タイヤ太ABUSOLUTE S

  段差もなんのそのガンガン行ける通勤仕様


DSC_3188
    FUJI  ABSOLUTE  S               57.750円
      橋輪プライス        51.900円
   フレームサイズ:15 / 17 / 19 / 21 / 23



「マウンテンが好きなんですけどオフロードは走らない
          通勤スペシャルでお願いします」


      タイヤ、ギリギリまで太くしよっか

DSC_3192
  TIOGA  City Slicker    700×38C       2.100円




DSC_3191
         なかなかの迫力ですぞ!




DSC_3193
      チェーンステーがこのサイズでギリ




DSC_3189
DSC_3190
  各パーツにパープルを散りばめたマットブラック



DSC_3194


          なかなかの”ワル”だ!

久々、社長室から 3

     お次は、ブレーキでござ〜ぃ!

DSC_3163
One by ESU  ライトオンライトブレーキ 19.000円(前後セット)
    カラー:ブライトブラック / ブライトシルバー

剛性を保ちつつ大胆に肉抜き加工されたCNCアルミ製超軽量ブレーキキャリパー。
ブレーキシューまでもがCNCで作られている。


DSC_3165
     空力的にも有利なコンパクトなデザイン

DSC_3157
赤いレバーには、ローラーが付く(エンジン用語でいえばローラーロッカーだ)





DSC_3182
      単体重量は、108gとずば抜けて軽い

DSC_3181
     ちなみにDIA-COMPE BRS 101      187g

DSC_3184
         見た目にもこんなに違うぞ




 シングルピポットのように見えるが実は違うのだ

DSC_3185
DSC_3186
左アームにリンク(赤い)が追加され、リンク先端のローラーが右アームを押す実質的にはダブルピポット効果を生み出す優れもの。



DSC_3187
上の写真では、簡易的にMTBワイヤーで引いているが実際は、3ヶ付いてくるニップルで止める。
付属のトルクスレンチで締めるキャリパー取付用アルミナットは、18mmと25mmの2種類付いてくるのでエアロフォークにも対応。



   「つって、そのブレーキ付いてんじゃん」

DSC_3151
いや、こちらはCNCではなく鍛造のバンテージブレーキ
さらにハイグレードなものに変えるんです。

DSC_2092
Dixna   バンテージブレーキ     12.600円(前後セット)
         カラー:ブラック / シルバー
         フロント113g   リヤ111g




DSC_2054
ノーブレーキピストが叩かれる昨今、もはやDIA-COMPE
            ショットレバーは使い物にならない。


まして、19.000円の高級キャリパーを900円のDIA-COMPE
            MX-122 レバーで引く気にはなれず。



DSC_2093


     そこで思い立ったのがエアロバー
               そうだステムも変えねば




DSC_3173
         こんな感じにつくのか
レットアルマイトのアルミナットともマッチして我ながらカッコいいかも


    「リヤブレーキワイヤーどこ通すかな〜?」

まるで今までリヤブレーキ付けてなかったみたいな言い回しだ!


久々、社長室から 2

          昨日の続き・・・・・・

BlogPaint

     さて、金色のこれ何に使うんでしょう?





           これが戦利品
DSC_2062
                           ZIPP VUKA  AERO
  空気抵抗を極限まで減らしたカーボンエアロバー




DSC_2083
   「VUKA」アフリカの言葉で”翼”を意味するらしい





DSC_2074
今回は、贅沢にもベースバーのみ使用するので、エクステンションと肘当ては外してしまいます。





DSC_2073
このエクステンションどうやって止まってるかというと、全周にわたりスリットが入ったパーツに差し込んだ後、ベースバーにセット。裏からボルトを締めると開いていたスリットが締め付けられてホールドする仕組み。




DSC_2086
     CATEYE  UNO                 2.400円
         カラー:ブラック / ホワイト

400カンデラ以上の明るさで、点滅60時間・点灯15時間。

単三電池一本なので電池交換がスピーディーなスマートLEDライト。





DSC_3180

          もう解ってきたかな?




