2021 DAHON SPEED RB 【橋輪Blog】

2021 DAHON SPEED RB

IMG_6591
SPEED RB(スピード・アールビー)

2021 DAHON  
SPEED RB  196.900円(税込)
橋輪プライス  177.200円(税込) 
  
8 Speed   12.0kg
入荷予定1月

フォールディングでは、2016 Mu Elite 以来のドロップバーモデル、スピード RB です。ベースとなったのはクロモリフレームの Speed Falco で、ディスクブレーキハブに対応すべくフロントフォークとバックフレームを新設計。コンポーネントは、Shimano Tiagura を搭載。

IMG_6592
T バーハンドルポストに VRO ステムでクランプしたドロップバー。デュアルコントロールレバーは、Shimano Tigra ST4700。


IMG_6593
カラー:チタン



IMG_6598
ディスクブレーキ用に新設計されたエンド幅100mm アルミフォーク。



IMG_6599
ブレーキキャリパーは、TRP MD-C610 メカニカル。



IMG_6594
展示会時点では、Tiagra クランクが取り付けられていましたが現在 FSA。「実際は FSA Gossmamer Pro MegaExo で、チェーンリング 53/39T」の予定でしたがチェーンラインが合わず変更の可能性あり。フロントディレイラーは、Tiagra FD4700。


IMG_6595
リヤディレーラーは、Tiagra RD4700。カセットスプロケ Shimano CS-HG500-10 11-25T 10 Speed。



IMG_6597

極太406タイヤ、フラトバーでスタートした SPEED P8 が、451 ディスク、ドロップへと生まれ変わった SPEED RB。
まさに Re Born。

明日は、2021 DAHON Calm を!



IMG_3104

【2021 tern 入荷情報】
Verge N8 マットブラック / ブラック 本日入荷
Verge N8 マットレッド / マッドシルバー 10月3日入荷予定
Verge N8 ブルー / シルバー 本日入荷
Verge N8 グリーン / ホワイト 本日入荷
Verge N8 ガンメタル / ダークシルバー本日入荷



2021 DAHON K3 NEW カラー【橋輪Blog】

2021 DAHON K3 NEW カラー

さて2021 DAHON tern プライベートショーで展示されていたサンプル車が橋輪に来ています。今夜は、DAHON 人気 No.1 の K3 NEW カラーをご紹介します。

IMG_6600

2021 DAHON           入荷予定10月

K3        93.500円(税込)
橋輪プライス 84.100円(税込)
3 Speed   7.8kg

 

シルバー / ブラック NEW

レッド / マットブラック 

ガンメタル / ブラック 


IMG_6602
これが新色のシルバー / ブラックで、光沢ありのグロスカラーとなります。



IMG_6603
ヘッドパイプにラゲッジトラスが取付けできるようラゲッジソケットが付きます。



緊急告知!

IMG_6640

2021 DAHON           本日入荷

K3        93.500円(税込)
橋輪プライス 84.100円(税込)
3 Speed   7.8kg

 

マットブラック NEW


展示会の時点では、告知できなかった情報です。人気の K3 にマットブラックが登場。今までの2トーンカラーではなく、マットブラックの1トーンにグロスブラックのデカールロゴとなります。

IMG_6641
IMG_6642
IMG_6643
NEW マットブラック



IMG_6645




IMG_6646





IMG_3102

IMG_3103

この K3 マットブラック非常に入荷台数が少なく全国で180台しか入荷してません。橋輪では、20台のオーダーを入れましたが、5台しか確保できませんでした。おそらくこの週末には完売してしまうでしょう。

明日は、2021 DAHON SPEED RB を!



2021 DAHON tern が橋輪到着!【橋輪Blog】

2021 DAHON tern が橋輪到着!

IMG_6575

「9月20日の記事で Deftar と Maco が30日に橋輪到着と書きましたが諸事情で少し遅れるそうです。30日は、別のものをお見せ出来ると思います」と書きましたが、本日色々と来てますよ。今夜は、予告編で!

