試乗車放出!2017 DAHON Helios 22【橋輪Blog】

試乗車放出!2017 DAHON Helios 22

DSC_4313
2017 DAHON Helios 22 Shimano 105  157.000円(税込)

ヘリオスに Shimano 105 コンポーネントを搭載し 22 Speed とした Helios 22 Shimano 105 橋輪スペシャルが完売しました。よって試乗車を放出します!

2017 DAHON Helios 22 の詳細は、⇒ こちら

DSC_4292




DSC_4293




DSC_4294




DSC_4295




DSC_4304




DSC_4305




DSC_4306



キズ申告します!

DSC_4296
DSC_4301
DAHON PRO ホイール、リムブレーキ面。擦れ痕ありますが表面の荒れも無く綺麗です。



DSC_4297
タイヤの摩耗も殆どありません。



DSC_4302
DSC_4303
105右クランクアームに大きな傷あり。



IMG_0001
右メインフレームDAHONロゴの斜め下に小傷あり。



IMG_0004
フロントディレーラー台座脇に小傷あり。



IMG_0005
右シートステーに小傷あり。



IMG_0007
REバー左Helios ロゴ右に小傷あり。



DSC_4307
センタースタンドに小傷あり。



DSC_4317

2017 ヘリオス22 試乗車カラーは、パール。小傷少々ありますが走行少なくとても綺麗です。

現金特価 98.000円(税込)でお願いします!
(ペダルは付属しません)




こちらもまだ売れていませんよ!

DSC_4184

試乗車放出!2017 DAHON HORIZE


船長専用自転車コンテナ【橋輪Blog】

船長専用自転車コンテナ

DSC_4260
さて何の箱でしょう?



DSC_4261
中身も箱です。



DSC_4263
エレキギターケースほどの大きさでしょうか。



DSC_4264
これ畳んであるんです。



DSC_4265
立てて広げてみます。



DSC_4268
側板が天板方向に付いています。



DSC_4269
これをパタンと出して、



DSC_4270
ベルクロテープで留めます。



DSC_4271
12か国語で自転車と表記。



DSC_4272
長いベルクロバンドが6本付属。



DSC_4273
DSC_4274
ベルクロ側ではなく、ツルっとしてる方を上にしてスリットに通します。



DSC_4275
それを下のスリットから外にだし、そこを覆うように通し反対側へ。これで組立完了。



DSC_4276
BTB PREMIUM 52.600円(税別)

船長とは、メンテナンスの度に自転車を段ボール箱で行き来させています。どれも大切な自転車ですから輸送中に雨などに濡れることが心配でならなかったようです。「何か良い箱ないですかね。ちと値段が張っても構いません」毎年サイクルモードに出展しているメーカーを思い出して調べてみました。埼玉にあるダンボールメーカーが作っているTBT という輪行箱で3.200円からラインナップがあります。流石は船長フラッグシップモデルで、PPハニカムコア素材のプレミアムを選択。送料プラス税込で61.236円もしました。ですが流石に良く出来ています。独自の配送システムもあるようです。

DSC_4288
DSC_4289
持ち手が6か所付いていて持ち運びも楽です。



DSC_4277
やっぱりダンボールメーカー。



DSC_4279
エンド保護とクイック紛失防止用だって。DAHON用にフロント74mm も作らねば。



DSC_4280
前後輪を外しますが、フレームを折り畳まなくとも入りますね。700c フルサイズでもホイールベースが変わらず足が長くなるだけですから入ってしまうわけです。



DSC_4278
側板に開いたスリットからベルクロバンドを通せばホイール固定できるみたい。(これ中身の話ね)



DSC_4284
そこでちょっと考えた。シートチューブに回したベルクロバンドを先ほどのスリット穴より縦方向に掛けてみた。


DSC_4286
外はこうゆうこと。



DSC_4281
このように前後からシートチューブを引っ張ります。ここからが意外な展開!



