MOULTON DOUBLE PYLON を組む 2【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 2

IMG_0632

シートピラーを取り付けてバイクスタンドにセット出来ました。今日はフレームの下準備と言うことで、BB シェル回りをやって行きましょう。ダブルパイロンフレームは、フレクシターサスペンションフロントフォークが「The HALL of Moulton」(ザ・ホール お城)でアッセンブリーされてきますのでフロントセクションの加工修正工程がいりません。

IMG_0633
先ずは、BB タップでハンガーネジの修正を行います。ハンガー規格は、BC1.37 × 24(JIS)。



IMG_0634
左右から挿入したBB タップのきっかけが乗ったら、



IMG_0635
左右同時進行で切って行きます。



IMG_0636
深さはこの程度だろうか?200万円のフレームに緊張が走ります。



IMG_0637
結構削れましたね。



IMG_0638
綺麗になりました。




IMG_0639
仮のBB をセットしてみます。抵抗なく奥までねじ込めればOKです。



IMG_0640
続きまして BB フェイスカット。右はだいぶ凸凹してそうです。



IMG_0641
JIS アダプターを右側にセット。



IMG_0642
左側から削って行きます。



IMG_0643
ちょっと待ってくださいこれ際どいですね。



IMG_0644
カッターの刃がフランジを削りそうですね。



IMG_0645
最悪傷つく覚悟で、



IMG_0646
面一枚削ったところで、



IMG_0647
何とかなりましたね。



IMG_0648
続きまして右側。こちらは凸凹が深くれフランジのロウ付けも大分盛ってます。



IMG_0649
おっと!ざっくり行ってもうた!



IMG_0651
あ〜あ、これぼくのせいですかね?

薄刃の刃があったとしてもBB が乗ってしまいます。大きなキズは付きましたがBBの平行度が出なければ、どんなに良いBB組んでも良い回転は得られません。ま、BB組めば見えませんので。これでBBシェルの下準備は終了。

IMG_0652

果たしてリヤアームピポットは改善されているのか?

MOULTON DOUBLE PYLON を組む【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む

DSC_5242

ダブルパイロンの組み立てに入ります。先ずはシートピラー。何故って?これが付いていないとバイクハンガーにセット出来ないので作業が始まりません。

DSC_5235
MICHE(ミケ)スーパータイプシートピラー 13.400円(税別)
Φ27.2 250mm  274g  6062 Alloy


DSC_5236
販売当初は、シルバー、レッド、ゴールド、ブルー、ブラックのアナダイズドカラーラインナップでしたが、現在は、シルバー、ブラックのみの販売になっております。


DSC_5238
なのでレッド、ゴールド、ブルーはもう手に入りません。
(各色1本ずつのストックで終わりです)


DSC_5239
大きく肉抜きが施されています。



DSC_5240
ヤグラは特殊なサドルロックシステムとなっています。



DSC_5243
勿論シルバーをチョイス。



DSC_5244
ダブルパイロンのシートチューブサイズは、27.2mm。



DSC_5246
ところがこれが入んねーっす!他のダブルパイロンをみてもきついみたい。



DSC_5247
ならば何時もの手で。先ずピンチボルトを抜きます。



DSC_5249
そして反対側のネジ山がある方から入れちゃいます。



DSC_5250
そしてスリットの隙間に薄口スパナを挟んで締め上げると、



DSC_5251
はい広がりました。

モールトンダブルパイロンの組み立て恐る恐るスタートです。

明日は、フレームの下準備を


Kitt カーボンバトンで大きくイメチェン Verge D9【橋輪Blog】

Kitt カーボンバトンで大きくイメチェン Verge D9

825d2a12[1]
DSC_5203

 以前にもご登場いただいた T H さんの ULTEGRA Di2 搭載の tern Verge D9。ALEXRIMS R390 だったホイールを Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel に組み替えました。同じ451でも物凄くロー&ロングになったように見えますね。これは特に406より451の方が顕著に現れます。


DSC_5212
Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel 451



DSC_5221
タイヤは、TIOGA FASTR X S Spec 20×1 3/8(34-451)



