船長の休暇&DAHON Mu SLX メンテナンス 【橋輪Blog】

船長の休暇&DAHON Mu SLX メンテナンス

長い航海を終えようやく休暇となった船長。長い時は半年も海の上にいるわけだから体なまらないのかな? もしかしてキャビンにローラー台持ち込んでたりして。そして早速、2台の Mu SLX のメンテナンス依頼です。

DSC_9595
先ず1台め到着。



DSC_9596
衝撃急取材がてんこ盛りかと思いきや、



DSC_9597
あらあら、ごちそう様であります。



DSC_9598
最初に来たのは、62T のビックシングルの方。



DSC_9599
相変わらず綺麗に乗ってますね。

【今回のメニュー】
・リヤディレーラーを9070 Di2 から最新の9150 Di2 に交換
・ブレーキシュー交換
・チェーン交換

DSC_9606
DURA-ACE 9070 Di2 でも十分にゴージャスですが、やはり最新を求めるのが船長。



DSC_9607
チェーンは、チェーンチェッカーで測定したところ全く伸びていませんでしたので、カセット分解とクリーニングで対応。


DSC_9625
ブレーキシューも減っていませんでしたが、フルカーボンリムなのでやっときましょう。



DSC_9621
フリーもクリーニングして、



DSC_9619
そうそうGOKISO ハブの要はこれ。



DSC_9620
球面ワッシャーもクリーニング&グリスアップ。



DSC_9623
フロントもやっておきましょう。



DSC_9618


パーツを全て洗浄したところで今夜はこれまで、

明日につづく、

おもちゃ買いました PITTS S-1S 【橋輪Blog】

おもちゃ買いました PITTS S-1S

今日は、ネタがブッツっと切れたので社長室からお伝えする。

IMG_1388
こうゆう荷物が届く時って非常にわくわくしますね。



IMG_1389
はいこれです、PITTS S-1S。箱の全面を眺めてから開けるのは、プラモデルの癖。



IMG_1397
で、中身はこれ。



IMG_1398
デスクトップモデルみたいでしょ。



IMG_1399
一見すると完成したプラモデル。



IMG_1402
結構リアルであります。



IMG_1404
実は、こんなに小さいのに飛ぶんだそうです。



IMG_1403
マイクロサーボでコントロール。



IMG_1400
尾輪も再現。



IMG_1401
亡きロック岩崎風パイロットが搭乗。



DSC_9601
エンジンカウルの中には超小型モーター。バッテリーはリチウムポリマー(取扱い注意)



IMG_1406
実機同様に上翼は、フラットで下翼には上反角が付く。



壊す前に目いっぱい遊ぶ

IMG_1409
それでは、ファイターパイロットにエンジンスタートをお願いしよう。



IMG_1410
スケールからすると150cc クラスかな。



IMG_1408
あの〜、軍手しないと痛いかもよ!



IMG_1407
これで1時間は遊べるな。



DSC_9602

本当に飛ぶのかな? 一応3軸ジャイロが搭載されているらしいんだが、模型用にデフォルメされていないこんなフルスケールの小型模型なんて、ちょっと前だったら絶対に飛ばなかったのだが。

それでは皆さん一発墜落をお楽しみに!

tern verge P10 日記 〜 初折畳み&搬送編(その1)【橋輪Blog】

皆様こんにちは、ご無沙汰しております、Yuboです。

DSC_7286
tern verge P10

先日、2017 Verge P10 を購入したのですが、初ホールディング・バイクながら、かなり気に入っております♪
とりわけ期待以上だったのは、折りたたむ前に取り付けたアクセサリーのほとんどが、付け替えなしでそのまま P10 を折りたためることでした。

〔付け替え不要のアクセサリーの例〕
  • ボトルケージ: TOPEAK モジュラー ケージ II
    ワンタッチ・アジャスター(調整機能)付きなので、ロードバイク用のボトルだけでなく、ペットボトルも差すことができます。加えて、ストッパー付きなので、ブレーキをかけてもボトルだけ正面に飛んでいってしまうことがありません。
  • テールライト: tern Vizy™ Light
    こちらは先日のブログでご紹介頂いた、日本では販売されていないテールライトです。
  • キャリーバッグ: tern CarryOn™ Cover 2.0
    橋輪さんにも常時在庫があるようなソフトケースですが、商品をよくよく確認してみると、特許技術が適用されていて、誰もが真似できるものではなさそうです。
〔上記のアクセサリー類を取り付けた tern verge P10〕

