KIMORI COLOSSUS HR 5号機【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS HR 5号機

IMG_2059

KIMORI COLOSSUS HR 5号機のアッセンブリー始まりました。クランクセットは、FSA で、ROTOR Q-RINGS のダブルは、おおよそ決まっておりますが、カセットが9.10.11速のいずれかでコンポーネントの選択が変わってきます。しかもオーナー I さんの拘りでトップ9T のカプレオは譲れません。

DSC_1678
左から橋輪在庫のダメJKカセット、CYCLE TECH IKD ULETEGRA カプレオ(現在はDURA-ACE / SRAM しかないようですが)、I さん持ち込み JK、今回取り寄せたRECON Fe 10s / RECON Fe 11s です。このカセットを全て同期するかテストしなければなりません。


DSC_1647
ホイールは、HED JET 17。



DSC_1649
Shimano 11 Speed 対応 HED ハブから、



DSC_1648
カプレオ互換130mm スーパーライトハブ 19.800円(税別)に交換です。



DSC_1650
JET 17 は、ブレードスポークで組まれています。前後のスポークを合わせたいので出来ればそのまま使いたい。


DSC_1652
カプレオ互換スーパーライトハブもブレードスポークに対応しています。



DSC_1655
HED フリー側フランジは、約58mm。



DSC_1656
スーパーライトも約58mm。



DSC_1653
エンドからフランジの距離もほぼ同じ。フリー側は、行けそうな感じ。



DSC_1658
今度はHED の反フリー側。54mm ジャスト。



DSC_1657
これに対して48mm と 6mm 小さい。ってことはスポーク1本3mm 足りないことになる。3mm は絶対無理。



DSC_1654
ところがスーパーライトの方がフランジまでの距離がはるかに長い。ってことはよりフランジとリムを直線的に張ることになるのでスポークが短くて済むってわけ。計算式に当てはめればスポーク長が出るが、それで決まった試がないのだ。とにかくダメ元で組んでみる。


DSC_1661
っと、ゲゲゲゲ・・・・六角ニップルだ! こんなニップルレンチうちにはないよ〜。



DSC_1662
いつも使ってるこのタイプのニップルレンチ。



DSC_1664
普通はスポークに対してこの向きで使うニップル。



DSC_1663
これをひっくり返して使うわけだから四角になる。



DSC_1677
DT スイスからニップルレンチが出ているが、ヘキサゴン、スクエア、トルクスとある。このヘキサゴンでサイズが合うのかな?


DSC_1665
と、とりあえずラジコン工作室をのぞいてみた。



DSC_1666
それっぽいもん発見!



DSC_1667
しかも携帯工具箱にももう一本。



DSC_1668
六角ドライバーってやつ。



DSC_1670
サイズは、5.5mm。



DSC_1671
ドンぴしゃだ!



DSC_1672
これでバラせる。



DSC_1673
初めて見たHED のニップルはこんな感じ。オイルが塗布されていた。



HED をバラすのは初めてだった!

DSC_1679
DSC_1680
アルミクリンチャーリムにカーボンの整流版が付くJET 17。指で押すとグニャグニャです。これもしかして難儀じゃね!


IMG_2182
ニップルを全て緩めて、



IMG_2185
スポークを曲げなければ絶対抜けない。これきついよ!



IMG_2183
1本ごとに曲げて抜くしかないのか?



IMG_2186
クロス側を抜くのが大変だったが、ラジアル側はそのまま下にストン。でも入れるときどうすんの? 7人で組むの?



IMG_2187
何とか分解できたが、



IMG_2188
この薄いカーボンの穴から差して、



IMG_2190
リムの穴から出すって難儀だよね。



IMG_2191
ラジアル側から行きますかね。



IMG_2192
これ手2本じゃ足りねーな!