DSC_5205
フラットバー仕様のコクピット回り。



DSC_5206
ハンドルバー:金輪カーボンフラットバー



DSC_5210
グリップ:ERGON GS3



DSC_5207
ブレーキレバー:RIDEA XFH



DSC_5213
Vブレーキアーム:RIDEA CSV



DSC_5214
ブレーキシュー:TIOGA 453CV



DSC_5225
クイックレバー:RIDEA ES2D-74 & ES2D-135



DSC_5218
シートクランプ:RIDEA tern Verge フレーム用クランプ Φ38 



DSC_5228
KCNC TORX SCREW 2PCS ゴールド



DSC_5219
シートピラー:FFR チタンシートポスト



DSC_5215
クランク:ROTOR 3D24
チェーンリング:ROTOR Q-RINGS 130PCD 54T



DSC_5224
BB:RIDEA BB24-ES68



DSC_5216
ペダル:Wellgo MTB PD-WG-210



DSC_5217
リヤディレーラー:Shimano RD-6870-GS ULTEGRA Di2



DSC_5227
プーリー:RIDEA PYL1-11TS
チェーン:KMC X11SL ゴールド



DSC_5220
カセットスプロケ:Shimano CS-9800 ULTEGRA  11-32T



DSC_5222
ロースプロケット:FOURIERS ロードスプロケット36T CR-DX008-SK36。アルテグラの13.14.15T から13T を抜き取り取り付けました。
Kitt トリカーボンホイール前後セットは、エンド幅74 / 130mm だが、Verge D9 のリヤ135mm に対応させるため KIMORI ファクトリーで7075から削り出したシャフトに交換している。


DSC_5223
外装バッテリーは、リクセンのボトルフィックスでシートチューブに。



DSC_5209
シフター:SW-M9050 XTR ファイヤーボールシフター



DSC_5208
インフォメーションディスプレー:SC-M9050



DSC_5226




DSC_5229




DSC_5231




DSC_5230

MINI LOVE カスタムバイクコンテストへのエントリーをリクエストしておきましょう!

Kitt バトンホイールもっと見たい方は、⇒ こちら


ラジコン機も危なかったが、ラジコンカーもヤバイ【橋輪Blog】

ラジコン機も危なかったが、ラジコンカーもヤバイ

IMG_0630

これは、昨日火曜日の写真で最高の天気であります。大変重宝しているスズキエブリイ。大きめのラジコン機が2機、小さめの機体が2機の計4機が余裕を持って安全に運べる最愛のトランスポーターです。綺麗な飛行場ですがここまでの道のりには4輪駆動が不可欠。そのラジコンカーにも危機が迫る!

エブリー
一見綺麗に見えるが、



IMG_0631
屋根を見てびっくり!塗装が剥げてます。ボディーのコーティングを頼むたびにビカビカを希望して毎回ポリッシャーを当ててもらってたのがまずかった。既に下地の鉄板が顔を出しているので錆びて穴が開くのは明白であります。これはもう再塗装するしかないな。さて何色に塗る?


63347f73-s
白のホイールと黒のオーバーフェンダーは外せないから、



スイフト
スズキだし、もう30年若かったらスイフトのイエローだったな。チャンピオンイエローって言うんだって。



エブリーシルバー
ま〜無難で高級感があるのはシルバーかな。こちらスズキシルキーシルバーメタリック。でも佐川急便みたいだし。


アマゾン
昨日、16号線外回りで見かけたのが VOLVO V40 のグレー。

調べたらアマゾンブルーって言うんだって。そういえばボルボアマゾンってあったね。懐かしい!シーズンオフにこの色に塗るかな。

こーゆーのもまたラジコンの楽しみであります!



ロックタイトには賞味期限がある【橋輪Blog】

ロックタイトには賞味期限がある

8月18日(土)茨城県取手市柏ラジコンクラブ飛行場を順調に離陸した74”(ウイングスパン74インチ)slick 580。2サイクル35cc エンジンは慣らし運転中ながら快適な飛行で1フライトを終了しようとしていた。8分にセットしたタイマーアラームを聞きながら最終旋回し着陸に向けてアプローチを開始。滑走路までちょっと足りないかなと思いエンジンを”ブン”とひと吹かしのつもりが、”ブ〜〜〜”、とえらい勢いで突っ込んでくるではないか!スロットルが閉じきらないのだ。仕方なくそのまま滑走路に滑り込み接地後スロットルカットを試みるがエンジンは止まらない。もうランウェイエンドまで3m しかない。ラダーを目一杯左に切りU ターンするもまだ回転は下がらずまた逆方向へ加速を始める。ギャラリーは、また離陸するのかと思って楽しみに見ているが、基本無風でなければ往復で離着陸することはない。パニック状態のまま滑走路中央を通過。再度フルパワーにしてテクオフさせることも十分可能だが何とか滑走路内で停止させたい。緊急用に設置していたイグニッションカットスイッチをOFFに切り替え点火をカット。その後10M ほど走りようやくタイヤの回転が止まった。この日は珍しく涼しかったが日汗をたっぷりとかくこととなった。

IMG_0619
LOCTITE 222 が、低強度タイプで、243が中強度タイプ。代表的なネジの緩み止め材だが、早く言えば接着剤だ。ボルトに塗布しただけでは固まらないがボルトを締めて空気を遮断すると硬化する。



IMG_0618
モールトン研究室に出向き DV-1 のフレーム組立をした時にダイナベクター富成次郎氏から教わったのだがロックタイトには賞味期限があると言うこと。


IMG_0620
この時開封したてのロックタイトだったので一滴ではなく半摘に留めて置いたが、ご覧の通りガッチリと硬化していた。


IMG_0627
IMG_0629
先に納車となった”オッサン”のネイビーブルーの時も苦労したがネジロックが固すぎた。ターンバックルの要領でスプリングの強さを調整しようにもスプリングがよれるだけで全然調整が出来ない。半摘でもこれでけ効くのだ。


IMG_0599
さて問題の飛行機の方はどうなっていたか?



