆるゆるに緩んでました。



IMG_4317
ナットを取ってみると、



IMG_4318
ガタガタもいいところ、フランジの穴がバカ穴です。



IMG_4455
これ実は、ナットに秘密があるようでして、



IMG_4456
裏側がこうなってまして、



IMG_4334
大きい穴の開いたフランジに、



IMG_4335
入り込むようになってました。なのでナットが完全に締まってないと固定されないんですね。



IMG_4457
IMG_4458
スピンドルシャフト内径とボルトの太さも良い感じです。



IMG_4322
スピンドルを見てみましょう。



IMG_4323
スラスト方向にもスムースに動き良い感じです。ここで周りのブラスブッシュとのクリアランスを見てみます。


IMG_4324
先ず少しスピンドルを突き出します。



IMG_4325
そして平らなものでブラスブッシュと面一にします。



IMG_4326
反対側に突き出たスピンドルの出代をみます。爪の先がほんの僅か引っかかれば OK!です。これはベストですね。


IMG_4327
極端に言うとブラスブッシュよりスピンドルが少しだけ多い。



IMG_4328
これが少ないとブラスブッシュをフランジが直接押さえてしまいリヤアームは動けなくなるわけです。



IMG_4329
IMG_4330
IMG_4332
左右フランジの平行度もいいですね。



IMG_4315
もう一度組み直してナットを締めてみるとガタもなく動きも若干フリクションが掛かり文句なしですね。これは、組み付けの際、ロックタイト塗布で対処できるでしょう。このリヤアームピポットは、100点満点です。


IMG_4336
ブラスブッシュも抜きましょう。



IMG_4346
こいつの出番。



IMG_4337
IMG_4338
IMG_4340
スライディングハンマーで引き出します。



IMG_4341
IMG_4342
IMG_4343
抜けました。



IMG_4347
中を覗いてみると乾ききったグリスが、



IMG_4345

ああもったいない。このまま乗ってたらせっかくビシッとセットアップされてるブラスブッシュがすり減ってしまいますよ。パシュレー製フレームの特権であるグリスニップルが付いてるんですからここから新しいグリスを注入してあげて古いグリスをはみ出させれば何時までもメンテナンスフリーで乗れるのに。

ここ勘違いしている人が多くピポットボルトの周りをグルグル回ってるんではありません。ピポットボルトにグリスを塗るのは、錆防止のためだけです。ここが錆びてもリヤアームの動きに何の支障もありません。ナットを締めることによりピポットボルト、スピンドルシャフト、ナット、左右フランジ(リヤアーム)が一体となります。摺動するのは、ブラスブッシュ(メインフレームと一体)内径とスピンドルシャフト外径、ブラスブッシュ側面と左右フランジ内側ですから。

次回は、サスペンションフォークを



MOULTON TSR 9-SP オールペイント(その2)【橋輪Blog】

MOULTON TSR 9-SP オールペイント(その2)

さてオールペイントってことは、フレーム単体としなければなりません。オーバーホールと同じなので部品を取り外しながら各部を見ていきましょう。

IMG_4293
クランキングが非常に重たい。



IMG_4294
BB の回転が重いのか?



IMG_4295
原因は、チェーンでした。全てのリンクの動きがガチガチです。チェーンは交換ですね。



IMG_4296
逆にクランクは、回り過ぎるほど滑らかですね。



IMG_4297
SRAM GXP ですから。



IMG_4299
BB はレンチを掛けたとこが剥げています。オールペイントしたフレームに戻すのはちょっとね〜。



IMG_4300
回り過ぎると思ったらノンドライブサイドベアリングが逝ってます。こちらも交換で。



IMG_4301
ディレーラーハンガーも見ておきましょう。



IMG_4303
IMG_4305
IMG_4306
少し曲がってますね。修正を掛けておきましょう。



IMG_4302
このリヤエンド何でしょうかね?



IMG_4308
削り出した金属のチップがエンドの奥に入ってます。



IMG_4309
裏側は、面一ではなく溶接とかではなく叩き込んであるような。でも凄いなこれ誰が作ったんだろう?