DSC_1577
いわゆる「N字型」に折り畳んだ状態の P10。ハンドルの真下に平行に取り付けられたキャリーバッグと、ストッパー付きのボトルケージがそのまま取り外しなしで、折畳み可能です。テールランプは真上からは見えないですね。

DSC_1578
前方から見た P10。キャリーバッグがハンドルと平行になっていることがより明確になっていると思われます。相変わらずテールライトはシートポストの裏側なので、前方からはほとんど見えません。

さて、この状態で一応、夜間走行も輪行も可能な状態に仕上がったわけですが、この時私の中では、車のトランクに入れたり、電車の貨物として持ち歩いたりするのではなく、飛行機で遠出したい場合、一体どうすればいいのかなあ、という素朴な疑問が浮かんできました。

ご存じのように、飛行機の荷物は、通常はスケジュール厳守を大命題として、担当者が飛行機の下部に荷物を出し入れします。この辺りの気圧のコントロールとか飛行機周りの話は橋輪社長にまかせて、お話をさらに進めると、要するに多少乱暴に扱われても壊れない形で荷造りをして持ち運ぶために、必要なものを揃えたいと考えたわけです。

そこで、とりあえず tern の Web サイトへアクセスして、純正品を探ってみたところ、ソフトケース以外にもハードケースが揃えてあることが分かりました。

tern Storage & Transport

おお!これなら行けそうです。しかも、純正品です。とはいえ、こんなかさばるものを在庫しているのはメーカーだけだろうなと思いつつ、ダメ元で橋輪社長に問い合わせてみたところ、「うちにも1個だけ在庫あるよ」という返事が返ってきました。これは運命だ、という想いに駆り立てられるがままに、橋輪さんに取り置きをお願いすることにしました。

それがこの AirPorter™ です。

tern_airporter

セミハードスーツケース。飛行機や電車移動での外部からの衝撃を軽減します。

  • Rugged nylon, semi-hard case protection
  • Telescopic handle and smooth-rolling inline skate wheels
  • TSA-approved combination lock
  • Includes: padded chainring protector, wheel separators and tube protectors
tern_airporter_manual

なんとなく、よさげな感じですねー。

とは言え、物事にはとかく困難がつきまとうもの。これまでこの手の衝動的な行動を起こしたとたんに何度も痛い目にあっている私は、ここで少し冷静になって、tern のアクセサリーカタログを再度確認してみました。

tern ACCESSORIES

このページの下の方にある、ACCESSORIES CATALOG をポチッとしました。

カタログを確認してみると(画像をクリックして拡大)、
tern_accessories_catalog_upper_left

おお、確かにアイテム[4]として、AirPoter が掲載されています。

次に、同じくページ下部にある、ACCEPTABLE TABLE をポチッとしました。

適合表を確認してみると(画像をクリックして拡大)、
tern_accessories_acceptable_table_upper

むむ、あれこれ、つい最近まで「AirPorter」の行がなくて載ってなかったんだけど、最新版では一応項目が記載されている!などというつぶやきはさておき、気になったのはすべての tern 製ホールディングバイクについて、「※1:一部パーツを調整したり、取り外すと使用可」となっていることでした。

従って、現段階ではなんとか入りそう、としか言えませんので、ともかく検証してみなくてはなりません。

・・・このように、ふとしたことがきっかけで AirPorter なるハードケースを見つけ出したわけですが、この時点においては、その後創業90年以上の橋本輪業の歴史の一ページとして刻まれたといっても過言ではない、社長&スタッフの総力を上げた壮絶な戦いが待ち受けていようとは想像すらできませんでした。

(次回以降、tern AirPorter with verge P10 vs 橋輪の奮戦記をアップさせて頂く予定です)


tern を積んで出かけよう NISSAN LEAF 【橋輪Blog】

NISSAN LEAF + tern Verge N8 & Link B7

DSC_9572



DSC_9577

DSC_9576

久しぶりの「DAHON を積んで出かけよう」であります。今回は初登場の100%電気自動車ニッサン・リーフにターンを2台積んでみましょう。

DSC_9573
ここが電気を食べる口です。



DSC_9574
向かって左が急速充電口で右が家庭用100V / 200V 充電口だそうです。



DSC_9575
興味深く見ているとオーナーSさんボンネットを開けて見せてくれました。「こちらに見えるバッテリーで走るわけではありませんよ、メインバッテリーは床下にあり走行とエアコンを受け持ち、こちら小さなバッテリーでそれ以外の全ての電子制御を賄っています」 「大きな箱はエンジンではなくモーターやインバーターが入ってます」とやけに詳しいSさんは、日産ディーラーにお勤めの方でした。「ちょっと乗ってみますか?」なんて営業入ってますね。とても買えませんよ300万円近くしますからね。でも今買うと2年間電気代がタダなんだって。逆に言うとさ、これタダで充電してきて家の電気全て賄えちゃうかもね。そしたら安いかも。


