DAHON Vector

          DAHON  "Vector"  X27h


DSC_0882
    DAHON  "Vector"  X27h     199.500円 
         27Speed  Weight    10.2kg


DSC_0874
コンポ自体はSPEED PRO TTと変わりないが格段に乗りやすくなった。

日本仕様はハンドルポストが若干手前に倒れていて、ブルホーンでありながらスピプロ(Y氏の呼び方)より自然なポジションが取れ、ハンドルバークランプ部がフォークコラムの延長線に近くなった為に、ブラケットポジション時のブルホーン独特な放物線を描く様な動きがニュートラルになった。



DSC_0876
ハイドロフォーミング製法で作られたグッドデザインなフレームは、トップチューブがもう一本有るかと思わせるほど高剛性だ。


DSC_0879
Mu シリーズが80mmだったのに比べ100mm有るヒンジ。




DSC_0880
     新型のCore XCF T-Beam サドル


DSC_0878
 ベクターフレ−ムにもサイドスタンドが付けられる。


DSC_0877
スピプロ時代に効きがイマイチだったトラベルエージェント(VブレーキをSTIレバーで操作するときにストロークを稼ぐパーツ)付きのブレーキも前後、中央でコンパウンドの違う新型ブレーキシューのお陰でガッツリ効く様になった。


DSC_0875
    SHIMANO  ULTEGRA  9Speed に

DSC_0881
      SRAM  のデュアルドライブ内装3段




 さて、ベクターシリーズで新しくなった畳み方をご披露
  (X27hはブルホ−ンバーの為チョットだけ複雑)

DSC_0873
  まずはクランク左前、シートポストを下げる

DSC_0872
       次に、ハンドルを180度反転
(これによりMuシリーズより畳んだ全長が4cm短くなる)

DSC_0871
        フレ−ムを折っていきます

DSC_0870
           マグネットをパチリと

DSC_0869
 ここで付属の工具登場。ハンドルクランプを緩めて
           (良く見ててね)
DSC_0868
     クランプを180度後ろへヨッコする

DSC_0867
         ステムを倒して行き

DSC_0866
         フレームの下でキャッチする

DSC_0865
      ハンドルバーをこの位置にセット

DSC_0864
    こんな感じでかなりコンパクトになります。

DSC_0863
        横から見る、全長も短い。





DSC_0861
色々と試してみましたが、輪行ならハンドルポスト折らずに
    「これでいいじゃん」  これだと3秒!




 DAHON 2011 4モデル限定の試乗会開催です。

  開催期間:11月12日(金)~15日(月)午後3時まで。
     場所:橋輪

 この機会に是非、試乗にいらしてください。
          お待ちしております。

  ※試乗には身分証明書の提示を頂いております。

DAHON 2011 (4モデル) 試乗会開催!

 DAHON 2011 以下4モデルの試乗会開催です。

  開催期間:11月12日(金)~15日(月)午後3時まで。
     場所:橋輪


DSC_0874
  DAHON    Vector   X27h     199.500円
サイクルモードでも試乗には長蛇の列ができてました。




DSC_0883
   DAHON      Dash  P18     115.500円
                フレームサイズ:M




DSC_0893
  DAHON   Speed   P8     69.300円
    (2010  Speed  P8 は完売しました)




DSC_0899
   DAHON    Ciao  D5         66.150円
         スカートで乗れるダホン




    この機会に是非、試乗にいらしてください。
          お待ちしております。

  ※試乗には身分証明書の提示を頂いております。






    DAHON  2011 カタログできました。
DSC_0910
  ハイセンスでゴージャスな一冊に仕上がってます。
            1部 300円

企画:ダホンガールと手賀沼ポタリング。

 ダホンガールと手賀沼ポタリング無事終了しました。

P1010227
   今回来てくれたのは、ダホンガール3期生の
      KudoチャンOikawaチャンです。



P1010216
         風強だけど追い風。
彼女たちにとって、どっち風かは関係なく髪型がァー。
     2011 DAHON SPEED P8 と Ciao



P1010219
      寝そべるTRIJETのカメラマン



P1010220
   お客さんのY氏 DAHON SPEED PRO TT



P1010221
お馴染み藤井君DAHON Dash P18 それとタケシ君



P1010222
藤井君いきなりウィリーしてますが、歩くより遅い速度です。
       これはダホンガールに大うけ。



P1010223
    「ゆっくり走るも楽しいね」スピプロY氏



P1010224
         KudouチャンDAHON Ciao
       サドル高ぁ!   足長ぁ !



P1010225
       アンナベルズのKさんMU P8



P1010226
             DAHON Vector X27
   こちらのインプレは後日  「かなりヤバイ」



P1010228
         途中のベンチで休憩。
       Kさん知らぬまに2ショットだし。



P1010231
   Oikawaチャン2011 DAHON   Speed P8
      新色のチタニウムシルバーだ。



P1010234
   手賀沼公園到着で、しばしダホン談義に・・・。



P1010232
    
    「楽しかったね」    皆さんお疲れ様でしたー。



        この模様は今月末、辰巳出版から発売の
”折りたたみ自転車&スモールバイクLife 3”(タツミムック)
              に掲載されます。

DAHONオーナー緊急連絡

   ダホンオーナーで11月9日(火)しかも明後日
   仕事サボれる方、ふるさと公園に集結せよ!


