FUJI 2012モデル入荷しました 2

FUJI の毒液 VENOM(ヴェノム

DSC_1712





DSC_1701
   2012  FUJI       VENOM                   71.400円
             橋輪プライス          64.200円
                フレームサイズ:470 / 500 mm

2011との変更点は、カラーリングとクランク・チェーンリングのみ。



DSC_1705
           メタリックレッド

DSC_1703

DSC_1704






DSC_1708
          マットブラック

DSC_1707






DSC_1711
          メタリックグリーン

DSC_1709

DSC_1714
  中空シャフト採用のNEWデザイン2ピースクランク

DSC_1718
   FUJI 2012の各モデルに付くヘットマーク

DSC_1719
                             インテグラルBB

DSC_1721
   フリップフロップでフリーギヤでのライドも可能
          (フリーギヤ別売り)


フィックスでトリッキーなライドを極めるも良し、

            フリーでお洒落な街乗りにも良し。


DSC_1715

DSC_1723

     ヴェノムの詳細は、こちら
            ↓
http://hashirin.com/archives/1319066.html

 部品代 1.820円でバースピン仕様にする方法は、こちら
             ↓
http://hashirin.com/archives/1319569.html




                                   SALE

2012 VENOM 入荷に伴い2011モデルをセールします。

 2011 FUJI  VENOM    71.400円⇒57.000




          藤井のおまけ
P1090077

急遽、火曜日担当藤井がVENOMシクロ仕様のコメントをお届けします!

えーと、レースは明日なんですけど、バイクは今朝やっと組み上がりました・・・汗

市販車の仕様をなるべく壊さず・・・」をコンセプトに、シクロクロス仕様にカスタム!

詳細は来週火曜日、リザルトやレポートと共に書きますが、

・スポーク⇒ツイスト組
・サドル⇒手持ちのMTB用
・ハンドル⇒手持ちのローライズバー
・コグ⇒20Tのママチャリフリー
・ペダル⇒グランジのプラットフォーム
・チェーン⇒シングル用カラーチェーン
・グリップ⇒ドクロ柄のロックオングリップ

というのが、完成車からの変更点。

結局、ギヤ比は試行錯誤して1.8に。

今日は夕方、練習してきましたが、、、、、

明日が思いやられる練習結果に。

しかも明日は4時起き!

さぁ、どーなる!?

レポートは次週火曜日、お楽しみに!

cxxx

秋らしい一枚を載せて、明日は頑張ってきます!

おやすみなさい^^

FUJI 2012モデル入荷しました 

 
        
 FUJI  2012 本日の入荷

ABSOLUTE S  Aurora White                    
ABSOLUTE S  Matte Black                     
ABSOLUTE S  Olive Green                     
ABSOLUTE S Matte Gray                      





        まずは、アブソリュートS

DSC_2870


DSC_2858
   FUJI  ABSOLUTE  S               57.750円
     橋輪プライス        51.900円
 フレームサイズ:15 / 17 / 19 / 21 / 23

    2012は、ホワイト以外はマットカラーだ。


DSC_2878
             ライトグレー

DSC_2876






DSC_2864
          オーロラホワイト

DSC_2863






DSC_2873
          オリーブグリーン

DSC_2872






DSC_2867
            マットブラック

DSC_2865
マットブラックは特に強烈でパープルのパーツアッセンブリー



DSC_2867
     4本クランプとなったハンドルステム



DSC_2868
   デザインが変わったクイックシートクランプ



DSC_2875
 スチールながら精度がアップした3枚のチェーンリング

        こいつは大人気の予感!




                                          SALE

2012 ABSOLUTE  S 入荷に伴い2011モデルをセールします。

 2011 FUJI  ABSOLUTE S   59.850円⇒47.800円



MASI俊樹の旅日記 14

甲子園で会った71歳現役自転車乗りと、17日振りの再会

軽トラのドアップ。
 
 
 
一瞬なぜこんなところで寝ているのかわからなくて考えてみる。
 
 
でかいエアコンの室外機の風にあてていた洗濯物がくさい。
 
 
 
とりあえずいつも通り片付けて出発。
 
 
コンビニで焼きそばとチャーハンを腹一杯完食。
 
 
すると、神戸であった方から電話が。
 
 
 
