クロスバイクにお洒落なカゴ

       ウッド底のワイヤーバスケット


DSC_1670
 SHOWA  INDUSTRIES        ウッドワイヤーラック
       薄型        7.500円
       深型        7.700円
          耐荷重     18kg


DSC_1668
Vブレーキ取り付けとキャリパーブレーキ取り付けが選べます


DSC_1667

便利なだけではなく、温かみのあるデザインで自転車の雰囲気をがらっと変えてくれますよ。

MASI俊樹の旅日記 16

     MASI俊樹、化け物温泉入る



昨夜の雷雨が嘘だったかのように静かな朝。
 
 
空は曇っているが、
まあ、日射しがキツいよりはマシか。
 
 
 
とりあえず最高傑作の簡易テントを解体していく。
 
 
自分の叡知を思い少しニヤついていた。
 
 
地図を見るとすぐそこに峠があることが判明した。
 
 
モーニング峠はさすがにキツい。
 
起きたばっかだし、
まだエネルギーがスムーズに体内を循環してない。
 
 
夜のうちに買っておいたパンを喰い、出発した。
 
 
 
道は直線だったが、
ものすごい微妙に上っていた。
 
 
 
のろのろぬるぬる進む。
 
 
ついに鈴鹿峠の看板が現れた。
 
おっしゃ、行くぜッ!
 
 
勢い良く漕ぎ出して上り坂に備えた。
 
 
 
しかし、目の前に現れたのはものすごい急角度の下り坂!!
 
 
 
超ラッキー!
 
 
 
京都方面からお越しのお客様は下りオンリーだったのだ!
 
 
 
いつも通りコーナーを攻めて行ったが、
 
 
ブレーキの効きが悪くなってきていたので危うく突っ込みそうになる。
 
 
 
そういえば最後に調整した(してもらった)のは鹿児島だったな…
 
 
 
谷は生きているのだろうか。
ナガセはいったい何をしているんだろうか。
 
 
 
沖縄が懐かしいなぁ
なんて考えながら下った。
 
 
下り終えるとコンビニがあったのでなんとなく休憩。
 
 
窓ガラスにチャリを立て掛けていると、中にいたオッサンと目があった。
 
 
 
気にせず、店内に入ると、SHIMANOのジャージを来ている男女がいた。
 
 
チャリンコ関係か?
 
 
 
と思っていると、先ほどのオッサンに話しかけられた。
 
 
なんと、彼の仲間が会社を辞めて先日日本一周をしはじめたらしい!
 
 
 
すげぇ、会社を辞めてまで旅が出来るのは真の男だけだろ…
 
 
 
2日、3日前に和歌山あたりで出会えそうだったらしいが、
残念ながら、和歌山をパスしてしまったので会うことは出来なかったようだ。
 
 
チャリを見せると、
 
おっ!MASIか!渋いな〜
 
と言われ、ちょっと照れた。
 
 
ブレーキとかだいぶ効かなくなってきてるんじゃない?
 
 
いえ、まだまだ大丈夫そうッス!
 
 
(……
あれ?オレは何をいっているんだ??)
 
 
何故か見栄(?)を張ってしまった。
 
さっき死にそうになったじゃねぇかッ!
 
 
 
まあ、今さら効かないとも言えないので、
今日なんかイベントあるんですか?
と訊いたら、どうやら鈴鹿サーキットで大会をやっているらしかった。
 
 
荷物を積んだままレーサーと全力勝負してぇな(笑)
 
とか話をして、お別れ。
 
 
そこから名古屋までは50kmないくらいだった。
 
 
昼頃には着きそうだから、
昼飯は行きに寄った定食屋で味噌煮込みを喰おう。
 
 
 
名古屋には13時頃到着した。
 
 
お目当ての店は反対車線にあるので、
気づかずに通りすぎないように慎重に走った。
 
 
 
             見覚えのある看板を見つけ、入店。 
P1360004

 
ちょうどお昼時とあって、店内は混んでいた。
 
 
こんちはー!
 
