NEW FRAME !!!


みなさん、こんばんは!

橋輪サポートライダーのSTEM* こと、藤井しょうたろうです!

今回、僕のNEW BIKEが完成したのでご紹介させて頂きます☆

先月まで、FUJI NEVADA S の橋輪仕様に乗っていたんですが、今月からTUBAGRAtrMOZUというフレームに乗り換えることになりました。


では、写真をどーぞ!


101123_4
コンパクトな24インチです!

101123_5
ホイール、タイヤをhasirinさんで新調してもらいました。

101123_6
リアタイヤはGT、24×2.5 ¥2,100!!!(笑)

101123_7
僕のこだわりのチェーン、KMC Z510 ¥2,800
ハードなライディングをしても一度も切れたことがなく、信頼してます!
シングル用チェーンで、カラーバリエーションも豊富で、ピストにも最適です。

assd

写真、動画はTUBAGRAの方に撮って頂きました。
動画はこちらから→http://vimeo.com/17118758

TUBAGRAの公式HPにもご紹介頂きました→http://www.tubagra.com/riders/entry.php?id=2527

今後とも、応援よろしくお願いします!

ちなみに、僕のブログはこちら→http://ameblo.jp/stem-project/

本日臨時営業

            11月23日火曜日

           本日臨時営業中!

DSC_0935

           修理部はお休みです。

$ドル箱

         さて、何の箱でしょう?

DSC_2163
DSC_2164
          桐箪笥の様な・・・・・・・。




        釘は一本も使ってないです。





DSC_2165
                   RUBBER CEMENT





             これです。
DSC_2166
      うちでは「パンク箱」と呼んでいます。

丸穴にスッポリ入ったラバーセメントをチューブに塗り、パッチを圧着させる為にパンク箱の上でローラーで叩くは、擦る訳で大変丈夫でないといけません。

以前使っていた物がさすがにぶっ壊れて(ぼくのオヤジが生きている頃から使っていたから、ゆうに10年は経つか)新品を探していたのですが、問屋さんに聞いても何処にも無い。(過去に刑務所で作っていたらしい)

昔はヨコハマタイヤなどのロゴが入った物が幾らでも貰えたのに、(沢山あっても邪魔なだけだが)一個ぐらいストックしておけば良かった。



そこで知り合いの建具屋さんのK氏に制作を依頼。


          素晴らしい出来です。
昔からの自転車屋はコレじゃないと仕事になりません。



DSC_2167
特殊な液体が入った専用の容器でエアーリークの試験を行うタケシくん。



ただの水を汲んだバケツです。この方法は先々代から80年たった今でも変らない。

ちなみに、一日にパンク修理した台数が40台と言う記録を2008年の8月に叩き出している(自慢)

         パンク修理(一箇所)で1.000円。

         やっぱ、こいつは「$ドル箱」だ。

カスタム ギャラリー

        本日ご来店のDURCOS 1


DSC_2169




     50.000円ぐらいの予算でイメージかえたい。





         あれこれパーツをチョイス。





           (画像クリックで拡大)
DSC_2171
            大満足、笑顔のH氏



DSC_2173
   BREV 完組 リヤホイール    16.500円
   パナ  RiBMo-S 700×28C        2.900円
        (ダーカス1は28Cでギリ)



DSC_2174
BREV 完組 フロントホイール    15.500円
grunge   DH ステム  (ゴールド)  3.900円
B-Witch  ライザーバー (ブラック)  2.500円
BREV    Noフランジグリップ(ブラック)1.000円



DSC_2176
Dixna   トレ−スペダルボディー(ブラック) 3.150円
Dixna  パウダーカラーケージ (オレンジ)1.600円
BREV   ダブルトーストラップ   (ホワイト)2.000円
GIZA   ダブルトークリップ     (CP)  1.300円
(安い)!




 取り付け工賃3.000円頂まして、 しめて53.350円也。

           ありがとうございました。


しかし、前から見るのと後ろから見るので全くイメージ変るネ
                 (楽しい)

FUJI 2011 モデル第一弾入荷!

