GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル(装着編)【橋輪Blog】

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル(装着編)

DSC_7799

昨日ご紹介したGOKISO クライマーハブカーボンホイールを装着するアレックス・モールトン AM-SPEED S です。こちらのオーナー I さんも先生と同じくダブルパイロンも所有。何時もお父さんと二人でツーリングを楽しんでいます。今回のメニューは、ホイール交換に伴う駆動系のクリーニングと調整&フロントサスペンションスプリングをハードからスタンダードへと戻す作業です。しかし、またもやモールトンのメンテナンス。モールトンの代理店ではないのに。骨ほね自転車(KIMORI)があると骨ほね自転車が寄ってくるのか?

DSC_7802
フォークからはグリスが流れ出ていますね。



DSC_7803
SPEED S のラバーコーンは、オイルが入ってないソリッドタイプ。



DSC_7800
DSC_7801
DSC_7804
DSC_7805
DSC_7806
CAMPAGNOLO ATHENA のフルコンポ。



DSC_7807
DSC_7808
車体は綺麗にしていますが、流石に駆動系は手付かずか。



DSC_7811
変速も同期していないよう。



DSC_7809
カンパのハブは、エンドどうなってんだろう?



DSC_7819
早速外してみまひょ!



DSC_7821
ホイールサイズは17インチ。ベロシティーのリムでモールトン特有のオフセットタイプ。どんな効果があるんだろう?


DSC_7815
DSC_7816
これはハブシャフト旋盤で落としてありますね。



DSC_7823
ところでうちカンパの工具なんてあんの?



DSC_7824
あった!



IMG_4069
Lifu ♯09B3 カンパ対応カセットロックリングツール 1.100円(税別)



DSC_3547
IMG_4070
KIMORI のシングルスピードにMICHE(ミケ)のBB 組み込む時に使ったやつだ。



DSC_7825
ピッタリ!



DSC_7826
おー、カセット外れて良かった。



DSC_7827
プーリーも行っときましょうか。



DSC_7828
ごってり埋まってますな。



DSC_7832
ピンのグリス溜まりの溝の方向。



DSC_7834
ガイドプーリーの方は内側だ。



DSC_7836
これ分からなくなるからな。



DSC_7838
同じように見えるが一応。



DSC_7839
洗ってる間にどっちか分かんなくならない様にタイラップをガイド側に。



DSC_7842
完璧にリフレッシュ。



DSC_7851
洗ってみたらアッパー、ロワー、回転方向の矢印があったのね。微妙に形も違う。



DSC_7853
リヤディレーラーもクリーニング完了。



DSC_7854
これも1mm ぐらいのワッシャー嚙ましてるね。テンションの切り欠きがギリだ。



DSC_7855
カンパのカセットとフリーも一か所しか合いませんが、



DSC_7857
トップギヤだけ何処でも付いちゃう。



DSC_7858
一か所だけ背が低い歯の流れからここだろうな。



DSC_7860
ロックリングを付けて完成。



IMG_0582
次フロント行ってみよう。



DSC_7862
クランクは抜かずにクリーニング。てか抜き方分かりましぇーん?



DSC_7863
フロントディレーラーもクリーニング。



DSC_7866
チェーンリングは、STRONG LIGHT。



DSC_7867
インナーリングにネジ切ってあんのね。



DSC_7880
5アームの取付け一部がクランクにネジ切ってあるタイプ。これネジ入って行かねっす。



DSC_7878
ロックタイトがびっちり固着してます。



DSC_7882
こいつの出番。



DSC_7883
ヒートガンで十分に炙る。



DSC_7885
スチールのチェーンリングボルトをタップ代わりにするもダメ。



DSC_7886
地道にこそぎ落とすしかないか。



DSC_7888
ようやく入った。



DSC_7890
チェーンリング取り付けに格闘すること1時間。



DSC_7891
こんなクランクならいくらでもあるがカンパはね。焦った焦った。



IMG_0581
リムテープとバルブエクステンダー取付。



DSC_7865
DSC_7864




DSC_7898
ブレーキシューもカーボン用に交換。



DSC_7893
DSC_7894
 フロントディレーラー、リヤディレーラー調整して本日はここまで。



DSC_7903
DSC_7905
DSC_7906
DSC_7907
DSC_7908
DSC_7910
DSC_7909

フロントサスのスプリング入れ替える前に一度この状態で乗って頂きます。

GOKISO の乗り心地は如何に!