と入ると、
おばさんが、あーっ!
というような顔をして迎えてくれた。
 
 
ちゃんと覚えてくれていたようだ。
 
 
おじさんも覚えてくれていて、笑顔を見せてくれた。
 
 
前回の約束通り、味噌煮込みを注文。
 
 
 
おばさんはオレの来店を今か今かと待っていたらしい。
 
オレも生きて帰ってこれて良かった(笑)
 
下手したら佐多岬でくたばってたし(笑)
 
 
 
味噌煮込みは想像通りのうまさで、最初はうどんを、
 
そして残った汁と具でご飯を2杯いただいた。
 
 
おじさん、おばさんともっと話したかったが、
 
仕事の邪魔をしたら悪いので出発。
 
 
 
そこからは一度通った道だから余裕!
 
 
ってな感じで進んでいたが、
 
 
おっしゃあ!東京まであと300kmじゃん!
P1360005

 
 
と喜んだのもつかの間、
 
 
夜になったら真っ暗になってしまい、
 
しかもどこがバイパスでどこが普通の道なのかわからなくて相当焦った。
 
 
 
そろそろ寝る場所を探そうと思った7時30分頃、
 
 
看板に温泉の文字を見つけた。
 
 
今日は風呂に入れるぜ!
 
と思い、看板に従って右折。
 
 
るんるん気分で進むと、T字路になった。
 
 
ええっ!?
 
どっち!?
 
 
看板なんも出てないよ!?  
 
右を見ても、左を見ても明るい建物は見当たらない。
 
 
男の勘で左折したが、
 
結局何も見つからなかった。
 
 
またしても都市伝説だったか…。
 
 
諦めて進むと、民宿が立ち並び始めた。
 
 
金を払って泊まりたくはないが…
 
 
すると、日帰り入浴可の宿が一つあった。
 
 
風呂だけでもと思い、入るとお化けどころかゾンビが出てきそうな真っ暗な廊下が。
 
 
 
やっちまった!
 
 
しかも怪しげな老婆が出てきたので後には引けなかった。
 
 
日帰り入浴させてもらえませんか?
 
 
と言うと、8時にお客さんが来るからと少し迷惑そうにされたが、
 
それまでに出るなら良いよと言われ、
 
風呂場へ。
 
 
戸がつっかえて開かない!!
 
壊さないように慎重にフルパワーで開ける。
 
 
 
!?
 
 
見事にきたねぇ風呂だった!
 
 
シャワーから熱湯か水しか出ねぇ…だと!?
 
 
桶に水を貯めながら少しずつ体を洗い、小さな湯船へ。
 
 
あっっっっっっちい!!  
 
とんでもない熱湯が張られていた。
 
 
水で中和し、100数えて上がった。
 
 
ロビーに戻ると老婆がいない。
 
くっそ、早く出てきやがれ…
 
 
と思うと、
あら、もう上がったの?
と、老婆が登場。
 
 
(てめぇが早く出ろつったんだろうがぁぁぁあ!)
 
 
 
すると、いきなり世間話を始められた。
 
 
は、早く帰らせてくれ…
 
仕方なく話しに付き合う。
 
しかも時間はとっくに8時を過ぎている。
 
 
尚も続く婆さんの話。
 
 
どうやら東京〜京都の徒歩旅行者がけっこう来るらしい。
 
 
途中、婆さんが引っ込んだと思ったら麦茶を持ってきてくれた。

 
 
おっ、なかなか良いヤツじゃんか♪
 
 
お次は、この前来た旅人が、野宿をしようとして怖い目にあった話をされた。
 
ここに泊まって安心してぐっすり寝ていったのよ〜
 
とご機嫌な婆さん。
 
 
もしや、泊めさせようって腹だな?

オレは絶対に泊まらんぞ!!
 
気づけば9時になろうとしていたので、
 
そろそろ行くので、料金は?
 
と尋ねたら、
 
 
 
ああ、はいはい、900円ね。



!?
 
 
古くて小さいお風呂+麦茶一杯+お婆さんとのご機嫌な会話が900円!?
 

 
新手のぼったくりバーかと思った!
 
