”オッサン”のガレージセール FUJI YAIBA 再び!【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール FUJI YAIBA 再び!

DSC_8610

今回の”オッサン”のガレージセール は、FUJI 111周年記念モデル YAIBAであります。前回売れなかったので価格を下げての再出品であります。


DSC_8611
シフターは、ダウンチューブのダブルレバーから105 STI に変更しています。



DSC_8617
フレームサイズは500。



DSC_8612
DSC_8613
DSC_8614
DSC_8615
DSC_8618
DSC_8619
DSC_8620





こちらも付けますよ!

DSC_3452
フラットバーセット。



DSC_3453
ステム:NITTO NTC 80mm



DSC_3454
グリップ:ERGON GP3 バイオコルク



DSC_3455
ブレーキレバー:DIA-COMPE DC135
シフター:Shimano SL-7900  2×10 Speed



こちらも付けちゃいます!

DSC_8530
ディープリムスペアホイール1セット。



DSC_8533
ハブは、前後ともアメリカンクラシック。フロントエンド幅100mm。



DSC_8534
フリーは、シマノ10 Speed に対応。リヤエンド幅130mm。



DSC_8537
リムは、H PLUS SUPER LITE。ブレーキ面も殆ど擦れていません。



DSC_8535
タイヤ:SCHWALBE ULTREMO ZX



DSC_3261


FUJI 111周年記念モデルYAIBA の詳細は、⇒ こちら

定価577.750円 走行距離約2.500km

現金特価160.000円でお願いします!
※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません

明日、火曜日は定休日です。ご興味のある方はメールにて
shop@hasirin.com

ターンのミニベロ 2018 tern SURGE 【橋輪Blog】

ターンのミニベロ 2018 tern SURGE

DSC_3437
DSC_3422
(サージュ)

2018 tern
SURGE          96.120円(税込)
橋輪プライス    86.500円(税込)
カラー:マットブラック / マットレッド

SURGE          99.360円(税込)
橋輪プライス    89.400円(税込)
カラー:シルクポリッシュ


46 / 150 to 165cm
50 / 165 to 180cm

16 Speed 10.0kg

オ−ルカラーは、⇒ こちら

2017 ROJI BIKES カテゴリーから投入されたターンのミニベロ SURGE。2018では、マットブラック、マットレッドに加え NEW カラーのシルクポリッシュ(3.000円高)が登場で、3色展開のラインナップです。スペックでは、Shimano Claris のコンポーネントが、2400 から新型の R2000 へとアップグレードしています。


DSC_3424
ホイールは、Kitt Custom Crow 3.0 Plus 20(451)で、アルミストレートエアロブレードフォークを採用。



DSC_3425
タイヤ:HENG SHIN 20×1 1/8(28-451)



DSC_3432
特徴的な大面積幅広ダウンチューブ。鋭く尖ったエッジがご覧いただけるだろうか。



DSC_3435
クランクセット:Kitt Custom 53/39T



DSC_3427
フロントディレーラー:Shimano Claris



DSC_3436
リヤディレーラー:Shimano Claris



DSC_3429
カセットスプロケ:Shimano 11-28T 8 Speed



DSC_3430
Kitt Custom のドロップバー及びステムは、フレームサイズ460が、380 / 80mm。500が、400 / 90mm。クランプ径は、Φ31.8mm。


DSC_3431
デュアルコントロールレバー:Shimano Claris 2 x 8 Speed



DSC_3439




DSC_3434

久々にマットブラックの車体が上手く撮影できたと思う。この時丁度、西濃さんのトラックが店の前に止まってて、アルミの荷台がレフ板の代わりをしたのかも。しかしこのミニベロ、カスタム魂に火が入りますな。

ぼくなら迷わずこれ行きます!

DSC_9906

Kitt Custom Carbon Tri-Spoke  Wheel


最後の tern Verge X10 は、マットホワイトで!【橋輪Blog】

最後の tern Verge X10 は、マットホワイトで!