DSC_9481
さて積み込むには、極太タイヤのVerge N8 と奥様へのサプライズプレゼントのLink B7。



DSC_9578
リヤゲートは意外に小さい。



DSC_9579
ラゲッジスペースは広く見えますが何かストラットタワーみたいのがえらく飛び出してますね。2台積めるかな?



DSC_9584
優しい口調で顧客のハートをガッツリ掴むイケメン日産セールスマンのSさん。サプライズB7 で奥様のハートもガッツリですね!


DSC_9585
DSC_9586
DSC_9587
DSC_9588
2台積めましたね!



DSC_9590
逆にその出っ張りで超安定!



DSC_9591

ありがとうございました。また何時でもメンテナンス、カスタムお待ちしております。あれ?そうかエンジン掛けずにいきなり出発するのね。不思議電気自動車。おっと良いフレーズ見つけた。

ターン、ニッサン、エコライフ!

何年か前に東武バスの広告やりませんかって言われて1年やったのよ。バスの車内に貼ってある広告。クロスバイクの写真を選択してコピーを考えて下さいと言われ、最高のコピーが浮かんだのよ。

「バスやめて、自転車通勤エコライフ!」

つったら「それだけは勘弁して下さい」と言われた。





2017 tern Link B7 を可愛くドレスアップ【橋輪Blog】

2017 tern Link B7 を可愛くドレスアップ

DSC_9481

2016 tern Verge N8 をカスタムした S さん。今までは自分一人で楽しんでいた趣味ですが、奥様もサイクリングに誘ったそうです。この度、サプライズで tern をもう1台購入しプレゼントするそうです。

DSC_9592
2016年度版の tern のカタログ。



DSC_9593
色々な販売店が製作したカスタムモデルが紹介されています。左ページのマッチョな Verge は、橋輪カスタムのN8 Cyclo。


DSC_9594
でもって奥様これを見て一言「これ可愛いね!」 写真では分かりずらかったのかも知れませんが、26インチフルサイズのNode ですからね。

DSC_9125
これを20インチの Link B7 で再現したい。



DSC_9128
ブラックスポークのホイール1セットも余ったことだし。



DSC_9480
イメージはこんな感じ。



DSC_9475
DSC_9478
ブラックスポークのホイールセット、リヤディレーラー、カセット、シフターは、Verge N8 から移植して7速から8速にアップグレード。



DSC_9476
チェーンは、KMC Z7 カラー(3.040円以下税込)のピンク。



DSC_9479
ブレーキ、シフトアウターケーブルは、ALLUGATOR で、特にピンクはここのが発色がいい。



DSC_9477
サドル:grunge タービンサドル 3.020円。



DSC_9474

どうですイメージ通り可愛く仕上がったでしょ。あ〜そうそうサプライズですからね内緒ですよ!

奥様のびっくりしたお顔が浮かびます



2016 tern Verge ビックアップルな N8 【橋輪Blog】

2016 tern Verge ビックアップルな N8

DSC_9463

2016 モデルの tern Verge N8 をカスタムしました。メニューは、8 Speed から10 Speed へのアップグレードとビックなバルーンタイヤです。フレームカラーに合わせたグリ−ンのキネプロ X ホイールが決め手です。
 
DSC_9465
ホイール;Kinetix PRO X 406 前後セット 61.560円(以下税込)



DSC_9466
タイヤ;SCHWALBE BIG APPLE PLIS 20×2.15  3.880円



DSC_9468
リヤディレーラー:shimano Tiagra 10 Speed    4.429円
カセットスプロケ:shimano Tiagra 11-32    3.970円
チェーン:shimano Tiagra 10 Speed    2.626円


DSC_9471
シフター:shimano Tiagra 10 Speed    5.165円
グリップ:ERGON GP-1  3.990円


DSC_9472
カーボンフラットバー(6.260円)をRIDEA ステム(5.820円)Φ25.4でクランプ。



DSC_9469
ペダル:MKS プロムナード Ezy  8.640円



DSC_9473

オーナーの S さん、ファッション感覚でチョイスしたキネプロ X ホイールですが、漕ぎだし3m で違いが体感できた事に大変感動して頂きました。ん〜カッケいい!


