Vector.Y氏のLA便り(その9)【橋輪Blog】

昨日からの続き

2011.7.4 の【橋輪Blog】より

ヒルクライムを終え、ピューマ(イタリア語で羽の意味だそうです)・キャニオンの頂上から尾根伝いに走ると3つ目の休憩所が、ここは一気に視界が開けて海から内陸までほぼ360度見渡せます。
 
DSC04964



過酷な登りの後に広がる雄大な風景にしばし羽根を休めるライダー達。
DSC04969



自分も記念写真
P1020756

P1020761



いい景色だなと眺めていると、遠くになにやら動物が…
DSC04974



おっあれはコヨーテではないですか!!
そっと近づいてみるとあまり怖がって逃げる気配もなく、こんな人間慣れしたコヨーテは初めてみました。
DSC04980



しかしこのコヨーテ君のおかげで思わぬ間違いをしてしまう事に…コヨーテを追いかけて行った道をそのまましばらく走り続けると、海側を見渡せる道になり、ハリウッドのスターが多く住むマリブの豪邸が次々と見えてきました。
DSC04988

DSC04990



庭に巨大なキリンを飼っているお宅も…
DSC04994



道沿いに走りながら面白がって写真を撮っていてふと気づきました。
 
 

誰も来ない…
 

これは道を間違えたか、と引き返すと、途中でやっと四人ほどの集団がやってきます。

「この道で合ってる?」と聞いてみるものの、道なりなので彼らもてっきりこっちが正しいものと来た様子。そのうちもう一人やって来てその人曰く、
 

「合ってるよ、こっちはショートカットなんだ」
 

と通り過ぎて行きます。ショートカット?正しいショートカットなんてあるのかいな、せっかく参加したのだからちゃんと完走したいと思い直し、さっきの休憩所まで引き返すと案の定、道を間違えていました。

約10kmと40分ほどの時間を無駄にした後(笑)、正しいルートに戻るとこの山を下るひたすら続く下り坂に。そして再び来た道に合流するとまた行きに通ったトパンガ・キャニオンの峠を越えていきます。


さすがにこの辺まで来るとかなり疲労困憊ぎみ、ギアもどんどん軽い選択になっていきます(苦笑)。ようやく最初の休憩所に着くともう人もまばら。まあ道草食ってたので仕方ないかと、気合いを入れてすぐに出発。


なんとも怪しくひなびた見せが続く街道を抜け、再び峠を下って行きます。

いかにもヒッピー的なお店、
DSC05001



再び長い下りの後、そしてようやく海岸に戻ってきました!
DSC05005
 


サーファーや家族が遊ぶ戯れる、ビーチを横目に一路ゴールを目指します。
DSC05014



パシフィック・パリセーズの街を抜け、
DSC05018



ウエストウッドのビル街を抜けるとゴールのビバリーヒルズはもうすぐです。
DSC05020



そして恒例のポーズとともに(笑)ゴールイン!
P110626142737472ac



走行距離120km、走行時間5時間半、高低差2000m,平均時速22km、やっぱり平地を走るのとは大分違いました。でもまあ今回は無事完走が目的だったんでとりあえず良しと。

ちなみに今回のルートのGPSマップです。Lap 2-3がヒルクライムの区間、Lap4の左に延びた線が道を間違えた区間です(笑)
GranFondoMap1



登り区間の拡大マップ
GranFondoMap2



それにしてもX27hは良く走ってくれました。これだけの連続した上り坂に下り坂をこのマシンで走るのは初めてでしたが、一度だけ例のチェーン外れがありましたが、他は難なくこなしてくれました。まあ何よりいちばんの問題はエンジンの貧弱さかと(笑)。

今回参加してみて、数秒にしのぎを削るレース以外だったら十分実用になると、このまえのLA River Ride以上に実感できました。この性能を持ちながら、かつ持ち運び簡単ということのメリットはかなり大きいです。それから見た目の割に良く走るので、まわりのビックリ度は大きくて、今回のライド中も大体すれ違うたびに、"What a Bitcin' Bike!!" なり"Oh My God! Unbelievable!"と一々結構なリアクションが来る(アメリカ人の大げさなのを差し引いても)のが面白かったですね。