      フジの2011モデルが入荷です。
  


DSC_0918
 それにしても箱が小さい、一番大きい箱でも小さい。





             箱の中は





          キッズクロスバイク
DSC_0933
          FUJI  ACE 20         37.800円
                      7 Speed
            適正身長 125cm〜140cm


DSC_0928
      タイヤサイズは20×1(451)

    比較の為700Cホイールを並べてみました。
          とても可愛いです。


DSC_0934
         SHIMANOレボシフター







       お次はジュニアロードバイク
DSC_0924
       FUJI  ACE 24    40.950円
                    2×7  14 Speed
              適正身長 135cm〜150cm


DSC_0925
         タイヤサイズは24×1


DSC_0926
FUJI SST2.0のグラフィックのフレーム、菱形ダウンチューブが凄い。






              もう1台
DSC_0919
     FUJI  ACE 650    44.100円
                    2×7  14 Speed
              適正身長 140cm〜155cm


DSC_0921
                タイヤサイズは650C



DSC_0923
FUJI SST1.0のグラフィックのフレーム、ふざけてステム引っくり返して付けたら、なんともカッコイイ。 フロントのスポークはラジアル組だ。



DSC_0931



こんなの ”クリスマスプレゼント” に買ってもらえる子供になりてーっ!



 お父さん  「子供とサイクリングしちゃいますか?
             それとも見てみぬふりにしときましょうか?」

おもしろスタンド

giraffe + の20in(451)バージョンが出来上がりました。

DSC_2159
   giraffe + の20in(451)   15.800円

ステンレス製のハンドメイドで、絶妙なバランスで立っています。
揺らすとボヨヨーンとしますが、それが楽しい。でも安定はバツグンです。

ピスト乗りがピストのために制作したスタンドです。

お店などに置いてもオシャレだし、部屋の中でも場所をとらない。

ポリッシュ仕上げで、一基一基ていねいに手作りされる一品です。


DSC_2160
  FLAT 1や451サイズのミニベロにドンピシャです。


DSC_2161
          普通に横にも置けます。


DSC_2162
  左が700C用のgiraffe + 価格も同じ 15.800円




制作者の鈴木さん(本業はステンレス加工のプロ)のピストをちょっと紹介。
DSC_1947
         フロントディスク仕様のcinelli

DSC_1948
    ブレーキケーブルをポストに通してます。

DSC_1949


DSC_2157
  こちらはファニー風VIVALO。フロントは650だ。




    700C / 20in(451)共に在庫有りです。

AEROSPOKE

お待たせしました、エアロスポ−クのブラックが少量入荷です。



DSC_0904
AEROSPOKE  (フロント) ブラック   58.000円


DSC_0916
エアロスポークも翼形してますのでローテーション方向があります。


DSC_0905


        さらにピストパーツを見る。
                ↓
http://hashirin.com/archives/cat_44374.html

DAHONメンテナンス講座 6

    SPEED  P8  → SPEED  P9  計画



DSC_0839

新車で買ったは、一週間。   もう改造したくてたまらない。




DSC_0838
Speed P8はSHIMANO Acera で8枚のカセットをドライブ。



DSC_0848
     こいつをALIVIO 9  Speedに。



DSC_0844
       カセットスプロケはDeoreXT



DSC_0853   
          チェーン CH-HG73



DSC_2160
   シフターもSRAMからSHIMANO ALIVIO。



DSC_0856
結果、飛び出していたAceraに比べると、かなり内側に追いやれたALIVIO。折りたたみには大変有利。



DSC_0857
        ハンドルバーも変更
   TAIOGA  AL2000  (250g)  2.500円



DSC_0860
  オリジナルのフォールディングペダルから脱着式に
    MKS  Promenado Ezy     8.200円





    オーナーの安藤くん48才(ぼくの同級生)
     
次は、彼にインプレを書いてもらおう。
DSC_0855
昔はモーターサイクルに狂っていた。
古いイギリス製モーターサイクルでクラッシックバイクレースを楽しんでいた生粋の改造マニア。



