DAHONメンテナンス講座 4

       フレームの方に問題有り。

DSC_2079
         Vクランプの一例
ヒンジにガタが無くともクランプの噛み付く力が弱ければガタは出ます。ここにガタが有るのにハンドルを揺するとヘットパーツから伝わってきてるように感じる事が有ります。調整はいたって簡単。

DSC_2075
まずレバーお開いてフレームを折ります。
次に上の写真で見えるロックナットを10mmのスパナで緩めます。
6mmのアレーンキーでクランプ表のキャップボルトを少し締めてみます。フレームを元に戻してレバーを閉じてみます、「ギュー・・・パタン」(我ながら良い表現)と閉じればベスト、キャップボルトを締めすぎるとレバーが閉じれなくなります。ベストセッティングが出たら最初に緩めたロックナットをロックして完了。

DSC_2076
構成部品はこんな感じ、手前の長いネジはVクランプ分解用の唯一のスペシャルツール
(ただの、バイクのテールレンズ取付用3mmネジ)
間違った方向でもアッセンブル出来てしまうので構造を把握できてない方は触るべからず”危険”。


DSC_2084
スチールフレームの「スピードP8」や「ボードウォーク」はこのタイロットで。


DSC_2085
         メトロもタイロットで。





    立ちこぎすると消える場合はここを。

DSC_2070
DSC_2071
フレームシートチューブの内側のスリットの入ったアルミカラーを抜き取り洗浄しグリスアップして組み直してください。

DSC_2077
Muなどのモデルは進行方向のイモネジを緩めないとポストクランプが外れません。




ここにもクイックレバーが使われてます。クイックってなんで横に倒すだけで締め上がるんだ?

    次回のDAHONメンテナンス講座はその辺を。

DAHONメンテナンス講座 3

ヘッドベアリングのプリロード(あらかじめ荷重を掛けておく)調整が出来ているにも関わらずガタが出るのは、他にいくつかの要因があります。



DSC_2069
    このDAHON カーブD3 で見てみよう。
    ディスプレイで籐のバスケットを付けてある。
      RIXEN&KAUL(リクセン・カウル)
      ラタンバスケット      7.665円

DSC_2080
ハンドルポストには高さとバーの角度の調整機構がありますが、どちらもクイックで締め上げる様になっています。この締めがあまいのも原因の一つです。クイックレバーが90度の位置から重くなるよう反対側のナットで調整します。
余談ですが、安物の折畳み自転車乗っている人の殆どが間違ったクイックの使い方してます。それは「クイックを開いたままレバーをグルグルと回して締め上げておしまい」と言う恐ろしいものです。


DSC_0829
ハンドルポストの折畳み機構(ラディアスV)にも調整が有ります。
今6mmのスパナが掛かっている部分がタイロットで両側に正ネジと逆ネジが切ってあります。これを回すことでクランプとヒンジ部のカムの距離が変り噛み付く力を調整します。

ほんの少し回しただけで、かなり変ってきます。部品が分離するほどグルグル回しちゃった人はプロに任せて戻してもらいましょう。


DSC_0820
左が2008までのハンドルポストで馬の”ひずめ”の様なクランプが中から外へ噛み付くのに対し右の2009以降は外から抱え込む形に。



ココまでチェックしても、まだガタが有るようでしたらフレーム側を疑います
            次はフレームラッチを。

















DAHONメンテナンス講座 2

       ダホンはアヘッドです

     
DSC_0825
      見た目は違えどスレッドレス(アヘッド)

DSC_2067
一般的なアヘッド、MASIのステムにフォークコラムをつかむボルトが横から2本、上にはコラム内のスターファングルナットを引き上げ、ヘッドベアリングにプリロードを掛けるアルミキャップとキャップボルト。

DSC_0821
ちょっとだけ突き出たフォークコラムの内側に切られたネジ山がスターファングルナットに値する。

DSC_0823
シルバーのステム(MASIステムと同じ)が入って、手に持っている部品(昨日の話に出てきた大きいボルト)がアルミキャップとキャップボルト。
大きいボルトの座面がステムを押す部分よりフォークコラムの上面が低くなければ調整できない事は、言うまでも無い。

