橋輪店内写真公開!【橋輪Blog】

橋輪店内写真公開!

IMG_0293

今日の【橋輪Blog】は、覗いて見たいけどちょっと遠くてムリって方のために店内写真を公開してみましょうか。それでは、「いらっしゃいませ!」。

IMG_0294
入り口ドア右側から FUJI のクロスバイクがお出迎え。



IMG_0320
頭上には、ピストホイール。



IMG_0295
そして左側には、2010〜2020年までのDAHON オーソライズドディラー認定プレートと Mu SLX。



IMG_0296
最上段には、DAHON 35周年記念モデルのカール。



IMG_0297
おっと20% OFF になってますね!



IMG_0329
狭い店内におもいっきり詰め込んでるのでドンキホーテ鮨詰め状態。



IMG_0298
こちらはボードウォークの納車整備中。



IMG_0319
カギ&ライトコーナー。



IMG_0304
その後ろにはリクセンのバック。



IMG_0305
上には、ラレーのミニベロがぶら下がってますね。



IMG_0306
こちらは、tern SURGE PRO。



IMG_0299
下には、Dove Plus が鎮座。



IMG_0300
こちらの子供車は、リトルトーキョーバイク。



IMG_0301
縦になってぶら下がってるのは、FUJI のロードとピスト。



IMG_0302
RIDEA のパーツも充実。



IMG_0308
左ラック下段は、DAHON Ciao。オレンジのプラコップは、IKEA で買ったもので DAHON のシートポストがラックの網を突き抜けない工夫。



IMG_0309
中断に、SPEED Falco。



IMG_0310
上段は、tern Verge N8 フルカラーラインナップ。



IMG_0311
お次右ラック下段は、DAHON Route。



IMG_0312
中段ボードウォーク。



IMG_0313
上段に、DAHON Curve。



IMG_0314
奥には車いすコーナーで左は、アテネパラリンピックで国枝慎吾選手が金を獲得したテニスマシーン。



IMG_0315
STRIDER もやってるよ! ちなみに千葉県でストライダーの販売始めたのうちが一番だかんね!



IMG_0307
カウンター上には、デットストックの MASI コルテロフレーム。


IMG_0317
奥左には、tern のミニベロ。



IMG_0318
2019年モデルのSURGE / SURGE PROが、SALE になってまっせ!



IMG_0316
メインステージに立つのは、パシュレー SPEED 5。



IMG_0321
Dynavector DV-1。その奥は、モールトン試乗車の TSR-9FX。



IMG_0322
モールトンフレームは、SUPER SPEED と SST。



IMG_0323
その左には、橋輪オリジナルの KIMORI COLOSSUS HR。手前の ULTEGRA Di2 仕様は、売約済みになってますね!奥には、GOKISO ハブを組んだモールトン AM-SPEED が。


IMG_0324
その頭上に並ぶのは、全ぇ〜んぶ小径車用ホイール。これだけスモールホイールが並んでたら小径車ファンは喜ぶよね。「ちょっと合わせてみていいですか」なんて自分の自転車にかざして見たりして。


IMG_0325
ジョゼフ・クゼのフルカーボン20インチの406と451。



IMG_0326
tern キットデザインバトンの406に451。



IMG_0327
二度と手に入らない HED JET-20 と JET-17。



IMG_0328
そして昨日ご紹介した ANDOZA。



IMG_0332

しっかりママチャリもやっております。

今夜はこのへんで!



ANDOZA HAWK B5 Limited Nickel Edition【橋輪Blog】

ANDOZA HAWK B5 Limited Nickel Edition

DSC_9214

ANDOZA HAWK B5 Limited Nickel Edition が少量ながら入荷しました。今回は、ブラックスポーク&ニップルバージョンをご紹介しますが、コストが上がったのかスポークがブラックになっただけで価格が10パーセントほど上がっています。

DSC_9201
ANDOZA HAWK B5 Limited Nickel Edition F/R Set 
(ブラックスポークバージョン)207.000円(税別)
(F.406  16H  650g / R.406  16H  790g)
F 70 / R130mm カンパフリー
MOULTON DOUBLE PYLON 専用