IMG_2193
何とか入った。



IMG_2194
バラける前にニップルを掛けておきましょう。



IMG_2195
おっとここ1本忘れてた。



IMG_2196
ラジアル側はなんとか、



IMG_2197
こっからのクロス側ですよ問題は、



IMG_2198
ハブにスポークを入れちゃいます。



IMG_2199
アウト側。



IMG_2200
イン側も、



IMG_2201
余計なスポークがカーボンを傷つけないようにニップルを付けておきましょう。



IMG_2202
これで大丈夫かな。



IMG_2203
さて行きまよー!ここからまた力技。



IMG_2204
ブレードスポークをグニュっと曲げてー。



IMG_2205
ここで手が滑ればカーボンに穴が開くこと間違いなし。これを全てのスポークでやらねばならないのです。



IMG_2206
1本組み替えるともう指の力が限界です。曲げてしまったスポークを戻しますがカーボン整流版があるので完全には戻せません。



IMG_2207
でもそれは、触れ取している間に戻りましたが。



IMG_2210
結構精度出したよ。



IMG_2208
流石、タケシ君お見事!



DSC_1675
外したHED ハブは、254.0g。



DSC_6594
スーパーライトハブが、193.0g だから 61g の軽量化だね。



DSC_1676

スポーク長も偶然間に合っちゃって(奇跡的に)何とか組換え完了!これでやっとカセットのテストが出来る。

一度、HED の工場見学行きたくなったよ!





Dynavector DV-1 屋外撮影編 【橋輪Blog】

Dynavector DV-1 屋外撮影編

DSC_1674
セラコートカラーチャート

昨日アップした Dynavector DV-1 の記事中で間違いがありましたので3点訂正しました。フロントフォークの部品点数が60点と書きましたが、まさかの80点でした。マットガードに関しましては、後日専用品を製作予定だそうです。新たなデザインとなるヘッドバッチは、パーカー鋲によるリベット止めになるそうです。

 さて、今回お預かりした車両は、サンドグレイというカラーとなりますが、これに加えイエロー、ネイビーブルーの3色展開となります。またオプションでセラコートカラーチャートよりセレクトが可能です。現在ダイナベクターでは、SRAM eTap コンポ搭載の DV-1 をアッセンブリー中で、eTap 専用フレームも同価格での発売となります。気になるリリース時期ですが10月末よりデリバリー開始。それでは皆様ご予約お待ちしております。


DSC_1599



DSC_1592



DSC_1593



DSC_1603



DSC_1591



DSC_1596



DSC_1597



DSC_1594



DSC_1595



DSC_1590



DSC_1613



DSC_1607



住職の DV-1 ライドインプレッション

DSC_1466
ロードから MTB、ミニベロ、フォールディング、KIMORI など10台以上を所有する住職に試乗して頂きました。


DSC_1467
「いや、これいいですね」 「モールトンは、社長のTSR に乗らせてもらいましたが、これは全然違いますね」 「戦闘力ありって感じですよ」 「良い自転車って真っ直ぐ進むんですよ、ペダルを踏む力が逃げないって感じでスピードがどんどん乗って行きますね」 「それとアンチノーズダイブは、初めて経験しましたが凄いですね。ノーズのダイブを押さえながらもサスが働いてますね」 「あとは、長距離乗ってみないと分かりませんが、私にはフレームがちょっと硬いかな、フレームのスポークテンションをもう少し下げて乗ってみたいですね」 「とにかくこれは、間違いなく良い自転車ですよ!」 「私のコレクションに加えたい1台ですね」 「また社長〜、ヤバイもんばっか乗させないで下さいよ〜!」


DSC_1469

あれ、住職 DV-1 予約してかないの? 「すんごく欲しいっすけどね、ZIPP 808 80mm ディープカーボンホイール買っちゃって、今金欠なんです」 ですって。

40万円のホイールだって、スゲーや!