DSC_4282
おもむろに箱を立ててしまいます。



DSC_4283

中立位置で浮いているのです。何か”引田天功”チックな感じでしょ。これ殆ど緩衝剤要らないのでは。凄いねTBT。

DSC_4290

ご興味のあるかたは、こちら ⇒ TBT



船長通信

DSC_0006
・5/23日、宮城県沖の04:20頃の日の出ですが、今日は、天気が崩れそうですね。では、宜しくお願い致します。


DAHON Dove Plus BROOKS【橋輪Blog】

DAHON Dove Plus BROOKS

DSC_4242

ゴージャスなブルックスレザーを纏ったダブ・プラスです。太いがカッコいいは、シュワルベのビックアップルで、転がりの良さと快適なポタリングを約束します。

Dove Plus


DSC_4245
BROOKS Slender grips HONEY  8.600円(税別)




DSC_4246
BROOKS B17 Standard HONEY  14.600円(税別)




DSC_4249
BROOKS Challenge Bag HONEY  11.400円(税別)




DSC_4251
RIDEA DHHCQ1 Frame Hinge Clamp GR Lever 5.140円(税別)




DSC_4252
SCHWALBE BIG APPLE 14×2.00(50-254) 2.600円(税別)




DSC_4253
MKS CYGMA Ezy  8.400円(税別)




DSC_4255





DSC_4254





DSC_4258

部屋に置いて眺めたい1台ですね! かわいい

超激二日酔いにしては上手く撮れたんでは?

Tiger moth 買いました!【橋輪Blog】

Tiger moth 買いました!

DSC_4240

先生の MOULTON APB その17 の予定でしたがブレーキシューを注文するのを忘れてました。よって社長室よりお届けします。

DSC_4235
壁に掛っているのが以前飛ばしていたタイガーモスです。でもって下の青いマグロみたいのが今回購入した1/4タイガーモスです。


DSC_4236
これがスパン(翼長)1m ちょっとで、



DSC_4237
こちら2.235m ですからおおよそ倍の大きさになります。楽しみです。

しかしどんだけモスが好きなのか。あっいけね、本日、ペイデー前日&これから柏市商店連合会総会出席のため今夜は再放送でお届けする。

2013/7/15の記事より

タイガー・モス搭乗記 in イングランド

IMG_1559

 K.B.ハウスの片付け物の中から古い写真が出てきた。全てを整理するには、ちと時間が掛かるが、取りあえずは探していた懐かしいアルバムが見つかった。


IMG_1539
                        THE TIGER CLUB

今年1月に大雪が降った日のBlog「スノーストライダー」の記事で触れた、イギリスはケント州にあるヘッドコーン・エアフィールドというとても小さなローカル飛行場へ、タイガー・モスという古典機に乗りに行った時の写真

IMG_1540
ナンバリングされた羊がエプロン内に沢山いる喉かな空港



IMG_1541
 第一次大戦頃の複葉機タイガー・モスがこれです



IMG_1542
前後に分かれた複座の練習機で、オープンコックピットのため飛行服と皮ジャン、ゴーグルとフル装備で行ったのだが

この日は、天気は良いものの強風が吹いていて「この手の機体は風に弱いので、止むまで待ってね」とのこと


IMG_1543
クラブハウスで待っていたら何やら物騒な機体を引っ張り出してきた。こんな飛行場にAT-6があるのか?


IMG_1544
と思ったら普通のカッコした夫婦が乗り込み(後部座席が奥様)離陸した。するといきなりアクロバット飛行を始め、しかも我々の頭上、飛行場の真上でだ!なんちゅうー国だと思ったね。


IMG_1545
こんなのもいたな。ロシアのYak だ。カッコ悪(特に足が)



IMG_1546
こちらはホームビルド機。フォルクスワーゲンの空冷4気筒エンジン(自動車の)を積んだ自作機で一人乗り。
ぼくは英語がからっきしダメだが、彼とは1時間程話した。(飛行機の話ならなんとかなる)
寒風吹く中、一人離陸して行った。「よくまーこんなんで飛ぶよ」


待つこと2時間

IMG_1547
するとパイパーカブが降りてきた。日本ではもう乗れない古の機体だ。

「カブでもいいよ」と言ったら「料金は同じだけど」と。もちろんOKした。それなりの出で立ちで来てたので「パイロットライセンスは持っているのか」との問いかけにジョークで「ラジオコントロールパイロット」と言ってやった。


IMG_1548
「窓をきれいにするならこのクリーナーが一番さ」とパイロット。黄色いボディーは骨組みに布を張っただけの物。



IMG_1549
    質素なインストルメントパネルに心躍る



IMG_1550
後部座席に収まるぼく。前後席共に同じ操縦系統が備わる。カブのくせにシートベルトは4点式でヘットセットも付いて会話ができる。この時ぼくは、体が小刻みに震えていたのを覚えてる。頼りなく古い機体への恐怖心ではなく、嬉しさでいっぱいだった。


いよいよ離陸!