DSC_9481

明日は、奥様用にサプライズしたもう1台の tern を


”オッサン”のHORIZE ぼく買います!2 【橋輪Blog】

”オッサン”のHORIZE ぼく買います!2

DSC_9559

やっぱ”太いがカッコいい”ですね!”オッサン”何故タイヤ細くしたのかって、これ駐輪場に止められなかったんです。そうそう、以前にも書きましたが、同じ空気圧で使うならタイヤが太い方が転がり抵抗は少なくなります。接地面の変形が少ないってことです。ロードバイクも今や25C がトレンドですね。それなら何故もっと太くしないのかって、700の大きなタイヤですと重量増しと空気抵抗が多くなるからです。そこいくと小径車は有利ですね!

DSC_9511
DSC_9560
上が1.75で、下が2.15です。相当の迫力が出ましたね。



DSC_9501
DSC_9561
タイヤ外径は、451を遥かに上回っています。



DSC_9513
DSC_9562




DSC_9514
DSC_9563




DSC_9515
DSC_9564
クリアランスも大分詰まりましたね。


望遠レンズで撮影してみた

DSC_9568




DSC_9570




DSC_9571

やっぱ HORIZE カッコいいや!最初から太いタイヤの付いた2017年モデルも全色揃ってますよ!

2017 DAHON HORIZE



でもって”オッサン”のHORIZE かったのってだれ?




DSC_9565

あらまた住職、突っ走ってんな〜!

PS:忘れてました。住職それハンドル位置も低いでしょ。Mu Elite 用280mm ハンドルポストに変えてますから。


”オッサン”のHORIZE ぼく買います!【橋輪Blog】

”オッサン”のHORIZE ぼく買います!

DSC_9490

「”オッサン”のHORIZE ぼく買います」 「それからBlog に出ていた最初の更にぶっといタイヤに変えといて下さい」とのリクエスト。やった!”オッサン”のホライズは委託品だからタイヤの分だけ利益が出るぞ!

DSC_9506
SCHWALBE BIG APPLE PLUS   3.600円(税別)



DSC_9507
タイヤサイズは、20×2.15(55-406)の極太。



DSC_9516
それでは早速入れ替えておきましょうか。



DSC_9517
バルブの位置がロゴのどのあたりに来ていたか覚えておきましょう。

DSC_9518
エアーを抜いて下ねじは外しておきましょう。

DSC_9519
シュワルベタイヤレバー 2本セット 600円(税別)
色々な機能を持っているようだが普通に使うのが一番良い。先ずはバルブをタイヤの中に押し込んでおきましょう。

