S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その4)【橋輪Blog】

S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その4)

IMG_2444

E-POST2 EVO シートポストシステムのお次は、様々なギミックがありそうな ZED3(セドスリーと読むらしい)クランクシステムです。

IMG_2445
クランクアーム先端に170 / 172.5 / 175 の刻印あり。これはもしやクランク長が変えられるのか。



IMG_2446
裏から見るとこんなおむすび型であります。



IMG_2447
アルミから削り出された R / L の刻印があるペダルボス(アダプター)と矢印があるスチールプレート(専用ワッシャー)。



IMG_2448
IMG_2449
これがピッタリ嵌まるみたい。



IMG_2450
表から見ると中心からオフセットしていますね。



IMG_2451
専用ワッシャーをアダプターの穴位置に合わせると矢印が170を指してます。なるほどこれでクランク長170mm にセットできたってわけね。


IMG_2452
でもって不思議なのがこのカーボンコンポジットのクランクです。ここはあまり触りたくない部分ですがクランクを外さないとチェーンリングが取り付けできません。



IMG_2453
妙な形の BB ですが上部のスリットに注目!



IMG_2454
なんと BB がクランクアームと共に回ってます。



IMG_2455
スリットを締め付けているボルトを緩めてみましょう。



IMG_2456
反対側に2.5mm のアレーンキーが刺さる丁度いい穴があるので、こいつで回してみましょう。んん、全然回ってくれる気配がないです。


IMG_2457
これもしかして ROTOR のクランクプリロードアジャスターと同じ理屈なのか。ボルトを抜いてみます。


IMG_2458
このスリットにマイナスドライバーを差し込んで、



IMG_2459
リング状のものが開く方向に力を掛ければ・・・わりと簡単に緩みました。



IMG_2461
難なく外れてくれました。このリングに入ったスリットがみそのようです。



IMG_2462
もう手前側のクランクアームはグラグラです。



IMG_2463
ベアリングのエッジで傷がつかぬようマスキングテープを張りました。ここから向こうにコズいてやると、


IMG_2464
ゴロンといったぞ!



IMG_2465
まさかのフルカーボンワンピースクランク!



IMG_2466
チェーンリングボルトの取付穴が見えました。PCD130 と 110mm に対応してるみたいです。


 
IMG_2468
フロントディレイラーのメカニカル&Di2 用のリードパイプが別々に用意されていますが、



IMG_2467
BB 内はフィックスとなっていてここでエレクトリックケーブルなどを繋ぐことはないようです。



IMG_2473
IMG_2474
IMG_2475
IMG_2476

これはちょっと見行っちゃいますね。ワンピースクランクなんて BMX だけかと思ってた。しかもフルカーボン。

明日につづく、


買ってちょうだい Dead Stocker アスチュードサドル売れました【橋輪Blog】

買ってちょうだい Dead Stocker アスチュードサドル売れました

IMG_2093

ASTUTE SKILITE 3.0 FLUO 30.500円(税別)
カーボンレール(ブラック / イエロー)

「買ってちょうだい Dead Stocker」でセールを掛けたアスチュードのサドルが売れました。esr Magnesia ってミニベロでピッタリのサドルを探していたようです。梅雨の期間の合間を縫って海まで行って撮影された写真を送って頂きました。次は、TRP のダブルアクションブレーキキャリパーへの交換を模索しているそうです。これから色々と楽しそうですね。それではご紹介しましょう。

DSC_0217




DSC_0220




DSC_0218




DSC_0227




DSC_0223




DSC_0224




DSC_0222




DSC_0221

遠州灘でしょうか奇麗で物凄く広い砂浜ですね。これは本当にドンピシャ来てます。

写真有難うございました!




