船長のチタンフレーム PASSONI(16)【橋輪Blog】

ブレーキ回りを組む

IMG_2558

ステアリングヘッドが決まったろころでブレーキ回りを組んで行きましょうか。

IMG_2575
前後ブレキキャリパーを組み付けます。



IMG_2576
GOKISO ホイールに付属するカーボン用パットに入れ替えます。小さな GOKISO ステッカーが2枚付いてきます。


IMG_2577
ここか、


IMG_2578
ここあたりにさり気なく張るのもいいでしょう。実際に100万円超えの GOKISO / Passoni コラボホイール付いてますから決していやらしくありません。

IMG_2579
IMG_2580
前後キャリパー取付。


IMG_2582
リヤハブにカセットを取り付けますが GOKISOフリーの場合、球面ワッシャーを取り外しておきます。


IMG_2583
レンチが掛らないためです。


IMG_2584
次にブレーキレバーを取り付けますが、ハンドルの角度を見るために一端バイクスタンドから下ろします。

IMG_2585
こんな感じでしょうか。


IMG_2588
最新バージョンは、ブラケットカバーが柔らかくなっていて作業性がいいですね。


IMG_2590
定規を当てて左右のバランスを見ます。


IMG_2589
ピッタリ来てますね。


IMG_2600
KCNC TITANIUM WIRES ブレーキ用2本入り 14.000円(税別)
インナーケーブルは、船長御用達のナノテフロンコーティングのチタンワイヤーです。


IMG_2599
アウターケーブルは、パッソーニフレームに付属してきた NOKON(ノコン)です。調べてみるとブレーキ前後セットで、12.000円ほどするんですね。今回使用しませんが、勿論インナーケーブルも付属。

IMG_2601
小さなボールチップ(勝手に命名)を一つ一つテフロンチューブに通して行きアウターケーブルを形成するようです。


IMG_2603
ボールジョイントになっておりアールが付けられる構造になっていながらこれ以上は曲がらない構造。


IMG_2603 - コピー
ここの段差に秘密があるようです。なので極端に曲げてもアウターが折れない。


IMG_2626
長さの違うチップが2種類存在し、この短い方は曲がりのきついハンドル付近に、


IMG_2625
長い方がフレーム側に使うという解釈でいいのかな。


IMG_2605
その他に上の太めの黒いカラー(カラー太と命名)が10個と下のカラー細が2個付属。


IMG_2606
トップチューブに付くアルミ製のアウター受けを外してみます。



IMG_2607
こんなところの工作も抜け目がないですねパッソーニ。


IMG_2608
カーラー太とカラー細は、どこに使うのか?


IMG_2609
カラー細は、フレームのアウターカップと一致します。


IMG_2610
ブレーキキャリパーにも。


IMG_2611
ですがボールチップは、入りそうで入りません。


IMG_2612
勿論普通のアウターカップも入りません。


IMG_2613
シマノのアウターがそのまま入りました。


IMG_2615
IMG_2616
IMG_2617
各パーツの寸法を測ってみました。そうするとカラー太は、よくフレームに溶接してあるアウター受けにだけ使うようです。(向きがありますので要注意)