DSC_2810

tern Verge X10 ラストの1台は、お客様のリクエストでフレーム上部のオレンジをマットホワイトでペイントです。

ec80fe55
オレンジの部分をマットホワイト。グロスホワイトの tern ロゴは、そのまま残す。



x10
塗装作業中の画像。緑のロゴは、マスキング用ステッカー。



DSC_3295
で、届きました。



DSC_3303
全然雰囲気変わりましたね。



DSC_3306
角度によってはロゴが見えない。



DSC_3312
これは渋い選択ですね!



DSC_3407




DSC_3408




DSC_3412





DSC_3415




DSC_3418




DSC_3416




DSC_3448

こちらオーナーの M さん。実は、M さん初め 2017年モデルの DAHON Boardwalk D7 のクラウドホワイトを買いに来たのですが、(ボードウォークはその日に納車)その時に見た tern Verge X10 が気に入ってしまいオリジナルペイントをオーダーし、本日納車と相成りました。

どんだけ白好きなんだ?(失礼)

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修11!【橋輪Blog】

エレベーター(昇降舵)サーボの取付

IMG_2466

いや〜、仕掛仕事が中途半端なのと撮影待ちでBlogになりません。二晩連続でおじゃまします。エレベーターとは尾翼に付く動翼で、飛行機の上下方向の制御をする。

IMG_2467
エレベーターのリンケージは、この機体作った人がやってあったんですが、実機通りのPUL PUL(引き引き)ワイヤーリンケージがどうにも渋くて。(動きが悪いって意味で)


IMG_2468
機内からの出口が曲がってるような感じ。



IMG_2491
エレベーター、ラダーのリンケージが操縦席のすぐ後ろまで来ていて、どうやら操縦桿までも動かそうと目論んでいたみたい。せっかくの工作だが操縦に影響が出るのは間違いないので渋々キャンセルします。


IMG_2455
テールヘビー覚悟でダイレクトにサーボ2ヶ後ろに積んじゃいます。



IMG_2456
これは先生に教わったマッチ箱外箱方式。



IMG_2457
IMG_2459
IMG_2458
IMG_2460
IMG_2461
IMG_2462
IMG_2465
これでマッチBOX完成。



IMG_2481
リンケージパーツを含めた重量は、143.5g。せっかくデッカイエンジン積んでバランス取ろうとしてるのに。


IMG_2470
絹張りされた尾部は、かろうじてここまで堅木。



IMG_2473
搭載できるのは最後部の僅かなスペース。



IMG_2476
尻つぼみの尾部に平行な箱を差し込むのは難しいので型紙を作ります。



IMG_2478
これで胴体の尻つぼみと水平尾翼後端の角度が出ます。



IMG_2484
この角度を貰って来ればマッチBOX の型紙が作れます。



IMG_2485
正方形プラス尻つぼみの角度付きの型紙。



IMG_2487
これで角度はピッタリ。



IMG_2489
前後位置を決めて下の型紙にもマーキング。



IMG_2490

この型紙2枚をひっくり返せば反対側の穴あけ治具として使えるってわけ。



IMG_2493
大胆に行きました。



IMG_2494
反対側もね。



IMG_2495
さてどうか?



IMG_2496
ドンぴしゃで反対側まで貫通!



IMG_2497
このまま接着した方が強度的に良いのですが、メンテナスハッチとして使おうと思います。



IMG_2498
なのでフランジを付けて片持ちとします。



IMG_2507
ここはがっちり接着。



IMG_2499
ちょっと大げさだが強度的に安心。



IMG_2509
実機は鋼管フレームだけど木製の雰囲気でごまかすためにライトブラウンで塗りました。



IMG_2510
フランジ付き片持ちマッチBOXの完成!



IMG_2511
穴から覗く丸パイプはカレンダーを巻いて作ったもの。



IMG_2513
サーボ配線のトンネルです。



IMG_2516
DUBRO のごっついエレベーターホーンをボールリンクでダイレクトドライブ。



IMG_2517


4本止めのホーンビスが3本しか止まってないのは、そこに堅木が無いから。しかしアクロ機みたいなごっついリンケージになっちゃったけど水平尾翼の下だから見えないね。



IMG_2518
ところがホーンの反対になる上側のパーツは丸見えだ。



IMG_2519
少し目立たなくしておくか。



IMG_2520
IMG_2521
IMG_2522
IMG_2523
上出来、上出来!



IMG_2514
エレベーターアップ!



