再び、試乗車放出!2016 DAHON SPEED Falco【橋輪Blog】

再び、試乗車放出!2016 DAHON SPEED Falco

昨日、2018年モデルの DAHON SPEED Falco カッパーゴールド試乗車を放出しましたが、走行距離が少ない訳に最近まで2016年モデルのアクティブイエローを使っていたためと書きましたが、その2016 DAHON SPEED Falco アクティブイエロー試乗車を倉庫に入れっぱなしで忘れていました。本日、放出いたします。

DSC_6099
2016  DAHON  SPEED Falco   92.880円(税込)



DSC_6073
DSC_6076
DSC_6074
DSC_6075
DSC_6100
DSC_6088
DSC_6089
DSC_6090



キズ申告します!

DSC_6095
DSC_6096
DSC_6080
リムブレーキ面の様子です。フロント左側以外は、擦りキズあります。



DSC_6077
特にフロント右側は、全周に渡りキズあります。




DSC_6078
フロントタイヤは、9分山。



DSC_6081
リヤは、8分山ってところか。



DSC_6082
ハンドルポスト右側中央部に小キズあり。



DSC_6083
右クランクアーム小キズ多数あり。



DSC_6084
右リヤエンドダボ、リヤクイックレバーに小キズあり。



DSC_6091
メインフレーム左上部にほんの僅かな小キズあり。



DSC_6092
センタースタンドにクランクアームと干渉したキズ大。



DSC_6093
左チェーンステー後部に小さな汚れあり。



DSC_6094
同じく左チェーンステーに小キズあり。



DSC_6086




DSC_6085

2年間使いまわした割にはとても綺麗な車両です。ブラックとイエローのコントラストも good!

2016 DAHON SPEED Falco アクティブイエロー試乗車

44.800円(税込)でお願いします!

試乗車放出!2018 DAHON SPEED Falco【橋輪Blog】

試乗車放出!2018 DAHON SPEED Falco

DSC_6017

月曜日にご紹介した 2019 DAHON スピードファルコ。試乗車も新たにクールグレーでご用意しました。よって2018年モデルのスピードファルコの試乗車を放出します。

DSC_5992
2018 DAHON SPEED Falco  88.560円(税込)



DSC_6018
DSC_6023
DSC_6024
DSC_6025
DSC_6027
DSC_6028



キズ申告します!

DSC_6019
リムに小キズありますがリムブレーキ面は、凄く綺麗です。



DSC_6021
タイヤの摩耗もありません。



DSC_6029
BB シェル左側上面に小キズあり。



DSC_6030
右側にも小キズあり。



DSC_6033
DSC_6032
メインフレーム上部にほんの僅かな極小キズを発見!良く見ないと分かりません。



DSC_6026
シートポストに小キズあり。



DSC_6034

非常に綺麗です。走行は、本当に僅かです。おそらく5分程度の試乗を20人くらいしか乗ってないと思います。何故なら2016年モデルのアクティブイエローをこの間まで使っていたので、下ろしたてなんです。

新車に近い2018 DAHON SPEED Falco カッパーゴールド試乗車
 54.800円(税込)でお願いします!



2019 DAHON DASH Altena 【橋輪Blog】

2019 DAHON DASH Altena

DSC_6045
DSC_6049
DASH Altena(ダッシュ・アルテナ)

2019 DAHON 
DASH Altena   138.240円(税込)
橋輪プライス    124.400円(税込)
16 Speed    (M)10.8kg  (L)10.9kg
適用身長:(M)157〜172cm (L)170〜193cm

451ホイールを採用し M / L のフレームサイズを選択出来るアルテナは、2017で大きくマイナーチェンジ。シートステーを湾曲させ、より優美なデザインのフレームを新設計。2017では、Shimano Claris 2400 のコンポーネントを新型の R2000 にチェンジ。2018から2019の変更点は、フロントブレーキキャリパーの取付位置を見直しています。 カラーは、メタリックグレーとブリリアントシルバーの2色展開。

DSC_6047
DSC_6050
メタリックグレー



DSC_6068
DSC_6070
ブリリアントシルバー



DSC_6051
ホイールサイズは、451。



DSC_6053
ハイポリッシュリムが、クラシカルな印象。



DSC_6052
タイヤサイズは20×1 1/8 (28×451)



