2022 tern Surge X【橋輪Blog】

2022 tern Surge X

IMG_6576
Surge X(サージュ・カイ) 

2022 tern
Surge X               322.300円
(税込)
橋輪プライス    290.000円(税込)
22 Speed     9.7kg
フレームサイズ:520 170〜180cm

Shiomano 105 コンポーネント搭載の Surge X の2022年モデルが予定より少し早まり少量の入荷です。エックスではなくギリシャ文字の「カイ」だそうです。フロントのみバトンホイールは、「改」にも見えるが。

IMG_6577
カラーは、マットブラックオンリー。



IMG_6578
よりエアロ度を増した新設計フレーム。NEW デザインのカーボンフォーク採用。



IMG_6579
クランクセット:Shimano 105 CF-R7000 53/39T
フロントディレイラー:Shimano 105 FD-R7000


IMG_6580
リヤディレーラー:Shimano RD-R7000
カセットスプロケ:Shimano CS-R7000 11-28T 11 Speed


IMG_6583
デュアルコントロールレバー:Shimano 105 SL-R7000
キットデザインのドロップバーは、クランプ径 Φ31.8 の 400mm。


IMG_6582
フロントホイール:Kitt design 451 Carbon Tri-spoke wheel for disc 
タイヤ:SCHWALBE ONE 20×1 8/1


IMG_6581
リヤホイール:Kinetix Pro Deep dish 451 for disc
リムハイトは、40mm の 24ホール。


IMG_6588
IMG_6589
ディスクキャリパーは、TRP メカニカルで対抗ピストンタイプ。



IMG_6586




IMG_6587

カスタムバイク感満載の Surge X。相当カスタムする人多いと思いますが、11速105付いてるからコンポいじらなくていいし、リヤホイールもバトンにチェンジとかで楽しむのもありですね。

今回の入荷2台のみ!




2022 DAHON Visc EVO【橋輪Blog】

2022 DAHON Visc EVO

IMG_7843
IMG_4292
Visc EVO(ビスク・エヴォ)

2022 DAHON  
Visc EVO             167.200円(税込)
橋輪プライス     150.400円(税込)

20 Speed       10.9kg

DAHON Visc EVO 2022年モデルが少量入荷しました。2カ月遅れの入荷です。カラーは、2021継続のマットブラック、マンゴーオレンジ、スカイグレー(スカイグレーのみフォーク同色)の3色展開。スペックに変更はありません。それでは2022 Visc EVO をご紹介しましょう。

IMG_7581
IMG_7611
マットブラック  今回入荷2台予約完売 次回入荷12月



DSC_8966
DSC_8960
マンゴーオレンジ 今回入荷4台 次回入荷12月



IMG_7818
IMG_7819
スカイグレー  今回入荷2台 次回入荷12月



IMG_7573
ホイールサイズは451。



IMG_7574
KENDA / DAHON オリジナルのタイヤサイズは、20×1 1/8(28-451)。



IMG_7612
IMG_7613
前後キャリパーブレーキを採用。これにより、ドロップバーやブルホーンバーでのSTI レバー装着がそのまま可能となり、カスタマイズにも有利。


IMG_7582
フロントダブルのチェーンリングは、53-39T。



IMG_7578
フォールディングペダルが付属する。



IMG_7583
フロントディレーラー:Shimano Tiagra FD-4700  2 × 10 Speed。



IMG_7615
リヤディレーラー:Tiagra RD-4700  10 Speed。



IMG_7585
クロスレシオのカセットは、11-25T  10 Speed。



IMG_7586
ワンピースタイプのハンドルポストは、300mm / 8°を採用。



IMG_7588
シフターは、Shimano Tiagra SL-4700。ブレーキレバーもキャリパーに合わせTektro 289A を装着。



IMG_7587
グリップは、エルゴノミックデザインの DAHON オリジナル。



IMG_7589
フレームに高剛性をもたらすRe-Bar テクノロジー。



IMG_7595
2018より新採用となった Super Light シートポスト。スタンダードアルミポストと比べて160g 軽量化されています。


IMG_7596
何時ものサドルポジションを見つけ出せる目盛りが便利。



IMG_7597
表面加工は、tern のシートポストのようなヘアライン加工が施されておりキズが付きにくくなっています。


IMG_7591
クロモリサドルレールを掴むヤグラは、2ボルトタイプで無段階の角度調整が可能。



IMG_7603
センタースタンド標準装備。



IMG_7616
ヒンジにはバイスグリップを採用。



IMG_7606
外折れタイプのハンドルポスト。



IMG_7608
Folding Size W82 × H65 × D39cm




IMG_7592
IMG_7593
IMG_7594
フレーム溶接個所はBB 付近、リヤブレーキキャリパーブリッジを除き綺麗なスムージングフィニッシュとなっています。



IMG_7599





IMG_7602

久々にマットブラックが上手に撮れたバックショット。グロスカラーの DAHON ロゴがしっかり光ってます。



DSC_6984

DAHON Visc EVO 試乗できます!
※試乗には、身分証明の提示をお願いしております


DAHON Visc EVO ライドインプレ!





