改めて小径カスタムを考える 【橋輪Blog】

改めて小径カスタムを考える

DSC_1024

なぜ、小径車乗りに改造マニアが多いのか? 小径車に何十万円もの改造費を掛けるならその金額に見合ったフルサイズのロードバイクを買った方が走りも良いし煩わしさもないはずだ。

ではなぜ? 一つ言えることがある。みんなと違うバイクに乗りたいのだ。例えばサイクルモードなどで見るメーカーが組み上げた展示車両。物凄いTTバイクでも皆、見慣れてしまっている。ところが小径車にあっては、殆どが完成車であり、まあ大体無難なスタイルに纏めてある。それを突拍子もない格好に変化させるのが楽しいのだ。

これはモーターサイクルの世界でも言えることで、HONDA の50cc モンキー、ゴリラに30万円も掛けるのはザラであり、250cc のスポーツバイクに30万円を掛ける人はまずいないのと同じなのだ。あの可愛いモンキー、ゴリラが凄くなるのは大変楽しいことなのです。やはり小径車も可愛いイメージがありますから DAHON の Mu に30万円掛けたら凄くなるんですよ。そしてモディファイはどんどんエスカレートし、最後のボルト1本まで取り替えたくなる。それを眺めるのも良し、乗るも良し、そして人に見せびらかしたいのです。

最近ぼくが常々思っているのは、競技志向ではなく”見せびらかし志向”の小径車イベントをやりたいなと考えています。メーカーは、協賛者であり、主役はカスタムバイクオーナー。みなで集まって「え!この部品これに付けられるんだ?」とか「これ凄くカッコいいですね!」とか、わいわいやるだけのイベント。楽しそうでしょ!


DSC_1025
DSC_1026
DSC_1027
船長の DAHON Mu SLX Di2。



DSC_1028
DSC_1029
船長からフレームを頂いた S さんの DAHON 30th アニバーサリー。



DSC_1030
DSC_1031
同じく S さんの DAHON Mu SLX。今回は赤のブラケットカバーが取付けたくてカンパのブレーキレバーに交換。シフターは、バーコンなので使用せず。


明日からお盆休みに入らせて頂きます。ちょっと長いですけど基本橋輪は、火曜の定休日しか休みがありませんのでご勘弁を。といっても例年ぼくは、お寺の手伝いで大変忙しのであります。(泣)

【夏季休暇のお知らせ】
8月12日(土)から18日(金)までお休みします。

2017 MOULTON DOUBLE PYLON 【橋輪Blog】

2017 MOULTON DOUBLE PYLON

DSC_0893
2017 MOULTON DOUBLE PYLON(フレームセット)1.800.000円(税別)


【付属品】

DSC_1019
ウィッシュボーンステムは、単品で購入すると10万円(税別)もする高価なパーツです。100mm or 150mm からお選び頂けます。(画像は、100mm)


DSC_1020
NEW SERIES 専用のオーバーロックナット寸法70mm のモールトンフロントハブ 28H。



DSC_1018
VELOCITY FUSION リム前後セット。フロントは、ハブに合わせた28ホールで、リヤは28H、32H から選択可能。



DSC_1021
左がフロントディレーラーハンガー。右のパーツは、ブレーキワイヤーの分断用。



DSC_1022
ワイヤーコネクターは、予備も含めて6ヶ付属。



1997年にモールトン博士が世に送り出したNEW SERIES。最大の特徴は、フロントサスペンションで、今までのコイルスプリングの付いたリーディングリンク式サスペンションではなく、アッパー、ロアーアームに4本装着されるトーションダンパー(ゴムの捩じり)を用いた Flexitor(フレクシター)と呼ばれる方式です。またこのフレクシターは、機械的な摩擦が完全に排除され、今までにないスムースな動きを実現しています。

2000年には、シートチューブをパイロン(やぐら)状ににした SINGLE PYLON が登場します。そして今夜ご紹介するのが、ヘッドチューブをもパイロン化し、2004年にデビューしたモールトンラインナップの最高峰 DOUBLE PYLON です。