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル【橋輪Blog】

GOKISO クライマーハブ・アレックスモールトン適合モデル

DSC_7599

GOKISO クライマーハブのアレックスモールトン適合モデルを発注した。しかも最近始まったサービスのカラーオーダーも掛けたので仕上がりが楽しみ!

DSC_7600
シリアルナンバー入りの保証書が付属。



IMG_9862
カラーオーダーは、別途30.000円(税別)



DSC_7601
GOKISO クライマーハブセット(アルミボディー) 260.000円(税別)



DSC_7602
フロント。



DSC_7603
中々、渋い色に上がったではないですか。



DSC_7604
リヤ。



DSC_7608
フリーは、カンパ11速対応。



DSC_7615
モールトン専用のシャフトはどうかな?



DSC_7610
確かに短い。



DSC_7611
船長のKIMORI用チタンスーパークライマーと比べてみよう。



DSC_7614
一目瞭然。



DSC_7606
17 in フルカーボンクリンチャーリム(35.000円 / 本税別)に、チタンスポーク(500円 / 本税別)で組み上げる。



DSC_7773
DSC_7774
DSC_7776

430.000円ほどの高級ホイールの完成!



DSC_7909

明日は、組付け編を

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2(完成編)【橋輪Blog】

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2(完成編)

DSC_7699

長らく欠品となっていましたSRAM RED の フロントディレーラーが入荷してきました。変速不良を起こしたまま使っていますとアウターに上げる時のチェーンがケージに押し当てられる時間が長くなりますのでケージが減ってしまうのです。

IMG_0566
これモールトンのあまり良くない部分ですね。 フロントディレーラーコントロールワイヤーのアウター受けの位置が良くない。 フロントディレーラーのアームから出たインナーケーブルがかなり斜めになっているでしょう。これではアームを引く力より フロントディレーラーを捩じる力のほうが勝ってしまいます。フロント変速の操作力の重さはここにあると思いますね。



せっかくなのでフレームを分割してみよっと!

IMG_0547
モールトン分割フレーム初めての試み。



IMG_0563
フレーム上に配置される色を変えたOリングが付く筒は、左からリヤブレーキ、 フロントディレーラー、リヤディレーラー操作用のケーブルを繋ぐカプラーで、末端で外さなくともここで分離できるギミック。


IMG_0549
ここどうやって繋がってんだろう?



IMG_0551
ナットを緩めて行くと、



IMG_0552
ナットが移動するだけ。



DSC_7694
DSC_7696
なるほど〜、こうなっていたのね。フックを引っ掛けて引っ張る。良く出来てんな〜。


IMG_0550
上側は、右側のナットを緩めて?



IMG_0553
するとスリーブが出て来たぞ!



DSC_7692
こうゆうことか!凄いな。



DSC_7693
これで下側に見えるスポークのような存在が分かった。スリーブが抜け落ちないようになってんだ。



DSC_7691
分離されたフロントセクション。

ここで興味深いモールトンのフロントサスペンションを分解してみたいところですが、大変スムースな動きで全く問題ないことから次回に持ち越します。構造的なことはコイルバネによる衝撃吸収とボトムリンクのフリクションによるダンパー効果だと思われます。見た所30mm 弱のストロークしかありませんが、アスファルトの粒粒や1mm ほどのタイルの段差までも良く吸収してくれます。KIMORI のエアサス&オイルダンパーは、20cm ほどある歩道から飛び降りても全く衝撃無く着地できますが、アスファルトの表面までは読み取ることが出来ません。オフロードではなくオンロードと考えた場合、シリンダーまでも削り出しで製作される複雑な機構を持つKIMORI のフロントサスは、ばねと摩擦だけの単純構造なモールトンのリーディングリンクサスペンションに及ばないことは事実です。ああ、KIMORI にもこのフェザーベットな乗り心地が欲しい。

DSC_7790
DSC_7791
DSC_7792
DSC_7793
DSC_7794
DSC_7795
DSC_7796

先生お待たせしました。モールトン生まれ変わりましたよ!


アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2 【橋輪Blog】

アレックス・モールトンのメンテナンス AM-GT Mk-2

IMG_0578

これがモールトンのリヤサスペンションです。ラバーコーンサスペンションといいイギリスの大衆車オースチンMini (現代のミニではなく昔のミニ)が採用しました。小さいながら広い居住性を求めたこの車は、重く長いコイルばねに対してコンパクトなゴムを使ったのです。これを開発したのがアレックスモールトン博士でした。

DSC_7668
リヤメカ変速不良の原因は、リヤスイングアームピポットのガタにあった。



DSC_7690
リヤエンド部で左右に30mm ほど動いてました。これだけ動けばチェーンもたまらず勝手に変速しますわな。



IMG_0524
ピポットのナットを目一杯締めこんでもガタは止まりません。



IMG_9605
ブラスブッシュとピンによるプレーンベアリングです。走行は少ないのにガタが出たまま乗っていたので急激にブラスブッシュが減ったのだと思われます。



ゲゲゲゲ・・・これは!

IMG_0526
何とピポットボルトが全ネジです。頭が皿ネジですからBB シェルから出ている右フランジのセンターは出ると思いますが、ピン内径とボルトのクリアランスがあり過ぎですね。これは構造上どうも出来ません。


IMG_0527
リヤアームなしでピンを取り付けてみます。



IMG_0528
ここはガチで締め付けます。するとフランジ、ピポットボルト、ナット、ピンがフレームと一体になります。ブッシュはリヤアームと一体になりますのでピンの回りを滑ることになります。


IMG_0532
ピンの長さ摩耗には問題ありませんが、ピン内径のクリアランス分360°位置が変わってしまいます。(今は重力で下に下がった状態で締め付けられている)これって専用ボルト作ったら売れるかも?


DSC_7669
ピポットリペアーキット8.000円(税別)



IMG_0536
新品ブッシュのスラストベアリングとして働く部分の厚みを測ったら2.51mm ありました。やはり大分減っていたようです。


DSC_7670
ピポットリペアーキットと共に調達したのがこのストレートリーマーでサイズ12.70mm。



DSC_7684
ブッシュを圧入すると内側に膨らみますので、12.00mm のピンが入るようにリーマーを通して整える必要があります。


DSC_7685
ブッシュの圧入にはプレス機械など必要ありません。万力で十分。



DSC_7688
丁度良いクリアランスでアッセンブリー出来ました。



IMG_9610
しかしモールトンのこの方法もう少し何とかならぬ物か?



ここはKIMORI が勝る!

IMG_0980

マジ凄いよ!↴
ロンスイ取付編 その2 KIMORI プロジェクト 20 【橋輪Blog】

明日につづく、


アレックス・モールトンのメンテナンス 【橋輪Blog】

アレックス・モールトンのメンテナンス

DSC_5331

先生から依頼されたアレックス・モールトンのメンテナンスです。「ぼくにモールトンの整備なんか出来るのかな?」なんて不安もありながらパーツが揃ったので恐るおそる始めてみましょうかね。

DSC_5332
こちら先にメンテナンスを進める Alex Moulton AM-GT Mk-2。依頼内容は、コンポーネント入れ替えとリヤメカ変速不良です。


DSC_5337
分割式フレームだ。



DSC_5333
DSC_5334
DSC_5335
DSC_5336
DURA-ACE のフルコンポが搭載してあります。



DSC_5338
そしてもう一台は、Alex Moulton SUPER SPEED。こちらは DURA-ACE Di2 への電動化とラバーコーンリヤダンパーの交換。


DSC_5339
こちら軽量化に特化した非分割構造。



DSC_5346
先生お気に入りのGOKISO ハブ装着であります。



DSC_5342
DSC_5341
DSC_5343
DSC_5344
DSC_5345
SRAM RED のフルコンポ。先生何処走って来たのか解りませんがドロドロに汚れてます。そしてこのREDを最初の AM-GT Mk-2 へ移植します。

SUPER SPEED は、これで止まってます⇒ Shimano 輪界に、もの申す!