IMG_2618
STI レバー側には、ボールチップ直接が正解みたい。


IMG_2611
2個しかないカラー細は、ブレーキキャリパーに付かうとします。そうなるとアウター受けには何とかボールチップを入れなければなりません。

IMG_2621
こうなったら総当たり戦です。6個目で入る奴と遭遇しました。



IMG_2622
過半数のボールチップが右側陣地へと移動しましたがまだ2個目は現れません。



IMG_2623
最後の1個が一致。これ余り好きくない作業です。


IMG_2596
ハンドルバーに凹みがありますね。


IMG_2598
これケーブルの逃げのようです。


IMG_2628
ハンドルバーに添わせてみましょう。



IMG_2629
こんな感じ。黒いピースが同じ位置に来るようにしました。



IMG_2627
黒いピースには、nokon のロゴが入りボールピースの向きを変える物のようです。



IMG_2630
リヤ側はトップチューブへ、


IMG_2631
ここでエレクトリックワイヤーと出会うわけです。



IMG_2644
予めOリングを2本入れておきました。Oリングは、耐油性でなければ普通のホームセンターの水道用品売り場で1mm 刻みの大きさが揃いますよ。


IMG_2648
Oリングの用途は、EW-JC200 ジャンクションA 2ポートの取付です。


IMG_2642
続いてリヤキャリパー側。


IMG_2645
カラー細から飛び出る手前でテフロンチューブをカット。


IMG_2647
これで決まりか?


IMG_2649
フロントは、スイッチのようにカッチリしたタッチです。


IMG_2652
あら!リヤは、ふにゃふにゃであります。


IMG_2653
握ったレバーを放すとトップチュー内でチンチンと音がします。テフロンが弛んでいる証拠です。


IMG_2659
IMG_2660
引いてみるとこの分が中でたわんでいるようです。テフロンチューブの中央付近をカットしてやれば解消しそうですが、新たなインナーケーブルに変える時が面倒になります。


IMG_2663
半分ぐらいボールチップを一端抜き取り(これがビーズみたいにスルスル入る訳でもなく結構力がいる)適当なブレーキバナナを通します。


IMG_2664
ワイヤー引きを使いぎゅんぎゅん引いてやります。


IMG_2666
これで多分納得の行く引き代に近づいたでしょうか。インナールーティングにはあまり不向きなシステムのようです。仕組みを理解し組み付けるまでに〇一日を要しました。


IMG_2674

最後に残ったチタンワイヤーをカットしますが、1本7.000円のワイヤーカットは緊張するので何時も最後の後回し!

次回につづく、



DAHON を積んで出かけよう ABARTH 595 COMPETIZIONE + DAHON Mu D9【橋輪Blog】

ABARTH 595 COMPETIZIONE + DAHON Mu D9

DSC_6787

DSC_6788

DSC_6768

DSC_6769

今日の「DAHON を積んで出かけよう」は、初登場のフィアット500です。それもスポーツバージョンのアバルト595 コンペティツオーネ。昔のチンクエチェントでも595がありました。

IMG_5287
これが昔の595。500cc からボアアップした排気量を示していた。 FIAT ABARTH 595



DSC_6773
本日、納車の A さんです。同等のスペックを持つ DAHON Mu D9 と tern Verge N8 の二択から Mu D9 を選択しました。色もガンメタで合ってますしね。


DSC_6784
カッコいいステアリングホイールですね。ミッションは、マニュアル5速。



DSC_6783
メーターの中にフィアットがいます。



DSC_6785
595のロゴが入ったフルバケットシート。



DSC_6786
17インチ仕様のアルミとブレンボキャリパーが標準装備。



DSC_6770
この左右4本だしエグゾーストも。



DSC_6774
さて積んでみましょうか。



DSC_6776
狭っあ! これは無理かもね?



DSC_6775
ハンドルポストは、全部出さず途中で止める作戦で行きましょう。



DSC_6777
はい、お次はフレーム。



DSC_6778
コンパクトに畳めた所でシートポストは抜いちゃいましょう。



DSC_6780
おおおお、入った!



DSC_6779
外したシートポストは、この辺にしまって。



DSC_6781
本当にギリギリですね。外折れハンドルポストの tern だったら積めませんでしたね。



DSC_6782
リヤハッチもギリで若干リヤタイヤに接触するぐらい。お陰でビクともしません。



DSC_6791

本当に積めて(詰めてかな)良かったです。アバルトは、何だかんだエアロなんですね。小さな車ですが、1368cc ツインカム・インタークーラーターボ 180 馬力で結構速いんだそうです。迫力の排気音が印象的でした。

ありがとうございました。


船長のチタンフレーム PASSONI(15)【橋輪Blog】

シムめっけ!