DSC_9202
HAWK B2 Chrome Silver のハイポリッシュとは異なるニッケル仕上げで、完全なる鏡面加工が施されています。


DSC_9203
ブラックブレードスポークバージョンです。



DSC_9208
DSC_9204
フロントは、モールトン・ダブルパイロン専用のエンド幅70mm。



DSC_9206
DSC_9205
DSC_9207
リヤは、エンド幅130mm のカンパフリー。



DSC_9213
スポークニップルホールのない None Rim Tape Designed System。




DSC_9209
付属する小物袋には、



DSC_9210
チタンシャフトアルミレバーのスキュアー。



DSC_9211
スペアースポーク&ニップルが3本。



DSC_9212
バルブエクステンダー&レンチが付属。



DSC_9214
ANDOZA HAWK B5 Limited Nickel Edition F/R Set 
(ブラックスポークバージョン)207.000円(税別)
(F.406  16H  650g / R.406  16H  790g)
F 100 / R130mm シマノ 11 s フリー


DSC_9216
フロントエンド幅 100mm。



DSC_9219
リヤエンド幅130mm。



DSC_9218
フリーハブは、Shimano 11 s 対応。



DSC_9200

相変わらず最高品質ゴージャスホイールに、おもいっきり家庭的内職チックなリムカバー付いてきます。

久々にモールトン SUPER SPEED の続きやろっかな!



みなさん明けましておめでとうございます!【橋輪Blog】

みなさん明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。2020年の橋輪仕事始めは本日6日からですが、ぼくは午前中に恒例の柏市長との顔合わせ。お昼前に出社するとスタッフ二人はマスク顔。午前中に診察を受けたタケシはインフルエンザとの診断を受け直ちにお昼でフェードアウト。シュンは、午後の診察でインフルエンザの治りかけとの診断。休み明けの本日月曜日は、パンク修理祭となりました。よって今夜は社長室よりお届けします。

IMG_0291
飛行場閉鎖から3ヶ月近く。暇なもんだから持ってる飛行機全部完全整備完了。右から60、70、50、35、隣の部屋の32cc のガソリンエンジン機が5機。


IMG_0290
グローエンジン機が4機に電動パワーソースが4機。これら全て何時でも飛べるよう整備した。今回注目は壁にかかった一番左の黄色い蚊トンボみたいなやつ。


IMG_0275
お正月にこれ飛ばしました。ぼくがラジコン習った一番最初のモスキートモス号という機体であります。バルサキットから作った思入れの機体です。多分初めて習った機体を今でも飛べる状態で保存しているラジコンパイロットは少ないとと思います。エルロンのない3チャンネル操縦で主翼と胴体の接合は、白いパンツのゴムです。当時の設計では、クラッシュした際ゴムが外れて多少は被害が大きくならないと言う考えです。パンツのゴムから卒業したくて毎日一生懸命朝練に通い詰めたころを思い出します。


IMG_0281
2020年1月3日飛行場の帰りに iPhone 11 PRO にて撮影。

何か初心に戻った気分でした。今年も橋輪を宜しくお願いします。

みなさんインフルには、お気を付けて!



CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(完成編)【橋輪Blog】

CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(完成編)

いや〜ブレーキキャリパーのカーボンリーフスプリングまで作り直すとは、未だかつてなく難航したフレームでした。おおよその難関乗り切ったと思われますのでここからはサクサク行きますよ。

IMG_0216
フロントホイールを組んでブレーキシューの当たり調整。これもかなりやり難い。



IMG_0218
また余ったインナーケーブルの処理が厳しい。



IMG_0218 - コピー
めいっぱい短く切れる所がここまでなのでエンドキャップとタイヤのクリアランスがギリであります。



IMG_0106
クランクを組んで行きます。



IMG_0107
クランク BB の組合せでチャートを見るとドライブ / ノンドライブサイドに2.5mmのアルミシム。※印付きでノンドライブに0.5mm のナイロンワッシャーとある。


IMG_0108
アッセンブリーしてみてプリロードアジャスターが締め込めないならば0.5mm ナイロンを抜けと言う意味だ。



IMG_0109
全部入りでプリロードアジャスターが45分ほど締め込めたのでOK。



IMG_0144
次にフリーボディーをカンパから SRAM に変更。



IMG_0146
えええ・・・・ロックナット緩む気配がないぞ! ちょっと待てよ・・・・



IMG_0145
へ〜、カンパホイールって逆ネジだったのね。知らなんだ。



IMG_0147 1
無事外れました。



IMG_0148
SRAM にチェンジ。



IMG_0150
カセットも勿論 RED。



IMG_0151
RED カセット組み付け完了。



IMG_0228
リヤホイールを付けるとこの特殊な形状のリヤエンドにディレーラーがヒット!