行きの甲子園であった方と、帰りに京都を走ろうと約束していたのだ。
 
 
 
とりあえず今日は大阪で野宿しますと伝える。
 
 
 
そして、走り出した。
 
 
 
2号線をひた走る。
すぐに峠があるのでちょっとビビりながら走っていたが、
 
 
全然大したことのない峠でひと安心。
 
 
だが、雲行きが怪しい。
 
なんとしても雨が降る前に大阪まで行きたい。
 
 
 
 
30km程走った所のコンビニで休暇をしていると、
 
メールが一通。
 
 
 
今夜は神戸の我が家で一泊してください。
 
 
 
 
ぉぉぉぉぉおおお!!
 
 
今夜は久しぶりに布団で眠れるぞ!!!!
 
 
一気にテンションが急上昇した!
 
 
 
神戸までは100km位しかない。
これならすぐに着くじゃん!
 
 
喜び勇んで再出発。
 
 
 
後々考えてみると自分の距離に対する感覚は確実に常人とは異なっていた。
 
 
100kmが近いと思うのは幸せなのかなんなのか…。
 
 
 
少し走ると、
またバイパス地獄にはまった。
 
 
とりあえずすぐ下の側道を行く。
 
 
 
15分ほど順調に走っていたが、
 
 
 
いきなり目の前に現れた・・・・・・・・壁。 
P1340007

 
 
 
そして、絶望。
 

国土交通省に電話かけて怒鳴り付けようかと思った!!


右はものすごい古い民家が立ち並ぶ迷路のような道。
 
左は田んぼの畦道みたいなすごく細い道。
 
 
 
無難に右を攻めてみたが、30秒で断念。
 
 
 
左を攻めてみた。
 
 
細い道を慎重に進む。
 
 
 
さらに左に行ったら行き止まり。
 
 
引き返して右に行くと道に出た。
 
 
そこをさらに走る。
 
 
 
果たしてこの道はどこに行くのか。
 
 
 
とりあえず男の勘で走り続けた。
 
 
 
不安とイライラでかなり辛かった。
 
 
ようやく自分がどこにいるのか判明する。
 
 
 
2号線と海の丁度真ん中辺りのわけわからん所だった。
 
 
 
とりあえず地図とにらめっこで修正案を検討する。
 
 
ようやく軌道に乗り始めた所でついに大雨が降ってきた。
 
 
一瞬にしてずぶ濡れになる。
 
 
すぐにコンビニを見つけ、
 
ものすごい狭い軒下に潜り込む。
 
 
 
雨は当分止みそうに無い。
 
バッグからおばちゃんにもらったリンゴを取り出す。
P1340008
 
 
まだリンゴの時期じゃないだろうけど、
それでも十分旨かった。
 
雨を見ながらシャリシャリと食べ進めていった。
 
 
 
ついでにせんべいも食べる。
 
 
 
1時間程でようやく雨が止み、
水溜まりに靴を濡らされながら走った。
 
 
 
2号線に復帰すると、交通量がどんどん増えた。
 
 
 
路肩が狭く、しかも交通量のわりに片側1車線ずつしかないので、非常に走り辛い。
 
 
 
街に入ると、なんだかどんよりとした雰囲気を感じた。
 
 
途中のコンビニでは、
なにやら私服の警官と揉める若者がいた。
 
 
姫路城の前を通った時も、
何だかみんなうつむきがちな感じがした。
 
 
 
四国で元ヤンキーみたいなおじいさん2人が言っていた事を思い出す。
 
 
関西は街が死んでいる。
 
 
実際はそんなこと無いだろう。
 
しかし、なぜかその言葉がやけに耳にこびりついた。
 
 
すべては曇り空のせいだろう。
 
 
神戸には丁度17時頃到着。
 
 
待ち合わせの駅のロータリーに入ると、
 
どこからか呼ぶ声が聞こえる。
 
 
 
すると前から見覚えのある顔が!
 