今回ブログの事やネタ的なノリ(笑)でつい参加してしまったこのライドですが、自然の中を駆け抜ける気持ち良さ、気の良いライダー達との出会い、ゴールした後の達成感、自分としては結構大変だったんですが参加してよかったなと。せっかく気に入ったバイクを持っているならこういう所で活用しない手は無いなと思った次第です。


それでは最後にビバリーヒルズらしい風景を幾つかお届けします。
P1020780




P1020791

それではまた、Vector.Y


以上、Vector.Y氏のLA便りでした。

Vector.Y氏のLA便り(その8)【橋輪Blog】

さてライドの当日です

2011.7.3 の【橋輪Blog】より

7時にスタートの為、5時ごろ家を出て会場に向かいます。
今回のスタート地点はビバリーヒルズのかの有名なロデオドライブ、自転車のイベントがこの高級ブランド通りからって聞いた事無いですね。
やはり、コルナゴ、伊達なイタリアのなせる技でしょうか。

スタート地点のロデオドライブ
Fiat500は最近アメリカで発売になったばかりで、今回のペースカー をつとめます。

DSC04873






凛々しく整列された警察の自転車
この辺のかっこよさは日本の自転車警官と一線を画します。


DSC04877



ロデオドライブを埋め尽くすライダー達、自分のゼッケンが1196 なのでゆうに千人以上がいる訳です。それにしても今回はライダーの空気が違う。この前は家族でのんびりファンライドだったのが今回は気合いがひしひし伝わります。
当然皆さん本気モード、コルナゴを筆頭にハイエンドなロードばかりで、折りたたみはもちろん小径車は見た所自分だけ(苦笑)。まあ、やるしかないっす。


DSC04901




出発前の余興で司会がライダーの一人におもむろにマイクを渡した所、彼が突然公開プロポーズを始めました。

DSC04881



受け入れてくれたみたいです。良かったですねえ。

DSC04882



そして開会のスピーチ、マイクを持つのがビバリーヒルズ市長、その後ろ中央がミスター・ コルナゴ。

DSC04897




「チンクエ、クワトロ、トレ、デュエ、ウノ!」 コルナゴ氏のイタリア語によるカウントダウンで一斉にスタート
壮観です。(一応、隅の青い矢印が自分です。手を伸ばして写真を撮ろうとしています(笑))

         (画像クリックで拡大)
start




ビバリーヒルズからウェストウッドの住宅街を抜け、一路海岸線を 目指します。
これだけの人数のライダーが回遊魚の群れの様に一丸となって進んで行く様子、その中の一つになって進んで行くのは何とも不思議な経験でした。

DSC04913




PCH(Pacific Coast Highway)に出たらマリブをめざして北上。
天気も良く潮風が心地よいです。

DSC04922




海岸線をいい感じにクルーズしたのもつかの間、再び内陸に向かい 遂に山岳ステージに突入。
まずは最初の難関、トパンガ・キャニオンの峠越えです。

DSC04927




風景もビバリーヒルズのおしゃれな街中から打って変わり、西部劇に出てきそうな牧場やログハウスが現れます。
このトパンガ・キャニオンは70年代、ヒッピーのやミュージ シャンが好んで住んだという、まあ要するに自然が豊かな所なのです。

DSC04928



ひたすら登りが続き、もう勘弁してくれという所で、最初の休憩地点。ここまで33kmを1時間20分。まあなんとか勢いで来たとい う感じでした。それにしても斜度のきつい登りではSRAMの内装3段は助かりますね。フロントダブルで重いギアに苦労している横を涼しい顔して追い抜 けてしまいます。

P1020735



P1020732



ここで、ショートコースの人たちは折り返し、ロングコースは更に山奥に入って行きます。後ろ髪ひかれる思い出休憩所を後にし、しばらく昇ると峠の頂上にたどり着き、長い下りに。

DSC04938




正直20インチで下りの高速コーナーは心配だったんですが、意外や意外割と安定しています。もちろん700cの安定感には敵いません が、気持ちよくスピードに載って下ることが出来て場所によってはトップを廻しきる位スピードが出てました(60km ぐらい?)
一気に下った後はLAの山間部を尾根伝いに走るマルホラン ド・ドライブを走ります。