IMG_0229
B テンションボルトをこれでもかってぐらい締め込んで何とか回避。SRAM が言うローギヤとガイドプーリーの間隔が6〜8mm なんて到底及ばない月と太陽ぐらい離れてしまった。変速性能に影響が出そうだ。


IMG_0230
フロントディレーラーの角度が良くないね。



IMG_0232
これは便利なアジャスト機能で調整。トルクススクリュウーには、ロックタイトを塗布した。



IMG_0248
これでフロントディレーラーの角度は、OK。補強のためのウェッジを取り付けた。



IMG_0249
KMC X11 SL チェーンを取り付けるとまたエンドと干渉したので更にBテンションを掛ける。



IMG_0258 1
BB に対するクランクの位置が悪いのか、それとも FD ブラケットが出ているのか、ロー側のアジャストスクリューは、触らないほどに緩めなくてはならず飛び出したイモネジにクランクアームがコツン。ローアジャストスクリューは外してしまいました。


IMG_0252
FD / RD 共にSRAM のマニュアルに従わないセッティングとなったが変速性能は至って普通。



IMG_0257
Blip リモートシフターにバーテープ巻くの難しいのでバーテープにブリップより少し小さな穴を開けて顔を出させた。


IMG_0254
バーテープは、こんな感じか。これにて全てコンプリート!



それでは、完成お披露目であります。

DSC_9185




DSC_9187




DSC_9188




DSC_9189




DSC_9194




DSC_9190




DSC_9192




DSC_9196




DSC_9197




DSC_9195




DSC_9198
オーナーは、「お客さんの工作技術が凄い件」の S さんでした。



DSC_9182
そして以前に組んだ DEROSA は、



DSC_9184
新たに ZIPP ホイールを新調。

これ、どちらも日本に一台しか無いので有ります!


皆さん、今年も【橋輪Blog】をご覧いただきありがとうございました。良いお年をお迎えください。



【お正月休みのお知らせ】
12月30日より1月5日までお休みします。





脚フェチなもんで!【橋輪Blog】

脚フェチなもんで!

IMG_0075

明日一日では大掃除が終わらない気がして本日から始めちゃったもんで今夜は社長室よりお送りします。完成したタイガーモスの脚なんですが、いくらセミスケールモデルだと自分に言い聞かせてもこの小型機のような針金脚ではちょと納得いきませんので、ストラットカバーを作ってみます。

IMG_0251
見て見てインストラクションマニュアルには、ちゃんと絵が載ってるのにそんな部品キットに入ってないんだから。酷いキットだが最後まで楽しませてくれます。


IMG_0104
先ずは6ッのブロックのバルサ板を接着。



IMG_0111
こんな感じ。



IMG_0110
ピッタリ合いますね。



IMG_0112
これに流線型のガイドラインを書き込みます。



IMG_0113
カンナで大まかに削って行きます。



IMG_0140
仕上げはサンドペーパで。



IMG_0142
これ実に楽しい作業であります。



IMG_0143
こんな感じで生地完成。



IMG_0163
ちょっと合わせてみましょう。



IMG_0164
ん〜いい感じです。



IMG_0166
翼に合わせたシルバーのフィルムを張って行きます。



IMG_0220
溝を塞ぐ角棒にも張りました。



IMG_0223
取付は、エポキシ接着剤。



IMG_0226
どうよスケール感チョイ増し!

飛行場閉鎖から2か月半以上が経過。あい変わらずラジコン暇人入ってます。お正月休みは行かれるだろうか?

明日、今年最後の【橋輪Blog】は、CIPOLLINI TT バイク完成編を!