S さんのコレクション放出 DAHON ANNIVERSARY【橋輪Brog】

S さんのコレクション放出 DAHON ANNIVERSARY

DSC_0136

DAHON 30周年記念の Limited Edition ANNIVERSARY のカスタムです。オリジナル部分は、フレーム、BB、クランク、シートポスト、シートポストクランプ、サドルの6点のみです。

DSC_0139
DAHON 30周年記念のヘッドバッチは、001 of 300 のシリアルナンバー入り。すなわち300台限定中の001番。


DSC_0143
フルカーボンホイールはリムハイト50mm の451サイズ。DAHON のロゴは、後から貼ってます。タイヤは、 SCHWALBE 1 ONE 23-451。



DSC_0145
フロントブレーキは、RIDEA FLV。406用フォークに451対策のロングV。



DSC_0141
フォークは、tern のエアロブレード。



IMG_2428
フロントハブは、tern のフォークエンド74mm に合わせて RIDEA に組み替えてます。



DSC_0142
ヘッドセットは、殆ど見えないが、RIDEA のシルバーを採用。



DSC_0138
ZIPP Vuka Bull Bar カーボン40mm TT バーをRIDEA ESF2 Extendable Stem(31.8mm) のステムでクランプ。



DSC_0147
ブレーキレバーは、SRAM S-990 AERO。



DSC_0140
フォークに合わせハンドルポストもtern を使用。



DSC_0146
シフターは、micro SHIFT 9 Speed を機械加工して RIDEA ステムに取り付けてあります。



DSC_0148
チェーンリングは、POWER TOOLS の62T 。



DSC_0149
wellego ペダル。



DSC_0155
リヤディレーラーは、DURA-ACE RD-7900。



IMG_2432
カセットは、トップ9T のカプレオ 9 Speed。リヤハブは、金輪カプレオ互換ハブの135mm に組み替えてあります。



DSC_0154
リヤブレーキキャリパーは、SRAM RED。



DSC_0150
シートポストは、オリジナル CONTROLTECH DAHON カーボン。



DSC_0152
サドルもオリジナルの Sanmarco DAHON カーボン。



DSC_0151
角に擦れありますが、



IMG_2429
新品の予備付いてます。



DSC_0153
ツールボックスは、Bontrager Drafut Box 2。



IMG_2438
ただ一つ難点ありで、フォールディングですがここまでしか畳めません。



IMG_2440
サイクルロンピューター、



IMG_2441
ヘッドライト、



IMG_2439
テールライト、



IMG_2437
カーボンボトルケージの全てが全部付きです。



DSC_0157

S さん DAHON ANNIVERSARY Hi Speed Custom

160.000円でお願いします!

※S さんの個人売買なので消費税はかかりません

明日は、火曜定休日の」ためご興味ある方は、メールにてお問合せ下さい。







S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その3)【橋輪Blog】

S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その3)

DSC_0134

この LOOK 795 フレームは、特に3つの特殊な機構を持つ。E-POST2 EVO、ZED3 CRANK、AEROSTEM がそれだ。どれもお初な作業だがどれから手を付けるか。一番リスキーなのが鋸でぶった切るインテグラルタイプのシートポスト E-POST2 EVO。全ての組み立て終えてこれで失敗するか、初めに失敗して全てを諦めるか悩んだ末これから始める事とする。

IMG_2308
シートピラーとなる部分のみカーボン柄が露出。



IMG_2405
Sella ITALIA SLR TEKNO FLOW



IMG_2406
殆どカーボンだ。



IMG_2407
重さは、101.5g。



IMG_2408
これが LOOK の E-POST2 EVO。



IMG_2409
IMG_2410
このスライドがクイルになってるみたい。



IMG_2335
付属パーツ群の中からここに使いそうなパーツを探す。



IMG_2411
この辺がそれっぽい。



IMG_2412
各種サイズのカーボン輪切りは、30mm までの範囲で高さ調整が可能。



IMG_2413
ヤグラは、カーボンレールなので右側のオーバーサイズを使う。



IMG_2414
こんな感じでレールを掴み、



IMG_2416
下にクイルが入る。



IMG_2418
4.00 N-m で締めろとある。



IMG_2419
とてもじゃないが4まで締める勇気がない。3で止めといた。



IMG_2415
クイルには、グリスを塗布しておいた方が良さげだ。



IMG_2427
でこの部分が、Shimano Di2 内装バッテリーの取付け。



IMG_2422
さー行くぞ!