 
しかし、仕方ないので笑顔で金を払って出発した。
 
 
社会の厳しさを知った夜だった…。
 
-END-
走行距離
25日目
道の駅あいの土山〜浜松市 スズキ自販浜松駐車場
183,33km

ママチャリにシュワルベ

    シュワルベには、ママチャリサイズもある


DSC_1425
DSC_1424
   SCHWALBE  MARATHON      3.360円
           26 × 1 3/8


DSC_1426
         早速、装着してみる



DSC_1423
ホワイトラインのリフレクターが夜の安全走行を約束してくれる



DSC_1427
         タケシの通勤チャリ

オレンジのプラペダルはまだ可愛げがあるが、24才にもなって荷台カチアゲはいかがなもんか?タケシ君。

        
なにやってんだか!

最強パーツクリーナー

    和光ケミカルの優れものもう一点ご紹介


DSC_2943
WAKO’S  BC-2 ブレーキ&パーツクリーナー 1.575円

パーツクリーナーとしては大変高価な商品だが、こいつが凄い。
普通パーツクリーナーを手のひらに吹き付けると冷たいがBC-2は、冷たくない。
油汚れやガムなどは、冷やしてしまうと更に固着してしまうのだ。
しかも乾燥が、このまま乾かないんじゃないかぐらい遅いので、じっくり油汚れを浮かして溶かす性質を持っている。


     それでは実際に洗ってみよう!


DSC_2905
   そこそこ走行を重ねたDAHON Vector X20
SRAM RED
のカセットスプロケも、飛び散るチェーングリスの油汚れで黄金の輝きをなくしつつある。


DSC_2908
まずは、BC-2をカセットに万遍なく(少量でよい)吹き付ける


DSC_2914
  クランクを回しながらチェーンにも浸透させます
(なるべく塗装面やゴム・プラスチックにはかけないようにして下さい)


DSC_2918
  3分程で殆んどの油汚れがBC-2と共に滴り落ちる
スプロケットの隙間は既にピカピカ状態で、ここでブラシを当ててやると更にキレイになるが今回は触らない。


DSC_2919
そこで登場するのがホ−ムセンターなどで手に入る1本200円とかで売っている安ーぃパーツクリーナー。



DSC_2926
    このパーツクリーナーで吹き飛ばします


DSC_2932
チェーンリングの歯もチェーンから滴ったBC-2が付いているので汚れが浮いている。


        (画像クリックで拡大)
DSC_2935
すごいでしょう。ブラシで擦らなくともここまでキレイになる。


DSC_2936
      チェーンリングのティースたちも


DSC_2938
     チェーンの中空ピンの中までも




DSC_2942
     最後はチェーンに給油をお忘れなく



DSC_2946
     FINISHLINE セラミックワックスルーブ
         60ml       780円
        120ml      1.290円
お勧めのチェーンルーブがこれ。最高の潤滑性能を発揮しながらチェーンに不思議なほど汚れが付かない。

使い方は、チェーンを回しながらたっぷり浸透させる。またデレィラーのガイドプーリーとテンションプ−リーの軸受けにも注油。(なにげにこの二つの小さなギヤが、自転車の回転部の中で一番回転スピードが速い)

その後15分ぐらい放置すると、溶剤だけが飛んでワックス分だけが表面に白く浮いてきます。
ローラーの中には既に浸透しているので、プレートとローラーの表面は、乾いたウエスで全部ふき取ってしまいます。 これが何時もキレイに乗れる秘訣です。

やたらと給油してスポークからリムまでベトベトなのをよく見かけますが、あれは良くない。

モーターサイクルの様な大きなトルクが架からない自転車の場合、スプロケットの歯とチェーンのローラーなんていいうのは、潤滑する必要がなく、ローラー内のブッシュが潤っていればそれで良い。



フレームやホイールは何時も磨いているけど、駆動系はどうにもならないと思ってた方

                 是非お試しを

最強ガラスクリーナー

    和光ケミカルの優れもの2商品ご紹介

DSC_2942
  WAKO’S  ガラスクリーナー (油膜取り) 840円

基本くるまのウインドーガラス用で、ノンシリコンタイプの為、ギラギラしない。

こいつを店のショーウインドーに使ってみたら半端じゃないきれいさにびっくり。
普通のガラスクリーナーのように泡を吹きつけて、乾いたタオルでふき取るだけで、今まで散々試したクリーナーで落ちなかった油膜が一回のふき取りで完全にとれる。

           こいつは凄い!



