KIMORI プロジェクト 3

どうしても やりたかった事


DSC_2603



(画像クリックで拡大)
DSC_2605
木森さんには、「あんまりオススメしません」とは言われていたんですけど。

どうしてもやってみたかったので強行しました。

結局の所、稼動部分には全てブッシングが入る訳でメッキの厚みが何μm付くのか解りませんが、そいつが悪さをしないか?て事なんです。

メインフレームが塗装のホワイトで、COLOSSUSのロゴがシルバーメタリック。そしてフロントフォークとリヤスイングアームが、クロームメッキ。

頭の中では既に、このフォルムが出来上がっているのです



最後のDAHON Vector X27h

      Vector X27h 1台だけ追加入荷

DSC_2565
HPに6月末に少数台入荷予定とありますが、実際に入荷したのは1台のみ。


DSC_2577
 

       Vector X27h の詳細は
            ⇓
     http://hashirin.com/archives/1315697.html

       Vector X27h の魅力は
            ⇓
     http://hashirin.com/archives/cat_49040.html


           早い者勝ちです。

日付が変わっちゃいましたが・・・。


皆さんこんばんは。

橋輪サポートライダー藤井です。


昨日告知させていただいた通り、今日から毎週火曜日、橋輪定休日ブログは僕が書きます!


そのいきさつですが、このたび、国内最高峰MTBストリートチームに参加させてもらうことになり、チームブログの担当投稿日がちょうど火曜日なので、僕の活動を報告させていただきたく、社長にお願いして晴れて橋輪ブログにレギュラーで登場できるようになったというワケであります!


さて初回は、藤井の最新のライディングの模様を動画でお届け。

ワタクシのプロフィールはこちらから→http://www.tubagra.com/modules/xpress/?p=1334

では、どーぞ!



077

これからは、いつも橋輪ブログをご覧の皆さんには非現実的だと思われるようなレポートを書いていきたいと思います(汗)

どうか生ぬる〜く見守ってやってください・・・。

よろしくお願いいたします。


続きはこちらから→http://www.tubagra.com/modules/xpress/?p=1471#more-1471





KIMORI プロジェクト 2

まだフレームの塗装もしてないのに

DSC_2592
Josepu Kuosac(ジョゼフ クゼ) 99.750円(フロント リヤー SET)
20in カーボン クリンチャーホイール


DSC_2594
とにかくハブが良い、手で摑んで回してみると全くといっていい程に抵抗が無く、いつまでも回り続ける。スポークはエアロブレードだ。


DSC_2595
SHIMANO capreo 仕様のフリーホイールはメチャ音デカで、スプリングがバチバチ弾ける。(スプリング強すぎて漕ぐの辞めるとエンジンブレーキ架かんじゃねーの?ぐらいの)これチューニングするか、個性とするか。
DSC_2596
Made in TIWAN なのに何故かネーミングは鴉Karasuだ。


DSC_2598
フロント 500g(クイック含まず)


DSC_2597
リヤー 680g(クイック含まず)

「よし!KIMORI は、このホイールで行こう」

だからKIMORIって何?


カスタムギャラリー

   MASI   SPECIALE FIXED FLATT氏

DSC_2581
          (画像クリックで拡大)



DSC_2584
           ステムとシートポストはTHOMSON


DSC_2589
       CHRIS KINGのヘットパーツ


DSC_2586
      Sugino RD メッセンジャー


DSC_2583
DSC_2585
  SPINERGYのホイールにエアロブレードフォーク


DSC_2582
DSC_2587
 Gran CompeハブにVelocityで組んだリヤホイール

 正にフレームとBBがあればもう一台組めちゃいますね。

DSC_2588
                
        http://haremgraphics.jugem.jp/

FUJI ALTAMIRA 1.0

       FUJI のカーボンフレーム


DSC_2568
 FUJI  ALTAMIRA  1.0 フレームセット  252.000円


       今回組み込むパーツは、
DSC_1385
             コンポーネントは、フルDURA-ACE

DSC_1387
   EASTONのカーボンパーツをメインに



        (画像クリックで拡大)
DSC_2590
このフレームの特徴としては、とにかく振動吸収性が高い。
アルミのロードバイクでは跳ねてしまう様な悪路でも追従してしまう程だ。



DSC_2591
DSC_2597
DSC_2595
DSC_2598

DSC_2596
  BB-86はプレスフィットタイプのBBでネジ山が無い

DSC_2594
   ヘッドチューブは下側が1-1/2のテーパード

DSC_2592

DSC_2599
       この仕様で6.87kg(フレームサイズ470mm)



       この自転車購入された人
  例の自転車病に感染されっぱなしのK氏です。
DSC_1286
            これも買ってます
       RALEIGHの2011フラックシップモデル CRR


DSC_1282
               これも
   DAHONの2011フラックシップモデルVector X20


   そしてKIMORIプロジェクトにも参加している。

KIMORI プロジェクト開始

何だこの物体は?

DSC_2572



DSC_2574
DSC_2575
DSC_2576

恐竜(翼竜類)の化石のようにも見える

これは、10φの特注4130クロモリパイプを80箇所以上のロウ付けで組上げた、究極の自転車フレームなのです。

KIMORI プロジェクト開始 !