IMG_0600
パイロットもさぞかし恐ろしかったろうに。



IMG_0601
IMG_0602
エンジンには何も問題なさそうに見えるが、



IMG_0603
IMG_0604
カーボンスピンナーを見れ下さい。こんなにも動いています。エンジン内部の破損であればこんなに動くことはありえない。エンジンマウントだ。


IMG_0605
プロペラシャフトが随分と右下に傾いてますね。



IMG_0606
カウリングを外してみましょう。



IMG_0607
ウえ〜!エンジンマウントが?



IMG_0608
4本あるエンジンマウントの内右側。下側は完全に緩み上はもうすぐ外れる寸前。



IMG_0610
左側では最早、上下ともボルトが抜け落ちてました。



IMG_0612
最後にブンと吹かした途端エンジンが前に出てスロットルリンケージを引っ張ったのだ。



IMG_0616
内部から見てみると辛うじて残るボルトが見える。



IMG_0617
こちらは完全に抜け落ちている。



IMG_0611

他ならケチっても、趣味の大事な飛行機だから絶対緩んではいけないとたっぷりしたたる程にロックタイトを塗ったのに全く効いていなかったのだ。工作室のロックタイトが賞味期限切れだったのである。今考えると再離陸させなくて良かった。4本のボルトの内2本が何とか繋がっていたが、ラスト1本になったことを想像するとぞっとする。プロペラの反トルクで機体からエンジンが回されプラグコードや燃料ホースなどを引きちぎりながら機体とエンジンがセパレート。うあ〜恐ろしい!

皆さんロックタイトは、開封日を記入し早めに捨てることをお勧めします



夏季休暇が明けて【橋輪Blog】

夏季休暇が明けて

IMG_0597

IMG_0596

一週間の長い夏季休暇を頂きました。流石の連休明けの今日は大変な忙しさで、ご成約5台中納車4台、以外にも沢山の方が試乗に来られ、修理にあっては48件をこなしました。ありがとうございました。皆さんは、お盆休み如何お過ごしだったでしょうか。ぼくは例年通り地元お寺のご奉仕三昧に終わりましたが、初日の12日と最終日18日の二日間は、ラジコン三昧出来ました。その最終日18日での飛行場でトラブルが発生しました。明日は、こんなことってあるのねってなお話しを。本日はお疲れ様です。

明日の【橋輪Blog】は、ロックタイトには賞味期限があるを

夏休み前最後の橋輪ブログ【橋輪Blog】

夏休み前最後の橋輪ブログ

DSC_5192
MOULTON DOUBLE PYLON フレームセット 2.030.400円

明日、12日(日)より18日(土)まで夏季休暇を頂きますが、その連休前に凄いのが売れました。そしてやりたかったのが、ダブルパイロンのステンレスフレームと ANDOZA ホイールのニッケル仕上げの組み合わせ。薄っすら金にも見えるこの輝きがスーパーベストマッチングであります。

DSC_5193




DSC_5194




DSC_5199



DSC_5195




DSC_5197




DSC_5201




DSC_5202




DSC_5196




DSC_5198



ず〜とイメージしてたのはこれなんですわ!

American Graffiti



しょんべん色のフォード知らねーか?

【夏季休暇のお知らせ】 8月12日(日)〜18日(土)お休みします

Youbo の SPECIALZED セットアップ(その3)【橋輪Blog】

Youbo の SPECIALZED セットアップ(その3)

DSC_4856

Shimano のパーツが揃ったところで組み付けに入ります。

DSC_4858
内装バッテリー:BT-DN110-1  16.386円(以下税込)



DSC_4859
ワイヤレスユニット:EW-WU111  9.027円



DSC_5175
エレクトリックワイヤー:EW-SD50 250mm  2.471円
エレクトリックワイヤー:EW-SD50 400mm  2.525円
エレクトリックワイヤー:EW-SD50 750mm  2.608円
分岐ケーブル:EW-JC130 SS  6.607円