【お正月休みのお知らせ】
12月30日より1月5日までお休みします。





A さんのデルタなひと時(年末ポタリング編)【橋輪Blog】

A さんのデルタなひと時(年末ポタリング編)

A さんから年末ポタリングレポート3本届きました。それではご紹介します。


今年も一年間お世話になりました。ありがとうございました。
年末のご挨拶も兼ねて、最近のポタリングをご報告します。

1
まずはMu  eliteで大山の麓の蒜山高原に行ってきました。



5
高原を一周するサイクリングロードが完備されていて、そこを一周してきました。



2
今までいろんな自転車専用道を走ってきましたが、最高のロケーションでした。


4




3
高原のわりにアップダウンも少なく、気持ちよく走る事ができました。



6
次にDovePlusです。朝イチで新大阪から新快速に乗り込み輪行しました。京都までは混み混みでしたが、その先は乗客も減り、気兼ねなく輪行できました。


7
向かった先は安土城跡です。



8




9
近江八幡駅で下車して一駅隣の安土城に向かいましたが、道を間違えてしまい、思わぬロングライドになってしまいました。


10
それでもしっかりとJRで輪行する事ができて、今後の輪行ポタリングも楽しめそうです。



11
最後はTern DELTAです。


12
車に積み込んで桂川・宇治川・木津川が交わって淀川に流れ込む三川合流地点のさくら出会い館に行きました。


13



14



15
そこから木津川を遡りました。前回来た時に渡る事ができた流れ橋は、台風の大雨で流されていました。自然の力の恐ろしさを感じました。春には同じメンバーで嵐山まで走ってきます。



このように3台の自転車(通勤車も含めると4台)を目的に応じて使い分け、ポタリングライフを楽しめるのも、橋輪様のおかげだと思います。ホンマにありがとうございます。皆さまお揃いで、どうぞ良いお年をお迎えください。


16

昨年の正月休みはDELTAのセットアップで楽しかったのですが、今年はすることがなくて退屈です。ネットで見つけたこの写真を見て、DOVEを弄いはじめています(大汗)また報告します。

このK3前回のカスタムバイクコンテストで一番気になってました。エリートの大山ってどこですか?


ですよね。これ見たらどうなってんやろ?って思います。大山は鳥取県の山です。

ダブのホイールを探していてlite proというホイールを買いましたがフロントホイールは純正より重くてガックリきました。


あららそれは残念でした。

来年も楽しいレポートお待ちしております!


FUJI のアドベンチャーロード JARI 1.5【橋輪Blog】

FUJI のアドベンチャーロード JARI 1.5

DSC_9167
JARI(ジャリ)1.5

2020  FUJI
JARI 1.5                  176.000円(税込)
橋輪プライス   158.400円(税込)
フレームサイズ:46 / 49 / 52 /54 / 56cm
20 Speed   10.2kg

FUJI のアドベンチャーロード JARI のアルミフレームバージョンは3タイプ。Shimano 105 搭載の1.1、SRAM Apex 1X 搭載の1.3、そして今日ご紹介する Tiagra コンポ搭載の1.5 で、A6-SL アルミフレーム&FC-440 カーボンフォークは、全て同スペックとなっています。カラーは、マッドオンリーです。

DSC_9168
極太タイヤのため29インチぐらいに見えるホイールサイズは、700c。



DSC_9169
タイヤは、Panaracer GRAVELKING SK Sport  700×38c で耐久性と軽さを兼ね備える。



DSC_9170
FC-440 クロスカーボンモノコックフォークは、12mm スルーアクスル仕様。



DSC_9171
クランク:FSA Tempo Adventure 46/30T



DSC_9172
フロントディレーラー:Shimano Tiagra



DSC_9173
リヤディレーラー:Shimano Tiagra



DSC_9174
カセットスプロケ:Shimano HG500 11-34T 10 Speed



DSC_9177
シフター:Shimano Tiagra



DSC_9175
ドロップバーは、OVAL のフレアドロップタイプ。



DSC_9178
1 1/8、1 1/2 のテーパーヘッドセット採用。



DSC_9181
TEKTRO メカニカルディスクブレーキ。ローター径は、160mm。



DSC_9180
前後、12mm スルーアクスル仕様となっています。



DSC_9179

JARI 1.5 外観からは想像もつかないほど軽いです。

何処へでも行けそう!



”暗黒のドローン” 初ソロフライト【橋輪Blog】

”暗黒のドローン” 初ソロフライト!