2017年モデルではフロントサスペンションにマイナーチェンジが加えられました。フォーク(黄色の部分)は、上半分バッテットチューブだったものが上下共のダブルバテットフォークとなり軽量化されています。またエンドのオフセットも変更されフロントセンターが約20mm 延長されジオメトリー変更を受けています。クラウンシャフトとフレクシターを繋ぐアーム(ロワー側のバンプラバーにはアジャスト機能が付いた)がステンレスとなり形状が見直されたことから高級感が増しています。

それでは「THE HALL」(モールトン城)で作られた芸術品をご覧あれ。(橋輪特設スタジオで撮影)

DSC_0892

DSC_0896

DSC_0897

DSC_0898

DSC_0899

DSC_0900

DSC_0901

DSC_0902

DSC_0903

DSC_0904

DSC_0905

DSC_0906

DSC_0907

DSC_0908

DSC_0909

DSC_0910

DSC_0911

DSC_0912

DSC_0913

DSC_0914

DSC_0915

DSC_0916

DSC_0895




DSC_0983

少しはモールトンショップらしくなってきたかな!


【夏季休暇のお知らせ】
8月12日(土)から18日(金)までお休みします。


モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 完成編 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 完成編

DSC_0988
TERADA Drop Handle 380mm Φ26.0 9.800円(税別)

長かったダブルパイロンのメンテナンスも今回のハンドルバー交換でようやく完成です。このニットーのドロップバーは、テラダ商会さんがニットーにモールトン用として特注しているハンドルです。ニットーの品番は、M101NAS-BR。M はモールトンのM ですね。大変お待たせしました。I さんようやく完成です。

DSC_1008
どこが特注かと言いますとNITTO Mod 55 をで説明します。こちらも同じくクランプ径26.0でバー径24.0ですのでウィッシュボーンステムでの取付は可能です。


DSC_1009
ただ、センタークランプのギザギザが見えてしまいます。これを無くしたのがテラダオリジナルです。



DSC_0991
ドロップぶった切りブルホーンは外してしまいましょう。



DSC_0992
ウィッシュボーンステムは、オープンエンドではないので、要らなくなったバーであれバーテープを綺麗に剥がさねば外れてくれません。


DSC_0993
DSC_0997
DSC_0998
DSC_0999
こんな感じです。



DSC_1000
DSC_1001
DSC_1002
ケーブルを押さえたタイラップは、バーテープを巻く直前に外します。



DSC_1011
バーテープは、フレームカラーに合わせたオレンジステッチのDAHON Vector 用をチョイス。



DSC_1015




DSC_1013




DSC_1014




DSC_1016

橋輪の目と鼻の先の意外と近いところにイギリスがあった。

THE BEATLES IN CAVERN HOUSE

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 6 【橋輪Blog】

モールトン DOUBLE PYLON のメンテナンス 6

mono21007157-160113-02
やっと見つけたリニアシャフトだったが材質を見るとSUJ2 というとんでもない硬い素材で、ドリルの切どころか旋盤のバイトさえもが歯が立たない代物らしい。八方塞がりで頭を抱えたまま時間だけが経ったが、ようやく一から製作してくれるところが見つかった。

IMG_1806
その工房は、この砂利道を突き進んだ奥の林の中にある。



IMG_1803
シャッターが閉まった工房の前には、朽ちたSUZUKI GT380。



IMG_1804
ぼくが指定した寸法通りのスピンドルシャフトを製作して頂いた。



DSC_0972
これがスピンドルシャフト。左がお城で作ったダメシャフトで、右が内径外径長さを指定して製作してもらったワンオフ物であります。


DSC_0973
そしてブッシュ調整用で外側左右に入れる0.1mm シム。



DSC_0974
ここにシムを入れるのはちょっと難しいですぞ。



DSC_0975
スイングアームのフランジに押し出されぬようグリスで張り付けた。接触面積が半分に減るが元々ブッシュがフランジの角に当たってしまっていたので致し方ない。


