RALEIGH RSS RSW Sport【橋輪Blog】

RALEIGH RSS RSW Sport

DSC_7287
DSC_7288
RALEIGH RSS RSW Sport(スポーツ)

2019 RALEIGH
RSS RSW Sport    66.960円(税込)
橋輪プライス    60.200円(税込)
フレームサイス:480 / 520mm   22 Speed  11.5kg(12.1kg)

1950年代のイギリス。自転車の小径化による可能性を見出したアレックスモールトンとラレー。モールトンは、その元祖であるオースチン・ミニのラバーコーンサスペンションを採用し衝撃に耐えた。一方、ラレーは、オリジナルの小径バルーンタイヤを開発し、ローコストでの乗り心地を確保。これは、70年代の日本で、軽快車の一世を風靡したミニサイクルへと繋がる。道路状況が改善された現在、ミニサイクルは、ロードゴーイングレーサーのミニベロと呼ばれる乗り物へと進化した。今週は、ラレーのミニベロを3種紹介する。

DSC_7298
写真のカラーは、アガトブルーでフレームサイズ480mm。



DSC_7290
ホイールサイズは、451を採用。タイヤ:20×1 3/8(37-451)



DSC_7299
ハブ:Shimano HB-TX500



DSC_7296
DSC_7297
ラレー型マットガードを標準装備。



DSC_7291
Sugino クランクにガード付きチェーンリングは、52T。



DSC_7293
リヤディレーラー:Shimano ALTUS



DSC_7302
カセットスプロケ;11-34T 8 Speed
メガレンジ34T のローギヤでフロントシングルをカバー。


DSC_7294
ライズがついたオールラウンダーバー採用。



DSC_7295
シフターは、ツイストグリップ式のShimano SL-RS45。



DSC_7285
安定して直立するダブルレックスタンドが標準装備。



DSC_7286
左チェーンステーにコンパクトに畳めます。



DSC_7301




DSC_7304

明日もラレーミニベロ!


Tiger moth 買いました!(その25)【橋輪Blog】

重くて飛べない?蛾(モス)

本日は我、東パル街商店会の総会があるので、これにて早退します。よって今夜の【橋輪Blog】は、社長室よりお届けする。

IMG_4209
さて重たいエンジンに載せ替えたモス。



IMG_4211
パイロットに搭乗して頂き、



IMG_4212
もう一度重心をみてみる。



IMG_4210
持っている鉛板を全部乗せてみたがまだ足りない。



IMG_4224
鉛板は、729.0g であった。



IMG_4225
ホームセンターでこんな鉄板を入手した。



IMG_4229
これを重ねるがカウリング内に収まるように刻む。



IMG_4230
こんな塩梅であります。



IMG_4231
右側用に購入した鉄アングル材。


IMG_4233
鉄プレート全部で603.0g。



IMG_4284
エンジンマウントボルトに干渉する部分を削った。


IMG_4285
IMG_4291
カウリングに当たるところも同様。


IMG_4288
なんだか装甲車両みたいだ。戦闘機だったら銃弾からエンジンを守れるな。


IMG_4303
さてどうだ?729.0g のウエイトを置いてみる。うあ〜重い。これは流石に重すぎで機首が下がった。


IMG_4305
箱から一枚ずつ抜いて行くと、


IMG_4306
5枚抜いたところでバランスした。



IMG_4307
測ってみると436.5g。


IMG_4324
これだけの鉛板を更に張り付けなければならない。



IMG_4290
左右と上面にまんべんなく張り付けて行く。


IMG_4325
まるで鉛のレゴだよこれ!



IMG_4458
ところがプロペラシャフトを持って持ち上げようとした瞬間、左にグラッと。これでは勝手に左ロールに入ってしまう。


IMG_4459
慌てて左側に張り付けた鉛板を全部剥がした。


IMG_4460
剥がした鉛板の強力粘着テープを一つずつ剥がし、新たに両面テープを貼る。全部やり終えたころには指の皮が薄くなった。


IMG_4461
左の鉛板を右に全部移植するとようやく左右バランスが保たれた。



IMG_4292
カウリングにも何とか収まったが。

鉄板が、603.0g で鉛板が、436.5g 合計で、1.039.5g。やはり1kg 越えのデットウエイトか。これが現実!


