カスタムギャラリー

2011 FUJI STRATOS RHくんエアロスポークいきました


          (画像クリックで拡大)
DSC_2382
納車の時、”かなり危なっかしい”と思った矢先にコケタ(走り出して1m未満)Hくん、結構乗り込んでるみたいで、今度はカスタムに走り始めました。




DSC_2383
どうですか、このど迫力。ホイールのインパクトが強すぎて、もはや
ストラトスの面影は無い。
サドルは Dixna アキレスサドル ホワイト 3.800円




DSC_2384
AEROSPOKE          フロント ブラック 58.000円
GranCompe ファーストスタック ホワイト 23C 2.800円


お次は、リヤにSHIMANOから新しくリリースされた完組みホイール
RS530-A ホワイト(ホワイトリムにブラックのハブ・エアロブレードスポーク)を予定し、現在入荷待ち。




        徹底的に白黒にこだわるそうです。




      「喜び勇んで、忘れ物ですよー」
               ↓
DSC_1172

UNOインフルエンザ

             感染すると、
タイヤがパンパンに腫れ上がる"UNOインフルエンザ”が、
       Mu P8 にも感染拡大しました。


DSC_2376
DAHON Mu P8+SCHWALBE  Big appie lite skin      
  
20×2.15 (505g)   4.930円 ケブラービード

    Big appie 2×2.00より30gも軽い。

Muは細いタイヤが似合うとばっかり思っていましたが、これがなかなか迫力もんでカッコイイです。



DSC_2375
Mu P8は20×1.50のタイヤが付いてきますが、今回はシュワルベのビックアップル ライトスキンの20×2.15を、前後に入れてみました。

ライトスキンはケブラービードで軽量な為、これだけ太くしても1本あたり118gの重量増にしかなりません。





DSC_2378
タイヤを太くすると、抵抗が増えて重くなると言われてますが、転がり抵抗とはタイヤ接地面の変形の繰り返しであって同じ空気圧であれば、(ハイプレッシャータイヤ除く)太いほうが変形が少ない分抵抗は少ない。
(むしろ投影面積拡大による空気抵抗が増えてくる。(29.26inならともかく20inじゃあまり・・・)

しかもBig appieはトレッドが浅いので、更に変形が少ない。(でも接地面は広いので耐摩耗性は良い)



DSC_2379
心配だったチェーンとの干渉だが、ロウにシフトして一番タイヤに近い状態でもクリアランスは確保できた。



DSC_2380
    Vブレーキフォークの為フロントも楽勝
UNOの場合、キャリパーブレーキでフォークが短い為、2.00サイズが限界。       
          UNOインフルエンザとは?
                ↓
   http://hashirin.com/archives/cat_34428.html




  こちらは、”自転車病”に感染したオーナーのK氏
DSC_2381
サスペンション付きの小径車が欲しいとの要望により、こうなりました。

重量も増え、後々メンテナンスも必要になってくるショックアブソーバーに変り、エアボリュームの大きいタイヤで吸収してやろう、てな考えです。



    しかし、DAHONだけでも 3台目 ですから!

PORSCHE BIKES 4

    セパハン(セパレートハンドル)の秘密


DSC_1153
          正にセパハンです
   MHL Towel 100 タオルグリップ   1.900円
    カラー:ピンク/ブラック/レッド/ホワイト/ブルー

PORSCHE BIKE FS は MTBとして作られた為に、オリジナルは1本物のフラットバーハンドルが選択されてました。
そうです、トップブリッジから立ち上がった二つのハンドルクランプが真正面を向いていて、  するとバーがくっつきます。

   「これ、真中からぶった切ったらセパハンになんじゃねぇ」

              てな訳です。




「殆んどのパーツを作り出している」とかきましたが、とにかく凄いんです。
このフォーククラウンだけでもCNC削り出しによって製作されたパーツ全16点で構成されています。

DSC_2372
DSC_2373
      トップブリッジの構成部品です。
これがアッパ・ーロアーで2セット、普通ダウンヒルバイクなどで使われるダブルクラウンフォークはロワークラウンにスチールのコラムが圧入されていますが、重量増を嫌ってスリットの入った薄手のアルミパイプをクラウンとし、手前側のテーパーのついた3ヶの部品でアッセンブリーされています。




DSC_1166

       「またがった感じはどうかって」
ぼくの182cmの身長に合わせてサドルは、チョット高め、そのくせハンドルは物凄く近い。(ロードバイク乗りの人から怒られそうなくらい)

「かつてのHONDAの名車 ”RC 30" のライディングポジションと全く一緒です」 (何時も例えがオートバイですいません。モトモト、モーターサイクルの世界にいたもので)



    コ−ナー曲がる時、IN側の膝開きたくなりまっせ!






       ボトルケージの取り付け位置
DSC_1158
走行中は、あまりにも危険な為、ボトルを取る気がおきません。

             て言うか、ムリ。

PORSCHE BIKES 3

 コンポーネント(ブレーキ/ハブ/F.Rディレーラー)は、
         SACHS(ザックス)を使用しています。


DSC_1157
  クソ重い油圧ディスクブレーキがついています。
1980年代のDUCATIなどに使われた、分厚い(現行SHIMANOの倍ぐらいの厚さ)鋳鉄ローターで、キャリパーは片押し式のアルミの塊だ。
でもピストンにダストシールが付いてます。
古き良い部品。(今は全てピストンがむき出し、パット交換の度に汚れたピストンをキャリパーに押し戻すのは、耐え難い)