IMG_2551
TANGE SHIM 1 1/8 34.5×28.8×0.5mm 10枚入り 1.000円(税別)

船長、シム見つけました! MonotaRO で探してなくてマニアックなミスミでも内径29mm は全くなし。諦めていたところ何気に東京サンエス(サイクルパーツの問屋さん)のカタログで TANGE のページを見ていると「NEW! SHIM」とその名もシムって新製品が出ているではないですか。このオーバーサイズの他に 1" 31.5×25.6×0.25mm もあり。これ TANGE SEIKI のカタログやウェブサイトには出ていません。喜び勇んで早速取り寄せました。

IMG_2552
0.5mm 厚の10枚セットです。これだけあれば暫く使えますね。



IMG_2553
実測してみると0.53mm。



IMG_2554
元々入っていたシムは、0.36mm。



IMG_2555
寸法も全く同じ。先ずは、0.36を0.5に入れ替えてみました。



IMG_2556
いやまだ足りませんね。



IMG_2558
0.36と0.5の2枚でもまだ足りません。



IMG_2564
IMG_2565
0.5を2枚で 1mm とすると良好な回転が得られました。これでやっとステアリングヘッドが決まります。



IMG_1606
それではハンドルバーを取り付けましょう。ところがこのドロップバー、パッソーニでペイントしてますのでセンタリングマークがありません。


IMG_2566
この場合ドロップバーをここまで持ち上げて、



IMG_2567
ステムの切れ目からの寸法を測ります。



IMG_2570
左右210mm でセンターです。マスキングテープでマーキングしておきましょう。



IMG_2569
マスキングに沿って戻せばOKです。



IMG_2573

完成まで、トップチューブにプロテクターを巻いておきましょうかね。



IMG_2574

次回につづく、


SALE のカーボンホイールをフロントからリヤにチェンジ【橋輪Blog】

SALE のカーボンホイールをフロントからリヤにチェンジ

DSC_6760
TOKYO WHEEL 700C ピストリヤ

前回、橋輪 SALE に出したピスト用フルカーボンホイールのフロントでしたが、90mm ハイトのディープリムをフロントにだけ付ける人はいるはずもなく、全く問い合わせがありませんでした。なのでリヤハブを取り寄せてリヤ用に変更し、デットストッカーで出品です。リヤだけディープリムは有りなので期待します。

DSC_6761
リムハイト90mm。



DSC_6762
クリンチャータイプ。



DSC_6424
chub(チャブ)のフロントハブだったのをリヤハブに交換。



DSC_6764
DT SWISS TRACK RW 120mm  13.600円(税別)
ダブルコグ仕様(フリーハブも取り付け可)のハイフランジハブです。


DSC_6763
SAPIM スポークでしたがハブに合わせて DT SWISS のスポークを新たに作成し組み上げました。



DSC_6765

一生懸命組み直したのでハブ代だけは追加させて下さい。

定価67.000円を半額の33.500円(税別)
             
DT SWISS TRACK RW  13.600円(税別)


47.100円(税別)です!

TEL:04-7164-2255
e-mail:shop@hasirin.com

Tiger moth 買いました!(その9)【橋輪Blog】

エルロンのリンケージ

IMG_0685 - コピー

船長のヘッドベアリングシム見つけましたよ!到着を待って今夜は社長室よりお届けする。前回大変な思いをして取り付けたエルロン(補助翼)のリンケージを行います。

IMG_2009
この動翼を動かすための工作です。


IMG_2076
またもや問題の2か所であります。


IMG_2077
ホーンと言うパーツですが、これがまた”おバカ”キットでありまして、翼長3m 150cc エンジンのアクロバット機に使えるんじゃないかってほどバカデカいのが入ってきます。(知ってて色なんか塗っちゃってますが)

IMG_2078
スリットに差し込むと、



IMG_2079
裏側に飛び出てしまいます。



IMG_2080
これは赤ラインでカット。


IMG_2081
意味なく長いホーンは穴位置も全然ちんぷんかんぷんであります。


IMG_2084
穴位置は、必ずヒンジラインと一致していなければ、上下で動きが同じになりません。


IMG_2086
ヒンジラインに新たな3mm の穴を開けます。


IMG_2087
元々開いていた三つ目の穴は使いませんが、取付面積を取るために残しておきます。


IMG_2088
この先はいりませんのでカットです。


IMG_2089
先端を形成して、


IMG_2090
またペイントしておきましょう。


IMG_2097
ほら今度はピッタリでしょ!