DSC04939


そして次の休憩地点につくと今回のメインイベント、ピューマ・ キャニオンのヒルクライムです。
電柱左の頂上がゴールです。

DSC04952






8.6kmの間に700m登ります。この区間だけはタイムが測定され、総合と年齢別の上位の人には商品がもらえるとの事。
すでにアップダウンを50km走った後では、今の自分の脚でまともにタイムアタックなど出来る訳も無く、マイペースで登って行きます。
道は激坂というほどきつくなる所は無いものの、日も高くなり照りつける日差しとの下、ひたすらノロノロ登坂はかなり堪えました。タイムは43分ちょっと、後で順位を見た所600人中343位、まあ真ん中くら いで可もなく不可もなくというか(笑)。ちなみに最速が23分位でした。すごいですねえ。まあ遅くてもこのX27hで走っているととりあえず声援が多い のは嬉しいです。

ヒルクライムのゴール地点、この人もかなりへばってますね。

P1020753



頂上付近で休む人たち、
このお姉さんもコルナゴ、かっこいいですねえ。
P1020751






とりあえず続きはまた後で…

Vector.Y



明日に、つづく



【2020 DAHON 入荷情報】


IMG_5487
2020年モデルの SPEED Falco が入荷しました。全4色展開ですが、マットガンメタルのみ来年の1月入荷の予定です。

セルリアン                    入荷
ホワイトシルバー          入荷
チェリーレッド                入荷
マットガンメタル              1月




Vector.Y氏のLA便り(その7)【橋輪Blog】

Vector.Y氏のGran Fondo参加リポートです

2011.7.2 の【橋輪Blog】より

今回のライド、コースを見る限り昇ったり下ったりとかなり本格的、さすがコルナゴの名前を冠しているだけあります。にわか復活ライダーの自分なんかがまともに走れるだろうか、一抹
の不安を感じながら参加してきました。

まず参加要項によると前日に登録と色々な書類景品等をピックアップしてくださいとのことで、行ってきましたビバリーヒルズ。普段はなかなかいく用事がないんですが(笑)、相変わらずリッチな街ですね。

意味も無くこんな車がウロウロしています。
DSC05026






イベントのメイン会場はビバリーヒルトンホテル横の駐車場、コルナゴのアーチがカッコいいです。
P1020702






P1020730





会場内のブースにもコルナゴがいっぱい…


P1020703



P1020707






やはり他にもヨーロピアンなブースが多かったですね。


P1020705






P1020715





今回会場で唯一出会った折りたたみ自転車、BikeFridayのPocket  Rocketとその持ち主、SIDIのテックのアルさんです。


P1020776





さて会場をぐるっと見回った後、受付テントで登録番号を見せ、書 類と記念ジャージーを受け取ると何やらテントの隅でインタビューされる紳士が… 

よーく見ると、なんとコルナゴの創始者、エルネ スト・コルナゴさんその人ではないですか!
さっそくタイミングを見計らってジャージにサインもらっちゃいました。まさかこんな LAくんだりまでやってきていたとは!
P1020720






ちゃっかり記念写真、コルナゴ持ってないのに… コルナゴファンの皆さんごめんなさい!


P1020721





これだけでも参加してよかったかも(まだ走ってないって)。
この ジャージは家宝に決定しました。
P1020835






今日はここまで…
次は翌日のライドのレポートです。

Vector.Y

明日にづづく

Vector.Y氏のLA便り(その6)【橋輪Blog】

さて折り返し地点、後半はいかに

2011.6.24 の【橋輪Blog】より。やはりアメリカには、DAHON Vector X27h はこの1台しか存在しなかった。

P1020644

こうやってパシャパシャ写真を撮っていると、
さっきエイドステーションでオレンジを配っていたおじさんが
つかつかとやってきて、
「その自転車どこで買ったの?」
と聞いてくるので、「まあちょいと日本で…」
とこたえると、
「やっぱり、そいつはアメリカには入ってきてないはずだから。
おそらくそれに乗ってるのはアメリカ中で君一人だよ」
んん、確かに他はいないだろうと思ってたけど、なんでそんなに詳
しいの?
と聞いた所、「ダホンで働いてたんだ。今は辞めちゃったけど」
との事。
こんな所でダホン関係者に会えるとは…
確かにダホン本社もLA近辺らしいのでまんざらデタラメでは
ないかも。