明日は、KIMORI COLOSSUS HR 5号機の進行状況を




Dynavector DV-1 【橋輪Blog】

Dynavector DV-1

DSC_1545
Dynavector DV-1 フレームセット 499.500円(税込)
【期間台数 限定価格】

フレームにスポークテンションを掛けシャシー剛性を上げるという未知なるコンセプトが始まったのが2007年。そして2017年、まる10年間の歳月をかけモールトン輸入元ダイナベクター富成次郎氏が開発し世に送り出されるのが MADE IN JAPAN の Dynavector DV-1 である。

DSC_1548
スポークホイールの構造から考案されたスポークテンションフレーム。フレームをリムに見立て、センターに置いたハブから6本のスポークが張られ、これにより+150%のフレーム剛性が上がる。


DSC_1550
ステンレススポークは、#12(線径2.6mm )で、最近の電動アシスト自転車(YAMAHA PAS の小径車)に使われるのと同じ太いサイズのスポークです。出荷時に十分なテンションを掛けているので後の調整は必要ないようです。


DSC_1562
DSC_1563
ヘッドチューブ上下は、曲げによる折り返し。


DSC_1564
シートチューブ側はループタイでストレートプル。



DSC_1549
フレームには、スポークにより高いテンションが掛っていますので、塗装もセラコートという耐久性の高い特殊なコーティングを施しています。


DSC_1565
細パイプと板を組み合わせたフレームブレイス。



DSC_1551
ホイールサイズは、17インチ(369)。そしてもう一つ特記したいのがアンチノーズダイブ機構を加味したフロントサスペンション。



DSC_1553
モールトンでは、完全にコラム内に隠れていたスプリングを露出させ、しかも引バネで使っている点です。クラシカルなアウタースプリングは、戦前のモーターサイクル好き(好きではなくて、これで食っていた時代も)の次郎さんらしいデザインですね。



DSC_1552
モールトンと同じリーディングリンク方式を採用していますが、メイン / サブフォークの作動部には4ヶの精密ベアリングが仕込まれ、リンクのガタ及び回転抵抗は、ゼロです。よって路面の凹凸吸収性は、NEW パイロンシリーズのフレクシターサスペンションに近い味付けとなっています。


DSC_1561
これがアンチノーズダイブを生む機構。驚くことにフロントフォークを形成する部品点数は、80点にも及ぶ。



DSC_1560
斬新なフレームデザインながらクラシカルな雰囲気も残したかったのかクイルステムを採用。(フレームセットにステム / ヘッドセットは含まれません)


DSC_1557
シートチューブは、クランプタイプ(付属)を採用。



DSC_1556
リヤサスペンションに関しては、基本モールトンのラバーコーン方式でありますが、要となるピポット部の改良でリニアなストロークを実現しています。


DSC_1555
この車体には、モールトン製のラバーコーンが付いていますが、日本製のより追従性の良いものを製作して搭載します。ラバーコーンを押すリヤアーム側の円盤も樹脂からの削り出しで新たに製作したものです。(重量は、アルミ製の半分ほど)


DSC_1558
モールトンにあるようなマッドガード装着用 X 補強部の取付ナットはない。(後に専用マットガードを製作予定)



DSC_1572
モールトンの弱点であるピポット部には、ブラスのプレーンベアリングではなく、スラスト方向の軸受けも兼ね添えたピロボールが2ヶ内臓されます。スフェリカルと呼ばれる特殊なベアリング(インチサイズ)は、2ヶ所の軸受けを貫くピポットボルトの平行度を自動的に調整する優れものでリヤアームのスムースな動きに貢献しています。60年代のモーターサイクル、トライアンフのクランクシャフトに使われたスフェリカルローラーベアリングからヒントを得たのかも。


DSC_1569
DSC_1570
フレームマテリアルは、クロモリより強度の高い SNCM(ニッケル・クローム・モリブデン)ながら前後のエンドには、モールトンと同じくホイール脱着でキズの付きづらいステンレスエンドを使用。


DSC_1554
フロントディレーラーブラケットにも拘りが見て取れます。ロストワックス製法では、ダイキャスト金型に比べ安価に製作可能ですが、それでも型代には、30万円掛ったそうです。ロストワックス製法では、普通の鋳造に比べ複雑で寸法精度の高い製品が作れますが、完璧な図面作成が必要となり素人の発注では不可能です。