IMG_6591
2021 DAHON SPEED RB



IMG_6601
2021 DAHON K3 新色



IMG_6605
2021 DAHON Calm  



IMG_6576
2021 tern Surge X



IMG_6613
2021 DAHON D-ZERO

水曜をお楽しみに!




BS モールトンチェーンリング交換の依頼 4【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 4

IMG_3042

トップギヤで歯飛び! っていったい何が起きたんだろう?そう言えば試運転した時ローからトップまで気持ちよく変速するかだけ確認して踏み込んでいなかった。アウターローのチャラチャラ音だけ気にしていたのだ。乗ってみるとダン、ダンと必ず2回連続して歯飛びする。これは2セット使ったミッシングリンクに他ならない。

IMG_3043
早速カセットスプロケを外して検証に入ろう。



IMG_3044
さーてミッシングリンクが何処にどう悪さしているのだろう。



IMG_2172
レコンカプレオ11速カセットの時も判別には時間がかかった。でも今回は、Shimano Capreo 純正ロックリングと純正9速カセットだ。
RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因に迫る(その2)【橋輪Blog】



IMG_3045
レコンの時のようにロックリングを置いてみよう。



IMG_3046
ロックリングは、自由に動ける。これじゃない。



IMG_3047
裏側はどうだ?ミッシングリンクもアウターリンクも同じ位置関係に見えるが。



IMG_3049
テンションを掛けるためにクリップでつまんでみる。左の紙はレシート。



IMG_3050
アウターリンクは、全てレシートが通るのでギヤブロックとの間に隙間がある証拠。



IMG_3052
発見したり!ミッシングリンクのオーバル部分は、レシートが通らないではないか。ここでローラーが持ち上げられて歯飛びが「ダン」次のミッシングリンクが来て「ダン」結果「ダン、ダン」である。



IMG_3053
元々装着されていたチェーンを見ると、



IMG_3054
「CN-7701」9速時代の DURA-ACE だ。これはもうない。



IMG_3057
原因が判明したところで Shimano の9速用チェーン CN-HG53 114L を2本(1本2.800円)用意。こちらのジョイントは、アンプルピンだ。


IMG_3058
122リンクにしたいのだから7ピン分をもう一本からカットしてアンプルピン一本追加で8ピン。114+8=122リンク。


IMG_3060

試運転をして本当に完成。いや〜純正カプレオにミッシングリンク使っちゃいけないんですね。知らなかった。

追伸:

IMG_2948
(2)で製作したピポットボルトナットと書きましたが、オーナー曰くこれ BS の純正ではなく、オーバーホールを依頼したモールトンショップ「コーフー」さんのオリジナルなんだって。

やっぱ BS でもここショボいみたいよ






BS モールトンチェーンリング交換の依頼 3【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 3

IMG_2947

チュービングで作られた BS モールトンのフロントディレイラー台座は、計4本のボルトを緩めることによって角度調整ができるものだった。

IMG_2994
これで前後に自由に動けます。



IMG_2995
後ろ開きだったのを



IMG_2996
セオリー通りに調整してみました。



IMG_2935
使うチェーンは、KMC X9 9速用で116リンク。リヤセンターが長いモールトンのお客さんには、何時も2本買って頂いているのですが、


IMG_2936
色々いじらさせて頂いたので、X9 新品の歯切れがありましたのでこれで延長します。



IMG_2972
ジョイントにはKMC ミッシングリンク CL566R。



IMG_2973
元のチェーンの駒を数えると120リンクでしたので半端4リンクを加えて120リンクとなり、



IMG_2974
ミッシングリンクで繋ぐので計122リンク。(ミッシングリンク2セット使い)



IMG_2976
奇数は増やせないので3T アップで2リンクプラスで丁度かな。



IMG_3018
フロントディレイラーの再調整をして取り付け完了です。フロントの変速性も良好です。



IMG_2985
このワイヤー錠も当時物ですかね。それではちょっと試運転してみましょう。で、走ってみるとアウターローでチャラチャラ音が半端ないです。メンテベンチで回したときは何ともなかったのに!


IMG_3018
IMG_2999
もしかして?



