DAHON アメリカに帰る

 今までで、間違いなく一番遠くから買いに来たお客さん


DSC_1291
         ロサンジェルス在住のY氏

メールにて予約頂いてたY氏が日曜日に来店されました。

なんとロサアンジェルスから買いに来たと言う。

Y氏曰くアメリカでVECTERシリーズを探されたそうですが、何所にも無いし、何時入荷するかも、全く解からない状況らしい。

どうしても試乗してから買いたっかたそうで、来日。


5月11日 14時55分発 のロサンジェルス行きで持って帰るらしい。


「航空便なので、かなりの過剰梱包で成田に送っときましたー」


アメリカにVECTORが無いってことは、ロスを軽快に駆け抜けるマンゴーオレンジのVECTOR X27hを見たらY氏である可能性が高いかも?


VENOM タイヤ交換

   ヴェノムの試乗車に極太タイヤ入れてみよう

DSC_2552
 SCHWALBE  BIG  APPLE    29×2.00  4.620円
     チューブ  19SV          800円



DSC_2550
    タイヤサイドの白いラインは、リフレクト
_1060891



DSC_2555
        なかなかの迫力でしょう



DSC_2556
  2.00と言うことは、ノーマルの32から50になる
ブレーキアーチも、まだまだ楽勝だけど、太くなるとタッパも高くなるのでバースピンでペダルとの距離が近くなる。2.00ぐらいが妥当かな。



DSC_2557
DSC_2558
           リヤも全然余裕


DSC_2559
タイヤ外径が大きくなった分コグでギヤ比を落とす。15T→18T




DSC_1309

DSC_2554

タイヤを太くした事によるメリットを橋輪サポートライダーの藤井くんに聞いてみよう。

「みなさんご無沙汰してます!藤井です。

 タイヤを太くしたことによる最大のメリットなんですけど、エアボリュームが多くなること。つまり、低圧で乗ってもパンクしづらく、トリックをするときにはタイヤの反発が使えるし、衝撃吸収性も良くなるので、疲れにくい。それに何と言っても、カッコイイじゃないですか!(笑) 

 あとは、タイヤの外径が大きくなることでスピードが乗りが良くなることもメリットですかね。特に前輪を上げたまま走るウィリーの場合、外径の大きなホイールが回っていることで、かなり安定して走り続けやすくなります。これをジャイロ効果とかって言うんでしたっけ?(笑)

 という感じですかね、まだまだ僕も練習中なので、インプレはまた追って書かせてもらいます!!!」


DSC_2565


    「藤井君、口が一文字になってるよー」

お帰りなさい

   新潟への旅を終えて今まさに帰ってきたY君


DSC_2563
  共に頑張った愛車はMASI SPECIALE RANDNNEUR



DSC_2561
       走破したルートを説明するY君



DSC_2562
 3日半の行程で走行距離は実に703.01kmにおよんだ


DSC_2564

  帰って風呂でも入って、冷たーいビールやりなー!

              ”お疲れー”

         「彼、まだ19歳だったっけ」

凄いこと発見

5月1日のヴェノムの記事を見返してたら凄いこと発見しちゃいました


下の5枚ある写真の真中にポインターを置いて、そのまま素早く上下にスクロールしてみよう。




         早速、回して見ましょう・・・・右回転




DSC_1313
DSC_1314
DSC_1315
DSC_1316
DSC_1313



       「くだらねー、超ローテク」

でも、にやにやしながらいつまでもやってる君が見える。

RALEIGH CRR


   RALEIGHのフラッグシップモデルご紹介


        (画像クリックで拡大)
DSC_1272
 RALEIGH  CRR  Carlton-R           199.500円
       橋輪プライス         179.550円
    カラー:グロスブラック / マルーンレッド
       フレーム:レイノルズ631
      フォーク:カーボンエアロブレード
   コンポ:SHIMANO ULTEGRA 2×10SPEED




DSC_1274

DSC_1280

DSC_1276

DSC_1275

DSC_1277

DSC_1279


DSC_1278

カーボンモデルがラインナップから消えた2011は、このCRRがラーレーのトップモデルとなりました。やはりラーレーといえばスチールバイクか。


ULTEGRA フルインストールでこの価格は、他には無いと言える。

カスタムギャラリー

     久々カスタムギャラリーは、Yさん

DSC_1264
                            FUJI   CRASSIC   



DSC_1265
 BREVのリヤホイールにパナのリブモ700×28Cレッド



DSC_1266
       フロント、エアロスポーク

サドルはgrungeタービンサドル、同じくgrungeフラットペダルネオのレッドにHOLD FASTのブルー。



DSC_1268
RIZING のライザーバーをナックルステムでセット。
グリップはBREVノンフランジ、MX122レバーのレッドにアクセントの赤アウターケブル。



DSC_1267


VANS "OFF THE WALL" の三連ステッカーがいいね!