DSC_6058
STI レバー使用のため、ブレーキはキャリパーをセレクト。



DSC_6054
オリジナルのクランクセットは、53 / 39T 。



e1486168
フォールディングペダルが標準装備。



DSC_6055
 フロントディレーラー:Shimnano Claris FD-R2000



DSC_6056
リヤディレーラー:Shimnano Claris RD-R2000



DSC_6057
カセットスプロケ:Shimano CS-HG50 11-32T 8 Speed



DSC_6060
STI:Shimano Claris ST-R2000



DSC_6061
ステムは、M が90mm。L が100mm。



DSC_6062
折り畳み機構はダッシュ伝来のロックジョーシステム。



DSC_6063
DSC_6064
DSC_6065
ロックジョーは付属するレンチで180°回すだけでロックと解除ができる。ネジで締めるのではなく、内臓するカムでロックするシステム。


DSC_6066
Folding Size


(M) W92×H89×D36cm
(L) W93×H91×D37cm


2018年モデルの DASH Altena を SALE!

DSC_3541
2018 DAHON  オーソライズドディーラー限定モデル
DASH Altena   138.240円(税込)
16 Speed     10.8kg 

2018 DAHON DASH Altena 

2018 DAHON オーソライズドディーラー限定モデルDASH Altena キャナルイエローがラスト4台!

20% OFF 110.500円(税込)でお願いします!




DSC_3583

試乗車をご用意しております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております


2019 DAHON SPEED Falco【橋輪Blog】

2019 DAHON SPEED Falco

DSC_5987
DSC_5996
SPEED Falco(スピード・ファルコ)

2019 DAHON  
SPEED Falco  88.560円(税込)
橋輪プライス      79.700円(税込)    
8 Speed   12.0kg

ベースとなるのは、クロモリフレームで長年に渡り人気を博したSPEED P8。ホイールサイズを451にアップするため新設計され進化を遂げたのが SPEED Falco です。2019モデルは、NEW カラーの4色展開。


DSC_5994
DSC_5995
フラッシュレッド



DSC_5988
DSC_5989
クールグレー



DSC_5990
DSC_5991
マットブラック



IMG_6894
IMG_6895
ライムグリーンは、10月26日入荷予定



DSC_5997
シルエットがシャープに見えるクロモリフレーム。フォークは、アルミフォークを採用。



DSC_5998
リムはDahon BlacFoot 451 でリムハイト30mm。



DSC_5999
タイヤサイズは、20×1 1/8(23-451)



DSC_6000
ガード付チェーンリングは53T



DSC_6003
フロントダブル化に備え フロントディレーラー台座とケーブルアウター受けを装備。



DSC_6001
リヤディレーラー: Shimano Altus 8 Speed



DSC_6002
カセット:11-32T。



DSC_6007
シフター:Shimano Altus。



DSC_6010
センタースタンド標準装備。



DSC_6006
2018より新採用となった Super Light シートポストは、スタンダードアルミポストと比べて160g 軽量化されています。Dove Plis / K3 / Visc EVO / Speed Falco に標準装備。何時ものサドルポジションを見つけ出せる目盛りが便利。



DSC_6006
表面加工は、tern のシートポストのようなヘアライン加工が施されておりキズが付きにくくなっています。



DSC_6004
クロモリサドルレールを掴むヤグラは、2ボルトタイプとなり無段階の角度調整が可能に。



DSC_5993
フォールディングペダル付属。



DSC_6011
ハンドルポストは300mm ワンピースで外折れタイプ。



DSC_6012
フレームヒンジはバイスグリップテクノロジーを採用。シンプルな構造ながら確実なクランプシステムだ。



DSC_6013
Folding SizeW82×H66×D36cm



DSC_6008




DSC_6009




DSC_6016

試乗車をご用意してお待ちしております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



【2019 DAHON 入荷情報】
DASH Sltena ブリリアントシルバー
DASH Sltena メタリックグレー


MOULTON DOUBLE PYLON を組む 完成お披露目編【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む「完成お披露目編」

IMG_0847
サドル:SOMA YAMADA スエードブラック  11.000円(税別)



IMG_0848
シートピラー:NITTO S65 27.2mm   6.500円(税別)



IMG_1005
ペダル:wellgo ロープロファィルペダル 7.900円(税別)