IMG_1551
エンジンはライカミングの空冷4気筒で、セルモーターは付いていない。昔の戦争映画よろしく、”手がけ”だ。メカニックが操縦席に座り、ペラを回すパイロットが「スイッチOFF!」 するとメカニックが復唱「スイッチOFF!」 圧縮が掛かる位置にまでペラを回し「コンタクト!」メカも「コンタクト!」
全身の力を込め野球のピッチャーのようなフォームでペラを振り下ろすと一発でエンジンが始動した。やらせて貰いたかったが、”手がけ”より”命がけ”なので止めといた。


IMG_1553
離陸し高度を取るとすぐ、ヘットセットからパイロットの声が聞こえてきた。
「ユーハブ・コントロール!」遊覧飛行をリクエストしたのに何やらサービスがいいなと思いながらも「アイハブ・コントロール!」と返しスティック(操縦桿)を握った。

すると「あそこに城が見えるだろう」「カメラは持ってきたよな」「写真を撮れ」ぼくはポケットから使い捨てカメラを出した。城には興味がなかったが言うとおりにカメラを向けた。
「もっとバンクを取れ」機体を傾けろと言われ、カメラのファインダーを覗きつつスティックを左に傾けた。
「もっとだ」すると20°バンク位からどんどん傾きだした。
ワイヤーリインケージの遊びが多く、30°で止めるには逆陀を打ち続ける必要があった。
そんな操作、素人に解んね〜だろうに、よく任せんなこのパイロットと思った。

タイガー・モスと同じ料金じゃ悪いと思ったのか「海まで行こう」とサービスしてくれた。
相変わらず、機はぼくの操縦のもと、海岸で旋回、帰路に付く。

やがて飛行場に近づいたころ「ランウェイが見えるか」と聞かれ「ノー」と答えた。
「エンジンの回転を下げろ」と指示され、サイドウインドにあるスロットルレバー(こんなところにあるヘッポこレバーがスロットルだなんて知ってるやつはそーいないと思ったが、ぼくは知っていた)を手前に少し戻した。

「フラップを下すぞ」「ランウェイはすぐそこだ」とのパイロットの声。

「ちょっと待てよ」小型機の操縦は上空で何度も体験させて貰ったことがあるが、着陸はおろか離陸だってしたことない。

これはヤバイと、とっさに「ユーハブ・コントロール!」と叫んだ。

スティックは彼の手となりカブは無事ランウェイに滑り込んだ。

このパイロットは、ぼくがジョークで言った「ラジオコントロールパイロットだ」を「パイロットライセンスを持っている」と勘違いしたのか?あわや二人で心中するとこだった。

「ありがとう」と言いクラブハウスを出ようとしたら、さっきのパイロットがタイガークラブの色紙みたいのに何やら書いて渡してくれた。

そこには「あなたも今日からパイロットです」と書いてあった。

恐るべしイギリス人

タイガー・モスには乗れなかったが貴重な体験だった


先生の MOULTON APB その16【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その16

DSC_4064

結局のところ極端に長いリヤセンター(モールトンのカッコいい所なので仕方ありませんが)のお蔭で1リンクのためにもう一本チェーンを使う事となりました。

DSC_4217
ほんと1リンク。



DSC_4218
コネクティングピンは、チェーン進行方向のインナーリンクをアウターリンクが追いかける方向で取り付ける。


DSC_4221
今度は、ローでも突っ張りませんね。前回のようなバリバリ音は出なくなりましたが、



DSC_4223
チェーンラインはかなりきついです。フロントが内側に落ちる傾向はありませんが、チェーンデバイスの付けられないモールトンでは、ちょっと心配です。


DSC_4225
BB 変えます。



DSC_4226
前回の110mm から103mm と7mm 短い軸長を選択。



DSC_4228
こればかりは組んでみなけりゃ分かりません。



DSC_4229
大分スクエアー部が短いですね。



DSC_4230
クランクを組んでみましょう。



DSC_4233
テーパースクエアーの軸が殆ど見えないほどQ ファクターが狭くなりました。



DSC_4231
今度は良い線来ましたよ。



DSC_4232

これでドライブトレインは完璧!