DSC_9520
バルブの左側に1本差し込みます。

DSC_9520
レバーの向きはこう。タイヤビードに先端のところだけを引っ掛けます。

DSC_9521
バルブの左右に2本。あまり間隔を欲張ってはいけませんよ。

DSC_9522
左右同時に捲ってしまいましょう。

DSC_9523
右のレバーを外して、

DSC_9524
左の隣へ、

DSC_9525
この繰り返し。

DSC_9526
この辺まで来たら、

DSC_9527
そのままスライドで、

DSC_9528
ぐるっと。

DSC_9529
片側が外れました。

DSC_9531
今度はバルブを下にして、

DSC_9530
DSC_9532
DSC_9533
その上側を捲ります。

DSC_9534
DSC_9535
これで外せました。

DSC_9537
組付けは、バルブ穴に通したら下ねじをバルブ先端にちょっと掛けておきます。

DSC_9538
次にバルブを下ねじが当たるまで引き出します。

DSC_9539
ここにスペースを作ったわけです。

DSC_9540
このスペースにタイヤ片側のビードを突っ込みます。この時点でロゴの位置が決まりますね。

DSC_9541
突っ込んだビードは、片手で押さえたままです。

DSC_9542
チューブはスポークの上へ、

DSC_9543
片側のビードをリムの中へ落としていきます。

DSC_9544
チューブの捻じれに注意しながらタイヤ内へ入れます。

DSC_9545
ポイント1)ここで少しだけ空気を入れておくこと。

DSC_9546
裏返してタイヤにチューブが噛みこんでないかチェック!色付きのリムテープだと分かりやすいですね。

DSC_9547
表側のビードを入れて行きますが、バルブの少し左側から始めて、進んで行きます。

DSC_9548
この辺になるときつくなって来ると思います。

DSC_9549
ポイント2)リム外径よりタイヤ内径の方が小さいので当たり前です。

DSC_9550
今入れようとしているビードの反対側を手でつまむとビードがリムの谷間に入って行きます。

DSC_9551
すると余裕が生まれ手だけでもここまで来ました。ここからタイヤレバーの出番です。

DSC_9552
向きは外すときの反対です。先端の部分だけをリムに引っ掛けます。

DSC_9553
ここでも欲張っては行けません。レバーは中央から突っ込み左端までスライドして起こします。

DSC_9554
今度は右側から、

DSC_9555
ポイント3)バルブの部分を最後に残すように攻めて行きましょう。

DSC_9556
ポイント4)最後の最後は、親指で押せば落ちますが、その際バルブを下ねじが当たるまでタイヤ内に押し込んでおくこと。せっかくここまで来て最後にチューブが噛みこむ原因になります。

DSC_9557
こちら側も1周ぐるっとチェック。

DSC_9558
最後に規定圧までエアーを充填すれば組換え完了!


そうそう一気に充填してはいけません。最初に半分ぐらい入れたら両面綺麗にビードが出ているか確認しましょう。もしチューブが挟まっていたらこの時点で綺麗にビードが出ませんよ。そのまま最高気圧まで入れたら確実にバーストです。タイヤ交換講座になってしまいましたが参考になりましたか? これ橋輪でやってもらうと1本1.080円取られますよ!週末に沢山のお客さんがスペアーチューブを買いに来てくれるのを祈ります。


IMG_1387
回転させながら点検するのも良い確認方法です。



IMG_1384
見るのはリフレクトライン(これは当てにならない)ではありませんよ。



IMG_1384 - コピー
ここ、ここ!

あれ、また違うビックアップルが出てきちゃった。これは置いといて、

明日は組付け編を


”オッサン”のガレージセール DAHON HORIZE 【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール DAHON HORIZE

DSC_9490

今回の”オッサン”のガレージセールは、2016 DAHON HORIZE です。ディスクブレーキとフロントダブル化で大幅にアップグレードしてあります。オリジナルとして残るのは、フレーム、フォーク、ヘッドパーツ、クランク、BB、シートクランプぐらいですかね。ま〜お金掛ってまっせー!

DSC_9502




DSC_9503




DSC_9501




DSC_9504




DSC_9505

製作したのは、2016年の4月ですから約1年前。最少は、ドロップバーだった ⇒ 余ったパーツで HORIZE を組む

この時からの変更点

DSC_9492
ドロップバーからフラットバーへ変更。それに合わせてSTI レバーから10 Speed トリガーシフターへ。アウターケーブルも全てホワイトに。



DSC_9493
カーボンフラットバーは、TIOGA ロングホーンカーボンフラットバーΦ31.8 12.800円(税別)。



DSC_9494
グリップは、ERGON GS3 6.900円(税別)。ブレーキレバーは、RIDEA。



DSC_9495
ペダルは、wellgo の着脱式から TIOGA アルミフラットペダルに変更。



DSC_9496
DSC_9497
タイヤは、SCHWALBE BIG APPLE PLUS 20 × 2.15だったものをちょっと細くしてMARATHON PLUS 20×1.75。



キズ申告致します

DSC_9498
ボトルケージの下に隠れた小キズあり。



DSC_9499
左ブレーキレバーにキズあり。



DSC_9489

2016 DAHON HORIZE 走行は、480km!

現金特価98.000円でお願いします!
※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません


Shimano DURA-ACE R9150 Di2 フルコンポ 【橋輪Blog】

Shimano DURA-ACE R9150 Di2 フルコンポ

DSC_9488

新型DURA-ACE Di2 のフルコンポであります。この最新9150シリーズ最大の特徴は、MTB コンポ最高峰のXTR Di2 で培ったシンクロシフトをロードコンポにも搭載したことだ。昨今の電子変速の進歩はめまぐるしく、SRAM の eTap、CAMPAGNOLO のEPS V3 と各社電子戦を交える。これごく最近知ったのだが、FSA がコンポーネントの分野に新規参入っしてきたこと。しかもANT+のワイヤレスユニットだって。

DSC_9485
フロントディレーラー:FD-R9150  38.333円(税別)



DSC_9486
リヤディレーラー:RD-R9150  62.041円(税別)



DSC_9483
デュアルコントロールレバー:ST-R9150  64.307円(税別)



DSC_9484
左のスイッチを使わなくなるとは?

Shimano SYNCHRONIZED SHIFTING

凄いわ!


記事検索
  • ライブドアブログ