DAHON Visc EVO 105(その4)【橋輪Blog】

DAHON Visc EVO 105(その4)

IMG_3448
シフター:SL-RS700 R/L SET    18.075円(税別)
F ディレーラー:105 FD-R7000 BK(直付)  5.125円(税別)
R ディレーラー:105 RD-R7000 SS BK      6.816円(税別)
ブレーキレバー:BL-R780-SET    5.849円(税別)
チェーン:CN-HG701-11 クイックリンク(116L)  4.758円(税別)

キャリパーブレーキと V ブレーキでは、レバー比が全然違いますので、混在して使うことはできません。ですがシマノのブレーキレバーは、ワイヤータイコの取り付け位置が変えられ、てどちらにも対応できます。

IMG_3449
V ブレーキの位置で出荷されます。



IMG_3451
レバー裏側にあるスクリューを外すと、


IMG_3452
プラパーツが外れキャリパーの位置に移動できます。



IMG_3453
プラパーツを戻して完了。



IMG_3454
これだけレバー比が変わるということです。



IMG_3455
これいつもプライヤーで説明するんですけど。このまま握られると指が潰れますが、



IMG_3456
反対だと痛くもかゆくもありません。



IMG_3457

本日は、ブレーキレバーとシフターを組付けたところで終了。

明日につづく、



DAHON Visc EVO 105(その3)【橋輪Blog】

DAHON Visc EVO 105(その3)

本日は、カーボンホイールとブレーキキャリパーの取り付けと RIDEA クイックについてのアドバイスを。

IMG_3159
Kitt design Carbon F.R Wheel 
F 451 / 74mm  20H  ブラックロゴ 56.000円(税別)
R 451 / 130mm  24H  ブラックロゴ 65.000円(税別)


IMG_3418
ブレーキキャリパー:Shimano 105 BR-R7000 F/R SET BK 12.201円(税別)
カセットスプロケ:Shimano 105 CS-R7000 11-28T  6.480円(税別)


IMG_3419
RIDEA
ES2D-74/130mm Ti Quick Release  5.500円(税別)

RIDEA  橋輪オリジナル

DAHON アルミフレーム用クランプ Φ41 7.400円(税別)


IMG_3420
GIZA オフセットブレーキシュー2.800円×2 5.600円(税別)



IMG_3421
タイヤとカセットスプロケの装着。



IMG_3422
RIDEA クイックについてのアドバイスを。これをやっておくと小さな力でも締付力が倍増しますよ。



IMG_3423
先ずラスペネなどの潤滑剤を用意。



IMG_3425
IMG_3426
シートクランプ、スキュアー共にカムレバー内部に給油します。はみ出した油分は、ウエスで拭き取っておきます。


IMG_3427
次にグリス。



IMG_3428
IMG_3429
グリスは、カム山が摺動する真鍮部分に少量塗布。新品組付け時以外もたまにメンテナンスしてあげると効果的です。



IMG_3430
IMG_3433
IMG_3432

IMG_3434
IMG_3431




IMG_3439
続きましてブレーキキャリパーの取り付けです。



IMG_3440
105は、ショートリーチのためリムブレーキ面に届きません。



IMG_3441
IMG_3442
リヤもしかり。



IMG_3443
ここでオフセットブレーキシューの登場!アーチサイズを10mm 延長できます。



IMG_3444
ブレーキシューをホイールに付属してくるカーボン用に入れ替えます。



IMG_3447
IMG_3445

オフセットブレーキシューでアーチサイズを延長すると制動力は落ちますが、ブレーキレバーもシマノで合わせることで、Visc EVO オリジナルの TEKTRO ブレーキレバーと PROMAX ブレーキキャリパーの全くレバー比の合っていない、おバカな組み合わせより断然効くようになります。今夜はここまで。

明日につづく、




DAHON Visc EVO 105(その2)【橋輪Blog】

DAHON Visc EVO 105(その2)

IMG_3411
クランクセット:Shimano 105 FC-R7000 BK 53-39T   19.780円(税別)
ボトムブラケット:Shimano SM-BBR60 68BSA  2.661円(税別)

本日は、クランクセットの取付です。リクエストがありましたので BB シェルのフェイシングから行います。

IMG_3392
フェイシングは、しなくても OK の場合がまれにありますが、塗装の剥がれ具合で判断できます。



IMG_3395
それでは、ドライブサイドからフェイシング開始。



IMG_3396
チョットだ当たってみます。



IMG_3397
8時から1時が削れましたね。並行度が出ていません。フェイシングして正解でした。



IMG_3398
更に削り込んでいきます。



IMG_3399
良いんじゃないでしょうか。



IMG_3400
真下に残ったバリは、ヤスリで落としておきましょう。



IMG_3406
続きましてノンドライブサイド。



IMG_3401
IMG_3402
IMG_3403
IMG_3404
IMG_3405
IMG_3404
IMG_3407
フェイシング完了。



IMG_3412
BB クランク組付けて行きます。



IMG_3413
IMG_3414
IMG_3415
IMG_3417

クランクセット組付完了。今夜は、ここまで。

明日につづく、



DAHON Visc EVO 105【橋輪Blog】

DAHON Visc EVO 105

IMG_3320

DAHON Visc EVO に Kitt design カーボンスポークホイール装着& RIDEA パーツ組付け及び Shimano105 フルコンポで11速化のリクエストです。

