大会レポート!


こんばんは。火曜日担当の藤井です。

今回は、先週土曜日に富士見パノラマにて開催されました「MTBファンミーティング」内のMTBストリートコンテストなるものに出てきました

内容はバニーホップとトリックコンテストでした。(写真が少なくてすみません)

000
自分にとってはかなり久々の大会でしたが、とても良い経験をさせてもらえたなぁと思っています。

なぜなら・・・(詳しくはこちらに書きました。長々と文章だけになってしまいましたが。)


それでは結果のご報告を。

バニーホップコンテスト、90クリア。(95僖リアならず) 95以上を跳んだライダーは確か4人でした。優勝したライダーは1メートルを跳んでます!

トリックコンテストは7位でした。(19人中) まだまだたくさんの課題を残しつつも、他のライダーのライディングを生で見れて、とても勉強になりました。


写真が少なくて本当にすみません。

オマケといってはなんですが・・・。


03

photo by samo TUBAGRA
伯爵と。(敬称略)

KIMORI プロジェクト 8

コロッサスなサスペンション

DSC_1441
今日は、フロントサスペンションの作動を検証する。



DSC_1438
フロントまわりに特殊な測定器具を装着されたコロッサス。



DSC_1431
どの部品が一体化していて、どの部分が動いて、どの部分で支持してるかを見極める事が大事。
今、ハンドルが真っ直ぐな状態で赤いラインを引く。



DSC_1433
ショックアブソーバーのボトムの部分に付くピロボールと取付ボルトにもライン。


ハンドルを左にきると


DSC_1435
Aのパーツと下のピロボールで支持しているのが解る。
それ以外のパーツは一体になって回っている。


DSC_1436
Aの部品にはベアリングが仕込まれていて、フレームに支持されるも、インナーチューブ(黒く見えるシャフト)とは回転できるようになっていて、かつ上のアッパーアームの取り付く部品とも上下に首振りは、しつつも一体になっている。

「だんだん難しくなってきたっぞー」 「皆さんちゃんと付いて来て下さいねー」

「てーか、説明のしかたが悪いんじゃねー」

ハンドルを切るとどうなるか、ハンドルバーはステムに止まってて、ステムはインナーチューブを摑んでる。

アッパーアームの取り付く部品もインナーチューブを噛んでいるのでハンドルの切れ角と同じに動くアッパーアームがフォークを曲げることになります。

航空機に使われるオレオサスペンションと同じです。



次にストロークです

コロッサスはエアースプリング(コイルスプリングは重いがエアはタダ)と減衰装置にオイルダンパーを使用しています。

エアサスなのでバルブからエアーを抜いてしまえば簡単にストロークしちゃいますので作動確認ができます。

下の2枚の写真を見比べればアッパーアームとロアーアームが作動してストロークするのが一目瞭然で解りますが、実は、Aの部品も上下に動いてるんです。

スポークみたいに見える(いやスポークだ)特殊なデバイスで実験してみましょう。

(画像クリックで拡大)
DSC_1439
サスペンションが伸びきった状態で測定っすると105mmあります。

DSC_1440
フルボトムさせると95mm、と言うことはAの部品が若干上を向く、即ちサスペンションが後ろに倒れる。
したがってAの部品とフレームの接合部も稼動部分であることが解ります。


DSC_1442
実際にBBからクイック中心までの距離を測ってみましょう

サスペンション伸び:475mm

サスペンション縮み:458mm

フルストロークした時の方が短いと言う事はキャスターが立ってる。おかしいぞ!

さっき言った、「即ちサスペンションが後ろに倒れる」だとキャスターは寝るはず?