IMG_2515
エレベーターダウン!



IMG_2549

エンジンコントロール、エルロン、エレベータのリンケージが完了して残すはこの方向舵だけだな。

ガンバンベー!

最新鋭戦闘機 FOKKER D.次,修10!【橋輪Blog】

エルロン(補助翼)サーボの取付

IMG_1205

DAHON の2018年モデル連続で紹介しネタが尽きたので今夜は社長室よりお送りする。エルロンとは主翼翼端に付く補助翼で飛行機のロール方向の制御をする動翼である。

IMG_1213
ここまでちゃんと作ってあったんですよ。



IMG_1212
中身は空っぽだけど。



IMG_1206
市販の木製サーボベットを組み立てます。


IMG_1215
エルロンに使うサーボは、JR DS588 HV。トルクは、5.2kg・cm しかないがこの飛行機には十分。



IMG_1216
下側の当たるところカットね。



IMG_1217
こんな具合。



IMG_1218
ロッドはエルロンホーンに真っ直ぐね。



IMG_1219
この裏に取り付けです。



IMG_1229
左右間違えないように。



IMG_1220
エポキシ接着剤でがっちり接着します。



IMG_1230
サーボホーンが顔を出すスリット位置をマーキング。



IMG_1231
穴を開けます。



IMG_2537
ロッドの長さを決めてクレビスをはんだ付けすれば完成。



IMG_2541
長い翼の中に延長コード通すの大変だった。



IMG_2538
エルロンリンケージの完成で〜す!



IMG_2543
作動点検。エルロン左! 



IMG_2544
エルロン右!

自分で乗る飛行機は、自分自ら点検する。

これ基本であります。

2018 DAHON SPEED Falco【橋輪Blog】

2018 DAHON SPEED Falco

DSC_3268
SPEED Falco(スピード・ファルコ)

2018 DAHON  
SPEED Falco  88.560円(税込)
橋輪プライス      79.700円(税込)    
8 Speed   12.0kg

ベースとなるのは、クロモリフレームで長年に渡り人気を博したSPEED P8。ホイールサイズを451にアップするため新設計され進化を遂げたのが SPEED Falco です。2018ではNEW カラーの4色展開。


DSC_3271
DSC_3272
パウダーブルー



DSC_3284
DSC_3285
カッパーゴールド



DSC_3286
DSC_3287
カーディナルレッド



DSC_3269
DSC_3270
マットブラック



DSC_3274
リムはDahon BlacFoot 451 でリムハイト30mm。



DSC_3275
タイヤサイズは、20×1 1/8(23-451)



DSC_3277
ガード付チェーンリングは53T



DSC_3278
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。



DSC_3279
リヤディレーラー: Shimano Altus 8 Speed



DSC_3280
カセット:11-32T。



DSC_3288
シフター:Shimano Altus。



DSC_3289
センタースタンド標準装備。



DSC_3296
2018より新採用となった Super Light シートポストは、スタンダードアルミポストと比べて160g 軽量化されています。Dove Plis / Visc EVO / Speed Falco に標準装備。


DSC_3297
何時ものサドルポジションを見つけ出せる目盛りが便利。



DSC_3300
表面加工は、tern のシートポストのようなヘアライン加工が施されておりキズが付きにくくなっています。



DSC_3299
クロモリサドルレールを掴むヤグラは、2ボルトタイプとなり無段階の角度調整が可能に。



DSC_6942
フォールディングペダル付属。



DSC_3292
ハンドルポストは300mm ワンピースで外折れタイプ。



DSC_3293
フレームヒンジはバイスグリップテクノロジーを採用。シンプルな構造ながら確実なクランプシステムだ。



DSC_3294
Folding SizeW82×H66×D36cm



DSC_3290





DSC_3291





DSC_6944

試乗車をご用意してお待ちしております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



2017 SPEED Falco を SALE!

DSC_6932
シャンパン ラスト1台



DSC_6934
シャドウブルー 完売しました



DSC_6922
アメジスト 完売しました



DSC_6930
マットブラック ラスト2台


2018 SPEED Falco  入荷に伴い 2017 年モデルをSALE します!
2017 DAHON  SPEED Falco 88.560円(税込)

20% OFF の 70.800円(税込)です!