DSC_1571
フロントディレーラーブラケットのシートチューブ取付部(ボトルケージ取付のような)もプロトタイプより大径化し、電動フロントディレーラー使用時の大トルクにも対応しています。


DSC_1573
ぼくは結構気に入っているヘッドバッチ。こちらはデザインが変更されるそうです。「メイドインジャパン」っぽくっていいのにね。(本ちゃんヘッドバッチは、リベット止めとなります)



DSC_1566




DSC_1559




DSC_1568




DSC_1567

Dynavector DV-1 撮影の為に急遽取り寄せた ANDOZA B2 17インチホイール。明日は、このハイポリシュリムの輝きが際立つお日様のもとで撮影しましょうかね! 
次郎さん、解説間違っていましたらご指摘下さいね。
ぼくの DV-1 研究はこれからですから。

明日につづく、


※2018 FUJI TRAC ARCV / BALLAD Ω マットブラックが入荷しました。
(バラッドΩマットブラックの問い合わせを頂いていた方からのメールが消えてしまいました。こちらのブログをご覧頂いていればご連絡下さるようお願い申し上げます)



小径車用高級高品質ホイール ANDOZA B2 【橋輪Blog】

小径車用高級高品質ホイール ANDOZA B2

DSC_1528
ANDOZA B2 ”17(369)前後セット 171.800(税込)

17インチ小径車用高級高品質ホイール ANDOZA B2 です。
40mm のリムハイトを持つハイポリッシュアルミリムですがスポーク本数の少なさやオリジナルハイグレードのハブで軽量に仕上げられています。付属のスキュアーでモールトンのエンドにも対応します。


DSC_1518
タイヤウォーマーのようなリムカバーが付属。ロービジの袋はスキュアー。



DSC_1521
フロント:”17(369)100mm 16H


 
DSC_1533
リムの山が丸みを帯びているのが特徴。



DSC_1523
DSC_1522
ANDOZA / HAWK B2 ロゴ。



DSC_1524
小型軽量高性能なオリジナルハブ。



DSC_1534
スポークは、ブレードスポーク採用で、フロント、リヤ左右同じ寸法としています。



DSC_1527
リムテープ付属。



DSC_1532
リヤ:”17(369)130mm 16H



DSC_1530
リヤも全てストレートプルスポークです。



DSC_1531
フリーは、Shimano 11s 対応。(カンパもあり)



DSC_1535
別途購入(12.800円)も可能なスキュアーとバルブエクステンダーが付属。



DSC_1536
DSC_1537
DSC_1538
チタン製でレバーのみアルミ。



DSC_1539
重量僅か62.5g。



SCHWALBE KOJAC 嵌めてみました

DSC_1540
DSC_1541
DSC_1542




DSC_1599

明日は、この超いかしたホイールを量産型 Dynavector DV-1 に装着してフライング公開しちゃいます。まだ誰にも言っちゃダメよ!

これは、来てますよ!

tern SURGE ltd R8000 ULTEGRA アップグレード【橋輪Blog】

tern SURGE ltd R8000 ULTEGRA アップグレード

DSC_1490

Shimano 105 搭載の tern SURGE ltd を R8000 ULTEGRA にアップグレード。昨日品川で行われた2017/2018 シマノ展示会でも目玉であった新型アルテグラ。既にデリバリー開始されたR8000 は、R9100 DURA-ACE のテクノロジーがつぎ込まれています。

DSC_1576
tern SURGE ltd R8000 ULTEGRA


DSC_1577
デュアルコントロールレバー:ST-R8000  35.628円(以下税込)


DSC_1578
クランクセット:FC-R8000  28.031円


DSC_1586
ボトムブラケット:SM-BBR60  2.158円


DSC_1579
フロントディレーラー:FD-R8000  5.294円


DSC_1582
リヤディレーラー:RD-R8000  9.306円


DSC_1581
カセットスプロケ:CS-6800  3.641円
チェーン:CN-HG701-11  3.641円
カセットは、R8000 シリーズのラインナップに11-23T がないので CS-6800 を使用。