DSC_0817
ヘットベアリングはフレームから取り外さなくとも分解できます。
細いマイナスドライバーでサークリップを外せば玉押しが分離できますが、小さなボールがバラバラと出てきてしまうので給油程度でしたら隙間からスプレーグリス注入が賢明でしょう。

DSC_0816
           分解したベアリング。



ヘッドのプリロード調整が完璧でもガタが出る場合もあります。

  次回のDAHONメンテナンス講座では、これを。

DAHONメンテナンス講座

   ダホンのヘッドベアリング玉押し調整

あまり有りませんが前ブレーキをかけるとガクッとショックを感じる物はヘッドベアリングのプリロード調整が必要です。折畳み式の複雑なポストなので難しそうに見えますが簡単です。

DSC_0830
 まず6mmのアレーンキーで脇のボルトを緩めます。

DSC_0826
次にハンドルポストを折って中の大きなボルトを締めますが、いったん緩めてから締めて行き重くなった所から時計の針で5分更に締めます。

DSC_0827
ハンドルポストを元に戻してタイヤとハンドルバーが直角かチェックします。(この時点では修正可能)

DSC_0830
最後に6mmアレーンキーで締めます。このボルトはしっかりと締めてください。(緩いと走行中にハンドルが効かなくなり危険です)

    さて、ちゃんと調整できたかチェックしてみます。

前ブレーキを掛けたままハンドルを前後に振ってみてガタが有るようでしたら最初からやり直して大きなボルトを更に締めます。

次にフレームを持って前輪を浮かせハンドルを左右に振ってみます。ゴリゴリと引っかかるとか重いようだったら大きなボルトが締め過ぎです。



     もうちょっと掘り下げたい方
            次はベアリングまで突っ込んでみます。














看板屋

  完成した橋輪のショーウィンドーに看板を付けます。

DSC_0599
BOBBYがパソコンとカッティングマシーンを駆使して切り文字を制作。


DSC_2051
   そして、ぼくが方眼紙で作ったアナログ図面。


DSC_2053
シュンがアプリケーションシートをケチってマスキングテープでステッカーに。

DSC_2057
     KBトラックと脚立を足場に作業開始。


DSC_2059
        だいぶ、突き進んできた。


DSC_2060
    地図に差し掛かった所で辺りは真っ暗。


DSC_2061
     やっと完成! 我ながらカッコイイ。


DSC_2066
チョット洒落た看板代わりのつもりなんですけど、みんなお店だと思ってるらしく・・・・・・・・・「いつもやってねーョ あのチャリ屋」。

犬用車椅子

  当店の販売するOXエンジニアリングの車いす。

DSC_2034
カラフルな子供用自転車ストライダーにも負けないフレームカラーバリエーションは、なんと106色。
フレームサイズ・ジオメトリー・オプションは、すべて採寸によるフルオーダー。



DSC_2035
                 テニス用 TRV   (鬼キャンだ)
パネルの写真は車いすテニスで北京パラリンピック、ゴールドメダリストとなったプロテニスプレーヤー「真吾 国枝」。  たまに遊びに来ます。




DSC_2036
    こちらは競技用ではなく普段使いの ZZR
四輪フルサスペンション搭載のOXフラックシップモデル。
後ろに見えるホイールは樹脂スポークのスピナジー。




DSC_2036
         超軽量カーボンホイール   TT-3
センターのボタンを押すだけで簡単に取外しできるクイックリリース。




P1010061
         さて、これ何でしょう?