   企画:ダホンガールと手賀沼ポタリング。
http://dahon-girl.jp/prof/profile.html(DAHON GIRL)

DSC_0863
    Mu UNO   ぼくは、これで出撃します。

地図はこちら↓
furusato
http://www.machi-info.jp/machikado/kashiwa_city/index.jsp?mode=0&lon=139.9924769&lat=35.86306452&scale=5000&w=300&h=180&fmt=png

丸い輪のオブジェがあるところに午後2時集合!!!


サイクルモード2010

   幕張メッセにてサイクルモード2010開催中
            11/5.6.7

DSC_2086
黄色一色のブースがMAVIC、「”ホイール”安い高い何が違う」て話に黒山の人だかり。これは聞いてく価値アリ。



     TREKのブースをのぞき込むと


DSC_2087
いきなり度肝を抜かれたのが、このTTバイク。電動DURAの為エアロバーにシフターは見えない。

DSC_2090
究極のエアロフォルム、ブレーキキャリパーがフォークと一体化している。

DSC_2092
ブレーキレバー握りますと、 こうなります。   スゴイ


DSC_2101
  こうゆうノリ好きだなー。 まるでショーカーのようだ。






                           FUJI

DSC_2127
         (画像クリックで拡大)
DSC_2102
      左   ストラトスとストラトスR
      右   コメット

DSC_2116
             ベノム

DSC_2103
              コメット

DSC_2112
              フェザー

これが前回の展示会で紹介できなっかたルーベカスタム。
DSC_2123
  FUJI  ROUBAIX CUSTOM      102.900円
              カラー    ホワイト
       フレームサイズ 46.49.52.54.56
       メインコンポ SHIMANO  SORA
FUJI曰くファッションロードバイクと言うニューカテゴリー。




                         DAHON

DSC_2144
          ダホンのブース。
試乗コーナーでは予想通りベクターシリーズが大人気だ。

DSC_2145
   これも展示会の時に紹介できなっかったカラーで
  DAHON  SPEED P8 のチタニウムシルバー
      奥の真中にトゥルーネイビーが見える。

DSC_2147
   SPEED TR のオルトリーブ満載仕様




                          MASI

DSC_2097
 マジーのブースにあったColtelloフレームのカスタム



DAHON / FUJI / MASI の詳細は2011モデル速報で紹介しています。(サイドバーカテゴリーからDAHON FUJI MASIで )



                       5 LINKS

DSC_2149
DSC_2148
         内装3段が出るらしい。



初日しかも金曜日なのに物凄い入場者数で、試乗にも長蛇の列。
試乗コースは一旦屋外に出てまた戻ってくる様になってますが、この屋内の路面が凄く滑りやすく転倒者続出。

         皆さん試乗される際はスピード控えめに。

BREV 新製品

   ピストパーツで好評のBREVより新製品です。

DSC_2089
BREV  Slittata Tire     700×28C  3.000円
  カラー  ブラック / レッド / ホワイト
   (ケブラービードで耐パンクベルト入り)
        トレッドは超滑りそうです。


DSC_2087
    BREV  Bullo Pedals       2.000円 
   カラー   ホワイト / ブラック  (左・中央)

    BREV  Bullo Pedals  glow     2.500円
      カラー   glow           (右)
    
DSC_2088
      BREV  Bullo Pedals  glow 
       (こちらは、なんと夜光です)   
 





   さて明日からサイクルモードが開催されます。

     そこで橋輪から”招待券”プレゼントです。
DSC_2090

       「ブログ見たよ」で先着5名に!

DAHONメンテナンス講座 5

     クイックってなんで横に倒すだけで締め上がるんだ?


シートクランプにしろフレームのVクランプ・ハンドルポストのラディアスV・ホイールのクイックリリース、全てにカム(中心から変心している)を使っています。下のグラフ(藤井クンに書いてもらった)で説明します。


トルク図解

縦軸にクイックの締め付けトルク、横軸にレバーのストローク(レバーを倒して行く事)とします。
青線がトルクの頂点で赤線が「これ以上のトルクで締め上げなさい」の最低リミット。

グラフの放物線が縦長なのはカムのプロフィールで(カムでは無く真円だったらストロークが出ない)放物線が途切れた所がレバーを最後まで閉じた位置です。青線の反対側にも同じトルクの位置が有りますが、その後緩む方向にレバーが開いてしまいます。
かといって頂点だと絞まる方緩む方のどっちつかずになります。
即ち頂点を行き過ぎた所で止まる様にしている訳です。(財布のがま口をパチンと閉めると開かないのと同じ)
Vクランプのとこで「ギュー・・・バタン」と表現したのがコレです。