 
そう、甲子園で会った71歳現役自転車乗りの林さんである。
 
 
17日振りの再会に胸が躍った。
 
 
挨拶もそこそこに2人で走り出す。
 
 
やはり剣道家が竹刀で語り合うように、
ボクサーが拳で語り合うように、
自転車乗りはその走り姿で語り合うのだ。
 
 
 
と、思いつつ、普通に話しながら走った。
 
 
また街を少し案内してもらう。
 
 
ダイエー創業の地はびっくりするぐらい小ぢんまりとしていて、
 
高さ60cm程の杭に創業の地的なことが書いてあるだけだった。
 
 
思わず爆笑してしまい、
動揺して写真を撮り忘れた(笑)
 
 
その後、小泉純一郎も大好きプレスリー像とツーショット。 
P1340011

 
そして、林さんの知り合いの方の車で林さん宅へ向かう。
 
 
林さんのご友人、
通称バングラおじさんは、非常にボランティア精神に篤く、
 
その名の通りバングラデシュの子供達に教育の機会をもたらす活動を長年続けている方だった。
 
 
 
林さん宅はすごく洒落ていて、
それでいてものすごく居心地の良い感じだった。
 
 
林さんの奥さんと、
バングラおじさん、
その奥さん、そして、 バングラデシュから刺繍の修行に来たマルシーと6人で夕食。 
P1340012

 
 
奥さん特製の豆腐料理に見事ハマり、一人でたくさん食べてしまった。
 
 

マルシーは、日本に来て3ヶ月程だったが、日本語の上達も早く、
素直、健気、努力家という3種の神器を持ち合わせていた。


少しはオレの友人一同にわけてもらいたい(笑)




食事をしながら、あるDVDを見た。
 
 
それは、先の震災で被害にあった、宮城県の女川町の様子を撮したモノだった。
 
そう、バングラおじさんは、震災復興の為にテント村を主宰していたのだ。
 
 
悲惨な現実を目の当たりにした。
それを見て、
そして、話を聞いていると、
オレは旅をしていていいのだろうか?
 
という疑問が浮かんだ。
 
旅を始めて23日目。
 
 
初めて浮かんだ疑問だった。
 
 
 
しかし、もうここまで来たのだ。
答えは旅を終えて出す。  
 
そう胸に決めて、その夜は眠った。
 
 
-つづく-
走行距離
 
23日目
長船刀剣美術館〜神戸市林さん邸
130,28km
 
 
追記、
バングラおじさんのテント村、活動情報、支援情報はこちらから
         ↓
http://daijobuya.p1.bindsite.jp/

昨日は、品川難民でした

     9月21日 SHIMANO  展示会

資料を小脇に抱え品川インターシティーを出た瞬間、暴風雨。

資料は、あっという間に何処かにすっとんで全身びちょびちょ。

そのまま難民となり、ふてくされて港南口の立ち飲みでやり過ごし、家に帰れたのは、22:30。

        「何の為に来たんだ〜」

それでも物流は、止まる事も無く本日、以下の商品が入荷予定です。


             
 FUJI  2012 

ABSOLUTE S 21 Olive Green                     
ABSOLUTE S 15 Matte Gray                      
ACE 650 GRAY/GREEN                            
ACE 24 RED/BLUE                               
VENOM 500 Matte Black                         
VENOM 500 Metalic Green                       
VENOM 500 Metalic Red                         
ABSOLUTE S 19 Aurora White                    
ABSOLUTE S 21 Matte Black                     
STRATOS R 540 Aurora White                    
------------------------------------------------

ま...間に合うのか!?


こんばんは。

火曜日はお馴染み、藤井です。



先週ご紹介したFUJI VENOMのシクロクロス仕様車ですが・・・

レースが次の日曜日なのに、実はまだ完成していません・・・

明日中には組み上がる予定なんですが、ハンドルで迷ったりギヤ比で迷ったり・・・

迷った挙句、結局ギヤ比は2.0にしたんですけどね。

これが吉と出るか凶と出るか・・・。


とりあえず、今回は違うネタでカンベンしてください。

先週末は家の近所で僕の所属チームTUBAGRAの撮影をしてもらった後、そのまま宇都宮まで同行、栃木のメンバーの撮影を見学し、次の日は羽田空港近くのパークで軽く練習、からの成田空港の近くのダートジャンプコースで練習、という丸二日自転車漬けの日々を送りました。


ではその時の画像をどーぞ。

0214

0313
DSC01557

0122

0511

では、明日、急ピッチでシクロ車を仕上げたいと思います!