他にも2016/7年モデルのSALE!実施中!
こちらからチェック ⇒ 橋輪 SALE



2018 DAHON Horize Disc【橋輪Blog】

2018 DAHON Horize Disc

DSC_3205
DSC_3206
Horize Disc(ホライズ・ディスク)

2018 DAHON  オーソライズドディラー限定モデル
Horize Disc      97.20
0円(税込)
橋輪プライス 87.400円(税込)
8 SPEED    12.4kg

ホライズのディスクブレーキバージョンが、オーソライズドディラー限定モデルとして登場です。Vブレーキアームやキャリパーブレーキのないスッキリとしたストレートフォークと切り立ったシートステーが、ホライズのハイマウントフレームのフォルムを引き立てます。

DSC_3207
カラーは、マットシルバー。



DSC_3210
ホイールサイズは20インチの406で、ストレートフォークを採用。



DSC_3211
タイヤは、KENDA K-90 20 × 1.95(406)。リムブレーキ面のないディスク専用リムを採用。



IMG_2529
20mm ハイトのリムは、ホライズスタンダードの30mm ハイトに比べ、ディスクローター分の重量を相殺する軽量なもの。ディスク化による重量増しを400g に抑えている。



IMG_2530
全天候で安定するストッピングパワーもさることながらリムのアナダイズドブラックが剥げないのもディスクブレーキの魅力。



DSC_3218
DSC_3219
ディスクローターは前後ともAvid の160mm。



DSC_3220
メカニカルディスクキャリパーは、Avid BB5。



DSC_3208
ガード付のチェーンリングは53T。



DSC_3209
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。



DSC_3214
ディレーラーはShimano Altus 8 Speed。



DSC_3215
Shimano カセット11-32T 。



DSC_3216
シフターは、トリガーシフターの Shimano Altus 。



DSC_3217
センタースタンド標準装備。



DSC_3213
ハンドルポストは、スタンダードの360mm より30mm 短い330mm でよりスポーティーなポジションとなる。


DSC_3222
スタンダードの内折れタイプのハンドルポストに対し、外折れタイプを採用することでハンドルバーのカスタマイズにも対応。




DSC_3223
Foiding Size W85 × H68 × D43cm



DSC_3262




DSC_3263

オーソライズドディラー限定としてのリリースですが、12月1日現在、既にメーカー在庫は完売しており希少なモデルとなりそうです。橋輪ではそれなりのスットク数を確保しておりますが早期完売の可能性もありますので早めのご予約をお待ちしております。


DSC_3264

最近お気に入りの”Mariko”アングルにて

2018 DAHON Horize 【橋輪Blog】

2018 DAHON Horize

DSC_3191
DSC_3193
Horize(ホライズ)

2018 DAHON 
Horize              85.32
0円(税込)
橋輪プライス 76.700円(税込)
8 SPEED    12.0kg

2017年モデルより極太タイヤを履くホライズ。高い位置に配したストレートなメインフレームが特徴で完全ホリゾンタルでありながら若干前スローピングに見えるのが何ともカッコいいです。

DSC_3192
DSC_3194
キャメル



DSC_3196
DSC_3197
サンセットクラウド




DSC_3227
ホイールサイズは20インチの406で、ストレートフォークを採用。




DSC_3228
超ワイドタイヤは、KENDA K-90 20 × 1.95(406)。




DSC_3243
複雑なパイプワークで組まれるリヤエンドにはディスク台座を用意。ディスクハブに対応すべく、リヤエンド幅は、135mm となっている。



DSC_3244
フロントフォークにもディスク台座。




DSC_3244
フロントエンド幅は100mm。




DSC_3229
ガード付のチェーンリングは53T。




DSC_3260
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。
注意)ホライズは、内折れハンドルポストを採用していますので、左シフターを取り付けるとフォークと干渉して完全に折り畳むことが出来なくなります。ダブル化には、外折れハンドルポストに交換することをお勧めします。