IMG_3019
タイダウンベルトで1人が乗車した1G を掛けてみると、



IMG_2998
あ〜チェーンがケージに干渉してますね。



IMG_2946
このラバーサスペンション、柔らかい上にストロークが相当多いようです。



IMG_2997
最終的に変速が出来るギリギリまで上げました。やはり最初のセッティングには意味があったんですね。

「お待たせしましたこれで完成です」で引き渡し後すぐにお客さんが戻ってきました。「トップで歯飛びしちゃうんですけど!」ええええ・・・何が起きた?

明日につづく、



BS モールトンチェーンリング交換の依頼 2【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼 2

IMG_3055

ブリヂストンモールトンの BSM-S18。フレームが分割できるセパレートフレーム構造をもつモデルである。20年ほど前に購入して暫く乗っていなかったが、つい最近オーバーホールしてまた乗り始めたのだそうだ。

IMG_2946
これがリヤサスペンション。



IMG_2948
リヤアームピポットには、製作されたボルトナットを使用し精度はモールトンより断然良さそうに見える。



IMG_2950
ここから分割できるようだ。オーナーさん一度も分割したことないそうなので、ここはひとつ興味本位で。


IMG_2951
リヤブレーキ、シフター2本のケーブルをケーブルコネクターで分離。



IMG_2952
キャップボルトを緩めてみます。



IMG_2953
あら、あっさり分離しました。



IMG_2954
ボルトを締めていくとどうなるのか?



IMG_2955
ブロックが上がってきました。



IMG_2956
ブロックの下にはダブルナット。



IMG_2957
締めこむと抜けてくるってことは?



IMG_2958
なるほど逆ネジになってんのね。



IMG_2959
塗料ののってる右側のネジ山は不明ですが一応クリーニングしておきました。



IMG_2960
やっぱここは、グリスだろうね。


IMG_2937
さて本題のチェーンリング。



IMG_2938
ギヤ板は、Sugino で、インナー42T、アウター53T。



IMG_2939
フロントディレイラーは、Shimano FD-R440A。



IMG_2940
リヤディレーラー、カセットスプロケは、トップ9T の Shimano Capreo。



IMG_2941
でもってホイールサイズは、17インチ。



IMG_2942
これもう作ってないと思われるが BS でモールトンタイヤ作ってたんですね。



IMG_2943
タイヤサイズは、17×1 1/4(32-369)。9T トップでも漕ぎ切ってしまうのでアウターリングを大きくしたいという依頼であります。



IMG_2989
POWER TOOLS Minivelo Chanring 56T   9.000円(税別)



IMG_2961
3T アップだからフロントディレイラー持ち上げておきたいけどレンチでフレーム傷つけそうです。



IMG_2962
先端の短いスタビータイプでやりましょう。



IMG_2991
ケージがチェーンリングのアールと合っていませんね。



IMG_2993
複雑な構造のフロントディレイラー台座は、取り付け角の変更が出来そうですね。

でもこれだけの完璧なオーバーホールをするショップであれば、フロントディレイラーの取り付け角度に気付くはず。何か意図してやったのか。とりあえず再調整してみようか。

明日につづく、





BS モールトンチェーンリング交換の依頼【橋輪Blog】

BS モールトンチェーンリング交換の依頼

IMG_6523
BRIDGESTONE Moulton BSM-S18

ブリヂストンモールトンのチェーンリング交換の依頼がきました。BS モールトンに触るのは初めてで、非常に興味深いですね。

IMG_6524
これが独特のフロントサスペンション。



IMG_6528

そういえばこんな記事書いたっけ ブリヂストンモールトンを作った男たち

明日につづく、


秋分の日は、人生初体験の楽しい一日【橋輪Blog】

秋分の日は、人生初体験の楽しい一日

9月20日の記事で Deftar と Maco が30日に橋輪到着と書きましたが諸事情で少し遅れるそうです。30日は、別のものをお見せ出来ると思います。内容濃い話題が続きましたので今夜は箸休めで社長室よりお届けします。