IMG_4162
プロペラナットを緩め、



IMG_4159
空回ししてみる。気持ちよく飛行するモスを想像し心を慰める。

次回につづく、


KIMORI COLOSSUS 市販1号機(その10)【橋輪Blog】

M5 キャップスクリューが届く間に

やはりそんな刻みのM5 キャップスクリューは存在しなかった。木森さんが特別に調達した長ネジをその都度カットしているそうだ。月曜日にカットして送ってもらえることに。では、その間に出来る事をやっておこう。

IMG_4548
先ずは、hasirin ステッカーの貼り付けから。これでキモリ出身ではなくハシリン出身のコロッサスへ。



IMG_4545
長すぎたケーブルガイド取付ボルトは、短い物に交換。



IMG_4547
これでBB がすんなり通ります。



IMG_4549
IMG_4550
BB 取付完了。




IMG_4553
DURA クランク。



IMG_4554
56-39T のチェーンリング。



IMG_4551
おっとフロントディレーラーブラケットのタッチアップを忘れていた。



IMG_4555
ブレーキキャリパーの取付け。



IMG_4556
綺麗にしたパーツを組み込んで行くのは、実に気持ちがいい。



IMG_4557
リヤディレーラー。



IMG_4558
フロントディレーラー。



IMG_4561
前後20インチ(406)ホイールもクリーニング完了。



IMG_4564
GOKISO 付いてますからね。



IMG_4565
しかも当時のカラーオーダーであります。



IMG_4559
球面ワッシャーのメンテナンスもお忘れなく。




IMG_4560
カセットは、105 10S 11-28T。



IMG_4568
チェーンは、新調します。KMC X10。



IMG_4562
傷のついたスキュアーも交換しましょう。



IMG_4563
クロモリエンドには最適な無印スキュアー。



IMG_4566
IMG_4567
ブリティッシュレーシンググリーンとゴールドの組合せなかなかカッコいいでしょ!



IMG_4569
傷だらけのシートピラーも DIXNA に交換します。


 
IMG_4571
んん、スッキリ。



IMG_4573
IMG_4574
綿棒まで動員してビカビカに磨き込んだ KIMORI ステム。



IMG_4570

今夜は、ここまで。

次回につづく、


KIMORI COLOSSUS 市販1号機(その9)【橋輪Blog】

フロントダンパーユニットの秘密

FLIG ユニット(フロント)と MEAD ユニット(リヤ)をメインフレームに組み込んで行きます。これだけ KIMORI に携わって来ましたが、まだ何かが隠されていたとは知らなんだ!

IMG_4495
FLIG ユニットをトラスフレームに組み込んで行きます。コロッサスフレームの組み立ては非常に楽しいものです。


IMG_4496
ナイロンワッシャーは、平ワッシャーを使っていなかったため変形しています。こちらは新品に交換。



IMG_4503
平ワッシャーとナイロンワッシャーの順番はこう。



IMG_4497
KS ブッシュは、先細りのため位置決めしながら指でここまで差し込めます。その後は圧入。ですから誰が作業しても失敗がないのです。



IMG_4502
圧入に使う特殊工具は、M5 の長キャップボルトとナット、適当なカラーのみ。



IMG_4500
この様にセット。



IMG_4501
8mm スパナで締め込んで行けば圧入完了。



IMG_4504
IMG_4506
IMG_4507
これでフロントセクションが形になりました。



IMG_4508
リアアームピボットの組み込み。



IMG_4509
リヤセクションの組み込み。



IMG_4534
リヤエンドのピロボール(小)の一つにガタが出てました。



IMG_4516
こちらは新品に交換しましょう。



IMG_4517
フロントダンパーユニットに見知らぬ秘密が!



IMG_4544
メインフレーム下部からピロボール(中)をかえして伸びたアームの先端にピロボール(大)がありますが、



IMG_4518
このボルトとスペーサーでショックユニット下部に結合されています。



IMG_4519
このボルトの奥に秘密があるという。



IMG_4520
M5 ボルトを抜いた穴に2.5mm の六角ドライバーを差し込んでみると。おお引っ掛かった。



IMG_4527
これを緩めて行くと・・・・おっと何か出てきたぞ!