DSC_0976
何とか上手いこと合体できた。



DSC_0977
ボルトにはロックタイトを塗布してクソ締めでOK!てかクソ締めでなければダメ。



DSC_0978
DSC_0979
スイングアームを支えている力を抜くと”ストン”ではなく”ジワリ”と下がってくる。ベストなロードが掛っている状態。


DSC_0990

ようやく下半身の治療が完了。リヤサスペンションの動きは、格段に良くなっているはず。

後は、ハンドルバー交換でやっと完成か

2018 DAHON 35周年記念モデル Curl i8 【橋輪Blog】

2018 DAHON 35周年記念モデル Curl i8

curl0801
Curl(カール)i8

2018 DAHON
Curl i8         216.000円(税込)
橋輪プライス 194.400円(税込)
8 Speed   13.6kg  限定40台

2018で、35周年を迎えるDAHON。35th Anniversary モデルとしてリリースされる Curl は、世界限定500台で生産され、日本には40台のみの入荷します。その40台にはシリアルナンバーが入り成約されたお客様のネームプレートが付く正にアニバーサリーなモデルとなります。

16インチホイールを採用するカールは、3ポイントフォールディングと言われるダホン史上今までにない折り畳み方式で58×54×27cm に収まるコンパクトな設計となっています。

【主要スペック】
フレーム:6061 Hydroformed Dalloy frame, 3-POINT Folding
フォーク:6061 DAHON Inverted fork
ステム:Adjustable handle post
シートポスト:Aluminum 33.9x450mm
ブレーキ:F/Tektro R-369, R/Tektro R-357
シフター:Shimano Nexus SL-C6000-8
内装ハブ:Shimano Nexus SG-C6001-8V
タイヤ:Schwalbe Marathon, 16x1.35

 

受注期間は、本日より9月25日まで、入荷時期は、2017年11月を予定しております。

限定40台! ご予約お待ちしております







試乗車放出!2016 tern Link N8 【橋輪Blog】

試乗車放出!2016 tern Link N8

DSC_0948
2016 tern Link N8    83.160円(税込)

2016 tern Link N8 の詳細は、⇒ こちら

昨日、先行入荷でお知らせした2018 tern Link N8 ですが、試乗車も新たにご用意することにしました。よって2016年モデルの試乗車を放出いたします。

DSC_0950
フロントリムの状態です。非常に綺麗です。



DSC_0951
タイヤの摩耗も殆どありません。




DSC_0952
DSC_0953
DSC_0954
DSC_0955
DSC_0958
DSC_0963
DSC_0964
DSC_0965
DSC_0966
DSC_0967
DSC_0968



キズ申告します! 画像拡大してチェックして下さいね!

DSC_0956
リヤホイールリムブレーキ面に大体一周とリムつなぎ目にキズあり。



DSC_0957
シートポストに上げ下げの痕あり。




DSC_0961
センタースタンドにクランクと干渉した傷あり。



DSC_0962
浅い小傷あり。




DSC_0970
メインフレーム右側に写真には写りづらい傷あり。




DSC_0971
実際には黄色で書いた場所に傷があります。



DSC_0969

2016 tern Link N8 ホワイト / レッド試乗車。走行少なく美車です。

現金特価 44.800円(税込)でお願いします!


2018 tern Link N8 【橋輪Blog】

2018 tern Link N8

DSC_0866
DSC_0869
Link N8(リンク)

2018 tern 
Link N8            78.840円
(税込)    
橋輪プライス   70.900円(税込) 
8 Speed       11.8kg

tern 2018年モデル Link N8 が先行入荷しました。カラー選びも楽しみな全5色展開です。2017年モデルからのスペックは、一部(リヤディレーラーの Shimano Claris が、RD-2400 から新型の RD-R2000 に)を除いて変更ありません。

