おもしろテールだ!ぶらさカエル 【橋輪Blog】

        ぼくのおなかが赤く光るよ

DSC_3242
     ぶらさカエル     1.570円
  電池:CR2032 × 1    点滅時間:100時間

サドルレールに取り付けるシリコン製カエル型テールライトです
取付方法や電池交換も ★飼い方 ★餌のあげ方 などと書いてある説明書(パッケージの裏書)も楽しいですよ


DSC_2121
以外に無かったのが極太のインテグラルシートポストに付けられるテールライト。
最もcerveloのTTバイクやバリバリのカーボンロードバイクにこんな”ふざけた”テール付けるヤツはいないか?


            取り付け方

DSC_3247
              「よっ」
DSC_3246
              「それ」
DSC_3248
             「よっしゃ」



   点滅パターンもまたいいんだなこれが

DSC_3254
DSC_3256
せわしなくピカピカピカピカと点滅するのではなく、グォ〜ングォ〜ンと牛蛙が鳴くかのように明るくなったり暗くなったりを繰り返す。



DSC_3260
   辺りがもっと暗くなると手足まで赤くなるよ



DSC_3244

  帰りが暗くなっても安全に家まで”カエル”のだ!

久々、社長室から 6 TRACK PRO ブレーキ取り付け【橋輪Blog】


 久々社長室から3 で紹介したキャリパー取付

DSC_3163
One by ESU  ライトオンライトブレーキ 19.000円(前後セット)
    カラー:ブライトブラック / ブライトシルバー


レットアルマイトのパーツに合わせてエンドキャップも・・・


DSC_3223
  Jagwire  エンドキャップセット    1.570円
ブルー / オレンジ / ゴールド / グリーン / レッド / シルバー



DSC_3224
       5mmブレーキアウター用エンドキャップ × 6
       4mmシフトアウター用エンドキャップ      × 10
      インナーワイヤーエンドキャップ              × 4
              のセットです


DSC_3235
        フロントは、難なくクリヤー
 


問題は、フレームトップチューブをはわせなきゃならないリヤアウター
BlogPaint
      「フレーム穴あけ」・・・・・?

当初考えていたのがトップチューブにアウターケーブルが通る5.5mmの穴を開けてしまう。
フレーム内よりスムースにアウターが出入りする為には、更に横方向に20.0mmは広げないとダメだろう。
フレーム強度に関しては、ぼくが踏む分には、穴の角を丸く仕上げておけばクラックに広がる心配はないと思う?(無論、穴開け加工を施した時点でメーカー保証は無くなるが



テトラ イグジットガイド 360円

アウターの出入り口には、ラジコン飛行機で良く使う、機体内よりリンケケージを各動翼へと繋ぐ際に開けた側面穴に被せる「イグジットガイド」。こいつを付属のタッピング小ネジで(5〜7か所)止めるとミリタリーエアロっぽく使上がるかな。

とか構想を練りつつ、フレームに穴を開ける勇気がない

そして絶対に手を染めてはいけないホームセンターチューンへ

DSC_3230
     タイベース 19W           価格ワスレ
電気コードのストラップでプラのチップにタイラップが通せるようになっています(両面テープ付き)
丸パイプであればJagwireのスティックオンケーブルガイド 840円
もあるが。


DSC_3232
     こんな感じでアウターを留められます



DSC_3237
     トップチューブ左下に3点でクランプ



DSC_3239
自転車は基本的に右側が表となるので、これならま〜見えないか?



DSC_3234
     とりあえずは、リヤーも取付終了




DSC_3236

      完成か? でも納得いかね〜なァ


やっぱ真横から見るとケーブル見えるし、フレームにWAXがけする時になんか余計なもの付いてると、やだよね〜。なんか画期的なもんないのかな〜。

             おおおおーッ


     Shimano  エレクトリック ブレーキシステム 

       Bi2 (コードレス) 前後セット    42.000円
ブレーキレバーには、リニアなブレーキタッチを再現したリターンスプリングが内蔵され、従来のワイヤーは存在しない。
握る力に応じたパラメーターを電気信号としてピックアップする。
センサーからキャリパーに送られるのは、2.4GHz帯の電子通信を採用しペアリングされた信号ICによって混信は皆無となている。
信号を受けたブレーキキャリパーは、7.2Vのアクチュエーターによりコントローラブルで有りながら十分なストッピングパワーを生み出します。


              なんちゃってー

    「日曜だってーのに、くだらねーことダラダラ書いてて」

         「どんだけ暇なんだ橋輪・・・・・・寒ぅ」











DAHON Mu SL LTD 入荷状況 【橋輪Blog】

    オーソライズドディーラー限定100台

DSC_0031
 DAHON   Mu SL  Limited                   197.400円
            橋輪プライス       177.600円
          9 Speed       8.9kg
          カラー:ハイポリッシュ
           詳しくは⇒こちら

2012 DAHON のフラックシップモデルとなる Mu SL LTDの入荷が少し遅れています。

何故かと言いますと・・・・

     DAHON提携の研磨加工工場です
SL 1
DAHON自社工場で生産されたフレームをこの工場に持ち込みハイポリッシュ研磨加工を施している様です。
熟練工がフレーム1本磨き上げるのに1時間以上かかることから、数人で一日に20本が限度だそうです。



SL 2
ハイポリッシュ仕上げされたMu SL LTDのフレーム

気になる入荷予定は、3月中旬日本上陸予定となっています

           ご予約受付中!