KIMORI COLOSSUS HR 7号機(その4)【橋輪Blog】

ガラスコーティングしておきましょう

IMG_9402

パーツアッセンッブリーする前にワコーズのバリアスコートでガラスコーティングしておきます。特に前後足のメッキは、錆ますから念入りに。そうそうこのバリアスコートうちでも販売してま〜す。

IMG_9413
WAKOS Vsrious coat  3.700円(税別)
これマットカラーにも使えるんですよ。マットの場合、テカらずムラのないしっとりした仕上がりになります。お勧めです。

IMG_9400
始めにやる作業がこれ。



IMG_9401
hasirin ステッカー。



IMG_9414
メッキは、磨きが楽しい。



IMG_9403




IMG_9404

ビカビカであります。

次回につづく、



KIMORI COLOSSUS HR 7号機(その3)【橋輪Blog】

モーションレスエンドについて

IMG_9382

アルミフレームでは、まずないんですが、何かブレーキ擦ってるなと思ったらリヤエンドがずれてたってこと。これを解消してくれたのがキモリ特許のモーションレスエンドなんです。

IMG_9385
下のリヤアームは、KIMORI オリジナル20インチ用です。



IMG_9383
Motionles-end(特許取得)。耳のような形に秘密あり。



IMG_9385
それでは見比べてみましょう。



IMG_9384
微妙な違いでクイックを付けていたら分からないほどです。



IMG_9386
この20インチオリジナルリヤアームをメッキ加工した時から始まった。



IMG_9387
ごく普通のリヤエンドですが、メッキを掛けると非常に滑りやすくなります。



IMG_9388
毎回ずれるのでクイックをかなり強く締めてました。クロモリにメッキですがクイックが噛みついた跡が若干見れますね。


34a2828d
こちらぼくの COLOSSUS HR プロトタイプリヤアーム。



34a2828d - コピー
このプロトでは、木森さんが滑り止めのローレット加工をしてくれました。この加工を施している時にモーションレスエンドのアイディアが浮かんだそうです。


IMG_9389
20インチオリジナルリヤアームで説明します。



IMG_9390
今、10mm シャフトにエンドが乗っている状態。



IMG_9391 - コピー
ロースプロケットを青で書き込みました。



IMG_9391 - コピー - コピー
赤のチェーンを掛けます。



IMG_9391 - コピー - コピー - コピー
はい、思い切り漕いでください。



IMG_9391 - コピー - コピー - コピー - コピー
ハブは、前方に引っ張られますが、



IMG_9391 - コピー - コピー - コピー - コピー (2)
スプロケットからシャフトまでの落差がありますからハブを下に押し出す力が働きます。



IMG_9393
IMG_9392
見事にエンドの開いた方に力が掛かるわけです。



IMG_9395
左側にはチェーンがありませんのでこのモーメントは働きません。よってホイールのセンターがずれブレーキが引きずり始めるのです。


IMG_9396
もう一度モーションレスエンドを観察してみましょう。



IMG_9399
この角度だとよく見えますね。耳が10mm シャフトを包み込んでいます。


なのでモーションレスエンドでは、クイックを開放したままでも走れちゃうんですよ。ハブベアリングにも余計なストレス掛けないしね。全てのスポーツ自転車に採用してほしいです。コロッサスフレームには、こんなギミックが満載なのであります。

明日につづく、




KIMORI COLOSSUS HR 7号機(その2)【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS HR 7号機(その2)

IMG_9377

HED JET 17 最後のストック1セットです。KIMORI COLOSSUS HR と HED JET 17 もうこの最強の組み合わせは、二度と実現できない。

IMG_9375
HED JET 17 F/R SET   281.000円(税別)



IMG_9376
フリーは、Shimano 11 Speed 対応。


2019年 HED の工場で小径ホイールを製作する機械が破損したそうです。HED Cycling Products は、もう一度機械を購入するか、小径ホイールの制作を止めるか悩んだ結果、後者を選んだそうです。なのでもう HED の小径ホイールは、二度と手に入らないのです。