被災地より

本日、定休日(火曜日)だけど”やってまーす”と書いたら

DSC_2542
  なんと宮城からパーツ買いに来てくれた、Nさんです


       「家とか大丈夫だったんですか?」

「家の前の道路まで津波が来たんですけどギリギリセーフでした」

            「よかったっすねー」

「ノーマルホイール持って来たんですけどタイヤ入れ替えてもらえますか」

   「OKです。おっ、これはFUJI の TRACK 1.0 ですね」

                「はい」

                てな訳で 

   HED  H3  トラック フロント   98.000円
   RIZING       トラックバー      6.300円
   RIZING       コブラステム      7.350円
   etc・・・・・・・・・・

   などお買い上げいたっだき、 ありがとうございました。


   速攻、取付たかったらしくトンボ帰りして行きました 

             「すげーゃ」  

FUJI COMET 入荷

   コメットのホワイトとブラウンが入って来ました


DSC_1290
        FUJI  初のミニベロ コメット


DSC_1299
     FUJI      COMET                    69.300円
     橋輪プライス         62.300円
   カラー:ホワイト / ブラウン / ブルー / ピンク
      フレームサイズ:470mm / 520mm


DSC_1297
          マーキュリーホワイト
DSC_1298






DSC_1287
          ジュピターブラウン
DSC_1296





DSC_1288
    フロントディレーラー:SHIMANO FD-2200
        チェーンリングは、52 /42 T


DSC_1289
    リヤディレーラー:SIMANO  SORA
     12-25Tのカセットは8 SPEED



DSC_1292
2フィンガーのセーフティーレバー付きで、ポタリングには欠かせないアイテム。シフターはヘッドチューブに付いたダブルレバー、独特の操作感が楽しい。


DSC_1295
ブラウンには、スエードっぽいサドルシートが付く。その外バーテープの色や材質もカラーにより異なる。



DSC_1293
ホイールサイズは451を採用。ストレートフォークとあいまってスマートなフォルムを醸しだしている。



DSC_1294
リムハイトは32mm。ゴールドのニップルがおしゃれだ。
ルーベ譲りのチェーンステー


他のカラーの入荷は、5月半ばぐらいになりそうです


   ※試乗車はピンクの470mmを予定してます。



明日、火曜日は定休日ですがショールームは
                                                 AM10時からやってまーす

FUJI VENOM 入荷 3


                                  番外編 2


    部品代 1.820円でバースピン仕様にする方法


DSC_1322
TIOGA    フリースタイルアンカーセット   1.200円
GIZA       ブレーキアウターケーブル      320円
UNEX    MTBインナーケーブル        300円



DSC_1323
ステムの締め付けボルトは、そのままでOK。
オリジナルのアンカーキャップを外します。次に、フォークコラムに埋め込んであるスターファングルナットを叩き抜きます。(ヴェノムの場合、コラムとタイヤの間が離れてるのでホイールを外さなくとも下から出てきます)


DSC_1324
セットのスターファングルを規定の高さまで打ち込みます



DSC_1325
  アンカーキャップを穴あきボルトで取り付けます



DSC_1308
この穴からアウターケーブルを入れてコラムの下から出し、Uブレーキへつなぎます。



DSC_1311
ブレーキケーブルの曲がりが、きつくならないよう長さを決めタイラップでフォークに止めれば出来上がり。



     早速、回して見ましょう・・・・右回転



DSC_1313
DSC_1314
DSC_1315
DSC_1316
DSC_1313


今ならヴェノムお買い上げの方に工賃無料で取付キャンペーン中!

         ”後は、練習あるのみ”

FUJI VENOM 入荷 2

   今日は、ヴェノムの細部を見ていこう

DSC_1293
 フレーム:オーバーサイズ カスタムバテッド クロモリ



DSC_1299
内々で85mmの幅を持つ(Uブレーキ内々は60mm)ストレートフォークをインテグラルヘッドでSET。



DSC_1298
     ブロックステムに低めのライザーバー



DSC_1297
フォーク裏に取り付けたUブレーキ、前からだと殆んど見えない



DSC_1295
   極太タイヤを想定した大アーチキャリパー
サドルは、クラッシュ時にシート切れから守る樹脂のガードが回ってる



DSC_1296
  RIZINGのロゴが入るハブ、フリーギヤの装着も可能
DSC_1303





DSC_1302
贅沢にも中空シャフト2ピースクランクをインテグラルBBでSET、チェーンリングは42T(コグ16T)
DSC_1300





DSC_1304
タイヤサイズは700×32Cで45までは、行けそうだ。クリアランスのマージンにシートチューブ裏が、えぐれてます。





              番外編


DSC_1284
           リヤブレーキを

DSC_1305
          反対に付けると

DSC_1306
              いい感じ





明日は、部品代 1.820円でバースピン仕様にする方法を

DSC_1309
記事検索
  • ライブドアブログ