IMG_0153

突然に暗黒さんがやってきた。「ドローンあげます」ハイスペックの DJI Mavic PRO とコンパクトな Mavic Mini を買ったので中間に位置するこの Mavic Air が要らなくなったそうです。誰にでも飛ばせるんですが、操作を間違えると危険なものになるのでラジコンの知識があるぼくにって事みたいです。今まで暗黒さんとは色々なものをやり取り(僕の場合ワンオフで何か製作してもらう方が多いが)していて、今回は物置をあげたお返しにドローンが来たみたいなもんですかね。ともあれ高価なオモチャ頂きましてありがとうございます。

DSC_9159
DJI Mavic Air このセットで130.000円ぐらいするそうです。



DSC_9161
アームを広げるとこんな具合。



DSC_9164
コントローラーには、アプリを入手したスマホをセット。



DSC_9165
これで飛行開始状態に。



DSC_9163
取扱い(今時は取扱説明書が付属しない)と操作の仕方は暗黒さんに教わったが、例えばスマホで電話が出来てインターネットが見れることは理解しがたいが、このドローンどのようにコントロールしているぐらいは、空物好的には知っておきたい。


DSC_9162
しばし眺めるとこうだと推測する。クワド(4)コプターなので4つのプロペラを持つが全て同じではない。大きな一つのメインローターを持つヘリコプターは、浮上してスキット(ソリ)と地面の摩擦が無くなるとローター回転の反トルクで機体が回り出してしまう。これを押さえるために尻尾の後ろに付いた小さなテールロータで反トルクを打ち消している。


DSC_9162 - コピー
良く見ると赤と黄色では、プロペラピッチが逆になっている。黄色が左回転で赤が右回転。互いが反トルクを打ち消し合っている。


DSC_9162 - コピー - コピー
次は、ピッチコントロール機構もないのに何故前進するのか? プロペラ回転計は持っているが飛行移動中は計測できないので推測だが、ヘリコプターがホバリングから前進する際、頭を下げるのと同じで前後のプロペラに回転の差を付けることで前進。逆にすれば後退。


DSC_9162 - コピー - コピー (2)
左右への移行は、同じくこう。



DSC_9162 - コピー - コピー (3)
それでは、その場での回転は? 先ほどの反トルク打消しのバランスを崩すことで回転。


初めはクレーンゲームのように「行って止まって回って進む」で目的地に到達できるが、飛行機のように自然で綺麗な旋回をさせるなら前進、横方向、回転の3舵の同調が必要になる。車でカーブするように回転の舵を大きく入れすぎるとオーバーステアになり横方向が多いとアンダーステアとなる。だがこれ綺麗な旋回を楽しむための飛行物体ではなく、例えば木の回りを1週撮影するってのが目的だからドリフトカーのように常にカメラが被写体を向いたまま旋回できる練習をするべきかな。


DSC_9166
このバック1個で出かけられる。



早速、昨日飛ばしてみた

IMG_0238
IMG_0239
IMG_0241
IMG_0240
IMG_0243
これラジコン飛行機ヘリコプターでは絶対ムリだけど一端コントローラーをおいて一眼レフに持ち変える。


DSC_9156
DSC_9157
ホバリング中のドローンを一眼レフで撮影。

ドローンにはあまり興味がなかったが、ラジコン飛行機が遠方に墜落した際、頼もしい捜索隊になると確信!

ありがとう暗黒さん


TRP SPYRE ディスクキャリパーについて【橋輪Blog】

TRP SPYRE ディスクキャリパーについて

昨日ご紹介した ARAYA Muddy Fox CX Mini に装着されているディスックキャリパーですが、メカニカルディスク(油圧(ハイドロリック)ではなく機械式でブレーキワイヤーで引くタイプ)ながら凄い機構を持っているんですよ。

TRP って元々TEKTRO のレーシングスペックモデル(テクトロ・レーシング・パーツとでも読むのか?)で、ハイグレードな製品をラインナップしています。普通メカニカルだとシングルアクションなのですが、ハイドロと同じくダブルアクションになってるんです。

IMG_0207
ディスクキャリパー:TRP SPYRE MD-C605C
普通のシングルアクションのキャリパーだと「SPYRE」の文字が入るレリーズレバーを右のブレーキワイヤーで引く片押しタイプとなります。


