船長のチタンフレーム PASSONI(27)【橋輪Blog】

GOKISO からの回答は、

IMG_4774

4月20日の「船長のチタンフレーム PASSONI(26)」でタイヤビードが外れチューブが破裂する現象を検証するため GOKISO に送ったパッソーニコラボホイールが1か月半ぶりに戻ってきた。GOKISO の見解はこうだった。

指定されたパナグラベルキング26C と R-AIR 26C 対応サイズチューブで組み付け空気圧を上げていくと105psi でタイヤビードが外れバーストした。

次に同じく23C で組み付けるとパンクは発生せず通常通りの使用が出来る事を確認。

グラベルキングの26C と23C では、ビードフックの形状が違うことを発見した。

GOKISO GD2 カーボンリムは、2015年より販売を続けているが、開発当時23C から25C を想定して設計され26C は想定外であった。

GOKISO GD2 カーボンリムに26C 以上のタイヤを組み込む際には、ビードフック形状とのマッチングを確認する必要があるということでした。確かにここ最近 Panareacer タイヤは、角ビードと呼ばれるチューブレス対応フック形状に移行しつつある。


IMG_4776
グラベルキング23C と R-AIR チューブの組合せで戻ってきたGOKISO PASSONI コラボホイール。



IMG_4778
最終組み付けは、Shimano PD-R9100 SPD-SL ペダル24.520円(税別)と11-25T から11-30T に変更する CS-R9100 11-30T 27.458円(税別)とチェーン CN-HG 901-11 114L 5.223円(税別)。



IMG_4777
IMG_4779
11-25T から11-30T 変更した DURA カセットとチェーン。外した11-25T カセットと25T に合わせてカットしたチェーンは、現在発注しているパッソーニ用スペアホイール(GOKISO ハブ S-spec リム GD2 38mm)に装着予定。



IMG_4781
3か月程しか経っていないのにファームウェアのアップデードがあるようです。



IMG_4782
カスタマイズからシンクロナイズドシフトで11-25T から11-30T に変更でダウンは、リヤ2速まで落ちた所でフロントインナー&4速にシフトダウン。アップは、7速⇒アウター⇒5速となる。


IMG_4784
これにて完成!気になる車体重量は?



IMG_4786

7.71kg

明日は、完成お披露目編を!

MOULTON SUPER SPEED(その2)【橋輪Blog】

何時もモールトンは、ピポット修正から

IMG_4734

モールトンに触る経験が浅いので何とも言えませんが、ピポットに関して点検してそのまま組めたのは、2018年モデルのパシュレー製のTSR だけでした。

IMG_4791
各部の寸法を測っておきましょう。スピンドル長さが55.10mm。



IMG_4792
ブラスブッシュのアッセンブリー寸法が54.59mm。



IMG_4742
普通にツバ付きのブラスプレーンベアリングが左右から圧入されています。



IMG_4744
先ずは、BB シェルから立ち上がるフランジの平行度を確認。上の方ではガタがあり、



IMG_4745
下方で無くなる。



IMG_4743
更にこの位置で止まるってことは、上に向かって開いているってことです。



IMG_4748
ちょっと万力で修正掛けてみます。



IMG_4749
ヌルッっと入って自然落下しない絶妙な距離に修正出来ました。



IMG_4751
次にスピンドルよりブラスブッシュがどれだけ低いかです。



IMG_4752
大きめの平ワッシャーをフランジに見立てます。



IMG_4753
左側を奥まで密着させスピンドル、ブラスブッシュの両側面を面一にします。



IMG_4754
当然スピンドルがブッシュより飛び出しますね。



IMG_4755
そして右側フランジとの間を隙間ゲージで測定しようってわけ。



IMG_4758
IMG_4759
左右に押し付けてみると目視でもクリアランスが見えます。



IMG_4760
さて何ミリの隙間ゲージが入るでしょうか。



IMG_4761
0.5mm はすんなり入っちゃいました。



IMG_4762
0.05mm を追加します。



IMG_4763
2枚合わせて0.55mm がしっくり来ました。計算上は、0.55mm のシムリングを入れれば解決。



IMG_4789
スピンドルの外径が15.85mm。



IMG_4790
ブッシュのツバ外径が22.22mm。てことは内径16mm 外径22mm のシムリングが欲しい。



IMG_4750
ぼくのシムリングコレクションに内径16mm はない。



IMG_4764
モノタロウに発注であります。

モールトンオーナーさんこの測定方法はお勧めですよ。隙間ゲージ一つで出来ますからね。クリアランスが多くてもフルトルクで締め上げてあればフランジが曲がりガタは出ませんからね。でも動きは渋いよ!