ではまた!

”ちい散歩”橋輪に来る

        ”ちい散歩”が柏の街に


DSC_2799

      本当に突然来るんですね

「橋輪さん、地井さんもうじき来ますので宜しくお願いします」

「言われた事に対して適当に受け答えしとけばOKですよねー」

なんて言ってはみたが、マイク付けられたら、しどろみどろ。


DSC_2800
KIMORIに見入るディレクターとカメラマン。地井さんの画像はギャラが発生してしまうのでタブー。


    ”ちい散歩”と言えば神社に行かねば


DSC_2854
で、柏神社に行かれたのですが、何かおかしいなと思ったろうな?
               地井さん。

       神社なのに鳥居が無いのです
                ⇓
    http://hashirin.com/archives/1277213.html


      以下、柏神社鳥居復興の記録です
        (こんなの滅多に見られない)



DSC_2793
これが新しい鳥居のフレームセットです(マテリアルはStone)



DSC_2785
  クレーン2機を駆使して巨大な柱を吊り上げます
昔の人たちは、やぐらを組んで引き上げたんだろうな?


DSC_2786
2本あるうちの下側の横棒(島木しまぎと言うらしい)が1本物で縦の柱を貫いているものと思ってたら3分割だったって知ってました。


BlogPaint
そして今回、日本初の工法が、切られた”ほぞ”の中に丸穴が

         (画像クリックで拡大)
BlogPaint

  ここにステンレス製のアンカーピンが打たれてます



DSC_2804
       端っこを付けるが2人がかり


DSC_2803
           端っこ両脇完成


DSC_2790
     さて平行を出す為にはどうするか?
台石は、臼のようになっていて、柱が乗るが木森さんでは、許せないほどのガバガバクリアランスとなっており、そこにくさびを打ち込んで傾きを調整した後にモルタルで固める。(くさびは、何時抜くのだろう)


DSC_2807
    笠木(かさき)と呼ばれる上の柱を乗せて


DSC_2813
   島木に打ち込む石のくさびを削って調整中



BlogPaint
これがくさびだが、実はダミー(飾り)で、既に金属のくさびが中に打ち込まれてる。


BlogPaint
この石が額束(がくずか)で2分割の笠木を支えており、これが外れると崩壊するそうです。
(昔の鳥居は接着材のモルタルを一切使ってなく、お互いの重量物で支えあって立ってると言う)


DSC_2850

         立派な鳥居が完成しました 


”ちい散歩”橋輪来店の巻きは、テレ朝 9月27日(火)朝9:55 

                                      ON AIR

DAHON route 入荷しました

    2011 Metro に変わるNEWフレーム


DSC_2847

           route  (ルート)


DSC_1676
  DAHON   Route(ルート)                    42.000円
        橋輪プライス        37.800円
          6 Speed       12.0kg

ダホンの2012モデル一番乗りがルート。アルミハンドルポストを採用し、ペダルもフォールディングになりました。
全6色展開で、マッドガードも標準装備。
スポーティーな走りとオシャレな街乗りの両方を兼ね備えたキュートな1台です。





DSC_1683
             コバルト

DSC_1679





DSC_1684
              ルビー

DSC_1678





DSC_1685
           クラウドホワイト

DSC_1677







DSC_1686
              モカ

DSC_1680





DSC_2920
                        オブシディアンブラック

DSC_2909






DSC_2908
                                    ポリッシュ

DSC_2907




DSC_1681


     試乗車をご用意してお待ちしております




ギラギラピスト”OSSO”

                             OSSO(オッソ)


DSC_1636

このバイクを始めて目にしたのは、去年のサイクルモードだった。
                 ↓
    http://hashirin.com/archives/1128980.html

   そのころ”これは新しい”なんて豊悦が言ってたなー。

            業務連絡
   「出来したね!営業M氏  また来てね」

   から約1年、ようやく営業M氏登場です。

    「社長、やっと出来ました」 「おっそ」



DSC_1632
              OSSO   7001CX            95.000円
          橋輪プライス 20%OFF 76.000円
              フレームサイズ:520mmオンリー