DSC_2898
     STRIDERの写真を撮ってみました



DSC_2899
        これ外から撮ってるんですよ



DSC_2896

DSC_2890

DSC_2892

         KIMORIが取れそうだ


明日は、カセットスプロケやチェーンなど頑固な油汚れに威力を発揮する今までには無いタイプの最強パーツクリーナーをご紹介

DAHON Ciao あります

              DAHON  Ciao クラウドホワイト

DSC_2938

      DAHON  Ciao    D5       66.150円
        橋輪プライス    58.500円
         5 Speed    Weight   12.5kg


  完売となったCiaoですが1台だけ発掘されました。 


  「きのう、おととい、問い合わせの電話くれた方〜!」

           「ありましたよ〜!」

ピストライダーに重要警告!

    柏でもブレーキ無しピスト取締り始まる

DSC_2936

本日、16時30ごろ、千葉県柏市中央町2丁目付近の路地で、私服警官によるブレーキ無し自転車の取締りが行われました。



DSC_2930
  逮捕されたのは、同市に住む19歳のOで・・・・・・・・・・

というのは嘘だが、警告は無くいきなり赤キップを切られたそうです。
赤切符ということは、家裁出頭は間違え無し、罰金は片側ブレーキ無しで25.000円也って所か?

駐輪しているのを事前にマークし、防犯登録ナンバーから所有者の住所・氏名・電話番号を調べておいて、何時も止めてる場所に私服で待機、乗ってきたところを現行犯でってあんばいらしい。



DSC_2931
         フロントブレーキだけのO君DURCUS 1



DSC_2932
                        リヤブレーキを外してた



DSC_2934
家に変えるにもヤバイから「とりあえず適当なキャリパー貸しとくよ」とブレーキを装着する橋輪スタッフ。


今ブレーキなしピストライダーで、O君のこの情報を得てちゃんとブレーキ取り付けて、罰金を免れた人は、O君に500円ずつカンパしなければいけない。


 しかし警告無しで、いきなり罰金は厳しくないか?

          

STRIDER WHEEL DECAL 新発売

     キミのストライダーをカスタムせよ!

DSC_2971
  ストライダーホイールデカールキット  1.680円
カラー:レッド/グリーン/ブルー/イエロー/オレンジ/ピンク


DSC_2972
     タイヤ2本分4枚のデカールです


DSC_2974
     この様に1枚ずつ素早く貼っていきます
  (早いんじゃなくてシャッタースピードが遅いだけ)


DSC_2975
       こんな感じに仕上がります


DSC_2977

 スポーク部分だけならタイヤ外さなくとも貼れますよ


DSC_2980


  さーキミも、デカールキットで友達に差をつけよー!

お待たせしました!バニーホップの写真です。


皆さんこんばんは。

サポートライダー藤井です。


先週お見せできなかった「フレッシュ千住858ナイト」でのバニーホップ大会の写真ですが、撮影してくださってた方がおられて使用許可をいただいたので本日公開です!(ありがとうございます!)

858
一枚目、これが93センチを跳んだ時のですかね。もう、ホントに後輪がギリギリのところで超えたという感じでしょうか・・・。キワドイ!

5f97edb7cbf24b7d9526c89815a63fbf_7
そしてこちらは90センチ。これもギリギリですね・・・。笑


そもそもバニーホップって技は、ジャンプ台を使わに体重移動だけで跳ぶ、云わば陸上競技の走り高跳びみたいなものです。

自転車乗りの大半の方にはバニーホップは無縁のトリックかもしれませんが、「自分の足で踏んで進む、曲がる」、「体重移動で跳ぶ、回る」という、ロード系とトリック系では一見まったく別の感覚だと思われがちですが、「自発的に乗り物を操る楽しさ」という点はかなり似ていると思いますね。


なんせ自転車は楽しいもんです!