次回につづく、



2020 DAHON K3 NEW カラー入荷!【橋輪Blog】

2020 DAHON K3 NEW カラー入荷!

DSC_7413
IMG_4772
K3
(ケイ・スリー)

2020 DAHON
K3        89.640円(税込)
橋輪プライス 80.600円(税込)
3 Speed   7.8kg

DAHON K3 の2020年モデル NEW カラー、ライム / ブラックが、オーソライズドディラー限定で先行入荷しました。2019からのスペック変更ありませんが価格が実質1.000円のアップとなります。カラーは、ホワイト / ブラックに準ずるオールグロスカラーで、グリーンは Kawasaki チックなキャンディーライムグリーンとなっています。

K3 の詳細は、⇒ こちら

DSC_7414
DSC_7415
DSC_7417
DSC_7416
DSC_7418
DSC_7420
DSC_7419

綺麗なグリーンですよ!是非ともご来店下さいませ!



【橋輪 2019 DAHON K3 在庫状況】

DSC_5869
イエロー / ブラック ラスト1台



DSC_5875
レッド / マットブラック ラスト3台



DSC_5877
ホワイト / ブラック 完売しました



DSC_6956
ブルー / ブラック ラスト5台


2019年モデル K3 の各カラーは、メーカー完売になっております。レッド / マットブラックのみは、継続が決まっており9月頃の再生産の予定。ぼくの予想ですが、イエロー / ブラック、ホワイト / ブラック、ブルー / ブラックの3色は、2019で終了の予感がします。

2019 カラーお望みの方お早めに!


MOULTON SUPER SPEED【橋輪Blog】

MOULTON SUPER SPEED

7b90a67b

モールトンのラインナップ中で最も軽量化を図ったモデルです。総ステンレス製非分割フレーム、スーパースピードの組立が始まります。

DSC_7178
オーダー頂いたのは、先日 Dynavector DV-1 を完成させたばかりの I さんです。



IMG_4724
眩い輝きを放つ総ステンレスフレーム。



IMG_4725
橋輪プライスカードはフレームセットで、1.004.400円(税込)となっていますが現在価格は、1.058.400円(税込)と上がっています。


IMG_4691
先ずは、モールトン最大の欠点、リヤスイングアームピポットから見て行きましょうか。



IMG_4693
このボルト特殊であります。


IMG_4695
レンチサイズは、6mm でなければ 8mm でもない。



IMG_4703
普通6.8.10mm と続きますが、7mm であります。



IMG_4721
ところがこれ片側が全然緩みません。



IMG_4722
接着剤の感じがしますのでヒートガンで炙ってみます。



IMG_4723
かなりチンチンに暖めて、ようやく緩みました。



IMG_4726
やっぱ予想通りの結果であります。



IMG_4728
左右のピポットボルトを緩めただけでエンドで5mm ほど左右に動いてしまいました。



IMG_4727
見ただけでもフランジとブラスブッシュに隙間があるのが分かります。



IMG_4729
分解してみましょう。



IMG_4730
構成部品はこれだけです。何でこんな単純なのにちゃんと組んでこないのか?



IMG_4731
スピンドルの雌ねじにはロックタイトがびっちりでした。



IMG_4733
ノルトロックワッシャー使ってるんだったらロック剤要らないと思うんだけど。



IMG_4732
この構造だから片側が抜けて共回りしたら始末に悪い。



IMG_4735
ボルトは、10mm の



IMG_4736
ピッチ1.5.



IMG_4734

さてとまたここから始まるか。

次回につづく、


Tiger moth 買いました!(その27)【橋輪Blog】

パイロットに搭乗願う(その2)

IMG_4588

いや〜雨続きますね。このお天気では屋外での撮影もままになりません。なわけで今夜は社長室よりお届けする。座席(本当は背もたれだけ)が完成したところでパイロットに搭乗願おう。