DSC_0870
DSC_0868
マットグレー / ピンク



DSC_0871
DSC_0872
マットグレー / ライトブルー



DSC_0873
DSC_0874
マットグレー / イエロー



DSC_0875
DSC_0876
グロスブラック / レッド



DSC_0877
DSC_0878
マットブラック / グロスブラック



DSC_0879
ホイールサイズは、406。ダブルウォールリムで、スポークもハイグレードのSAPIMを採用。



DSC_0880
タイヤ:SCHWALBE KOJAK 20 × 1.35



DSC_0882
ガード付チェーンリングは、52T。



DSC_0883
リヤディレーラーは、Shimano Claris RD-R2000。



DSC_0884
カセットは、11-32Tの8 Speed。



DSC_0881
ハンドルポストは、日本仕様 N8(Nは日本のN)専用の350mm。



DSC_7224
シフター:Shimano SL-M310 Altas トリガー



DSC_0889
フレームヒンジには、上位モデル同様のOCL ジョイントを採用。



DSC_0887
センタースタンド標準装備。



DSC_7248
フォールディングペダルが付属。



DSC_0888
Folding Size: W79 x H72 x D38 cm



DSC_0885




DSC_0886




DSC_0890

試乗車をご用意してお待ちしております!
※試乗には身分証明の提示を頂いております

DAHON 史上、最小最軽量 Dove Plus その4 【橋輪Blog】

DAHON 史上、最小最軽量 Dove Plus その4

その2・3から、FF-R シートポストで75g チェーン交換で189g の合計264g 軽量化できることが分かった。次にクランクその他を見て行こう。

DSC_0362
クランクは、PRO WHEEL ってメーカーで、そこそこメジャーらしい。



DSC_0363
この方式はどう見てもシマノのコピー。



DSC_0368
付属専用レンチでフィキシングボルトを外すと、



DSC_0369
10ヶのスプライン。



DSC_0370
両側のボルトを緩めるとプーラーなしで外れます。



DSC_0371
一応中空シャフト。



DSC_0373
これじゃオイルシールを押しちゃうじゃんと思ったら、



IMG_1822
これ自体がベアリングになってるのね。



DSC_0379
工具もシマノが使えます。



DSC_0859
24mm アクスル。



DSC_0860
目方は、877g と軽くない。この辺も軽量化の要か。



DSC_0365
これが付属。



DSC_0367
これでプリロード調整。



DSC_0364
プリロードが決まったら両側のボルトでロック。正にシマノのコピーで回転もそこそこ良し。



DSC_0862
付属するwellgo のペダル。



DSC_0852
フロントハブ。



DSC_0853
これは、DAHON 通常の74mm。



DSC_0854
クイックシャフト。



DSC_0856
リヤハブは、シングルフリーの9T。



DSC_0857
リヤのオーバーロックナット寸法は85mm。



DSC_0855
リヤのクイックシャフト。



DSC_0360
チェーン引きが入るのでバックフレームエンド幅は、90mm ある。



DSC_0864
カタログスペックでは、ペダル、スタンドを除くで、6.97kg。それでは、完全オリジナル、スタンド付きペダルなしで測ってみよう。



DSC_0863
7.22kg と出た。



DSC_0861
スタンドの重量を測ってみると 111g。それでも7kg は切れない。やはり重たいチェーンが効いているように思える。

14インチホイールに42T のチェーンリング、9T スプロケットは、使い方を間違わなければ、理想のギヤ比だと感じます。超軽量の車体は、輪行を今まで以上に楽しくする大きな武器となるでしょう。

DAHON 史上、最小最軽量 Dove Plus

2018 tern Link N8 全5色入荷です!【橋輪Blog】

2018 tern Link N8 全5色入荷です!

DSC_0851

本日、早くも2018モデル tern Link N8 全5色入荷です!・・・・と行きたかったのですが、二日酔い&雨、それと休み明けで修理が混んでしまい写真撮れる時間がありませんでした。後日ばっちりアップしますのでご報告まで!

2017 柏祭り東パル街商店会アルバム 2 【橋輪Blog】

2017 柏祭り東パル街商店会アルバム 2

IMG_1807

【柏二中相撲部を応援しよう】

近年 日大相撲部卒の永井明慶君(ながい・あきよし中国料理李薗ご子息、以下明慶君)の指導により柏日体相撲部が全国大会にて優秀な成績を修め、アマチュア相撲界では柏日体相撲部が注目されています。

現在 明慶君は柏日体の指導は後継の指導者に任せ、柏第二中学校の相撲部監督をやられています。
また柏市全体で相撲の普及活動を行っています。柏二中相撲部は創部3年目、部員5名という先輩すらいない歴史の極浅い部活動のなか、早くも全国大会へ進出、 実力をつけ、結果が出始めているところです。

ですが、アマチュア相撲のため相撲部屋や後援会があるわけでもなく、明慶君の自宅を学生寮とし、食費はもちろんのこと、全国大会等への参加のための交通費、部の運営費などの殆どを個人負担しているのが現状であります。

今まで私自身、大相撲にはあまり興味がありませんでしたが、内情を知ると「僕たち東パル街商店会で何か支援できることはないか」、「地元学区で頑張る子供たちの応援をしたい」という気持ちがひしひしと湧いてくると同時に、相撲稽古を目の当りに見てみたい興味に駆られました。