次回につづく

※木森さん なんか間違ってたら恥かないようメールでこっそり教えといて。


FUJI FEATHER 2012

   2012モデルのフェザー先行入荷します


feather-usa2-color-2-lowres_convert_20110720142104
              ブラック

feather-usa2-main-photo-lowres_convert_20110720142035
               ホワイト

feather-usa2-color-3-lowres_convert_20110720142132
                イエロー

    FUJI  FEATHER            71.400円
    橋輪プライス       64.200円
フレームサイズ:430/490/520/540/560/580cm

     まずは、ブラックが8月10日入荷予定

      今度のブラックは、オールブラック

リム/ハンドル/クランク/ブレーキ・・・・全てオールブラック

今まで”コツコツ”パーツ買ってはブラックアウトしてた方ごめんなさい


         コイツは絶対カッコイーはず

        8月1日(月)より予約受付開始

     ※ホワイト / イエロー は9月の入荷予定



世界限定111台

        FUJI  111周年記念モデル

DSC_2738



DSC_2735

  FUJI  YAIBA   111周年記念モデル  577.500円
    フレームサイズ:50 / 52 / 54 / 56cm


  • Frame
  • Toyo frame for Fuji 111Anniversary 700C Kaisei 8063CR-MO DB
  • Fork
  • Toyo frame for Fuji 111Anniversary CR-MO steel RCR-MO tube lugged fork
  • Head set
  • Tange Falcon FL250C
  • B.B parts
  • FSA BB-7420AL
  • Handle bar
  • Fuji Road DB alloy ANO color
  • Stem
  • Fuji one-pc forged alloy ANO color
  • Wheelset
  • Fuji 700C alloy two tone titanium color
  • Brake set
  • Shimano BR-6600-S
  • Brake lever
  • Shimano BL-R600
  • Front derailleur
  • Shimano Ultegra FD-6600
  • Rear derailleur
  • Shimano Ultegra RD-6600
  • Shihter
  • Shimano Dura-Ace SL-7900 10 speed
  • Crank set
  • Sugino for Fuji 111Anniversary 53/39T
  • Freewheel
  • Shimano Ultegra 10S
  • Chain
  • KMC TI-N gold color
  • Saddle
  • Fuji vintage logo saddle
  • Seat post
  • Fuji 27.2/300mm lugged two tone ANO color
  • Tire
  • Vittoria Rubino pro700×23C
  • Pedal
  • Fuji 111Anniversary logo
  • Top tube cover
  • Fuji vintage logo
  • Saddle bag
  • Fuji vintage logo


  • DSC_2736
    DSC_2740
    DSC_2737
     オリジナルのサドル・サドルバッグ・フレームカバー
    明治32年 111Anniversary の文字が見える。



    DSC_2739
    DSC_2747
    DSC_1430
    美しいラグのトーヨーフレーム。フォークの肩にもFUJI のマークが入る
    デュラのダブルレバー。



    DSC_2742
          フロントディレーラー:Ultegra

    DSC_2743
       Suginoのクランクには111の文字とフジ山


    DSC_2744
            リヤディレーラー:Ultegra


    DSC_2746
                ここにもフジ山


    DSC_2748
    綺麗な曲線を描くクロモリフォーク、スポークはゴールドだ


       見るだけで結構なんで是非ご来店ください

    Vector.Y氏の青森便り

        なぜか今、青森にいるそうです


    橋本さん、

    ご無沙汰しています。
    お元気ですか?
    Vector Yです。
    いま青森の方にいます。

    ところで、下のリンクをみると、Unoのステムを他機種のものと交換する事で、
    下げられるという事なんですが、X27hも互換性あるのでしょうか?
    もしできるなら取り寄せていただけたらと思うのですが、可能でしょうか?