こちらも最後のストック1セット

d0536ae7

HED JET 20 フロントリヤ Set  280.100円(税別)

ホイールサイズ:20インチ(406) 
エンド幅:フロント100mm / リヤ130mm
仕様:Shimano(10.11)

次回につづく、


KIMORI COLOSSUS HR 7号機【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS HR 7号機

IMG_9845

キモリコロッサス7号機フレームが上がってきました。ミイラの包帯をほどくのは、何時も楽しみであります。

IMG_9846
IMG_9847
IMG_9848
IMG_9849




IMG_9850

KIMORI COLOSSUS HR フレームセット 659.000円(税別)

KIMORI COLOSSUS HR


IMG_9856
IMG_9857
IMG_9858
オプションのアウターカップ(2.000円税別 / 一か所)が4個。



IMG_9374
こちらもオプションのボトルケージ台座で6.000円(税別)



IMG_9859
全てのパイプに水抜き穴が開いています。



IMG_9855
標準装備のモーションレスエンド。(特許取得)



IMG_9852




IMG_9851




IMG_9854

各自転車メーカーが値上げの一途をたどる中、コロッサス HR は、2019年2月1日より価格の変更が無いんです。(材料は一括仕入れだから木森さんの手間賃が減ってるだけ。でも次の材料仕入では、値上げかな)

明日につづく、


RALEIGH CLB を SALE!【橋輪Blog】

RALEIGH CLB を SALE!

IMG_8079
CLB Club Sport(クラブスポーツ)

2021 RALEIGH
CLB                79.200円
(税込)
フレームサイズ:480 / 530mm
8 Speed    12.2kg

2021年モデル RALEIGH CLB を SALE します。カラーは、アガトブルーでフレームサイズ530の1台のみです。

CLB Club Sport

IMG_8093

20% OFF の 63.300円(税込)でお願いします!

※現在 CLB は、メーカー完売で次の入荷は、2023年となっています。



2022 tern Vektron N8 入荷!【橋輪Blog】

2022 tern Vektron N8 入荷!

IMG_9826
Vektron N8(ベクトロン)

2022 tern      
Vektron S10        350.900円
(税込)
橋輪プライス      350.900円(税込)
8 Speed  21.5kg

tern の Folding e-bike Vektron に価格を抑えた N8 が登場です。BOSCH ユニットやバッテリー容量が上位モデルの S10 と同じながら92.400円も価格が安くお買い求め安くなっています。 

IMG_9825
ホイールサイズは、20インチの406です。フォークは、S10 のアルミブレードとことなりコストを抑えるためハイテンスチールとなっています。


IMG_9827
タイヤは、SCHWALBE BIG APPLE 20×2.15。極太バルーンタイヤでサスペンションを必要としない乗り心地を実現します。


IMG_9841
IMG_9842
前後
ワイドフェンダーが標準装備します。



IMG_9837
IMG_9839
IMG_9835
ハイドロリックディスクブレーキシステムは、Shimano を採用。



IMG_9831
チェーンブレードも標準装備。



IMG_9832
フォールディングペダルが付属。



IMG_9833
カセットは、Shimano 11-32Tの 8 Speed。



IMG_9834
リヤディレラー:Shimano Altus



IMG_9830
ヘッドライト、テールライトの装備はありません。




IMG_9829
シートピラーは、ワンピースタイプ。



IMG_9828
IMG_9838
BOSCH ユニット、バッテリーは、上位モデルの S10 と同じとなっています。



IMG_9840
ディスプレイは、Purion を採用。



IMG_9843
FOLDING SIZE:79 × 38 × 72 cm



IMG_9836

カラーバリエーションは、今日ご紹介したマットブロンズに加えマットレッド、ダークグレーの3色展開で全色入荷しています。

オールカラーは、⇒ こちら



MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(完成納車編)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(完成納車編)

IMG_9354

外したクランクやらを元に戻せば初期整備は完成するが、2021年モデルの可能性が高いので輸入元ダイナベクターよりお達しがあったリヤハブ点検をやっておきましょう。

IMG_9355
カセットスプロケを外します。



IMG_9356
おっと、フリーのスプラインにグリスが塗ってありますね。うちではここに給油はしませんが、点検した形跡有りですね。


IMG_9357
おっと、真っ黒なグリス!