DSC_3230
ディレーラーはShimano Altus 8 Speed。



DSC_3231
Shimano カセット11-32T 。




DSC_3236
ハンドルポストは、360mm 。




DSC_3235
シフターは、ツイストグリップ式からトリガーシフターの Shimano Altus に変更になりました。




DSC_3242
センタースタンド標準装備。




DSC_3247
ヒンジにはVクランプを採用。




DSC_3241
見た目も美しい。




DSC_3234
確かにメインフレームはホリゾンタル。




DSC_3245
ハンドルポストは、内折れタイプでコンパクトに畳めます。




DSC_3246
Folding Size
 W85 × H68 × D39cm




DSC_3239





DSC_3240





DSC_3237
試乗車もご用意しています。




NIGHT FRY DRESS BLACK EDITION

DSC_3198
DSC_3200
ドレスブラック

2018 DAHON は、マットブラックのフレームに全てのパーツをブラックアウトしたドレスブラックエディションを Horize / Mu SLX / Dash Altena / Boardwalk D7 の4モデルで展開する。


DSC_3251




DSC_3252




DSC_3253
DSC_3254
DSC_3249
DSC_3255




DSC_3257

Horize DRESS BLACK EDITION では、マットブラックのボディーにチタニウムフラッシュのロゴを散りばめています。暗黒のホライズ如何ですか。


DSC_3220

明日は、Horize Disc を


2017 Horize を SALE!

DSC_6998
シトロンイエロー ラスト1台



DSC_6996
クラウドホワイト 完売しました



DSC_6994
ファイヤーレッド ラスト1台



DSC_7002
オブシディアンブラック ラスト1台


2018 Horize 入荷に伴い 2017 年モデルをSALE します!
2017 DAHON Horize 85.320円(税込)
20% OFF の 68.200円(税込)です!



他にも2016/7年モデルのSALE!実施中!
こちらからチェック ⇒ 橋輪 SALE


Boardwalk D7 NEW カラー2色が入荷!【橋輪Blog】

Boardwalk D7 NEW カラー2色が入荷!

DSC_3173
Boardwalk D7(ボードウォーク)

2018 DAHON 
BoardWalk D7      64.800円
(税込)
橋輪プライス   58.300円(税込)
7 Speed            12.4kg

遅れていた 2018 DAHON Boardwalk D7 の2色が入荷しました。これで全5カラーのラインナップが揃いました。

他のカラーは、⇒ こちら

DSC_3176
DSC_3177
ライトグリーン



DSC_3182




DSC_3183




DSC_3178
DSC_3185
チャコールグレー



DSC_3180




DSC_3181




DSC_3184

どちらも素敵な色ですよ。是非ご来店頂き見て下さいね!

2017 DAHON Boardwalk D7 SALE 中!

DSC_6457
DSC_6458
プラム ラスト3台



DSC_6462
DSC_6463
フォギーブルー 完売しました



DSC_6460
DSC_6461
グラファイトグレー ラスト1台



DSC_6464
DSC_6465
クラウドホワイト ラスト1台



DSC_6443
DSC_6444
グリーングラス 完売しました

2017 DAHON 
BoardWalk D7      64.800円(税込)

30% OFF45.300円(税込)です!

SRAM Red eTap Road Groupset 【橋輪Blog】

SRAM Red eTap Road Groupset

DSC_3051
SRAM Red eTap Road Groupset short cage  207.000円
SRAM Red eTap Road Groupset wiFLi Max3  210.000円

(税別)
 
遅まきながら橋輪もスラム無線電動変速機イータップに手を出しました。2セット入荷しましたが、どちらもお客様からの注文でロードバイクフレームに組込みます。

ロードグループというセット内容は、クランクセットやブレーキキャリパーなどを除く変速に必要な機器のみの構成です。右の箱は初めに発売されたリヤディレーラーがショートケージのもので、左が後に追加となったミドルケージ付きでお値段も3.000円ほど高くなっています。

納品書をみて青ざめたのが、ショートケージ×1、ミドルケージ×1と書かれていれば納得出来たのですが、ミドルケージの方は、 wiFLi Max3 となっています。「ゲゲゲ!ショートケージのお客さんの方は、Wi-Fi が使えないのか?なんだ悪いことしちゃったな」などと勝手に思い込み慌てましたが、”ワイフライ”と読むらしくスラムではミドルケージをさす言葉だそうです。セットはリヤディレーラー以外全く同じものだそうです。マジ焦りました。

余談ですが、うちの奥さんがFBに動画をアップする際に「うちはワイファイが薄いのよね」などと言っていおりましたので「それは濃い薄いではなく強い弱いと言うんだよ」と教えておきました。ま、ぼくらこんなレベルです。


DSC_3054
これがセット内容。


DSC_3113
SRAM Red eTap Shifters




DSC_3055
DSC_3056
DSC_3057
いやこれ本当に素晴らしい箱に入ってくるんですよ。これは取って置いてお正月のおせちに使えますね!