    ちなみに折れる方向からするとJetStreamの方かなという気もしますが、130mmは低すぎるかもしれないかも…
    自分のポジション的にはあと5-7cmぐらい下がるとベストな感じなので。
    でもP8の中折れ式だとX27hだと折り畳んだときにフレームに当たっちゃわないですかね。

    それからもしお願いしたら納期はどのくらいなのでしょう?
    アドバイスいただけたら幸いです。



    と言う内容でありまして、Vector X27hのハンドルをもう少し下げて乗りたいらしい。

    ハンドルポスト長

    1:Mu uno                       390mm

    2:SPEED P8                 280mm〜(インナーパイプカットで)

    3:SPEED PRO TT        370mm

    4:Jet Stream XP           260mm    13.650円


             X27hは360mm。

        それとポストの折れる方向ですな
    DSC_1428
    (あえてVectorシリーズのようにハンドルを180度回転してから畳んでます)
    unoは、左折れなのでVectorのように畳むと外折れになる。


    DSC_1429
    SPEED PRO TT や Jet Stream XP ・  Mu SL などは、  右折れなのでやはりVectorのように畳むと内折れになってしまうので収まらない。


    DSC_1430
    Vectorの場合は、左折れじゃないといけません。しかもブルホ−ンですから立ち漕ぎでギュンギュンやったらクイックでは締め切れず動いてしまうでしょう。
    と言うとMu uno  SPEED P8  はペケ。             

    となるとJet Stream XP か? でもハンドル畳めなくなるけどね。

    DSC_0861
        ま、これでも地下鉄乗れない訳でもない

    もう一つ方法はあるけど。Jet Stream XP のステムを反対向きに取り付ける。
    外折れとなって畳めるが100mm下がってステムが前傾になりハンドルが遠くなったらTTバイクの様になるかも。

    資料にはJet Stream XP  260mmとあるがサスペンション付きにしても、本当にそんなに短かったかなー?

    DSC_1430
            08のカタログでチェック
    対比の計算だ、Xイコール・・・・・・?忘れてる。内向の積と外向の積は等しい(言い方が古い)によると284mmぐらいは有りそうだな?



    DSC_2733
    13.000円から出して合わないステムをムリクリ付けるより、このハンドルクランプの長いの作って下にもってたほうがスマートかもね。


    作ってくれそうな処、知ってまっせー。 

       一人なので大変お忙しいお方ですけど。

    KIMORI プロジェクト 7

    まずは足廻りをアッセンブル


    DSC_2709
    Josepu Kuosac(ジョゼフ クゼ) 99.750円(フロント リヤー SET)
    20in カーボン クリンチャーホイール
    SCWALBE KOJAK    20×1.35 4.090円
    フォールディング(230g)
    SCWALBE  6SV   チューブ 800円
    Dixna  バンテージブレーキ前後SET  15.800円
    SHIMANO capreo  カセット(9・26T)   5.204円



    DSC_2712
    フレーム単体で体重測定 3.68kg(フレームサイズ500)



    DSC_2713
    SCWALBE  バルブエクステンダー 1.200円(2ヶ)
    カーボンディープリムはリムハイト40mmあるので、こいつが必要。
    バルブコア入替用の工具付きで31mm延長できる。




    持ち運びしやすいようハンドルも付けちゃっておこう

    c76045f4-s[1]
    (画像クリックで拡大)
    アルミのむく材から削りだしで作られたステム(クランプ径25.4mm)は相当精度が上げてあり、フラットバーなら元よりドロップバーなんか絶対通らない。

    ドロップを通す方法としては、ステムを車体から外して知恵の輪みたいに入れていくがクランプ部内側のスリット寄り(黄色矢印)が、僅かに削られてるのが解るだろうか。

    これがハンドルの曲がりに対する逃げで、曲がりの内側をスリット側に向けて入れていけばスルスルと行きます。


    DSC_2718
    クランプ部は、流石に精度ギチギチで、NITTOのハンドルツールで拡げようとしても片側だけ開いてしまいダメ。

    考えたのは、下から入っているクランプボルトを抜いて、上から(ねじ山が切ってある方)ねじ込んで行く。ハンドルツールの板の部分をストッパーとして締めこんで行けばプーラーの要領で広がるてわけ。

    DSC_2726
    DSC_2727
    階段降りを目論み太めのスリックをチョイスしたが、チェーンステーが20×1.35でギリギリ。


    DSC_2730
    NITTO   B105AA  25.4(380mm)    オープン円。


    DSC_2728
    「やべ」ブレーキ前後セットで取っちゃったけどリヤ用2つじゃないとだめじゃん。

    やっちったー!