IMG_2423
Connection Batterie は、Di2 エレクトリックケーブルのリードパイプ。



IMG_2424
これが付属するソーガイド。・・・・・・・やっぱためらう。



IMG_2421
このサドルだと上からクイルが締められる。



IMG_2425
こんな感じ。



IMG_2426

てなわけでシートポストカットは、後回し。それと今この LOOK を組んでいる S さん最近えらい勢いでロードが増えているため置き場がなくて困ってるらしい。なわけで明日は、

S さんのコレクション放出!

DSC_0135




RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因に迫る(その5)【橋輪Blog】

RIDEA のビックプーリー RD5-E60FC-C 調整編

IMG_2376

シフトアップ時に全く同期しなくなってしまった RIDEA ビックプーリー。そんなもんが市場に出回るわけがない。これからじわりじわりと煮詰めていきます。何が何でもこんなにひどい訳が無い。先ずは、基本的にディレーラーハンガーの曲がりを疑ってみる。

IMG_2387
やはり内側に曲がっていました。リヤディレーラーにヒットしたキズあり。



IMG_2381
かなり改善されましたが、まだまだダメシフトです。次に疑うのが変速性能を左右するカセットギヤとガイドプーリーの距離です。


IMG_2382
B テンションボルトを緩めていきガイドプーリーとロースプロケットをどんどん近づけて行きます。SRAM ですと6〜8mm となっていますが、接触してチェーン詰まりが起きるギリギリまで緩めます。


IMG_2383
この辺が限界か。



IMG_2384
これでシフトアップもすこぶる快適になった。しかしこのビックプーリークランクを回す手が軽い。チェーンが駆動する抵抗が半分以下に感じる。マジで!



IMG_2385
だがフロントをインナーに落とすと、



IMG_2386
チェーン詰まりが発生。



IMG_2371
ここで B テンションを上げてしまうとまた変速性能が落ちるのでチェーンを1リンク(インナー、アウタープレート1ペアー)カットしてみる。


IMG_2390
チェーン詰まりがなくなりかなり良い状態。クランキングがすこぶる軽いこの状態で止めておきたいが、SRAM RED リヤディレーラーの嫌な癖を知っているので予想しないバウンドなどでのチェーン落ちを恐れてもう1リンクチェーンをカットしチェーンテンションを上げてみた。

思い切って追加カットした結果、思いもよらない最高のベストセッティングが出た!フロントアウター、リヤロー〜トップ。フロントインナー、リヤロー〜トップ全て使える。結果から出た RIDEA RD5-E60FC-C セッティングデータは、チェーンは、ノーマルから3リンク(インナー、アウターリンク3ペアー)の追加。B テンションは、チェーン詰まりするギリギリまで緩めてスプロケットギヤとガイドプーリの距離を近づけ変速性能を上げる。チェーンテンションの調整は、チェーンのカットで行う。チェーンテンションの強弱による回転抵抗の増減は、結果無かった事も記しておこう。各シフトによる RD の角度を撮影しておいた。

IMG_2393
アウタートップ

IMG_2394
アウターロー

IMG_2395
インナーロー

IMG_2396
インナートップ



IMG_2402

S さん本日引き渡しとなりました。RIDEA ビックプーリー取り付け費用は、およそ70.000円。ありがとうございました。






RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因に迫る(その4)【橋輪Blog】

RIDEA のビックプーリー RD5-E60FC-C 取付編

IMG_2351

さて早速取り付けてみましょう。ネットの評判などを見ると C38(13-18T)から E60(16-20T)で格段に良くなったという情報もあります。その反面インナートップ付近の変速性能が落ちる。その領域は使わないからいいや。などなど・・・・

IMG_2350
セットするのは、SRAM RED 22 e-Tap リヤディレーラー。



IMG_2352
トップから2速ほどロー側へシフトさせてからレンチを掛けます。



IMG_2353
リヤディレーラーが外れました。



IMG_2354
RED のケージ交換のマニュアルはここにあります。

禁断の果実ビックプーリー(その2)【橋輪Blog】


IMG_2355
IMG_2356
IMG_2357
おっとこれは紛らわしいですね。RED は、テンションスプリングの掛かる穴が一つですが RIDEA は二つあります。


IMG_2358
何となく勘でテンションが弱くなる右を選択。



IMG_2359
これで組み込み完了です。



IMG_2360
ストッパーもいい掛かり具合です。



IMG_2361
それでは取り付けてみましょうか。



IMG_2363
ええええ、ちょっと待ってください!