東パル街商店会が、現在の柏第二中学校相撲部顧問明慶君を支援することで、国技である相撲を文化として商店会から発信し、柏で鍛えられ、成長し、将来へ羽ばたいていく、子供たちの活躍の一助となる本当の価値ある支援を実行していきます。

東パル街商店会ベースでは、金銭的な援助は直接できませんが、皆さんの協力があれば、明慶君の本意とする相撲の普及、振興活動を安定して守ることができると確信しております。


【小さな出来る事第一歩】

今年も来る7月29・30日の両日、柏まつりが開催されます。
1971年から1977年まで開催された「柏商業まつり」に端を発し、1978年開催の第一回柏まつりから数えて40回目となる記念すべき年です。
今年、東パル街商店会では、明慶君の相撲普及活動の応援プロジェクトを40周年記念事業として柏まつりに参加したいと思っております。

皆様、ご支援を賜りますよう宜しくお願い致します。


東パル街商店会会長 橋本康弘

2017 柏祭り二日目の「東パル街商店会アルバム2」は、柏第二中学校相撲部の子供たちと行った相撲普及活動を中心に撮影しました。

DSC_0532

DSC_0530

DSC_0533

DSC_0534

DSC_0535

DSC_0536

DSC_0537

DSC_0538

DSC_0540

DSC_0541

DSC_0542

DSC_0543

DSC_0544

DSC_0545

DSC_0546

DSC_0547

DSC_0550

DSC_0551

DSC_0553

DSC_0555

DSC_0557

DSC_0558

DSC_0562

DSC_0563

DSC_0565

DSC_0568

DSC_0569

DSC_0572

DSC_0573

DSC_0574

DSC_0575

DSC_0576

DSC_0581

DSC_0587

DSC_0588

DSC_0589

DSC_0590

DSC_0592

DSC_0593

DSC_0595

DSC_0597

DSC_0598

DSC_0599

DSC_0600

DSC_0601

DSC_0602

DSC_0603

DSC_0605

DSC_0608

DSC_0611

DSC_0619

DSC_0633

DSC_0639

DSC_0643

DSC_0644

DSC_0645

DSC_0646

DSC_0649

DSC_0650

DSC_0652

DSC_0655

DSC_0657

DSC_0658

DSC_0659

DSC_0660

DSC_0661

DSC_0662

DSC_0663

DSC_0665

DSC_0666

DSC_0667

DSC_0668

DSC_0669

DSC_0671

DSC_0672

DSC_0673

DSC_0674

DSC_0676

DSC_0679

DSC_0681

DSC_0682

DSC_0683

DSC_0685

DSC_0686

DSC_0689

DSC_0690

DSC_0692

DSC_0693

DSC_0694

DSC_0695

DSC_0696

DSC_0698

DSC_0699

DSC_0702

DSC_0703

DSC_0704

DSC_0705

DSC_0707

DSC_0709

DSC_0710

DSC_0711

DSC_0712

DSC_0715

DSC_0717

DSC_0718

DSC_0719

DSC_0721

DSC_0724

DSC_0731

DSC_0735

DSC_0736

DSC_0737

DSC_0741

DSC_0742

DSC_0743

DSC_0745

DSC_0752

DSC_0753

DSC_0754

DSC_0756

DSC_0778

DSC_0779

DSC_0780

DSC_0781

DSC_0782

DSC_0783

DSC_0785

DSC_0787

DSC_0788

DSC_0789

DSC_0791

DSC_0792

DSC_0793

DSC_0796

DSC_0849

DSC_0797

DSC_0798

DSC_0800

DSC_0803

DSC_0809

DSC_0819

DSC_0820

DSC_0821

DSC_0822

DSC_0823

DSC_0824

DSC_0825

DSC_0830

DSC_0832

DSC_0834

DSC_0835

DSC_0840

DSC_0843

DSC_0845


2017柏祭り、今年も東パル商店街におこし頂き、ありがとうございました。お蔭さまで、多大なる募金が集まりましたことを柏二中相撲部監督永井明慶君に変わり厚く御礼申し上げます。

IMG_1808

記事検索
  • ライブドアブログ