そしてひと時の休息の後、再びゴールを目指しました。

帰りにすれ違う集団
よく見るとビーサンで走ってる人も(笑)。
本当に皆さん思い思いのスタイルで気楽な感じがステキです。
         (画像クリックで拡大)
DSC04750






今度はアメリカ版子連れオオカミ!長時間ライドで果たして後ろの
子供は楽しいのかどうか…
DSC04762






彼方にダウンタウンの高層ビル群が、ゴールはその更に向こうです。
DSC04763






そして遂に感動のゴール(笑)!!業者が出場者もれなく撮影して
たので思わず買ってしまいました。
ガッツポーズ決める直前に撮られてしまったのが残念、凄い形相は
演出です(笑)。
P110605123310623ab






帰りの区間もなんとか似た様なスピードの人と抜きつ抜かれつを繰
り返しながら、結局平均27km/hでした。
全行程では28.5km、走行時間が3時間45分、
休憩も入れると4時間半と行った感じで、
まあほとんどフラットで走りやすいコースというのもありますが、
久々に長距離走ったアラフォーのおっさんにしては上出来かなと…

さて長距離ライド初挑戦のX27hでしたが、一度だけ例の
チェーン外れがありましたが、後は問題なかったですね。
乗り味も剛性感がしっかりして、安定しており結構乗りながら
デジカメで写真撮っても大丈夫でした。
多分自分の持ってるロードで走っても時間に大差なかったんじゃな
いかと思います。

ゴールしてうろうろしていると、Mu SLのグレッグさんが他の
折りたたみ自転車乗りを紹介してくれました。

ブロンプトン乗りのデイブさん
彼はメトロ(LAのバス、地下鉄を含む公共交通機関)の自転
車部門に勤めていて、メトロにおける自転車利用の利便化を進めて
いるそうです。
こういう分かった人がお役所にいるというのは非常に有り難い。
DSC04787






ブースを出していたメトロの横に並んだ折りたたみ自転車軍団(で
もたった3台)
P1020675






おまけ
他にもいくつか面白い自転車見つけました。

二階建てならぬ二階だけ(笑)自転車、よく見るとカンチブレーキ
をずーっと上のステムから引っ張ってるのがステキです。
トップチューブからぶら下がっている丸い物体は一体なんなのか…
DSC04780






タンデム版Bike Friday
折り畳めるけれども、スーツケースも二つだそうです。
DSC04779






こちらもタンデムクルーザー
こちらは夫婦や自転車乗る人が多いのでタンデムは結構見ます。
P1020667



 Vector.Y


     以上、Vector.Y氏のLA便りでした。


                                        

PS:ちなみに次はこんなライドがあるので今出るかどうか迷ってます。
        http://granfondousa.com/losangeles/event_info/routes/



             そして回答は

この前はほぼフラットだったんでどうにかなるだろうと思ったんですが、
今度はコースの2/3が山岳ステージ(苦笑)。
でもまあ何となく勢いで参加することにしました。
ヘロヘロに玉砕するかもしれませんが、やるだけやってみます(笑)。

ガンバレVector.Y氏!日本のDAHONファンも応援してるぜ‼

Vector.Y氏のLA便り(その5)【橋輪Blog】

Vector.Y氏からLA River Ride '11のリポートが届きました。

さて休み明けの本日は、商店街の役員会がありますので引き続き Vector.Y氏のLA便りをお楽しみください。2011年6月23日の【橋輪Blog】より。

メトロの中で会ったDahon Mu SL乗りのグレッグさんに誘われて、
行ってきましたLA River Ride '11
LAの真ん中を流れている川沿いにひたすら走るイベントで、
日本で言えば差し詰め多摩川走行会って所でしょうか…
100、70、50、15マイルとやる気に合わせてコー
スが選べます。
自分は久々のイベント参加(考えてみたら前に出たのは10年
以上前のMTBのクロカンレースでした)、
それもVector初投入なんで100マイルはちょっと遠慮し、
70マイル(約110km)に挑戦してみる事にしました。
これだと丁度出発地点のグリフィスパークから河口のロングビーチ
の港で折り返すコースとなります。