IMG_4313
IMG_4314
現在の TSR と比べてもエンド自体の形は同じように見えます。



IMG_4310
オーナーさんの手に渡ったときに既にこうだったそうですが、問題ないのでそのまま使っていたとのことです。ぼくはこう推測する。


IMG_4311
IMG_4312

斜め下を向く深いドロップエンドは、車軸が深く入るほどフレームから遠ざかって行く。すると CAN KREEK のショートリーチブレーキキャリパーのブレーキシューが届かなくなるってな策かな。オーナーさん曰く、「問題ないならこの自転車の歴史ってことで、このまま残します」とのこと。

明日につづく、



2021 DAHON Carbon Wheel K3 入荷!【橋輪Blog】

2021 DAHON Carbon Wheel K3 入荷!

IMG_7844

2021 DAHON   オーソライズドディラー限定
Carbon Wheel K3           209.000円(税込)
橋輪プライス       188.100円(税込)

オーソライズドディラー限定モデル 2021 DAHON Carbon Wheel K3 入荷です。カラーは、1トーンのマットブラックで、カーボンホイール仕様です。

IMG_7853
カラーは、1トーンのマットブラック。



IMG_4448
IMG_4449
チューブは、ディープリムのためロングバルブ仕様となってます。



IMG_4446
IMG_4445
カーボンリム対応のブレーキシュー。



IMG_4453
標準タイプのアルミホイール前後セット(3速カセット付)が付属しますので走行シーンによって使い分けができます。


IMG_7848




IMG_7850




IMG_7855

可愛い K3 が大迫力になってますよ。

入荷台数極めて少ないのでお早めに!



MOULTON TSR 9-SP オールペイント【橋輪Blog】

MOULTON TSR 9-SP オールペイント

IMG_7700

MOULTON TSR 9-SP のオールペイント依頼がきました。現在はグロスブラックですが、マットブラック系のセラコート施工で行く予定です。

IMG_7363
オーナーは、以前ご紹介したエコラン用超ワイドリムをマットブラックセラコートし OX PECO にぶち込んだ E さんです。ペコのフレームもマッツブラックでしたから余程の艶消黒がお好きなんですね。


IMG_4080
セラコートカラーサンプルから選んでいただいたのが、



IMG_4081
こちら。マットダークグレーって感じかな?



IMG_4082
セラコートネームは、COBALT H-112。



IMG_4085
お日様の下だとこんな感じ。



IMG_7701
Pashley のヘッドバッチが付いていますね。



IMG_4006
フロントサスボトムリンクのボルトは入れ替え済のようです。



IMG_4007
現在の TSR と唯一違う所を発見。リヤスイングアームピポットボルトがナット止めとなっています。ここら辺は、しっかり見ておかないといけません。


IMG_4010
変わったクランプでフラットバーをセットしてありますね。



IMG_4011
おっとブレーキレバーは、Avid Speed Dial Ultimate が付いてるじゃないですか。でもセッティングが間違ってますね。


IMG_4012
ブレーキキャリパーは、CANE CREEK のロングリーチですね。



IMG_4045
スピードダイヤルアルチメイトは、ワイヤーを引く作用点をここから、



IMG_4046
ここまで超ワイドに可変できるんですよ。ここまで支点に近づければ、おそらくストッピングパワーが4割増しになるのに。

ぼくらはブレーキレバーを握っただけで、このブレーキ効くか効かないかたいがい分かります。ちょっとストロークしただけで素早くシューとリムがパチンと密着してそれ以上ブレーキレバーが引けないのはアウトで、密着してから更にジワリと握りこめればレバー比が合っているものです。このブレーキレバー現在では入手不可ですが凄いブレーキレバーなんですよ!

2013.11.10の記事より ⇒ 35.000円のブレーキレバー

次回につづく、



2021 DAHON Visc EVO スカイグレー入荷!【橋輪Blog】

2021 DAHON Visc EVO スカイグレー入荷!

IMG_7818

2021 DAHON Visc EVO マットブラックに続きスカイグレーが入荷しました。こちらは新色で50%マットカラーとなっています。

IMG_7819
NEW スカイグレー



IMG_7821
50%マットカラーです。



IMG_7820
スカイグレーのみフォークも同色となっています。



IMG_7822




IMG_7823




IMG_7824

2021 DAHON Visc EVO の詳細は、⇒ こちら


MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(完成編)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(完成編)

10回にも及んだ(フレームセットになるまでも16回ありますが)MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセットもいよいよ完成編であります。SST-22 のフライトグレーフレームに ANDOZA HAWK B5 カーボナイズドブラックグレーホイールをマッチさせて本当に良かった。グレーフレームに徹底的にブラックパーツを配したそれは、ステンレスフレームのモールトンにはないカッコよさがありますね。パニアラックとハンドルバー形状のマッチングも良い感じです。撮影で防災公園へと出かけたのですが、この被写体全く緑のバックが似合いませんでしたのでいつもの場所へと移動。それでは今夜はノーコメントで!

IMG_7825




IMG_7827




IMG_7829




IMG_7830




IMG_7832




IMG_7831




IMG_7826




IMG_7828




IMG_7833




IMG_7838




IMG_7835




IMG_7840




IMG_7842

S さんお待たせしました MOULTON SST アッセンブリー完了です!

総額 716.634円(税込)也!


MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その9)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その9)

IMG_4265

頭を悩ませたマイクロシフトも105で何とかなちゃった的な結果オーライ。それでは最後の仕上げと行こう。更にブラックパーツ増し増しで雰囲気を盛り上げるぞ!

IMG_4268
GIZA PRODUDCTS アルミボトルケージ 700円(以下税別)



IMG_4267
GIZA PRODUDCTS シンセティックレザーバーテープ 1.500円



IMG_4266
TSR パニアラック 14.500円



IMG_4270
ボトルケージの取り付け。



IMG_4284
TSR 用パニアバック取り付けフロントキャリア。



IMG_4271
フレームマウントなので荷物を積んでもハンドリングに影響が出ません。



IMG_4272
おっといけねー、パニアラックの存在を忘れてフロントブレーキワイヤー付けてた。



IMG_4273
IMG_4274
中を通すか外に回すか。



IMG_4289
外を回すと右ハンドルで突っ張るので長くしなければならない。でもこれはちとカッコ悪いな。



IMG_4287
パニアバックを乗せたと仮定して、



IMG_4288
これなら大丈夫だろう。



IMG_4290
最後の仕上げはバーテープ巻き。



IMG_4291

ブルックスサドルの調子に合わせたシンセティックレザーバーテープをチョイス。これにてオール完成!

明日は、完成お披露目編を!





MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その8)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その8)

バーエンドコントロールレバーを注文したつもりでダブルレバーを取り寄せてしまったミスから始まりマイクロシフトは、ボンミスの連鎖だ。責任逃れでちょっとリヤディレーラーを疑ってみた。

IMG_4250
気になるのがシフトワイヤーだ。



IMG_4249
こんなに斜めで良いのだろうか?



IMG_4248
IMG_4247
IMG_4246
IMG_4245
IMG_4244
これはトップの位置からローまでを連続撮影したものです。トップの方では、かなりの角度で横から引いてる。ローはほぼストレート。これで1ノッチの引き量でストロークに差が出ないのだろうか。まー推奨組み合わせでちゃんと動くから製品にしてるんだろうからな。



ダメ元で、105

IMG_4234
たまたま持っていた10速時代の Shimano 105 RD-5600 を付けてみた。あらビックリ奇麗に変速するじゃないですか!



置いてきぼりをくった10段変速コンポ Tiagra

スクリーンショット (1) - コピー - コピー
さて気になる表記の「シマノ4700系コンパチブル」。



スクリーンショット (4)
「シマノ4700系」とは、Tiagra 4700 コンポのことだ。

DURA-ACE / ULTEGRA / 105 のデュアルコントロールレバーが11速となるなか、10速に取り残された Tiagra ST-4600 は、2016年に10速のまま ST-4700 へとモデルチェンジをする。この時シマノは考えた。新たに10速メカを開発するにはコストがかかりすぎる。種を明かせば ST-4700 のメカは、11速メカの流用なのだ。これは2020年 Tiagra にもハイドロリックの波が押し寄せ、上位モデルが展開するバリエーション「ワイヤー引き」「ハイドロ」「ハイドロショートリーチ」(ショトリーチは DURA 除く)のラインナップに肩を並べる際、最高のコストパフォーマンスを発揮する。

だが一つ問題がある。本当は11ノッチあるのに最後の1ノッチを制御して10速としているので、1ノッチでのワイヤー引き量は11速と同じ。なのでST-4600 の10速に比べて少なくなる。これをリカバリーするのがリヤディレーラーの RD-4700 のパンタグラフ比である。逆に言えば 7000番105 の11〜2速までを10速コンポの Tiagra ST-4700 で奇麗に変速できるってこと。(実際に試してないからはっきり言えないが)例えば同じ10速同士でも 105 5700 と Tiagra 4700 は「混ぜるな危険」なのであります。今のところ特異な引き量を持つ10速コンポは、Tiagra 4700 だけだが、SORA が10速になることがあれば同じ手法を使ってくる可能性がある。


IMG_4235
IMG_4234

でもさ、この組み合わせもおかしいよね?105 カセットと 105 RD-4600 で純粋な10速コンポなのにマイクロシフト BS-A10B(シマノ4700系コンパチブル)のバーコンでちゃんと変速出来ちゃってる。BS-A10 じゃないとダメなんじゃないの〜マイクロシフトさん。10速の 105 RD-5700 ブラックもまだラインナップ落ちしていないようだがシマノが欠品中なのでとりあえずこのまま行きます。

次回につづく、




MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その7)【橋輪Blog】

MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その7)