IMG_0209
ところがこれ反対側にも繋がってるんです。



IMG_0208
IMG_0212
両側にレリーズレバーがありダブルアクションなのであります。それではダブルアクションが何故よいのか説明しましょう。



IMG_0227 - コピー
これは、ハイドロリックディスクブレーキの説明です。灰色がキャリパーボディー本体、赤がブレーキパット、青がディスクローターです。ピストンとシリンダーは省略してあります。ハイドロですと左右のパットにピストンを持っています。ピストンが入っているシリンダーに油圧(左右のシリンダーの油路はバイパスされている)を掛けるとパスカルの原理で均等にパットが押されます。ですから調整の必要がないのです。では何故ブレーキレバーを放すとピストンが戻るのでしょうか。油圧を掛けるとシリンダーとピストンの気密を保つシールリップがよれ圧力が下がるとよれが戻る力でピストンを元の位置に戻すって訳です。でもピストンが戻ってもパットは戻らないのでは。その通りです。自動車やモーターサイクルのディスクブレーキでは、パットは常にローターに軽くこすれている状態です。エンジンパワーが大きいので無視できる抵抗なのです。ですが自転車では大きなロスとなるので、セパレーター用にリーフスプリングでパットも戻しています。先ほどのシールリップの機構からブレーキパットが減る度に自動調整してくれるのもハイドロの特徴です。

IMG_0227 - コピー (2)
お次は、シングルアクションのメカニカルディスクです。右側のパットはボディーに固定(出し代の調整はあるが)です。パットを押しているのは左側のみ。今フレーキレバーを握り始めした。左パットはローター当たります。右パットはボディーに固定ですからローターに触ってません。これで終わりかと思いきやメカニカルの力でもこんなもんではありません。まさかのこの後ローターがしなって左右のパットが掴むのです。いやでしょ〜! ですから調整が面倒なのです。

IMG_0227 - コピー

メカニカルでありながらハイドロの動きを可能にした TRP。
こうゆう部品好きだな。流石です。

ああ、この絵書くの大変だった!




2020 ARAYA MuddyFox CX Mini【橋輪Blog】

2020 ARAYA MuddyFox CX Mini

DSC_9133
DSC_9143
MuddyFox CX Mini(マディーフォックスCXミニ)

2020 ARAYA
MuddyFox CX Mini   118.800円(税込)
橋輪プライス      106.900円(税込)
16 Speed     11.9kg

アラヤのミニベロ MuddyFox CX Mini です。フルサイズの MuddyFox MFB のミニ版が、 MuddyFox MFM で、グラベルロード MuddyFox CXG のミニ版が今日ご紹介するマディーフォックスCXミニとなります。カラーは、ミスルトーカーキ、フレームサイズは、480mm オンリーで身長160〜175cm をターゲットとしています。

DSC_9134
20インチのホイールサイズは、MFM の406より大きい451を採用。



DSC_9135
タイヤは、TIOGA Power Block 20×1.6(41-451)。



DSC_9152
クランク:Sugino RD-5000D 52-39T



DSC_9137
フロントディレーラー:Shimano CLARIS



DSC_9147
フロントディレーラーは、変速性能を向上させるサブシートチューブにマウントする。



DSC_9151
リヤディレーラー:Shimano CLARIS



DSC_9139
カセット:Shimano CS-HG31-8 11-32T 8 Speed



DSC_9140
デュアルコントロールレバー:Shimano CLARIS



DSC_9144
ハンドルバーは、グラベルを意識したKALLOYフレアドロップを採用。



DSC_9141
DSC_9142
KALLOY製のオリジナルハンドルステム&シートポストには、ARAYA のロゴ。



DSC_9148
ディスクハブは、Shimano HB-TX505 / 5058。



DSC_9149
ディスクキャリパー:TRP SPYRE MD-C605C



DSC_9145
ホリゾンタルデザインのクロモリフレーム&フォーク。



DSC_9146




DSC_9150

このディスックキャリパー機械式(油圧ではなくブレーキワイヤーで引くタイプ)ながら凄い機構を持っているんですよ。

明日は、その辺にちょっと触れてみます




記事検索
Archives
  • ライブドアブログ