昨日の定休日火曜は、秋分の日と重なり久々ラジコンクラブメイトとわいわ過ごすことが出来ました。それもラジコン人生初の水上機飛行会でありました。

IMG_2988
これは、一週間前の15日火曜日の画像です。水上機飛行会の前に陸上仕様で初飛行を行ったのを師匠が撮影してくれました。


IMG_20200915_112632 (2)
実機が飛んできたかのよう。



IMG_20200915_112700 (3)
滑走路奥上方より進入中のDHC ツインオッター。



IMG_20200915_112733 (2)
滑走路に入ってきました。



IMG_20200915_112734 (2)
タッチダウン寸前の愛機。メイデンフライトは何とか完了したが、水面でもこんな風に下せるだろうか。


p1
行ってきたのは茨城県の霞ケ浦。お盆に見学に行った赤丸の地点美穂にクラブメンバーが集結したが、風速4〜5m 吹いていて白波が立ち波しぶきが道路まで被る最悪のコンディション。対岸の青丸地点まで移動した。(移動したって距離半端ないっすから)


IMG_3033
同じ霞ケ浦とは思えない波穏やかな景色。



IMG_3034
北東の風だったから裏山が遮ったみたい。



IMG_3038
この日集まったのは総勢十名。テントにバーベキューセットも設営完了。



IMG_3027
エンストで動けなくなった機体を回収する救助艇。水上機はボートが不可欠なんですね。



IMG_3029
さて行ってみよう!



IMG_3030
3回目の離水で見事ズッコケ。片側のフロートに波が引っかかったとたんあっと言う間に転倒しました。いや〜結構難しいですね。


IMG_3032
レスキューボートが到着。



IMG_3031
回収されました。ありがとうございました。



IMG_3035
(番外編)クラブメイトのTさんが遊覧船に乗せてもらってました。引っ張ってるのは何とラジコンボート。


IMG_3036
後ろに乗るFさんがプロポを持って操縦してます。笑っちゃいますね。



IMG_3037
よく大人二人を乗せて引っ張れるもんだ。



IMG_3039

いや〜楽しかった。どこまでも続く水の滑走路をいかに奇麗に離着水できるかを繰り返すのが何とも楽しい水上機。そして奥が深い。これは嵌まりそうだ。

皆さんまたよろしくお願いします!





アッパークラストリフォールディング tern BYB S11【橋輪Blog】

アッパークラストリフォールディング tern BYB S11

IMG_2508
BYB S11(ビーワイビー) 
     
2021 tern
BYB S11    272.800円(税込)
橋輪プライス  245.500円(税込)

11 Speed  12.7kg   

TriFold テクノロジーというフレームを三つに折り畳む tern の新しい折畳機構を備えた BYB。Shimano ULTEGRA コンポーネント搭載の S11 は、BYB P8 に比べ1.6kg も軽量化されています。今日は、前回紹介した BYB P8 との大きな違いをピックアップしてみたいと思います。そうそう昨日のDAHON tern 最新情報まとめの「tern 今回プレゼンに展示されなかった2021年モデル」にこの BYB S11 が抜けてましたね。入荷済

IMG_2510
非常に軽量な Kinetix Pro X ホイールを採用。



IMG_2511
高性能ハブにブレードスポーク。



IMG_2512
タイヤ:SCHWALBE MARATHON RACER 20×1.50(406)



IMG_2517
クランク:FSA Gossamer Pro 54T



IMG_2526
ボトムブラケット:BB386



IMG_2518
ペダル:MKS ULITE Ezy



IMG_2520
リヤディレーラー:Shimano ULTEGRA



IMG_2528
カセットスプロケ:Shimano 105 11-32T  11 Speed



IMG_2514
ハンドルバー:Kinetix Pro X



IMG_2513
アンドロスステムは、通常のレバー部に CNC 加工されたものとなっています。



IMG_2515
シフター:Shimano ULTEGRA   ブレーキレバー:Shimano BL-R780
グリップ:ERGON GS1


IMG_2516
サドル:Ergon SMC30 Pro TiNox Rails



IMG_2522
IMG_2523
V ブレーキ:TEKTRO



IMG_2529

こんなにも違いがあったんですね!