IMG_2098
次にやらかしてんのがサーボハッチ。


IMG_2102
説明書に従って進むとこのハッチの裏にサーボモーターを取り付けなさいとある。


IMG_2099
ところが裏には何もないただのハッチ。


IMG_2100
サーボベットのストックはあるがサイズが合わない。


IMG_2103
こんな具合となるがサーボベットを作るのが面倒。


IMG_2104
スケール感は薄れるが整備性を考慮して縦積みとする。この方が取付も簡単。


IMG_2142
受信機とバッテリーを繋いで、


IMG_2141
スイッチ ON!


IMG_2144
ストロークを見てみる。


IMG_2146
これがエルロンがフルに下がった状態。


IMG_2147
これだとサーボホーンの長さが足りません。


IMG_2178
DU-BRO ロングサーボアーム。


IMG_2179
中くらいの長さのやつがいいかな。


IMG_2180
今度はストロークが足りました。


IMG_2182
4-40 ボールリンクで繋いでみるとボールの回転範囲が足りなくてエルロンホーンの穴位置までロットが下がりません。

IMG_2183
そろばん玉をボールの上下に噛ましリンクの動きを増します。


IMG_2181
今度は余裕でクリアー。


IMG_2185
こちら側は殆ど回転運動しかしないのでそろばん玉は1ヶ。



IMG_2186
さてとサーボベットを作りましょう。


IMG_2187
作ると言っても四角い穴を開けるだけ。


IMG_2188
何時もの型紙で、マーキング。


IMG_2191
これを切り出します。


IMG_2193
サーボとハッチ取付用の下穴を1.5mm のピンバイスで。


IMG_2194
これでサーボベット付きハッチとなります。


IMG_2195
ハッチが薄いのでサーボ取付ビス用に堅木を接着しました。


IMG_2199
これだと縦方向の強度が出ませんが、サーボ自体がストリンガーとなるので大丈夫です。


IMG_2200
サーボハッチの完成。


IMG_2313
IMG_2314

エルロンリンケージの完成。この搭載方法だとサーボが丸見えとなりますが、飛行機組んだら裏側だし DFA(ディー・フォース・エア)のラベルが見えますから RC DEPOT のコマーシャルにもなります。こんなに苦労してるのに偉いでしょ!

次回につづく、



船長のチタンフレーム PASSONI(14)【橋輪Blog】

コラムスペーサーもチタニュームで

IMG_2469
LIGHT CYCLE チタニュームコラムスペーサー 1 1/8
5mm 800円 / 10mm 1.000円 / 15mm 1.300円(税別)

船長より、コラムスペーサーですが付属のカーボン製ではなくフレームに合わせてチタンで組んで下さいとの指令が入り、5mm を4個 10mm を2個取り寄せました。早速フォークを組んでおきましょう。

IMG_2470
チタンパイプから5mm 刻みで切り出しただけではないんです。



IMG_2471
実は、肉抜きされています。



IMG_2473
こちら PASSONI フレームに付属するヘッドパーツ。コラムスペーサー、トップカバーは、カーボン製。



IMG_2472
10mm スペーサーの重量を測ると4.0g。



IMG_2474
なんとカーボン製より1.0g 軽かった。



IMG_2468
ポジション出しの為にこの構成でコラムカット。



IMG_2475
組み付け順序は、左(下側)から圧入したクラウンレース、ロアーベアリング、アッパーベアリング、コンプレッションリング、シム、カーボン製トップカバー。


IMG_2476
ヘッドパーツを組みつけてみると、あら!隙間からアッパーベアリングが見えちゃってますね。アッパーとロアーは同じベアリングなのに。これはちょっと頂けませんな。


IMG_2478
コンプレッションリングが厚過ぎです。右の半分の厚さのものを見つけました。TANGE製です。



IMG_2479
これでどうだ?