DSC_1580
ブレーキキャリパー前後セット:BR-R8000  14.919円


DSC_1584
おっとフロントブレーキは、オリジナルですね。


DSC_1583
実は、フロントフォークも後に交換を予定。


DSC_1585
何回も言いますが皆さん、これ気を付けて下さいね。


IMG_1242
この車体、住職のDURA-ACE BR-R9100 の時もそうだったんですが前後ともリヤ用なんです。



DSC_1255
Tern X Kitt design SMI 368 3K カーボンフォーク 30.000円(税別)



DSC_1256

SURGE PRO に標準装備されるフルカーボンフォーク。こちらはフロント用でOK ですから BR-R8000 の前後セットで取り寄せました。フロントキャリパーは、それまでお預けね。フォークは、11月中旬の入荷を予定。今回のアップグレードは、リヤ用オフセットブレーキシュー、バーテープ、組換工賃などを追加して約12万円!

オーナーのE さんには、カーボンフォーク取付の際、ご登場願いましょう!

ROCK BIKES SHIBUYA 【橋輪Blog】

ROCK BIKES SHIBUYA

IMG_2158

ロックバイクスが渋谷に直営のショールームをオープンしました。マンションの一角にあるそのスペースは、このガーネットレッドの ROCKET が目印です。

IMG_2157
この扉の向こうにロックバイクスが詰まってる。


IMG_2161
ロックバイクスのフルラインナップを展示。



IMG_2159
IMG_2160
IMG_2162
IMG_2163
SIXTH コンポーネントのパーツも全て展示中。



IMG_2165
アパレルも。



IMG_2164




IMG_2166




IMG_2173




IMG_2174

芳江くん(左)と青木さんが気さくに応対してくれますよ。イベント等でお休みの日もあるので事前に確認ね。
渋谷に行ったら是非!

ROCK BIKES SHIBUYA

150-0011
東京都渋谷区東1-5-14-1F-A
TEL:03-6434-1446
営業時間:12時〜20時
不定休

小径車の強いみかた Capreo 10 / 11s カセット 【橋輪Blog】

小径車の強いみかた Capreo 10 / 11s カセット

DSC_1516
RECON Fe カセット Capreo 11s 9-28T  24.000円(税別)
RECON Fe カセット Capreo 10s 9-26T  24.000円(税別)

小径車の強いみかた Capreo 10 / 11s カセットスプロケです。特にフロントダブルではチェーンリングの大きさに限界がありますからトップ9T は頼もしい存在ですよね。

DSC_1502
ワンピースタイプでロックリングが付属。



DSC_1504
材質は、クロモリからの削り出し。



DSC_1505
よくもこんな風に削れるものだ。



DSC_1514
ワンピースと言ってもトップ3T は、分解式。



DSC_1507
DSC_1506
11速のレシオ、重量は表記通り。



DSC_1509
DSC_1508
10速の方は45g 軽い162g。



DSC_1510
カプレオ互換130 / 135mm スーパーライトハブ 19.800円(税別)
24H:ブラック、シルバー、レッド
シマノ・カプレオハブは、既に製造中止で手に入りませんので重量も約半分のこちらの高性能軽量ハブがお勧め。


DSC_1511
DSC_1517



DSC_1513
左の10速の方がロックリングの掛り代が多いので10速の場合は1.8mm シムを使いなさいってことみたい。



DSC_1515
何をやっても同期しなかった Joseph Kuosac(ジョゼフ・クゼ)カプレオカセット。


JK みたいなダメカセットもありましたからね。十分にテストしてみますわ!

後日、結果ご報告致します



G くんの”幻の名車 tern Verge X30h ”売ります【橋輪Blog】 

G くんの”幻の名車 tern Verge X30h ”売ります

DSC_1470

30 S ミッション搭載の幻の名車 tern Verge X30h 最終型です。走行距離50km に満たない新車と言っても違和感のないベストコンディションですが、G くん家庭の事情で手放します!

DSC_1475
外装変速は、ULTEGRA 10 Speed。


DSC_1476
内装変速は、SRAM DUALEDRIVE 3 Speed。



DSC_1471
STI は、Shimano Tiagra。



DSC_1474
チェーンリングボルトは、RIDEA に変えてあります。



DSC_1478
DSC_1477
ブレーキキャリパーも DIXNA バンテージブレーキのブラックに交換。



DSC_1480
hasirin 販売で、整備もバッチリ。



DSC_1473
タイヤの摩耗は、殆どありません。リムブレーキ面もとても綺麗です。



DSC_1472
DSC_1479
DSC_1482
DSC_1483
DSC_1486



キズ申告します!