DSC_1633
           カラー:CP ブルー



DSC_1637
             LASCO FG01  Classic  46T



DSC_1638
       43mmディープリムが標準



DSC_1639
       アヘットにストレートフォーク



DSC_1640
                      カラー:CP クリヤー



DSC_1641
    NOVATECのハブはシールドベアリング仕様



DSC_1642
    固定とフリーが選べるフリップフロップ



DSC_1645

DSC_1643

       OSSO取扱開始キャンペーン‼

    「今なら20%OFFプライス+更に特典あり」

                               Big Chance



FUJI FEATHER に新色レモンイエロー


      2012 FEATHER 全色揃いました


DSC_2846




DSC_2837
      FUJI  FEATHER            71.400円
      橋輪プライス      64.200円
      カラー:イエロー / ホワイト / ブラック
               フレームサイズ:43/49/52/54/56/58cm

2010からの変更は、カラーとブレーキレバー/キャリパーのみ。


DSC_2839
                                Aurora white



DSC_2841
                               Glossy Black



DSC_2844
                              Lemon Yellow



DSC_2845

DSC_2848

DSC_2847

新色レモンイエローだけは、フロン・トリヤのハブとスポークニップルがゴールドでお得感120%

           
 全色即納です

MASI俊樹の旅日記 13

   MASI俊樹、尾道焼きに酔いしれる

2011/09/12  10:48
やっと尾道に戻ってきた。 

2週間くらい前に見た景色がすでに懐かしい。
 
 
とりあえずまた街をぶらりぶらり。
 
 
商店街では、中学生達が職場体験をしていた。
 
 
うーん、初々しい。
 
 
と、なぜかおっさんみたいな感想が浮かんだ。
 
 
 
まだ10時半ということもあって、
 
開いてる飲食店は少なかった。
 
 
 
とりあえず腹がとんでもなく減っていたし、
 
せっかくの尾道なので、 お好み焼きが食べたかった。
 
 
入りやすそうな店を探す。
 
すると、外れの方にある店が開いていた。
 
    ここなら大丈夫かな。と、入店。 
P1330007

 
中に入ると細長く店が広がっていた。
 
手前は喫茶店で、奥がお好み焼きゾーン。 
 
 
予想以上の雰囲気の良さに若干焦る。
 
 
やべーよ、昨日風呂入ってねぇーよ(心の中)
 
 
 
とりあえず奥に案内され、もちろん尾道焼きを注文。
 
 
お好み焼きに関しては全くの素人なのでおばちゃんに焼いてもらう。
 
 
やはり熟練の手つき。
そして、このお好み焼きの香り!
 
 
よだれが止まらないじゃないか!
 
 
 
今にも食いつきそうな顔で見ていると、
 
おばちゃんが、
 
 
ずいぶん日焼けしてるけど、泳いできたの?
 
 
と訊いてきた。
 
 
 
いやぁ、今千葉から自転車で旅をしているんですよ。
 
 
と答える。
 
 
やはりおったまげるおばちゃん。

 
 
こういうやり取りが非常に楽しい。
 
 
 
             お好み焼きが焼き上がったので早速頂く。 
P1330006

 
尾道焼きとは、
アゲイカと砂ずりの入ったお好み焼きらしい。
 
 
アゲイカのパリッとした食感と、
砂ずりのこりこりした感じが心地好い。
 
 
しかも、うまい!
さすが名物!
 
 
すぐに完食してしまった。
 
水も十分飲んだし、行きますかと席を立つ。
 
 
 
お会計をしにいくと、
おばちゃんが何やら袋を持っている。
 
 
これ、お腹が減ったら食べなさい。
今日も暑いから気をつけて行くんだよ。
 
 
 
あまりの嬉しさに涙が出そうになった。
 
 
何度もお礼を言った。
 
 
 
           手渡された袋には、
                        リンゴとみかんとお菓子が入っていた。
P1330009



おばちゃんありがとう。
 
非常に暖かい気持ちで、ベダルを踏む。
 
 
 
そして、再び2号線を走る。
 
 
尾道市の外れの方の交差点で信号待ち。
 
 
 
すると、隣の車の窓が開く。
 
 
やっべ、
邪魔なんだよ!と文句でも言われるのだろうか…
 
 
 
しかし、そんなことではなかった。
 
 
 
車に気をつけて、無事に帰るんだよ。
ちゃんと親に連絡するんだよ。
 
うちの子も旅に出てるからね。
心配で声をかけたの。
 
 
気をつけて行くんだよ…。
 

 
なんだよ尾道…
 
 
あったか過ぎるぜ。
 
 
オレは遠ざかる車に何度も手を振った。
 
 
 
またここに来よう。
 
 
 
 
ここから岡山市を目指して突っ走った。
 
 
朝、大学の後輩からメールが来ていて、
 
帰省したので、家に来ないかとのことだった。
 
ラーメンもおごってくれると言う。
 
 
 
 
おごってくれるならどこへでも行くぜ!!
 