    Mu SL オブシディアンブラックは、入荷しています

DSC_2066
 DAHON   Mu SL                     176.400円
      橋輪プライス        158.700円
          9 Speed       8.9kg
           カラー:ブラック
           詳しくは⇒こちら



     試乗車をご用意してお待ちしています

 ※試乗には、身分証明書の提示をお願しております

こんなスタンドが欲しかった。しかも安い!【橋輪Blog】

      ”新発売”マルチユースの便利なスタンド

DSC_2089
   IBERA  Easy Utility Stand      1.890円

   画期的なスタンドが新発売です。
           なんで今までなかったんだろう。


DSC_2095
  MINOURA  メンテナンススタンド   2.000円
これが普通のメンテナンススタンド。クイックに引っ掛けるタイプで、お掃除やディスプレーにはこれで十分。



DSC_3412
     NITTO  Cycle Stand   製造中止
本当にメンテナンスしようと思ったらチェーンステーで支えるタイプでなければホイールも外せない。
これは以前ニットーが出していたサイクルスタンドで、プロユースの為値段もそこそこ、しかももう手に入らない。




DSC_2090
今回紹介するスタンドはチェーンステーで支えるタイプで、足の部分が広く安定も良い。




DSC_2096
六角レンチで受けの部分を緩めればエンド幅に応じて幅・角度が調整でき、ダイヤルねじを緩めて開き具合を変えれば小径から29in までマルチに使える。



DSC_2098
特に困っていたのがDAHON Speed Pro TTVector X27h / tern Verge X30h などの内装コントロールユニットがアクスルのすぐ脇に付いてるのでどうしようもなかった。


DSC_2093
受けの部分には滑り止めのラバーが貼ってあり、しかもゴムのOリングが”みそ”



DSC_2103
   これでスタンドを掛けたままでの移動もできる



DSC_2106

これだけ多機能で使い勝手のいいスタンド1.890円は安い!


   つくばみらい市のFさ〜ん1本送っときますね!

カスタムギャラリーSTRATOS R 【橋輪Blog】

    ホイール組を依頼されたSTRATOS R

DSC_3400

おかげさまでカスタムギャラリーも50回を超えました。
どっかで見たことあるんだよね〜この色合い。


            そーだ!
松戸市付近走ってるとSさん 追いかけられるかもね!
Sさんが追いかけてきたら、やたらとギヤチェンジして見せないとヤバイよ
(1月8日の緊急手配から未だ発見に至ってない)



DSC_3401
H-PULS  SUPER  LITE ゴールドにブラックスポーク、ゴールドニップル



DSC_3402
H-PULS  SUPER  LITE ブラックにゴールドポーク、ゴールドニップル



DSC_3404
        ハブは、フロント、リヤ共にShimano 105



DSC_3405
             MICHE SUPER TYPE シートピラー  



DSC_3411

DSC_3410




DSC_3409
 熊谷市にある木村メタルという会社に勤務するKさん

OA機器などからレアメタルを回収するリサイクル / リユース業だそうです
        故に金が好きなんだとか


 

AEROSPOKE 値下げしました 【橋輪Blog】

         AEROSPOKE 値下げ

DSC_3377


    AEROSPOKEにマットブラックが出た!


    AEROSPOKE カーボン
             フロント:    40.000円
             リヤ:      46.000円

    AEROSPOKE ペイントカラー
             フロント:    52.000円
             リヤ:      58.000円

マットブラック / ホワイト / グリーン  / ピンク / オレンジ / イエロー / シルバー / グレー / レッド / パープル / ブルー
(ブレーキ面塗装無しとオールペイントがあります)


DSC_3376
             マットブラック

DSC_3373
               ホワイト

DSC_3370
               パープル



DSC_3380

エアロスポークカーボンホイールは決して軽くはないです
(むしろ重い)
加速や登坂には、位置エネルギーが小さく軽いのが絶対優位
スピードを維持するには、大きくて重たい車輪を慣性で回し続ける

  「まっ どうでもいいス!」 「 見た目が一番ス!」


火曜日担当藤井とSILKYPIX。

こんにちは。火曜日担当藤井です。

まだまだ寒い日が続いていますが,今日は重い腰を上げて自転車に乗ってみました。(めちゃラフに,軽〜くですが)