明日につづく、


モールトン英国王子ウェディング記念モデル【橋輪Blog】

モールトン英国王子ウェディング記念モデル

Moulton Grand Union-1 - コピー
イギリスチャールズ皇太子の次男ヘンリー王子とアメリカ人女優のメーガン・マークルの結婚を記念したモールトン英国王子ウェディング記念モデルが限定発売されます。ベースは、TSR-9SP(分割フレーム)でブルックス B17 サドルとディキャリアが付属。前半分が英国調、後半分が米国調のグラフィックでイギリスとアメリカの融合を意味しています。気になるお値段は34万円前後。分割フレームですが分割は、離婚を意味しますので分割禁止でお願いしますとのメッセージが付いています。

ご予約お待ちしています


DSC_4215
Dynavector DV-1 スポークテンションフレーム

こちらは後日じっくりと!


先生の MOULTON APB その15【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その15

DSC_4193

今日は、クランク回りを。Sugino ブランドをチョイスしました。

DSC_4198
Sugino CBB F ボトムブラケット 3.600円(税別)



IMG_3308
シェル幅68mm で、軸長は、110mm を取り合えずセットしてチェーンラインをみます。



IMG_3309
逆ネジのドライブサイドをセット。



IMG_3310
次にノンドライブサイドを、・・・・・・あれ、ここでストップ。



IMG_3312
ネジ山が無いわけではなさそう?



IMG_3311
ちゃんと入りますね。



IMG_3313
何とシェル幅は、68mm ではなく66.77mm でした。



IMG_3314
2.33mm のスペーサーを入れてみます。




DSC_4199
今、寸法をみるのに左右逆ですが良さそうです。



DSC_4195
Sugino Mighty Comp  18.300円(税別)



DSC_4196
付属するチェーンリングボルトは、ダブル用なので使えません。




DSC_4197
Sugino SUS75 シングルチェーンリングボルト 2.800円(税別)
Sugino KPB アクセルボルト 600円(税別)


DSC_4200
クランクセット完了。



DSC_4194
Sugino EV130S チェーンリング 53T  12.800円(税別)



DSC_4202
始め付いていた ALFINE のブラックからするとライトなイメージになりましたね。




DSC_4064
Shinano CN-HG54 116L  2.432円(税別)
一応、2本用意しましたが。



DSC_4205
116リンクフルに使ってアンプルピンで繋ぎます。



DSC_4207

残念!あと1リンク足りません。トップの状態でテンションプーリーがもう少し後ろに行ってほしいですね。28T のローだとチェーンが張り過ぎてしまいます。

DSC_4208

もったいなですが、チェーンおかわりです!


試乗車放出!2017 DAHON HORIZE【橋輪Blog】

試乗車放出!2017 DAHON HORIZE

DSC_4184
2017 DAHON Horize   85.320円(税込)

2017年モデルホライズの試乗車です。新たに2018年モデルの試乗車をご用意しましたので放出致します。

2017 DAHON Horize の詳細は、⇒ こちら
  

DSC_4185




DSC_4186




DSC_4187




DSC_4189




DSC_4188




DSC_4190




DSC_4191



キズ申告します!

IMG_3286
リムブレーキ面若干擦れ後あり。



IMG_3287
タイヤは、殆ど摩耗していません。




IMG_3289
IMG_3290
フレーム右側から行きますよ。メインフレームヒンジ後半小傷多数。



IMG_3292
ヒンジ部上面に傷あり。




IMG_3295
ヒンジ部からBBへ向かうチューブ右側に傷あり。




IMG_3297
チェーンステー右に小傷多数あり。




IMG_3298
右クランクアーム先端に傷大。



IMG_3302
メインフレーム前方左側に小傷あり。



IMG_3304
ヒンジ部からBBへ向かうチューブ左側に傷あり。




IMG_3300
左フォーク下保護シールの少し下に小傷あり、ディスク台座付け根に傷あり。



IMG_3306
左リヤエンドに傷あり。ディスク台座に傷あり。




IMG_3307
キックスタンドにクランクと干渉した傷あり。




DSC_4192

2017ホライズ試乗車オブシディアンブラック。小傷多いですが走行少なく綺麗です。

54.800円(税込)でお願いします!