IMG_2480
IMG_2481
良い感じに収まりましたね。



IMG_2482
コラムカットの寸法を測ります。



IMG_2490
カーボンコラム用アンカーナットのつばが2mm。トップキャップの出っ張り分が4mm。締代余裕分が1mm で計7mm 短くカットします。


IMG_2495
本当は、アンカーナット部分全域をステムで締め付けたいが、



IMG_2496
ポジション調整中は、半分しか掛からない可能性もあり。船長この場合、下側はあまり強く締めないで下さい。



IMG_2497
ソーガイドでサクサクカット。



IMG_2498
プリロードを掛けてみます。



IMG_2499
むむむむむ・・・・重い! シムをもう一枚入れたいな。



IMG_2487
内径29mm。



IMG_2488
外径35mm。



IMG_2484
これどうかな?



IMG_2485
ん〜外径がでかい。



IMG_2486
そんな都合いいのってあるかな? 

今日ご紹介したチタンコラムスペーサーは、ライトサイクルさんの製品ですが「ライトサイクル」って言わずと知れたあのライト兄弟が開いた自転車店の名前ですよね。でもライト兄弟って自転車屋の前、印刷屋だったって知ってますか? 根本で、Light サイクルと Wright 兄弟では違いますが。

次回につづく、

ブリティッシュビート訪問記【橋輪Blog】

ブリティッシュビート訪問記

IMG_2426

ダイナベクターに行ったついでに久々、英国製モーターサイクル専門店ブリティッシュビートに行ってきました。こちらのオーナー鈴木克直さんとダイナベクターの富成次郎さんは、昔っからのビンテージモーターサイクル繋がりであります。

IMG_2427
お店は港区芝で一国桜田通り沿いの三田国際ビルの迎になります。



IMG_2418
店内は、英国ビンテージモーターサイクルの宝庫であります。こちらトライアンフ・タイガーカブ。



IMG_2419
お隣は、BSA ゴールドスター。BSA と言ってもイギリス工業規格ではなくバーミンガム・スモール・アームズでその昔小銃メーカーだった由来から。


IMG_2420
お次はノートン・コマンド。



IMG_2421
おっと!トライトンであります。ノートンのフェザーベットフレームにトライアンフのエンジンを積んだ純粋なるビンテージレーサー。


IMG_2422
フォンタナのレーシングブレーキ、ダブルパネル4リーディングブレーキが付いています。


IMG_2423
バンドでタンクを止めるのが旧車流。



IMG_2424
乾式クラッチにプライマリカバーは、鈴木さん得意のちじみ塗装。キャブは、アマル。



IMG_2425
エンジンはフルチューン。保安部品を付けてナンバーを取得することもできるんだって。気になるお値段税込2.400.000円也。


IMG_2429
こちら現在の新生トライアンフ。良く特徴を再現してます。



IMG_2428
こちらカフェレーサー風。


IMG_2435
昔風のカギ無タンクキャップなの?



IMG_2436
これはタンクキャップカバーでした。



IMG_2431
エンジンも昔のT120 そっくりなデザイン。



IMG_2432
アマルのモノブロックキャブレターに似せたフェールインジェクションユニット。



IMG_2437
IMG_2434
IMG_2430
IMG_2433
これ試乗車なんだって。



IMG_2444
MV アグスタ。イタリアのアグスタは、今でもアグスタSST などのメジャーなヘリコプターを作っています。


IMG_2446
ピットでは、1000ccのビンセントがミッションオーバーホール中。ノートンフェザーヘッドフレームにビンセントのVツインエンジンをつんだノービンってのもあったな。



IMG_2438
おっとこれは!「これオレのなんだよ」と鈴木さん。



IMG_2439
クロモリパイプフレーム最後の 1985年 YAMAHA TZ250 レーサーです。


IMG_2441
いーもん見つけましたね!