続々と会場に集まるライダー達
DSC04693






今回のイベントに誘ってくれたグレッグさん、彼は50マイル
に出るそうです。

DSC04718







かなりの人出で、裕に1000人はいるんじゃないかという感じです。
大体皆さん、きっちり気合いの入ったロードバイクで出てるのです
が、中には色々と変わり種がいました。

立ち漕ぎならぬ、バイクの上で歩きながら進む自転車。
DSC04698






こちらはタンデムリカンベント、余計なお世話ですがこれで上手く
曲がれるのでしょうか…
DSC04716






そして出発の時間が迫り、
第一陣の100マイルに出場するライダー達
DSC04703






出発前のセレモニーではLAの市長が挨拶、彼自身も自転車乗
りで今日もライドに参加するそうです。
確かに挨拶だけのリップサービスとは違って、結構走ってるぜって
オーラが漂ってました。
DSC04709





DSC04713






そして第一陣が出発した後は自分たち70マイル組の出番。
別にタイムを競うレースじゃないのですが、やっぱり緊張。
スタート後はとりあえず集団に着いてきます。
基本的には川沿いの自転車道路をひたすら走るのですが、川沿いに
道路が無い区間は町中の道を車と一緒に走ったり。
DSC04725






途中で集団がばらけてきて、自分は33-4km/hで走る集団に着
いて行きました。

ついて行った集団、大体こんな感じの風景が続きます。
DSC04727






巡航時でもX27h安定しています。ただ問題なのは鍛えていな
い自分の脚、
だんだんついて行くのがつらくなって、なんとかドラフティングし
ながら喰らいついていましたが、
1時間位走った所でギブアップ、集団から脱落してしまい後は折り
返し地点のロングビーチまでマイペースで巡航
結局折り返し地点までで平均約30km/hでした。

ロングビーチの折り返し地点
P1020644






記念に一枚
DSC04737







ここで果物やサンドイッチが出されるので、むしゃむしゃ頬張りな
がら一休み。天気もよくなり海からの潮風が最高に気持ちよいです。

ロングビーチの港とX27h
遠くに見える煙突の船のはここの名物、船のホテルになっているク
リーンメアリー号とその後ろは
停泊中の豪華客船。
P1020652
          (画像クリックで拡大)





P1020661






           明日に、折り返し‼

Vector.Y氏のLA便り(その4)【橋輪Blog】

メールやりとり

そういえばこんなトラブルあったっけ!

On 2011/06/15, at 3:55, 橋輪 wrote:

橋本様、

おおっ、なんか知らぬ間にレギュラーになっちゃたん
ですか…(冷や汗)。
プレッシャーが… 
あんまり期待しないでくださいね、
ちなみに次は、ライドがあるので今出るかどうか
迷ってます。


ところでX27hの件ですが、
基本的にすこぶる好調です。
ただ只幾つかこまごまと気になったことはあります。

初期のブレーキ時のタイヤ鳴きはけっこうありました
ので、
ハの字にシューを調整したら大分良くなりました。
今はシューがリムになじんできた様で殆ど気にならな
くなりました(鳴るのは劇坂下りでフルパワーで停ま
る時位です)

さてチェーンですが、確かに外れやすいです。
ギアをトップに入れて、踏み込んだらヌルっと滑った
ので、何事かと停まってドライブ系を見たら、
何故かチェーンが外側のチェーンガードの間に変速さ
れて(苦笑)そこで滑っていました。
こんな感じで今まで既に5回ほどありまして(ブログ
用には特に書きませんでしたが)、
一度はチェーンフォールプロテクターを超えて外れて
外のチェーンガードに乗ってしまい、
元に戻らなくなったのでプロテクターの位置を上に上
げました(これじゃプロテクターの意味が無いです
が…)。
その後もチェーンリングとガードの間に挟まりそう
なった瞬間(するっと滑り出した時)にすぐにギアを
ローに落とすとまた元に戻るので、
トップに入れるときは気をつける様にしています。
で他の人はどうかなとググったら、どうもダホンには
ありがちなトラブルみたいですね。


