柏祭り

        7月23・24日 柏祭り

DSC_1416
本日、柏祭り初日、埼玉からI夫妻が  Vector X10を買いに来てくれました。
2台で走ったらカッコイイだろうなー。

     Vector X10            186.900円
      橋輪プライス       168.200円      
                 Weight  9.2kg
             Folding Sizu W74×H66×D37cm
                                10 SPEED
     オーソライズドディーラ限定モデル

       Vector  X10 も残すところあと4台


DSC_2658
      で、僕はとと言うと焼きそば当番

    店は、早じまいぎみですがやってまーす。

FUJI VENOM

                          FUJI   VENOM

DSC_2608
        ツイステッドスポーク



DSC_2646
    橋輪サポートライダー藤井君のベノムです


DSC_2647
      フロントフリーのレフティー仕様



DSC_2650

DSC_2648



DSC_2649
      変なヘッドバッジ付けてます


DSC_2651

M氏率いる”悪路固定クラブ”なる集団があって、明日みんなで山へ走りにいくそうです。
(そんでランドナータイヤをチョイスか)

新車なのに泥どろになって帰ってくるんだろーな。

その様子は来週の火曜日ブログ当番 藤井で。



KIMORI プロジェクト 6

メッキバージョンのCOLOSSUSが上がってきました


DSC_1411
クールです。グリーンランドの氷河のようです。(青い箱に入ってきただけですけど)


(画像クリックで拡大)
DSC_2637


DSC_2638


DSC_2641
わがままを貫いてメッキしたパーツをKIMORIに送ってアセンブリーして頂きました。

心配してたメッキの厚みによるクリアランスの問題もスモールフランジは、全てOKでしたが、スイングアームピボット部では、かなり精度を出してるようで動きが渋くなったようです。

ブッシングの方を削ってセットアップしてくれたみたいです。(お手数かけました)



DSC_2642
DSC_2645
フレームカラーはソリッドのホワイトにシルバーメタリックのロゴ。(ロゴとラインはデカールではなく、マスキングによる塗装となっている)



KIMORI プロジェクト3で描いた通りのイメージとなりました。

「木森さん、ありがとう」


DSC_1414

さて、この二匹 どう仕上げてやるべきか?


        

久々、収納シリーズ アメ車編

CORVETTE  ZO6

DSC_2625
コルベットの中でもスーパースペシャルバージョンらしい



DSC_2620
こいつにDAHON  DASH  X20
ピックアップトラックなみのラゲッジスペースだ。



DSC_2621




(画像クリックで拡大)
DSC_2622
これがそのZO6
車の左後ろに写ってるのが今回DASH X20を購入されたオーナーのSさん



たまたま通りかかったマイケル。(FUJI TOMATO買った人)ドライビングシートに座らせてもらいご満悦。
本人もコルベットマニアでアイアンバンパーのクラッシックコルベットを所有するが、このZO6だけは、憧れの1台だそうだ。
DSC_2626

アメ車ってこんなに回転上がんの?
是非、スピーカーの音量を最大にして見てください。
                 ⇓

  http://www.youtube.com/watch?v=b7klNsxos4A&NR=1

あっちー!


皆さんこんばんは。


この猛暑、如何お過ごしでしょう?


火曜日担当の藤井です!


IMG_0839

一昨日の日曜日、お店のお客さんでトライアルの練習仲間の方に、練習に連れて行っていただきましたので、その模様を。


今回は贅沢に、動画2本をお届けです!



http://vimeo.com/26620369


しかしながら、ハードに攻めすぎて、軽く鞭打ち&熱中症気味・・・。


皆さんも自転車に乗るときは熱中症対策お忘れなく。



さらに詳細はこちらから↓

http://www.tubagra.com/modules/xpress/?p=1659



KIMORI プロジェクト 5

まずは、ケツから行きますか

DSC_1407
ハンガーに有るリヤスイングアームのピポット部。



DSC_1406
チェーンステーとシートステーの結合に、なぜピロボールが必要なのか?