AM-GT Mk-2 のメンテナンス

メンテナンスに入る前に気になっていたことを。以前GOKISO にハブセットを注文する際、ラインナップ中にアレックスモールトン専用と言う表記が気になっていた。こちらの2台AMシリーズは、ごくごく普通でエンド幅フロント100mm リヤ130mm です。そして先生も所有するダブルパイロンを代表とするNEWシリーズがフロント71mm リヤ130mm と言う特殊なサイズです。71mm はともかく100/130mm が何故モールトン専用かですが、モールトンはフロントリヤ共にエンドの厚みが4mm と非常に薄いことだと解りました。GOKISO は、ハブシャフトを4mm 以下で製作してモールトン専用としているようです。

IMG_0519
ハブは、DURA-ACE を組んでるようですね。ちょと気になっていたのでフロントホイールを外します。



IMG_0520
何かシャフトに加工を施してあるのか?



IMG_0521
この厚みが4mm。



IMG_0523
エンドに生えたピンは、通常フォークの返しのようなクイック脱落防止策か?



IMG_0522
ハブをセットしてみると面一ぐらいまで来ていますが大丈夫なのか?



DSC_7671
リヤも見てみましょう。



DSC_7672
六角部の面取りを見る限りカットしたような様子はありません。極普通の130mm DURA ハブです。



DSC_7673
リヤエンドにハブをセットしてみます。



DSC_7675
シャフトの方が全然飛び出してますね。これではエンドは固定出来ませんね。ではどうして止まっていたんでしょう。


DSC_7676
クイックに秘密がありそうです。上が先生のモールトンに付いていたDURA-ACE クイック。



DSC_7677
ナットがDURA のものではないですね。



DSC_7678
筍バネの逃げが下のDURA より深いことが解ります。



DSC_7679
レバー側は元々深いようです。



DSC_7680
RIDEA のクイックで試してみましょう。



DSC_7681
これも浅いですね。



DSC_7683
全く締め込めませんね。

てことは、筍バネの逃げが深いクイックを探せば普通のハブでも何とかなちゃうってこと? じゃGOKISO もモールトン専用のクイックを作れば良かったんじゃね? それじゃ〜、クイックばかりが売れちゃうもんね。商売商売!

DSC_7690

明日は、ラバーコーンサスペンション付リヤアームの分解を

K くんのガレージセール 【橋輪Blog】

K くんのガレージセール

DSC_7777
DAHON Presto HR   125.280円(税別)
1 Speed     8.1kg  カラー:グロスブラック

HR も残り僅か ⇒ DAHON Presto HR    

K くんのガレージセールは、世界限定20台の橋輪スペシャル
DAHON Presto HR で御座います。”限定”に弱いK くんは衝動買いに走ったも Mu SLX ばかり乗っていて全然乗ってないそうです。若干のモデファイはしたもののノーマル状態に戻してあります。


DSC_7779
シリアルナンバーは、07。



DSC_7780
オリジナルのハンドルバーが見当たらず2016 Mu SLX の Kinetix PRO TT フラットバーを付けてあります。



DSC_7781
タイヤ新品同様。



DSC_7789
オプションで取り付けたセンタースタンドには傷あり。



DSC_7783
オリジナル同様ペダルは付属しません。



DSC_7778
DSC_7782
DSC_7784
DSC_7786
DSC_7787
DSC_7788



パーツも付けます!

DSC_7797
DSC_7798
モディファイしていたパーツも付けちゃいます!
TRIGON カーボンバー 12.420円
POWER TOOLS ミニべロチェーンリング56T  7.560円
ERGON GS1  グリップ 5.180円


DSC_7785

殆ど乗ってないK くんのプレストHR。置場に困っているわけではありません。お金に困っているのです。

現金特価 79.800円でお願いします!