アスチュードの蛍光イエローのサドルとバーテープは、あまりにも色合いが違い過ぎたので諦めました。代わりに選んだサドルは、金メッキのブラスプレートが付いたビンテージデザインのSOMA。カラーテープを巻かずにフィニッシュしたベルベット仕上げのASTVTE EXTREME バーテープ ラグジュアリーブラックに合わせてチョイス。高級感漂う風格になったと思う。完成まで13回を数えた「MOULTON DOUBLE PYLON を組む」もようやく完成。それでは、DOUBLE PYLON ステンレスフレームとANDOZA HAWK B5 Limited ホイールニッケルエディションとのベストマッチングをとくとご覧あれ!

DSC_5481





DSC_5477





DSC_5482





DSC_5483




DSC_5489




DSC_5488




DSC_5492




DSC_5494




DSC_5493




DSC_5491




DSC_5498




DSC_5486




DSC_5484




DSC_5496




DSC_5431

”オッサン” 遂に頂点を極めたのであります!

総額 2.741.600円(税込)


MOULTON DOUBLE PYLON を組む 13【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 13

IMG_1035

もうやれることは殆どやったが、2.48mm スペーサーを入れての逆回転テストは、フロントディレーラーのアジャストボルトとクランクアームの干渉のためやってなかった。もうこれが最後の頼みであります。

IMG_1088
チェーンの長さは、大大+2リンクの標準でテンションプーリーの角度はこんな感じ。



IMG_1090
テンション調整ボルトは、半分ほど締め込んだ。これ以上のテンションを掛けるとガイドプーリーがカセットから離れ変速性能が落ちる。さて、どうだ!



IMG_1086
落ちない!落ちない!100回ほど逆回転させたが落ちない!



IMG_1087
カセットも落ちないぞ! でも喜ぶのは早すぎ。



IMG_1037
ピポットボルトがスパイダーアームに当たる件は、シムの増量で解決出来るが、




IMG_1091
フロントディレーラーのアジャストボルトの干渉の件が残ってる。




IMG_1092
下のアジャストボルトがロー側で、レンチの掛っている上がハイ側。



IMG_1096
ハイ側は何故か逆ねじ。



IMG_1097
緩めて行くと奥に入って行きケージが手前側に出て来る。



IMG_1098
この場合左 BB にスペーサーを入れてクランクが左側に寄ったわけだからケージは内側に移動したい。



IMG_1099
ハイ側の逆ねじをどんどん締めた行くとボルトが出て来ると同時にケージが内側へ。これでは余計にクランクアームと干渉する。だが最早アジャストボルトの頭は離れ役目を果たしていない。


IMG_1100
それなら外してしまえ! 次はロー側。


IMG_1101
ロー側ももっと内側へ入れてやりたい。



IMG_1102
最後まで緩めてもまだもう少し内側へやりたいくらいなのでこっちも外してしまえ。太いシートチューブの DAHON Mu SLX に 9070 DURA-ACE Di2 を組んだ船長の時と同じパターン。これでクランクアームは、ギリ交わせる。


IMG_1104
ピポットボルトの頭が出るって件は、首下に入れるシムの追加で解決できる。



IMG_1103
オリジナルの状態では緩み止めのための一対(2枚)のノルトロックワッシャーが入っている。ノルトロックワッシャーは、平ワッシャーを追加するとその効力が失われるため中強度のロックタイトを塗布した。


IMG_1035
今回ばかりは、諦めようかと思ったが何とか頑張った。赤いスペーサーは、BB 周りの全てのクリアランスがギリギリだというワーニングサインとしておこう。



IMG_1106

本日夕方にシェイクダウン。フレクシターサスペンションフレームは、雲の上を走るようなフェザーベットの乗り心地であった。

明日は、完成お披露目編を!