       彼には、こんな一面も有る。
マラソンが大好きな人をランチュウ(マラソン中毒)と言うらしい。

毎年ギリシャで開催される”スパルタスロン”なるスパルタからアテネまでのなんと246kmをタイムリッミト36時間以内で走りきると言う、普通の人からすると想像もつかない意味不明の大会に2回もエントリーし、しかも2009の年には”28時間26分34秒”のタイムで16位に入賞している。

      世界16位 すごいよね! しかも 48才




    以下にリザルトを示す。(クリックで拡大)
無題
                 ↓
http://www.spartathlon.gr/results.php?y=2009

OSSO

    サイクルモードで気になったモデルを


            OSSO(オッソ)

          (画像クリックで拡大)
DSC_2151
      OSSO 7001CX            95.000円
           カラー:CP ブルー

DSC_2155
      OSSO 7001CX            95.000円
           カラー:CP クリヤー

こいつら、なかなかの強烈インパクトだと思いませんか!
メッキにブルーの超ドハデ、こんなにも目立つ自転車見たことない。

メッキクリヤーは、すごくセンスの良い奴が「自分でカスタムした」みたいな雰囲気。

どちらも自分だけの、お気に入りステッカー貼りたくなってくる。

そう、「何処の何と言うメーカーのバイクなんだろう」そんなの解からなくても良い。(一応トップチューブの端っこに、小さくOSSOとある)

元々これだけインパクトが有るのに、すぐに自分の個性に染められるバイク。  
               ”これは新しい”




DSC_2152
DSC_2153
         こちらの2台は参考出品





              クロスも

DSC_2154





             業務連絡
     「出来したね!営業M氏  また来てね」

Speed P8 / Ciao D5

             Speed  P8  /   Ciao  D5


DSC_0893
    DAHON   Speed P8        69.300円
      8 Speed    Weight   11.6kg

カラーは写真のチタニウムシルバーとレッド/ブラック/ブルーでフレームはクロモリ。2010からはカラーリング変更とみて良い。


DSC_0895
  新しくなったSCHWALBE MARATHON SUPREME



DSC_0896
   ハンドルバーが4cm短くなって540mmに。


DSC_0894
フォールディングペダルが新しく569g(ペア)から448gとチョット軽く。


DSC_0897
サイドスタンド変更。 スタンド付きの全てのモデル(コースターのUNO除く)でクランクを逆回転(バックさせる)するとクランクとスタンドが干渉して必ずキズが付いていたが、スタンド側にプロテクションを付けて対処したみたい。







DSC_0899
       DAHON  Ciao    D5       66.150円
      5 Speed    Weight   12.5kg

 カラーは写真のスレートブルーとホワイト/ブラック。

どうですか?このデザイン、絶対の個性醸し出してます。
ロングスカートでも気軽に乗れてマッドガードも標準装備。



DSC_0902
BB(クランクの軸の部分)が高いのではなく(BB高さはSpeed P8と5mmと変らない)圧倒的にフレームが低いのです。
両立スタンドもうれしい。



DSC_0898
           折畳んチャオっと!



DSC_0901
Stumey Archerの内装5段変速。内装ギヤーは止まっている時でも変速できるので、街中のゴー&ストップの多い所にも向いています。



DSC_0903
この角度から見ると、オシャレなフロントバスケットが絶対付けたくなる。



Ciao(チャオ)はイタリア語の「やぁー・おはよう・こんにちは・こんばんは・さようなら」を一言で伝える便利な言葉。

  買い物にもサイクリングにもオシャレで便利な1台となるでしょう。



DAHON 2011 4モデル限定の試乗会開催です。

  開催期間:11月12日(金)~15日(月)午後3時まで。
     場所:橋輪

 この機会に是非、試乗にいらしてください。
          お待ちしております。

  ※試乗には身分証明書の提示を頂いております。

記事検索
  • ライブドアブログ