ハンガーからリヤアームがスイングするのは、モールトンなどと同じ

モールトンは、ハンガー部のみで支持されていて、リジットのシートステーがシートチューブ後方に付いたラバーコーンを押し潰す事によるサスペンションとなっているのに対し、KIMORIはマウンテンバイクの設計から来てる為に、ショック取付部でリヤアームの横方向の捩じれまでも支持しようと言う観点からこの様なサスペンションレイアウトとなっている。

で、なぜピロボールが必要なのか?

「見りゃ解るだろう」 解るんだけど、実際にストロークしたときのエンド側の挟み角がどう変化するのか知りたい。

DSC_2627
特殊なスケールを使って検証してみる。

DSC_2628
スケールの90度に曲がった末端をピポットの穴にセットして、反対側をショックの取付位置に合わせます。

DSC_2630
そしてサスペンションをストロークさせて行きフルボトムの位置まで動かします。(実際にはこんな所まで動く事はないが1cm位では解らないので)

DSC_2631
でもって、その角度を保ちつつチェーンステーと平行まで戻します。

するとどうでしょう、エンドの挟み角はストロークするに従い広くなっていく事が解ります。

「なんでこんな事やってっかって」

僕の場合、頭の中だけでは考えられないんです。


DSC_2632

まだまだ不思議が詰まったCOLOSSUS



誰かSL(蒸気機関車)が、何故、前進したり後退できるのか図解で教えてくれる人いませんかー?

足踏みミシンなら予めハンドル回して弾み車を正回転させておいて踏み始めればいいが、ピストンが前後してるだけのSLでは、駅で止まって再出発する際に、ピストじゃないけどクランクが変な位置にあったらバックし始めるんじゃないかな。

”支点を変える”てーのは解ってんだけど。以前、神田にあった交通博物館にその展示(ボタンを押すと一定の時間だけ動くやつ)があって、ハンドルを操作すると前進後退の切替が出来るようになっていた。

でも何度ボタンを押しても前進しかしない。何故かと言うとハンドルの握り部分は、そうとういじくり回されたのか塗装が完全に剝げてるにもかかわらず、展示物全体が透明のアクリル板に囲われておりハンドルに触ることすら出来ないのだ。



お台場にて、「仕事も Blog も さぼりDAY 」言い訳編 【橋輪Blog】


FUJI TRACK 1.0

 うちのお客さんの中で、”ピスト”一番本気で乗ってる人


DSC_2609

ロードも所有するが、最近はもっぱらピストにはまってるO氏
全快で走ってきたようで、お顔はちょっと疲れ気味。



DSC_2610
                                リヤ HED H3


DSC_2611
      フロント SHAMAL ULTRA


DSC_2612
      本気の人はビンディングです



DSC_2613
         コグは15Tから14Tに



DSC_2614

           お疲れ様です。

        ふくらはぎ結構スゴイです。


KIMORI プロジェクト 4

塗装バージョンのCOLOSSUSが上がってきました


DSC_1394
カラーはソリッドのブラックにオレンジロゴをリクエスト。ロゴは、デカールを使わず塗装による物。



DSC_1393
KIMORI  COLOSSUS フレームSET  525.000円
(ソリッドカラー塗装含む)
フレームサイズ:470 / 500 / 530mm



まずは、各部をとくとご覧あれ

(画像クリックで拡大)
DSC_1395



DSC_1398



DSC_1401



DSC_1400



DSC_1402



DSC_1403



DSC_1396



DSC_1399



DSC_1397



DSC_1404


ん・・・・・100時間ぐらい眺めて、いじくり回さないとコメントが書けない

STRIDER 入荷

                   ストライダー入荷です

DSC_2611




DSC_2610


ずーと欠品中だったピンクとイエローが各10台入荷です。



DSC_2609


        現在全色揃ってまーす

KIMORI プロジェクト 3

どうしても やりたかった事


DSC_2603



(画像クリックで拡大)
DSC_2605
木森さんには、「あんまりオススメしません」とは言われていたんですけど。

どうしてもやってみたかったので強行しました。

結局の所、稼動部分には全てブッシングが入る訳でメッキの厚みが何μm付くのか解りませんが、そいつが悪さをしないか?て事なんです。

メインフレームが塗装のホワイトで、COLOSSUSのロゴがシルバーメタリック。そしてフロントフォークとリヤスイングアームが、クロームメッキ。

頭の中では既に、このフォルムが出来上がっているのです



記事検索
  • ライブドアブログ