IMG_4589
背もたれしかないのでシートベルトは必須であります。



IMG_4590
シートベルトは、おばさんのホームセンター Sanki。ほんと色々なもん売ってます。



IMG_4591
購入したのはシルバーのリボンと小さなマイクロバックル。



IMG_4592
バックルはなんと130円。



IMG_4593
しかもお腹のアールに合わせた形状。



IMG_4594
本当に外れます。



IMG_4596
「おお、これは良いベルトですね」



IMG_4595
「でもぼくはアクロバットやらないので2点でOKです」



IMG_4602
それとこれ操縦桿ね。



IMG_4603
「ん、手にしっくり来るね」



IMG_4604
足は、ベルクロバンドで縛っちゃえ。



IMG_4606
シートベルトは裏で蝶々結びだ。



IMG_4607
ん、ばっちり締まってる。



IMG_4609
操縦桿もいい感じ。



IMG_4610
実際に機体に搭載するとお尻のすぐ下に昇降舵操作用のワイヤーが2本迫ってます。



IMG_4611

IMG_4612

IMG_4614

IMG_4615

お尻の割れ目をステンレスワイヤーが行き来してるのは分かるけどもう少し潜り込んで座ってくれないかな。


IMG_4679

そうそうそう、そんな感じ!



tern Verge N8 ULTEGRA Di2【橋輪Blog】

tern Verge N8 ULTEGRA Di2

DSC_7397

カスタムバイクギャラリーに登場頂いた S さんの Verge N8 SRAM RED e-tap。今度は、奥様の N8 を Shimano ULTEGRA Di2 で電動化であります。

DSC_7398
ホイールを451サイズにインチアップしロードから SRAM RED e-tap を移植したご主人の Verge N8 SRAM RED e-tap。


DSC_7399
完成した奥様の  Verge N8 ULTEGRA Di2。



DSC_7400
クランク:FC-R2000 Claris



DSC_7401
フロントディレーラー:FD-R8050 ULTEGRA Di2



DSC_7402
リヤディレーラー:RD-R8050 SS ULTEGRA Di2



DSC_7407
シフター:ST-R8050 ULTEGRA Di2



DSC_7409
外付けバッテリーは、BTR-1 をリクセンのボトルフィックスを駆使して取付け。



DSC_7410
バッテリー保護のためショートマッドガードを取り付けました。



IMG_4682
リヤハブは、RIDEA で11速化。



DSC_7404
身長に合わせハンドルポストを250mm イクリプス用に変更。



IMG_4683
ドロップバーとステムは、ご主人の N8 からそのまま移動。



DSC_7406
左バーエンドには、ビルトインタイプのジャンクションA EW-RS910 を埋め込みました。



DSC_7403
シートポスト:KCNC LITE WING



DSC_7412
シートクランプ:RIDEA 橋輪オリジナルΦ38



DSC_7408

今回のアップグレードには、カスタム費用約250.000円をつぎ込みました。奥様シンクロモードを設定してありますので左シフトスイッチ操作不要のオートマティックな変速フィールをお楽しみくださいませ。

ありがとうございました!

2020 DAHON K3 NEW カラー登場!【橋輪Blog】

2020 DAHON K3 NEW カラー登場!


image001-1

2020 DAHON
K3        89.640円(税込)
橋輪プライス 80.600円(税込)
3 Speed   7.8kg

DAHON K3 の2020年モデル NEW カラー、ライム / ブラックが、オーソライズドディラー限定で先行販売致します。スペックには変更がありませんが価格が実質1.000円のアップとなります。ファーストロッドの出荷が7月1日よりとなっておりますが、G20 で配送に影響が出る可能性があります。恐らく3日の水曜日には到着すると思いますのでまたアップしたいと思います。本日よりご予約承ります。



image002
スペックには、変更はありません。



【橋輪 2019 DAHON K3 在庫状況】

DSC_5869

イエロー / ブラック ラスト1台



DSC_5875

レッド / マットブラック ラスト3台



DSC_5877

ホワイト / ブラック 完売しました



DSC_6956

ブルー / ブラック ラスト5台


2019年モデル K3 の各カラーは、メーカー完売になっております。レッド / マットブラックのみは、継続が決まっており9月頃の再生産の予定。ぼくの予想ですが、イエロー / ブラック、ホワイト / ブラック、ブルー / ブラックの3色は、2019で終了の予感がします。

2019 カラーお望みの方お早めに!