DSC_2075
    キャットアイ・ウノの中身だけを使います




              「ピッタンコ」

DSC_2077
これが偶然にもサイズが合っちゃった時には、嬉しくて嬉しくて◎




DSC_2090
微妙に変身しているので光軸調整も出来ちゃいます。
取付ボルトには、シフトケーブルが通る穴が開いています。
                        (これがみそ)





DSC_2078
       そしてベースバーにセットします





DSC_2079
         まるで純正品のようでしょう





DSC_2076
           問題は、スイッチよ
ケースのお尻のボタンを長押しすると本体のスイッチが作動するが、すでに本体はハンドル内に収まっている。




          そこで登場するのが

            さっきのアレ

                ・
                ・
                ・
                ・
                ・

DSC_2080
  
    正解は、ライトのON/OFFに使う道具でした




DSC_2064

 なんとも”スペース何とかチック”なエアロバーが完成

        「どうだ まいったか」


久々、社長室から

          ュュュ雪でぇ〜す!

DSC_3175

稼ぎ時の週末を迎えようというのに雪です。
             しかも金・土・日と予報は、雪。

             本日の売上
     grunigi ルーセントペダル   1.800円
     grungi タービンサドル     2.500円
         それにパンク修理 1件

          以上    橋輪ヤバシ!



       ここまで暇だと、ろくな事考えない

DSC_3178
    久々FUJI TRACK PRO を引っ張り出し

       「ハンドルでも変えてやっか」

ディープな自転車病のオッサンから下取りした戦利品です

       今後の展開、お楽しみに

    
 ちょと面白い事考えちゃったもんね〜

DAHON Visc P18 入荷

                      DAHON    Visc P18  

DSC_2058






DSC_2051
       DAHON    Visc(ヴィスク) P18   105.000円
      橋輪プライス         94.500円
          18 Speed       11.5kg
   



新しいシャーシを搭載してデビューしたヴィスクは、ヘリオスのREバーフレームに優しいカーブを与えた様なフレームレイアウト。Vitesse P18の後継モデルの位置づけで2枚のフロントギヤを持つスーパースポーツモデルだ。
(2011Vitesse P18もブラック1台のみ在庫が有ります)



DSC_2053
         オブシディアンブラック
DSC_2052






DSC_2055
                            マンゴーオレンジ
DSC_2054







DSC_2057
           クラウドホワイト
DSC_2056






DSC_2061
 SCHWALBE  COJACK  20×1.35のスリックタイヤ



DSC_2059
                       Proweel OUNCE-721
新たに採用されたスポーティーなデザインのチェーンリングは、
53-39T。



DSC_2060
             リヤディレーラー:Shimano  Tiagra
                       カセットはシマノで11-25T



DSC_2062
   マイナーチェンジしたmicro SHIFTのシフター



DSC_2065
REバーフレーム(つっぱり棒タイプ)が、最強のフレーム剛性を生む




DSC_2064
         キックスタンド標準装備



DSC_2069
       Folding Sizu W79×H65×D33cm





DSC_2066

DSC_2067






DSC_2068


   試乗車をご用意いたしました

      DAHONのNEWフレームを堪能してください


     ※試乗には、身分証の提示を頂いております

ストライダーにカラフルなオプションパーツが出たよ!

                        STRIDER オプション

DSC_3165





 ウルトラライトカラーホイール     1.800円(1ヶ)

DSC_3167
              ピンク

DSC_3166
              オレンジ

DSC_3165
               ホワイト

DSC_3164
                レッド

DSC_3163
                 ブルー

DSC_3162
                イエロー

DSC_3161
                グリーン




    カラーグリップ    700円(2ヶセット)

DSC_3171
    オレンジ / グリーン / イエロー / レッド

DSC_3174
        ピンク / ブルー / ホワイト




   カラーシート&シートポスト     1.400円

DSC_3169
   グリーン / イエロー / ブルー / オレンジ

DSC_3170
        レッド / ホワイト / ピンク



           マジ、カッコイイ!

DSC_3166

      さあーキミもカッコよく決めろ!

           
て言うか、お父さんがもう夢中



※藤井氏きのうサボったな!試験勉強はブログ書きながらすべし!