DSC_3058
ダブルタップの流れを汲むシフトスイッチレバーは左右それぞれ一つずつで、レーシングカーのパドルシフトよろしく右のレバーでリヤ変速のシフトアップ、左でダウン、左右同時に押すとフロントがチェンジします。


DSC_3061
ペアで、266g ですから機械式に比べて遥かに軽いですね。



DSC_3062
電気的スイッチではありますが確かなクリック感があります。



DSC_3063
あらもう電池入ってんのね。LEDは電池残量も示してくれる。その脇にあるのが機能ボタン。



DSC_3111
ここでリーチアジャストが可能。



DSC_3112
このハッチの下にボタン電池のCR2032を内蔵。電池の持ちは使用頻度にもよりますが、6ヶ月〜24か月と消費電力が少ない。赤いダミープラグは、Blips ポートでブリップス(シマノでいうサテライトシフトユニット)を繋ぐ。


DSC_3115
DSC_3116
こちらの薄い箱は、ブレーキワイヤーのセット。



DSC_3105
SRAM Red eTap Front Derailleur



DSC_3106
機械式RED と同じくYAW テクノロジー搭載のフロントディレーラー。左は電池パックで使用可能時間は、22〜90時間。


DSC_3114
ウエッジと呼ばれる形の異なる3種類のピースが付属。シマノのアシストボルトのようなもので、フロントディレーラーブラケットの補強となる。


DSC_3107
赤いパーツはそれぞれ電池カバー、電池ブロック。



DSC_3118
DSC_3119
DSC_3120
DSC_3121
オンオフスイッチはありませんので長期使わないときは電池を外しておきます。




DSC_3108
SRAM Red eTap Rear Derailleur



DSC_3109
カーボンケージとセラミックプーリーで機械式REDと比べて重量増しを94g に抑えています。使用可能時間は、15〜60時間。ショートケージは、28Tまでのカセットスプロケに対応し、ミドルケージのワイフライは、32Tまで対応する。



DSC_3110
4種類のコンセントが付属するチャージャー。



DSC_3123
さて電池も入っていることだし動くかな?



DSC_3117
やはりこれと同じでペアリングしないと動かないのね。



DSC_3124
DSC_3125
DSC_3127
それぞれの機器の機能ボタンでペアリング完了。



DSC_3129
DSC_3131
うわ〜、ラジコン、ラジコン!



DSC_3135
シフターを使わずフロント、リヤのディレーラーを動かすことも可能。単体で機能ボタンを押せば。



DSC_3133
DSC_3134
ご覧のとおり。



DSC_3067
SRAM Red eTap Firmware Update Dongle

最後にこのドングルはバージョンアップの際、USBポートに繋げるだけでアップデートデータをAIREA(アエリア)ネットワークという通信システムで送信するもの。近くに置いたバイクのeTap 電源が入っていれば、自動的に受信、バージョンアップするらしい。ただ最初のバージョン1.1から今のところアップデートがないので誰もやったことないそうです。

取りあえず Wi-Fi は出てこなくて良かったね。ややこし!



【2018 DAHON 入荷情報】
以下のモデルが入荷しました

SPEED Falco パウダーブルー
SPEED Falco マットブラック
SPEED Falco カッパーゴールド
SPEED Falco カーディナルレッド

Boardwalk D7 ドレスブラック(入荷済)
Boardwalk D7 パープルブルー(入荷済)
Boardwalk D7 ボルドー(入荷済)
Boardwalk D7 チャコールグレー
Boardwalk D7 ライトグリーン

Horize ドレスブラック
Horize キャメル
Horize サンセットクラウド

Horize Disc マットシルバー





記事検索
  • ライブドアブログ