トリフォールディング機構は、こちら ⇒ BYB P8



DAHON tern 最新情報まとめ【橋輪Blog】

DAHON tern 最新情報まとめ

展示会レポート最後は、残念ながら2021ラインナップから落ちたモデルと今回のプレゼンテーションに展示されなかったモデルを。

tern 2021ラインナップ落ち

DSC_5956
Link C8
2019にリンクシリーズのモダンラインとして登場。ブラックパーツに IMPAC Bigpac 20×2.00 の極太タイヤで2019橋輪一押しだったが今一振るわなかったモデル。



node-c8-m0-dkblue-unfold1
Node C8
24インチモデルのノード。26インチモデルの JOE C21 と共に大径フォールディングは無くなります。



tern 今回プレゼンに展示されなかった2021年モデル

DSC_7324
Verge X11  280.000円  入荷済
ヴァージ X11 は、2020からの継続モデルとなりスペック、カラーともに変更ありません。詳細は、⇒ こちら




DSC_5960
NEW Link D8  76.000円  入荷予定1月
Link C8 がアップグレードして登場します。フレームヒンジが上位モデルと同じタイプとなりアンドロスステムも装備。タイヤも SCHWALBE BIG APPLE に変更。マッドガードが標準装備します。(画像は、Link C8)


linka7silver[1]

Link A7 48.000円  入荷予定1月
ターンのエントリーモデル Link A7 は、スペック変更なしのカラーリングチェンジのみ。(画像は、2020年モデル)



DAHON 2021ラインナップ落ち

DSC_9075
Mu D9
長年ダホンのスタンダードであったミューがまた姿を消します。
【橋輪在庫】
・ステラブラック あり
・チタニウム ラスト2台
・エメラルド 完売
詳細は、⇒ こちら


DSC_5586
Ciao
スーパーローフレームで女性に人気のスカートでも乗れるチャオもラインナップ落ちです。
【橋輪在庫】
・マルーン 完売
・マットブラック ラスト1台
詳細は、⇒ こちら


DSC_8400
Curve D7
2020ダホン唯一の16インチモデルだったカーブ。コンパクトながら走行性能が高かったために残念です。
【橋輪在庫】
・アイビーグリーン 完売
・フロスティーホワイト ラスト1台
・スティールグレー ラスト1台
詳細は、⇒ こちら


DSC_6157
DASH P8
ロックジョー高剛性フレームが売りのダッシュP8 も2020で惜しくも終了。完売しました



DAHON 今回プレゼンに展示されなかった2021年モデル

NEW モデルが新たに2台登場します。フォールディングでは、Deftar(98.000円)入荷未定でノンフィォールディングが、Mako(180.000円)入荷予定1月。どちらも以前あったモデルに酷似しています。

IMG_3010
2009 DAHON カタログより。



IMG_3012
2009 Vitesse P18  
Deftar(デフター)は、2009年にアルミフレームとなって復刻したビテス P18 にそっくりです。フロントシングルで 8 Speed。ミドルグレードながらフロントにDAHON Pro ホイール、ストレートフォークなどカスタムベースには最適なモデルとなるでしょう。



IMG_3004
更にさかのぼって2007 DAHON カタログより。



IMG_3005
左ページには、偶然にもファーストダホンが。右ページは、Mu SL。



IMG_3006
MINI BIKE シリーズに3種類のノンフォールディングミニベロが。



IMG_3016
この頃は、スムースハウンドとハンマーヘッドにフロントサスペンションが装備されていて分割機構を持っていない。


IMG_3014
当時220.500円とハイグレードモデルのMako(マコ)。重量は、8.1kg だった。



IMG_3015
2021 Mako は、このモデルの復刻で、Shimano Tiagra コンポ搭載で、ディスクブレーキ仕様だ。

こちらの Deftar と Mako プロトタイプの製作が間に合わず今回のプレゼンでは展示されなかったのですが、ようやく出来上がったようで日本に向けて出発したとの事です。今後の経路ですが9月28日に日本の通関手続完了予定で、そのまま30日に橋輪到着という流れ。

橋輪Blog で世界初登場だよ!



 
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