乗るだけが楽しみだけじゃなくて、オシャレにカスタムする楽しみ、ピカピカに磨く楽しみ、乗り比べる楽しみ、仲間が増えて広がる楽しみ・・・とか。

am




自分は、自転車を通して、色んな楽しみを伝えて発信していけるライダーになりたいです!

k

頑張ります!

ではまた来週〜♪

MASI俊樹の旅日記 15

てっきり台風で流されたと思ってた俊樹は、
            なんとホームレス化していた


 
早朝の2号線を行く。

 
 
前には林さん。
 
 
 
約束の時間に間に合う為に、
 
ペースは早かった。
 
 
職場に向かう車の流れに乗る。
 
 
 
朝6時に林さん宅を出発。
 
 
林さん宅は、峠の天辺にある住宅地にあるので、
 
急勾配を勢い良く下っていった。
 
 
 
 
この日の予定は、
神戸から淀川へ向かい、  
林さんの友人と合流後、

大阪と京都を結ぶ川沿いのサイクリングロードを走って、
 
 
京都市内観光という日程だった。
 
 
 
朝の神戸市内は非常に交通量が多かった。
 
 
 
待ち合わせの時間は迫っていたが、
 
 
流石の林さん、
 
ちゃんと観光も交えてくれた。
 
 
 
小休止がてら立ち寄った西宮神社は、
 
毎年屈強な男衆が全力疾走して年男を勝ち取ろうと真剣勝負が繰り広げられる所だった。
 
 
 
    まずは、そこで記念撮影。
P1350001

 
 
 
そして、再び街中へ。
 
 
 
通勤の時間帯なので、路線バスがたくさん走っていた。
 
 
 
バスを見ていると、
谷が言った言葉を思い出した。
 
 
 
京都のバスは最強だ。
 
 
 
 
しかし、神戸のバスも強烈だった!
 
 
京都のバスに負けず劣らず、
幅寄せしてきたり強引に停車してきたりと気が抜けない。
 
 
 
 
一台のバスが、何故か我々の前にいきなり横から現れ、
その瞬間に停車した時は本当にくたばるかと思った!!
 
 
 
 
そんなこんなで、なんとかサイクリングロードに到着。
 
 
 
ようやく車から解放され、
晴天と広い川に癒されながら走った。 
P1350002

 
 
 
京都、大阪は淀川や鴨川などによって結ばれていて、
 
うれしいことにサイクリングロードがそれらを繋いでくれているので、
 
我々サイクリストには非常に嬉しい道となっている。
 
 
輪行と自走を組み合わせて様々な観光ができるツアーが組めそうである。
 
 
 
出発してから3時間

ひたすら漕ぎ続けてそろそろケツが限界を迎えんとした頃に待ち合わせ場所に到着。
 
 
 
た、助かった…。
 
 
 
そこにはすでに林さんの友人が到着していた。
 
 
 
DAHON乗りの通称アンポンマンさん。
 
 
彼は海外ツーリング経験も豊富な方だった。
 
 
 
 
自己紹介もそこそこに走り出した。
 
 
 
広い河川敷を並んで走る。
P1350003

 
 
非常に心地良い。
 
 
しかし、オレの行く手を阻むモノがあった。
 
 
 
           車止めである。 
2011100814340001

 
 
荷物がない状態なら、
すいすいすり抜けられるこれ、(でも、やっぱり邪魔)
 
 
前輪の荷物が引っ掛かって抜けられん!!
 
 
 
出くわす度に降りては持ち上げた。
 
 
荷物だけで約15kg。
 
 
 
お、重てぇ…
 
 
 
 
急に筋トレと化したサイクリングだったが、
 
 
 
お昼頃に京都市内の手前に到着。
 
 
 
が、10km程先の空には暗雲が!
 
 
相当な量の雨が降っているようで、
 
 
そこだけが霞んでいた!
 