STRIDER 入荷

      ストライダー大量入荷です

DSC_2566

在庫が、たったの3台になって、こいつはマズイって所でギリギリ入荷。

     オレンジ/ブルー/グリーン/レッド 各10台


     ピンクはいまだ入ってきませーん

新型3G ”マジヤバイ”

    3Gのサンタクルーズが超ワイドリムに

DSC_1397


DSC_1390
  3G Bikes   Santa Cruz      39.900円
       タイヤサイズ  26×3.45
  カラー:マットブラック/マットブルー/グロスホワイト


DSC_1391
DSC_1392
             マットブラック




DSC_1393
DSC_1394
             マットブルー




DSC_1395

DSC_1396
            グロスホワイト




DSC_1400
      この超ワイドリムはマジヤバです
もとは34mm幅だったのが56mmに、しかもBMWのモーターサイクルのチューブレススポークホイールの様にリムの両サイドからスポーク出てます。


DSC_1399
さすがにこんなワイドリムに対応するブレーキキャリパーは無く、
メカニカルディスクブレーキに。



DSC_1402
    頼りなっかったキックスタンドも良くなった



DSC_1403
      ロックオンタイプのスポンジグリップ


         (画像クリックで拡大)
DSC_1401


     またなんかやりたくなってきたー

Vector.Y氏のLA便り  (その9)

                                   昨日からの続き

ヒルクライムを終え、ピューマ(イタリア語で羽の意味だそうです)・キャニオンの頂上から尾根伝いに走ると3つ目の休憩所が、ここは一気に視界が開けて海から内陸までほぼ360度見渡せます。
 


DSC04964



過酷な登りの後に広がる雄大な風景にしばし羽根を休めるライダー達。

 

DSC04969


自分も記念写真


P1020756


P1020761


いい景色だなと眺めていると、遠くになにやら動物が


DSC04974



おっあれはコヨーテではないですか!!
そっと近づいてみるとあまり怖がって逃げる気配もなく、こんな人間慣れしたコヨーテは初めてみました。


DSC04980



しかしこのコヨーテ君のおかげで思わぬ間違いをしてしまう事に

コヨーテを追いかけて行った道をそのまましばらく走り続けると、海側を見渡せる道になり、ハリウッドのスターが多く住むマリブの豪邸が次々と見えてきました。


DSC04988


DSC04990



庭に巨大なキリンを飼っているお宅も


DSC04994



道沿いに走りながら面白がって写真を撮っていてふと気づきました。
 
 

誰も来ない
 

これは道を間違えたか、と引き返すと、途中でやっと四人ほどの集団がやってきます。

「この道で合ってる?」と聞いてみるものの、道なりなので彼らもてっきりこっちが正しいものと来た様子。そのうちもう一人やって来てその人曰く、
 

「合ってるよ、こっちはショートカットなんだ」
 

と通り過ぎて行きます。ショートカット?正しいショートカットなんてあるのかいな、せっかく参加したのだからちゃんと完走したいと思い直し、さっきの休憩所まで引き返すと案の定、道を間違えていました。

10km40分ほどの時間を無駄にした後(笑)、正しいルートに戻るとこの山を下るひたすら続く下り坂に。そして再び来た道に合流するとまた行きに通ったトパンガ・キャニオンの峠を越えていきます。


さすがにこの辺まで来るとかなり疲労困憊ぎみ、ギアもどんどん軽い選択になっていきます(苦笑)。ようやく最初の休憩所に着くともう人もまばら。まあ道草食ってたので仕方ないかと、気合いを入れてすぐに出発。


なんとも怪しくひなびた見せが続く街道を抜け、再び峠を下って行きます。

いかにもヒッピー的なお店、


DSC05001



再び長い下りの後、そしてようやく海岸に戻ってきました!

 

DSC05005


サーファーや家族が遊ぶ戯れる、ビーチを横目に一路ゴールを目指します。


DSC05014



パシフィック・パリセーズの街を抜け、


DSC05018



ウエストウッドのビル街を抜けるとゴールのビバリーヒルズはもうすぐです。


DSC05020



そして恒例のポーズとともに(笑)ゴールイン!


P110626142737472ac



走行距離120km、走行時間5時間半、高低差2000m,平均時速22km、やっぱり平地を走るのとは大分違いました。でもまあ今回は無事完走が目的だったんでとりあえず良しと。

ちなみに今回のルートのGPSマップです。Lap 2-3がヒルクライムの区間、Lap4の左に延びた線が道を間違えた区間です(笑)

GranFondoMap1


登り区間の拡大マップ

GranFondoMap2



それにしてもX27hは良く走ってくれました。これだけの連続した上り坂に下り坂をこのマシンで走るのは初めてでしたが、一度だけ例のチェーン外れがありましたが、他は難なくこなしてくれました。まあ何よりいちばんの問題はエンジンの貧弱さかと(笑)。

今回参加してみて、数秒にしのぎを削るレース以外だったら十分実用になると、このまえのLA River Ride以上に実感できました。この性能を持ちながら、かつ持ち運び簡単ということのメリットはかなり大きいです。それから見た目の割に良く走るので、まわりのビックリ度は大きくて、今回のライド中も大体すれ違うたびに、"What a Bitcin' Bike!!" なり"Oh My God! Unbelievable!"と一々結構なリアクションが来る(アメリカ人の大げさなのを差し引いても)のが面白かったですね。

今回ブログの事やネタ的なノリ(笑)でつい参加してしまったこのライドですが、自然の中を駆け抜ける気持ち良さ、気の良いライダー達との出会い、ゴールした後の達成感、自分としては結構大変だったんですが参加してよかったなと。せっかく気に入ったバイクを持っているならこういう所で活用しない手は無いなと思った次第です。


それでは最後にビバリーヒルズらしい風景を幾つかお届けします。


P1020780


P1020791




                                                    それではまた、



Vector.Y


              以上、Vector.Y氏のLA便りでした。


記事検索
  • ライブドアブログ