IMG_4219

さて参った。変速が全然同期してくれない。でもダメな原因となる反省点は確実にひとつある。マイクロシフトコンポーネント発注の際、チャートを見ていなかったわけではない。マイクロシフトには、10速コンポに CENTOS(ケントス)/ R10 10 Speed の2種類が存在する。今回取り寄せたリヤディレーラーは、CENTOS で R10 にはブラックがないのだ。

スクリーンショット (54)
これがマイクロシフトの適合チャート。




スクリーンショット (54) - コピー
CENTOS のブラックリヤディレーラーが使いたかったので、チャートを見るとチェーン以外オールマイクロシフト製品の組み合わせで以下となる。

シフター:BS-A10B 
リヤディレーラー:RD-R55S
カセット:CS-G100


ところがどっこいこのカセット CS-G100 が何と欠品中だったのです。まあ同じ10速ならば動くだろうと Shimano 105 CS-5700 を取り寄せ(発注した直後に完売となりラッキーだった)たのです。(これ仕方ないよねシフターとリヤディレーラーが来ちゃってるんだから)


スクリーンショット (54) - コピー - コピー

更に良くチャートを見ると シマノ 10s / SRAM 10s のスプロケットに適合するのは、

シフター:BS-A10(B が付かないやつ)
リヤディレーラー:RD-R42S
カセット:シマノ 10s / SRAM 10s


とある。でもね、

スクリーンショット (3)
シフターは、見た目同じだが RD-R42S はこれですからね。シルバーとブラックのツートーン。しかも9速のグループだし絶対選ばないよ!


スクリーンショット (2)
今一度マイクロシフトのウエブサイトをよく見てみる。これが R10 10Speed。



スクリーンショット (1) - コピー

こちらが今回取り寄せたCENTOS。



スクリーンショット (1) - コピー - コピー
よく見ると赤い文字で何か書いてありますね。

「シマノ4700系コンパチブル」

明日は、完全独立派コンポ Shimano Tiagura 4700 の秘密に迫る!

明日につづく、









2021 DAHON SPEED Falco【橋輪Blog】

2021 DAHON SPEED Falco

IMG_7784
IMG_4276
SPEED Falco(スピード・ファルコ)

2021 DAHON  
SPEED Falco  97.900円(税込)
橋輪プライス     88.100円(税込)   
8 Speed   12.0kg

2021 DAHON SPEED Falco が入荷(マットガンメタルのみ7月の入荷予定)しました。ベースとなるのは、クロモリフレームで長年に渡り人気を博したSPEED P8。ホイールサイズを451にアップするため新設計され進化を遂げたのが SPEED Falco です。


IMG_7785
IMG_4277
ピーナッツゴールド 



IMG_7787
IMG_4275
ネオンホワイト 



DSC_5990
DSC_5991
マットブラック 



DSC_8774
DSC_8775
マットガンメタル 入荷予定7月



IMG_7790
シルエットがシャープに見えるクロモリフレーム。フォークは、アルミフォークを採用。



IMG_7811
ヘッドチューブ後方からBB に向かっているのは、ロッドではなく「Deltec」という新たなテクノロジーで、展張時に特殊ワイヤーが張られトライアングルを形成しフレーム剛性を上げている。


DSC_6299
特殊ワイヤーは、Jagwire 製。



IMG_7793
Valet トラスが装着でき、バックやバスケットが取付られます。2021から採用のヘッドバッチ。



IMG_7791
リムはDahon BlacFoot 451 でリムハイト30mm。



IMG_7792
タイヤサイズは、20×1 1/8(23-451)



IMG_7798
ガード付チェーンリングは53T



IMG_7802
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。



IMG_7803
リヤディレーラー: Shimano Altus 8 Speed



IMG_7804
カセット:11-32T。



IMG_7794
シフターは、Shimano SL-M 315-8R。



IMG_7810
センタースタンド標準装備。



IMG_7796
2018より新採用となった Super Light シートポストは、スタンダードアルミポストと比べて160g 軽量化されています。Dove Plus / K3 / Visc EVO / Speed Falco に標準装備。何時ものサドルポジションを見つけ出せる目盛りが便利。



IMG_7797
表面加工は、tern のシートポストのようなヘアライン加工が施されておりキズが付きにくくなっています。


IMG_7795
クロモリサドルレールを掴むヤグラは、2ボルトタイプとなり無段階の角度調整が可能に。



IMG_7800
フォールディングペダル付属。



IMG_7805
ハンドルポストは300mm ワンピースで外折れタイプ。



IMG_7813
フレームヒンジはバイスグリップテクノロジーを採用。シンプルな構造ながら確実なクランプシステムだ。


IMG_7814
Folding Size W82×H66×D36cm



IMG_4279

試乗車は2020年モデルですが、2021継続カラーのマットガンメタルですので色味が確認できますよ。

試乗車をご用意してお待ちしております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