IMG_2442
リヤスイングアームのみアルミ製だがこの翌年フレームもアルミデルタボックスフレームとなる。パイプフレームのTZは貴重ですよ。


IMG_2440
カウリングは、イギリスにあったのを取り寄せたそうな。



IMG_2447

今日は、久々胸躍ったな!


GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー【橋輪Blog】

GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー

IMG_2462
GIZA PRODUCTS オフセットブレーキシュー  2.600円(税別)
シルバー / ブラック

新製品 SR-CNC1 オフセットブレーキシューが入荷してきました。デザインも Good でブラック、シルバーあり。当然ながらブレーキパット付きです。しかも2.600円と格安!しかもオフセット量が10mm。これでロングリーチブレーキキャリパーが付いてくる DAHON / tern の完成車に Shimano 等ショートリーチブレーキキャリパーが取り付けられます。

IMG_2467
IMG_2466
IMG_2463
IMG_2465
カートリッジタイプなのでパットのみの交換が可能です。



IMG_2460
写真は、2018年モデルの tern SURGE PRO です。(2018 SURGE PRO SALEもあと僅か)フロント及びリヤにロングアーチタイプのブレーキキャリパーが装着されてきます。



IMG_2461
フロントは、カーボンフォークで大丈夫なのですが、リヤはロングアーチでないと届きません。



IMG_2455
ショートリーチの DURA-ACE キャリパーを取り付けてみましょう。



IMG_2456
問題無く取り付くように見えますが、



IMG_2457
シューを目いっぱい下げて取り付けてもタイヤに掛かってしまってますね。



IMG_2458
オフセットブレーキシューだと余裕ですね。なるたけ低い位置に合わせたいフルカーボンホイールにも有利です。


IMG_2459
取付ボルトの後ろとタイヤのクリアランスも大です。



IMG_0950
一番ナイスなのは、ここなんです。シュー取付部を良く見て下さいね!



IMG_0958
今まで散々使ってきたオフセットブレーキシュー。3.200円でパットは付属しない。



IMG_0959
問題は、この形状なんです。



IMG_0960
HED の17インチで検証してみましょう。何故か後ろに E.YAZAWA のファーストアルバムが?



IMG_0963
オフセット量は、7mm。全く問題なく使えるのですが、一つ落ちがありまして。



IMG_0961
例えば、この KOJAK 17×1 1/4(32-369)などの太めのタイヤを使う場合。



IMG_0962
パットが摩耗してくるとシューホルダーとタイヤが干渉し始め最悪の場合バーストします。



IMG_0950
この形状に注目!



IMG_0950 - コピー

その名の通り正にオフセット&オフセットブレーキシューであります。

分かってんなー! 


Dynavector DV-1 3号機はブルホーンで【橋輪Blog】

Dynavector DV-1  3号機はブルホーンで

DSC_6718
Dynavector DV-1 

I さんの Dynavector DV-1  2号機は、HED JET 17 ホイールのシマノフリートラブル(何故かリヤエンド幅が130mm ではなく132mm になっている件)で作業がストップ。なので、3号機が先に組み上がってしまいました。コンポーネントは、Shimano 105 R7000 フルコンポ。アッセンブリーコンセプトは、楽なポジションで気軽に乗れること。よってブルホーンバーを選択。戦闘的な外見に見えますが、ポジションはサドルの高いママチャリです。ブレーキレバーの先端を人差し指で握れ、操作性も抜群の上とても自然です。トップスピードは求めてなく、きつい勾配もシッティングで登れるギヤレシオを選択しました。