【2019 DAHON 入荷情報】
DASH Sltena ブリリアントシルバー
DASH Sltena メタリックグレー
SPEED Falco クールグレー
SPEED Falco フラッシュレッド
SPEED Falcoマットブラック




2019 tern SURGE ULTEGRA Di2【橋輪Blog】

2019 tern SURGE ULTEGRA Di2

DSC_5967

早くも2019年モデル tern SURGE のフルカスタムです。PRO や DELTA モデルではなくSURGE をベースとし、個性を強調しています。コンポーネントは、Shimano ULTEGRA Di2 フルコンポ。ワイヤーインナールーティングといえ Di2 対応フレームではないのでエレクトリックワイヤーの取り回しには苦労しました。エアロカーボンドロップバーは、3T。キットデザインのカーボンバトンホイール、カーボンフォークで軽量化。オリジナル 52cm サイズを実測すると10.30kg(ペダル含まず)(カタログスペックは、10.00kg)ですが、モデファイ後は、8.71kg と 1.59kg の軽量化を達成しています。本日、雨の合間を縫って撮影しました。前後バトンホイールの位置は、ぼくの拘りです。それでは、2019 tern SURGE ULTEGRA Di2 のお披露目です。

2019 tern SURGE は、⇒ こちら

DSC_5968




DSC_5969




DSC_5970




DSC_5971




DSC_5983




DSC_5972




DSC_5973




DSC_5974




DSC_5975




DSC_5977




DSC_5978




DSC_5979




DSC_5980




DSC_5981




DSC_5982




DSC_5986




DSC_5984

最後に迫力のショットを添えて、R さんお待たせいたしました。SURGE ULTEGRA Di2 完成で〜す!

総額は、541.000円也!

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 12【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 12

IMG_1050

完全に泥沼にスタックした。オールスラムでコンポーネントに関係するものはフレーム本体を除きリヤハブがある。クランクが内側へ追いやれないのならカセットを手前に出してやるか!


IMG_1051
IMG_1052
ANDOZA 11 Speed フリーにシムを入れてみる。


IMG_1053
IMG_1054
何種類かの厚みのシムを試してみたがトップギヤの掛がとても浅いのでこれは無理だった。



IMG_1055
であれば、アメクラハブに Shimano 105 11速カセットでどうだ?



IMG_1057
しっかり外れました。ありがとうございます。



IMG_1056
トップギヤ側面とエンド内側の距離を測ってみるとアメクラ105が、7.29mm。



IMG_1058
ANDOZA RED が6.22mm とANDOZA RED の方がまだ有利だった。てことはハブでもない。



IMG_1059
IMG_1060
もう一度逆回転の時のチェーンラインを見直してみよう。上写真2枚は、アウタートップ。



IMG_1061
IMG_1062
今度はアウターロー。



IMG_1059
IMG_1061
アウターローは、テンションプーリーが前方に出てきているのが分かる。本当は上からの写真の方が分りやすいのだが、上側のチェーンはトップローどちらでもチェーンリング、カセットの真上を結ぶラインだが下側はテンションプーリーからチェーンリングなのでこれだけの差が出て来る。


IMG_1063
チェーンテンションでどれだけ変わるかやってみた。



IMG_1062
IMG_1064
上がテンションゆるゆるで、下がビンビン。これだけ差が出る。下側チェーンは、テンションプーリーから離れる位置からチェーンリングに向かって曲がり始めるので結果チェーンラインが楽になるのでは?


IMG_1066
おっと外れないぞ!



IMG_1067
今度はカセット側が落ちた。テンションが強すぎるみたい。



IMG_1069
強いテンションを掛けずにテンションプーリーを後ろに下げたいのならチェーンを伸ばすしかない。



IMG_1070
SRAM のマニュアルだと大大(リヤディレーラーを通さずアウターロー)+2リンク。



IMG_1068
ジィントを含め7リンク足してみる。



IMG_1072
さて結果は?



IMG_1073
外れた。



IMG_1075
更にテンションを上げてみると、



IMG_1076
落ちない!



IMG_1077
カセットも落ちない! だが変速性能が著しく鈍くなってしまった。これディレーラーがいけないのかな?



IMG_1078
最後の大技、Shimano DURA-ACE 投入!



IMG_1081
シフターは付けていないが、シフトケーブルを反対から通しアジャストシステムも完備。



IMG_1079
結果は・・・・・・・



IMG_1080

これはもう底なし沼であります。前身の力が抜けて行く。

明日は、来るのか?



MOULTON DOUBLE PYLON を組む 11【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 11

IMG_1026

2枚のRED チェーンリングを試したがどちらもダメだった。で、そこいら辺にあった別の53T を組んでみた。どっかで見たチェーンリングですね。DAHON Visc に付いてるやつです。これで治ると思ってやっているとダメ出しが出た時に辛いので、多分ダメだろうなと思って進める。

IMG_1027
さ〜て逆回転。やっぱりダメだった。



IMG_1029
これはもうクランクを内側に入れてチェーンラインを変えるしかなかろう?