※K くんのガレージセールなので消費税は掛かりません


CONTROLTECH カーボンフォーク価格変更 【橋輪Blog】

CONTROLTECH 406 Vブレーキ カーボンフォーク  

DSC_6294
CONTROLTECH 406 Vブレーキ カーボンフォーク  

65.000円 ⇒
60.000円(税別)

※塗装製品ではないので、カーボン繊維の柄の調子やクリヤーの乗り具合に差がありますことをご了承下さい。

CONTROLTECH のカーボンフォークの価格を改定しました。ホイールサイズ406用で、Vブレーキ仕様です。エンド幅74mm のコラム長はDAHON 専用品となっています。ロング V に変更すれば、451サイズもOK ですよ!

DSC_3192
DSC_3193
クリヤーグロス仕上げとなっています。



DSC_3194
肩にはCONTROLTECH のロゴ。



DSC_3195
スタット取付部分が盛り上がり、中にアルミ台座が鋳こんであります。



DSC_3196
アルミエンドはブラックの塗装。



DSC_3197
カーボンフォーク、アルミコラムで、427.5g。



DSC_3237
DAHON オリジナルのアルミフォークは、505.5g なので78g の軽量化。



早速取り付けてみよう!

(画像クリックで拡大)
DSC_7758




DSC_7759




DSC_7761




DSC_7763




DSC_7764




DSC_7765




DSC_7767




DSC_7772

DAHON 3台所有、神奈川のKくんです。SLX チタンカラーにも良くマッチしましたね。実はKくん年末年始と遊びにはしゃぎ過ぎて金欠状態だそうです。(でもカーボンフォーク買っちゃうんだもんね)でもってDAHON のコレクションを1台処分するんだって。明日の火曜日は定休日なので明後日水曜日の【橋輪Blog】をお楽しみに!

次は、Kくんのガレージセール!

2017 DAHON DASH Altena 【橋輪Blog】

2017 DAHON DASH Altena

DSC_7725
DSC_7730
DASH Altena(ダッシュ・アルテナ)

2017 DAHON 
DASH Altena   138.240円(税込)
橋輪プライス    124.400円(税込)
16 Speed    (M)10.8kg  (L)10.9kg
適用身長:(M)157〜172cm (L)170〜193cm

451ホイールを採用し M / L のフレームサイズを選択出来るアルテナは、2017で大きくマイナーチェンジ。シートステーを湾曲させ、より優美なデザインのフレームを新設計。コンポーネントは、2016のロードコンポーネントShimano SORA から、Claris へと変更。18から16 Speed にスペックダウンするも、その分価格は、14.000円ほどプライスダウン。NEW グラフィックとなったカラーは、高級感漂うトラディショナルなバーガンディーと DASH X20 を思い浮かべるスポーティーなアイスホワイトの2色展開。

DSC_7728
DSC_7729
バーガンディー(フレームサイズMで撮影)



DSC_7726
DSC_7727
アイスホワイト(フレームサイズLで撮影)




DSC_7731
ドロップバー採用のアルテナ。



DSC_7732
ステムは、M が90mm。L が100mm。



DSC_7733
ホイールサイズは、451。ハイポリッシュリムが、クラシカルな印象。



DSC_7734
タイヤサイズは20×1 1/8 (28×451)



DSC_7735
DSC_7736
STI レバー使用のため、ブレーキはキャリパーをセレクト。



DSC_7737
FSA から変更になったクランクセット。チェーンリングも55 / 44T から53 / 39T へ。フォールディングペダルが標準装備。


DSC_7738
 フロントディレーラー:Shimnano Claris FD-2400



DSC_7739
リヤディレーラー:Shimnano Claris RD-2400



DSC_7740
カセットスプロケ:Shimano CS-HG50 11-32T 8 Speed



DSC_7741
STI:Shimano Claris ST-2400



DSC_7742
カーブドタイプとなったシートステー。



DSC_7745
DSC_7747
折り畳み機構はダッシュ伝来のロックジョーシステム。



DSC_7748
Folding Size


(M) W92×H89×D36cm
(L) W93×H91×D37cm

DSC_7743




DSC_7744




DSC_7749

フォールディング ランドナー DASH Altena

試乗車をご用意しております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております



2016 DAHON DASH Altena を SALE!

DSC_1511
ネイビーブルー(M) ラスト1台

2017 DASH Altena 入荷に伴い 2016 年モデルをSALE します!

20% OFF の 122.600円(税込)です!