ディープな自転車病

          憧れのDURA-ACE

DSC_3151






DSC_3149
Shimano  DURA-ACE  C50     171.842円(前後セット)



DSC_3159
     これを何に付け替えるというとDURA-ACE C24

        「なに!デュラ付いてんじゃん」

   「いやリムハイト24mmじゃー物足りないですよ」

「だって、これ組んだ時、派手なホイールは私には似合わんて言ってたじゃないですか?」

 「このあいだ手賀沼でC35てーの付けてる人がいてね・・・」


           「なんとも贅沢な」


DSC_3152
DSC_3155
         FUJI  ALTAMIRA  1.0     




DSC_3153
DSC_3156





DSC_3158

     ディープな自転車病のオッサンでした

             こちらも

TOMATO に MICHE のシートポスト

             トマト3個目

DSC_3153
        3個目のトマトは、Sさん


DSC_3154
      さりげなくMICHEのシートポスト
    「やべー!これ奥様に内緒だったっけ?」



皆さん僕の思惑通りにパーツ付けてくれますなー

お次は、RDメッセンジャー付ける人表れてください・・・・



FUJI x TOMATO Low Pro Ver.2 “Black & White”

          
好評発売中

     
※1月13日 550mm 5台入荷

tern VERGE S11i インプレッション

      乗れば乗るほど好きになる S11i


DSC_3149

自分が乗ってみたい衝動に駆られ試乗車を
下ろしてしまったS11i。       高級感溢れるフォルムには、高級感溢れる走りが詰まっていた。


走行フィーリングを一言で言うならば”スムース&サイレント”。
スムースは漕ぎ出しの軽さと変速におけるタイムラグの無さで、サイレントはフリーの音も無く、もちろん変速の度にチェーンがカセットを脱線していくガチャガチャ音も皆無。
まるで雲の上を走っているような感覚になる。
アンドロスステムのお蔭で、ショーウインドーを見ながらの散策や景色を楽しみながら走るアップライトなポジションが瞬時にセットできるのが嬉しい。
チェーンリングガードとチェーンプロテクターは、ちょっとお洒落着で乗りたいS11iにとっては必須アイテム。


         Shimano Alfine 11

DSC_3170
    
シマノからNEWリリースされた内装11段変速ハブ「アルフィーネ11」。
8速から11速に増えて部品点数も多いながらヘリカルギヤの採用によりギヤ板の厚みを薄くするなどしAlfine8より10数g軽量化している。
FSAのクランクにつくチェーンリングは46T、スプロケットが18T。
「ギヤ比409%」などと解りずらい表現をしているが超ワイドレシオなのは間違いない。

DSC_3121
たとえば線路を超えるこんなスロープでも2速シッティングで楽々登れる。
トップ11速にあっては、信号のない300m位の下りにでも出くわさないかぎり入れる気がしないと表現すれば解っていただけるだろうか?




     2WAYリリースとマルチリリース

DSC_3161
トップノーマルとしたことで外装変速に慣れたものにとっては親しみやすいシフター。
下の大きい方のレバーがシフトダウン、上がアップ、それぞれ1プッシュで1段ずつ変速するが、フルストロークで2段変速できる。よって5ストロークで一気に落とすことができます。
シフトフィーリングは「気持ち良い」の一言。


  内装であってもケーブルの初期伸びは出ます

DSC_3160
この調整も簡単で、インジケーターを見ながら11から6にします

DSC_3163
そしてカセットジョイントの黄色いセットライン2つを確認します

DSC_3164
2本のラインが合うまでシフターのケーブルアジャスターを緩めるだけ




耐久性と内部抵抗の軽減を狙ってグリスではなくオイル潤滑となっている

DSC_3168
 オイル注しマークの脇にオイルドレーンボルトが見える

「じゃーなんだよ、この自転車オイル交換しなきゃいけねーのか?」

「めんどくせー!」  と思うか?

スポーツカーやモーターサイクルを趣味としていた方々は、お金を払ってもオイル交換とは、「気持ちいい」ものだと思ってるに違いない。

※シマノでは、初回1.000km、後は2年又は5.000km毎の交換を推奨している。



     なんと言っても乗ってみるのが1番
DSC_3149

    試乗車をご用意してお待ちしております


 ※試乗には、身分証明書の提示をお願しております

お気に入りとなった1台 tern VERGE(ヴァージュ) S11i

               見れば見るほど好きになる S11i



都会が似合う S11iを、柏の街に(都会じゃないけど)連れ出してみました

        写真家になった気分で?




      tern VERGE S11i ギャラリーです


DSC_3115
          (画像クリックで拡大)





DSC_3114








DSC_3113






DSC_3118






DSC_3122






DSC_3127






DSC_3128






DSC_3133






DSC_3134






DSC_3136






DSC_3141






DSC_3146






DSC_3138

       どうです、街に溶け込むでしょう

      こうなると、もう乗りたくてしょうがない






DSC_3149

     試乗車、下ろっしゃいました!

                 明日は、インプレを

記事検索
  • ライブドアブログ