Tiger moth 買いました!(その26)【橋輪Blog】

パイロットに搭乗願う

IMG_4612

今夜は、商店街での柏祭第一回目の会議があるため社長室よりお届けする。

IMG_4449
IMG_4450
後部座席部分のみ穴を開ける。



IMG_4464
176.5g あるパイロットを後部座席に乗せるが、これ以上の重量増しはご免なので敢えて座席は作らない。


IMG_4535
内面をグレーで塗装。



IMG_4510
背もたれのみ作る工法。



IMG_4536
パイロットが乗る後部は、ベニヤを木工ボンドとビス止めで接着。



IMG_4537
人が乗らない前席は、軽いバルサ材をボンドのみで接着。



IMG_4511
こんな感じであります。



IMG_4538
背もたれのクッションは、スポンジシートから切り出す。



IMG_4539
角をヤスリで丸く砥げば、



IMG_4540
それなりに見えてくる。



IMG_4541
貼り付けは、スポンジ用両面テープ。



IMG_4542
IMG_4543
ん〜いい感じ。



IMG_4581
次に風防の取付。飾りビス止めするので2mm の穴をあけておく。



IMG_4582
そしてビスの下穴。



IMG_4584
ボンドを盛ってから、



IMG_4585
ビス止め。



IMG_4587
でないとエンジンの振動で全てのビスが抜けて来ます。



IMG_4588

だいぶコクピットらしくなって来たぞ!飛に関係ない偽装を工作するのは実に楽しい。

次回につづく、

A さんのデルタなひと時(紫電改編)【橋輪Blog】

A さんのデルタなひと時(紫電改編)

A さんよりまたエリートでのポタリングレポートが届きました。今回は珍しいものを見てきたようです。

橋輪様

1
毎日ブログを楽しみにしております。さて、昨日、兵庫県の加西市をエリートでポタってきました。戦時中に使われていた鶉野飛行場で、幻の戦闘機の紫電改が復元されたからです。


2
子供の頃、坂井中尉の「零戦」を読んでから、ずっと零戦が好きで、よくプラモデルを作っていました。その零戦の後継機として開発されたのに、ほとんど活躍することなく終わってしまった紫電改を見たくてたまらず、加西市役所に車をデポして走ってきました。


公開は午後1時からでした。近くまで来ると、ブーンとプロペラ機の音がするので、
(おお!!模型と聞いてたけど、エンジンに火を入れたんかっ!!)と興奮してエリートで駆けつけたところ・・・・・

3
ハンググライダ?でした(汗)一応、日の丸は入ってましたけど。

それモーターパラグライダーって言うんですよ


5
格納庫の中にある紫電改の周りは人の山でした。公開が昨日1日だけだったので、多くの方が見にこられたようです。


4
ほとんどがボクと同じ中高年のオヤジばかりでした。

てか写真右に相当マニアックがオヤジが写ってますね!左の青年は涙流してんのか?


6
山ほど聞きたい事はあったのですが、なかなか機体に近づくことが出来ず、遠くから写真を撮るのが精一杯でした。これから毎月第1、第3日曜日に公開されるようなので、メカに詳しい連れとまた再訪したいと思います。


7
この飛行場は特攻隊の出撃基地にもなっていたようで、慰霊碑が近くに建てられていました。あちこちに防空壕や軍の施設跡も残る史跡です。

てなわけで今回は戦闘機見学編でした。また報告します。


坂井中尉の「零戦」ってこれのことか? 持ってまっせー!

IMG_4462
(A さん)うわー、めちゃ懐かしい!!そうです。この本です。文庫本で上下巻で成人向けに出てるので買って読みましたが、子供の頃の感動はありませんでした。



IMG_4680
こんな古い本ですよ。少年少女講談社文庫で昭和47年7月12日第1刷発行。



IMG_4463

そうそう、その成人向けの本って「坂井三郎・大空の侍」でしょ。それにはこの写真出てないんですよ。「坂井中尉の飛行帽。図の矢印のように2発の弾丸が通った」とある。子供の頃見た時エグかったなー。

ぶたの逆襲って話が面白いんだよね!

試乗車放出!2018 DAHON Plesto SL【橋輪Blog】

試乗車放出!2018 DAHON Plesto SL

DSC_7381

2018 DAHON Presto SL   127.440円(税込)

2018年モデルの DAHON Plesto SL が完売となりました。よって試乗車を放出します。

Plesto SL

DSC_7380
DSC_7382
DSC_7383
DSC_7384
DSC_7389
DSC_7390
DSC_7391



キズ申告します!

DSC_7385
リムブレーキ面多少傷ありますが綺麗です。



DSC_7386
タイヤご覧の通り殆ど摩耗ありません。



DSC_7387
右フォークに小傷あり。



DSC_7388
右シートステーに小傷あり。



DSC_7392
センタースタンドにクランクアームと干渉したキズあり。



DSC_7393
同じく左クランクアームに小傷あり。



DSC_7394

走行少なくとても綺麗です。プレスト気になっていた方これが最後のチャンスです。

2018 DAHON Plesto SL 試乗車

82.800円(税込)でお願いします!


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