先生の MOULTON APB その14【橋輪Blog】

先生の MOULTON APB その14

DSC_4161

本日は、ハンドル回りの組み付けと行きましょう。
定番のNITTO をチョイスしました。


DSC_4162
NITTO テクノミックステム 150  80mm Φ25.4  5.250円(税別)




DSC_4165
ヘッド調整には、薄口スパナが重宝しますね。Shinano PRO ヘッドセットアジャスターツール32mm を使っています。特にカンパでは必要不可欠ですね。



DSC_4164
フォークコラム内にはグリスを塗布しておきます。




DSC_4166
しかしこの臼考えた人凄いな。



DSC_4168
Technomic の刻印が入ります。やはりクラシカルを演出するにはスレッドが一番です。



DSC_4160
NITTO B2520AA  W520  Φ25.4   3.200円(税別)



DSC_4169
スィープは、5°です。




DSC_4170
microSHIFT SL-10 サムシフター左右セット 14.600円(税別)



DSC_4171
残念ながら片側しか使いませんが。



DSC_4163
DIA-COMPE SS-6 左右セット 3.000円(税別)




DSC_4173
ダイヤコンペのキャリパー、カンチ対応のブレーキレバーです。




DSC_4174
グリップは、元々付いていたバーテープ巻き風のロックオングリップです。


おっと本日はここまで。今日は、千葉県商店連合会第46回通常総会に柏市商店連合会副会長として出席します。開催場所は、TKPガーデンシティー千葉。13:55分の電車に乗らねば!なので本日かなり早目のアップです。


DSC_4176




DSC_4179




DSC_4180

フラットバーのモールトンもいいね!


指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!完成編【橋輪Blog】

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!完成編

最後の望みを託して FD-R9150 をもう一度良く観察してみた。するとアクチェーターアームの付け根にボルトの先のようなものが見えた。勿論シマノディーラーマニュアルでも触れていない。Lo アジャストボルトが排除されたが何か調整が効くのだろうか?

IMG_3280
Hi アジャストボルトの上にボルトの先のようなものが見える。



IMG_3281
後ろから見てみると確かにネジ山がある。中にはイモネジが入っているようだ。今回ばかりは、シマノ相談窓口に聞いてみた。「それは分かりませんが調整には関係ありません」と言われたが「少々お待ちください」と待たされた後「イモネジを抜いてみましたが何も変わりませんね」と実際に電話の向こうで現物で試してくれたようだ。親切にして頂いたが調整ボルトではなかった。


IMG_3283
DAHON の太いアルミフレームで FD-R9150 を使うんであれば左側のBBハンガーシェルを削り込んで クランクを外に出すしかなさそうです。でもこのチェーンラインを見るとこれ以上出したらクランク逆転でチェーン落ちしそうです。

IMG_3284
船長、これは更にチェーンとインナープレートが接触しアウターロー(4速ぐらいから)チャラチャラ音が出ると思いますが、Hi アジャストボルトを締めこんでストロークを確保するしかありません。


IMG_3271
これで決まりなのでテスト用から新品のミッシングリンクに交換です。



DSC_4130
ペダル:Shimano PD-R9100 SPD-SL  24.039円 (税別)
PD-9000 より20g 軽くなった新型 DURA ペダルです。



DSC_4131




DSC_4132




DSC_4133




DSC_4134




DSC_4135




DSC_4136




DSC_4138




DSC_4140




DSC_4137




DSC_4143




DSC_4139




DSC_4141




DSC_4142

Hi アジャストボルトでストロークを稼いだお蔭でケイデンスが低い状態でもフロントの変速ミスは皆無となりました。だが”しまなみ”のヒルクライムでは、船長の GoPro がチャラチャラ音を録音することになるでしょう。あと対策としては、好きな音楽を大音量で聞きながらのライドですかね。もしかして完璧なる14 Speed シンクロモードのシフティングに感動して異音など気にならないかもしれませんよ。(言い訳)

指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!は、総額328.021円也




 
記事検索
  • ライブドアブログ