1台のみ

        ターコイズカラーのストライダー


DSC_1209
     STRIDER  LIMTED EDITIDN   9.800円

  あっという間に完売した限定のリミテッドバージョン。

 本日、1台のみ入手出来ました。もう二度と入ってきません。



    お店の奥に隠してありますので
             「ブログ見ました」と言ってください。

          「早い者勝ちでーす」



橋輪ホームページのトップに”アイテム”ボタンを設けました。今までの記事から、もう一度見たかった製品が探しやすくなりました。  


DAHONメンテナンス講座 9

         フロントハブのシールドベアリング組付編


昨日の分解編に続き、ベアリングを組み込んで行きますが、今回は特別な工具は一切使わずに


            こいつを使って

                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・



DSC_2490
クイックレリーズを特殊工具として使います。上のタケノコバネは、外しておきます。
まず、ベアリングにリテーナーを通しておきます。



DSC_2491
   次に、クイックシャフトを通してハブに入れます



DSC_2493
反対側には、リテーナーのみを段付き部分に入れてクイックナットを掛けておきます。



DSC_2494
クイックレバーを開放の位置にしてクイックナットの方を手で絞めこんでいきます。
手で絞められなくなったらクイックレバーをロックの方向にグイッと倒します。
これでベアリングがハブに少し圧入されます。

もう一度クイックレバーを開放するとナットに遊びがでます。
そしてナットを締め込み、またレバーを倒す。

これを2.3回繰り返し、いつもの力でレバーを倒しきったらベアリングは段付きの位置まで圧入完了です。



DSC_2484
      きれいに収まったベアリング




            次に反対側も
DSC_2495
同じくベアリングにリテーナーを通し、アルミカラーもセットしておきます。



DSC_2496
     同じ要領で圧入していけば完成です




            クイック一言
DSC_2497
タケノコバネの向きに注意してね、細くなってる方が内側ですよ。
   (反対でフォークに組むとバネがへちゃむくれます)



これで分解、組立が終わりましたが、シールドベアリングはグリスアップが出来ませんので、異音やガタが出たら交換になります。



※昨日の分解編の最後が、うまく伝わらなかったようで編集しました。

DAHONメンテナンス講座 8


    フロントハブのシールドベアリング


DSC_2481
「Muのフロントハブをグリスアップしようと分解したものの、元に戻らなくなりました」との依頼で、この期にフロントハブの分解を。


DSC_2487
まずは、両側に刺さってるリテーナーを傷の付かないプライヤーかウエスなどをかませ引き抜きます。



DSC_2488
6mmのシャフトで反対側のベアリングを打ち抜きます。
注:必ずベアリングインナーレース内径にピッタリと入る6mmのシャフト(そこらへんにある6mmボルトではダメ)で打ち抜いて下さい。(切れなくなったドリルのきり6mmで代用可)

業界では一般に、インナーレースを叩いて抜いてはいけない(ベアリングを新しくするなら別)プレス又はプラーで押し出すのが常識だが、ベアリングとハブの嵌め合い効さの問題で、自転車のハブの場合それほどきつくはない。
(ハンマーで、力無く2.3発叩けば出てくるので殆んど影響は無い。
・・・・とぼくは思う)


「でえもさー、なんでこれで打ち抜けんのよ、こっちから入ったなら向こう側もスカスカじゃん」



DSC_2485
         ベアリングが抜けたハブ
   内側の段差にアウターレースがセットされる。




DSC_2486
ハブの構成部品(真中のアルミカラーの左にもベアリングが入る)

      「でもって、なんで打ち抜けたかって」

ベアリングの内径とアルミカラーの内径が6.26mmで、カラー内側の真中らへんが段付きになっていて、ここを6mmシャフトで押すとカラーに反対側ベアリングが押されて出てくるという訳。

      カラーの断面図 ↓
BlogPaint

           次は、組み付けを。

新しいCOG マガジンが届きました

   フィックスドバイク満載のCOGマガジン ♯9


DSC_1207
    500円にて販売中(書店には有りません)