ほとんど二カ月ぶりに乗ったので,本当にヘタクソになっていましたね・・・。

サポートしていただいてる画像加工ソフト,SILKYPIXで現像しています。

stem22

 
こちらの愛車の画像は,絵っぽく仕上げています。

stem-mini

このSILKYPIXというソフト,1クリックでカンタンに補正する機能があったり,郭輪強調の機能があり,少しピンボケしても修正できるので安心です。

もっとイイ写真が取れるように色々勉強しなきゃなー。


こちらはオマケ。

色々と失敗したので・・・

stem11


ここで告知ですが,

3月11日(日),桶川スポーツランドで,僕の所属するTUBAGRAチームのデモンストレーションがあります。

自分も参加する予定です。

ぜひ遊びにきてください。

ではまた来週!

潰れ TOMATO 復活 【橋輪Blog】

        トマトフォーク完成

DSC_2083
   Muramasa TOMATO Blade     26.000円
           (BLK&WHT)

マットホワイトとマットブラックで純正色とピッタリ合わせたトマトフォーク。



DSC_3365
取付に関しては、コラムカットとベアリングレース入替(アヘット)の工賃が3.500円と、新しいスターファングルナト500円が必要。


DSC_3366
TOMATOのフレームが首を長くして(いや短くして)待っている



DSC_3367
  なんとも良い感じです (”オカマ”フォークとは大違い)



DSC_3368
 RIZING  KNUCKLE STEM       ホワイト  7.350円
元々付いてたヴァイパーステムもひしゃげてしまったので今回は、ナックルステムのホワイトにB-witchライザーバーブラックをチョイス。



     ”復活したぞー”しかもカッコ良くなって!

 DSC_3389

DSC_3391

DSC_3393

「最初からこうだたんじゃね〜」ぐらいのさり気なさが渋いっしょ



DSC_3388
          3度目登場のMさん

 「お金払って元通り」じゃーつまんないよね!
         友人の10t トラックに感謝だ(訳わからん)


DSC_3394
        ”あの世”行きのトマト星人


DSC_3396
     これ持って帰んなくて良かったの?



DSC_3398
       満足して頂いて良かったです



DSC_3399

               気ーつけてー

ピストに付けたいアルミエアロブレードフォーク 【橋輪Blog】

       アルミエアロブレードフォーク

DSC_2058
   Muramasa  Blade     700c                   9.000円          
     (アヘット オーバーサイズ)(650cも有り)


6061アルミで作られるエアロブレードフォークです。
ブレード幅は39mmで重量606g、オフセット45mm。
フィニッシュはポリッシュにクリヤーコートでとても美しい仕上がりとなっています。



DSC_2060
 カメラのレンズが映り込んでいるのが見えるだろうか



DSC_2063
      ブレーキキャリパー取付穴有り



DSC_2062
    肩の部分に特徴的なエッジが効いている



DSC_2061
       しっかりと作りこまれたエンド部



DSC_2064


     これで潰れたTOMATOを直そって訳


DSC_3263

DSC_3262
TOMATOのノーマルフォークと比べるとクラウン部分で2cm位短い計算になるが、更に前スローピングが増してカッコいいんじゃん。(全然ジオメトリーを無視、ピストはこうでなきゃ)



DSC_3385
ブレーキキャリパーを外したフォーククラウン部、パンツを脱がされた”オカマちゃん”みたいだ。
これじゃブレーキ外したくても逆に恥ずかしくて取れないや!




早速、Muramasa  Blade をいつもお世話になっている塗装屋さんに・・・
          
DSC_3266

 「なんだビカビカじゃ〜ん 塗装するのがもったね〜な」

で、明日には仕上がる?TOMATOフォーク (Blog上は)

            流石に仕事が速いT自動車鈑金


      
 明日は、潰れTOMATO復活か?

TOKYO WHEEL + FUJI TRACK 1.0 / 2.0 の画像 【橋輪Blog】

   TOKYO WHEEL + FUJI TRACK 1.0

DSC_2072




DSC_3026
 2012 FUJI   TRACK  1.0                 157.500円
          橋輪プライス      141.700円
       カラー;ブルー・シルバー・ホワイト 
                フレームサイズ:49 / 52 / 54 / 56cm





DSC_2071




DSC_2074




DSC_2075




DSC_2077




DSC_2076


       こいつらは絶対早いに違いない!

    TOKYO WHEEL + FUJI TRACK  2.0


DSC_2065




DSC_3037
  2012 FUJI   TRACK  2.0                 126.000円
          橋輪プライス      113.400円
        カラー;シルバー・ホワイト・グレー 
                 フレームサイズ:49 / 52 / 54 / 56cm



DSC_2066




DSC_2067




DSC_2068




DSC_2070




DSC_2069

                 散々楽しんだ実車版PEDAL ID

       次は、キミのピストの出番だ!

記事検索
  • ライブドアブログ