IMG_2362
ロー側シフトで完全にスポークと干渉しました。(RED の癖しってるからビビらないけど)



IMG_2365
トップへシフトでガイドプーリーが行き切ってませんね。マイクロ調整は、これで外側いっぱいです。(確かにナローワイドプーリーは歯先が見ずらい)


IMG_2366
ビックプーリーに付属する 1.5mm シムを追加します。



IMG_2367
ここに。



IMG_2369
今度は、行き過ぎたぐらいにきましたね。



IMG_2370
マイクロ調整で歯先を合わせます。



IMG_2371
チェーンを掛けていきます。



IMG_2372
前回セットした KMC X11 EL チェーンの残りです。5リンク(インナー、アウターリンクのペアーで1リンクと数える)


IMG_2378
カットした部分のアウターリンクをミッシングリンクに変えて5リンク増やして繋ぎます。



IMG_2379
これで一先ず変速させてみます。



IMG_2380

あらららら、トップからローまでは、難なく上がりますがシフトアップが全く同期しないぞ!こらえらいこちゃ!

明日につづく、




RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因に迫る(その3)【橋輪Blog】

RIDEA のビックプーリー RD5-E60FC-C

IMG_2340

RECON 11s トップ 9T の歯飛びが解決したところで念願のビックプリーの取付けに移りたい。チョイスしたのは、ガイドプーリー16T テンションプーリー20T と取り分けビックな RIDEA であります。

IMG_2342
RIDEA RD5-E60FC-C Rear Deraillur Cage  38.400円(税別)
(SRAM RED e-Tap フルセラミック)



IMG_2343
DURA-ACE と比べると化け物並みにでかい。



IMG_2346
カーボンケージにカーボンコンポジットプーリー。ベアリングは、ボール、レース共にフルセラミックです。



IMG_2341
取付けに際し、前回カットしたチェーンリンクのコマを取っておいたが、あまりにもプーリーが大きいのでもう1本 KMC X11EL を用意した。


IMG_2347
カーボンコンポジットのガイド / テンションプーリーにギミックあり。ナローワイドとなっています。



IMG_2348
IMG_2349
インナー、アウターリンク間違えると掛かりませんよ。



IMG_2344
しかしこのフルセラミックベアリングすこぶる回転がいい。





明日は、取り付けを



S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その2)【橋輪Blog】

S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その2)

IMG_2331

さてこの LOOK 795 AERO LIGHT RS フレームセット、LOOK製カーボンクランクとBB、前後ブレーキが付属してくるのは見ればわかる。それに謎のカバンが付いてくるのである。

IMG_2332
ぎっしりと詰まった中身を見てみよう。



IMG_2333
出は出はでどんどん出てくる。



IMG_2334
こんな小さなポケットにも細かいぱーついが。



IMG_2335
これがカバンの中身全て。



IMG_2336
こちらは別途購入されたと思われる LOOK のチェーンリングと Selle ITALIA のカーボンサドル、SUPACAZ バーテープ。



IMG_2337
で今回のメインパーツは、Vision。ホイールには、ホイールバックの他にリムカバーも付属。



IMG_2338
Vision metron 81 SL はリムハイト81mm のクリンチャーで、235.000円(税別)だそうです。



IMG_2339
同じく Vision のカーボンドロップで、metron 4DFLAT が、50.000円(税別)だそうです。

LOOK なんてサイクルモードぐらいでしか見たことありませんが、いや〜カバンの中身半端じゃないですね。こんなに部品点数の多いロードフレームあるでしょうか。しかも細かい。果たしてぼくに組めるのだろうか。