 
しかも、気づけば頭上にも雲が立ち込めてきた。
 
 
 
 
降られまいと急いでパスタ屋へ突入。
 
 
席に着いて注文したとたん、
窓の外はものすごいどしゃ降りになっていた。
 
 
まさに危機一髪だった。
 
 
久しぶりにコンビニ弁当ではないパスタを食べ、満足したころに雨も止んだ。
 
 
どうやら、昨今巷で噂のゲリラ豪雨だったようだ。


さっきまでの雨が嘘だったかのように晴れ渡った空。 
 
雨のせいで湿度が急上昇して、
ただでさえ暑い京都がヤバいことになっていた。
 
 
 
   一同ややぐったりしながらまずは、金閣寺へ。 
P1350006

 
修学旅行で来たきりの京都だったが、
中学当時と変わらぬ景色で非常に懐かしくなった。



林さんとアンポンマンさんは過去何人もの彼女と来たそうで駐輪場で待機。


う、うらやましいぜ…
 
 



とりあえず金を払って入場し、ぷらっと一周。

   やはり美しく整備された庭園が最高だった。 
P1350005

 
こんな庭がある家に住みたい(笑)
 
 
お次は、鴨川(加茂川?)沿いを少し走って、

世界文化遺産に登録された神社へ。
P1350010


林さんは若き頃にここで車の運転を練習したそう。


世界文化遺産だったが、

2〜3分で退出(笑)
 
     その後、銀閣寺へ。 
P1350012

 
銀閣寺もやはり美しい庭園だったが、
なんとなく詰め込み過ぎな印象を受けた。
 
 
凝ってはいるんだけどなんかなぁ…
 
 
 
ってな感じで、次の目的地である平安神宮に向かう。
 
 
修学旅行では、
徒歩やバス、タクシー移動でなんとなく広く感じた京都だったが、
 
チャリだと街並みをしっかりと楽しみながらなので、
 
わりとすぐ着いて、その距離はグッと縮まった気がした。
 
 
 
大きな鳥居を見つけると、すぐに平安神宮が現れた。
P1350023

 
 
ここは無料で入れたのでひと安心。
 
 
 
広い砂利が敷かれた広場を一周し、
絵馬に書かれた熱き恋人達の願いに苦笑しながら退散。
 
 
 
女なんて諸行無常!!
 
 
 
 
門をくぐり、
記念撮影後にここで2人とお別れ。 
P1350020

 
非常に楽しい京都観光をありがとうございました!
 
 
 
 
時刻は午後3時半。
とりあえずこの日の寝床は鈴鹿峠手前の道の駅としたので、
 
 
1号線へ。
 
 
 
途中清水寺に寄ろうと思ったが、
 
急にめんどくさくなったので、門の前で引き返してしまった。 
P1350026

 
 
京都からの1号線は滋賀県までけっこう峠じみた坂があった。
 
 
 
滋賀県には毎回単位を一桁分しか取れない友人の実家があるが、
 
とりあえずスルー。
 
 
旅も残り1/4くらいになるとどうしても帰りを急いでしまった。
 
 
 
 
途中カレーうどん専門店に立ち寄った以外は寄り道せず進んだ。
 
 
 
目的地である道の駅まではあと30kmほど。
 
 
 
辺りも暗くなってきたので、
慎重かつ確実に進んでいった。
 
 
車の通りも少なく、道がすごく暗い。
 
 
 
そしてなにより、さっきからずっと遠くから雷の音が聞こえてきた。
 
 
 
正面の雲も妖しく光っている。
 
 
 
雷の音は進むにつれて頻繁になった。
 
 
しかし、まだ降りだしそうな雰囲気はない。
 
 
あと5km。
 
 
あと3km。
 
 
湿度が上がってきた。
 
 
道の駅到着。
寝床を探す。
 
 
と、同時にどしゃ降りに!!
 
屋根がない!
 
 
これはヤバい!寝れない!
しかし、野宿界のエースな私。

寝ると決めたらここで寝るのだ!

 

裏に回ると、従業員出入口に1mほどの屋根が伸びていた。
 
 
  そばにあったビールのケースにチャリを立て掛け、
P1360003

 
そこにブルーシートを挟み、
 
もう一端を壁にガムテープで固定。 
P1360001

 

 
       即席のテントが完成した!
P1360002

 
 
虫除けスプレーを十分にまいたその中は、
 
今回の旅の野宿で一番の寝心地だった。
 
 
-END-
 
走行距離
24日目
神戸市林さん宅
〜京都観光〜道の駅あいの土山 173,42km

記事検索
  • ライブドアブログ