DSC_1162
すこぶる回転の良いハブ、ちょっと磨いたらハイポリッシュがよみがえった。




DSC_1163
         フロントディレーラー

DSC_1161
          リヤディレーラー
3×8のメカもSACHSで良い材料でいい仕上げ、これもビカビカ。




DSC_1155
        こちらマスターシリンダー
ショートタイプのブレーキレバーも綺麗です。(アルミの材質が悪いと、どんなに磨いても光らない)

奥に見えるSRAMのトリガーシフターですが、オリジナルはグリップシフターが付いており、こいつが手の皮が”脱げる”かのごとくクソ重で、前オーナーが手放すきっかけとなったのではないかと推測する。
SACHSの自転車パーツ部門が無くなった後、SRAMに吸収されています。
「て事はSACHSの技術者がSRAM作ってるのか」と勝手に重い込み、アセンブルしてみると、ちゃんと同期しました。(SHIMANOだと2段とびになります)





            次は、セパハンの秘密を。

PORSCHE BIKES 2

            ゲテモノ解説


DSC_1156
70年代のYAMAHA TZ(ロードレース専用のモーターサイクル)の様なフロントフォーク。
すべてCNC加工により製作されていて、サスペンションメーカーが作った物ではない。
MTBとして設計されたFSは、本来それなりのストロークが有るが、前オーナーによりスプリングが抜き取られ完全にボトムした状態にある。
(サスペンションとしての機能は無くなってるが、これが独特のフォルムを醸し出している)
左右のアウターチューブをつなぐ、ごついスタビライザーは裏側がガッツリ肉抜きされている。

ブレーキホースを停める為に取付けたパーツはTOKENでクランプとスライドを選べる優れもの。

リムはRizidaのポリッシュで、この頃26inのディープリムはこれしか無かったらしい。





DSC_1154
リヤアーム上下をつなぐトラスもCNCで作られパイプと溶接される。

リヤショックはFOXが付く。「どうせだったらビルシュタインにして欲しかったな」





    コンポーネントはSACHS(ザックス)を使用しています。

             次は、このへんを。















PORSCHE BIKES

    ぼくの”ゲテモノチック”なバイクを紹介。


DSC_1165

DSC_1159
ヘットチューブと同じ位の太さを持つダブルクラウンフォークの間に見えるのは、小ぶりながら本物のポルシェのエンブレム。







DSC_1151
                 PORSCHE BIKE FS (MTB)

2009年の12月に入手しました。年式は不明ですが楽に10年以上前のモデルだと思います。
ポルシェと言いましても同じくドイツのSTORCK(カーボンバイクで有名)社が製造。
この後フレームデザインなどを変更し、カーボンバイクへと進化して2007年に生産終了となる。

斬新なデザインも魅力だが、すごいのはBBとコンポーネント以外の殆どのパーツを作り出してる所だろう。




         明日は、この”ゲテモノ”の詳細を。




 





















ROUBAIX COSTOM(ルーベカスタム) 

     はじめは、ピストを買おうとしていた。


雑誌でルーベカスタムを見て、一目惚れ。身長182cmのTさん、あちこち探すが大きいフレームサイズの在庫が何処にも無く、やっと見つけました。

※これにて56サイズは完売となりました。54.52.49は在庫有り。


DSC_1168
ROUBAIX COSTOM(ルーベカスタム) 102.900円
             
橋輪プライス      92.600円
            フレームサイズ:46/49/52/56cm
           カラー:オーロラホワイト(ゴールドロゴ)




ルーベカスタムには、ペダルが付属しませんので関連パーツをチョイス。
DSC_1164
   Tさんが選んだのは、こちらの真っ白仕様。

bazooka    ピストペダル  PCホワイト 3.600円
SOMA   Oppy×4ゲートトークリップ   4.150円
SOMA   クラッシックWトーストラップ   5.300円
アミューズライト W ホワイトLED          1.600円
ANTAREX  テールランプ RED LED  2.100円
tate         フォールディングロック     2.900円

DSC_1165

DSC_1167

DSC_1166

DSC_1170



          ありがとうございました。




     ROUBAIX COSTOM(ルーベカスタム)
                   ↓
   http://hashirin.com/archives/1141096.html

すごい動画、発見

 橋輪サポートライダー藤井君も真っ青! いかれてます。


SPECIALIZED P3

  スペシャライズド イレギュラーで1台のみ入荷。


DSC_1158
   SPECIALIZED    P3     170.000円
             35% OFF         110.500円


DSC_1159
   FUSE SL 2pc クランク、CNC Cutの28T

DSC_1161
       ブレーキはAvid Elixir 4

DSC_1160
        リヤ140mmローター、コグは13T

DSC_1162
    フロント160mm、サスMarzocchi DJ1

DSC_1163



             1台のみです。

オレ間違ってかな〜

バイシクルクラブ誌を買ったら
ガールズケイリンの付録が着いてきたんですわー。


DSC_2368
ペラペラ見てますと、なんかオカシイんです。



DSC_2370
フレームはそれぞれなのですが、ホイールはレギュレーションで決められてるのか皆同じなんです。 フロントにはHEDH3が使われていますが、これが問題。

全員バルブが左側を向くように装着されてます。「これって反対じゃね」

どうにも気になってJCF(日本自転車競技連盟)に問い合わせた所、北京にて1月21日〜23日に開催されるUCIトラックワールドカップにメカニックが同行し不在の為解からないとの事。



もしも、こっちが正解だったらオレは嘘つきだ。

http://hashirin.com/archives/1083480.html

http://hashirin.com/archives/1084850.html



ぼくが正解だったら好みの選手に、
そっと教えてあげよう。

「前輪、ひっくりかえして付けてみな、タイム上がるぜ」



PS  もっと凄い事見つけちゃいました。
流石に、このネタはインターネットには流出できないので、知りたい方はお店で。(うちのシュンが詳しい)
記事検索
  • ライブドアブログ