次回につづく、




S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS【橋輪Blog】

S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS

DSC_0134

以前ど派手な De Rosa を組んだ S さんよりまたフレームが持ち込まれました。今度は、LOOK です。2018年モデルの 795 AERO LIGHT RS で、イタリアのマセラティーが主催するサイクルイベント「パリモデナ」公式スペシャルペイントだそうです。価格は、当時で税込み776.000円。それでは恐る恐る各部を覗いてみましょう。

IMG_2310
このヘッドパーツどうなってるんでしょうかね。



IMG_2311
またまたフロントブレーキがフォークに仕込まれてます。



IMG_2312
複雑なように見えて構造は、Vブレーキっぽい。



IMG_2308
シートチューブは、ぶった切るタイプね。(怖わ)



IMG_2309
LOOK のクランクが付属。



IMG_2313
こんなクランク見たことない。しかも BB ごとグルグル回ってます。



IMG_2320
チェーンリングは、裏から止めるのか?となるとこの奇妙なクランクを一度外す必要があるかも。



IMG_2318
しかもペタルボスにねじ切ってないし、穴おにぎり型だし。



IMG_2319
何やら170、172.5、175の数字が。クランク長を変えるギミックがあるのか?



IMG_2317
親切そうに Di2 とか FD とかタグの付いたリードパイプが沢山出てます。



IMG_2314
こんなところにリヤブレーキが。



IMG_2316
2016年ごろの DURA-ACE BR-9010-R チェーンステーダイレクトマウントタイプですね。



IMG_2322
角断面のチェーンステー。

ちょっとアッセンブリーにビビリ初めています。

次回につづく、




Kitt design Carbon Wheel 【橋輪Blog】

Kitt design Carbon Wheel

IMG_2302
Kitt design Carbon Front Wheel 451

キットデザインからカーボンバトンホイール(Tri-spoke)に続く第2弾、スポークタイプのフルカーボンホイールがリリースされます。今回入荷はフロントのみでリヤ(Shimano 11速対応 8.9.10速用スペーサー付属)の入荷は、9月を予定しております。

Kitt design Carbon Front Wheel 406  48.000円(税別)
406 / 74mm  20H リムハイト38mm ブラックロゴ

Kitt design Carbon Front Wheel 406  48.000円(税別)
406 / 100mm  20H リムハイト38mm ブラックロゴ 9月

Kitt design Carbon Rear Wheel 406  52.000円(税別)
406 / 130mm  24H リムハイト38mm ブラックロゴ 9月



Kitt design Carbon Front Wheel 451  48.000円(税別)
451 / 74mm  20H リムハイト50mm ブラックロゴ

Kitt design Carbon Front Wheel 451  48.000円(税別)
451 / 100mm  20H リムハイト50mm ブラックロゴ

Kitt design Carbon Front Wheel 451  48.000円(税別)
451 / 100mm  20H リムハイト50mm ホワイトロゴ

Kitt design Carbon Rear Wheel 451  52.000円(税別)
451 / 130mm  24H リムハイト50mm ブラックロゴ 9月

Kitt design Carbon Rear Wheel 451  52.000円(税別)
451 / 130mm  24H リムハイト50mm ホワイトロゴ 9月



Kitt design Carbon Front Wheel 451 Disc  54.000円(税別)
451 / 100mm  20H リムハイト50mm ブラックロゴ 9月

Kitt design Carbon Rear Wheel 451 Disc  58.000円(税別)
451 / 135mm  24H リムハイト50mm ブラックロゴ 9月


IMG_2306
Kitt design ロゴ。451 100/130mm のみホワイトロゴもあり。



IMG_2304
ハブは、NOVATEC でスポークは、Sapim を採用。(リヤは、Shimano 11s)



IMG_2305
リムハイトは、451 50mm 406 38mm となっています。(画像は451)



IMG_2301
リムテープ、カーボン用ブレーキシュー、スペアースポーク&ニップルが付属。(スキュアーは付属しません)



IMG_2307
フロント451 / 100mm の重量は、494.5g でした。



IMG_2303

前後セットで揃うのは9月です。

絶賛予約受付中!



記事検索
Archives
  • ライブドアブログ