他にも2016年モデルのSALE!実施中!
こちらからチェック ⇒ 橋輪 SALE


2017 DAHON DASH P8 【橋輪Blog】

2017 DAHON DASH P8

DSC_7701
DSC_7706
DASH P8(ダッシュ)

2017 DAHON  
DASH P8          93.960
(税込)
橋輪プライス   84.500円(税込)
8 Speed    11.0kg

ダッシュシリーズの最大の特徴であるロックジョーシステムを採用した高剛性フレーム。一見、折畳に見えない構造で、「ここから折れるんですよ」と説明すると誰もが驚く。
フラットバー、フロントシングルの2017 DASH P8は、バックフレームにアクセントを付けた新たなツートーンカラーを纏った3色展開での登場です。

DSC_7704
DSC_7705
フロストグリーン



DSC_7702
DSC_7703
サンセットクラウド



DSC_5535
クラウドホワイト(こちらは1月18日入荷予定)



DSC_7707
気軽に乗れるフラットバーを採用。



DSC_7708
アヘットステムなので一般的なアフターパーツへの変更も可。



DSC_7710
クールなイメージを与えるセミディープリムは406で、ホライズと同じBlacFoot。ハブはF 74mm R 130mm。



DSC_7711
タイヤサイズは20"x1.50(406)でフレンチバルブ。



DSC_7712
フォーク内側にDASH のロゴ。



DSC_7713
V ブレーキを採用。



DSC_7714
フロントはシングルの53Tでチェーンリングガード付。
(フォールディングペダルが付属)



DSC_7715
遊べるミニベロを意識したフロントディレーラー台座を用意し、フロントダブル化も可能。



DSC_7716
リヤディレーラーはShimano Altus 8 Speed。



DSC_7717
フロントシングルをカバーするワイドレシオカセットは、Shimano CS-HGで11-32T 。



DSC_7721
Shimano  Revo shif を採用し、操作の簡単なツイストグリップ式。



DSC_7709
サドルは、NEW デザインを採用。



DSC_7720
センタースタンド標準装備しています。



DSC_7722
DSC_7723
ロックジョーは付属するレンチで180°回すだけでロックと解除ができる。ネジで締めるのではなく、内臓するカムでロックするシステム。DASH Altena 同様ワイヤーループが左に寄せられ展張時のワイヤーが噛みこみづらくなりました。

DSC_7724
Folding SizeW90×H95×D32cm



DSC_7718




DSC_7719




DSC_7750

試乗車をご用意してお待ちしております
※試乗には身分証明書の提示を頂いております




2016 DASH P8 を 30%SALE!

DSC_6214
スプラウトグリーン ラスト3台



DSC_6216
ヴェルヴェットパープル ラスト2台


2017 DASH P8 入荷に伴い 2016 年モデルをSALE します!

30% OFF の 71.820円(税込)です!



他にも2016年モデルのSALE!実施中!
こちらからチェック ⇒ 橋輪 SALE


”オッサン”のガレージセール HED H3 【橋輪Blog】

”オッサン”のガレージセール HED H3

DSC_7661

”オッサン”のガレージセール、前回の HED JET 4 に続くカーボンホイール第二弾は、バトンホイールのHED H3 。これ現在の新品価格ですと前後セットで税込464.400円となる大変高価なホイールです。

DSC_7663
クリンチャーで、SCHWALBE ULTREMO ZX 付です。



DSC_7664
タイヤ山はご覧の通り。



DSC_7662
シマノ10 Speed に対応。



DSC_7665
このバトンホイールたまに左右間違えて装着している人を見かけます。今見えているのがトレーリングエッジ(尖っている方)で進行方向後になります。


DSC_7666
バルブ穴がある方が進行方向右側(チェーン側)となります。以前、「じゃなければ飛行機は飛ばない」と書きましたが、ちゃんと翼形してます。このバトン1本分が♯14(2mm)のスポーク1本分の空気抵抗と等しいそうです。


DSC_7659


走行少ない HED H3 前後セット。TOKEN のホイールバック付で!

現金特価 160.000円で如何でしょう!

※”オッサン”の個人売買なので消費税は掛かりません


記事検索
  • ライブドアブログ