やはり本来アウターのリングが入る所にチェーンガー
ドがついていてインナーの所にアウターが付いている
ので、
必然的にリアをトップに入れるとチェーンラインが斜
めになりチェーンリングを右側に引っ張る力が働き、
トップの小径コグによるチェーンのたるみと相まって
外れやすくなってしまうのではと推測しています。

と言う事でとりあえずチェーンのリンクを一つ詰めれ

大分改善されるのかなと思いつつも忙しくてやってま
せん。
それでもだめな場合はBBを替えてチェーンラインの調
整をしてやらないと行けないのかもしれません。

Vector.Y



さすが気合入れて乗り込んでる方は、ちがいますねー。

納車整備後の試運転で緩ーく乗ってるだけなので全く気が付きませんでした。

      貴重なご指摘ありがとうございます。


          て、何とかせねば。

                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・



  「おっと、これでいいんじゃん」もしかしてVector X10

DSC_1387

DSC_1388
BB同じだし、クランク同じだし、チェーンウォチャー同じだし


あいにく橋輪には、すでにX27hは試乗車も含めて全部完売。

   そこでタケシ君のSPEED PRO TT久々登場。


DSC_2573
      このチェーンガードを外してー



DSC_2575
    裏のチェーンリングを表にもってくる



DSC_2566
関係ないけどサドルもついでにI-BeamからT-Railのゴールドに



DSC_2577
それに合わせてチェーンリングボルトもゴールドで行っちゃいましょう
    (シングル用に変えないといけないので)


DSC_2574
DSC_2588
    チェーンラインは、こんな感じになりました



DSC_2587
チェーンウォチッヤーがX10と比べるとちょっと離れ気味(同じ部品なのに)

         とりあえずこれで試運転。

問題無し、ローに入れても内側に落ちることは有りませんでした。


   BBを良く見てみると、2mm強のスペーサーが、
DSC_2582
       SPEED  PROは、右に2枚

DSC_2581
           X10は、左に2枚

    なもんで左右1枚づつでピッタンコかもね



            「解決かー?」

DSC_2585
 チェーンガードが無くなった分スポーティーになったか?



DSC_2586
DIA-COMPE チェーンリングボルト 2.500円だけの格安対策


でもなんか寂しいかな?全部まっ黒だとビーチクルーザーあたりに付いてくる安物の鉄のギヤ板に見えちゃうね。


pe130s-53-black[1]
           Sugino PE130S  53T  8.100円

このくらいは、おごってやってもいいかもね‼



Vector.Y氏のLA便り(その3)【橋輪Blog】

LAのY氏からけっこう笑える便りが届きました

いや〜今読み返しても【Vector.Y氏のLA便り】は面白い!


こんにちは、
ご無沙汰しています。
さてさてX-27hですが、相変わらず快調です!
毎日往復30kmのチャリ通(&往復一時間の輪行)と週末の遠
乗りでもう600km近くは走ったでしょうか。
特に問題は無く、一見華奢に見えるホイールも今の所ブレ無しです。

元はと言えば、ここ最近の不摂生と運動不足で体重がかなり増えた為、
一念発起して車通勤から自転車+電車に切り替えたのですが、
エクササイズの時間が増えたのはもちろんの事、
意外だったのは、電車や通勤路で思わぬ出会いがある事ですね。
そこにはそれまで渋滞に巻き込まれ一人悶々と運転していた車とは
全く違った世界がありました。
まあこれにはつい一声かけたくなってしまうX-27hのユニーク
なルックスが貢献してるのは言うまでもありません。

と言う事で、今回は通勤途中に出会った面白い人たちを紹介します。
(今回はiPhoneのカメラなので画像悪いですスミマセン)

その1:
ビーチクルーザー乗りのおじさんが、面白いバイク乗ってるなあと
話しかけてきました。
で実はこのクルーザーは友達の借り物で自分の愛車は$4000かけた
GTのLTSで、
ちょっと前に盗まれてしまった。でもこの前偶然盗んだ奴の居場所
を見つけたので、
警察に行って、一緒に捕まえに行くんだと…




  それはさておき、面白いもの見せてあげるぜと


IMG_0077





   何やらおもむろにバイクの上によじ登り…


IMG_0078




IMG_0079







              おおっ、


IMG_0080





何気に、こういう人と出会える自転車通勤はやめられないです(笑)。

その2:

折り畳み自転車はほとんど見ないLAですが、遂に遭遇しました
Dahon乗り、それもMu SL!!