IMG_4525
M5 のイモネジ!こんなん仕込んであったのか木森さん。早く教えといてよ〜!



IMG_4487
このイモネジでカラーが抜け出てこないように止めてたのか!知らなんだ〜!



IMG_4408
イモネジ緩んでただけじゃん。えらい苦労しちゃったなもう。



IMG_4503
さて組み込んだリンク全てに抜け止めのM5 長ボルトをセットしていきます。



IMG_4529
あららら・・・ちと短いぞ!



IMG_4530
IMG_4532
IMG_4531
全ての箇所が2.2mm ほど足りません。平ワッシャーを使わないプロトタイプのボルトでは、2枚分の2.2mm が足りなくなったわけです。



IMG_4533

アッパーアームに一番長いのが2本、次にショックユニット下部、インナーチューブベアリング部、リヤ MEAD ユニットの順で微妙に短くなる。Monotarou や MISUMI で検索したがM5 キャップスクリューでこんなサイズはない。長さはみな5mm 単位だし最長で40mm までしかない。どこで手に入れてるんだろう?

DSC_7282

こらまた木森さんに相談だな



KIMORI COLOSSUS 市販1号機(その8)【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS フレームの組立

ロータスキモリの元オーナーであり KIMORI のペインターである井本さんにタッチアップ用の共色を調合して頂いた。

IMG_4474
当時の塗料は残っていないのでリンクを一つ送り調合して頂いた。流石に色はぴったり。左の透明な液体は、高価促進剤いや硬貨促進剤。


IMG_4475
フレーム組立前にキズを補修。


IMG_4476
こんなとこね。



IMG_4478
さてビカビカに磨いたアルミブロックに DU ブッシュを組付けて行きます。



IMG_4479
挿入方法は、万力による圧入。



IMG_4480
抜くより入れるが数倍楽ちん。



IMG_4481
IMG_4482
IMG_4484
DU ブッシュ単体では、自然落下するほどクリアランスがありますが、



IMG_4485
ブロックに圧入したあとは、ヌルッって感じで入ります。



IMG_4486
アルミブロックが落下しないぐらい。



IMG_4487
ブッシュを抜く際出て来てしまったアルミカラー。



IMG_4488
その7で「何でアルミカラーなんか入れてあるんだろう?今度木森さんに聞いてみよう」と書いたが、よく考えたらすぐわかった。側面を平らにするためである。(それ以外にも知らなかった秘密が)



IMG_4489
曲面ではブッシュが密着しないもんね。



IMG_4490
10ヶ所のDUブッシュ挿入完了。



IMG_4491
アウターチューブの右側だけ磨いてみた。



IMG_4492
すぐにビカビカ。



IMG_4494
フォークの組み立てが完了。



IMG_4126
ハード仕様だったMEAD ユニット。(リヤダンパー)



IMG_4471
ハードからミディアムに戻そうとしたがウレタンゴム在庫のサイズが合わない。(フレームサイズごとに長さが違う)


IMG_4472
井本さん何気にカラーをゴールドアルマイトしてたのね。



IMG_4477
一個だけ長いので帳尻合わせちゃった。



IMG_4493

いうなれば、スプリングであれば可変ピッチで最初の挙動が柔らかく、その後固くなるってな言い訳。

明日につづく、


2018 FUJI BALLAD R を SALE!【橋輪Blog】

2018 FUJI BALLAD R を SALE!

DSC_2360
DSC_2361
ブリティシュグリーン(画像はフレームサイズ49)

2018 FUJI 
BALLAD R         99.360円
(税込)

フレームサイズ:43 / 49 / 52 /54 / 56 / 58cm
16  SPEED   10.8kg

2018年モデルの FUJI BALLAD R を SALE します。カラーは、ブリティシュグリーンでフレームサイズ49と56です。2018年のカラーラインナップは、ブリティシュグリーン、ダークナイト、シャンパンゴールド。(ダークナイト、シャンパンゴールドは完売しました)そして2019年モデルのカラーラインナップは、ブリティシュグリーン、ダークシルバーです。ブリティシュグリーンは、2018年からの継続モデルとなりスペック等の変更もありませんので、現行モデルがセールでお買い求めできるチャンスです。

2018 FUJI BALLAD R の詳細は、⇒ こちら

DSC_2374

2018 FUJI BALLAD R ブリティシュグリーン

フレームサイズ:49 ラスト1台
フレームサイズ:56 ラスト1台


20% OFF の 79.400円(税込)でお願いします!