P1010215
        シートクランプのカム
レバーの中のタイコが一番カムの薄い位置にいる。(クランプが緩い)

P1010210
レバーを閉じていくとカムの一番厚い位置に来て(ここがトルクの頂点)クランプを最強に締め上げている状態。

P1010211
レバーが閉じきって頂点を行きすぎ放物線が途切れた位置になります。


   お解り頂けましたか?
                「そんなの知ってるヨ!」

DAHONメンテナンス講座 4

       フレームの方に問題有り。

DSC_2079
         Vクランプの一例
ヒンジにガタが無くともクランプの噛み付く力が弱ければガタは出ます。ここにガタが有るのにハンドルを揺するとヘットパーツから伝わってきてるように感じる事が有ります。調整はいたって簡単。

DSC_2075
まずレバーお開いてフレームを折ります。
次に上の写真で見えるロックナットを10mmのスパナで緩めます。
6mmのアレーンキーでクランプ表のキャップボルトを少し締めてみます。フレームを元に戻してレバーを閉じてみます、「ギュー・・・パタン」(我ながら良い表現)と閉じればベスト、キャップボルトを締めすぎるとレバーが閉じれなくなります。ベストセッティングが出たら最初に緩めたロックナットをロックして完了。

DSC_2076
構成部品はこんな感じ、手前の長いネジはVクランプ分解用の唯一のスペシャルツール
(ただの、バイクのテールレンズ取付用3mmネジ)
間違った方向でもアッセンブル出来てしまうので構造を把握できてない方は触るべからず”危険”。


DSC_2084
スチールフレームの「スピードP8」や「ボードウォーク」はこのタイロットで。


DSC_2085
         メトロもタイロットで。





    立ちこぎすると消える場合はここを。

DSC_2070
DSC_2071
フレームシートチューブの内側のスリットの入ったアルミカラーを抜き取り洗浄しグリスアップして組み直してください。

DSC_2077
Muなどのモデルは進行方向のイモネジを緩めないとポストクランプが外れません。




ここにもクイックレバーが使われてます。クイックってなんで横に倒すだけで締め上がるんだ?

    次回のDAHONメンテナンス講座はその辺を。

DAHONメンテナンス講座 3

ヘッドベアリングのプリロード(あらかじめ荷重を掛けておく)調整が出来ているにも関わらずガタが出るのは、他にいくつかの要因があります。



DSC_2069
    このDAHON カーブD3 で見てみよう。
    ディスプレイで籐のバスケットを付けてある。
      RIXEN&KAUL(リクセン・カウル)
      ラタンバスケット      7.665円

DSC_2080
ハンドルポストには高さとバーの角度の調整機構がありますが、どちらもクイックで締め上げる様になっています。この締めがあまいのも原因の一つです。クイックレバーが90度の位置から重くなるよう反対側のナットで調整します。
余談ですが、安物の折畳み自転車乗っている人の殆どが間違ったクイックの使い方してます。それは「クイックを開いたままレバーをグルグルと回して締め上げておしまい」と言う恐ろしいものです。


DSC_0829
ハンドルポストの折畳み機構(ラディアスV)にも調整が有ります。
今6mmのスパナが掛かっている部分がタイロットで両側に正ネジと逆ネジが切ってあります。これを回すことでクランプとヒンジ部のカムの距離が変り噛み付く力を調整します。

ほんの少し回しただけで、かなり変ってきます。部品が分離するほどグルグル回しちゃった人はプロに任せて戻してもらいましょう。


DSC_0820
左が2008までのハンドルポストで馬の”ひずめ”の様なクランプが中から外へ噛み付くのに対し右の2009以降は外から抱え込む形に。



ココまでチェックしても、まだガタが有るようでしたらフレーム側を疑います
            次はフレームラッチを。

















DAHONメンテナンス講座 2

       ダホンはアヘッドです

     
DSC_0825
      見た目は違えどスレッドレス(アヘッド)

DSC_2067
一般的なアヘッド、MASIのステムにフォークコラムをつかむボルトが横から2本、上にはコラム内のスターファングルナットを引き上げ、ヘッドベアリングにプリロードを掛けるアルミキャップとキャップボルト。

DSC_0821
ちょっとだけ突き出たフォークコラムの内側に切られたネジ山がスターファングルナットに値する。

DSC_0823
シルバーのステム(MASIステムと同じ)が入って、手に持っている部品(昨日の話に出てきた大きいボルト)がアルミキャップとキャップボルト。
大きいボルトの座面がステムを押す部分よりフォークコラムの上面が低くなければ調整できない事は、言うまでも無い。

DSC_0817
ヘットベアリングはフレームから取り外さなくとも分解できます。
細いマイナスドライバーでサークリップを外せば玉押しが分離できますが、小さなボールがバラバラと出てきてしまうので給油程度でしたら隙間からスプレーグリス注入が賢明でしょう。

DSC_0816
           分解したベアリング。



ヘッドのプリロード調整が完璧でもガタが出る場合もあります。

  次回のDAHONメンテナンス講座では、これを。

記事検索
  • ライブドアブログ