IMG_0111






なんだかフロントのスポークに怪しげな基盤が挿んであるので訊い
てみたら所、
これはSpoke POVなるもので、この基盤上のLEDが回転
にあわせて明滅する事で様々なイメージを浮かび上がらせることが
出来るのだそうです。
早速、実演してもらいました。


IMG_0096





電車は揺れるは周りが明るいはで、上手く撮れませんでしたが、
実際夜には下のリンクの様な感じに見えるそうで、パターンは自由
にプログラムできるそうです。

聞いてみると、彼は日系人のハーフで電子系のエンジニアだそうで、
やはり折り畳み自転車好きなのも遺伝的なものなのかと妙に納得(笑)。

さて彼の情報のよるとその週末にLA River Rideという最長
100マイル走るイベントがあって、
彼もそれに出るんだけれど、興味あったら来てみたらと誘われてし
まいました。

これはダホンの新型(X-27h)の実力とやらを試す絶好の機会
と思い、
行ってみる事にしました。

続く

おまけ、X-27hの写真が無かったので、
LACMA(LA群美術館)の前にて

         (画像クリックで拡大)
DSC04845

明日も Vector.Y!


Vector.Y氏のLA便り(その2)【橋輪Blog】

LAのY氏から素敵でカッコイイ写真が届きました

さて昨日の続きです。ロサンジェルスのサブウェイは、輪行バックがいらないそうです。

橋本さん、

お世話になっています。
ちょこちょこ走ってきましたので写真を送ります。
いやー、X27hいいですね〜。
とりあえず小径折りたたみ車なんてほとんど走っていないLA
ですから、
それはもう目立つこと目立つ事、どこに行ってもかならず"Cool 
Bike!"と声をかけられ質問攻めです(この辺アメリカ人はフランク
なもので)。

今日のフェラーリのイベントを見に行った所、
フェラーニに負けじと人がよってきたので、
思わず折りたたみの実演をして撮影会となってしまいました(笑)。

写真はPalos Verdesという半島からManhattan Beachま
で海岸線をクルーズした時のものと、
通勤途中の輪行風景(LAの地下鉄はバイクに袋かぶせなくて
よいのです)、
それからPasadenaで行われたSouthwest Ferrari Club
のイベントです。

以上海を渡ったX27hの勇姿をお楽しみください。




          (画像クリックで拡大)
P1020399






P1020402






P1020422






P1020424






P1020443







P1020470







P1020476






P1020478






P1020485






P1020492






P1020529

 
     以上、Vector.Y氏のLA便りでした。

Vector.Y氏のLA便り(その1)【橋輪Blog】

Vector.Y氏のLA便り(その1)

いや〜本日千葉はそうとう降りましたよ。お蔭で何も出来ませんでしたので、懐かしい2011.5.23の記事より「Vector.Y氏のLA便り」を再放送でお送りします。tern Verge フレームが、DAHON でデビューしたころのお話し。

ロサンジェルスのY氏からメールが届きました

DSC_1291

これまでの経緯⇒http://hashirin.com/archives/1324067.html



 橋本様、
>
> X27hで大変お世話になりました。
> 無事LAに付きました。
> 梱包をほどいた所、ものすごく丁寧に梱包してあり感激いたしました。
> 車体もおかげで全く問題ありませんでした。
> こちらアメリカに住んでいると、こういう所に日本人のきちんとし
> た所、すばらしさを
> ひしひしと感じてしまいます。
>
> そしてマシンの方ですが、
> 早速ちょっと試し乗りしてみましたが、最高です。
> 乗り味剛性ともに小径車とは思えずついついスピードが乗ってしまい、
> MTBばりの27段変速で自宅前の激坂も楽々、
> そして畳めば電車にも持ち込み可能、
> 自分が求めていた物にほぼ完璧に近い形です。
> 唯一不満があるとすれば、
> ハンドルのポジションが自分の乗り方だとちょっと高いかなという
> 所ぐらいです。
>
> 今度時間があったらビーチにでも持って行ってクルーズしてみます。
>
> それでは取り急ぎお礼まで。
>
> 有り難うございました。
>
>
> PS ブログ見ました。
> 恥ずかしいですね(笑)。
> 当面アメリカ唯一のX27h乗りとして頑張ります!