DSC_6720
クランクセット:FC-R7000 52-36T 
ボトムブラケット:SM-BBR60 BSA 

DSC_6721
フロントディレーラー:FD-R7000 
Sugino のFDデバイス MT-OX で取り付け位置を下げています。

 
DSC_6743
FDへのワイヤーは、ブラケットに付くアウター受けを使用し取付けました。




DSC_6722
リヤディレーラー:RD-R7000 
チェーン:CN-HG601 


DSC_6723
カセット:CS-R7000 11-30T         



DSC_6724
フロントブレーキキャリパー:BR-R7000 



DSC_6725
リヤブレーキキャリパー:BR-R7000 



DSC_6726
STI レバー:ST-R7000 



DSC_6728
ブルホーンバー:NITTO RB030 Φ25.4 380mm              
ステム:NTC-225 コラム長225mm / 60mm   Φ25.4
RB030 は、かなりドロップしていますが、スイープで握り位置を近くできます。ドロップ分は、225mm 長のコラムでリカバリーしています。


DSC_6727
きつい折り返しで抵抗が出るのを避け、敢えてブレーキ、シフト共に露出としました。タッチも良好です。



DSC_6734
ヘッドパーツ:TANGE   PASSAGE DX 1”イタリアン



DSC_6729
シートピラー:NITTO   S65  31.6  300mm


                     
DSC_6736
サドル:BROOKS  B17 Standard ブラック  



DSC_6732
フロントハブ:HB-R7000-L 32H   3.581円



DSC_6731
タイヤ:SCHWALBE KOJAK 17×1 1/4(32-369)5.400円



DSC_6742
リヤハブ:FH-R7000-L 32H  6.166円
105付属のスキュアーは、DV-1 エンドには不向きなので、両側にスチール部のあるものに変えています。

DSC_6735
リムは、ダイナベクターのVELOCITY オフセットリム17インチ。



DSC_6745




DSC_6744




DSC_6719




DSC_6737




DSC_6739




DSC_6740




DSC_6717

DV-1 にブルホーンバーで STI 操作する試みは、おそらく初ではないでしょうか。サドルと同じ高さに揃ったステムからドロップしたバーが絶妙なバランスを保ってますよね。3号機もグットセンスで決まったのではないでしょうか。

Dynavector DV-1

DAHON DASH Altena 105 アップグレード【橋輪Blog】

DAHON DASH Altena 105 アップグレード

DSC_6746

2019年モデルの DASH Altena ブリリアントシルバーです。オリジナルの Claris 16 Speed から R7000 105 スパークシルバーフルコンポでアップグレードしました。ホイールはオリジナルですが、11速カセット装着にあたりホール数の合う FH-RS400 Tiagra シルバー28H ハブに組み替えています。2019モデルは、ショートリーチのブレーキキャリパーがそのまま装着できることを追記しておきます。2019もアルテナは大人気で、メタリックグレーは M L 共に早くも完売しています。ブリリアントシルバーに関しては、M L 共にストックが有りますが、台数は少なくなっています。(2018 キャナリーイエロー限定車 SALE 中ラスト2台)アルテナ狙いの方は、お早めに!

2019 DASH Altena

DSC_6747
クランクセット:FC-R7000 53-39T  15.563円(以下税別)
ボトムブラケット:SM-BBR60 BSA  2.111円


DSC_6748
フロントディレーラー:FD-R7000  3.924円



DSC_6749
リヤディレーラー:RD-R7000  5.222円
チェーン:CN-HG601  3.641円


DSC_6750
カセットスプロケット:CS-R7000 11-28T  4.825円
リヤハブ:FH-RS400 シルバー 28H  3.677円


DSC_6755
タイヤ:SCHWALBE DURANO 20×1 1/8(28-451) 3.400円



DSC_6756
DSC_6751
タイヤサイズは全く同じですが、KENDA KWEST からデュラノに履き替えたことで細くスポーティーに見えますね。



DSC_6754
STI レバー:ST-R7000  23.450円



DSC_6752
フロントブレーキキャリパー:BR-R7000  4.945円



DSC_6753
リヤブレーキキャリパー:BR-R7000  4.381円



DSC_6757




DSC_6759




DSC_6758

O さん Altena 105 アッセンブリー完了です!

走りの違いをお楽しみください

記事検索
  • ライブドアブログ