IMG_9358
これたっぷりグリスアップされてますね。この間点検したメッキ足 TSR は、グリスが一滴もありませんでしたからね。てことは、フロントサスがハードタイプに交換されてるからスプリングもこの黒いグリスで満たされてるってことね。


IMG_9359
分割フレームお勧めパーツのハイトルクロックリング(4.000円税別)を装着。



IMG_9360
手締めだけでなくレンチが掛けられますのでフレーム合成が格段にアップします。



IMG_9362

MOULTON TSR-9 SP 初期整備完成であります。初期整備と言ってもぼくがやったのは、殆どリヤサスピポットだけですけどね。整備前に試乗した際は、フロントサスペンションが路面の亀裂を綺麗に吸収して、その後リヤがガツンと突き上げるっていうモールトン特有の動きだったんだけど今度はリヤもしっかり吸収してくれてますよ。でもさー、塗装剥がしてシム入れてなんてやってんのぼくだけなのかな〜?

IMG_9812
するとオーナー K さん英国高級車ジャガーで来店。



IMG_9813
TSR と全く同じブリティッシュグリーンであります。



IMG_9818
でもこれトランクに入らないよね?



IMG_9815
IMG_9814
IMG_9816
IMG_9817
流石分割フレーム、奇麗に収まりました。



IMG_9820

英国通であります。ありがとうございました!



MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その6)【橋輪Blog】

MOULTON TSR-9 SP 初期整備の依頼(その6)

IMG_9314

さて分厚い塗装を剥がしたフランジ内々は痩せてきて今度は、スピンドルがスカスカです。どのくらいの隙間かシックネスゲージで測ってみましょう。

IMG_9318
これくらいか、



IMG_9319
0.5mm です。



IMG_9320
今度は、スピンドルを入れて仮組します。



IMG_9321
ラバーコーンもセット。



IMG_9322
ピポットボルトは、ネジ山が掛かってるくらい。そしてメインフレームよりリヤアームを手前に引き寄せます。


IMG_9323
シックネスゲージでフランジとブラスブッシュの隙間を測定します。(その5)で述べたように下側は、半月状に塗装が残っているので測れませんので両サイドに差し込みます。


IMG_9324
両サイドは、少しきついですが、



IMG_9325
上方は、スッパっと入りました。



IMG_9326
隙間は、0.5mm です。てことは、フランジが少し上方に開いているってことですが、今回修正せず無視します。(少し勉強した)(上方に開いていた方がシムを張り付けたままセットしやすい)


IMG_9327
精密シムリングのストック。



IMG_9329
測定通りであれば、スピンドル外径のシム(右側)で0.5mm を作りブッシュ側0.8mm でぴったりですが、


IMG_9330
平行度の出たフランジに複数のシムを挟み込むのは大変なんです。



IMG_9332
そこで内径8mm 外径19mm のスピンドルもブッシュも両方カバーできる0.2mm 厚のシム2枚で0.4mm とします。


IMG_9333
スピンドルをセットします。



IMG_9334
当然0.1mm の隙間が出来ますが、この方がセットしやすく、セットした後ピポットボルトを締め込めば(締め込んだ時だけ)両側0.05mm づつ修正され平行度が出るとの目論見。


IMG_9335
このセットでもう一度仮組します。



IMG_9336
ピポットボルトをガチで本締めします。今ピポットボルトとフランジ、シム、スピンドルが一体になった状態。


IMG_9337
ブラスブッシュの中をスピンドルが滑っている状態ですので軸方向に隙間分動けます。



IMG_9339
IMG_9340
IMG_9341
勿論スイングアームも上下にスルスル動けます。



IMG_9338
このフランジが修正された状態でリヤアームを引き寄せます。



IMG_9342
フランジとブッシュのクリアランスは、0.3mm。これ新たに考え出した方法です。グットアイディアでしょ!


IMG_9344
ブッシュ側は、0.3mm シム1枚で済みます。



IMG_9345
グリスで張り付けます。



IMG_9346
全然セットしやすいですね。



IMG_9347
それでも0.2mm シムが1枚はみ出てきました。マイナスドライバーで押し込みます。



IMG_9348
ピポットボルトを本締め。



IMG_9349
さてリヤアームの動きは如何に?



IMG_9350
IMG_9351
IMG_9352
IMG_9353

スタンド、リヤキャリパー、リヤディレーラー、チェーンなどの重量物が付けたままなので自然落下してきますが、空荷だったら落ちてこないほどにフリクションが掛かっています。ガタがゼロでスムースな動きのベストセッティングとなりました。この作業も回を重ねるたびに多少は上達してきます。

明日は、完成納車編を



営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