DAHON Dove Plus オールペイント【橋輪Blog】

DAHON Dove Plus オールペイント

DSC_7276

DAHON Dove Plus オールペイントの依頼です。施工したのはセラコートでセラミックを主成分としたコーティングです。柔軟性のある塗膜に耐衝撃や耐摩擦、耐腐食などを兼ね備えています。

IMG_3843
ベースとしたのは、スパーキーレッドでオーナーのSさんこれでダブ・プラス3台目の購入となります。



IMG_3844
ロゴデーターを送り「DAHON 」ロゴも相談の上依頼しました。



DSC_7279
カラーは、サンドグレー。あれどっかで聞いたような?



IMG_4466
実際にはタングステンというカラー。カラーサンプルは、セラコートから取り寄せたもので2万円もする。


IMG_4443
そうですあの Dynavector DV-1 と同じです。(ダイナベクターではサンドグレーと名付けた)



IMG_4442
ロゴのホワイトも合わせてみました。



DSC_7280
ブレーキ台座スタットや、



IMG_4447
ヒンジ部分も綺麗にマスキングされています。



IMG_4445
セラコートは、塗膜が非常に薄いのも特徴です。ボトルケージ取付部は、マスキングの指定をしませんでしたが、


IMG_4444
タップを通さなくとも手でスルスルと5mm ボルトが入って行きます。(DAHON オリジナルの塗装でもタップ通しは必要)


IMG_4446
「DAHON」ロゴも忠実に再現されてきました。



DSC_7277

オーナーSさんとは、ダホン最軽量モデルを更に軽量化しようと目論んでおります。オリジナルのスパーキーレッドは、ブラスト処理により完全に剥がしていますので塗膜の薄いセラコートが軽量化の一歩になったのではないでしょうか。

セラコートH-190 耐衝撃性テスト


 

流石にフレームハンマーで叩く勇気はない!


富士号の整備(完成編)【橋輪Blog】

富士号の整備(完成編)

IMG_4371

最後は、フロントキャリアです。イタリアンスクーターのベスパ用を赤く塗って使用していましたが、あまりにも痛みがひどいので新調?しました。

IMG_4372
塗装が剥がれ変形したフロントキャリア。車体が綺麗になったのにこれじゃね。



IMG_4358
IMG_4357
そこでK.B.SCOOTERS へ。「え、フロントキャリア在庫ないの」・・・・・



IMG_4361
で、貰った中古キャリア。



IMG_4360
でも、ちと錆びてますね。



IMG_4362
おおお、いいのがあるじゃん。



IMG_4363
サンドブラストじゃなくソーダブラストだって。要するに重曹です。汚れ錆が取れ、しかも錆びにくくなるんだって。


IMG_4367
やらせてもらうと面白いように錆が取れる。



IMG_4359
見て見てピッカピカです。



IMG_4394
フロントキャリアを取り付ける前に泥除け先端も補修しておきましょうか。



IMG_4396
IMG_4410
IMG_4411
IMG_4412
IMG_4424
IMG_4425
IMG_4426
IMG_4427
IMG_4434
IMG_4435
リペイント完了!それ何のマークのつもり?



CNi4ByGU8AEe8cp
これですよこれ。1920年代シュナイダーカップで活躍したイタリヤの水上機レーサー、マッキM39 であります。


IMG_4436
フロントキャリアの塗装が面倒になったのでメッキのまま装着。



IMG_4437
何となく三角フェンダーと合ってる気がする。



IMG_4438
IMG_4439
一回り多くくなったフォールディングキャリアは、積載能力も大。



IMG_4440
最後は、新品の鉄ベルを付けて完成!