 
 
 
とりあえず岡山県の倉敷に入ったら連絡をすることに。
 
 
そこからはいかに空腹で行くかをテーマに走った。
 
お好み焼きを食べたのが11時。
 
 
岡山に着くのがおそらく4時。
 
 
気合いで補給を最小限に抑えれば、
腹一杯喰えるぞ♪
 
 
 
やはりオレの脳みそは1/3が胃袋で出来ているようだ。
 
 
 
道中食べたのはおばちゃんにもらったせんべいのみ。
 
3時前に倉敷に到着。
 
 
後輩にあと1時間ちょいで着くとメールを送る。
 
 
 
が、返事がない。
 
 
あいつに限ってメールを無視するとは考えられない。
 
 
もしかして、
 
寝てやがんな…
 
 
その予想はまさに的中。
 
4時過ぎに岡山駅付近に到着し、メールを送るが返事がない。
 
 
 
とりあえずコンビニで立ち読みする。
 
 
が、返事がない。
 
 
別の友達に電話番号を聞き、
 
何度もかけた。
 
 
 
後輩、午後4時半に起床。
 
今から家を出て、
岡山駅で待ってますね〜 
とのメールが届く。
 
 
 
いや、今岡山駅のすぐそばにいるんだが。
 
 
一気に焦る後輩。
 
 
 
待ち合わせが反対側だったので、オレも逆側に向かう。
 
 
岡山駅の駅前通りに入ると、
ものすごい勢いで走るママチャリが見えた。
 
 
アレ、絶対アイツだろ
 
 
やたらと早い後輩。
 
追い付かねぇ!
 
 
激走を繰り広げ、
ついに後輩に再会!
 
 
いやぁ、笑顔がまぶしいッス!
 
 
 
岡山市を案内してもらいつつ、
彼の自宅に向かう。 
P1330010
背後に、”ドでかい”フロントバック付きのドロップバーを握る俊樹の影が写る。
 
岡山は非常にきれいな街並みが続いていた。
 
 
街の中心部から少し走ると岡山城もあり、
春には桜並木が美しいらしい。
 
 
 
30分程で家に到着。
 
とりあえずシャワーを浴びさせてもらう。
 
 
さっぱりしたあとは、休憩しつつ、1ヶ月ぶりの再会を楽しむ。 
P1330011

 
そして、待望のラーメン店へ向かう。
 
 
後輩の自信満々具合から言ってかなり期待できそうだ。
 
 
店に入るとなかなか広い店内はほぼ満席。
 
店に漂う香りもすでに美味しい。
 
 
出てきたラーメンは、
かつてないほどの豚骨ラーメン!
 
 
細麺との相性もばっちりで、
本場、九州でもトップクラスではないかという程のできばえだった。
 
 
飲むようにして完食。
デザートのチャーシュー丼も最強にうまい!
 
久しぶりに満足、満腹になって店を出た。
 
 
その後、先を急ぐからと後輩宅を後にし、
 
先を進む。
 
 
旅人は一つ所に留まったら情が沸いて、先に進めなくなるのだ。
だからオレは前に進まねばならんのさ。
 
 
とちょっとカッコいい事を言ってみた。
 
 
 
時刻は9時。
 
 
20kmほど走って地図を見ると、
 
 
野宿できそうな場所がない…ッ
 
 
 
チクショー、馬鹿なこと言ってないで泊まってけば良かった…
 
 
その夜はなんとか、前回訪れた長船の刀剣美術館の従業員駐車場の軽トラの影で眠った。
 
 
-END-
走行距離
22日目
道の駅多田羅しまなみ公園〜長船刀剣美術館 155,19km
記事検索
  • ライブドアブログ