IMG_2098
メインフレーム下部マットブラック面にキズあり。



DSC_1488
オプションのセンタースタンドに小キズあり。



DSC_1484




DSC_1485
2015年モデル当時販売価格240.00円(税別)

”幻の名車 tern Verge X30h ”(ペダルは付属しません)

149.800円でお願いします!
※ G くんの個人売買なので消費税はかかりません



Dynavector DV-1 【橋輪Blog】

Dynavector DV-1

0ddfe61f

モールトンの輸入元ダイナベクターの富成次郎氏が10年の歳月をかけ完成させたDynavector DV-1。量産型がやっと完成したとの連絡を受け神田にあるダイナベクター本社に行ってみた。量産型第一号機が出来上がって来たのが9月4日の月曜日。翌日の火曜日には、CYCLO GRAPH 誌の撮影があったそうです。ぼくがダイナベクター本社に訪問したのが、その三日後ですから量産型を目の当たりにされた方はそう何人もいないはずです。


DSC_1460
このSRAM e Tap 搭載の赤フレームが最終プロトタイプ。メカニズム的には完成の域に近づいているもののここまで来るのに幾度となく試作フレームを作り続けたという。図面をおこしCAD に落としてみて今度は行ける!と思っても実際に作ってみてホイールを組むまで分からない世界。斬新なフレームデザインでありながら、ぼくも初めてこの赤フレームの画像を見た時、何かピンとがずれてる何かやる気が無い(メカニズム的な話ではなくフォルム)なと感じてしまった。この日、ダイナベクター本社にて初めて現車とお目に掛ったのだがやはりキレの無さは隠せない。


DSC_1461
こちらカンパのメカニカルコンポーネント搭載の量産型Dynavector DV-1。カラーは、セラコートのサンドグレー。赤フレームからの変更点は、リヤアーム三角の頂点を10mm 上げラバーコーンの位置を高く設定。ダウンチューブの起点をBBから15mm 上げた。延長したヘットチューブからBBに向かうクロスメンバーパイプを直線で配置。・・・・・etc。この量産型を見た瞬間ぼくが次郎さんに掛けた言葉はこうだ 「シュッっとしてますね!」 パイプの配置、流れを変えただけなのに同じフレームとは思えない。残念ながら9月30日のCYCLO GRAPH 誌(Dynavector DV-1 が表紙でモールトン特集)が発売になるまでは画像公開できないが、感のいい人ならこれだけモザイクを掛けた画像でも、たどり着いた繊細なフォルムに気が付くだろう。ああ、たまらなく見せたい見てもらいたい。

ぼくは思う。開発コードは、「Dynavector Moulton DV-1」だったが、これはモールトンを遥かに超えたダイナベクターブランドの「Dynavector DV-1」で良いのではないかと。

気になる価格だがフレームセットで50万円前後を予定!

※赤フレームの最終プロトをお借りして来ましたので、1週間ほど橋輪に展示します。このチャンスに是非ご来店下さいませ。




Dynavector DV-1 【橋輪Blog】

Dynavector DV-1

本日、モールトン輸入元であるダイナベクターにお邪魔してきました。始めて目にしたそれは、・・・・・・・・と行きたいところなんですが、帰社したのが19:40。20:00より商店会の会議と来たもんだ。な訳でこのお話は、明日に!ごめんなさい。

IMG_2068
ダイナベクター本社前にて。写真を撮るぼくとオーバーフェンダー付きラジコンカーが反射して写りこんでいた。

明日につづく、

記事検索
  • ライブドアブログ