との事です。
やはりヴェクターシリーズのデリバリーは、世界で日本が一番先だったそうです。


           後に

メールありがとうございました。
> できれば写真など送って頂けないでしょうか。
> またブログでご紹介させて頂ければと思います。
> (ぼくのブログ、熱心なDAHONファンが一日2.000回ほ
> ど見られてます)


と、返信しといたのですが、今さっき、写真添付のメールが届きました。


          次は、こちらをご紹介します。


とても素敵な写真です(DAHON 2012のカタログに使える)


  一枚だけ Vector.Y氏のLA便り  (その2) 


             予告編



         (画像クリックで拡大)
P1020470




今更ながら DAHON のハンドルポストを考える【橋輪Blog】

今夜も再放送でお送りいたします

2016年6月24日の記事より



2016モデルのラインナップで、カスタムに使えそうなワンピースタイプのハンドルポストを見ても6種類ある。この6種類を一覧にしたので参考にして頂きたい。長さは、280 / 300 / 330 / 425mm で、角度はそれぞれ 8°と12° だ。(tern は、250 / 290 / 350mm 6° 12°) 皆さんが気になると思われる一番短い280mm のハンドルポストだが2016 Mu Elite 用でバックオーダーだったものが3本入荷した。

(1)Mu Elite Syntace VRO Out 280mm  8°(ブラック)
(2)Mu SLX Syntace VRO Out 330mm  8°(ブラック / シルバー)
(3)SPEED Falco Ltd  Syntace VRO Out 300mm  8°(ブラック)
(4)SPEED Falco / Visc P20 Radius onepiece Out 300mm  8°(ブラック)
(5)Horiz Radius onepiece In 300mm  8°(ブラック)
(6)Presto SL Radius onepiece Out 425mm  12°(ブラック)
※Outo 外折れ In 内折れ

DSC_4262
Mu Elite用Syntace VRO Stem 280mm 8° 15.000円(税別)  



DSC_4264
レバーキーパー付だ。



DSC_4263
長さは280mm だが何処を基準にして280mm なのだろう?



DSC_4286
当然ヘットパーツに当たる部分は斜めになっている。DAHON 担当者によると、ポストを横から見てT バーの中心から斜め真中までの距離が280mm あるということらしい。


DSC_4265
手前が船長のMu SLX から外した330mm のポスト。これだけ長さが違う。



DSC_4268
長さが違えば目方も違うだろうとスケールに乗せてみると、330mm のSLX用 が546.0g。



DSC_4269
280mm のElite用が、520.5g とやはり25.5g 軽かった。



長さの次は角度だ。8°と12°とは、何処の角度だろう?

DSC_4266
平らな面に立ててみる。同じ8°と表記するElite(右)と SLX(左)では、こんなにも違うでないか? 長さの違いによる目の錯覚だろうか?



DSC_4284
ラインを引き一直線上に並べてみる。



DSC_4285
確かに手前のElite の方が前方に倒れている。



DSC_4287
こちらもDAHON 担当者による説明だと左に見えるフォークのコラムからポストがどれだけ前方に倒れているかの角度を言うらしい。では何故同じ8°でこれだけ違うのだろう?

M_01_BL[1]
L_02_TI[1]
これはDAHONウェブサイトからの写真だ。

縮尺が同じなので上のElite の方が451で車輪が大きい。だがテーブルに置いたハンドルポストに、あれだけ角度の差があったのに対し、車体に装着された写真で見ると差ほど違いが無いように見える。(シートポストとハンドルポストの平行度で見ると解りやすい) ということは、406モデルと451モデルでは、フレームのヘッドアングルに違いがあるということだ。8° 12° とは部品の詳細ではなく、車体のカタログスペック上の値だと言える。

皆さんカスタムの際は、この辺を加味してチョイスしないと理想のポジションは取れませんよ! 

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