IMG_1030
問題はこのスイングアームピポットとクランクスパイダーアームの隙間。



IMG_1031
ここは測定する余地が無いので実際にやってみるしかない。



IMG_1032
これは SRAM GXP クランクの強みで矢印の段差でクランク位置が決まるので左側 BB だけで調整が可能だ。


IMG_1033
ピポットボルトの首下に入れたシムを追加すれば、ボルトも面一までひっこめる事が出来る。



IMG_1034
2.48mm のスペーサーを左BB に入れてみよう。



IMG_1035
何かスペシャルな感じ。



IMG_1036
当たったわ!



IMG_1037
ボルトが当たってるがフランジは、ギリ交わしてるみたい。



IMG_1038
少しボルトを抜いてみよう。



IMG_1039
おー交わした交わしたぞ! なんて喜ぶのは早い。



IMG_1040
ところがクランクアームがフロントディレーラー Hi 側調整ボルトにヒット!



IMG_1041
今度は、1.87mm でリトライ。



IMG_1042
少しは期待持っちゃおうかな?



IMG_1043
1.87mm でもヒット! でもこれフロントディレーラー無視したら改善されたのかな?



IMG_1046
フロントディレーラーを外してみる。



IMG_1047
さーて逆回転。

こりゃもー参りました。無理かもしれない。でもぼちぼちこの高額車両納車出来ないと橋輪の経営が危ぶまれますが!

次回につづく、



MOULTON DOUBLE PYLON を組む 10【橋輪Blog】

MOULTON DOUBLE PYLON を組む 10

IMG_1007

リヤ変速は何とかなったが、何で何とかなったのが分からないのは気持ち悪い物です。そもそも SRAM RED のリヤディレーラーのチェーンテンション方向のスイングがホイールの面と一致しない理由が未だ分かりません。しかし問題は、フロントにも。


IMG_1008
アウターローでクランクを逆回転するとチェーンがインナーへと外れてしまう。



IMG_1009
BB または、クランクが SRAM じゃないなら分かるがオール SRAM だかんね。小径車故にリヤセンターが短いからチェーンラインがきついのか? いやいやモールトンは、114リンクじゃ足りないくらいでチェーンラインは、700c フルサイズより有利なはず。



IMG_1011
チェーンが外れ出すところにマーキングしてみた。毎回ではないが必ずこの位置から外れ出す。



IMG_1012
確かにマーキングした歯がインナーリンクに乗っかっている。



IMG_1013
では何故毎回ではないのか?アウターリングは、奇数の53T。チェーンはどんな長さでもリンク数は偶数なので、


IMG_1014
先ずはアウターリンクのところに刺さり、

IMG_1015
そこから1回転するとインナーリンク、

IMG_1016
また1回転するとアウターリンクと交互に入れ替わる。ちなみに54T の偶数だと変わらない。



IMG_1017
今問題の歯が、幅の広いアウターリンクに刺さっています。



IMG_1018
もう1回転するとインナーリンクに来る。なので外れるのは2回転に1回と規則的になる。これはもしやチェーンリングの加工不良か?



fa0349b0[1]
DURA-ACE のカセットだって加工不良が見つかったくらいだからな。高い物は確かだって神話は崩れてっかんね。



IMG_1006
でもって新品のチェーンリングをもう一枚取り寄せた。ここでも改善を夢見てほくそえんではいけない。




IMG_1020
右の青いテープを張った方が新たに取り寄せた53T。



IMG_1021
表側を A 面とした。



IMG_1022
画像に撮って拡大してみたが違いが分からない。



IMG_1023
B 面も然り。全く同じにしか見えない。目に見えない違いなのだろうか?



IMG_1024
新たに取り寄せた53T を取り付けてみる。



IMG_1025
大変残念ながら結果は、同じだった。

寸分違わず全く同じ位置で外れる。しかも新たに取り寄せた方がインナーリンクに乗っかるどころか外に出てくる始末。てことは、2枚のチェーンリングは、ほぼ正確に同じ形に加工されているってことだ。

オール SRAM RED だぜ! どーする?



記事検索
  • ライブドアブログ