DSC_4857
グロメット:SM-GM01  504円



DSC_4860
ジャンクション A:EW-RS910  12.043円



DSC_4861
こんなに小さいのに充電口やら色々詰め込んである。



IMG_0541
ジャンクション B は、このように配線。



DSC_5176
こちら持込の SES Aero Road Stem アジャスタブル。



IMG_0536
スペシャのステムから入れ替えます。



IMG_0537
カーボンバーに分岐ケーブルを通すには一度ブレーキワイヤーを抜かねばなりません。



IMG_0539
IMG_0540
全て抜いてしまうと後が大変なので工夫してね。



IMG_0538
通した分岐ケーブルをSTI へ。



IMG_0578
グロメットも付けました。



IMG_0565
ジャンクション B の取付。上から充電口、赤のLED がバッテリー残量確認用で、緑がボタン用LED。下のスイッチをダブルクリックするとマニュアルシフト、セミシンクロ、シンクロシフトの切り替え。


IMG_0566
それでは、E-Tube に接続。



IMG_0569
ワイヤレスユニットにアップデートの用意がありますね。



IMG_0570
これで全て最新。



IMG_0571
カスタマイズからシンクロモードの設定完了。



DSC_5179
Lizard Skins バーテープブラック 4.190円



IMG_0576
バーテープ巻完了。



DSC_5180
DSC_5181
DSC_5182
こちらも持込のサイコンとパワーメータークランク。



IMG_0580
サイコン、クランク取付完了。

Youbo 何とかお盆休み前に組み上がったよ!サイコンの設定は、分からんのでやってね。

それではシンクロモードをお楽しみください


【夏季休暇のお知らせ】 8月12日(日)〜18日(土)お休みします


DAHON を積んで出かけよう PORSCHE Boxter S【橋輪Blog】

DAHON を積んで出かけよう PORSCHE Boxter S + DAHON K3

DSC_5172

DSC_5167

DSC_5166

久々の「DAHON を積んで出かけよう」は、2シーターのポルシェ・ボクスター。ボクスターは、3度目の登場です。

DSC_5095
東京都内からご来店のHさん「この車に積める折り畳み自転車下さい」と。先ずは20インチモデルのボードウォークから。


DSC_5096
こいつは全然入りませんね。


DSC_5097
ちょっと待って前のトランクがありますから。



DSC_5098
前のトランクが深いことを知っています。



DSC_5099
やっぱ前のトランクにも入りません。前の型なら前後にMu P8 が入ったのにな。



DSC_5100
お次は、16インチモデルのカーブ D7 でどうだ?



DSC_5102
16インチでも後ろトランクは無理。



DSC_5103
前トランクはどうだ?



DSC_5105
サドルが飛び出しますね。



DSC_5106
シートポストを抜き取ればギリ入りますね。



DSC_5107
ぴったりサイズ。



DSC_5117
DSC_5120
最後は、14インチモデルの K3。これは前後どちらでも入っちゃいました。



DSC_5108
「よっしゃ!これ貰いますわ」




DSC_5171
オープントップで帰路につくHさん。カッコええ!



DSC_5173
ありがとうございました。



DSC_5174

またのご来店お待ちしております。

リヤトランクまだ空いてますからね!



【夏季休暇のお知らせ】 8月12日(日)〜18日(土)お休みします


ARAYA MFM MuddyFox Mini【橋輪Blog】

ARAYA MFM MuddyFox Mini

DSC_5075
DSC_5076
ARAYA
MFM MuddyFox Mini  73.440円(税込)
橋輪プライス        66.000円(税込)
9 Speed   12.2kg

アラヤのフルリジットマウンテンバイク、マディーフォックスのミニベロ版です。20インチホイールにシュワルベの極太タイヤビックアップルを装着し、あらゆるシーンで遊べるポテンシャルを秘めています。

DSC_5078
DSC_5079
DSC_5080
サドル、シートピラー、ステム、ロックオンブリップとARAYA のロゴが入る。



DSC_5083
何といっても特徴的な20インチ極太タイヤ。



DSC_5086
大きくクリアランスの取られたリジットフォークは、サスペンションフォークに換装も可能。




DSC_5085
ARAYA Rims TB-507X ダブルウォール。



DSC_5084
DSC_5089
SCHWALBE BIG APPLE PLUS  20×2.15



DSC_5087
Sugino シングルチェーンリングは、52T。フロントダブル化に備えフロントディレーラー取付け用サブシートチューブを用意。



DSC_5088
ワイドレシオのカセットは、Shimano CS-HG200-9 11-34T  9 Speed。リヤディレーラー:Shimano ALTAS M2000



DSC_5082
シフター:Shimano ALTAS M2000




DSC_5091
ハイドロリックディスクブレーキは、Shimano BR-M315



DSC_5081
ブレーキレバー:Shimano BL-M315



DSC_5093

カスタムベースとしても注目したい1台ですね!

また良く転がるんだなこのタイヤ


記事検索
  • ライブドアブログ