    DSC_2725

    進行遅くてごめんなさい

    ああ、組上がっちゃうのがもったいない!

    FUJI STRATOS R

             閉店間際に来た二人

    DSC_1415
    左オレンジがY君で、マットブラックがK君。2人とも筑波大の学生でノリノリだ。


    DSC_1417

    DSC_1419
    どうしても今日、乗って帰りたい。スペアチューブなどフル装備を買い込みです。


    DSC_1420

             ありがとうございました


    DSC_1421

              気をつけてねー。

    FUJII VENOM


    こんばんは。

    サポートライダー藤井です。


    先日のブログでご紹介されましたが、「悪路固定倶楽部」なる集団と、武蔵五日市の山の中を、このたびサポートしていただいたFUJI VENOMで走って来ました。
    無題


    自転車は多種多様。フィールド、コンセプトに囚われない、とっても自由な集団です。
    _1070666


    僕はVENOMをオフロード仕様にして走りました。(詳細↓)
    _1070719
    全体図、MTBっぽい仕様です。


    _1070721
    レフティでツイスト組み、ギヤ比は1.6!

    _1070724
    フォークの裏側にはUブレーキ。TIOGAのキットでバースピン可能。http://hashirin.com/archives/1319569.html


    山を登ったり下ったり、橋や小川を渡ったり、田んぼや池や川を見ながら大自然を体中で感じて走りました。
    3

    何というか、もともと上手く伝える文章力はないんですけど、最初から最後までずっと非現実的な光景を当たりにしていたからか、記憶がゴチャゴチャなんです。


    ただ言えることは、とにかく気持ち良かった!ということ。


    ということで、最後にたどり着いた滝にて。(滝をナメていた、寒かった・・・w)


    無題


    (写真はjinkenさんからお借りしました。http://www.flickr.com/photos/31070416@N02/sets/72157627137538963/


    ま、しかし、楽しんだ代償にVENOMはドロドロ・・・。

    _1070699



    納車後、キレイだった時間はせいぜい12時間くらいか・・・。


    社長、心の中では泣いてるだろーなー・・・。


    すみません。



    しかしながら、トリック専用バイクとして開発されたVENOMですが、シングルフリーにしてシクロクロス、固定のままでもダートやトレイル、など、幅広いシーンで活躍してくれるバイクだと確信しています。


    自転車に、「こう乗らなきゃいけない」なんてないんだ!






    .243 RACING

          .243 RACINGSALEです

    DSC_2699
        定価6.615円 30%OFF   4.630円


    DSC_2702
                                     FR  SADDLE
    コンパクトサイズでレーススピードの速い4Xバイクなどに。



    DSC_2706
                                        DH  SADDLE
    ダウンヒル走行時のあらいるポジションに対応。



    DSC_2707
                                        DJ  SADDLE
    クッション性もよく、挟みやすいデザインでダートジャンプにおけるトリックに最適。



             明日は、藤井氏

    柏祭り、二日目。


    柏祭り二日目。(というか、最終日)

    なかなか盛り上がりました。


    写真でその模様をどーんとお届け。


    恒例の橋輪焼きそばと、その横ではフランクフルト。ドイツのより美味いらしい。

    DSC_2661


    DSC_2666



    そして、店の前ではストライダー試乗会

    DSC_2672

    DSC_2677

    DSC_2693

    今日は涼しかったが子供たちの笑顔がまぶしい!




    おまけ。

    DSC_2685


    DSC_2682

    ストライダーならテールウィップできるぜ!(笑)

                                  By  FUJII

    記事検索
    • ライブドアブログ