THE KEIRIN STORY のコーナーでは日本のGIRLS KEIRINを特集。


DSC_1208



DSC_1209

バックナンバー♯8と二冊買うとCOGステッカーげちゃいます

FUJI TRACK 2.0

   Sさんのオーダーは、ぼくのTRACK PRO仕様


DSC_1200
         それでは組立に入ります



DSC_1201
       いきなりカーボンホイールです



DSC_2499
  HED H3 TRACK  クリンチャー   98.000円
            アルミナットも赤で



DSC_2498
TRACKシリーズにはペダルが付属しませんのでbazookaピストペダル(ホワイト)にSOMAダブルトークリップ(ブラック)、ダブルストラップ(ホワイト)の組合せ。



DSC_2497
   FUJI TRACK 2.0         126.000円
    橋輪プライス            113.400円

 HED H3 TRACK  クリンチャー   136.500円
    橋輪プライス             98.000円


定価だけ見ると完成車価格よりフロントホイール一本の方が高い。

           しかし、これも有り!




          (画像クリックで拡大)
DSC_2501
     左2011 TRACK 2.0       右2010 TRACK PRO

             おそろいです


  Sさん 出来ましたよ」 水曜日おまちしてまーす。

コレクション放出

      3 RENSHO 三連勝の新車です



           (画像クリックで拡大)
DSC_2441




DSC_1184




DSC_2435




DSC_2440




DSC_2442




DSC_2443

       3RENSHO 三連勝 Athlete     ASK
           フレームサイズ560mm



1990年代のモデルと思われる新車です。さすがにチューブラータイヤとバーテープは交換しました。 コンポはshimano 600。

                        



FUJI CLASSC

    今日は、CLASSCをやっつけます


DSC_1193
   けっこう乗り込んでるらしく、薄汚れてる。
むしろ、薄汚い。パーツ組む前にまずフレームをピカピカに。
      「みんなもっと自転車みがこうよ」




             完成がこちら



           (画像クリックで拡大)
DSC_1194
     今夜のカスタムギャラリー登場はM氏



DSC_1195
    最初の写真と同じ自転車に見えませんよ




DSC_1196
グランコンペハブにベロシティーB43のマットブラック
タイヤもグランコンペのホワイトで。



DSC_1197
  フロントはBREVのホワイト(完組 15.500円)



    次は、チェーンリングあたりいきたいね

”GIOS アンピーオ”イメチェン

 「ジオス乗ってるんですけど、ガラッとイメージ変えたい」


DSC_2492


           「ホイールだね」



          (画像クリックで拡大)
DSC_2498
   SHIMANO  WH-R530-A  フロント 12.280円
                  リヤ   14.420円
           フロント:16H  リヤ:20H
      カラー:ブラック / ホワイト
    (リムテープ/クイックリリース付属)


   新発売のハイパフォーマンス完組ホイール

DSC_2507
    今までシマノでホワイトは無かったもんね

DSC_2504
          ラジアル組みのフロント
    スポークは2.0-1.8-2.0のエアロブレード


DSC_2505
リムハイトは30mmでカセットは8/9/10スピードに対応




         オーナーのKさんです
DSC_2503

          バッチリ決まったね!

真っ白STRATOS に色つける

 FUJIは最近白いパーツが好きだ。でも汚れる、汚れたら


DSC_2469
          変えちゃいましょう




DSC_2371                                 
 Panaracer      RiBMo-S   700-28C     2.900円
カラー:レッド / グリーン / パープル / グレー 
     オレンジ / ブルー / ピンク / ブラック / ホワイト

トレッドのセンター部が尖っていて厚い構造になっている為、衝撃吸収性が高く、多少路面が悪くともストレスを感じません。
しかもグリップ抜群。
ピストのリヤでスキッドした場合、普通のタイヤの倍近くもちます。

DSC_2488
DSC_2486
    サイドウォールがホワイトで、とても爽やか



DSC_2485
       前後で色変えちゃうのも今流、
DSC_2491
    グリップも新品、ライトの紫も合ってます




         こちらオーナーのSさん
DSC_2482
       「超カワイくなった」 と大喜び

    自転車ってタイヤの色で雰囲気変るね「楽しいね」



               
                 
  

STRIDER マイナーチェンジ

  ストライダーが、ちょっぴりデカール変更しました


DSC_1220
DSC_1224
よーく見るとロゴの縁取りが違います(まだ旧ロゴのカラーも有ります)
DSC_1221
DSC_1225
キッズランニングバイク     STRIDER   9.800円


DSC_1229
    ストライダースタンド      2.500円



              
                 
  
記事検索
  • ライブドアブログ