    これはワンちゃん用の車椅子(車いす)なんです。

車体に乗せるのでは無く、フレームに吊り下げる方式を採っている為にパラシュートのハーネスの様になってます。
     (ワンちゃん用でも採寸によるオーダー制作)



      実際にワンちゃんに装着すると
  



            こうなります。

       この子はヘルニアを患い制作。
P1010065
今、ヘルニヤになるワンちゃんがとても多くなってます。(特に胴長犬に多い)犬にとっては散歩が一番の楽しみ、歩けなくなってしまうと急激に弱ってしまうワンちゃんもいます。

P1010064
        いきなり歩き始めました。

全快で走り回っても転倒しない様にホイールには若干のネガティブキャンバー(ハの字に開いている)が付けてある。

後ろ足がぶらさがっているのは、歩いている時に自然と動いてリハビリ効を狙っている為で、実際に治ったワンちゃんも沢山います。




この子はフローリングの床で高速スリップダウンし後ろ足捻挫。
DSC_2020
フレームが地面と水平となる様にハーネスを調整するのがポイントで前足に負担がかからず、走りやすい。

DSC_2017
   この子も初装着だが、なんだか嬉しそうだ。



犬用車いす OX   Wilmog(ウイルモグ)   68.250円より
フレームカラー:ホワイト/オレンジ/ディープブルー
     納期: オーダーより約1週間

色物

        ピスト用カラーアルミナット

DSC_0802
     フロント  1ペア(2ヶ)    1.470円
     リヤ    1ペア(2ヶ)    1.470




   ぼくのFUJI TRACK PROに付けてみました。
DSC_0803
小さなナットですが、かなり主張しています。(画像クリックで拡大)

DSC_0807
DSC_0806



         軽量化とルックスUP。  
      キミのバイクには何色が似合う?

2011”SCHWINN”(シュウィン)

 2011”SCHWINN”(シュウィン)のピストは超ドハデ。

DSC_0776
手前から 
SPRINT (スプリント) カラー:ゴールド  99.750円
MADISON(マディソン)カラー:レッド    61.950円 
   
MADISON(マディソン)カラー:ホワイト/パープル(ブルホーン)

マディソンはフレームが変わったようですね。ステムもスレッドに。



DSC_0777
手前
CUTTER(カッター)カラー:ピンク/ホワイト/グリーン38.850円
            カラー:ブラック
RACER(レーサー)カラー:ピンク            31.500円



どうです、カッターのドハデなカラーリング。
ぼくはこれに乗って同窓会に行く勇気は無い。47歳。



3G Bikes 4

     3G Bikes の26inが入荷です。

DSC_0794
  3G Bikes   Santa Cruz      30.450円
       タイヤサイズ  26×3.45
    カラー   マットブラック/マットブルー

24inの方がよりタイヤが太く見えてカッコイイと思ったが、こうして見ると26inもなかなかバランスが良く、よりビ−チクルーザーらしい。


DSC_0795
どちらも極太タイヤだが、トレッドパターンが24と26で異なる。

DSC_0796

DSC_0798
   手前が24inPuck こちらも30.450円
     (こちらは3G Bikes 3で紹介)


うちのシュン君先ほど大阪出張から帰って来たんですけど、
3G Bikes、大阪で相当流行ってるらしい。  
        こっちも盛り上げねば!

自慢ブレーキ

以前ぼくのFUJI TRACK PROの記事でキャリパーブレーキについて「やっぱりやめた、どうせ付けるなら人に自慢できるブレーキにしよう」と言うことでキャリパー注文・・・・・と書いた処で止まってました。




   そして今日、やっと自慢ブレーキが届きました。





            これです。





         (画像クリックで拡大)
DSC_2025
    DIXNA(ディズナ)    バンテージブレーキ
       フロント / リヤ SET            15.800円
    フロント    (113g)       7.900円
    リヤ      (111g)       7.900円
    カラー   ブラック/シルバー

一瞬シングルピポットに見えるがワイヤーを引く赤いレバー部(ロッカアーム)にもう一つの作用点が有る。   アームの肉抜きが半端ない。

DSC_2024
赤いレバーの先端がアームを押し下げるがローラーが付いているのが解かるだろうか。  エンジンで言えば「ローラーロッカー」だ。



DSC_2027
    TEKTROでも十分だけど、なんかね。



DSC_2028
       取り付けるとこんな感じでーす。



DSC_2031
ピスト乗りの皆さん都内はブレーキ無しは罰金50.000円也。

「ブレーキ付けてるダセー」じゃなく「”カッコイイ”ブレーキ付けてんねー」
            と言われましょう。

記事検索
  • ライブドアブログ