IMG_3391
IMG_3392
IMG_3393
IMG_3394
ほぼ全てのパーツをはぎ取りました。



IMG_3410

RIDEA DAHON プレシジョンヘッドベアリング 4.600円(税別)



IMG_3321

IMG_3322
IMG_3323
IMG_3324
IMG_3325

本日は、ヘットパーツの交換まで

明日につづく、


BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(完成編)【橋輪Blog】

BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(完成編)

IMG_3365

いよいよ最終組み立てとなり完成編となります。そうそう土曜日に埼玉から来店いただいた方が、BS モールトン用フロントサスペンションリペアーキットを1セット買っていかれました。ありがとうございました。なのでラスト1セットとなります。

IMG_3366
今回エラストマーには、一切ヘタリがありませんので、こちら新品は温存しておきましょう。



IMG_3367
この順番で組付けます。このメタルシムは、白ブッシュの内側に巻くのですが、



IMG_3368
IMG_3369
IMG_3371
IMG_3370
IMG_3372
何の意味があるのか全く分かりません。



IMG_3373
黒ブッシュを挿入。


IMG_3374
ダストシール、



IMG_3375
C リングをセット。



IMG_3376
ガタは、完全に無くなりました。



IMG_3377
リンクをセット。ナイロンナットは。ボルトを回すレンチに抵抗が掛かるぐらいに締めこみます。



IMG_3378
IMG_3379
ベアリングにグリスアップ。



IMG_3380
フォークをセット。



IMG_3381
エラストマー入れます。下のアルミパーツの穴にキャリパー取付けの長ナットが入るから気を付けてね。


IMG_3383
ドライバーで持ち上げといて、



IMG_3384
長ナットを奥まで入れておきます。



IMG_3385
この状態からキャリパーをセット。



IMG_3386
IMG_3387
シフト、リヤブレーキワイヤーを戻します。



IMG_3389
フロントサスペンションオーバーホール完了!



IMG_3388

ヘッドベアリングの交換は出来ませんでしたが、100%のパフォーマンスは発揮できたと思います。

今回の作業部品代工賃含め税込55.000円也!



BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その7)【橋輪Blog】

BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その7)

ヘットパーツ規格に最大の誤算が発覚。オーバーサイズではなく、スーパーオーバーサイズであった。

IMG_3339
左のヘッドパーツが、持込の TANGE スレッド1インチ JIS で、右が在庫にあった TANGE FL270 1 1/8 JIS オーバーサイズ。


IMG_3341
さて組み込もうと思ったらロアーが小さいぞ!



IMG_3342
寸法を書き出してみた。



IMG_3344
1インチが、27.0 で、1 1/8 が、30.0、BS-M は、33.0だった。



IMG_3343
CANE CREEK の HEAD SET SIZE GIDE を見ると33.0は、1 1/4 で、オーバーサイズより大きいスーパーオーバーサイズだった。何か大きいなとは思っていたがテーパードヘッドチューブだから違和感なかった。


ブリヂストンサイクルに問合せしてみたが、ヘットパーツは、在庫なし。TANGESEIKI パッセージの品番だったようだ。ちなみに TANGESEIKI にも問い合わせたが廃版だという。1 1/4 は、現在殆ど作らてていない。やるとすれば、クリスキングのスレッドレスかな。でも35.000円以上もするヘットパーツのロアーだけ使うってのも何なので、しょぼいパーツだが再利用することに。

IMG_3346
磨いてみた。



IMG_3347
IMG_3348
ボールが当たる部分に多少の傷は残るものの使えない範囲ではない。



IMG_3350
せっかく外したクラウンレースを元に戻すが、うちにあるレースインストゥーラーがオーバーサイズまでしか対応していない。


IMG_3352
IMG_3351
これ入らねーな。



IMG_3353
そこでベスパ屋に GO 。ベスパのフォークコラム用工具がピッタリだった。



IMG_3354
IMG_3355
むなしく下ワンを戻します。



IMG_3356
上ワンは、TANGE の新品だが、これ全然圧入できない。



IMG_3357
外径を測ってみると29.98mm。



IMG_3358
元々付いていたやつは、29.93mm。0.05mm ぐらい行けそうだけど?



IMG_3360
IMG_3361
最初の入りが全然違う。BS-M のヘッドパイプは、ものすごく肉厚だ。広がるゆとりが全然ないのだろう。ここは、無理せずアッパーも再利用する。


IMG_3359
こちらも磨いてみた。



IMG_3362
すんなりと圧入できた。



IMG_3363
IMG_3364

何か振出しに戻った感じで疲労感だけが残った。おそらくこの TANGE 製と思われるしょぼいヘットパーツじゃないと圧入できないのかもしれない。

次回につづく、



FUJI Helion カスタム【橋輪Blog】

FUJI Helion カスタム

IMG_1420

FUJI のミニベロ、ヘリオンを BMX 風にカスタマイズしました。

IMG_1423
GIZA PRODUCTS MX-20CW オールドスクールバー 2.500円(税別)



IMG_1421
GIZA PRODUCTS MX-450 オールドスクールステム 2.500円(税別)



IMG_1427
GIZA PRODUCTS アジャスタブルダブルレックセンタースタンド 3.800円(税別)



IMG_1424




IMG_1425

次は、タイヤ太くしてみたいです!



BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その6)【橋輪Blog】

BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その6)

IMG_3326

パーツナンバー下一桁一番違いで短い方のリンクブッシュが手に入った。

IMG_3327
内径外径フランジ幅同じで長い方が、10.75mm。短い方が、8.80mm となる。よってリペアーキットの内容をこう補足する。


IMG_3308
BS モールトン用フロントサスペンションリペアーキット

・白ブッシュ                     1
・白ブッシュ内メタルシム  1
・ダストカバー                      1
・黒ブッシュ                     1
・ダストシール                      1
・リンクブッシュ(長)   4
・リンクブッシュ(短)   2
・リバウンドストッパー     1
・エラストマースペーサー  6
・エラストマークッション  6



IMG_3330
短い方のリンクブッシュ。



IMG_3331
長さも OK だ。



IMG_3332
圧入します。



IMG_3333
リンクを繋ぐボルトナットなんだけど、



IMG_3334
オリジナル性に欠けますが、これ変更します。



IMG_3335
ギザギザワッシャーと袋ナットは、良くないと思います。



IMG_3336
これ絶対ナイロンナットね。



IMG_3337
ステン平ワッシャーも外径の小さなものを選んで、M 6 ナイロンナットは、背が高いやつをチョイス。



IMG_3338
これなら袋ナットでなくともボルトが飛び出ず奇麗でしょう。ガッツリ締めちゃいけないところだからね。

さてリンクブッシュ(長)は、これが最後の BS 在庫でした。今後は、全てリンクブッシュ(短)で代用するしかないでしょう。ただこのブッシュ BS で作ってる物ではないので、MISUMI あたりを検索して大同ブッシュ工業とかで手に入ると思います。

次回につづく、



BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その5)【橋輪Blog】

BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その5)

貴重なリペアーパーツが届いたところで組付けに入ります。

IMG_3297
コラムのロアーレースが嵌っていたところが錆びています。



IMG_3298
レースが当たる部分の錆を落とし、塗装も剥いでおきました。



IMG_3299
さて今回のガタの一番の原因と思われる黒ブッシュです。



IMG_3300
新品の黒ブッシュは、しっとりと挿入出来てガタもありません。



IMG_3301
続けて古い黒ブッシュも入れます。



IMG_3302
どれだけ摩耗していたのか証明しましょう。



IMG_3303
この状態から手を放しますと、



IMG_3304
古いブッシュは、ストんと落ちました。これは期待できますよ!



IMG_3305
始めにリンク部にあるリバウンドストッパーの交換。



IMG_3306
大分劣化してます。



IMG_3307
全然ボルトが緩みません。



IMG_3309
ヒートガンでロックタイトを溶かします。



IMG_3310
外したストッパーはボロボロです。



IMG_3311
完了。



IMG_3312
次に、勝手に命名したリンクブッシュ。ここには、ガタもなく摩耗はみられませんでしたが、オールペイントした際の塗料が乗っかってるのと、こんな時しか買えられないので交換しておきます。特別プーラーはありませんので、切れなくなったドリルのキリで内側から斜めに当て交互に打ち抜きました。


IMG_3314
リンクブッシュは、全部で6個。樹脂製でそれほど硬い物ではありませんが、万力を使って圧入しようと思うと、どうにも上手く行きません。


IMG_3315
なので長さの異なる M 6 ボルトナットで挿入します。



IMG_3319
コラム側とフォーク側が2セット。



IMG_3316
最後にリンク同士の連結部分。



IMG_3317
おっと、ここでストップしたぞ!



IMG_3318

抜き取ったリンクブッシュを並べてみると2個だけ背が低かった!

明日につづく、



BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その4)【橋輪Blog】

BS MOULTON フロントサスペンション修理依頼(その4)

IMG_3295

ブリヂストンサイクルからパーツが届きました。BS モールトン用フロントサスペンションリペアーキット3台分です。エラストマースペーサーなどは、複数在庫があったようですが、肝心な重要部品が3個しかありませんでした。故に3セットです。これ世界でも貴重なセットでしょう。夢のようです。

IMG_3308
BS モールトン用フロントサスペンションリペアーキット

・ブッシュ   1
・シム     1
・ダストカバー 1
・ブッシュ   1
・ダストシール 1
・ブッシュ   6
・ストッパー  1
・スペーサー  6
・クッション  6

BS モールトン用フロントサスペンションリペアーキット。1セットは今回使てしまうので、限定2台分。税別20.000円にて販売いたします。

次回につづく、





営業日カレンダー
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