DSC_7272

綺麗になったと思ったら入梅とはね。


そしてタケシも!

IMG_3840
スタッフタケシの高校生の時から今でも通勤に乗っているママチャリが16年目を迎えた。



IMG_3841
IMG_3842
フレームの錆もかなり進行している。



IMG_4077
SUZUKI スイフトのチャンピオンイエローでございます!



DSC_7273
DSC_7274
DSC_7275
ママチャリオールペンしたら新車が2台いや3台買えるわ!



IMG_3846
”おまけ” タケシが拾ってきた子猫。



次回は、これを「DAHON Dove Plus オールペイント」

IMG_4441



富士号の整備(その5)【橋輪Blog】

富士号の整備(その5)

IMG_4389

今日の作業は、富士山テールの修復です。錆びは良いとしても反射板が割れているのは、道路交通法違反となりますからね。

IMG_4373
同じような大きさの反射板を発見。



IMG_4374
それは、CAT EYE の製品で、全く同じ物だった。型番も RR-210-6 の最後が6ではなくR となっているだけ。おそらく裏側がプラになって型番を変えたのだろう。こんな昔から変わらないのかCAT EYE。


IMG_4378
ただ後ろ側のプラの部分は外れない一体構造。



IMG_4376
ここが富士山。



IMG_4377
裏側には鉄板が。




IMG_4383
IMG_4384
四つ角でカシメてあるようです。




IMG_4385
IMG_4386
マイナスドライバーでこずいてやれば、



IMG_4388
分離出来ました。



IMG_4381
耳の部分は、ニッパーでチョキチョキ。




IMG_4382
おおまかにカットしたら、



IMG_4380
リューターで整えます。



IMG_4391
最後パチンと嵌り込むまで微調整。



IMG_4392
ぴったり合いました。



IMG_4393
錆を落として、



IMG_4395
塗装は刷毛塗で。



IMG_4428
乾燥を待ちます。



IMG_4429
この取付ネジ後で気が付いたんですけど三角フェンダーなんで干渉しちゃって最後にカットしました。



IMG_4430
接着は、バスコーク。



IMG_4431
綺麗になったでしょ!



IMG_4342
これからの・・・・



IMG_4433

これですからね〜! んン、実に気持ちがいい!

明日は、完成編を



KIMORI COLOSSUS 市販1号機(その7)【橋輪Blog】

ブッシュ抜きが難工事に

IMG_4278

さて匠が作った巧みな工具でブッシュを抜いて行きます。

IMG_4398
特殊工具をセット。



IMG_4399
ガンガン叩いてやると出てきた出てきた!



IMG_4400
もう少し。



IMG_4401
抜けた〜!流石専用工具。この後順調に進みフロントダンパーユニット部に付く最後の一か所に差し掛かったところで事件は起きた。


IMG_4402
出て来てはいるが何かおかしいぞ?



IMG_4403
ブッシュが抜けてきたのではなく中に仕込まれたアルミカラーが出て来てんだ。こいつは困ったぞ!



IMG_4404
さんざん考えたあげくツバの部分を切り取ることに。先ずは回転砥石で鋭角に削る。



IMG_4405
これくらい。



IMG_4406
次にザグリドリルで鈍角に攻める。



IMG_4407
ほれほれ薄皮一枚。



IMG_4408
これでツバの部分が切れた。



IMG_4413
10mm のボックスがアルミカラーとピッタリ。



IMG_4414
ブッシュが入ればOK!



IMG_4415
こうゆうことね。



IMG_4416
今度は、アルミカラーの内径に合ったものを探す。ピッタリのも探すのってすごーく時間が掛ります。



IMG_E4422
よし!このセットで抜けるはず。



IMG_4418
ボックスは、マスキングテープでぴったり合うよう張り付けておきます。そしてキャップボルトの頭にハンマー一撃!いいー感触。


IMG_4419
さてどうか?



IMG_4420
抜けたー!



IMG_4421

結構時間くったけど何とか抜けました。でも何でアルミカラーなんか入れてあるんだろう?

今度、木森さんに聞いてみよっと

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